仏教哲学総合スレ4

1考える名無しさん2017/12/22(金) 22:10:34.520
原始仏教から現代まで

前スレ
仏教哲学総合スレ3 [無断転載禁止]©2ch.net
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/philo/1497619233/

◆オンライン仏典
大正新脩大蔵経(大正蔵)
http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/

サンスクリット語仏典
http://www.dsbcproject.org/

パーリ語仏典
http://www.tipitaka.org/
http://www.accesstoinsight.org/tipitaka/

Thesaurus Literaturae Buddhicae(University of Oslo)
https://www2.hf.uio.no/polyglotta/index.php?page=library&bid=2
Sanskrit, Chinese, Tibetan, English, etc.

◆論文検索
http://ci.nii.ac.jp/ (CiNii Articles - 日本の論文をさがす - 国立情報学研究所)
http://www.inbuds.net/jpn/index.html (インド学仏教学論文データベース)
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ibk1952/-char/ja/ (印度學佛教學研究)

2考える名無しさん2017/12/22(金) 22:10:49.580
仏教思想解説

・塚本善隆編、角川文庫ソフィア

『仏教の思想 1 知恵と慈悲 <ブッダ>』 梅原猛、増谷文雄
『仏教の思想 2 存在の分析 <アビダルマ>』 上山春平、桜部健
『仏教の思想 3 空の論理 <中観>』 梶山雄一、上山春平
『仏教の思想 4 認識と超越 <唯識>』 上山春平、服部正明
『仏教の思想 5 絶対の真理 <天台>』 田村芳朗、 梅原猛
『仏教の思想 6 無限の世界観 <華厳>』 鎌田茂雄、上山春平
『仏教の思想 7 無の探求 <中国禅>』 柳田聖山、 梅原猛
『仏教の思想 8 不安と欣求 <中国浄土>』 塚本善隆
『仏教の思想 9 生命の海 <空海>』 宮坂宥勝、梅原猛
『仏教の思想 10 絶望と歓喜 <親鸞>』 増谷文雄、梅原猛
『仏教の思想 11 古仏のまねび <道元>』高崎直道、梅原猛
『仏教の思想 12 永遠のいのち <日蓮>』 塚本 善隆

・集英社

『仏教を読む 一切は空 <般若心経・金剛般若経>』 平田精耕 
『仏教を読む 宇宙観を開く <華厳経>』 松原哲明
『仏教を読む こころの開眼 <仏語仏戒>』 松原泰道
『仏教を読む 自在に生きる <涅槃経>』 平川彰
『仏教を読む 捨ててこそ得る <浄土三部経>』 花山勝友 
『仏教を読む 生とはなにか <阿含経>』 金岡秀友
『仏教を読む 沈黙の教え <維摩経>』 鎌田茂雄
『仏教を読む ほんとうの道 <法華経>』 中村瑞隆
『仏教を読む 迷いを超える <法句経>』 松原泰道

大乗仏典を中心とした解説と抄訳。

3考える名無しさん2017/12/22(金) 22:11:11.620
原始仏典

・中村元訳、岩波文庫

『ブッダのことば(スッタニパータ)』
『ブッダの真理のことば・感興のことば(ダンマパダ、ウダーナヴァルガ)』
『仏弟子の告白(テーラガーター)』
『尼僧の告白(テーリーガーター)』
『ブッダ神々との対話(サンユッタ・ニカーヤ 1)』
『ブッダ悪魔との対話(サンユッタ・ニカーヤ 2)』
『ブッダ最後の旅(大パリニッバーナ経)』

・増谷文雄訳、ちくま学芸文庫

『阿含経典 1』
『阿含経典 2』
『阿含経典 3』

ブッダが説いた、最も平易かつ主要な教え。

4考える名無しさん2017/12/22(金) 22:11:23.790
仏教以前

『ウパニシャッド 翻訳および解説』 湯田豊 (2000)(13ウパニシャッドの全訳)
『ウパニシャド』 日野紹運、奥村文子 (2009)(主要12ウパニシャッドの抄訳)
『ウパニシャッド』 佐保田鶴治 (1979)(主要12ウパニシャッドの抄訳)
『原典訳 ウパニシャッド』 岩本裕 (2013)(主要5ウパニシャッドの抄訳)
『ウパニシャッド』 服部正明 (1979)(主要4ウパニシャッドの抄訳)

『バガヴァッド・ギーター』 上村勝彦 (1992)(章題なし)
『バガヴァッド・ギーター』 鎧淳 (2008)(章題なし)
『神の詩 バガヴァッド・ギーター』 田中嫺玉 (1988)(章題あり)
『バガヴァッド・ギーター詳解』 藤田晃 (2015)(章題あり)
『バガヴァッド・ギーター』 辻直四郎著 (1980)(章題なし、〜なり調)

『実践「ヨーガ・スートラ」入門』 番場裕之 (2008)(全訳)
『現代人のためのヨーガ・スートラ』 グレゴール・メーレ (2009)(全訳)
『解説ヨーガ・スートラ』 佐保田鶴治 (1980)(全訳)
『図説ヨーガ・スートラ』 伊藤武 (2016)(全訳、図解つき)

『リグ・ヴェーダ讃歌』 辻直四郎 (1978)

