連続ドラマ小説「二ホンちゃん」60クール目 [無断転載禁止]©2ch.net

1マンセー名無しさん2017/09/09(土) 09:06:14.16ID:M1Jcznv9
本ドラマは全くのフィクションであり、実在の国家・指導者とは何の関係もありません。
前スレ:連続ドラマ小説「ニホンちゃん」59クール目
https://lavender.2ch.net/test/read.cgi/korea/1481839758/
<丶`∀´>このスレのまとめページニダ
 目次+ログ 現在紛失中。
 1〜1095話 http://web.archive.org/web/20080604192332/http://funshei.at.infoseek.co.jp/index.html
 1072話〜  http://nihonchan.himegimi.jp/index.html
連続ドラマ小説「二ホンちゃん」補完・議論用スレ9
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/bun/1436312372/

351マンセー名無しさん2018/01/01(月) 02:25:52.04ID:M7A63215
「あの人がね」
「やってるしさ」
「本格的にうちの特撮を取り入れてるのね」
「やっぱり面白いからさ」
それでと答えるアメリー君でした。
「そうしてみたんだYO]
「ゴジラよりもずっとうちの感じね」
「そうしてみたYO」
「まあ脚本は流石に違うニダな」
カンコ君は他の部分はそうだとしてもそこは違うこ
とを指摘しました。ニホンパパさんの脚本作品でよ
くアクションをしていた人が関わっていても。

「ニホンやウヨ、今の千体やライダーもそうニダが
やっぱりアメリー君の家の感じみたいニダ」
「というかニホンちゃんの脚本もウヨの脚本も個性
強過ぎだろ」
アメリー君はカンコ君に困ったお顔で返しました。
「キャラだってな。どっちがより個性強いかってい
うとウヨか?」
「そうニダな、まだニホンのキャラはまともニダ」
「ウヨの特撮キャラ濃いからな」
「あれは強烈ニダ、それで流石にアメリー君もニダ
しチューゴ君もニダな」
今度はチューゴ君にお話を振ったカンコ君でした。

352マンセー名無しさん2018/01/01(月) 02:26:23.90ID:M7A63215
「あの作品は龍騎かカブトみたいニダが」
「否定はしないある」
チューゴ君も皆と大体同じ反応です。
「どっちも観ていてこれはって思ったあるからな」
「それで、ニダな」
「僕もヒーローのデザインとかに影響を受けたのは
事実ある」
そうだというのです。
「どうにもある。しかしある」
「脚本についてはニダな」
「ニホンパパさんの脚本も個性があったあるが」
二人のお父さんであるこの人の脚本も面白くてそれ
もありました。

「しかしニホンちゃんもウヨ君もそして特にウヨが
ある」
「脚本とキャラの個性が強くてニダな」
「真似出来ないある」
「僕の作品の侍はまあ鎧武だって言われても仕方な
いけれどさ」
またアメリー君が言ってきました。
「それでも鎧武の脚本も真似出来ないYO」
「ウロブチさんもニダか」
「あの人の脚本もウヨの脚本並に個性が強いだろ」
個性こそ違えど、というのです。
「あんなの真似出来るかYO」
「あの人はアニメでもある」
チューゴ君が出したアニメはといいますと。

353マンセー名無しさん2018/01/01(月) 02:26:55.29ID:M7A63215
「まどかやサイコパスはインパクトが凄過ぎたある
よ」
「それでニダな」
「僕もウロブチさんも真似出来ないある」
「僕達が取り入れられるのはデザインやアクション
位さ」
そうしたもの止まりというアメリー君でした。
「脚本までは無理だYO」
「そういうことある」
「そうニダか、では次はフランソワーズの話を聞く
ニダ」
「また続くのね」
「とことんいくニダよ」
以下次号。

ttps://rocketnews24.com/2010/09/04/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%8C%E3%83%92%E3%83%89%E3%82%A4%EF%BC%81-%E6%80%AA%E7%8D%A3%E3%82%92%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%81%E3%81%97%E3%81%A6/

354マンセー名無しさん2018/01/01(月) 02:27:29.81ID:M7A63215
投稿開始。

355マンセー名無しさん2018/01/01(月) 02:27:59.52ID:M7A63215
       「昭和特撮か」
今度はフランソワーズちゃんが出てきましたがフラ
ンソワーズちゃん自らこんなことを言いました。
「わたくしの作品のお話は以前に作者の方のお一人
がネタにしていましたわね」
「かなり昔のことニダな」
カンコ君はフランソワーズちゃんのお話を聞いてす
ぐに応えました。
「もうそれは」
「そうですわね、けれど覚えておられる読者の方も
おられると思いますわ」
かなり昔のお話でもと言うフランソワーズちゃんで
した。
「その作品ですけれど」
「あの作品はね」
ニホンちゃんが応えました。

「戦隊そのものだけれど」
「それでもですわね」
「今の戦隊じゃないわね」
その感じではないというのです。
「どうにもね」
「そうですわね、確かに」
「あの感じは」
どうかといいますと。
「昭和ね」
「そうですわね」
「制作されたのもかなり前だし」
それだけ昭和の空気に近かったのです、ニホンちゃ
んやウヨ君の脚本よりも。

356マンセー名無しさん2018/01/01(月) 02:28:45.57ID:M7A63215
「だからね」
「今観るとですわね」
「昭和の感じとね」
それに加えてというのです。
「フランソワーズちゃんの空気がするわ」
「そうですのね」
「これも独特ね、ああした感じのお話はわたしには
書けないわね。武士にもね」
この子にもというのです。
「多分ね」
「書けませんのね」
「うん、ああした感じの作品はね」
どうにもというのです。

