スコットランドの歴史

1世界@名無史さん2014/09/15(月) 06:40:39.270
今話題のスコットランドについて語ろう!

1707年から2014年までの大英帝国時代を含みます!

343世界@名無史さん2018/01/29(月) 10:45:17.640
≪カロデンの戦いについて≫

かつてのステュアート朝の嫡子チャールズ王子は、1720年にローマに生まれ、
ヨーロッパ大陸で育ったが、イギリス国王の継承権を主張する形でブリテンに
渡ってきた。そしてスコットランドの西、イリスキー島に上陸し、以後、急速に
支持者を集めていった。
チャールズ王子はスコットランド各地の勢力をあっという間に糾合し、さらには
イングランド内部の不平分子をも取り込んで、遠くイングランド南部へと進撃を
続けていった。そしてついにはロンドンの北、わずか190qのダービーまで到達
したのである。
このとき、ロンドンの宮廷は上を下への大混乱で、国王ジョージ2世はロンドンを
放棄し、国外へ亡命することを真剣に検討したと伝えられている。
さらにその時、イギリスと対立するフランスは、「敵の敵は味方」という戦略から、
チャールズ王子を支持することを決め、数千人の軍隊を応援のために派遣しようと
していた。

344世界@名無史さん2018/01/29(月) 10:55:03.480
しかしこれらの有利な情報は、チャールズ王子の耳には届かなかった。悩みぬいた末、
彼はまず自分たちの地盤を固めようと、いったん兵をスコットランドへ引き揚げることを
決定した。
しかしこうなれば、事態の流れは一変してしまう。今まで勝ち馬に乗ろうと彼の下に
集まってきていた軍勢はたちまち四散していき、逆の雪崩現象が起こった。
しかも戦いが長期化すれば、スコットランドとイングランドの経済的格差が表面化
してくることは明らかだった。時代は18世紀も半ばに達し、戦争は単なる局地的な
戦闘から、その背後にある経済力、兵站能力など、すべての社会的要素を含んだものへと、
その性格を大きく変えつつあった。
ダービーを引き揚げたスコットランド軍は、その後、敗北を重ね、ついに1746年4月16日、
スコットランド、インヴァネスの南、カロデン・ムアで、カンバーランド公率いる
イングランド軍の前に惨敗を喫するに至る。

345世界@名無史さん2018/01/29(月) 11:02:53.330
カロデンの戦いについては、「内部対立、指導力の欠如、軍事的知識の欠如、食糧・
物資の欠如」と酷評されている。純軍事的に見ても、この場所を会戦の場として
選んだこと自体、スコットランド側の軍事的知識が貧弱だったことを示していると
いえるだろう。当時イングランドでは、急速に大口径の火器が普及し始めていたが、
このような何の遮蔽物もない場所で戦いを行ったら、それらの武器の効果が存分に
発揮されるであろうことは、火を見るより明らかであった。
事実戦闘に参加した士官の一人は、戦いの直後、その様を故郷にいる妻に書き送って、
「戦場はまるで、新しい兵器の効果を確かめる実験場のようだった」と記している。
さらに損害を倍加させたのは、スコットランド軍内部の指揮・命令系統の混乱だった。
戦闘の火ぶたをいつ切るのか、明確な命令のないまま、スコットランドの兵士たちは、
草原の中で何時間も立ち尽くし、その間多くの兵士が空しく、イングランドの砲火に
よって倒れていった。

346世界@名無史さん2018/01/29(月) 12:24:53.760
>>341
縄文人と弥生人みたいだな

347世界@名無史さん2018/01/30(火) 11:27:53.450
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

ZX19V

348世界@名無史さん2018/01/30(火) 22:24:25.330
一口にスコットランドといってもハイランドとローランドではかなりの違いがあって、
ローランドは親イングランド。

349世界@名無史さん2018/02/16(金) 09:44:54.940
18〜19世紀のハイランドでは、土地を有効活用するために、地主がその土地の居住者を
一掃した。これを「ハイランド・クリアランス」という。
一掃された住民には沿岸部の比較的肥沃な土地があてがわれ、小規模の耕作農業を
しながら別の産業で働くことが前提となっていた。
この点では「ハイランド・クリアランス」は住民の配置転換といえ、一方的に
住民をホームレスにしようとしたものではない。

