【いつも】 鈴々舎 馬風 【漫談】

1重要無名文化財2017/10/08(日) 13:38:44.13
鈴々舎 馬風は不思議な噺家だ。
小さんの弟子でありながら、古典落語にはなじまない。
そのくせ、落語協会の会長にはいち早く手をあげて、会長職を獲得してしまう。
そんな前代未聞の噺家、鈴々舎 馬風を語ろう。

2重要無名文化財2017/10/08(日) 13:48:00.92
落語界のジャバザハット

3重要無名文化財2017/10/08(日) 16:04:46.61
健康面の問題で会長職を辞したはずだが、次の会長になった小三治よりもずっと元気に寄席の高座に上がり続けているのは解せない

4重要無名文化財2017/10/08(日) 16:12:03.57
圓歌逝ったし川柳もすっかり年老いたから馬風に頑張ってもらうしかないやな

5重要無名文化財2017/10/08(日) 17:14:41.13
以外なことに馬風のほうが小三治よりも若いんだよね
入門は先だったけれど

6重要無名文化財2017/10/08(日) 21:12:25.57
今年は馬るこの披露目の頃に体調崩して入院したりしたよ。
馬風師匠は古典もよいけど。「猫の災難」「禁酒番屋」「紙入れ」
は聴いたことがある。

7重要無名文化財2017/10/08(日) 22:27:19.33
それと「長短」かな

8重要無名文化財2017/10/09(月) 07:52:23.93
披露興行のときにしか見ないから結局アレ
噺家二世を端から持ち上げるアレしか聴いたことない

9重要無名文化財2017/10/12(木) 10:58:31.37
>>8
ほんとこれ
仲入り前に顔付けされてる時は
わざと仲入りから入場したりする

今でも新しい時事ネタで漫談を作ってて、それは本当はスゴいこと。

11重要無名文化財2018/01/04(木) 12:43:41.27
.

12重要無名文化財2018/02/01(木) 12:47:16.07
.

新着レスの表示
レスを投稿する