「出来ないわ。あとね」
「あととは?」
「何かあの頃の戦隊って五人だったじゃない」
「それが決まってましたわね」
「追加メンバーが出ないから」
あと追加のロボットも出ませんでした。
「だからね」
「今観るとですわね」
「やっぱり違うわ」
今の特撮とはというのです、そうしたお話をして
ニホンちゃんはタイワンちゃんにお顔を向けてで
した。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

357マンセー名無しさん2018/01/01(月) 02:29:22.81ID:M7A63215
「タイワンちゃんのところの特撮はね」
「ま、まああれはね」
バツの悪い苦笑いで応えたタイワンちゃんでした。
「巨大化してるけれどね」
「まあそのお話は置いておいてね」
そっくりとかそうしたことはとりあえずはいいと
したニホンちゃんでした、正直こう言うと今回の
お話の皆があてはまってしまうからなのでしょう
か。
「コメディータッチだけれど」
「やっぱりっていうのね」
「うん、特撮の舞台裏よね」
そちらのお話だというのです。

「そうした作品うちでもあるし」
「アキバレンジャーね」
「そうした作品もあるから」
「そこを描くのもなの」
「面白いと思うわ」
こう言うのでした。
「わたし観ていても面白かったし」
「そうなのね」
「ええ、ただタイワンちゃんの方は平成の感じ
がするわ」
ニホンちゃんの見たところです、ヒーローのデ
ザインもでしょうか。

358マンセー名無しさん2018/01/01(月) 02:29:52.16ID:M7A63215
「フランソワーズちゃんは昭和でね」
「そこが違うのね」
「戦隊とライダーの違いとは別にね」
「何か昭和と平成で特撮が変わってますし」
フランソワーズちゃんも言ってきました。
「元にしたのがどちらかでそれぞれのお家の
特撮も変わりますわね」
「それあるのよね」
本当にと言うニホンちゃんでした。
「脚本なんかでもわたしや武士とお父さんの
じゃ全く違うから」
「ニホンさんのお父様の脚本は基本一話完結
ですわね」
フランソワーズちゃんが指摘しました。

「その時点で大きく違いますわね」
「そうなのよね、わたしや武士はライダーだ
と特にストーリーで書くから」
「一年を通して」
「そうするからね」
「そうしたところも違うわね。それでバカン
コこのシリーズ今回で終わり?」
「まだアーリアがファンとして言いたいそう
だし最後はタイランニダ」
「じゃあさらに続くのね」
「そうニダ」
何とまだ続くのでした、宜しければ最後まで
お付き合い下さい。

359マンセー名無しさん2018/01/01(月) 02:30:20.87ID:M7A63215
ttps://rocketnews24.com/2010/09/04/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%8C%E3%83%92%E3%83%89%E3%82%A4%EF%BC%81-%E6%80%AA%E7%8D%A3%E3%82%92%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%81%E3%81%97%E3%81%A6/

360マンセー名無しさん2018/01/03(水) 08:51:43.25ID:Q4jGokVf
投稿開始。

361マンセー名無しさん2018/01/03(水) 08:52:51.15ID:Q4jGokVf
      「伝説」
アーリアちゃんとタイラン君が残っていますがタイ
ラン君の方が先に言ってきました。
「それで僕は、だよね」
「あの伝説の作品ニダ」
「ウルトラマンともコラボレーションした」
「あれは何ニダか」
「何かって言われてもね」
普通に返したタイラン君でした。
「うちじゃああしてね」
「作ってるニダか」
「そうしたヒーローっていうか」
さらに言うタイラン君でした。

「ウルトラマン自体結構残酷な技多いじゃない、悪
役だってえげつないし」
「それはそうニダが」
「今のシリーズもウルトラマンベリアルなんかかな
りだけれど」
カンコ君だけでなくニホンちゃんも応えます、今度
は巨大ヒーローものです。
「それはね」
「その通りニダが」
「だから別にああしって真っ二つにしてもいいじゃ
ない」
「しかしその前のいじめはどうかと思うニダ」
カンコ君はそこはというのです。

362マンセー名無しさん2018/01/03(水) 08:53:58.54ID:Q4jGokVf
「ウルトラマン達と囲んで寄ってたかったりという
のは衝撃的過ぎるニダ」
「それだけ強い怪獣じゃない」
「いや、だからいじめだったニダ」
そのレベルでやっつけていたというのです。
「だからウリも言うニダ」
「そうなんだ」
「そうニダ、しかしあのヒーローは御前のところで
はニダな」
「うん、元がお家の人達の間でも人気のある神様だ
しね」
それでというのです。

「大人気だよ」
「そうニダな」
「だからああしてなんだけれど」
「ううむ、それでもニダ」
「問題あるんだ」
「そう思えて仕方ないニダ」
どうにも言うしかないカンコ君でした、タイラン
家のヒーローはちょっと他の皆からはどうにもと
いうところがあるみたいです。
そんなタイラン家のお話をしてからでした、いよ
いよです。
ニホンちゃんは最後のアーリアちゃんに尋ねまし
た。

363マンセー名無しさん2018/01/03(水) 08:55:07.62ID:Q4jGokVf
「ファンとしてよね」
「うむ、ライダーは面白い。うちではライダーに
ついての本はあまり置いていないが」
それでもというのです。
「しかし読んでいると面白いし作品自体を視聴し
ていてもだ」
「面白いのね」
「最高だ」
まさにと答えたアーリアちゃんでした。
「観ていていつも楽しんでいる。私はかつてああ
した作品は観たことがなかったから余計にだ」
「面白いのね」
「そう感じる」
まさにというのです。

