世界の歴史はわずか6000年なのか?

1世界@名無史さん2018/09/25(火) 02:02:12.380
出典:創造博物館 (Creation Museum)

公式サイト
https://creationmuseum.org/
公式facebook
https://ja-jp.facebook.com/CreationMuseum/

アメリカのキリスト教徒の一部は、ダーウィンの進化論を否定する。彼らは、地球が6000年前、神によって作られたとする
創造論(Creationism)を信じている。創造博物館はこの思考枠組みを分かりやすい展示で解説している。
創造論によれば、恐竜の絶滅は4800年前に起きた洪水である。
また、アダムが神の教えに背いて禁断の果実を食べるという"罪"を犯すまで、地上には争いや苦しみがなかったという。
恐竜たちは皆、ベジタリアンで平和に暮らしていた。アダムの"罪"の後、
恐竜の一部は肉食と化し殺しあうようになってしまった、と紹介しています。

紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=3SNdmIf4Ees
https://www.youtube.com/watch?v=xqzt-z3opJQ

295世界@名無史さん2018/10/14(日) 18:57:08.520
塩分濃度が高い近辺の海や湖を濾過して、飲料水として利用する技術を開発したのもイスラエルのユダヤ人
あの土地、あの人口密度ながら水には困ってないない

同じ狂信的宗教を信奉してるとはいえ、アラブ諸国とは根本的に違う

296世界@名無史さん2018/10/14(日) 19:04:05.350
そらイスラム教なんてユダヤ教の後発やし

297世界@名無史さん2018/10/14(日) 19:13:55.210
キリスト教もな

298世界@名無史さん2018/10/14(日) 19:32:02.880
ただそのイスラエルも
ラビやら熱心なユダヤ教徒のような働かず聖書だけ読んで暮らしてる奴に年金を払わなくてはいけない
その為に仕事をしている世俗的なユダヤ人からも国からも非難されてるという皮肉

299世界@名無史さん2018/10/14(日) 19:36:38.970
>>295
アラブでは海水を蒸留して水作ってるで

300世界@名無史さん2018/10/14(日) 19:51:20.610
アラブやペルシャはカナートという画期的な方法を発明して
あの土地ながら古代屈指の繁栄をすることが出来た

301世界@名無史さん2018/10/14(日) 20:27:39.490
>>295
妬みと嫉妬の宗教と言われる程
過去の歴史でも様々な迫害にあった民族が作った宗教
その負の感情が有益に働いてるんだろうな

302世界@名無史さん2018/10/14(日) 21:13:12.580
聖書の中でも自らを妬む神と言ってる程だし

303世界@名無史さん2018/10/14(日) 21:31:29.990
エジプト収容、バビロン捕囚、ローマ化、ディアスポラ、ホロコースト。
少数民族がここまで他民族との同化要因があれば普通は消えてなくなってるだろう。
弊害こそあるかもしれんが、聖書はユダヤ民族にとって民族としての持続性とアイデンティティを保ち続けた

304世界@名無史さん2018/10/14(日) 23:20:40.870
あいつら避妊しないから人口増えまくってんだってな

305世界@名無史さん2018/10/14(日) 23:21:57.200
更にパレスチナ自治区のアラブ人もバカスカ産むから中東屈指の過密地帯

306世界@名無史さん2018/10/15(月) 10:22:02.380
オバマ以降は宗教色が薄くなったが
ブッシュはガチガチのキリスト教保守派でID説論者だった
教科書にぶち込もうとしたりアフガン戦争を現代の十字軍発言したりと割とヤバい

307世界@名無史さん2018/10/15(月) 13:14:42.940
それが反動で民主党で黒人のオバマに支持が集まったわけで

308世界@名無史さん2018/10/15(月) 14:09:37.570
そしてその反動で白人主義の共和党トランプ誕生

309世界@名無史さん2018/10/15(月) 14:19:11.790
イラン核合意離脱とパリ協定離脱とイスラエルとの歩調合わせでますます中東アラブとの対立が深まった

310世界@名無史さん2018/10/15(月) 17:55:47.690
TPP離脱で太平洋諸国からも不信感

311世界@名無史さん2018/10/16(火) 08:38:25.850
20万年前にネアンデルタール人が絶滅したらしいからそこからやないの

312世界@名無史さん2018/10/16(火) 18:44:30.440
ユダヤ過大評価やろ。アラブは最近まで繁栄しとったやろ

313世界@名無史さん2018/10/17(水) 00:39:12.350
せやろか!

