明治維新を成したのは結局徳川と英国 [無断転載禁止]©2ch.net

1名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/12(日) 14:47:37.56ID:/MWtSszd0
討幕・新政府樹立はもちろん薩長両藩の主導によるものであるが、
強大な武力を温存しながらあっさり不戦敗を選択したことは、逆説的に言えば、
幕府⇒新政府の“平和的”政権移行の最大の功労者は慶喜であったかもしれない。
 また近年 尾張慶勝が再評価されてきている。徳川宗家を見限り、
いち早く東海地方を新政府側にまとめた尾張藩の行動は、本音は単なる保身策だとしても,
維新の「無血革命」に大きく貢献した。
 薩長連合もイギリスの支援が無ければ自力で討幕が出来たかどうかも疑問が残る。
イギリスのグレートゲームを踏まえた維新史にも留意して、旧来の薩長史観を見直してみればどうか?

53名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/06(火) 15:24:47.37ID:8KmlwAlT0
討薩の表を上奏する課程で部下が戦闘行為を始めちゃったんだから、現場指揮官に大いに問題があるように思う
慶喜を殺してでも戦争した連中がワンサカ配下にいる状況じゃお手上げ
勝利したらしたで内乱が長期化するだけなので、さっさと恭順するのが後々のためにもベスト

54名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/06(火) 22:48:07.32ID:KcOqxHtY0
鳥羽伏見戦役は幕府側ではなく薩長側から火蓋を切った。 旧幕府軍は興奮度の割には“本気度”が足りなかった。
総帥の慶喜自身が「おまえら進軍したいなら勝手にやれよ」程度だったから現場指揮官だけの責任とは言えない。
当時の慶喜は尾張義勝らの公儀政体派の周旋に比重を置き、武力討薩には乗り気ではなかった。
すでに旧幕府軍が進発した段になってもこのフンドシの緩さが、後世の史家に「優柔不断」「ひ弱」な印象を与えている。
もはや「賽は投げられ」ているのに、まだ握りしめているつもりだったのだろう。
この阿保桜満開ぶりは、おそらく腹心の原市之進の死と無縁ではなかろう。

55名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/06(火) 23:23:08.73ID:8KmlwAlT0
>>54
本気度という言葉にデジャブを感じたんだけど、もしかして>>35の人?

監督責任というものが存在する以上、現場指揮官だけの責任とは言えない
(慶喜に全責任があるとも言えないが)
原市之進が殺害されてるのは痛いね
しかも犯行が幕府側の人間という…

でも戦端を開かぬよう指示は出していたし、
幕府軍暴発後は徹底して恭順謹慎を貫いてるのは良い判断だと思う
>>1の「幕府⇒新政府の“平和的”政権移行の最大の功労者は慶喜であったかもしれない」に繋がる

慶喜を贔屓目で見てしまう俺としては阿保桜満開と断じるのはいかがなものかと個人的に感じるが
未だ評価が定まらない人物なので、このように言われてしまうのも止むなしとは思う
慶喜の評価ってその人の思考や性格が結構出るところだよね

56名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/07(水) 10:06:15.74ID:6Mu/KAcR0
芹沢鴨ってどうなん。ほんまに水戸出身だったのかね
見回り組ではなく、浪士組に参加してるから無役の御家人より零落した人だったのだろうけど
尊王攘夷の浪士組がなんで内ゲバ大好き新選組に変わっていったのだろう

57名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/11(日) 01:43:31.61ID:eRmzllE+0
渋沢栄一、前島密、榎本武揚、福地桜痴、西周・・・・・・
明治国家は旧幕臣が作ったんだよ。

58名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/11(日) 04:48:20.90ID:iiVpjQxL0
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人虐殺
https://goo.gl/1ntWvZ
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ

59名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/14(水) 22:39:18.10ID:RuvSDx7P0
明治前期 政府の役人の3分の1が旧幕臣。現代で言う中下級のノンキャリに旧幕府の役人が維新後も そのままスライドして新政府に出仕していた。単純に政府内の最大の藩閥勢力は、実は旧幕府だったりする。
また、民間でも渋沢栄一 福沢諭吉 西周などの俊才を輩出した。 日本の近代化は実は旧幕府によって為されたと言っても過言ではない。
日本人は誤った維新史観を捨てる時が来た。