「ライダーにしても他の作品にしてもな」
「じゃあどんどん観てね」
「そうさせてもらう。ただ私はまだ他の者の様
に自分で特撮は作っていないな」
ここでこのことにも気付いたアーリアちゃんで
した。
「そのことが気になるな」
「じゃあ作ってみたらいいわよ」
「楽しいニダよ、観るのも作るのもニダ」
ニホンちゃんとカンコ君がすぐにアーリアちゃ
んに言って他の皆もその通りという感じでいま
す。

364マンセー名無しさん2018/01/03(水) 08:56:24.23ID:Q4jGokVf
「だからアーリアちゃんもね」
「そう思うなら早速ニダ」
「ではな。考えてみよう」
「そうしてね」
「作りたいと思うなら是非ニダよ」
また言う二人でした。
「本当にニダ」
「チャンレンジよ」
「わかった」
アーリアちゃんは確かなお顔で頷きました、そ
うしてでした。
クラスの皆もお話が終わってでした。

それぞれ解散となりました、ですがカンコ君は
その間際にニホンちゃんに尋ねました。
「アマゾンズの次の特撮脚本は何ニダか」
「ううん、正式に決まったらまた言うから」
「そうニダか。それで今度こそ終盤になってか
ら急にストーリーが動くニダか」
「わたし本当にそのイメージ強いのね」
「少なくともビルドみたいに最初からどんどん
はしていないニダな」
「言われてみればそうだけれどわたしは第四ク
ール終盤っていうのね」
「そこが気になるニダ」
どうしてもというカンコ君でした、ニホンちゃ
んの特撮の脚本ヤスコにゃんバージョンについ
ては。

365マンセー名無しさん2018/01/03(水) 08:57:40.95ID:Q4jGokVf
ttps://rocketnews24.com/2010/09/04/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%8C%E3%83%92%E3%83%89%E3%82%A4%EF%BC%81-%E6%80%AA%E7%8D%A3%E3%82%92%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%81%E3%81%97%E3%81%A6/

366マンセー名無しさん2018/01/05(金) 08:56:28.18ID:E5C/ZKqL
投稿開始。

367マンセー名無しさん2018/01/05(金) 08:57:05.68ID:E5C/ZKqL
       「月がきれい」
ある日エリザベスちゃんはスロアキア君
にこんなことを言いました。
「出来ればですの」
「ああ、えりざべすの作ったね」
「それを貴方のお家のお庭にと思いまし
て」
「それでだね」
「お願いしますの」
「普通に飾りよりも」
「ええ、その方がアートですわね」
「それも前衛だね」
そちらのアートになると言うスロバキア
君でした。

「どうにも」
「前衛といいますとフランソワーズです
けれど」
「フランソワーズに負けじっていうの?
今回も」
「いえいえ、フランソワーズのことはあ
りませんの」
笑って返したエリザベスちゃんでした。
「今回は」
「ただそうしたらアートとしていいと思
ってなんだ」
「そうですの」
「わかったよ。それじゃあね」
にこりと笑ってでした。

368マンセー名無しさん2018/01/05(金) 08:58:23.86ID:E5C/ZKqL
スロバキア君も応えてです、そのう
えでなのでした。
エリザベスちゃんの作ったものを彼女と
一緒にご自身のお家のお庭に置きました、
そのうえでです。
皆に見せます、それはお月様をモチーフ
にしたものでした、というか青白く輝く
お月様をそのまま球体のアートにしたも
のです。
それがお庭にあるのを見てです、ニホン
ちゃんが言いました。
「何かお月様がね」
「ある様にですわね」
エリザベスちゃんが応えました。

「見えますわね」
「うん、落ちてきてここにあるみたいな
ね」
まさにというのです。
「そう見えるわ」
「そう思いましてですの」
にこりと笑って答えたエリザベスちゃん
でした。
「わたくしもスロバキアにお願いしまし
て」
「それで置いてもらったの」
「そうですの」
こうニホンちゃんに答えるのでした。

369マンセー名無しさん2018/01/05(金) 08:59:15.03ID:E5C/ZKqL
「面白いですわね」
「ええ、ただね」
「ただ?」
「何か物凄い光景よ」
お庭の中に月が落ちてきているみたいな
それはというのです。
「そこまで考えてなのはわかるわ、それ
でそこまで考えられるのがね」
まさにというのです。
「凄いわ」
「若しかしまして」
今度はフランソワーズちゃんがエリザベ
スちゃんに聞いてきました。

「わたくしを意識してのことですの?」
「それはスロバキアにも聞かれましたけ
れど」
そのスロバキア君を見つつ答えたエリザ
ベスちゃんでした。
「違いましてよ」
「そうですの」
「今回貴女のことは意識せずに自分のア
イディアだけですわ」
他に思うことはなかったというのです。
そしてエリザベスちゃんは嘘を言っては
いません。
それでさらにでした。

370マンセー名無しさん2018/01/05(金) 08:59:57.12ID:E5C/ZKqL
エリザベスちゃんは自分が作ったアート
がスロバキア家のお庭の中にあるのを見
ていってこうも言いました。
「わたくしこれからも」
「こうしたことをだね」
「やっていきますわ」
こう言うのでした。
「面白いですから」
「そうするんだ」
「こうした前衛的なものは外すとかなり
なものになると思いますけれど」
それでもというのです。

