数学を初めとした理系の学問と哲学について 9

1考える名無しさん2017/12/26(火) 11:40:15.740

110DJ学術 2018/01/12(金) 14:21:27.410
ハイデカー 解釈癖。ニーチェとは折り合わないから、二つに一つとるしかないだろうな。対決はってる?

111考える名無しさん2018/01/12(金) 14:54:36.730
折り合いをつけるとは、互いに折れて辻褄が合うようにすることである。
互いに折れても合わないのが、折り合いがつかない状態であるが、
交互に折れることを繰り返すとユークリッドの互除法となる。
1回で折り合いをつけようとするのが誤りなのであり、
何回も互いに折れることを繰り返すと、
共有することができる単位が近似として現れる。

112DJ学術 2018/01/12(金) 14:58:09.350
ユークリッドなんて何時のはなしをしてるんだ。
折口信夫の方がいいに決まってる。
数学板もだいぶ更新されてるし。理系は、物理がひどいな。

113考える名無しさん2018/01/12(金) 15:04:04.520
自ら折れる、つまり、ポーカー・ゲームのフォールドだ
折れたら負け、賭け金を失う?
いや、人生、負けるが勝ちということも知る必要がある

114DJ学術 2018/01/12(金) 15:24:02.730
逃げることができないから 負けるが、価値は男の世界では、賭け事を介しても、
後世の評価を待つしかない。死んだあとが大事ということだ。

115考える名無しさん2018/01/12(金) 16:11:47.710
カリカリに乾燥しとる

116DJ学術 2018/01/12(金) 16:22:41.530
カリというと鳥皮思い出すなあ。焼き鳥ももう時分じゃない年頃。
砂肝か軟骨のから揚げが、東京の思い出となっている、。無頼派のウイスキーと。

117考える名無しさん2018/01/12(金) 16:41:07.820
仮想リキシと仮想イアンフのあいだで感想文かくおしごとみたいなの~

118考える名無しさん2018/01/12(金) 16:57:03.090
仮想テロとテロの間に違いがあるとも思えんが
だって、仮想テロは、それを現実と信じ込ませることを目的とした現実のテロだろ

119考える名無しさん2018/01/12(金) 17:49:25.450
阪大物理の作問の失敗は入学者は気づかなかったのかね。
医学部以外なら、
気づいてたら辞めて東大か京大か東工大を受験するべく勉強し直すべきだったろうに。

120DJ学術 2018/01/12(金) 17:50:45.920
ヤク楽符のほうが。読み手や書き手が寡少だし

121考える名無しさん2018/01/12(金) 19:26:41.02O
10年ほど前に数検一級で模範解答の誤り(というか多分出題ミス)があった時は、直後から2ちゃんの数検スレは協会に指摘したり大学教授と作戦練ったり、秋山仁(当時は協会のお偉いさん)に直メで見解を求めたり、祭り状態だったな。
秋山仁へのメールでさすがに協会も誤りを認めたが、出題ミスとは認めなかったため、受験者はむちゃな問題に泣くかたちで決着してしまった。

122考える名無しさん2018/01/12(金) 19:33:20.250
>>108
だから?

123考える名無しさん2018/01/12(金) 20:36:41.520
>>100
成功の定義は?

124考える名無しさん2018/01/12(金) 21:28:57.160
海外で「Crypto Currency」と報道されているものを日本のマスコミは「仮想通貨」と
訳してしまうので、物事の本質が伝わらない。今の韓国での取引停止騒動を見よ。
「暗号通貨」と正しく訳してこそ、その本質が伝わる。暗号であれば、それが
ブロックチェーン技術とつながると鮮明にイメージしやすいし、Crypto Currencyは
暗号化されたコンピューター上のデータなのだと分かる。

コンピューター上のデータだから、それは簡単に失われることもあるし、改ざんされたり、
ハッキングの対象になるモノだということも想像しやすくなる。

仮想通貨という呼称だと、人はそれを安全な通貨と同じようなものだと勘違いする。
暗号通貨であれば、それはただのデータであると正しく理解できる。

125考える名無しさん2018/01/12(金) 21:36:40.730
コンピューター誕生の黎明期、そもそもコンピューターは何の目的で作られたかを
人々は知らない。当初コンピューターは戦争のために作られたので、微積分を使った
複雑な弾道の軌道計算や暗号解読の用途などに用いられた。

だから、暗号通貨と正しく訳せば、それが戦争にまでつながるものだと、そこに
正しい理解や認識が得られる。つまり、Crypto Currencyは、戦争と関わる要素まで
帯びているのが分かる。現に北朝鮮は、そういう目的で、ハッキングしたり、
ウイルスを散布したりしているのだろう。

レベルの低い日本のマスコミが、それを仮想通貨と平和ボケした視点でそれを誤って
訳してしまうと、そういう理論が見えなくなってしまう。

126考える名無しさん2018/01/12(金) 23:27:58.080
>>124
>>125
「通貨」という呼称が問題。通貨ではない。
しかも、仮想も暗号もどうでもいい。
情報貨幣とか、そんな呼び名で十分。