314世界@名無史さん2018/10/17(水) 00:58:23.080
そら中世からずっとあそこにいるんだもの
繁栄しないわけがない

315世界@名無史さん2018/10/18(木) 00:10:20.460
神様が6000年前に46億年分くらい古くなった状態の地球を作った、で年代については解決だな。
化石とかもそのとき神さまがパッと作ったんだよ。なんなら宇宙全体もこの方式で。
アダムとかイブとかにこだわると難しいな。

316世界@名無史さん2018/10/18(木) 02:24:43.080
>>315
何いってるのか理解不能

317世界@名無史さん2018/10/18(木) 10:16:10.130
昔からあるアイディアだがな。年代の推定ってのは放射性なんとかの測定だろ。
神様はとにかく万能だからそこら辺の細工もチョチョイのチョイで出来ちゃうんだろ。
何でそんなことわざわざするのかは知らん

318世界@名無史さん2018/10/18(木) 14:27:59.490
5分前仮説
世界は5分前に始まった

319世界@名無史さん2018/10/18(木) 15:44:08.730
使徒教父文書のバルナバの手紙が6000年説の原点
デカルトもニュートンもこの教父に言及している

ニュートンによればキリストが生まれたのは3985年
神は6日で創造を終えられた
さらに神の1日は1000年に相当する(旧約詩編)
だから千年王国は6000年目に起こり、あんそくの
この6000年がニュートンは2015年以降とした
1700年代には同時代に6000年が到来するとする思想が流行る
中国とエジプトの歴史が6000年を越えることで、啓蒙主義時代には変な世界史が溢れかえっている

320世界@名無史さん2018/10/18(木) 16:16:38.510
>>316
文盲はつらいな

321世界@名無史さん2018/10/18(木) 21:54:09.840
いまから6000年前に、
地球を作ってエージング処理して46億年前にしておいた。

新品を作ってあえて経年劣化したようにエージング処理することで味を出す
ジーンズ、ヘッドホン、革製品、掛け軸とか。

神様なら地球でも余裕っしょ。

322世界@名無史さん2018/10/19(金) 03:56:25.320
なぜ神がいる前提で話すのか

323世界@名無史さん2018/10/19(金) 07:43:43.48O
神は実存する。
創造主はわからんが。

324世界@名無史さん2018/10/20(土) 09:34:16.410
>>323
もしかして実存はするけど実在するかどうかは別という話?

325世界@名無史さん2018/10/20(土) 23:28:35.640
そら

326世界@名無史さん2018/10/21(日) 05:14:07.390
しど

327世界@名無史さん2018/10/24(水) 14:44:21.270
てすと

328世界@名無史さん2018/10/24(水) 15:06:07.760
テスト

329世界@名無史さん2018/10/25(木) 11:56:29.860
神よ裁判官を殺してくれよ

330世界@名無史さん2018/10/25(木) 14:58:16.160
歴史はウルクから

331世界@名無史さん2018/10/31(水) 17:29:35.160
もし歴史が10万年詳しく残ってたら世界史の範囲が増えすぎて困る

332世界@名無史さん2018/11/01(木) 13:21:47.980
ここのスレタイは誤解を招きやすいな。
文字によって記録されたテキストを主な研究対象にするのが歴史って意識でいると、
6000年でだいたいその通りだろ、になってしまう。
まあ、>>1くらい読めよとも思うが。

333世界@名無史さん2018/11/16(金) 01:07:35.450
いったいなぜ、>>1がアメリカ合衆国でこんなことが議論になるのか?