5考える名無しさん2017/12/22(金) 22:11:33.640
『中村元選集』(春秋社)
第1巻 インド人の思惟方法 東洋人の思惟方法 I
第2巻 シナ人の思惟方法 東洋人の思惟方法 II
第3巻 日本人の思惟方法 東洋人の思惟方法 III
第4巻 チベット人・韓国人の思惟方法 東洋人の思惟方法 IV
第5巻 インド史 I、第6巻 インド史 II
第7巻 インド史 III
第8巻 ヴェーダの思想
第9巻 ウパニシャッドの思想
第10巻 思想の自由とジャイナ教
第11巻 ゴータマ・ブッダ I 原始仏教 I
第12巻 ゴータマ・ブッダ II 原始仏教 II
第13巻 仏弟子の生涯 原始仏教 III
第14巻 原始仏教の成立 原始仏教 IV
第15巻 原始仏教の思想 I 原始仏教 V
第16巻 原始仏教の思想 II 原始仏教 VI
第17巻 原始仏教の生活倫理 原始仏教 VII
第18巻 原始仏教の社会思想 原始仏教 VIII
第19巻 インドと西洋の思想交流
第20巻 原始仏教から大乗仏教へ 大乗仏教 I
第21巻 大乗仏教の思想 大乗仏教 II
第22巻 空の論理 大乗仏教 III
第23巻 仏教美術に生きる理想 大乗仏教 IV
第24巻 ヨーガとサーンキヤの思想 インド六派哲学 I
第25巻 ニヤーヤとヴァイシェーシカの思想 インド六派哲学 II
第26巻 ミーマーンサーと文法学の思想 インド六派哲学 III
第27巻 ヴェーダーンタ思想の展開 インド六派哲学 IV
第28巻 インドの哲学体系 I 全哲学綱要訳註 I
第29巻 インドの哲学体系 II 全哲学綱要訳註 II
第30巻 ヒンドゥー教と叙事詩
第31巻 近代インドの思想
第32巻 現代インドの思想

6考える名無しさん2017/12/22(金) 22:11:46.560
仏教伝播ルート
http://daishinji.net/essay/images/01.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/68/Buddhist_sects.png

【北伝仏教】大乗仏教
・[サンスクリット語圏] インド、ネパール
・[漢訳圏] 中国、半島、台湾、日本、ベトナム、シンガポール

【南伝仏教】上座部仏教(小乗仏教)、テーラワーダ仏教
・[パーリ語圏] スリランカ、ミャンマー、タイ、カンボジア、ラオス

【密教】大乗仏教
・[チベット語圏] チベット、モンゴル、ブータン、南シベリア、カスピ海北岸

7考える名無しさん2017/12/22(金) 22:12:09.250
>>1
国訳大蔵経(デジタルコレクション)
http://dl.ndl.go.jp/search/searchResult?searchWord=%E5%9B%BD%E8%A8%B3%E5%A4%A7%E8%94%B5%E7%B5%8C&featureCode=all&filters=1%3A00&viewRestrictedList=0

経部 --- 全14巻
  第1巻 - 法華三部経、浄土三部経
  第2巻 - 般若経(大品)
  第3巻 - 大般若経・第十般若理趣分、金剛経、仁王経、般若心経、勝鬘経
  第4巻 - 円覚経、入楞伽経、首楞厳経
  第5巻 - 華厳経
  第6巻 - 華厳経
  第7巻 - 華厳経
  第8巻 - 涅槃経
  第9巻 - 涅槃経
  第10巻 - 維摩経、大日経、解深密経など
  第11巻 - 金光明経、過去現在因果経、遺教経、四十二章経、尸迦羅越六方礼経など
  第12巻 - 弥蘭陀王問経、法句経、長老偈、長老尼偈
  第13巻 - 仏本行集経
  第14巻 - 仏本行集経

8考える名無しさん2017/12/22(金) 22:12:36.660
>>7
論部 --- 全15巻
  第1巻 - 大智度論
  第2巻 - 大智度論
  第3巻 - 大智度論
  第4巻 - 大智度論
  第5巻 - 大乗起信論、中論、百論、十二門論、十住毘婆沙論易行品、無量寿経優婆提舎願生偈、妙法蓮華経優婆提舎など
  第6巻 - 瑜伽師地論
  第7巻 - 瑜伽師地論
  第8巻 - 瑜伽師地論
  第9巻 - 瑜伽師地論
  第10巻 - 成唯識論、摂大乗論
  第11巻 - 倶舎論
  第12巻 - 倶舎論
  第13巻 - 倶舎論、入阿毘達磨論、十地経論、異部宗輪論
  第14巻 - 大品・小品
  第15巻 - 成実論、因明入正理論

付録(戒律研究) --- 全2巻

9考える名無しさん2017/12/22(金) 22:15:48.150
以上

10考える名無しさん2017/12/22(金) 22:27:33.730
>>9

つまり、「これで いいのだ!」


ということですよね。

11禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/22(金) 22:41:41.490
>>1
乙。
中村元先制だけがガチです。

12禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/22(金) 22:42:07.770
中村元先生

13考える名無しさん2017/12/22(金) 22:46:14.150
禊健太郎も、
一度はアジアの仏教の国でも旅行したほうがいいんじゃないか
頭の中だけで日本の仏教語っていても、考え方が凝り固まるだけだ

14禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/22(金) 22:58:18.990
タイはほんと信心深いよ。
若者も町中の仏像に手を合わせて、通り過ぎるから

15おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/23(土) 03:23:00.840
 
禊健太郎師匠 >タイはほんと信心深い

タイ     − 精霊信仰から? → 上座部仏教
ミャンマー − 上座部仏教
(ヒンドゥー、大乗、密教なども広く受容された)

