ゲルマン人の大移動と彼らが建てた諸王国

1世界@名無史さん2011/10/22(土) 21:11:52.940
古代末期に始まったゲルマン人の大移動、および彼らが各地に建国した
諸王国について語りましょう

738世界@名無史さん2017/06/02(金) 11:02:11.130
シチリア島にもI1が何%か見られるのはノルマン人のおかげ

739世界@名無史さん2017/06/02(金) 16:49:13.190
イタリアでは、ローマ時代はパン・オリーヴ油・野菜が中心の食生活だったが、
ゲルマン民族が侵入してくると肉中心の食生活に変わっていった。
中世では肉を食べないのは貴族としては脆弱・頽廃の印にほかならないと軽蔑されたのである。
男らしさのシンボルは狩りと肉であり、農業やその産物は「女のような性格」だとされた。

油についても、動物性のものが優遇され、北からのラード・バター・種油が、
南のオリーヴ油と対抗して食卓に進出していった。
オリーヴ油は食材としてはなかなか恵まれた地位を得られず、中世では長らく
薬・化粧品・灯明・宗教儀式などに使われていた。
オリーヴ油の食用消費が増えるのは、近代になって、挽砕・採油技術の向上が
可能になってからである。

740世界@名無史さん2017/06/21(水) 20:09:13.660
イタリア人の青い目はともかく金没はゲルマン人の遺産だろう

741世界@名無史さん2017/06/22(木) 00:47:46.010
次郎らもにも何%かはゲルマンの血が流れてるのかな

742世界@名無史さん2017/06/22(木) 01:34:50.680
地中海人種はアジア人とあまり変わらない顔つきだからな
白人的な要素が少しでもあれば混血してると言えるだろうね

743世界@名無史さん2017/06/23(金) 08:20:27.280
>>741
あいつはナポリだからね
混じっていない可能性が高い

744世界@名無史さん2017/06/23(金) 12:55:51.120
実際の所イタリア人は100%混血
ゲルマン的な形質が多く出るかどうかの差があるだけだよ

745世界@名無史さん2017/06/23(金) 21:58:34.940
教義論争で敗れたアリウス派の僧侶はゲルマニアに行ったんだよな
それでも蛮族相手にちゃんと布教できちゃうあたりがすごいところ
なんかDQN高校に赴任した熱血教師みたい

746世界@名無史さん2017/06/23(金) 22:12:31.610
何割かは確実にボコられただろうな

747世界@名無史さん2017/06/24(土) 00:17:01.570
ローマのスパイと疑われて殺されるかと思いきや
意外と受け入れられている不思議

748世界@名無史さん2017/06/24(土) 08:11:54.730
しかしそのアリウス派も定着しなかったけどね

749世界@名無史さん2017/06/24(土) 20:43:35.250
対多神教教徒用モデルの三位一体説にはかなわなかったか
精霊のところにありものの土着の神を入れればなんということでしょう、どんどん入信していくではないですか

750世界@名無史さん2017/06/24(土) 22:40:00.920
アリウス派が奉じられてた6C後半の西ゴート王国で父王に反旗を翻した
アタナシウス派信者の王族がいたっけ

751世界@名無史さん2017/06/24(土) 22:52:36.640
結局歴史的になんの意味もはたしていないわけか、アリウス派は

752世界@名無史さん2017/06/24(土) 23:09:30.110
アリウス派云々はおいといて,のちにローマカトリックに反発しておこった
プロテスタント各派はゲルマン系諸地域に広まっていったのな

753世界@名無史さん2017/06/26(月) 00:28:57.710
>>751 アリウス派が狩ってたら、ゲルマンの異教由来の要素は今以上に後世にさらに残らなかったか
それこそワーグナーの作品も生まれなかった?

