ロシア・東スラヴの歴史について語るスレ

1世界@名無史さん2017/11/22(水) 18:09:07.970
キエフ大公国もソ連も現代も
ロシア・東スラヴに関する一般・総合的スレはなかったので

2世界@名無史さん2017/11/24(金) 11:05:56.630
ハールィチ・ヴォルィーニ大公国(王国)

3元歌 風のメルヘン(アニメ まんが日本史 より)2017/11/27(月) 14:53:19.540
関連スレ
【革命100周年】もしもロシアの歴史をアニメ化したら
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/asaloon/1508415534/主題歌

零忍さん 貴女をアニメで
レーニンの役で 観たくなる
遠い過去から 俺たちは
思ってたような 気がするの
胸に火照(ほて)った 耳を当てれば
せつなくて あたたかい 生命(いのち)のひびき
アニメサロンは 気まぐれで
今にもスレが落ちそうだけど
花が散っては 咲くように
このつぎの 嗚呼 スレッドも 嗚呼 立てましょう

4世界@名無史さん2017/12/11(月) 01:36:32.540
ウクライナ移民ってユダヤ系が多いかと思ってたけどスラブ系の
人達も少なくなかったのね(特にカナダ)。

5世界@名無史さん2017/12/11(月) 19:21:04.190
現在のではウクライナではヘトマン(ヘーチマン)が復活してたんだな

ttp://www.kozatstvo.net.ua/en/

65・訂正2017/12/11(月) 19:21:47.770
現在のウクライナではヘトマン(ヘーチマン)が復活してたんだな

ttp://www.kozatstvo.net.ua/en/

7世界@名無史さん2017/12/15(金) 00:26:21.950
モンゴルが来てなかったら、
それぞれの公国はそれぞれに個性を持った
ひとかどの国になってたと思う

8世界@名無史さん2017/12/15(金) 23:43:18.550
10以上の分領公国たちで内輪揉めしていたところを13世紀のモンゴルの蹂躙がリセットした。
そして灰燼の中から現れたモスクワは周辺のトヴェリ公国などの反タタール勢力(しかし同じルーシ系公国)さえ潰したりし
モンゴルの歓心を買うことで優遇された。これによって徴税権を得るなど
様々な経済的な恩恵をモスクワは集中的に預かりルーシ全体の統一の求心力となれた。

9世界@名無史さん2017/12/15(金) 23:44:58.540
モンゴル支配なしにルーシの統合ができていたかとなると・・・どうだろう?

10世界@名無史さん2017/12/16(土) 00:05:38.950
フメリニツキーの乱とそれに続くロシア・ポーランド戦争(ポーランドの左岸ウクライナ等喪失→それらの地は介入したロシアの保護下に)は
東欧史の重要な転換点だと思うんだけど同じくコサックの乱かつ近い時代に起きた
ステンカ・ラージンの反乱に比べて知名度低い…

11世界@名無史さん2017/12/16(土) 00:09:37.810
あとこれらの動乱に直面しさらには総主教ニーコンの典礼改革によるロシア内の教会の分裂
という時代を治めたツァーリ・アレクセイももっと光を浴びて良いはず

12世界@名無史さん2017/12/16(土) 00:24:47.550
ベラルーシが何なのか未だによくわからない

13世界@名無史さん2017/12/16(土) 00:31:57.780
モンゴル襲来前の各公国については、
リャザン公国がリャザンとムーロムをブルガールに占領されてイスラム化するとか、
逆にイーゴリ公がポロヴェッツを征服して、カンの娘を妻とするイーゴリの息子がカンと公を兼ねるとかになれば個性は付くな

14世界@名無史さん2017/12/16(土) 00:40:22.830
タタールスタン共和国と呼ばれている地に行ってみたい、カザンはもちろんボルガルやエラブガのブルガール人たちの遺跡等々も
ヴォルガ河畔ののどかな草原に遺跡がたたずむ風景がなんとも魅力的だった(今はそのサイトなくなってしまったのが惜しまれる)

15世界@名無史さん2017/12/16(土) 01:13:13.620
>>9
モンゴルがルーシを蹂躙しなければ
リトアニアがベラルーシとウクライナを
併合する事が出来なかったかもしれない

16世界@名無史さん2017/12/16(土) 16:43:02.900
>>12
純粋東スラブ

17世界@名無史さん2017/12/21(木) 21:59:28.290
カシモフ・ハン国

18世界@名無史さん2017/12/24(日) 10:42:34.780
>>16
それでも金髪碧眼はロシア人の方が多いんだよな

19世界@名無史さん2017/12/27(水) 12:48:07.230
>>14
もともとブルガール系だったのにありふれたキプチャク系になったのはざんねん

20世界@名無史さん2018/01/06(土) 17:57:37.300
1438年ジョチ・ウルスの中央サライのハン位をめぐる争いに敗れたウルグ・ムハンマドはヴォルガ川のブルガール人の地に退き
カザン・ハン国を建国。1439年よりルーシの地への襲撃を激化させ、子のマフムーデク(のちカザン・ハン国の2代目ハン)とともに
ニジニ・ノヴゴロドの自国への併合を画策。1445年にはスーズダリの戦いにてモスクワ大公ヴァシーリー2世は迎え撃つも敗北、捕虜にされ
膨大な身代金を払い4ヶ月後解放された。この頃権力を狙うシェミャーカはヴァシーリー2世の対タタール敗北への貴族の不満を利用し復活、
彼を幽閉し、盲目にする(盲目公に)。後に盲目公ヴァシーリー2世は復活しシェミャーカ滅ぼす。52年にはかつての敵ウルグ・ムハンマド
の子カシム(和約を結ぶためモスクワに在住・1449年には大オルダのSayed Akhmadのモスクワへの攻撃を阻止。1447-53年には対シェミャーカに貢献)
がマフムーデクから亡命してきたため、カシモフの街を譲渡。カシモフ・ハン国の成立。以後モスクワはこのカシモフ・ハン国を利用し何度もカザンの傀儡化を
試みる。

21世界@名無史さん2018/01/07(日) 10:37:26.710
>>20
カシムにちなんでカシモフと改名されるまでは
メシチョールスキー・ゴロドークという都市だったらしい
メシチョーラ地方の街

22世界@名無史さん2018/01/20(土) 21:56:23.480
ノルドヴィク

23世界@名無史さん2018/01/30(火) 06:08:25.830
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

CFR9B

24世界@名無史さん2018/02/20(火) 10:55:11.760
>>22
70年前ぐらいにもうなくなってるのに未だに
地図帳に載ってる都市
まあ北極海沿岸なんか僻地やし仕方なさもあるけど

新着レスの表示
レスを投稿する