ベルクソン

1考える名無しさん2018/01/09(火) 12:39:51.900
ベスト翻訳書
『時間と自由』 竹内芳郎(翻訳)河出文庫(1955年)
『物質と記憶力』岡部聰夫(翻訳)駿河台出版社
『ベルグソン全集 創造的進化』松浪信三郎・高橋允昭(翻訳)白水社
『道徳と宗教の二つの源泉』 森口美都男(翻訳)中公クラシックス(I・II)
『精神のエネルギー』 原章二(翻訳)平凡社ライブラリー
『思考と動き』 原章二(翻訳)平凡社ライブラリー
『笑い』 原章二(翻訳)平凡社ライブラリー

はじめてベルクソン読む人は、入門書など読まず『精神のエネルギー』原章二訳から入るのがベスト。

2考える名無しさん2018/01/10(水) 19:36:27.130
物質と記憶

3考える名無しさん2018/01/10(水) 19:39:21.570
高橋里美訳のを持ってる。

4考える名無しさん2018/01/10(水) 19:41:33.110
昔よく読んでいたな
なにか発想が飛躍しすぎの気がして納得はいかない思想だたt

5考える名無しさん2018/01/13(土) 12:48:30.980
物質と記憶は熊野訳が嚙み砕いてて読みやすい。
好き嫌いが出やすい訳ではあるけれど。

新着レスの表示
レスを投稿する