60名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/15(木) 00:18:06.84ID:mJG6/Vxv0
渋沢栄一 福沢諭吉 西周を旧幕臣と言うのは違和感あるな
外様から優秀なのを中途採用しただけじゃねえか
関ケ原以来の家臣でイキがいいやつを紹介してくれよ

61名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/15(木) 12:59:31.95ID:/Jd1t5Pp0
本来の譜代幕臣は文字通り明治維新で殲滅された。
蕃書調所出身とか、全国募集組をインスタント「幕臣」に採用、これが明治新政府に転職して活躍した。
数字的に旧幕臣勢力が多いのは遠国奉行・町奉行などの下僚、いわば地方ノンキャリが多いため。

>関ケ原以来の家臣でイキがいいやつを紹介してくれよ
再調査の結果、該当者はいませんでした。

62名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/15(木) 13:55:03.51ID:3s2MaDzq0
広い意味では薩長も幕臣だな

63名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/17(土) 20:24:18.91ID:lHhbV8L70
>>3
それ、尾張でなく水戸のことなんだが
嘘をそうやって流布しちゃダメだなあ

64名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/18(日) 20:26:13.74ID:a9+FV/M+0
>>3でも>>63でもいいからソースを提示してくれ

65名無しさん@お腹いっぱい。2017/06/30(金) 14:39:41.81ID:RuQ+gCG90
63についてはwikiにソースが乗ってたな
調べる気にもならないが、水戸藩編集のなんとかって書物っぽいよ

66名無しさん@お腹いっぱい。2017/07/26(水) 12:06:02.21ID:9e7bg3PN0
☆ 日本人の婚姻数と出生数を増やしましょう。そのためには、公的年金と
生活保護を段階的に廃止して、満18歳以上の日本人に、ベーシックインカムの
導入は必須です。月額約60000円位ならば、廃止すれば財源的には可能です。
ベーシックインカム、でぜひググってみてください。お願い致します。☆☆

67名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/31(木) 00:26:26.41ID:l4Uf6WJ80
>>63
徳川義直 尊王(尊皇)でググれば色々出てくる。
尾張藩が江戸時代ずっと尊皇で縛られていたのは基礎中の基礎知識だろ

68名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/31(木) 01:29:37.46ID:l4Uf6WJ80
尾張16代藩主の徳川慶勝(よしかつ)は、尊皇攘夷の立場をとる大名だった。
そんな背景から、孝明天皇からも厚い信頼が寄せられていた。
 慶勝はコ川家そのものよりも、むしろ朝廷を尊ぶ、尊王思想だったという。

「尾張藩の初代藩主である義直の『王命に依って催さるる事』を秘伝の藩訓としてきた。
 つまり勤皇思想の家訓を受け継いでいたからです」
徳川美術館(名古屋市東区)の原史彦主任学芸員がそう語ってくれた。

69名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/31(木) 09:37:33.78ID:jCqA8r0z0
藤林丈司

70名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/31(木) 11:05:56.00ID:l4Uf6WJ80
>>63>>65
水戸藩が尊王になったのは二代藩主の光圀からだから、家康は関係ないでしょ。ていうか、 江戸の近郊に尊皇藩を配置しても
徳川家家名存続に繋がらない。西に置かないと。
それと、 尾張義直の強烈な尊皇思想(つーか、 将軍家へのライバル心)は尾張吉通が義直の遺訓を記した「円覚院様御伝十五箇条」から伺える。
そのあたりから『家康の深慮遠謀」とか俗伝にまで発展したものと思われる。
光圀の尊皇思想も義直の影響もあるし>>63は話がごちゃごちゃになったのだろう。