「またチャレンジしていきますわ」
「それじゃあまたね」
「貴方に協力して欲しい時はですのね」
「声をかけてよ。僕も面白いしね」
こうしたことに関わることはというので
す。
「だからね」
「ではまた」
「機会があればね」
「宜しくお願いしますわ」
二人でお話してでした、エリザベスちゃ
んは今度もチャレンジしようと思うので
した。前衛的なアートに。

371マンセー名無しさん2018/01/05(金) 09:01:52.39ID:E5C/ZKqL
ttps://contents.gunosy.com/10/10/a0d97de1a4cc3787310eec2019002747_content.jpg
スロバキアの首都ブラチスラバ市内の公園に7日、青白く輝く月のオブジ
ェが現れた。これは英国人アーティスト、ルーク・ジェラム氏のインスタ
レーション作品「月の博物館」で、市全体を会場とする現代アート展に併
せて展示された。
ttps://gunosy.com/articles/RTgOS

372マンセー名無しさん2018/01/07(日) 09:22:30.11ID:Tyt9g5Qc
投稿開始。

373マンセー名無しさん2018/01/07(日) 09:23:27.36ID:Tyt9g5Qc
     「若社長」
ハプスブルク家の新しい社長さんが決まり
ました、ですが。
その社長さんのお話を奥さんから聞いてで
す、ニホンパパさんはびっくりして言いま
した。
「そのお歳はね」
「信じられないわよね」
「僕より若いよ」
こう言うのでした。
「三十一歳だなんて」
「そうよね」
ニホンパパさんは大学を出てからニホンマ
マさんと結婚しています。

ニホンちゃんは今小学六年生です、ですか
らニホンパパさんもそれなりのお歳です。
勿論それはニホンママさんも(検閲済)。
そんなニホンパパさんですから思うのでし
た。
「驚くことだよ」
「そんなに若くて大丈夫かしら」
「そうだね、若い人は元気があるけれど」
その元気のよさがプラスに動く場合がある
のも事実です。
ですが世の中は常に表裏一体なので。

374マンセー名無しさん2018/01/07(日) 09:24:52.54ID:Tyt9g5Qc
それで、です。お二人は夫婦でお話をして
いくのでした。
「大丈夫かな」
「他のお家のことでもそう思うわよね」
「若さがそのままプラスに動けばいいんだ
けれど」
「マイナスに出るとね」
「大変なことになるから」
「ハプスブルク家はこれからどうなるのか
しら」
日之本家でこうしたことをお話します、そ
して当のハプスブルク家でもです。

社長さんのことが話題になっていました、
果たしてどうなのかと。
「社長に選んだけれど」
「大丈夫?」
「あの人でやっていけるの?」
「過激なところも多いし」
「果たしてどうなるのか」
不安な声も多いです、ですが選んだ人達は
この人ならと思っています。
そしてハプスブルク先生は親友のフラメン
コ先生に一緒にコーヒーを飲みながらです。

375マンセー名無しさん2018/01/07(日) 09:27:40.62ID:Tyt9g5Qc
ご自身が作ったザッハトルテを出しつつフ
ラメンコ先生に言いました。
「あれ位の方でないと」
「駄目っていうのね」
「時折でも」
いつもではなくてもとです、ハプスブルク
先生はフラメンコ先生ににこにことしてお
話します。
「社長さんになってくれますと」
「刺激が出てなの」
「お家も引き締まりませんか?」
こう言うのでした。

「フラメンコさんは」
「まあ私も時折荒療治なことはするわ」
フラメンコ先生はコーヒーを飲みつつハプ
スブルク先生に答えました。
「それはね」
「そうですよね」
「ええ、けれど今回は思い切った時に思い
切ったことになったわね」
そのタイミングと選ばれた人が共にという
のです。
「これはまた」
「はい、大変な時こそ」
まさにそうした時こそというのです。

376マンセー名無しさん2018/01/07(日) 09:30:21.08ID:Tyt9g5Qc
「やっぱりです」
「刺激なのね」
「吉と出るか凶と出るか」
それこそというのです。
「まだわかりませんが」
「凶と出てもなの」
「その時はお家の皆さんで何とかするとい
うことです」
にこにことして凄いことを言うハプスブル
ク先生です。
「やっていきますね」
「そうした時の度胸は凄いわね」
フラメンコ先生も驚く程です。

「あんたはいつも」
「こうしたことが昔からありましたね」
「まあね、どうなるかわからないって時は
どのお家でもあるわ」
「そうした時は思い切ってです」
「やるべきなのね」
「ですから我が家は今回あの人を社長さん
に選びました」
若くて過激なところもある人をです。
「まさに賭けということで」
「にこりとして言うところが凄いわ」
ハプルブルク先生の外見からは想像出来な
い肝っ玉にというのです、さてハプスブル
ク家はどうなるでしょうか。

377マンセー名無しさん2018/01/07(日) 09:31:13.21ID:Tyt9g5Qc
オーストリア右派連立内閣発足
首相31歳、世界最年少首脳
2017/12/19 00:51
&copy;一般社団法人共同通信社
18日、ウィーンで宣誓式に臨むクルツ氏(中央)(ゲッティ=共同)
【ウィーン共同】オーストリア中道右派、国民党と右派、自由党の連立内
閣が18日、発足した。首相は国民党のセバスティアン・クルツ党首(31)
で、オーストリア通信によると、世界最年少の首脳。副首相にはハインツ
クリスティアン・シュトラッヘ自由党党首が就いた。
外相には自由党が推した無所属の女性元外交官カリン・クナイスル氏、内
相には自由党強硬派のヘルベルト・キクル氏、国防相もシュタイアーマル
ク州の同党トップを務めるマリオ・クナセク氏が就き、主要ポストを押さ
えた形。自由党は元ナチス党員が設立した経緯があり、政権入りに懸念も
高まっている。
ttps://this.kiji.is/315516657231479905/amp?c=39550187727945729&c=39550187727945729&__twitter_impression=true

