なんで中華民国の軍閥割拠時代って人気ないんだ?

1世界@名無史さん2014/04/12(土) 08:27:50.610
普通に戦国時代みたいで面白いだろ

714世界@名無史さん2017/02/23(木) 22:04:51.890
袁世凱を董卓とするなら、段祺瑞が曹操ってとこか?

715世界@名無史さん2017/02/23(木) 22:59:20.100
講談社現代新書の「軍の中国史」読んだ人いる?
著者の専門がこのスレの内容にピッタリ。

ただ、メチャクチャ読みにくいが。

716世界@名無史さん2017/02/25(土) 18:55:46.180
いま読んでいる

717世界@名無史さん2017/02/25(土) 19:42:22.660
>>709
袁世凱ってアザラシみたいで可愛くね?
憎めない顔してるよな

718世界@名無史さん2017/02/25(土) 20:46:49.220
>>714 そしたら閻錫山は張魯だな

719世界@名無史さん2017/02/25(土) 23:11:07.500
徐樹錚は郭嘉?

720世界@名無史さん2017/02/25(土) 23:49:30.940
黎元洪・曹金昆は李カク郭あたり

馮玉祥は袁術

721世界@名無史さん2017/02/26(日) 10:05:44.110

722世界@名無史さん2017/02/26(日) 10:50:47.05O
>>709
文官登用試験の科挙に落第したんで、しょうがなく軍人になったぐらいだからなぁ

723世界@名無史さん2017/02/26(日) 11:41:46.160
>>717
うまいこというなあ、アザラシにしか見えなくなってきた
でも漢字で書けば、「海豹と呼ばれた男」みたいな感じで格好いい

724世界@名無史さん2017/02/26(日) 12:23:41.980
>>722
軍人の偉いやつはだいたいそうでしょ
後のキャリア組

725世界@名無史さん2017/02/26(日) 13:17:29.230
呉佩孚は呂布

726世界@名無史さん2017/02/26(日) 14:31:56.780
>>716
「おおきな」とか、形容詞、連体詞や副詞を平仮名にされると内容云々以前に読みにくいね。出版社の編集は何も言わんかったんかな?

727世界@名無史さん2017/02/26(日) 15:28:42.200
袁世凱も中華帝国とかいうオワコン必至国名にしなければよかったのにな
大燕帝国なら100年続いたぞ

728世界@名無史さん2017/02/26(日) 15:32:39.780
>>727
中華帝国だろうと大燕帝国だろうとブサイク国名だろ
「燕」だけじゃダメなのか?

729世界@名無史さん2017/02/26(日) 15:35:16.280
>>728
それなら大燕大中華国だな

730世界@名無史さん2017/02/26(日) 15:48:41.150
そもそも袁姓である時点で、偽帝と国民が直感的に識別したんだろ

731世界@名無史さん2017/02/26(日) 16:01:30.450
燕じゃなくて冀じゃ?

732世界@名無史さん2017/02/26(日) 16:30:26.500
燕とかは、さすがに無い。

本拠地の国名を統一王朝の名にするという方式は、宋までで終わっている。

733世界@名無史さん2017/02/26(日) 16:46:02.810
中華よりは大夏のほうがいいな
周とかでも良かったんじゃないの

734世界@名無史さん2017/02/26(日) 19:37:26.610
>>729
いやだからなぜそんな長ったらしいブサイクな国名にすんの
伝統的な1字国号じゃダメなのか?

735世界@名無史さん2017/02/27(月) 05:22:46.93O
洪秀全「太平天国じゃダメですか?」

736世界@名無史さん2017/02/27(月) 06:04:08.910
そりゃ記録には国号を○とするって一字で書かれるけど
実際の国名は大明とか大清とかだし、外交文書ではさらに帝国が付く
大清帝国、大韓帝国、みんな4字でリズムがいい(とされた)
そういうのを気にしない日本だけが大日本帝国と座りの悪い?5字で名乗った
国名の1字形と2字形を使い分ける慣習からすると「大和帝国」(通称「日本」)でよかったかもしれない

あと、袁世凱があの時局で冀とか燕とか薊とか名乗ってしまったら
ああやっぱり軍閥の地方政権にすぎないんだとからかわれること必至だろう
また当時「中華」という呼称は中国人にとっては新鮮で民族的自尊心を掻き立てられる美名だったはず
料理ばっかり連想するのはあくまで日本語の語感で、日本の国内での経緯によるものだから

737世界@名無史さん2017/03/04(土) 05:04:35.780
大〇〇帝国なら「第一次世界大戦の戦勝100周年を日本と中華民国(中華帝国仮称)国民で共に祝う」必要があるね。
ちなみに、1949年の北京の戦後国家は無関係(第一次及び第二次共に存在しない)の国家なのでどっかいけ。

738世界@名無史さん2017/03/04(土) 10:07:57.770
いまだって、共産主義どころか同族支配帝国みたいなもんだろ

739世界@名無史さん2017/03/04(土) 12:55:06.630
習近平の戦区再編により、軍閥割拠の歴史は終わろうとしている

740世界@名無史さん2017/03/04(土) 21:38:59.700
古代の「晋」とか「斉」とかいうのは、ドイツやフランスなどと同じで、国の名前でしょ。
当時は、「中国はひとつ」というイデオロギーがなく、本気で国が分かれていた。

袁世凱の時代に「燕」とか「斉」とかの国号はあり得ない。
たとえていえば、欧州が統一されて千年後になっても、
統一欧州を首都にちなんで「ベルギー」と呼ぶようなものだ。

741世界@名無史さん2017/03/04(土) 21:51:41.170
個人的には、「ローマ帝国」にちなんで、「ペキン帝国」と呼んでほしい

742世界@名無史さん2017/03/04(土) 21:56:21.100
ローマの相似にしたいなら長安帝国だろ
コンスタンティノポリスに遷都しても国名はローマのまま
北京に遷都しても国名は長安のまま

743世界@名無史さん2017/03/05(日) 02:12:25.860
咸陽首都にした国も長安首都にした国も最初から都市国家ではないんじゃないの?