創造論は、進化論と対極をなす主張で、要するに「宇宙(地球)は神がつくられた」というものだ。
特に原理主義的な創造論者は、旧約聖書に記載されているとおり、宇宙(地球)は6日間でできたと主張する。
比喩ではなく、正確に6日×24時間で宇宙(地球)ができたというのだ。
まあ、そう信じたい人は信じるのもいいだろう。それは信仰の自由だ。

・・・だがしかし、厄介なのは「創造論を学校で教えろ、進化論を教えてはイカン!!」と創造論者が息巻くことだ。

もちろん、創造論者がいくら騒いだところで、良識のある市民が取り合わないというなら、社会的な問題にはなりえない。
ところが、アメリカで実際に起こったことは、進化論に対する創造論の勝利で、アメリカの学校では進化論が教えられなくなっていた時期があったのだ。
信じられないような話だが、これは中世暗黒時代の話をしているのではない
そもそもアメリカに日本や中国みたいな長い歴史はない。20世紀の1925年のテネシー州で起きたスコープス裁判の話だ。

 【スコープス裁判[Scopes Trial]】
  宗教と科学をめぐるアメリカの裁判事件。1925年、聖書の天地創造説に反する理論を公立学校で教えてはならないと
  いうテネシー州法「バトラー法」に反して進化論を教えたとして、生物教師スコープス(J. T. Scopes)が訴えられ、
  裁判の結果有罪とされた。67年、同州法は廃止された。

しかも、進化論が息を吹き返すのは、なんと1960年代になってから、それも、人類初の人工衛星スプートニク一号を打ち上げた衝撃が原因でというお粗末さだ。
国家機密とは異なり、大自然の秘密は隠すことができない−いかなる国家も自然の法則を独占することはかなわない−という
という見たくない・知りたくない現実をソビエト連邦に突きつけられて、進化論も学校教育の場へと復活を果たしたのである

それで、21世紀の今、進化論対創造論の戦いに決着はついたのか?面白いことに決着はまだついていないらしい

それどころか、1990年代になって、インテリジェント・デザイン説が提唱され、進化論に対抗しようとしている。
「アメリカ=科学立国」のイメージが強すぎる私たちには信じがたい数字かもしれないが、これが現実である。

334世界@名無史さん2018/11/16(金) 01:52:17.180
進化論も現状では進化の過程もろくにたどれないし進化のメカニズムもよくわからない有様だけどな。
聖書をそのまま信じてるのは基地外だが、インテリジェントデザイン説ってのは科学的にも100%否定はできないだろう。

恐竜(かトカゲか何か)の前足にだんだん羽が生えてきて鳥になるって話だってよくわからん。
羽が突然変異で1oだけ生えたってそれで少し空を飛べて生存に有利になるなんて考えられない。
1oでは意味ゼロだろう。
一応の説としては別の用途で進化したというのがある。
そいつらは前足で昆虫などをはたき落として食用としていた。
ちょっとでも前足に羽があればその分昆虫をはたき落としやすくなり生存に有利だ。
その用途のために前足の羽がだんだん伸びて進化して、
ある時点でその羽を空を飛ぶ用途に利用し始めたって話だ。
一理はあるにしても無理あり過ぎだ。
もともと遺伝子にない形質の獲得は突然変異に因るしかないだろうが、
そんなに都合の良い突然変異が続けて起きまくるなんてことがあるはずないと思う。

335世界@名無史さん2018/11/20(火) 02:19:54.200
米、中国の宗教弾圧に強い圧力 ペンス氏とポンペオ氏、ウイグル族弾圧など批判.

>キリスト教福音派から強い支持を受けるトランプ政権は信教の自由を
>「政権にとって外交政策の優先課題」(ペンス氏)と位置付け、
https://www.sankei.com/world/news/180923/wor1809230026-n1.html

創価学会、幸福の科学、世界基督教統一神霊協会、ヤマギシ会、サイエントロジー、ホームオブハート、エホバの証人みたいな
怪しい宗教団体はどこの国でもありますが、どこもそんなには影響力がある宗教団体ではない。
むしろ、PL教団、立正佼成会、霊友会みたいに信者数の減少に歯止めがかからず、深刻な財政難になっている宗教団体もある。
現在のPL学園は、いつ「廃校」「閉校」という決断が下されてもおかしくない状態。

ところがアメリカは違う。

アメリカでは、「キリスト教福音派」という聖書に書かれていることは一字一句正しいと信じている人たちが全人口の25〜40%を占めています
彼らは天地創造やアダムとイブの話、ノアの箱船の物語などはすべて歴史的事実であると信じているのです。
となると、福音派の人たちは宇宙の歴史は何年だと思っているのでしょうか??
聖書の記述によると、神の天地創造は紀元前約四千年前のことだそうです。
しかし、エジプトやインドに中国の歴史はそれよりも古いです。だがしかし、彼らはこんな細かいことは気にしません。