350世界@名無史さん2018/02/16(金) 09:49:28.220
「ハイランド・クリアランス」に暴力的なイメージがあるのは、19世紀になってから
始まったサザランドにおけるクリアランスのためであろう。サザランドはハイランドの
中でも北部に位置している。ハイランド南部ではクリアランスが徐々に進んでいった
のに対し、サザランドでは短期間で住民を内陸部から沿岸部に移動させようとした。
転居に抵抗する住民に暴力的手段が用いられ、一掃されたのである。
このため、初代サザランド侯爵の評判は良くない。

351世界@名無史さん2018/02/16(金) 12:39:13.400
少し前までハイランドと言えばゲール語の土地だった
ローランドはスコット語の土地だった
スコット語は英語と同系統とはいえ通じない別言語
それが今ではゲール語は西部の漁村と島嶼部に追いやられ、
スコット語は細かな方言に分かれつつもハイランドのほぼ全域を覆っている
そしてローランドは英語の変種である「スコットランド英語」の土地になっている

352世界@名無史さん2018/02/19(月) 18:38:18.990
スコットランドにはいまだに貴族がいる。大地主である貴族と、貴族から土地を購入した
超富裕層が、土地の大部分を所有している。私有地の約半分を約430人が所有しており、
先進国の中でも土地所有の集中度が最も高いとされている。

353世界@名無史さん2018/02/27(火) 11:10:05.140
スコットランド史は王族間、貴族間、氏族間の対立抗争の歴史といってよく、
ハイランドの部族がイングランド軍と戦っているとき、ローランドの部族が
イングランド軍に味方して戦うという、スコットランドの国益よりも部族の利害が
優先する例が珍しくなく、あげくにイングランドに味方した部族が、やがては
そのイングランド軍に滅ぼされる愚も少なくなかった。

354世界@名無史さん2018/02/27(火) 16:24:47.600
>>346
それを言うなら弥生人と渡来人でしょうが

355世界@名無史さん2018/03/02(金) 09:49:17.340
6世紀の初めに、アイルランド北東部にあったダルリアダ王国から、スコット人と呼ばれる
部族がスコットランド南西部のアーガイル地方に侵略してきた。そして、先住民族の
ピクト人と争いを続けながらこの地にもダルリアダ王国を建設し、のちにブリテン島の
北部一帯が「スコット人の国」すなわち「スコットランド」と呼ばれるようになるほどに
その勢力を拡張した。

このころ渡来したスコット人の中にキリスト教の宣教師聖コロンバがいた。
彼はインナー・ヘブリディーズ諸島の小島アイオナ等に住居を定めてキリスト教の
布教をはじめ、スコットランドから北イングランドにかけて広範囲なキリスト教圏を
確立した。スコットランドは、異教徒であったアングロサクソン人が定住した
イングランドよりも早くキリスト教国になっていたのである。

356世界@名無史さん2018/03/03(土) 17:15:50.380
しかしどちらもR1bなのかな

357世界@名無史さん2018/03/06(火) 20:48:17.820
R1bの特徴を持つのは、ガリアからイベリア半島にかけての広い地域と、
東トルキスタンのトカラ語地域
印欧語の中緯度地域の東西の「両端」と言っていい

ケルトでは最も早く西に向かったグループ(Qケルト)で、トカラは東の端で古い特徴が残留した
R1bはQケルトで、対するPケルトは千年単位遅れて中央からガリアに入った後続組でR1aその他
大陸ではアルプスから東と北イタリアのケルトがそれ
(あとラテン語は古い時代に分離した「イタリアのQケルト」の一派と思われる特徴がある)

ブリテン諸島では、アイルランドとのちにスコットランドに移住したスコティア人がQケルトでR1b、
ブリテン本島に先住していたのとカエサルの時代までボートで大陸から移住を続けていたブリトン人がPケルトでR1aほか
ブリトン人は島の中央部をアングロサクソンに奪われて分断させられ、
それぞれピクト人、ウェールズ人、コーンウォール人に分かれていき、
うちピクト人は移住してきたダルリアダ王国のスコティア人と混合して「スコットランド人」になっていく(8Cごろ)

358世界@名無史さん2018/03/09(金) 09:35:00.830
>>357
サンクス!
大変勉強になった

359世界@名無史さん2018/03/09(金) 19:34:00.530
一つだけ357で言ったつもりで言っていなかったことを付け足す。
トカラ語の民族が「東のR1b」であることが重要なのは、
この言語が印欧語といえばサテム語ばかりの地域で「東のケントゥム語」でもあるからだ
印欧語連続体の西端(Qケルト語)と東端(トカラ語)で、この2つの特徴が共通しているのは
どちらもその後「中央部で」起こった変化をこうむっていない、より古いグループだからだと考えられる

360世界@名無史さん2018/03/09(金) 20:31:23.330
>>359
それってサテム化のこと?

