戦争の歴史

1世界@名無史さん2018/08/26(日) 02:24:58.910
戦争の歴史、戦争の原理、戦争の起源など、とにかく戦争について語りましょう

2世界@名無史さん2018/08/27(月) 09:41:41.570
私は戦争にいいも悪いもないと思っています

3世界@名無史さん2018/08/29(水) 10:40:55.830
どうして人間は戦争するのですか?

4世界@名無史さん2018/08/29(水) 11:08:18.650
イスラムの世界を拡大し戦争の世界を減らす為

5世界@名無史さん2018/08/29(水) 17:45:58.190
戦争は狩りや農業と変わらない
刃が動物に向くか、稲穂に向くか、人間に向くかの違いだ

6世界@名無史さん2018/08/29(水) 18:00:06.600
世界史=戦争、宗教が9割
もっと注目されていい

7世界@名無史さん2018/08/29(水) 19:10:32.160
最近の戦争は、だいたい
キリスト教VSイスラム教
の図式だからね。

8世界@名無史さん2018/08/29(水) 19:32:37.950
ちょっと前まで資本主義vs共産主義やったのにな

9世界@名無史さん2018/08/29(水) 22:29:41.740
中世の終戦手続きに興味がある
教科書の「滅んだ」「衰退した」は味気なさすぎる

10世界@名無史さん2018/09/01(土) 11:36:30.180
戦争にチャンスを与えよ

11世界@名無史さん2018/09/04(火) 08:10:57.400
なぜ戦争は起こるのですか?

12世界@名無史さん2018/09/04(火) 09:59:22.360
例えば、第二次世界大戦は原爆を作って実験するために起こされた
これはキミが、世界の富の半分を所有する資産家だったとして考えてみれば分かる
1930年代、物理学者が核兵器が作れそうだと騒ぎ始めた
それを聞いたキミはどうする?
一発で国を消滅させる新兵器は自分だけが所有し、他の誰にも持たせたくないだろう?
そしたら物理学者を独占する必要があるじゃないか
そしたらナチスに暴れさせて、打倒ナチスのために、原爆を作りましょうと物理学者を米国に集めるでしょ

ところで、広島のウラン原爆の方は、核濃縮という工程が必要で
これはウラン原子だけど中性子数が違うだけものを取り除く作業で
化学的性質が全く同じで、質量が僅かに違うだけのものを分離する高度な技術です

アメリカでは「遠心分離法」は早々に失敗
高速回転しても振動しない回転容器を作れないと分離機でなく撹拌機になってしまう
アメリカが確かに作ったのは「ガス拡散法」
戦後も原発用に、これで濃縮していたが効率が悪いので遠心分離法に移行しようとして
失敗して、ウラン濃縮会社は倒産してしまった
そしてガス拡散法では原爆用の高濃縮には至らず、「電磁分離法」で濃縮したことにしている
この方法は質量分析器と同じ原理なので当時でも可能だが、千億年経っても必要量は得られない
その装置(カルトロン)は戦後に解体したので、もう無いと言っている
よって、アメリカが広島原爆を作ったという話は嘘

一方、日本の方は、仁科博士の二号研究は「熱拡散法」
二号研究は「ウランが足りなかったよ、濃縮は失敗したよ」と国民に言うためのダミーで
京大の荒勝・湯川コンビのF研究の遠心分離が本命

13世界@名無史さん2018/10/11(木) 16:45:54.000
10月4日読売新聞読者投稿欄より

〜平和の素晴らしさ教わる〜

TBS系アニメ「機動戦士ガンダムSEED」(27日終了)。友人に勧められてみたところ、実に面白く、
戦闘シーンは迫力があった。私は一瞬でとりこになった。
10代の女性ファンが最も多い「ガンダム」シリーズだと思う。そして、戦争や核など、今まで
無縁だと思っていた事を考えるようになった。平和の素晴らしさを教えてくれたこの作品に感謝したい。
                                   (東京都・女子高校生・****)

新着レスの表示
レスを投稿する