選挙活動で政治に(宗教を)反映させようとする宗教右派は18%であるとされている。
この数字は「創価学会」「世界基督教統一神霊協会」より遥かに巨大で強烈な組織票があることを意味しており、
アメリカの政治家がキリスト教福音派に対して従順なのは当然といえよう。

福音派の平均的な信条は保守である。 例えば、「ダーウィンの進化論」も「ビックバン理論」も認めない
反科学主義(彼らはときに「創造科学」という概念を対置したりする)であり、
中絶・避妊・家族計画や同性愛者同士の婚姻を認めない、さらには銃規制にも反対の「美しき家庭像」を信奉する人々だ。
ちなみにバイブルベルトの一角、テネシー州では1967年まで州法で進化論教育が禁じられていた。

336世界@名無史さん2018/11/24(土) 02:02:01.360

337世界@名無史さん2018/11/24(土) 11:08:13.050
>>336
超巨大GIF注意

338学術2018/11/24(土) 13:51:11.660
歴史がその誕生年だったかもしれないけど、地球史などのものも歴史に組み替えていっていいかどうかだ。僕は構わない思う。

339世界@名無史さん2018/11/24(土) 14:26:36.170
【日本人はサマリア人】 日ユ同祖論、もう証明完了って感じ、ようやく月刊ムーに科学が追いついてきた
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1543029282/l50

340世界@名無史さん2018/11/27(火) 02:07:26.760
アメリカでは、「キリスト教福音派」という聖書に書かれていることは一字一句正しいと信じている人たちが全人口の25〜40%を占めています
中東情勢で看過できないのは、彼ら「福音派」が世界一のイスラエル右派の応援団という事実である。

エルサレム首都認定 背景にキリスト教福音派が
https://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/archive/2017/12/1221.html
「キリスト教シオニスト」の実態
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd400.html
なぜ現米大統領は中東戦争継続に固執するのか?キリスト教右派の終末思想との関連 落合栄一郎
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200704291130140

米国の親イスラエル政策に人口2%のユダヤ教徒(いわゆる「ユダヤ・ロビー」)が影響力を行使しているのは確かだが、
それ以上にイスラエルの挑発的な入植地拡大などには「クリスチャン・シオニスト」と呼ばれる米国の福音派右派が財政支援などで大きな役割を果たしている。
もちろん、この分野での安保外交政策に対する決定的な影響力も持つ。

理由はもちろん信仰にある。

聖書のヨハネの黙示録などに書いてあることがそのまま現実になり「最後の審判」と「キリストの再臨」が起きる日が来ると考えている。
彼らは「ヨハネの黙示録」に記されたハルマゲドン(世界最終戦争)を急がせたいと考える。
「ユダヤ教徒とムスリムの緊張増大(入植地の拡大はその要因の一つ)がやがてハルマゲドンを導き、
ハルマゲドンがおこると、キリストが空中に再臨する時に、“空中携挙”により敬虔なキリスト教信者だけは神によって空中に引き上げられ、
世界の破滅から救われて永遠の命を得る。そして異教徒はハルマゲドンの地獄絵図で苦しむ」

・・・と、かたくなに信じている。 イエスの再臨まであとわずかだから自然破壊も気にならない。アメリカの大多数が、実は全面核戦争を熱望していたのだ!

まあ、日本人の感覚からいうと米国のこの手のキリスト教事情ってのは
あまりにも理解しがたいものがありますが、それが現実でございます。きわめて、お寒い現実ですね。
後は「クリスチャンシオニスト」「福音派 イスラエル」「聖書根本主義 イスラエル」「キリスト教原理主義 イスラエル」でGoogle検索してみればわかる。

341世界@名無史さん2018/12/15(土) 02:28:26.040
米国人の4分の1「地球の公転」を知らず

 米国立科学財団(NSF)が行った調査で、米国人の4分の1以上が、地球が太陽の周りを公転していることを知らないことが分かった。
 16日までに、AFP通信が伝えた。NSFが2200人以上の米国人に対し、科学の基礎知識に関する9つの質問をしたところ、
 「地球の公転」を知っていたのは回答者の74%で、人間が原始的な生物から進化したことを知っていたのは48%。平均正解数は6.5だった。
http://www.sankei.com/world/news/140217/wor1402170028-n1.html