361世界@名無史さん2018/03/10(土) 01:15:03.370
サテム化はあくまで言語の変化で、それと遺伝子の非R1b化が
時期的・地域的に重なっているということ

362世界@名無史さん2018/03/10(土) 09:38:00.700
スコットランドでは8世紀末ごろからヴァイキングの襲来が相次ぎ、シェトランド諸島、
オークニー諸島、ヘブリディーズ諸島、スコットランド北部と西部の沿岸が
ヴァイキングに掌握された。
その後、15世紀半ば過ぎまでシェトランド諸島とオークニー諸島はノルウェー/デンマークの
支配下にあった。
これらの地域に住む人々は、現在もスコットランド本土より北欧諸国のほうに
親近感を抱いているという。

363世界@名無史さん2018/03/10(土) 16:26:08.610
>>361
非R1b化を詳しく・・・

364世界@名無史さん2018/03/10(土) 20:39:54.55O
オクセンホルム,ってのも
北欧からの襲撃人が,命名したんですかね ?

365世界@名無史さん2018/03/11(日) 01:25:29.060
>>363
今語れるのは東端ではトカラだけが古いR1bとして残留し、
西では最古にして最先端のケルト、ガリア・イベリアとアイルランドのQケルトにR1bが残り、
ガリア東半分から東はPケルトのR1aほか様々な後続組の世界になっているということぐらい
ラテンは言語ではQケルトに近い古い特徴を持つが、遺伝子はもっと複雑でR1bはかき消えている

366世界@名無史さん2018/03/11(日) 23:02:32.020
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=SiHp41uWo1I
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8

367世界@名無史さん2018/03/12(月) 18:37:29.250
デイヴィッド1世(1124−1153)の時代に、スコットランドで最初のコインが鋳造された。
それまで物々交換、労役提供が中心であり、外国人との交易においてさえ、物々交換で
あったスコットランドには自前のコインさえ流通していなかった。
スコットランドでは、ローマ駐留軍が築造したハドリアヌスの長城や、アントニウスの
長城跡の近辺で、ローマのコインが発見されており、また沿岸地域においても、
スカンジナヴィア人のコインが発見されている。
したがってスコットランド人がコインの存在を知らなかったわけではないが、彼らの経済が
それを必要とするほどに至っていない、きわめて未熟な状態にあり、さらには国家とは
いいながらコインを発行する技術能力もなければ、その必要にも迫られず、あるいは
政府としてコインに対する信用を国民から得られないという、極言すれば原始経済社会に
近い状態にあったということであろう。

368世界@名無史さん2018/03/12(月) 19:37:46.000
18世紀まで物々交換だったアイヌ人に比べたらマシだろ

369世界@名無史さん2018/03/12(月) 19:45:06.030

370世界@名無史さん2018/03/13(火) 04:34:45.470
ケルト人はまとまらない性格
だから文化が高くても国家をなかなか形成しない
文字を知って読み書きするようになってもなかなか標準語が生まれない

371世界@名無史さん2018/03/14(水) 09:36:35.860
スコット、ピクト両族の長い抗争に終止符を打って、統一スコットランドが実現した
背景には、キリスト教信仰の普及が大きく貢献したことが強調されるが、それにも
かかわらずスコットランドはローマから無視されないでも、疎んじられてきた存在
であった。司教区の設置も他国に比べて遅かったし、最初のスコットランドの
大司教区が、セント・アンドリュースの1472年と、15世紀に入ってからであり、
それまではスコットランドが嫌うイングランドのヨークあるいはカンタベリーの
大司教の管轄下に置かれていたことが、ローマとの疎遠をよく物語っている。
その原因はスコットランドへのキリスト教の布教が、直接ローマからではなく、
ほとんどアイルランドからの布教伝来であったという特異な背景によるものである。

372世界@名無史さん2018/05/19(土) 22:27:16.020
スコットランドは肥満の多い国で、成人の実に6割ほどが肥満
一般的な食事の多くがフィッシュ&チップス等の揚げ物やピザで、
一方、季節の野菜や鮮魚といった日本なら当たり前の食材は、
ふつうのスーパーではなかなか見つからない

373世界@名無史さん2018/05/21(月) 11:13:26.710
癩病の国王がいたけど、周囲や親族に感染者は出なかったのかナ?

