正力松太郎

正力松太郎

2名無しさん@お腹いっぱい。2013/10/02(水) 10:25:18.09ID:rA7CvYkU0
佐野が書いた「巨怪伝」は面白かった。
正力松太郎の生涯を余すことなく描いていた。

3名無しさん@お腹いっぱい。2013/10/02(水) 20:41:31.69ID:qJ10tIKX0
否。古野伊之助の存在が抜けている。電通の吉田秀雄社長も古野伊之助が決断して座らせた。

4名無しさん@お腹いっぱい。2013/10/02(水) 22:01:40.27ID:fqsrods3O
正力勘太!!

5名無しさん@お腹いっぱい。2013/10/02(水) 22:11:56.78ID:7exFgObX0
すごい

6名無しさん@お腹いっぱい。2013/10/06(日) 06:46:23.05ID:XOd+DBco0
虎ノ門事件がなかったら、、、、

7名無しさん@お腹いっぱい。2013/10/31(木) 03:54:14.70ID:xncxFJDG0
中曽根と正力(読売新聞)が原発を推進した事は消すことの出来ない事実

読売は何で原発ニュースになると消極的なのかね?

自分で原発作っておいて役人に責任転嫁

8名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/12(火) 07:35:47.76ID:sTqPB4DU0
人間離れしたへの字口

9名無しさん@お腹いっぱい。2014/04/25(金) 13:58:47.20ID:RpBxcrZx0
おれが高校生の頃、一人で下校していたら、おれの前を明らかな障害者が歩いていた
片足引きずりながらウーウー言ってた
なんかしゃくに障ったので、おれはその障害者の真似をして歩くことにした
片足引きずりながらウーウー
すると突然、正義感の強そうなおっさんが現れて「障害者の人を馬鹿するな!!」 って叫びながら、
障害者の方を殴った

10名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/23(火) 09:28:18.11ID:2CzuRdVW0
人殺し野郎
何でこんなのが神格化されるのかわからない

11名無しさん@お腹いっぱい。2015/08/11(火) 08:28:55.60ID:Yj+QpWN30

12名無しさん@お腹いっぱい。2015/08/11(火) 20:48:52.32ID:mPrDx2C90
               海軍反戦トリオ = アメリカの内通者



「1532」

米英は、日本海軍にどういう内通者を置いたか?米内、山本、井上の“海軍反戦トリオ”は、
戦争開始前からのアメリカへの内通者で、日本を負けるように仕組んで、今の日米安保体制に持って行った私もと思います。

「今日は出撃はないだろう」と艦上の攻撃隊だった飛行士たちが証言している、
ということは、その後の海軍が言い続けた大嘘の「運命の5分 」はなかったと言うことです(沢地久枝さんが暴露しました)。
山本五十六(やまもといそろく)聯合艦隊司令長官、は、
始めから負けるように仕組まれて、そえでミッドウエーで4隻の主力空母を失わせられたのだ、と推測されます。

海軍の“海軍反戦トリオ(米内、井上、山本)”は、戦後の創作(でっちあげ、虚構)であり、彼らは始めから敵と内通していた英米派だった。
海軍は、陸軍とは断固協調しないで、日本を始めから戦争に負けるように仕向けたのだ。
あの“海軍善玉、陸軍悪玉(陸軍が戦争の元凶を作った)“論を書き続けた言論人、評論家たちは、
どう反論するのかと、私はずっと疑問に思っています。彼らは、これから、真実の炎で、焼き殺されなければいけない。
今からでも大きな真実を語ろうとする者たちの声を、集めなければいけない。そしてどんどん表に出さなければいけない。

米内(光政、よないみつまさ。開戦時もずっと海軍大臣だった。副島隆彦注記。こいつが軍人では最大のアメリカの手先。
極東軍事裁判でも、絞首刑になったのは、東條英機以下6人陸軍ばかりで、あと一人は外交官の広田弘毅=ひろたこうき=だ。
海軍は、ひとりも死刑になっていない。起訴さえされていない。このことのおかしさを、日本国民は、真剣に考えなければいけない。

13名無しさん@お腹いっぱい。2015/08/11(火) 20:49:56.41ID:mPrDx2C90
戦後作られた「海軍善玉論」神話
(海軍は、ずっと平和主義者だった。悪いのは陸軍だった、という歴史の捏造。文藝春秋と新潮社から、戦後、沢山の本が出た)。

ミッドウエー海戦という決定的な敗北を喫した。山本は、ずっと呉(広島)の戦艦大和の艦橋に居て、無線で指令を出していた。
無線封止(むせんふうし)さえしていなかった。これらはすべて露見している。
本当は、ミッドウエーには、戦艦大和 が先導して、空母艦隊を守りながら、戦闘(海戦)をするべきだったのだ。
今もなおアメリカの手先を自認している者ども、おのれらの恥多き人生を深く、真の英霊たちに向かって恥ぢよ。

この時の、「飛龍」艦長、山口多聞(やまぐちたもん)少将(第2航空戦隊司令官)の戦い方と死に方こそは、
帝国海軍の軍人の鑑(かがみ)である。敗戦後も、おめおめと生き延びて、「私たち海軍は、平和主義だった」などと、
よくも、あの恥知らずの、アメリカの奴隷になった軍人どもは、言えるものだ。
文藝春秋、新潮社よ、産経バカ右翼は論外)お前たちの歴史の偽造を、私、副島隆彦は絶対に許さないからな。

山口多聞は、艦長として残り、飛龍沈没と運命を共にした。
南雲忠一(まぐもちゅういち)、栗田健男(くりたたけお)(聯合艦隊司令長官)ども!!!許さん。
それから、航空隊の司令官の、源田実(げんだみのる。戦後もずっと自衛隊代表で、参議院議員をやっていた)。
お前たちも、心底、怪しいのだ。始めからアメリカとつながっていた、スパイ軍人どもだ。
お前たちを、これから、日本国の真実の歴史の法廷に、引き釣り出す。

ミットウエー海戦で敗退したあとも、山本を連合艦隊長官から罷免せず、単に海軍内の庇(かば)い合いだけをした。
私が言いたいのは、海軍首脳は始めから負けるように作戦を立て、
陸軍を太平洋に引きずり込んで、海軍も陸戦隊(りくせんたい)や基地の設営部隊は見捨てられました。
メディアも“海軍反戦トリオ”“海軍3提督”とかの虚構は作るものの、真の敗戦責任を問うた事がありません。

14名無しさん@お腹いっぱい。2016/02/24(水) 19:33:09.28ID:TiucUbFz0

15名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/31(水) 15:24:58.26ID:I/Y5AjPQ0
近代史の明治維新のように稼げるかもしれないブログ
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

3BLBJ

新着レスの表示
レスを投稿する