科挙の歴史

1世界@名無史さん2018/06/30(土) 08:00:02.480
ただ読書のみ上品

167世界@名無史さん2018/07/30(月) 22:17:53.550
今でも東アジアの中共が支配する地域や、
アメリカの植民地・日本州は自然科学的な目で人を
見ることを良しとしない。いわく「(共産党幹部や天皇マンを絶対とした)既存の秩序が
乱れる」からだそうです。東アジアの連中の政治に関する知性はこの程度だ。
去勢された男と売春しか取り柄のない女たち・・
東アジアに生まれる人間は幸福であろう?人間として生きる
苦悩を知らないのだから。

168世界@名無史さん2018/07/30(月) 22:23:46.410
欧米先進主権諸国の政治を見てるとたいそう面倒だなと感じる。
なぜなら必ず数字や自然科学的洞察でその政策や言葉の意味をみるからだ。
このやり方だと言葉上でのまやかしやたばかりが通用し辛い。
「既存の秩序が乱れるから選挙なんてするな」なんて理由で人の上に立とうとするやつなど
まったく論外だ。これらの一見回りくどい支配方法であっても、
流石に世界を征服した人たちの政治技術は抜きん出てる。
「お偉いさんに絶対服従」のアジアなんぞ問題にもならん。

169世界@名無史さん2018/07/31(火) 01:44:32.690
宗教改革じゃなく宗教否定だろ
本来利息を取ることを禁止していたキリスト教がユダヤ人の銀行業に驚異を感じて利息を取り出した
彼らはカトリックなら地獄に落ちるのか?
貴族、金持ちは金を自宅に置いときたくないから当然銀行に預ける
当然ユダヤ人は信用があって確実に(利息付で)引き出せる
そんなんを悪とみなしてたのがルター

170世界@名無史さん2018/08/02(木) 08:10:21.460
清代にアメリカへ行った大官が人前で手鼻をかんでたから科挙では礼は知っててもマナーは身につかないと宮崎市定先生が書いてた

171世界@名無史さん2018/08/02(木) 18:50:15.170
先生?
教授を受けた人?

172世界@名無史さん2018/08/21(火) 15:21:44.430
科挙は異常な難関っていうけど
それは最後まで突破する場合で
最初の方の試験だけ突破してそこそこの役人として過ごすので十分な気がする

173世界@名無史さん2018/08/21(火) 17:05:37.600
世界の富の半分を所有すると言われた某資産家になったつもりで考えれば分かる
物理学者が核兵器が作れるぞと騒ぎ出し新聞に載った
キミがその資産家だったらどうするか?
勿論、その核兵器は自分だけが所有し、他の誰にも渡さないようにするはずだ
そのためには物理学者を独り占めする必要がある

そこで用意されたのがヒトラーと昭和天皇だ
ヒトラーは物理学者をアメリカに集める仕事をした
欧州の物理学者はナチスを倒すためにマンハッタン計画に参加した

昭和天皇は都市での原爆実験を正当化するためにアメリカと戦争する仕事をした
原爆から放射される放射線の殺傷力を調べるためにモルモット小学生1万7千人を動員した
2010年8月6日放送NHK「封印された原爆報告書」
原爆の前後のモルモットの変化を知る必要があるので、
小学生なら炭になっても大きさでサンプルなのか一般人なのかの区別ができるということだ

174世界@名無史さん2018/08/21(火) 19:23:22.670
科挙ってTOEICみたいなもの?