127考える名無しさん2018/01/13(土) 06:06:25.650
いや、暗号という性質は大事であって。AIで問題になるのが、その内部状態の
ブラックボックス化で、人はその不可視な領域で行われている高度な演算なり、
アルゴリズムの全容を補足出来なくなっているということ。
プログラミング言語でも、その言語が分らないと、そこで何がなされている
ことが理解出来ないという意味では、その外部者には暗号の如く閉じたものに映る。

128考える名無しさん2018/01/13(土) 06:07:15.200
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>

int main(void)
{
char sophia[] = "ABCDEFGHIJKL";
memset(sophia + 7, 'x',4);
printf(" 配列変数sophia : %s\n", sophia);
   
    return 0;
}

129考える名無しさん2018/01/13(土) 06:07:41.670
これを実行すると、

配列変数sophia : ABCDEFGxxxxL

という風に実行結果を返す。C言語のmemset関数を知らないと、なぜ、こうした
出力結果が出て来るのかブラックボックス・暗号化されてしまい理解出来ない。
知っていれば、これはmemset関数のmemset(sophia + 7, 'x',4)の部分が、
配列変数sophiaの"ABCDEFGHIJKL"を+ 7で7バイト先に進めた位置で、
文字'x'を4バイト分書き込むという記述であることが判って、それで
ABCDEFGxxxxL と配列が書き換えられたことが理解出来る。

こういうものが高度化・複雑化すれば、それは立派な暗号で、それは外部者には
理解出来ない不可視の仕様や暗号としてクローズドされた状態で振る舞うことになる。

130考える名無しさん2018/01/13(土) 06:34:56.780
>>129
で?

131考える名無しさん2018/01/13(土) 06:40:44.960
スレタイ読めない狂人の独り言スレはここですか?

132考える名無しさん2018/01/13(土) 07:00:57.310
virtual currencyの訳だから

133考える名無しさん2018/01/13(土) 07:12:29.540
暗号化とAIのアルゴリズムの複雑化は意図も趣旨も違うだろ

134考える名無しさん2018/01/13(土) 07:18:13.170
英文の記事で、Crypto Currencyの記事を見ていたら、日本に仮想通貨少女という
怪しいアイドルグループがいる、ということを今、知った。有名なのかなぁ、
TV観ないから、その辺は疎い。

https://cin-academy.co.jp

135考える名無しさん2018/01/13(土) 11:04:08.350
TV見ないのは勝手だがNHKの受信料は払えよ

136考える名無しさん2018/01/13(土) 11:25:00.870
相撲たたきとNHKたたきを止めない亀頭~

137考える名無しさん2018/01/13(土) 20:53:29.610
今さらながら気が付いたけど、こうやって表現してみると、
cos(x)とi*sin(x)って、式に現れる正負の符号が1つ違うだけなんだな。

(-1/2)*(-1/(-1)^(x/π)-(-1)^(x/π))=cos(x)
(-1/2)*(1/(-1)^(x/π)-(-1)^(x/π))=i*sin(x)

138考える名無しさん2018/01/13(土) 20:59:27.680
>>137 訂正
こうした方がよかった。

(1/2)*(1/(-1)^(x/π)+(-1)^(x/π))=cos(x)
(1/2)*(-1/(-1)^(x/π)+(-1)^(x/π))=i*sin(x)

139考える名無しさん2018/01/14(日) 01:13:29.930
半径1の円筒の円周に沿って斜め方向に進む直線を遠近法を無視して上方から
見ているか、側方から見ているか、前方から見ているかという違いだけでしょう。

140考える名無しさん2018/01/14(日) 01:16:29.370
直線と波線と円として表れる螺旋の軌跡

141考える名無しさん2018/01/14(日) 04:59:59.080
sincosとか実際に3dで描画してみると直感的にわかりやすいよ
小学生の頃ベーシックで3d迷路とか作っててそう思った

142考える名無しさん2018/01/14(日) 05:59:49.140
sincosをどう3Dで書くの?

143考える名無しさん2018/01/14(日) 06:38:52.760
どうだっけかな
昔過ぎてよく覚えてないが基本的に座標求めるのに使ってたな
ここで符号入れ替えたりすると図の向きとか変わる
単純なプログラムだ

144考える名無しさん2018/01/14(日) 07:25:55.330
>>143
向きはいいどさ、sincosがどう3Dになるのかと
Z座標はどうしたの?