チベット(ボン教との習合?)
根本説一切有部律の厳格な戒律に基づく出家制度から
大乗顕教の諸哲学や、金剛乗の密教までをも広く包含する総合仏教

ttp://www.geocities.jp/bodaijubunko/3paauk.htm
ミャンマー モーラミャイン パオ・セヤドー
ttp://rdor-sems.jp/index.php?FrontPage
チベット ゲルク派
ttp://www.tibethouse.jp/about/buddhism/37/index1.html
チベット ニンマ派 トゥルシック・リンポチェ

日本の場合はどうなのか?わからないけど
インドからの影響がある → アジアとかは
人間がこの世で行った行為(業・カルマ)が原因となって
次の世の生まれ変わりの運命(輪廻)が決まる
人々は悲惨な状態に生まれ変わる事に不安を抱き
無限に続く輪廻の運命から抜け出す解脱の道を求める

16おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/23(土) 03:46:22.660
 
598 禊健太郎師匠

日本人なら
挨拶、配慮、勤勉、空気を読む
もまた慈悲の実践の一つ
そこからすべて始まる

 − これに対して −

(日本の場合はどうなのか?わからないけど)
インドとかの場合は

縁起している世界の中で
『(依他起性している世界を)一生懸命に生きること』ではなくて

(縁起に依存している)無明している世界を手放して

法界体性智の世界から → 依他起性している世界を ← 観照すること

無明している世界を手放すために
道元禅師 普勧坐禅儀
心意識の運転を停め、念想観の測量を止めて

17123師2017/12/23(土) 07:28:13.930
16.
心意識の運転を停め、か。
それは心理学であるよ。
それは宗教ではない。
その両者の区別ができないバカが多い。
その代表者が道元であるよ。

18おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/23(土) 08:13:21.170
 
>心理学

(縁起に依存している)無明している世界を手放して

法界体性智の世界から観照する

そのための
ttps://dictionary.goo.ne.jp/leaf/idiom/%E5%8F%AA%E7%AE%A1%E6%89%93%E5%9D%90/m0u/
余念を交えず、ただひたすら只管打坐(しかんたざ)

ttp://junsoyo.on.coocan.jp/zen/jitubutu/jitubutu_2.htm
曹洞宗 内山興正 思い手放し

今、この瞬間を切っ掛けにして
法界体性智の世界から観照することによって
何かをつかもうとする「思いの手をひろげっぱなし」にしてしまって
何ものをもつかまないでいることです
思いの手放しです

実際には
何ものかの思いが浮かぶかもしれません
しかし
思いがその「何か」をつかみさえしなければ
法界体性智の世界から観照することによって
「何もの」としても構成されることはないでしょう

19考える名無しさん2017/12/23(土) 16:18:25.880
18.
思いがその、何か、をつかみさえしない、か。
それが心理学であるよ。
構成されることがない、か。
それが心理学であるよ。

20考える名無しさん2017/12/23(土) 17:20:56.510
波平タイに行って出家すんのか
おめでとう

21禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/23(土) 17:32:24.020
出家と言えばミャンマーだろ。
誰もが一度は金を貯めて出家する国。
日本人でもオーケー

22禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/23(土) 19:00:23.430
よくある日本人の風景。
親子が知り合いに合うと、何歳?とか、親があいさつしなさいとか。
これは日本人に独特な風景。

ようするに日本人は他者に適切に挨拶できることでその人の能力を測る。
当然、知的能力ではなく、空観能力。
日本人は日常が仏教的な修行の場と言える。

23禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/23(土) 19:00:27.240
よくある日本人の風景。
親子が知り合いに合うと、何歳?とか、親があいさつしなさいとか。
これは日本人に独特な風景。

ようするに日本人は他者に適切に挨拶できることでその人の能力を測る。
当然、知的能力ではなく、空観能力。
日本人は日常が仏教的な修行の場と言える。

24おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/23(土) 19:03:37.600
 
上座部系
ttp://suttanipata.com/2017/10/20/%E3%82%B9%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%80%80-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%A4%EF%BC%98%EF%BC%94%EF%BC%97%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC/

スッタニパータ 847

仮設としての
縁起している世界の中で
掴もうとしている
想いと偏見とに固執した人々は
無明に依存して
互いに衝突しながら、世の中をうろつく

 − これを対処するために −

非想非非想も超えて
想いを離れた人には、結ぶ縛めが存在しない
法界体性智からの
智慧と慈悲によって
無明から
解脱した人には、迷いが存在しない

25おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/23(土) 19:18:48.030
 
>>22 >空観

空性であるからこそ

仮設としての
色受想行識の仮和合は

それ自体、単独で成立しているのではない

宇宙に遍満する根源的エネルギーから
    ↓    ↓    ↓
人体内に存在する根源的生命エネルギーへ

『空性である』からこそ
ttps://kotobank.jp/word/%E6%9C%88%E8%BC%AA%E8%A6%B3-45106
月輪観(がちりんかん)

心のなかに,あるいは面前に月輪を観想する
この月輪は自己の菩提心そのものを示すもので
その月輪が円明無垢で光明が全法界に周遍する
と観じると自己の菩提心そのものもそのように光明無垢となる

26考える名無しさん2017/12/23(土) 20:28:39.590
>>17
> 心意識の運転を停め、か。

ブッダが繰り返しそう言ってるだろ。

> それは心理学であるよ。

無意識や深層意識を発見したのは、
仏教と心理学、どちらが早かった?