754世界@名無史さん2017/06/26(月) 10:09:30.910
>>752
そこまで1000年以上かかったのか

755世界@名無史さん2017/06/26(月) 20:02:43.740
教会「ケルト神話?北欧神話?スラブ神話?邪教は禁止です」

教会「ギリシャ・ローマ神話?まあ、いいんじゃないの」

なぜ容認されてるんだろうね

1月 January ローマ神話で"物事の始まりと終わり"をつかさどる神ヤヌス(Janus)
2月 February 古代イタリアの清めの神Februus
3月 March ローマ神話の軍神マルス(Mars)
4月 April  ギリシア神話の女神アフロディテ(Aphrodite)
5月 May  ローマ神話の豊穣の女神マイアス(Maius)
6月 June  古代ローマの結婚や出産の女神ジュノー(Juno)
7月 July  カエサル(Julius Caesar)
8月 August 初代ローマ皇帝アウグストゥス(Augustus)
9月 September ラテン語でseptem「7番目の月」の意味(3月を初月として)
10月 October  ラテン語でocto「8番目の月」の意味(3月を初月として)
11月 November   ラテン語でnovem「9番目の月」の意味(3月を初月として)
12月 December  ラテン語でdecem「10番目の月」の意味(3月を初月として)

756世界@名無史さん2017/06/26(月) 20:12:33.610
あくまでも神話として記録され続けたのであって信徒や教団が維持されていた訳ではない

757世界@名無史さん2017/06/26(月) 21:33:12.320
ローマ帝国がキリスト教の布教を認めてもローマ暦がそのまま使われた。
それを各宗派が公式採用したので後から変更すると混乱するのでできなくなった。

758世界@名無史さん2017/06/26(月) 23:24:53.800
そりゃキリスト教はローマ帝国を乗っ取った宗教だからな
それだけではなくローマ帝国のグレコローマン文化によって
ユダヤ教原理主義メシア運動の一つでしかなかったイエスのカルトは
哲学や科学と融合した地中海の大宗教にまで成長したのだ
豚肉食って割礼しないで今さらユダヤ暦でもないだろう
ローマの多神教が政治的な儀式だけのものだったのはキリスト教徒も知っていた
公認され国教になってからもローマの政治体制そして文明主義を引き継いだ

ローマにとって「野蛮」だったケルトやゲルマンやスラブの文化は
キリスト教にとって単に「異端」なのではなく
「非文明的」という意味でも不要な存在だったのだ

759世界@名無史さん2017/06/27(火) 01:46:54.210
>>750
その王族の名前ってフランコ総統のサードネームと同じだったような気がする

760世界@名無史さん2017/06/30(金) 03:29:04.770
>>758 ひょっとしてクロムウェル率いる清教徒は英語の曜日の名前を変えようともしてたんだろうか
火曜から金曜まで日替わりでゲルマンの神々てんこ盛りだけどw

761世界@名無史さん2017/07/16(日) 14:47:41.490
ゲルマニクス哀れなり

762世界@名無史さん2017/12/31(日) 07:00:34.680
いわゆるゲルノン人のなかにも
今でいうケルト系とかスラブ系はたまたイりリア系が含まれているのご存知?

763世界@名無史さん2017/12/31(日) 17:00:46.400
>>755
ロシア語では6月と7月が異様に似ているな  イユーニとイユーリ

764世界@名無史さん2018/01/30(火) 08:23:26.810
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

KJNBB

765世界@名無史さん2018/03/19(月) 10:47:23.910
イタリア半島にはランゴバルト王国が滅亡した後、中部イタリアに
旧ランゴバルト王国の遺制を残す「小ランゴバルト」のスポレート公国、
ベネヴェント公国(のち、ベネヴェント侯国、サレルノ侯国、カプア侯国に分裂)
があった。

766世界@名無史さん2018/03/19(月) 11:40:33.220
>>763
ロシア語の火曜と水曜が異様に面白い

火曜  太ーる肉
水曜  スリだー

767世界@名無史さん2018/04/14(土) 15:29:59.160
>>731
ヨーロッパに流入したキリスト教・ミトラ教のうち
後者が負かされ衰亡した理由は、何だったの?

768世界@名無史さん2018/04/15(日) 19:10:09.900
アリウス派が勝てなかった理由は?