378マンセー名無しさん2018/01/09(火) 09:03:50.78ID:TCfZdtVJ
投稿開始。

379マンセー名無しさん2018/01/09(火) 09:05:09.39ID:TCfZdtVJ
     「ディエンドは駄目」
カンコ君がタイラン家で開かれているパーティ
ーの場でこんなことを言いました。
「さて、今期のニホンの家のアニメも何かと観
るべきものが多いニダ」
「君本当にそうしたチェック欠かさないね」
そのカンコ君にタイラン君が突っ込みを入れま
す。
「何かと」
「やはりこうしたことはニダ」
「チェックしないとっていうんだね」
「そうニダ、ただどうもニダ」
ここでカンコ君はタイラン君にこうしたことも
言いました。

「前の期に続いてニダが」
「そこでどうせブルマが出ているアニメがなく
なってきたっていうんだね」
「前期は全然なかったニダ」
まさに一作もだったというのです。
「そして今期もどうもニダ」
「今時ブルマってのもね」
タイラン君の返事はかなり冷めています。
「ないからね」
「ええい、うちの学校でも何時の間にかブルマ
はSUNさんのイラストでしかなくなってしま
ったニダ」
ピクシヴ参照です。

380マンセー名無しさん2018/01/09(火) 09:05:55.33ID:TCfZdtVJ
「こちらでは全くなくなってしまったニダよ」
「それが時代の流れだね」
「時代の流れなぞ糞喰らえニダ」
カンコ君にとっては心から思う実に切実な問題
です。
「ブルマも永遠なれニダ」
「だからそれはどうしようもないよ」
「いや、どうにかなるニダ。アニメは夢を見せ
る世界ニダよ」
「それならっていうんだ」
「ブルマも永遠ニダよ」
そうあるべきだというのです、タイラン家でも
こうしたことを言うカンコ君でした。

ですがそんなカンコ君に皆はやれやれといった
お顔で応対していてタイラン君もだったのです。
「言いたいことはわかったからね」
「わかっただけニダな」
「うん、いい加減諦めるべきだね」
「ふん、ウリはあくまでブルマと貧乳の道を行
くニダ」
「貧乳キャラはどの作品にも大抵いるけれどね」
「そのキャラを追っていくニダ、あと次の戦隊
にも注目しているニダ」
「特撮もだよね、あと今回は二つの戦隊が同時
になるけれど」
このことについてはこう言うタイラン君でした。

381マンセー名無しさん2018/01/09(火) 09:08:08.16ID:TCfZdtVJ
「そういえばね」
「そういえば?何ニダ」
「いや、パーティーだし余興にね」
ここでおもちゃの銃といいますか十作目の作品
で出て来た青いライダーが変身の時に使ってい
たあの銃を出してきたのでした。
「ちょっと撃ってみるね」
「変身するニダか?」
「それは出来ないから、というかあれはニホン
ちゃんのお家の特撮で変身出来るとしたらね」
クラスの皆が集まっているので勿論ニホンち
ゃんもいるのでニホンちゃんを見つつの言葉
です。

「変身出来るとしたらニホンちゃんかウヨ君
だよ」
「御前はハヌマーンニダか」
「そうなるね」
「それではウリはあのヒロインがやたら強い
あの作品ニダな」
「ヒロインはチョゴリちゃんでね、とにかく
これは余興で撃つからね」
こうカンコ君にお話してでした、タイラン君
はお空にその変身の銃を向けてそうしてなの
でした。
「変身」
このお決まりのかけ声と共にです。

382マンセー名無しさん2018/01/09(火) 09:11:01.74ID:TCfZdtVJ
銃をお空に向けて撃ちました、これはおもち
ゃですが。
すぐにです、家族のサワディーちゃんがそっ
とタイラン君に囁きました。
「今はお家の人は誰も見ていないから」
「うん、僕もそこはわかっているからね」
「撃っても大丈夫だったけれど」
「気をつけないとね」
「?今の変身が何か駄目ニダか」
「これがね」
タイラン君は上から落ちてきた銃が放ったお
もちゃの弾を手の平で受けてからカンコ君に
お話しました。

「落ちてきて危ないってね」
「御前の家では言われていてか」
「駄目なんだ」
「それ位何でもないニダが」
「これに当たって痛い思いをした人がいたか
ら」
それでというのです。
「駄目なんだ」
「そういうことニダか」
「うん、じゃあ今からパーティーを再開しよ
うね」
アニメや特撮のお話は終えてです、お話と余
興の後はそちらに戻りました。

383マンセー名無しさん2018/01/09(火) 09:11:52.73ID:TCfZdtVJ
タイのスター、セーク・ローソーが空に向けて発砲で逮捕
タイの人気ロック歌手セーク・ローソー(Sek Loso)が2017年12月28日、
タイ南部ナコンシータマラート県の寺院に参拝後、拳銃で空に向けて発
砲する姿を自身のフェイスブックでライブ配信。
この様子が話題になるとニュースなどでも取り上げられ、31日にセーク・
ローソーは危険行為を行ったことで警察に逮捕されました。
タイでは合法的に銃を所持することが容易なことから、度々お祝いなど
の際に空に向けて発砲が行われており、落ちてきた弾に当たり怪我をし
たり、亡くなったりという事件が起こっています。
なおセーク・ローソーは翌日の2018年1月1日、保釈金15万バーツでタイ
から出国しないことを条件に保釈されています。
タイランドハイパーリンクス
ttp://www.thaich.net/news/20180102sk.htm
ttp://www.thaich.net/wp-content/uploads/2018/01/sek-loso-happo.jpg