> それは宗教ではない。

どうでもいい。

27おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/23(土) 21:38:58.520
 
123師匠へ

法界体性智からの大悲・大智によって

成所作智からの → 前五識(眼耳鼻舌身)
妙観察智からの → 第六意識
平等性智からの → 末那識  (第七識)
大円鏡智からの → 阿頼耶識(第八識)

阿頼耶識は激流のごとく活動している『暴流の如し』

瑜伽(ヨーガ)の実践の中に唯識の体験を得て教理にまとめ
とりあえず心(識)は仮に存在すると考え
深層意識の阿頼耶識が
自分の意識も
外界にあると認識されるものも生み出していると考え
最終的には阿羅耶識もまた『空性である』と観照する

上座部系の場合は
有分心『生命相続流』
心の流れの相続を維持する
心の流れは、断絶する事がありません
(それゆえに『依他起性している世界を超えて → 涅槃へ』という導きでつ)

28考える名無しさん2017/12/23(土) 22:14:41.700
仏教の洞察って、今でも通用することに驚くよな
まるで現代の光景を見通して発言していたかのようだ
まあ、それだけ変わらない知恵ってことなんだろうな

29おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/23(土) 22:15:10.690
 
[ 元から仏である ] という本覚(ほんがく)の世界に
無明の川が流れていて
この無明の川の激流に流されて、たとえば

おじゃるの場合は
『解脱すれば仏に戻る帰る』ということに、気づくまでは、気づくことは難しい

 − これを対処するために −

(無明の激流が依存している)依他起性している世界を超えて

法界体性智そのものに戻り帰ること

そのための
上座部系とか
瑜伽行唯識(ゆがぎょうゆいしき)系とかの

人々の心の働きに合わせて導く
精神的能力(機根)や性質などに応じてそれにふさわしい手段で導く

ということであるらしい↑間違ってたら スマソ m(_ _)m

30考える名無しさん2017/12/23(土) 23:23:50.700
>>11
中村元は優れた文献学者ではあるが、
宗教家ではない。

31考える名無しさん2017/12/23(土) 23:30:37.810
『中村元:生誕100年 仏教の教え人生の知恵 (KAWADE道の手帖)』(2012)

32禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/23(土) 23:31:44.840
>>30
宗教家でなく、仏教哲学者

33禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/23(土) 23:33:52.550
中村元先生だけがガチです。

34考える名無しさん2017/12/23(土) 23:36:41.400
>>32
宗 教 家 で は な い。

35禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/23(土) 23:38:01.220
>>34
宗教家でなく、仏教哲学者
中村元先生だけがガチです。

36考える名無しさん2017/12/23(土) 23:41:34.800
仏教哲学者などはいくらでもいるし、
中村元が仏教なのではない。

37禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/23(土) 23:49:08.270
宗教家ってなに?
僧侶と違うのか?

仏教哲学者中村元先生だけがガチです。

38禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/23(土) 23:52:24.840
哲学とはメタ学問
仏教をメタに語るのが仏教哲学

仏教哲学は中村元先生だけがガチです。

39考える名無しさん2017/12/23(土) 23:54:05.810
>>11>>33>>35>>37>>38
> 中村元先生だけがガチです。

こういうのを執着という。

40考える名無しさん2017/12/23(土) 23:54:30.130
[執着]
仏教において、事物に固執し、とらわれること。
主に悪い意味で用いられ、修行の障害になる心の働きとする。

41考える名無しさん2017/12/23(土) 23:54:53.810
およそ仏教的でない。

42禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/23(土) 23:55:29.630
仏教哲学的

43考える名無しさん2017/12/23(土) 23:57:24.310
どうでもいい。

44考える名無しさん2017/12/24(日) 00:08:42.790




45考える名無しさん2017/12/24(日) 00:33:48.240
はっきりいって、研究者になりたいのか、求道者になりたいのか、
そこははっきりさせたほうがいい
仏教を研究したいのか、自分で実践して真理を会得したいのか、
この両者ではアプローチはまったく違う

46禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/24(日) 00:35:02.790
この板にいる時点でわかると思うが

47考える名無しさん2017/12/24(日) 00:41:05.350
挨拶が仏教と関係あんのかよ

48禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/24(日) 00:54:26.240
>>47
>>
布施 ふせ ほどこす
人のために惜しみなく何か善いことをする。善行には有形と無形のものがあります。有形のものを財施といいます。お金や品物などを施す場合です。
無形のものは、
● 知識や教えなどの法施
● 明るく優しい顔で接する眼施・顔施
● 温かい言葉をかける言施
● 恐怖心を取り除き穏やかな心を与える無畏施
● 何かをお手伝いする身施
● 善い行いをほめる心施
● 場所を提供する座施・舍施、などがあります。
施しは、施す者、施しを受ける者、施すもの、すべてが清らかでなければいけません。
欲張りのない心での行いを施しといいます。
あえて善行として行うとか、返礼を期待してはいけません。
また受ける側もそれ以上を望んだり、くり返されることを期待してはいけません。
やさしい仏教入門  http://tobifudo.jp/newmon/etc/rokuhara.html
<<

49考える名無しさん2017/12/24(日) 01:01:33.700
挨拶は習慣

50禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/24(日) 02:13:00.550
日本人にとって挨拶は習慣
習慣の中で仏教修行する

51考える名無しさん2017/12/24(日) 03:20:30.140
挨拶しねぇってころされてぇのかから
1,2年ぐらいたったのである

52おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/24(日) 06:09:28.290
 
>>45 >研究者になりたいのか?求道者になりたいのか?

たとえば、おじゃるには
クンダリニー、チャクラ系の導きが合っているのか?
上座部系の導きが合っているのか?
大乗系の導きが合っているのか?