71名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/01(金) 12:41:39.35ID:dJpUjuJi0
戊辰戦争前に内戦で崩壊した水戸藩は尊王攘夷思想の藩だったとしても主導権は喪失したものとみる
明治維新の黒幕は本当はトヨタを生んだ尾張と松下を生んだ紀州の両徳川で
田布施、田布施と騒ぐ陰謀論者はそれを隠す為に騒いでいるのではないか?三菱も三井も住友も長州出身ではない
安倍の後ろにいる二階も竹中も紀州人だ そして皇室によりつながりの深いのは薩摩の方だ
長州人は反対派の前に出て矢面に立つ人間で、首相は輩出しても黒幕はまだ別にいると思われる
フルベッキ写真の周りにいるのは長州人だけではない 紀州人の陸奥宗光もいるのである

72名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/01(金) 23:36:24.36ID:Jyh9cgWr0
廃藩置県のモデルは和歌山藩の改革だしね。 
やっぱり明治維新は尾張・紀伊・慶喜の自演だったのか。  薩長とか坂本とかどうでもいい脇役だったんだ。

73名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/09(土) 11:50:12.50ID:uqNYbySO0
黒幕はイギリスだがな

74名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/09(土) 13:38:31.85ID:nIYb8C2n0
『フルベッキ写真』伝説覆す原板: 幕末の志士集合写真 → 実は佐賀藩校の生徒 (読売新聞 2013/4/24)
http://blog.goo.ne.jp/sagastudents

この写真↑の撮影場所と時期はわかっており、坂本龍馬の死後、明治天皇の江戸入り後なので2人は写真の中にはいません。

75名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/09(土) 14:53:18.12ID:rlBKCa710
小中学生の授業で近代史が掘り下げられない理由だわな
あまり深くやるとバカでも気が付く

明治維新後の列強との関わり見てたら、その後の太平洋戦争含めた近代の戦争が不可避だってのは普通に気付いちゃう
現代人がいくら「太平洋戦争は間違いだった」とか言っても、ポジション的にどのみち侵略はされてる
積極的に戦争してなけりゃ今も日本は発展途上国だし、お花畑な事を言う自由も余裕も無かった
少なくとも明治維新から冷戦終了あたりまではワンセットの流れで強制イベントなのを極力気付かないように誘導して教えてると思う
今の北チョンの火遊びと、対比しながら学ぶといい。

上手く乗せられて火遊びを繰り返したあげく、
利用価値がなくなり目障りになってきたら
白人様に始末されてしまう運命。


こういうのは、御主人様の目から見ると
東アジアに共通した「東アジア的 退嬰」なんだってよ。

北チョンは、日本を真似た、遅れてやってきた劣化版日本だそうな。

猿にも等しい東アジア人が、害悪を振りまかないように、
御主人様による「善導」と「教化」が必要なのである www

76名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/10(日) 11:24:20.17ID:OhoG9plG0
幕藩体制が中央集権だったら世の中がひっくり返る。

徳川将軍がいくら高圧的だからってそれは領地達の中の大領主でしかない。
各藩の領主達がそれぞれ自分で税金取りながら軍隊も自前で持ってる中でそれを英仏と同じ近世と呼ぶのは無理あり過ぎる。
事実上、日本は近世を経ず中世から近代へ突入したくに。

明治維新の攘夷、下級士族の役割を評価しすぎると進歩史観的には反動革命とされマイナス評価になるので
ここはパトロンになった商人に焦点を当てることで、ヨーロッパと同じく日本もブルジョア革命の段階に発展していたとするのが反論としてはベター

77名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/12(火) 11:38:30.51ID:pCVM7kVh0
そもそもヨーロッパ史には「近世」が無いんだが?
「近代」の始まりはルネサンスなんだが、それじゃああんまり早すぎる、ということで「近世」というのを
付け加えただけで、意味のない話。 歴史区分は基本「古代 中世 近代」の3区分。

78名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/17(日) 10:11:43.79ID:KGKvQL2h0
来年西郷隆盛が大河ドラマの主人公になるというのに、実際の明治維新は徳川の自演だったとは、
NHKもがっくりだな