145考える名無しさん2018/01/14(日) 07:41:42.310
自分で調べて
もう二十年近くプログラムから離れてて今更調べるのもめんどい
唯覚えてるのは実際に画面に描画する事でわかりやすかったなという事くらいだ

146考える名無しさん2018/01/14(日) 09:21:12.690
立体として表現することで必然的に現れる遠近法を無視するように
概念的に平面化して捉え直すことが鍵じゃないかな。どうせ再び
平面化して捉えるなら、最初から平面としてだけ見ればいいじゃないか
というのは、誤った考え方だと思う。

147考える名無しさん2018/01/14(日) 09:22:51.140
私は、>>141ではないが、sincosではなくてcosとisinだろうね。

148考える名無しさん2018/01/14(日) 10:13:41.330
そもそも、数学の考え方では、cos(x)とisin(x)のセットで考えることがごく自然
なのに、暗記させる公式でも、わざわざcos(x)とsin(x)のセットで覚えさせるために
isin(x)の数式をiで割った表現で覚えさせて、むしろ、三角関数と指数関数の
関係を直観的に捉えにくくする結果となっている。

149考える名無しさん2018/01/14(日) 10:25:36.470
単純に公式として暗記させるにしても、
(1/2)*(e^(ix)+1/e^(ix))=cos(x)
(1/2)*(e^(ix)-1/e^(ix))=i*sin(x)
として覚えさせておけば、sin(x)は、そこから自明に
sin(x)=(1/2i)*(e^(ix)-1/e^(ix))
として導かれるのだから、わざわざ、関係を分りにくくする
sin(x)の公式として暗記させる理由がない。そういうところが数学教育の
極めて不可解で、人々に嫌悪感を抱かせるところなのだろうと思う。

150考える名無しさん2018/01/14(日) 10:40:41.290
さらに、その説明に「不思議」だの、「神秘的」だのといった形容が入ると、
底の浅いイカサマ師の口上のようで、虫唾が走るとすら言いたくなる。

151考える名無しさん2018/01/14(日) 22:42:38.090
人間の幸福に関係しているのは、脳の機能や作用なので、AIを研究することは、
そのまま人間の幸福を高めることや人類の幸にもつながる側面を持っている。

それを逆に言うと、不幸な人間は脳の働きや作用が悪い、鈍っている、鈍磨、
退化していると言えるので、幸福や不幸は、その人の脳の状態のバロメーター、
パラメータにもなっているとも言える。それを簡単に言うと、不幸な人間は
頭が悪いということだね。

152考える名無しさん2018/01/15(月) 16:41:08.330
(cos(1)+isin(1))^x=cos(x)+isin(x)

153考える名無しさん2018/01/15(月) 16:54:18.520
ド・モアブルの定理と言うのか。
例示の仕方によっても直観的な把握のしやすさに大きな違いが出る。

154考える名無しさん2018/01/15(月) 17:05:00.440
数学の学校教育には、数学を理解してもらおうとか、公式を覚えてもらおう
とする工夫が完全に欠落しているんだよね。

155考える名無しさん2018/01/15(月) 17:36:42.380
cos(nθ)+isin(nθ)=(cos(θ)+isin(θ))^nとして一般化された表現によって、
具体例はすべて含まれるのだから、それでいいと考えるのは誤りだと思う。
nθのnとθに何を代入する練習問題をやったところで、それは代入の操作に
慣れることにしかならず、1とxの場合にように自らの行為に直結して感じられる
具体性が欠けている。

156考える名無しさん2018/01/15(月) 18:23:10.740
意図の不明な行為を繰り返しさせられることは退屈で苦痛だ。
例えば、単純にエクセルに数字を入力する作業であったとしても、
その入力する数字がどのような意味を有し、最終的に何を計算する
のかが分っていれば、つまり、数字を入力する行為の意図が分っていれば、
それほど苦痛を感じずに済むが、物理的にはまったく同じ作業であった
としても、何の数字を入力しているのか、何を計算しようとしている
のか不明なら、すぐに作業を続けることにうんざりさせられる。

157考える名無しさん2018/01/15(月) 20:14:40.760
さらに、>>152における(cos(1)+isin(1))^x=cos(x)+isin(x) という表現と、
ド・モアブルの定理として示されるcos(nθ)+isin(nθ)=(cos(θ)+isin(θ))^n
という表現を比べて見ると、後者の表現の方にむしろ奇妙な制約を感じてしまう。
このことは、言語表現にして解釈してみると直ちに明らかとなり、
ド・モアブルの定理の通常の表現の方がむしろ一般性を欠いているのではないか
とすら感じられる。

158考える名無しさん2018/01/15(月) 20:30:54.010
nθという表現においては、θがラジアンを表し、nはその倍数を表す。
したがって、cos(nθ)+isin(nθ)=(cos(θ)+isin(θ))^n という表現は
されても、cos(nθ)+isin(nθ)=(cos(n)+isin(n))^θという表現は
されない。しかし、nθ=xという数値は、それ自体がラジアンを表す
数値なのであり、そのことは、 例えば、cos(x)+isin(x)=i^(2x/π)と
表現した場合に累乗の指数の分母にπが現れることに依存している。
したがって、ラジアンとしてのθが存在して、その倍数があり、
それがド・モアブルの定理により累乗の指数として表されると考える
より、ラジアンとして表された数値は、すなわち、累乗の指数と
解釈され得ると考えた方が自然ではないのか。

159考える名無しさん2018/01/16(火) 12:53:44.490
cos(-i*log(x))+isin(-i*log(x))=x

160考える名無しさん2018/01/16(火) 14:06:05.470
cos(-i)+isin(-i)=cosh(1)+sinh(1)=e

新着レスの表示
レスを投稿する