そのために
現代語訳で初心者向けの
わかりやすい解説書を読んで理解しようとしている。ということでつ

今、現状においては、おじゃるには、クンダリニー、チャクラ系の
宇宙のエネルギー?が
第6のチャクラに触れて → 眉間のところが、くすぐったい

そして
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0
フォーカシング(焦点合わせ、Focusing)
まだ言葉にならない意味のある感覚に…
胸の奥や腹の底など身体の中心部分にぼんやりと…

53おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/24(日) 06:33:03.100
 
>>52 の続き

この次の段階として
ttp://yamaneko.hatenablog.jp/entry/2015/07/18/061429
(通常は)四界分別観から始めなければなりません

ttp://www.geocities.jp/bodaijubunko/h/paauk.jhana.htm
第一禅定の一番目
ヴィタッカ(尋)
どこかへ飛んでいってしまう心の働きを集中対象である呼吸に戻してくる要素があります
(無明を手放して → 仏性(如来蔵)に戻る帰る要素があります)
  _  _  _

たとえば求道者として『実践しろっ!』と言われても
『何を?どのようにして?』がわからないので
それゆえに
先ず
現代語訳で初心者向けの
わかりやすい解説書を読んで理解してから

ということになるのでつ スマソ m(_ _)m

54123師2017/12/24(日) 07:05:24.850
53.
無明を手放して、か。
そんなことができるのか。

55おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/24(日) 07:45:37.410
 
>>54 >無明を手放し…そんなことができるのかや?

↓本当にできるのか?わからないけど

バラモン(ヒンドゥー)系の場合は
人間がこの世で行った行為(業・カルマ)が原因となって
次の世の生まれ変わりの運命(輪廻)が決まる
人々は悲惨な状態に生まれ変わる事に不安を抱き
無限に続く輪廻の運命から抜け出す解脱の道を求める

オカルト(occult)系の場合は
目で見たり、触れて感じたりすることのできないことの探求

重力子(graviton)
仮説上の素粒子

暗黒物質(dark matter)
光学的に直接観測できない仮説上の物質

ダークエネルギー(dark energy)
仮説上のエネルギー

ダークグラスパー
アニメの登場人物

56考える名無しさん2017/12/24(日) 09:13:24.310
Bodhidharma
https://terebess.hu/zen/bodhidharma-eng.html
Four Sacred Verses of Bodhidharma
達磨四聖句

教外別伝 A special transmission outside the scriptures;
不立文字 No dependence upon words and letters;
直指人心 Direct pointing at the soul of man;
見性成仏 Seeing into one's nature and the attainment of Buddhahood.

Translated by D. T. Suzuki

https://www.amazon.co.jp/dp/B006WB2F0Y/
Essays in Zen BuddhismKindle版 D.T. Suzuki (著)

57考える名無しさん2017/12/24(日) 09:15:19.450
http://zen.halfmoon.jp/yonnseiku.html

四聖句
達磨大師が言われたとされる禅の根本思想。
「不立文字」(ふりゅうもんじ)
「教外別伝」(きょうげべつでん)
「直指人心」(じきしにんしん)
「見性成仏」(けんしょうじょうぶつ)

この4つの句は別々の独立した教えではなく、4句が繋がりあって禅のいうところの悟りの到達までの道標を示すものである

六祖壇経
http://www.sets.ne.jp/~zenhomepage/rokusodannkyou4.html
慧能
その〈不立〉ということばがやはり文字であるのだ。…経典をそしってはならぬ…

58考える名無しさん2017/12/24(日) 09:15:59.540
禅の法系図:
     釈迦牟尼仏 B.C.463(or593)~
       ┃
     (27代略)
       ┃
      菩提達磨 ?~528年 祖師
       ┃
      慧可大祖 487~593年
       ┃
      僧サン(そうさん、生年不詳(推定500年〜505年頃))禅宗の第三祖
       ┃
     (2代略)
       ┃
      慧能大観 638~713年 六祖

59考える名無しさん2017/12/24(日) 09:37:38.510
追記:

禅 四聖句 解説

教外別伝 A special transmission outside the scriptures;
仏教の始祖である釈迦の教えを“教内の法”と呼び、これは仏教の経典を中心とした
過去の知の集大成を表すものである。通常の仏教ではこの経典などをよりどころとし、
解脱の道を模索していくのであると考える。しかし禅宗では以心伝心(こころをもって
こころをつたえる)の考え方が一番大切なものであると考える。この以心伝心の
真理や悟りを得ることを“教外別伝”と呼ぶ。

不立文字 No dependence upon words and letters;
“文字にして伝えることができない”
禅においての悟りは純粋に経験をして体感するもので、それは文字として悟りを
表現することはできない
悟りや究極の真理というものは、人から人、師匠から弟子に、心をもって心を伝える
(以心伝心)ものであり、決して文字や言葉で伝達するものではないということ

直指人心 Direct pointing at the soul of man;
“人の心をまさに指し示す”
修行を通して自身の心に向き合うこと

見性成仏 Seeing into one's nature and the attainment of Buddhahood.
本来の自分になること

60考える名無しさん2017/12/24(日) 11:19:09.290
    >>58
      慧能大観 638~713年 六祖
   ┏━━┳┻━━━━━━━━━━━━┓
 青原行思 永嘉玄覚         南獄懐譲
   ┃                ┃
 石頭希遷              馬祖道一 709~788年
 ┏━┻━┓           ┏━━┻━━━━━┓
 ┃ (中略)          ┃        南泉普願 748~834年
(以下略)┃          百丈懐運      ┃
     ┃           ┣━━━━┓   趙州従諗
    龍潭          黄檗希運 潙山霊祐771〜853年
     ┃           ┃    ┣━━━━━┓
    徳山宣鑑780~865年   臨済義玄 香厳智閑   仰山
     ┃          ?~867年  ?~898年    
    雪峯           ┃             
     ┣━━━━━━━┓  (12、3代略)        
    玄沙835~908年  雲門  ┃            
                廓庵禅師 12c?