744世界@名無史さん2017/03/05(日) 11:31:53.940
>>740
秦も漢も最初は地域名だったのが統一王朝の名になったろ

日本でも大和は奈良のことだったのが日本を指す言葉になった

745世界@名無史さん2017/03/05(日) 18:56:10.000
「日本」は河内の日下から
東大阪市日下町
最寄り駅は近鉄石切駅

河内の日下の地がヒノモトと称せられたのは、そこが太陽を迎えまつる難波のもっとも東がわに位置していたためである。
そこは太陽祭祀の中心であった。その背後のニギハヤヒ山(草香山)には祭祀の対象としてニギハヤヒが祀られていた。

746世界@名無史さん2017/03/05(日) 20:07:57.490
>>743
長安の周囲なんか、ちょっと離れれば、ほとんど砂漠。
人の住むところじゃない。

「都市が国家である」という感覚は、日本人にはあんまりないけど、大陸では普通。

やっぱり、長安帝国であり、ペキン帝国と見るべきだろう。

747世界@名無史さん2017/03/05(日) 22:51:07.870
林彪はクーデター成功したら広州で
新政府作る予定だったし

748世界@名無史さん2017/03/05(日) 22:59:29.420
トインビーもいってるがな、
大国の崩壊は外部からの圧力によるものでなく
内部からの崩壊によるものであると

749世界@名無史さん2017/04/06(木) 15:30:42.290
この時代はほんまようわからん。独立国というわけでもないし
外交はどうなっているのか、徴税は?司法は?
パスポートやビザみたいなのはあるのか

750世界@名無史さん2017/04/06(木) 19:36:46.920
いまのソマリアみたいな感じだろ

751世界@名無史さん2017/04/06(木) 21:42:29.910
太平天国の乱で関連死者含めて2-3千万人ってのは結構なもんだよな
人口の1割近く失われてないか?
その後の時代が混沌とするのも無理からぬ話に思える

752世界@名無史さん2017/05/18(木) 00:52:10.850
結局国共以外に天下統一の目があった軍閥はあったの?

753世界@名無史さん2017/05/18(木) 22:12:30.000
湘軍を持つ湖南省は「中国のプロシア」と言われていたようだ

754世界@名無史さん2017/06/26(月) 01:28:29.060
奉天軍閥が支配してた頃東三省の予算の8割が軍事費と
なってたそうですが,これって奉天軍閥の勢力拡大を
はかったり,逆に東三省を防衛するためにどうしても
厖大な軍事力が必要だったって事?

755世界@名無史さん2017/06/26(月) 17:49:06.760
日本だって軍事費の割合が国家予算の8割越えした時期があったよ。

756世界@名無史さん2017/06/26(月) 23:41:17.290

757世界@名無史さん2017/06/27(火) 06:06:56.650
>>754
逆に聞きたいことが山盛り
軍閥時代の予算ってどこの統計?
何年何月ごろの統計と見るべき?
当時の各軍閥地域の財源は何?
地域外部からの資金や物資の援助はあった?
(時期によって日本の援助があったのはわかるとしても、その前か後か、
また日本の援助も大きく増減があったはず)

また軍隊の自立性とか専門性も気になる
たとえば冷戦時代の中国は「単位」という概念があって
学校、工場、また軍隊でも大きな組織ごとにある程度経済的に独立していて
それぞれが成員の家族を含めた大きな町のようになっていた
一つの「単位」に国家が予算を配分するということは、その町全体を経済的に養うのと同じことで
名目上は教育費だったり軍事費だったりしても、やっていることは大差なかったりする

758世界@名無史さん2017/11/30(木) 21:48:14.660
軍閥の長ではなく家長としての張作霖
http://kaitaronouta.hatenablog.com/entry/2013/01/05/102230

759世界@名無史さん2018/01/30(火) 13:21:22.750
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

A4PR8

760世界@名無史さん2018/02/04(日) 09:54:21.960
>>758
へー、妻たちに給料を払ってたとは意外。一夫多妻ってカネがかかるね。

761世界@名無史さん2018/02/05(月) 15:03:53.250
イスラムの人たちも奥さんにかなりお金をかけてるらしいからね
離婚できるかどうかイスラム教に詳しくはないけど
奥さんたちはせっせと蓄財に励んでるそうな
一夫多妻は今も昔も金持ちの男の道楽

762世界@名無史さん2018/02/08(木) 04:16:08.600
関東軍「リア充爆発しろ!」

763世界@名無史さん2018/02/09(金) 20:12:13.260
>>732
www

764世界@名無史さん2018/02/12(月) 14:16:45.730
パール・バックの大地の時代か

新着レスの表示
レスを投稿する