374世界@名無史さん2018/05/21(月) 12:20:31.290
さすが食糧自給率が高いジャップランド

375世界@名無史さん2018/05/21(月) 13:00:52.900
>>372
原因はなんだろう
過疎による社会基盤の崩壊とか、わりと新しい現象だろうか
それとも元々商業経済全般が貧弱なのか
「食うものぐらい自分でなんとかする」という自給自足経済が長く続いたりして

376世界@名無史さん2018/05/21(月) 15:35:00.140
イングランドと大差はない

肥満とはBMIが30.0以上

2016年大人(16+)
スコット29%
ウェルズ23%
イングランド26%
北アイル27%

オーバーウェイトはBMIが25.0以上
で60%前後だけど。

先進国としては米国に次ぐ2位、世界としては34位あたり

377世界@名無史さん2018/05/21(月) 18:35:01.740
スコットランドはアルコールに起因する死亡率も英国内で一番高い

映画『トレインスポッティング』で描かれたように麻薬も蔓延している

378世界@名無史さん2018/05/24(木) 00:27:43.430
スコットランドで活動する団体・機関,
アバディーン、アバディンシャー、ハイランドを”北部”とか“北スコットランド”で
ひとまとめにしててるトコもあるのね。

例:スコットランド消防救急本部
ttp://www.firescotland.gov.uk/your-area.aspx
ttp://www.firescotland.gov.uk/media/858738/SDAMap_North.pdf

379世界@名無史さん2018/05/24(木) 05:44:18.350
過疎が激しいからかなり広くまとめちゃったのかな
もうハイとかローとか言ってられないのだろうか

380世界@名無史さん2018/05/24(木) 22:13:36.870
北の果てつながりで北スコットランド(アバディーン、アバディンシャー、ハイランド)の都市を
道北の都市に例えた場合
アバディーン=旭川(最大都市って事で)
インヴァネス=稚内
になるんやろか?ようわからんけど一応

381世界@名無史さん2018/07/12(木) 11:51:24.340
友達から教えてもらったパソコン一台でお金持ちになれるやり方
興味がある人はどうぞ
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

ZTZ

382世界@名無史さん2018/08/13(月) 22:16:53.900
スコットランドの独立って沈静化しちゃったの?

383世界@名無史さん2018/08/21(火) 21:25:11.61O
プロテスタント国家群が
新暦の導入を,後回しにしていた中
何故,スコットランドが
いち早く,グレゴリウス暦を採用したのでしょうか ?

384世界@名無史さん2018/09/09(日) 22:16:17.460
>>382
EU離脱してから第二波が起きるのでは。

385世界@名無史さん2018/09/26(水) 12:05:08.380
北ヨーロッパ最古の定住跡はスコットランドのオークニー諸島。
日本の縄文時代最大の集落郡は青森県。

石器時代はみんな寒いところがお好きなの?

386世界@名無史さん2018/09/26(水) 18:01:37.130
あったかい所は人口が多くて発掘が大変なんです

387世界@名無史さん2018/09/26(水) 18:37:33.600
その時期は地球が温暖だったんでしょう
長期的に気候は温暖と寒冷を繰り返している

388世界@名無史さん2018/09/26(水) 22:48:44.390
縄文海進か

389世界@名無史さん2018/10/04(木) 15:17:48.290
映画ブレイブハートの最後でスコットランド軍がイングランドに全突したのってガチでまじなの?

390世界@名無史さん2018/10/05(金) 19:52:48.200
キルドラミー城

第1次ジャコバイトの反乱に失敗したマー伯爵にしてマー伯爵の居城
反乱に失敗して居城を破壊された
https://www.google.co.jp/maps/@57.2361994,-2.9048242,14z

391世界@名無史さん2018/10/09(火) 10:33:26.860
ウィリアム.シェークスピア
1560〜1615.3.15
イギリス海軍の元となる長にヒ素で殺害される。

ロミオとジュリエットは
ローミー王とジュリーエッタが正しい。
恋愛悲劇な訳がない、未来のイギリスの予言だった話。
イギリスにとっては朝飯前の事だろうな。

392世界@名無史さん2018/10/09(火) 10:35:37.960
>>391
ジュリーエッタが王の足を引っ張ってしっちゃかめっちゃかって話かなw

393世界@名無史さん2018/10/09(火) 11:36:56.960
>>382
むしろ再燃してる
「スコットランド人はEU離脱なんて望んでなかった。もう一度スコットランド独立投票をやらせろ」という具合
EU離脱にせよスコットランド独立にせよ再投票認める可能性は低いと思うがね…

新着レスの表示
レスを投稿する