384マンセー名無しさん2018/01/11(木) 08:40:56.10ID:iSkp10NI
投稿開始。

385マンセー名無しさん2018/01/11(木) 08:42:14.77ID:iSkp10NI
     「マエミちゃんのせいで」
マエミちゃんは町の何処にでもやって来ます、そ
うしてどのお家でも大暴れしてから帰っていきま
す。
そんなはた迷惑なマエミちゃんが今回はフィリッ
プ家に呼ばれてもいないし帰れと言われてもいる
のに強引にお邪魔してきました。
「おほほほほほほほほほほ!!来たわよ」
「来るなって言ってるだろ!」
ヘルメットやらで完全武装したフィリップ君がそ
のマエミちゃんに文句を言います。
「何でいつも勝手に来るんだよ!」
「あたしに常識は通用しないのよ!」
そんなものは最初からガン無視しているマエミち
ゃんです。

「だからこうしてお邪魔してあげてるのよ」
「くそっ、こいつを説得出来る奴いないのかな」
そんな人は町の何処を探してもいません。
「止められる人も」
「あたしを止めることは花火でも無理だと言って
おくわ!」
「キリングバイツか七つの大罪に出て暴れてろ!」
「超サイヤ人でも野菜王子なら一捻りよ!」
「あいつ口ばかりで全然弱いだろ!」
いつも最初はでかい口を叩いて延々時間稼ぎをし
た挙句ボロ雑巾みたいになって負けて今度は弱音
を吐く素敵なキャラです。

386マンセー名無しさん2018/01/11(木) 08:45:19.27ID:iSkp10NI
「あんな奴に勝てるって言っても自慢するな!
「超サイヤ人は超サイヤ人よ!」
このことは変わらないというのです、こうしたや
り取りを経てです。
マエミちゃんは今回もフィイップ家を派手に荒ら
してです、高笑いと共に何処かへと去っていきま
した。
「おほほほほほほほほほ!!また来るわ!!」
「二度と来るな!」
そのマエミちゃんにフィリップ君が後ろから言葉
を浴びせます、ですがマエミちゃんは何処かへと
去っていきました。

そうして後に残ったのは荒れ果ててしまったフィ
リップ家で。
「うわ、これもなんだ」
見ればお砂糖を入れたケースも荒らされています、
ケースの中のお砂糖がごっそりと食べられてしま
っていました。
このことに怒ったフィリップ君は次の日学校でク
ラスの皆に怒ってお話をしました、マエミちゃん
のその暴れっぷり特にお砂糖のことをです。
するとです、ニホンちゃんがフィリップ君にこう
お話をしました。
「うちもなの」
こうお話するのでした。

387マンセー名無しさん2018/01/11(木) 08:46:17.36ID:iSkp10NI
「この前あの人がうちに来てね」
「それでだよね」
「そうなの、大暴れしてね」
イセワンと名乗っていた時以来の大暴れだったと
言われています。
「冷蔵庫のお野菜とか果物食べまくって大変なこ
とになったの」
「それも酷いね」
「人のお家に勝手にあがってよ」
「ドラクエのキャラクターみたいだね」
こちらも勝手に人様のお家に入って箪笥やら壺や
らを漁りまくってゴールドとか薬草を無断で持っ
ていきます。

「そうしたの」
「犯罪だよね」
「そうだけれど」
「あの人に言ってもね」
マエミちゃんはそもそも何時何処に現われるのか
わからないところがあるのでお家の警備員さん達
も対応しきれないところがあるのです、ましてや
追いかけることも出来ません。
それでなのです、マエミちゃんを追おうとしても
です。
どうにもならないので捕まえられないのです、も
うその捕まえにくさたるや今度放送がはじまる怪
盗戦隊の如きでしょうか。

388マンセー名無しさん2018/01/11(木) 08:48:05.45ID:iSkp10NI
「どうしようもないし」
「だからね」
「ニホンちゃんの方でもだったんだね」
「もう去年は何回も来たし」
そのイセワンと名乗っていた位の凄まじさで来た
時以上にです。
「もうその都度冷蔵庫を荒らされてだから」
「お野菜とかがなんだ」
「なくなって大変だったのよ」
「それも困るね」
「そうでしょ、いつもいきなり来るから」
大体暑い時に来てそのうえで、です。

「困るのよ」
「ある程度行先は今は行動予報でわかるんだけ
れどね」
「実際の被害は事前に対策していてもどうして
も出て来るから」
「困ったのよ」
「僕もね」
ニホンちゃんはお野菜フィリップ君はお砂糖で
だったのです。
そうしたことをお話して二人共思うのでした。
「また来た時にはね」
「もっと用心しないとね」
このことは皆が思うことです、マエミちゃんに
ついては。