769世界@名無史さん2018/04/22(日) 10:50:39.500
>>712
イベリア半島のアンダルシアはヴァンダルが起源らしいな
シュヴァーベンはスエヴィー族由来

770世界@名無史さん2018/04/29(日) 11:32:28.930
ヘプターキー(アングロサクソン七王国)は、今日の目で見れば、王国というよりは
地方の豪族に近く、その他にも小国、属国など多数が群雄割拠して武力によって
覇を競っていた。
やがてその中から、優れた指導者を有する王国が覇権を握るようになった。
最初に優位を占めたのはノーサンブリアであった。
この王国の王位継承は必ずしも円満にいったわけではなかったが、エドウィン、
オズワルド、オズウィなどの有能な指導者に恵まれ、ノーサンブリアは
黄金時代を迎えた。
この地にはいち早くアイルランドからケルト系のキリスト教が浸透し、ラテン語での
読み書きを中心とする教育が普及した。

771世界@名無史さん2018/05/11(金) 21:15:15.540
フランク族の分類の仕方って大きく分けるとサリとリプアリに分かれるけど、ブルクテリ、シカンブリ、カッティ、ケルスキ、カウキといった支族はどちらに所属するのかわかりますか?

772世界@名無史さん2018/07/12(木) 12:05:26.430
友達から教えてもらったパソコン一台でお金持ちになれるやり方
興味がある人はどうぞ
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

8U3

773世界@名無史さん2018/08/24(金) 07:09:27.600
ゲルマン民族大移動のおかげで
遺伝子Y1が欧州各地に広まったようだね

774世界@名無史さん2018/08/27(月) 02:12:52.810
ローマのカエサルに皆殺しにされ空き地になったケルトの土地に
北から流入して起きたのがゲルマン民族大移動ということ?

775世界@名無史さん2018/08/27(月) 03:32:58.070
>>774
時代が違う。空き地になるほど虐殺するってカエサルは頭おかしいのか?

776世界@名無史さん2018/08/28(火) 00:42:01.760
>>775
>時代が違う

そうでした、トンデモ書込で申し訳なかったです

777世界@名無史さん2018/08/28(火) 01:13:05.100
>>776
一応説明しよう。気候変動かなんかの理由で中央アジアのフン族が西に移動してチンギス・ハンの
モンゴルみたいに各地で暴れまくった。フン族から逃れるためにゲルマン系のいくつもの集団が
西へ移動して玉突きして全体としてゲルマン民族が西と南に移動する動きになった。
ライン川を越える者もいた。そして西ローマ帝国を滅ぼす結果になった。

778世界@名無史さん2018/08/29(水) 11:41:35.130
ゲルマン人が移動した空き地にスラブ人が進出したというのは歴史的事実

779世界@名無史さん2018/09/03(月) 17:55:36.550
チンチンギスギスハァンハァン

780世界@名無史さん2018/09/04(火) 18:46:39.110
エビフライハ-ン

781世界@名無史さん2018/09/06(木) 02:10:27.560
ゲルマン人のセックスってめっちゃ荒々しそう

782世界@名無史さん2018/09/10(月) 11:23:01.110

783世界@名無史さん2018/09/13(木) 09:04:16.550
ランゴバルド人の遺伝子研究結果

http://www.nature.com/articles/s41467-018-06024-4

784世界@名無史さん2018/10/11(木) 14:27:58.130
西ゴート王国
フランク王国

785世界@名無史さん2018/11/25(日) 03:24:38.100
ローランド・エメリッヒのエメリッヒだけどこれってエルマナリク(グルツンギの王)と
アマラリク(6Cの西ゴート王)、どっちのドイツ語形なん?

786世界@名無史さん2018/11/25(日) 04:00:51.100
フランク王国ではなくアラブ人に制圧されたイベリア半島

フランク王国に制圧されなかったものの,文化・生活様式面で
フランク化したヴァイキングであるノルマン人に制圧された
イングランド

787世界@名無史さん2018/11/25(日) 09:58:38.140
インド系民族(アーリア人)が建てた諸国
インド、パキスタン、ペルシャ(イラン)、スリランカ、ネパール

中国系民族が建てた諸国
中国(諸王朝があったが征服された)、シンガポール

他にアラブ系、ロシア系、マヤ系諸国
最近だと英系諸国

788世界@名無史さん2018/11/27(火) 15:08:28.040
”古”フランク語はあるけど,中期フランク語を経てのフランク語は
現存してないのな

新着レスの表示
レスを投稿する