(曹洞宗)(法眼宗) (雲門宗)(臨済宗)     (潙仰宗)

(影山純夫『禅画を読む』126頁他参照)

61考える名無しさん2017/12/24(日) 14:49:52.440
>>46
悟りを得ていない物が本当に語れるのだろうか
いや
語って良いのだろうかという罪悪感は感じないのか?

だから心が無いってみんなから言われて爪弾き者としてネットに逃げるんだよ
同じ過ちを繰り返すなよ
波平
現実を受け入れてもっと人と世間に忖度を持って接しろ

62123師2017/12/24(日) 15:34:59.230
59.
秘密主義のカルト教団になるだけのことであるよ。
内容がない。
なんでか。
内容を受け取っていないバカが解説しているからであるよ。

63おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/24(日) 16:47:41.380
 
>>62 >内容を受け取っていないバカ

なんちゃって覚者タソのことかしらん?
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%8B%90%E7%A6%85
無明に依存している
増上慢(ぞうじょうまん)?
我癡・我見・我慢・我愛

ttp://www5.kcn.ne.jp/~kannon/buddhism/MiniSermon201109.html
般若の大悲・大智によって → 信と解に応じる
信と解が ← 般若の大悲・大智を受け入れる

ttp://suttanipata.com/a/
スッタニパータ 1026
無明が頭であると知れ
光り輝いている大悲・大智が
信仰と念いと精神統一と意欲と努力とに結びついて、頭(無明)を裂け落とさせるものである

ttps://kotobank.jp/word/%E5%9B%9B%E6%82%89%E6%AA%80-281469
人々の心に合わせて導く
各人の宗教的能力に合わせて導く
煩悩ぼんのうを打ち砕いて導く
真理に直接導く( ← これが禅宗系なのかしらん?)

64123師2017/12/24(日) 16:54:36.990
63.
バカおじゃる、が他人の説の引用をしているだけのことである。
自分の内容がない。

65おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/24(日) 17:32:09.390
 
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E5%A6%82
真如(しんにょ)
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A8%E6%B8%88%E5%AE%97
臨済宗(りんざいしゅう)

(仮設としての色受想行識が依存している)
依他起性している世界を超えて

光り輝いている仏性(如来蔵)そのもの

言葉による理解を超えた世界そのもの

ttps://kotobank.jp/word/%E9%A0%BC%E8%80%B6%E7%B8%81%E8%B5%B7-147875
頼耶縁起(らやえんぎ)
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%AF%E8%AD%98
種子は
阿頼耶識を飛び出して
 → 末那識・意識に作用することがある
 → 前五識(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)に作用すると
 → 外界の現象から縁を受けることもある
 → 前五識から → 意識・末那識を通過して
 → 阿頼耶識に飛び込んで、阿頼耶識に種子として薫習される

66おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/24(日) 18:50:09.480
 
ttps://kotobank.jp/word/%E7%9C%9F%E5%A6%82%E7%B8%81%E8%B5%B7-538672
真如縁起(しんにょえんぎ)

真如の大悲・大智によって → 衆生に応じる
衆生が ← 真如の大悲・大智を受け入れる

すべて一切の諸法は
真如・仏性からの縁起によって現れ(そして滅す)る

法界体性智の世界から観照して
       ↓
法界体性智の世界へ戻る帰る

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E8%A8%98
仮設としての
末那識
我癡・我見・我慢・我愛に依存して『本覚である』と気づくことに障害がある

ちなみに今、現状においては
おじゃるの場合は
仮設としての頼耶縁起(らやえんぎ)で、おじゃる

そのうち縁起に依存して真如縁起に気づくかも? スマソ m(_ _)m

67おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/24(日) 21:32:39.140
 
↓アニメを仏教的に解釈してみる

リトルウィッチアカデミア 第2話 パピリオディア
ttp://gno.blog.jp/izumi/15766947.html

ダイアナ・キャベンディッシュ(←主人公のライバル)
魔女としての[教養も教学(きょうがく)も実践も優等生]
ピタゴラス魔術系の?優等生
(ヒンドゥー・上座部・瑜伽行唯識・密教系?の優等生)

アツコ・カガリ(←主人公)
劣等生
(心意識の運転を停め、念想観の測量を止めて)
シャイニィロッドからの働き掛けによって
緊急事態に対処していく
(禅宗系?)

アニメとしては主人公のアツコ・カガリが面白いけど
おじゃるの場合は
脳みそが腐っているので、それゆえに
ダイアナ・キャベンディッシュのような方向性が優れている
と掴もうとしている想いが現れ(そして滅し)ている

68考える名無しさん2017/12/24(日) 21:39:39.370
無駄が多い

69考える名無しさん2017/12/24(日) 23:43:53.350
「仏教思想のゼロポイント」書いたニー仏っていう人の
ツイッターみたら、めちゃくちゃオタクな人なのでびっくりした。

エロい萌え絵リツイートしているし、ゲームにはまっている
みたいだし、フォロアー数気にしていたりして、俗っぽい
煩悩多すぎ。それで瞑想なんてやっても意味あるのか。

「仏教徒ではない」と言っているらしいけど、仏教を語るなら、
あまり冒涜的なことは控えてほしいわ。ブッダが泣いてるよ。

70禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/24(日) 23:47:45.810
メリークリスマス♪