79名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/10(火) 06:06:49.22ID:uO51lt4X0
サビエルが書簡で日本民族は滅ぼさなければならないと書いているからな
以来、イルミナティの小間使いイエズス会は虎視眈々と攻撃してきた訳だ

80名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/14(土) 17:03:58.46ID:9/FuzojI0
自分が作った明治政府に討伐された西郷のことを考えれば、慶喜は完全に勝ち組に入るな

81名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/14(土) 18:35:09.10ID:tIj+l5X/0
実際は
慶喜→戦争してみたけど勝てなくて恭順に切り替えた
英国→戦争で賠償金踏んだくっただけで中立
なだけだからな

82名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/19(日) 18:52:00.27ID:bN1EL2aa0
>>75
明治維新の時に輸入した兵器が南北戦争の残りもの
終戦で不要になった在庫一掃に行き場として内戦したのも
薩長に英米死の商人が巧みに近ずいて幕府の転覆企てた

こういうのが周知されるだけでも明治維新とかインチキ
だったとわかると思うんだよね
日本植民地化ギリギリ回避改革みたいな
龍馬は結局内戦を激しくさせないために働いてしまい
グラバーやジャーディンマセソンに損をさせたので
殺されたんでしょう?

83名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/20(水) 23:14:49.60ID:ODoZCAn/0
坂本龍馬が何で維新の英雄みたいに評価されているのかさっぱりわからない。
幕末維新史を詳しく見れば、坂本は薩摩や英国のパシリだと理解できるはずなのにねえ。

84名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/21(木) 21:02:22.89ID:QqwXPsY50
NHKが坂本押しから小松押しに方針転換した模様

85名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/30(土) 22:18:58.54ID:rCDYFYPn0
で、今NHKで鳥羽伏見の戦いのドラマやってます、と。

86名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/30(土) 22:42:46.06ID:86mnM8tk0
【国会】150人の鰓ばれし鮮士たち<丶`∀´>
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/korea/1514543170/l50
【蓮舫ガー】国会に150名も<丶`∀´>がいる
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/seiji/1514542675/l50

87名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/02(火) 20:12:38.89ID:dfB0xsdB0
ヨーロッパ人の中では、特別優れた思想家のカントは「永久平和のために」の中で、ヨーロッパのならず者国家がアジア、アフリカを侵略している中で、日本が鎖国体制を取っていることを高く評価している。
水戸や薩長のバカは攘夷を叫んでいたが、幕府は開国にあたっては、まず筒井、川路(川路は柳田国男が最大級に賛辞した数少ない日本人)という底の知れぬしたたか者にのらりくらりと対応させて、
切羽詰まると、岩瀬、堀、水野という希代のキレ者たちに対処させた。
水戸斉昭は堀織部を切腹させろと幕府に迫ったが、老中が何とか堀を守った。
堀は外国奉行、箱館奉行、神奈川奉行兼務という超人的な仕事をしたが、特に日本列島初の天然痘に対する大量予防接種をアイヌのために行った。
このままでは、深刻な人口減になると考えたため、しかし、松前藩と明治政府のせいで残念なことになってしまった。
また、幕府は朝鮮(韓国)のために開国のアドバイスの使者を送ったが、大政奉還で、呼び戻した。
薩摩が奄美、沖縄でムチャクチャなことをやっていた勢いで、明治帝国から征韓、満州進出の黒歴史を作ってしまった。

88名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/02(火) 21:30:31.47ID:pQ8U+WDb0
昭和に入って幕府・賊軍側が台頭し
賊軍勢力が対米戦争を主導したが
日本惨敗
やはり結果的には薩長主導の方がよかった

89名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/02(火) 21:33:49.32ID:pQ8U+WDb0
太平洋戦争を主導した賊軍勢力

■陸軍
板垣征四郎(岩手・盛岡藩)陸軍大臣
畑 俊六(福島・会津藩)陸軍大臣
小磯國昭(山形・庄内藩)総理大臣
東條英機(岩手・盛岡藩)総理大臣・陸軍大臣
石原莞爾(山形・庄内藩)