389マンセー名無しさん2018/01/11(木) 08:49:09.64ID:iSkp10NI
台風などの影響で砂糖生産が減少へ
砂糖規制庁(SRA)によると、昨年12月にビサヤ地方の砂糖産地を襲った
台風ウルドゥハの影響や、ラニーニャ現象による雨量増加が2月まで続くと
みられるため、2017?18年の粗糖および砂糖生産量は若干減少する見通し。
16?17年度の粗糖、砂糖生産量はそれぞれ250万トンと95万9千トン。
一方、清涼飲料水への課税が強化されたことで業界大手のペプシコーラ社
が甘味料をすべて税率の低い砂糖に転換する計画を明らかにするなど、今後、
国内で砂糖需要が高まり、市場価格が上昇するとみられている。(12月27日・
インクワイアラー)
まにら新聞
ttp://manila-shimbun.com/series/econo_trend/series235104.html

390マンセー名無しさん2018/01/13(土) 22:03:24.71ID:qJyHNWOp
投稿開始。

391マンセー名無しさん2018/01/13(土) 22:04:32.17ID:qJyHNWOp
     「ミニスカサンタ紫苑ちゃん」
とにかくクラスで何かと我が強くて喧嘩をした
ら相手に容赦しなくて目的の為には手段を選ば
ないところもあってトラブルメーカーになって
しまっている紫苑ちゃんですが。
その紫苑ちゃんもクリスマスをお祝いします、
ですが。
「何か私がクリスマス祝うとおかしいてイメー
ジある?」
「そこまではいかないけれど何か皆とは違うお
祝いの仕方しそうっていうのはね」
ニホンちゃんが紫苑ちゃんに言います、見れば
今のニホンちゃんの恰好は。

サンタさんの恰好です、実はクラスで幼稚園の
子供達にそれぞれが作ったものをプレゼントし
ようとしているのです。
勿論紫苑ちゃんも参加しているのですが見れば
です。
服はいつもの白い上着と青いミニスカートのニ
ーさんデザインのものです、足が奇麗です。
ですが皆はもうサンタさんの服になっているの
でその恰好ではかなり違和感があります、その
紫苑ちゃんに言うニホンちゃんです。
「そんなイメージはあるかも」
「そうなの、けれどね」
紫苑ちゃんは素直にお話してくれたニホンちゃ
んに応えて言いました。

392マンセー名無しさん2018/01/13(土) 22:05:40.31ID:qJyHNWOp
「私だってクラスの皆と普通にお祝いしてるで
しょ」
「そういえばそうね」
「そう、それにね」
さらにお話する紫苑ちゃんでした。
「今日だって子供達に渡すものはちゃんと作っ
てきたわよ」
「そうなの」
「というとあれ?」
タイワンちゃんも紫苑ちゃんのところに来て聞
いてきました。
「ポプテピピックのィラストとか」
あまりにも衝撃的過ぎる一話でした、これから
どうなるのでしょうか。

「そういうの?」
「子供にあんな壮絶なお話は紹介出来ないでし
ょ」
「いや、あんたというかうちのクラスって何か
とぶっ飛んでるから」
それでというのです。
「若しかしたらって思って」
「あのね、私あのアニメの主役上坂すみれさん
と小松未可子さんって思ってたけれど」
「全然違ったわね」
「しかも同じお話二回放送するし」
声優さんを変えてです。

393マンセー名無しさん2018/01/13(土) 22:08:52.88ID:qJyHNWOp
「私も目が点になったわよ」
「あたしもよ」
「実はわたしも」
どうも皆あの第一話にはあまりにも強烈過ぎ
る衝撃を受けたみたいです。
ですが幾ら何でもあの作品は幼稚園の子供達
には刺激が強過ぎるので誰もおくりものの題
材にはしていません、それはおくりものも同
じでして。この子が子供達へのおくりものに
選んだものはといいますと。
「ブロックでタワー作ったの」
「ああ、おもちゃのね」
タイワンちゃんもそれはわかりました。

「それで作ってなの」
「子供達におくりものするから」
「それでもう作ったの」
「勿論よ、後は子供達に配るだけよ」
紫苑ちゃんはタイワンちゃんだけでなくニホ
ンちゃんにもにこりと笑って答えました。
「ちゃんとね」
「じゃあね」
「後はきがえたら?」
ニホンちゃんとタイワンちゃんは紫苑ちゃん
の返事を聞いてこう言葉を返しました。
「サンタさんの服じゃないとね」
「クリスマスだから」
皆みたいにというのです。

394マンセー名無しさん2018/01/13(土) 22:10:35.36ID:qJyHNWOp
「着替えて」
「そうしてね」
「わかってるわ、こうしてね」
こう言うとでした。
紫苑ちゃんはすぐに自分の右肩に手をかけ
ました、そうしてその服を一気に左に引く
とです。
紫苑ちゃんは一瞬で赤にところどころ白が
あるふわふわとした服装あのサンタさんル
ックになりました、勿論帽子もです。そし
てです。
他の皆に比べて短いスカートの丈です、そ
の短さたるわ。

「超ミニなの」
「そうきたの」
「そうよ、女の子は皆ミニスカートだけれ
どね」
男の子は皆ズボンです。
「今回はちょっと気合入れてきたから」
「じゃあその超ミニサンタさんで」
「今から子供の皆にブロックのタワー配る
のね」
「そうさせてもらうわ、スカートは短いけ
れどおくりものしたいって気持ちは誰にも
負けてないわよ」
にこりと笑って言う紫苑ちゃんでした、そ
うしてそのおくりものを配るのでした。