71考える名無しさん2017/12/24(日) 23:51:05.760
ツイッターみればわかるが、はまっているゲームというのも、
オタクがやりそうな萌えアニメ絵の女が出てくるゲームね。
はっきりいって神経疑ったわ。

ツイッター自体も自意識過剰を加速するだけのオナニー的
自己顕示、自己主張の場だし、インテリで頭はいいんだろうし、
まともな場では切り替えてまともに語ってるから認められて
いるんだろうが、タレント性が強すぎる。

72考える名無しさん2017/12/24(日) 23:55:49.310
ということで、「仏教思想のゼロポイント」については自分の中で
評価が下がった。こういう宗教に関わるものは、神聖なもので、
デリケートなものなので、書いている著者の人間性も重要になる。
アニメオタクの仏教は自分はごめんだわ。

73禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/24(日) 23:59:32.340
スピリチュアル系はそんなもんだよ

74考える名無しさん2017/12/25(月) 13:44:56.490
>>72
仏教は、誰にでも理解しやすいようにできてるから分かったようなみんな気になるんだよな
特に初期仏教を印籠のように使用すりゃ北伝仏教にとどめを刺した気分でいるが
仏教学として学ぶなら知識が足りない、仏教道としてやるなら経験が足らないと言ったところか

75おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/25(月) 17:36:09.450
 
>>74 >仏教は、誰にでも理解しやすいようにできてる

おじゃるの場合は
脳みそが腐っているので、それゆえに
>>59 >文字にして伝えることができない

禅宗系の?不立文字の導きは(おじゃるにとっては)難しいでつ

禅宗系以外の大乗は
人々の心の働きに合わせて導く
現代語訳で初心者向けの、わかりやすい説明もあるかも

>知識が足りない

脳みそが腐っている、おじゃるの為にも
現代語訳で初心者向けの、わかりやすい導きが必要なのでつ m(_ _)m
ttp://junsoyo.on.coocan.jp/zen/jitubutu/jitubutu_2.htm
曹洞宗 内山興正 思い手放し

今、この瞬間を切っ掛けにして
何かをつかもうとする「思いの手をひろげっぱなし」にしてしまって
何ものをもつかまないでいることです。思いの手放しです

実際には何ものかの思いが浮かぶかもしれません
しかし思いがその「何か」をつかみさえしなければ
「何もの」としても構成されることはないでしょう

76おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/25(月) 18:40:40.500
 
仮設としての
依他起性している世界の中で

おじゃるの場合は
遍計所執性に依存して
(種子と現行が縁起している)頼耶縁起を掴もうとしている想いが現れている
それゆえに

>>68 >無駄が多い

ということでつね?ご教示ありがとうございます アリガト m(_ _)m

おじゃるは
輪廻肯定派なので
この現世においては無理だったとしても
たとえば
来世とかには
(真如・仏性からの縁起)真如縁起に気づくかも?
ttp://d.hatena.ne.jp/shi3z/20141222/1419203377
ホログラフィック宇宙論
宇宙が時間軸を持った三次元空間であるというのは幻想である

「おじゃるも、アニメも、夢・幻の如く」という意味でつ スマソ m(_ _)m

77考える名無しさん2017/12/25(月) 20:00:47.340
戦士エルの物語図解
http://www.jo7nli.jp/%E3%82%A8%E3%83%AB%E5%9B%B3%E8%A7%A3.html
http://www.jo7nli.jp/エル図解.html
人が死んだらどうなるか、プラトンの対話集 「国家」の最終稿に出てくる
エルの物語の 簡単な解説。

 (結構仏教的なので親しみがある。)

エルは神様の命により、ハデス(死)の世界を一般庶民に伝えるため死後の世界を
見物させられた。
不正をはたらかず、哲学するモノは救われるらしいが、2000年前の死生観として
参考にしてください。

尚、霊界の裁判官がえんま様になっているのは小生の誤りです。訂正してお読みください。
人は(すべての生き物)、
輪廻転生し、生まれ先は選べるが、その人生の結末は神のみぞ知る。それが
落ちでありますから、決して 王様を選べば良いと言うわけにはいかないようで、経験の多い
魂は、獣や一般庶民を選択するらしい。

http://www.jo7nli.jp/image1478.jpg

78考える名無しさん2017/12/25(月) 20:01:30.830
《このような事情により、ひとつにはまた籤運も手伝って、多くの魂にとって善い生涯と悪い生涯とが入れ替わることになったのである。…》
プラトン『国家』#10

https://plaza.rakuten.co.jp/finlandia/diary/201708190000/
《あの世からの報告者(エル)の伝えたところによれば、
 そのとき先の神官は次のように言ったという。
  『最後に選びにやって来る者でも、よく心して選ぶならば、
 彼が真剣に努力して生きるかぎり、満足のできる、けっして悪くない生涯が残されている。
  最初に選ぶ者も、おろそかに選んではならぬ。
 最後に選ぶ者も、気を落としてはならぬ』》

79美魔女2017/12/25(月) 20:13:14.880
>>75
何かをつかみさえしなければ構成されることはない

というそれこそが、構成です。
⭐😄

80考える名無しさん2017/12/25(月) 20:18:45.350
心と宗教板の仏教スレで学んでいたんだが、
ほんとうに悟った人の書物を読むと、それだけで宗教体験に
繋がることもあるらしい。悟った人の指導なら、修行の
スピードも速まるらしいし。

