ジャンヌ・ダルクについて語るスレ [無断転載禁止]©2ch.net

1世界@名無史さん2016/05/09(月) 05:48:46.360
歴代最高のジャンヌ・ダルクと名高い
ヴァージン・ブレイド ジャンヌ・ダルクの真実
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-91-85/pianissimo_chu/folder/496553/16/11082316/img_0

ダンス・マカブル 西洋暗黒小史
http://i1.wp.com/img.korewaeroi.com/imgs04/1422928171/57_3s.jpg

253世界@名無史さん2017/07/25(火) 22:13:23.410
>>241
安彦さんの漫画はええアプローチやった
ジャンヌを見た人が主の話やけど

254世界@名無史さん2017/07/26(水) 07:19:20.350
>>253
安彦良和『ジャンヌ』もジャンヌ当人は登場人物の回想シーンで
断片的に出てくるだけだったな。御大でもジャンヌ当人を主人公に
物語を作るのはキツかったんじゃないか。

255世界@名無史さん2017/07/26(水) 11:21:51.230
安彦ジャンヌは映像作品だと逆にやりづらそうだな

256世界@名無史さん2017/07/27(木) 21:19:21.260
ガンダムが出てきそうな雰囲気の100年戦争になるな

257世界@名無史さん2017/08/03(木) 19:33:49.920
Janne Da Arc / HELL or HEAVEN~愛しのPsycho Breaker~
http://www.youtube.com/watch?v=QWLmRnZbrOE

258世界@名無史さん2017/08/05(土) 00:24:06.210
>>255
映像は青髭編メインでいきましょう

259世界@名無史さん2017/08/07(月) 14:40:51.200
漫画と言えば、神風怪盗ジャンヌを忘れてるぞ

260世界@名無史さん2017/08/10(木) 12:42:58.150
この人の子孫っているの?兄貴の系統とか…

261世界@名無史さん2017/08/11(金) 16:50:20.760

262世界@名無史さん2017/08/12(土) 09:19:48.930
いっそのこと、ラ・ピュセル・ガンダムとしてアニメ化してはどうかの

263世界@名無史さん2017/08/13(日) 02:03:22.700
くだらねぇ

264世界@名無史さん2017/08/14(月) 01:23:24.280
さすがにフランスからおこられる

265世界@名無史さん2017/08/17(木) 06:52:25.060
フラッシュソード

266世界@名無史さん2017/08/17(木) 21:53:43.510
ジャンヌはいずれ忘れ去られる運命。イスラム教徒が多数派になった時のフランスにキリスト教聖女のヒロインは不用だからな。

267世界@名無史さん2017/08/19(土) 01:39:41.880
>>266
オルレアンだけは忘れない

268世界@名無史さん2017/08/20(日) 09:03:02.180
ジャンヌはイスラム圏の女性から一定の支持が見込めるよ。
戦う女性のシンボルだからね。

269世界@名無史さん2017/08/20(日) 10:02:53.350
世界中が忘れ去った後でも、日本人だけは触手と絡ませながらジャンヌジャンヌ言ってそう

270世界@名無史さん2017/08/20(日) 20:32:15.590
そういえば第二次アフガン戦争で活躍した「マイワンドのマラライ」という
女性は「アフガニスタンのジャンヌ・ダルク」と呼ばれていたという。
これはイスラム圏でそう呼ばれているわけで、宗教を超えた普遍的
イメージあるいは魅力をジャンヌが持っているということは言える。

271世界@名無史さん2017/08/21(月) 18:12:35.690
○○のジャンヌ・ダルクと○○のナポレオンだけやたらたくさんいる気がしないか?

272世界@名無史さん2017/08/21(月) 18:48:42.620
下町のエカチェリーナとかおらんね

273世界@名無史さん2017/08/22(火) 21:23:53.220
で、子孫いるの?

274世界@名無史さん2017/08/23(水) 12:58:01.940
上杉景勝の一族を上杉謙信の子孫だと言えるなら誰かしら親族の一族はいるかも

275世界@名無史さん2017/08/23(水) 22:10:05.230
子孫じゃないじゃん

276世界@名無史さん2017/08/23(水) 23:35:47.570
つまり、いないんだね

277世界@名無史さん2017/08/25(金) 21:25:34.930
兄貴の子孫がいるんだね。

278世界@名無史さん2017/08/27(日) 13:10:03.120
>>272
エカテリーナ2世は、キャラクターとしてハッキリした部分があまりないからな。
夫の皇帝を殺したかもしれないが定かではない。兵を率いたともいわれるが実際は
よくわからない。啓蒙主義思想の持ち主で改革を志すが早々に挫折する。
イメージとして比較的はっきりしてるのは、愛人を大勢抱えた性豪だということぐらい。

ジャンヌのキャラクター性には及ぶべくもない。

279世界@名無史さん2017/08/27(日) 13:44:37.510
オーラバード

280世界@名無史さん2017/08/27(日) 23:55:41.880
>>241
>>243

今の歴史マンガだったらそれはそれで構わないんじゃないの
蒼天航路あたりから、現代人との価値観の断絶性を強調する手法が一般的になってきてるし

281世界@名無史さん2017/10/01(日) 13:09:02.720
処刑されたのはルーアン
精神薬はルーラン

282世界@名無史さん2017/10/07(土) 22:36:12.480
ジャンヌという名前の人は人々が何か勇気を必要とする時に現れるのかもしれない

283世界@名無史さん2017/10/13(金) 10:41:00.490
ジャスティスソード

284世界@名無史さん2017/10/18(水) 13:45:57.520
日本でジャンヌ・ダルクが知られるようになったのはいつからなんだろう
なんか宝塚歌劇みたいなのがあったのかねえ