395マンセー名無しさん2018/01/13(土) 22:11:23.08ID:qJyHNWOp
12月28日 15時38分
中東イスラエルで、ガンで亡くなった男の子のために市民たちが男の子が
好きだったおもちゃのブロックで世界一高いタワーづくりに挑戦し、ギネ
ス世界記録を上回る高さおよそ36メートルのタワーを完成させました。
ブロックのタワーづくりはイスラエル最大の商業都市テルアビブで、3年
前にガンで亡くなった8歳の男の子をしのんで、男の子の教師たちが中心
となって挑戦しました。
男の子は闘病中、おもちゃのブロックでタワーを作ることに夢中になって
いたということで、教師たちは男の子のために世界一高いタワーを作って
あげようと、1年間、ブロックの寄付を募ってきました。
集まったブロックはおよそ50万個に上り、呼びかけに賛同した延べ10
00人を超える市民が参加して、2週間余りかけてタワーの製作が進めら
れました。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
ttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20171228/k10011274251000.html

396マンセー名無しさん2018/01/15(月) 08:15:47.11ID:P8aNV+/8
投稿開始。

397マンセー名無しさん2018/01/15(月) 08:16:47.27ID:P8aNV+/8
      「また増えた」
アテネ家の借金はましになったかといいますと。
「なってないの?」
「あれでなると思う?」
ニホンちゃんにネーデル君がそのアテネ家のこ
とをお話していました。
「アテネが真面目に働いている様には見えない
よね」
「まあね」
ここで丁度クラスの中にいるアテネちゃんを見
たニホンちゃんでした、いつもの適当な感じの
ままです。
「あれじゃあね」
「お家自体がそうなんだよ」
アテネちゃんだけでなくです。

「それでだから」
「だからなのね」
「もうね」
それこそというのです。
「借金がね」
「減ったと思っていたら」
「全然だよ」
「じゃあわたしアテネちゃんに学校の給食費の
こと聞かないといけないけれど」
クラスのお仕事で、です。
「出してくれるかしら」
「無理だよ」
きっぱりと言い切ったネーデル君でした。

398マンセー名無しさん2018/01/15(月) 08:17:51.51ID:P8aNV+/8
「それはね」
「そう思う?」
「これまで散々出し遅れてきてるじゃない」
そうした状況が続いていますがアテネちゃん
は全く平気なままです。
「それじゃあね」
「今回もなの」
「出してくれるかどうかなんてね」
それこそというのです。
「言うまでもないよ」
「そうなのね」
「だからね」
さらにお話するネーデル君でした。

「今回もね」
「無理ってことで」
「流されるよ」
「そうなるのね、けれどね」
お仕事はお仕事です、そうしたことについて
は真面目に考えるニホンちゃんなので。
アテネちゃんの席に行ってそのアテネちゃん
に尋ねました。
「アテネちゃん、給食費だけれど」
「ああ、無理よ」
返事はネーデル君の言った通りでした、実に
あっさりとしたものでした。

399マンセー名無しさん2018/01/15(月) 08:20:20.04ID:P8aNV+/8
「悪いけれどね」
「そうなの」
「いやあ、今月もね」
全く悪びれずに言うアテネちゃんでした。
「これがね」
「あの、お家の方大丈夫なの?」
「いや、何か借金の利子がね」
それがどうかといいますと。
「ニホンちゃんのお家の額で言うと一億はあ
るんだけれどね」
「一億って」
この額にはニホンちゃんも思わず言葉を失な
ってしまいました。

「そんなにあるの」
「利子がね」
「利子だけでそれだけ」
「まあウシジマさんとかミナミの帝王さんに
借りたと思ってね」
どちらの人もお金については鬼です。
「なる様になるってことね」
「あの、さっき出した人達に借りたら」
それこそと言うニホンちゃんでした。
「なる様にならないわよ」
「そう?そこはゲルマッハ家とかがいてくれ
てるから」
カンコ家もびっくりの他力本願です。

400マンセー名無しさん2018/01/15(月) 08:22:09.75ID:P8aNV+/8
「大丈夫よ」
「じゃあゲルマッハ君のお父さん達がウシジ
マさんや帝王さんとお話するの?」
「それは例えよ。まあお家の借金がそんなこ
とになってるからね」
やっぱり平気な様子のアテネちゃんです。
「待ってね」
「じゃあ」
頷くしかありませんでした、そうしてなので
した。
ニホンちゃんは今は下がりました、そのうえ
でネーデル君のところに戻ってです。

事情をお話しましたがネーデル君はやっぱり
というお顔で言うのでした。
「だから言ったよね」
「ううん、本当にどうなるのかしら」
「そのうち本気で債権の人来るから」
「その時までなの」
「あの調子だろうね」
「困るわね」
「まあニホンちゃんはニホンちゃんで色々あ
るからアテネのことまで考える必要はないよ」
「EU丁のことなのね」
「そうだけれどね」
そのEU丁の人としてです、冷めながらもど
うしたものかというお顔のネーデル君でした。

401マンセー名無しさん2018/01/15(月) 08:23:13.56ID:P8aNV+/8
欧州中央銀行(ECB)がギリシャ債務危機への対応として2012年から昨年
にかけて購入した同国国債の利子収入が、これまでに78億ユーロ(約1兆
円)に達していることが明らかになった。
マリオ・ドラギ(Mario Draghi)ECB総裁が10日、ギリシャの欧州議会
(European Parliament)議員に宛てた書簡で明らかにした。
ECBやユーロ圏19か国が購入したギリシャ国債から得られた利子収入はギ
リシャに引き渡すことになっており、今後ユーロ圏内の新たな火種になる
のは確実とみられる。
続きはリンク先
ttp://www.afpbb.com/articles/-/3146481?cx_reffer=gunosy&utm_source=gunosy&utm_medium=news

新着レスの表示
レスを投稿する