■海軍
米内光政(岩手・盛岡藩)総理大臣・連合艦隊司令長官・海軍大臣
及川古志郎(岩手・盛岡藩)海軍大臣
山本五十六(新潟・長岡藩)連合艦隊司令長官
嶋田繁太郎(東京・幕府)
南雲忠一(山形・米沢藩)
井上成美(宮城・仙台藩)

90名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/02(火) 22:24:52.89ID:HfFiuAYP0
今 NHKで昭憲皇太后のドラマやってます

91名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/02(火) 22:50:27.81ID:dfB0xsdB0
まあ、幕府の外国奉行クラスに匹敵するのは、横井小楠と薩摩の重野安繹くらいだろう。
昭和に入れば、陸軍よりも海軍のほうがまだマシで、非戦派の山本、井上、
昭和天皇の懐刀で、終戦工作を任された光内あたりはマシなほう。

92名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/03(水) 13:49:45.39ID:GYFTxZlw0
攘夷、公武合体・大政奉還というのは、あくまで方便で、
実際は、良くも悪くも西郷が居なければ、コトは進まなかった。
クーデターが終われば西郷は用済みで、
重野安繹は政治の世界から降り、学問の道へ入ったので、
あとの懸案は、共和制志向の横井小楠を消しておくことが必要だった。

93名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/03(水) 22:09:04.08ID:BKDqOO340
今、NHKで薩摩藩特集やってます

94名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/04(木) 20:10:38.48ID:FLsQW5tG0
今、NHKで島津久光やってます  

95名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/16(火) 00:55:54.27ID:JZRyJYpA0
今年の大河ドラマが西郷だから「薩摩推し」は今年一年続く。
大河もいい加減 戦国と維新ばっかりのをやめて、神功皇后とか天武天皇とかやれよ

96名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/16(火) 16:22:44.25ID:v1VJ5VG40
>>95
何故その二人をピックアップ?

97名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/17(水) 13:38:03.64ID:Fjten+Ik0
寛永、元禄、天保などの時代をやってほしい。

98名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/26(金) 13:01:41.50ID:KhdhWhvF0
>97
元禄はさんざんやってるだろ。 寛永・天保なら誰を主人公にするの?
>96
古代ってあんまり映像化されないから観てみたいね。 壬申の乱 三韓征伐・・・・・
ドラマ性高い。

99名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/26(金) 20:51:33.62ID:p11rPn8q0
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8

100名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/31(水) 12:31:38.39ID:I/Y5AjPQ0
近代史の明治維新のように稼げるかもしれないブログ
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

E8MSR

101名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/09(金) 23:29:52.27ID:sf7woUYT0
西郷隆盛は西南戦争で何をやりたかったんだろうか?
明治維新が失敗だったとしてもそれは自分のせいだ。 だから、自らもう一度やり直したッ方のかもしれないが、
それって、自分がバカだと再証明することだろ。
やっぱり、慶喜がゆっくりと近代化するのが一番正解だったんだよ。

102名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/23(金) 03:34:14.75ID:Kg07iwK20
江戸時代中期、大奥生まれの大奥育ちの将軍の子は虚弱ですぐに死んでしまった。
出産は多いのに成人するまで生きられるのは少なく、将軍たりうる器量を持つ者はなかなか育たなかった。
なんとか育って将軍の地位についても白米に偏った食生活のせいで脚気を発症して死んだ。

だから御三家の人間を迎えるようになったわけだが、そもそも大奥の育児がダメダメだったのは何故か。
「大奥」「目隠し」でぐぐったらわかる。

春日野局のような乳母が国政に影響を持つのを忌避したためとはいえ、大奥では子どもが健常に育つための
母性がとことん排除されていた。
そりゃ健康な後継者、大奥じゃ育たないわー。

103名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/12(土) 22:31:42.02ID:/9zczfpG0
最近 第二次日英同盟論がマスコミに出てるね。
亜米利加よりは信頼できそうだな

新着レスの表示
レスを投稿する