285世界@名無史さん2017/10/19(木) 02:15:26.170
フェミニ運動の先駆者は何故かジャンヌダルクと呼ばれる定めがあるけどなんか微妙に間違ってる気がする
男社会に入って性差別に負けないで戦うのはジャンヌダルクの一面を表してると思うけど
女性の権利のために女どもをまとめて戦う奴にジャンヌの称号は相応しくない

286世界@名無史さん2017/10/21(土) 00:27:59.670
>>285
パトリオットの象徴よな

287世界@名無史さん2017/10/23(月) 13:04:04.120
1412年から600年後の
2012年からアセンションの年

288世界@名無史さん2017/10/25(水) 19:19:29.510
そもそも軍隊なんだから男社会に違いないというの現代的なバイアスだしな
当時の軍隊は兵士よりもその家族や従者やヴィヴァンディエールのほうが多数派だし
数的には女のほうが多いことはしばしば

289世界@名無史さん2017/10/27(金) 00:32:53.300
兵士による落書きだとジャンヌは結構かわいい

290世界@名無史さん2017/10/27(金) 19:38:17.000
>>288
>数的には女のほうが多いことはしばしば

ソースは?

291世界@名無史さん2017/10/28(土) 08:32:22.610
ありましぇん

292世界@名無史さん2017/10/28(土) 15:08:50.070
>>290
「Intrepid Women: Cantinières and Vivandières of the French Army」
邦訳で読めるのだと「軍事史とは何か」の「第十五章 社会のなかの軍隊」とか

近代以前の戦争では傭兵団にはそれを上回る数の「従軍女」たちがつき従っていて、兵站の輸送、略奪、治療、売春、戦闘の補助に当たっていて
女たちなくしては戦争はできなかった
19世紀頃になると廃れていくのだけど南米では20世紀になってもメキシコ革命軍ではまだソルダデーラと呼ばれる女たちが依然として戦闘に参加する事象が見られた

293世界@名無史さん2017/11/02(木) 23:37:00.740
さんくす

294世界@名無史さん2017/11/05(日) 14:45:17.790
>>292
>女たちなくしては戦争はできなかった
カルノーは軍隊にとっての脅威だとして排除を図ったけどね。
そんなのをゾロゾロ引き連れて行軍してちゃ近代的な戦争はできない。

295世界@名無史さん2017/11/12(日) 22:07:35.220
誕生日は1月6日
1月16日どっちが有力なんだ

296世界@名無史さん2018/01/26(金) 00:31:41.170
ジャンヌを演じたリーリー・ソビエスキーはヤン・ソビエスキーの子孫

297世界@名無史さん2018/01/30(火) 10:12:43.400
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

VHHT0

298世界@名無史さん2018/02/10(土) 23:16:46.210
ポーランドを救ったヤン・ソビエスキーの子孫のリーリーがフランスを救ったジャンヌを演じるとはな

299世界@名無史さん2018/02/11(日) 14:58:43.650
ポラック(笑)

300世界@名無史さん2018/02/14(水) 14:27:12.770
>>294
ナポレオンの軍隊は大量のヴィヴァンディエールを引き連れていたというから
カルノーの意図したところは失敗だったんじゃないの?

301世界@名無史さん2018/02/20(火) 21:20:47.800
ジャンヌ・ダルクがヒーローでもましてや奇跡の体現者でもなんでもない。

フランス王国までの18世紀までの3世紀の歴史で否定されたのが、民主化過程で「国家的英雄に“改ざん”」されたにすぎない。

@オレルアンまでの軍事的成功自体が大したもんでも奇跡でもない。元々同時期のフランスにいたイギリス軍は小規模の憲兵、守備隊に過ぎぬ相手であり
小規模の攻勢で簡単に撃退できる小規模の集団なため、ここに奇跡の介在性などどこにもない
よくある進駐警備隊が農民反乱(ジャンヌ)に撃退されたというよくある普通のはなしである

Aイギリス側が予想外の農民反乱同然の奇襲に近い予想外の交戦で戦力は守備隊で大規模戦争準備をしてない

Bそもそも100年戦争の数税が明らかで、元々イギリスが両君主につくのは両国の疲弊上の必然で、実質フランス王侯は受け入れた
だから反発は起き得ぬものであり、むしろフランスからしてもイギリス撃退はなんの価値もないものだ

これが予想外の農民反乱英雄ジャンヌがチャチャ入れて、これはあきらかに英仏両国王侯の地位を揺るがしつつ
どこの馬ともしれないジル・ド・レだろうがなんだろうかが、適当な摂政になりかねない
なぜならジャンヌは女だから

ジャンヌが犬死、ないし捨て兵、勝ててばラッキーでのうち与えておしまいのはずだった
ところが戦争の疲弊からか農民はジャンヌを崇めて貴族的地位、王侯の地位、協会権威、両国平和すら揺るがしかねなかった
ジャンヌは権威への反乱者なのだ。

だから粛清同然にイギリス王侯、フランス王侯、教会が魔女の烙印を与え闇にほうむった
そして所詮農民反乱者が小功績を得た程度で王位を揺るがしかねない権威を得たなら打つのはある程度やむなしか...

これが男だったなら地位を与えて臣従させてた。身分じゃなく、女だからまずかった。滅ぼした

302世界@名無史さん2018/02/21(水) 02:19:02.800
ジル・ド・レはラ・トレモイユの遠縁でしょ。ラ・トレモイユからジャンヌ監視の役目も命も受けてたし、摂政とは魂消たなぁ。

303世界@名無史さん2018/02/22(木) 22:29:19.560
>>301
イギリスはオルレアンを包囲攻撃していたというのに、憲兵だの守備隊だのw
しょうも無い思い込みを膨らますなww

新着レスの表示
レスを投稿する