そういうのは悟りに導くための方便なので、体験しないと
理解できないのだが、最初はわからなくても何度も読んでいる
うちに腑に落ちることもあるらしい。

ある人は、仏教書を読んで宗教体験して、無我とかが体験的
に理解できるようになり、神経症が治った人もいるらしい。

自分も精神病んでて、深い仏教の力を借りないと無理っぽい
ので、頭で理解しただけの研究者の仏教書とかではなく、
歴史的に有名な仏教者の仏教書を軽視しないで読んでいく
べきだなと思った。

具体的には、「正法眼蔵」を読み始めて一ヵ月で宗教体験が
出た人もいるらしい。悟った人が書いた本物の宗教書に触れる
ことがいかに大切か、ということだ。

仏教は頭だけで考えるのには限界がある。ちゃんとした宗教書
に触れたり、実践する。これは自分への戒めだな。

81考える名無しさん2017/12/25(月) 20:21:48.110
特に神経症の人には、仏教は向いているらしい。仏教の理解や
実践が、自分の症状の改善でわかるからだそうだ。

82禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/25(月) 20:25:18.250
だから、スピリチュアルは仏教じゃねぇ!(笑)

83禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/25(月) 20:26:03.660
挨拶もまともにできない馬鹿が仏教語るなよ

84おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/25(月) 20:26:28.040
 
>不正をはたらかず、哲学するモノは救われる

おじゃるは哲学系もキリスト教系も、わからないけど

たとえば
罪ある人間を救済するために自ら十字架にかけられた
キリストとかと宗教的な類似性がある
ということかしらん?

(前世は一在家師匠かしらん?)
間違っていたら スマソ m(_ _)m

85考える名無しさん2017/12/25(月) 20:33:33.770
とりあえず、「正法眼蔵」がいいらしい。
曹洞宗の高僧とか、在家の修行者でも、
これを読んで悟りを開いた人が、昔から非常に多いことで有名らしい。

他に、「歎異抄」によって目を開かれたという人は沢山いる。
経典では、「法華経」を熟読することによって
悟りを得た人も多いと言われる。

86考える名無しさん2017/12/25(月) 20:35:00.330
> 仏教では「経」・「律」・「論」がありますが、
> 三番目の 「論」の中にすぐれた内容のものが多く、
> 特に有名なのが「中論」、「唯識二十論」、「唯識三十頌」 などで、
> それらを研究することによって
> 悟りを得た人たちも沢山いることが知られています。

87禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/25(月) 20:36:17.240
そこでいう悟りってなんやねん?(笑)

88考える名無しさん2017/12/25(月) 20:36:32.320
歎異抄は、やはり内容的に刑務所で好まれるらしい
悪人正機説の誤解を説くのに親鸞がどれだけ奔走したかも理解せずに

89考える名無しさん2017/12/25(月) 20:40:42.290
> 一つ大切なことを書いておきますと、本物の仏教書というものは
> 普通の人が読んでも理解は出来ないということです。難しいという
> よりもチンプンカンプンと言った方がよいでしょう。 しかし、それは
> 当然のことであって、悟り(救い)を知らない人に理解できれば
> 却っておかしいのです。

> 大切なことは 「理解できないまま触れ続ける」 ことです。 河村
> とし子さんも何もわからないまま法話やお姑さんの話を聴き続けた
> 結果、ある時突然にわかるようになったことが書かれていますね。
> 宗教の歩みというものはそういうものです。

> (私も意味などはまったく理解できないまま正法眼蔵を読み続け、
> ある日突然体験が現れたのです。)

90おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017/12/25(月) 20:42:01.560
 
>>79 >何かをつかみさえしなければ構成されることはない

本当にできるのか?わからないけど、とりあえず

道元禅師 普勧坐禅儀
たとえば
禅宗系とかの場合の
真如・仏性からの真如縁起によって
心意識の運転を停め、念想観の測量を止めて

(心意識が依存している)想いを手放して
(念想観が依存している)想いを手放して

真如・仏性からの真如縁起に気づくこと

余念を交えず、ただひたすら只管打坐

↑美魔女師匠も試してみては?
(おじゃるの場合は無理だけど…)

91考える名無しさん2017/12/25(月) 20:42:56.950
悟り?
おまえの慈悲と同じ
それこそ「空」
じつに仏教的だな

92考える名無しさん2017/12/25(月) 20:44:01.460
ある日突然光が指してくるような神秘体験のように悟りをイメージしがちだが
ほんとの悟りの姿は日々の体験の延長線上というか今この瞬間にもあるもんだと思うんで
我々は、それに気づかず過ごしているだけだろう

93禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/25(月) 20:44:55.450
>>92
そういうこと
悟りとは挨拶

94禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/25(月) 20:45:31.130
悟ったとか言う奴はアホ

95禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/25(月) 20:46:15.920
悟るとは悟らないことであり、
悟らないことは悟ったということ

96考える名無しさん2017/12/25(月) 20:46:32.980
ある日突然に世界が開けて一切の苦しみから解放されるそんなSFチックな悟りなどない
お釈迦さまだって、悟った後も日々の生活は続くし、感覚器官が失われぬ以上は
苦痛からは逃れられない

97禊健太郎 ◆CMF.YwtoAw 2017/12/25(月) 20:51:51.550
悟ったと語る奴は、グーでみぞおち殴ったれ!

98考える名無しさん2017/12/25(月) 20:52:14.430

99考える名無しさん2017/12/25(月) 20:54:27.170
>悟りとは挨拶

鼻くそみたいなとってつけだな

100考える名無しさん2017/12/25(月) 21:01:28.090
悟ったと言い張るやつに出会ったときいきなりそいつの首を締めにかかれば直ぐに分かる
苦しそうな面して慌てふためく様が見られなければそいつの言ってる悟りは間違いないだろう

新着レスの表示
レスを投稿する