アメリカ人が進化論を知らないというのは有名な話なんで驚かないが、
地球が太陽のまわりを回っているのを知らない人が26パーセントもいるというのは驚くね。

まぁ、アメリカ社会は90%の馬鹿と、9%の秀才、1%の才能がチート級の超天才で成り立っている国なんで
英語が読み書きできないアメリカ人もそれくらいいそうなので、不思議じゃないかも。

州によっても、同じ都市の中の地区によっても、知性や収入が完全に分離していて、
交わることはほとんどないからひとつの社会として論じるのはムリ。
大多数の馬鹿と、極めて少数の才能がチート級の超天才は文字通り住む世界が違う。

そして、なにより金があるのが一番の理由だろ。 金で釣られてアメリカに帰化した外国人が多数いる。
つうか、最近では中国・韓国も含む東アジア系移民たちがアメリカの知能を支えてますねw

342世界@名無史さん2018/12/15(土) 02:53:42.370
まぁ、進化論・ビックバン理論否定者の少なくない人間が・・・。

「我々は神の子であるのだから、来るべきメギドの丘でのハルマゲドン(全面核戦争)に備え、民間武装せねばならない」
「ハルマゲドンがおこると、キリストが空中に再臨する時に、“空中携挙”により敬虔なキリスト教信者だけは神によって空中に引き上げられ、
世界の破滅から救われて永遠の命を得る。そして異教徒はハルマゲドンの地獄絵図で苦しむ」
と思っているようで…

・・・ある意味、我々のようにからするとはた迷惑ではあります(;´Д`)

逆に哲学の歴史が紀元前からあって、「神」「宗教」「信仰」が圧倒的な権威であった状況を哲学や科学が解体した近代を経て現在に至る
ヨーロッパ・東アジア等の歴史が長い地域では、いくらなんでもアメリカのキリスト教原理主義者のような過激な動きは滅多にないようで…

金持ちになった中国人や韓国人なら現実に向き合えないプアホワイトに叫ぶだろうな・・・。
↓のおっさんみたいに「闘わなきゃ、現実と!!!」 って・・・。
https://www.youtube.com/watch?v=RP-ZQQmSFCg

アメリカのWASPがカトリックの迫害から逃れたプロテスタントがネィティブアメリカンから銃を突きつけて奪った土地で生きるカウボーイの末裔だと定義するならば、
アメリカは東アジアやヨーロッパが経験したような「近代」を経ないで今の状況になっているからこそ、こういう端から見てイカれた思想が蔓延するのも頷ける訳で…(;´Д`)
つまり、「プアホワイトのアメリカ人の思考回路は、中世暗黒時代で進化が止まっており、タリバンやISISとは近親憎悪に過ぎない」ということでよろしいではないかと・・・。

343世界@名無史さん2018/12/16(日) 01:31:28.110
どうやら、>>1の趣旨を米国人の何割かは、こう信じ込んでいます。実際の話。

>>1の定義による、古代史

紀元前4004年10月23日(日) 天地創造
紀元前4004年11月23日(月) アダムとイブの楽園からの追放
紀元前2348年   ノアの洪水
紀元前1921年   アブラハムへのヤハウェの呼び出し
紀元前1491年   エジプトからのエクゾダス
紀元前1012年   エルサレムでテンプル建設
紀元前 586年   エルサレムの破壊とバビロン捕囚の始まり
紀元前 584年   ユダヤ人の最後の追放
紀元前 4年    キリストの出生
https://answersingenesis.org/bible-timeline/the-world-born-in-4004-bc/
http://transact.seesaa.net/article/22769449.html
http://www.bmp.jp/usami/04.htm
http://gospelpedlar.com/articles/Bible/Usher.pdf


こういう原理主義には、対抗して「フライング・スパゲッティ・モンスター教」を布教するしかあるまい。
「グーグル教」でも「見えざるピンクのユニコーン教」「17歳教」でもいいな。

344世界@名無史さん2018/12/16(日) 02:21:36.580
世界は5分前に創造された教

345世界@名無史さん2018/12/16(日) 18:15:15.890
>>41
独語でも英語でも手はhand、百はhund〜な時点で
別のものだと気づけ

意味がわからなかったら一生カタカナの檻に閉じこもってろ

新着レスの表示
レスを投稿する