175世界@名無史さん2018/08/21(火) 20:33:28.610
「論客の言ってることが本当かどうか試してみよう」という
実証精神から科挙が起こったんだよ

176世界@名無史さん2018/08/23(木) 04:53:12.170
>>170
科挙でマナーが身に付くかもしれないとすら考えないよ
弁護士の倫理観の話とかで司法試験合格者にモラルがあるということなんて考えていないように

177世界@名無史さん2018/08/23(木) 06:56:51.940
>>176
司法試験の内容にマナーは含まれてない
だが科挙の試験内容には「禮」が含まれてる
進士に禮を期待するのはお門違いではなかろう

178世界@名無史さん2018/08/23(木) 16:40:19.130
礼記は礼儀じゃないと思う

179世界@名無史さん2018/09/05(水) 02:54:10.810
まともに教えることもできないクズ教員

180世界@名無史さん2018/09/10(月) 17:16:04.160
>>23
科挙がインテリ王選手権みたいに思えてきたw

181世界@名無史さん2018/09/10(月) 19:27:37.620
科挙を受け継いだ暗記型受験はやめたほうがいい?

182世界@名無史さん2018/09/10(月) 20:22:44.820
>>180
インテリ王選手権(たいてい暗記した知識量となぞなぞの機転しか問われない)
ここまでいっしょだな笑

183世界@名無史さん2018/09/10(月) 20:24:55.140
>>181
暗記型の全部が悪いわけでも無いからなぁ
受験問題はハイブリッドなのが良い

184世界@名無史さん2018/09/10(月) 21:11:10.070
暗記型はある程度までならいいけど

難しくなり過ぎると
 勉強し過ぎて馬鹿になる
 疑わずに受け入れる馬鹿でないと合格できない

185世界@名無史さん2018/09/10(月) 23:07:31.930
高学歴は頭が悪い

186世界@名無史さん2018/09/11(火) 00:04:43.930
そもそも頭がよければ暗記位は出来て当然

187世界@名無史さん2018/09/11(火) 00:24:29.440
>>186
知障やのに記憶力だけは凄いちう人かておるんやで

>>181
そもそも科挙は暗記試験なんか?
十三経のテキスト暗記は必須やけどそれだけで合格できるもんやないやろ
暗記だけで策問なんかどうやって回答すんねん

188世界@名無史さん2018/09/11(火) 15:22:42.840
東京華僑科挙局
 日本在住の華僑が受ける科挙東京試験を扱う部署

189世界@名無史さん2018/09/11(火) 16:44:16.510
>>187
科挙は四書五経を暗記した上での論文試験

190世界@名無史さん2018/09/11(火) 16:53:52.050
その論文も四書の該当箇所を抜き出したうえで回答だし
どうせ司法試験みたいに判例や学説の通りに書かないと駄目
深夜までの取調だろうが何だろうが任意の自白と書かないと駄目

191世界@名無史さん2018/09/11(火) 17:00:09.810
年功序列こそ東アジアの伝統、チョンにはマネができない

192世界@名無史さん2018/09/11(火) 20:47:28.130
科挙に受かって清朝末期に官吏となった人だけど、辛亥革命後の
民国樹立以降は洋服を着た人もおったん?

193世界@名無史さん2018/09/11(火) 22:08:12.380
生員止まりながら運良く官吏の道を歩んだ許世英
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%B1%E4%B8%96%E8%8B%B1

民国成立後は政府の要職も務めたけど洋服着てるね
ttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/71/%E8%A8%B1%E4%B8%96%E8%8B%B1.jpg
ttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/34/Xu_Shiying.jpg

194世界@名無史さん2018/09/11(火) 22:14:43.450
>>188
早口で10回オチかw

195世界@名無史さん2018/09/12(水) 01:27:58.590
金持ちの家に生まれてただ勉強して酒を飲んで女を抱いて36ぐらいで科挙に及第して
試験地獄と言いながら幸せなんじゃないの

196世界@名無史さん2018/09/12(水) 02:54:12.280
科挙、司法試験
無能を選抜するどちらも

197世界@名無史さん2018/09/12(水) 06:55:20.050
司法試験は頭の悪い奴じゃないと合格できない

198世界@名無史さん2018/09/12(水) 10:09:33.460
>>189
いや、そやから十三経を暗記しただけで策問回答できるかちうんや

199世界@名無史さん2018/09/12(水) 18:45:48.760
ttp://youmei.asablo.jp/blog/2009/02/01/4094868
太子監の一つが前身な北師大学堂は外国人が教官だったり生徒を外国に
留学させてるけど,近代的な学問の要素を取り入れた場合の科挙にも
興味があるw

200世界@名無史さん2018/09/12(水) 20:31:09.180
生員止まりじゃ科挙官僚とは言えないでしょ……
清末生員とか金で買えるし……
この下の人は進士になってさらに清末、民国を生き抜き1949年には全人代の代表に選ばれたらしい

張 元済
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E5%85%83%E6%B8%88

201世界@名無史さん2018/09/12(水) 20:33:57.760
と言うかこの人に限らず進士→民国〜中共官僚は意外と居る

202世界@名無史さん2018/09/12(水) 21:21:46.100
北京大学学長でヨーロッパへの留学経験を持つ蔡元培も
進士を経て官僚となった人物か
ttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%94%A1%E5%85%83%E5%9F%B9

203世界@名無史さん2018/09/12(水) 22:21:11.430
>>200
その人92歳まで生きてるやん
その時代にしては驚異的な長生きやな

204世界@名無史さん2018/09/13(木) 11:46:19.540
最後の清朝皇帝が皇帝な満州帝国で漢民族向けの高等文官試験を
科挙と称した架空世界(非漢民族は別称)

もちろん殿試には溥儀自ら立ち合いますw

205世界@名無史さん2018/09/20(木) 23:33:05.450
殿試だけどここでの順位が配属先の官庁を決めるという意味では
フランスのENAに近いんかな?

206世界@名無史さん2018/09/21(金) 01:32:50.190
中共創設メンバー見てると秀才や挙人ならちらほらいるけど、進士は見当たらないなあ・・・

207世界@名無史さん2018/09/21(金) 01:57:25.700
科挙ネタではないが

民国期(北洋軍閥期)の官僚ってテクノクラートより人文系が優遇されたんかな?

208世界@名無史さん2018/09/21(金) 19:04:33.420
>>19
胥吏だけど江戸時代の日本でいえば武士以外の層から採用された
代官所手代あたりがわりかし近いんやろか?
(給与なんかはおいといて)

209世界@名無史さん2018/09/22(土) 00:13:29.550
殿試の後、地方の役人として派遣された人は癒着防止のため
地元に配属されたなかったと

2102092018/09/22(土) 00:14:43.440
×:配属されたなかったと
○:配属されなかったと

211世界@名無史さん2018/09/24(月) 12:38:17.870
満州国の政治家の中にも進士はおったんかな?
清朝の遺臣が請われてあるいは自らの意思で満州国に渡ったりとか。

212世界@名無史さん2018/09/25(火) 05:21:54.490
日本でも下級武士で採用された例とかあっても
福沢諭吉が門閥制度を憎んだりしているし
今の社会のように事実上の差別は根強いからねえ

213世界@名無史さん2018/09/25(火) 06:20:16.190
華夷序列思想に
凝り固まったチャイナマンが
他の世界に留学をしたのは
仏教経典を取得するためにした
インド世界以来だね

214世界@名無史さん2018/09/25(火) 06:22:03.530
逆に西洋の大文明世界からチャイナマンの
ところに留学など聞いたことがない
チャイナマン文化は結局物事を現象で
終わらせてしまって再現性を重視しないからだよね
基礎研究という概念がない

215世界@名無史さん2018/09/25(火) 09:49:12.190
>>212

天は人の上に人を作らず 人の下に人を作らず 

などと言いながら、自分の娘の婿には士族以上の身分を望んでいるからなぁ

216世界@名無史さん2018/09/25(火) 19:37:24.720
天は人の上に人を作らず人の下に人を作らず
などとはそもそも福沢諭吉は一言も言ってないからな

217世界@名無史さん2018/09/25(火) 19:44:16.160
>>191
年功序列がはっきりしているのがあちらさんの自慢だろうに

新着レスの表示
レスを投稿する