モーツァルトの交響曲全集Part3

1名無しの笛の踊り2014/08/20(水) 16:12:40.06ID:kl2bakxe
モーツァルトの交響曲全集は何がお勧めですか?

前スレ
モーツァルトの交響曲全集Part2
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/classical/1233828135/
モーツァルトの交響曲全集
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/classical/1157953889/

ラインスドルフ…「旧全集」による演奏。さすがに古く、ファーストチョイスには不適。
ベーム…職人芸。どの曲もそつなくこなしてる感じ。基本的に「旧全集」を使用していると思われる。
ファーストチョイスとしては薦めづらい。
マリナー…特に初期の作品が良い。「聞かせ上手」なマリナーならではの演奏。
ただ、オーセンティックなモーツァルトかと言われると…
グラーフ…「新全集」使用。演奏解釈は伝統的なもの。
レヴァイン…繰り返し全採用、「新全集」による演奏。そつなくまとめてるけど…。
ウォード&ワーズワース…「新全集」使用(旧41曲の収録)。2,3番などを聴けるのはよいが、
いかにも演奏がダサい。室内オケによる全集。
アリゴーニ…買うだけムダ。解釈がスカスカなのに演奏がやたら遅い。つまらん。
マッケラス…ピリオド以上の鋭さをもった演奏。メヌエットは通常の倍のテンポ。
刺激的で面白いけど、ファーストチョイスとしてはどうか?
ホグウッド…セレナードの「交響曲」版などまで含んだ、現状最も完全な全集。
ピリオド楽器初期のものながら、演奏レベルは今でも十分通用するもの。テンポ設定は
伝統的な解釈を受け継いでいる感じがする。
ピノック…現代のモーツァルト演奏の一つの規範たる演奏。楽しんで演奏している感じも

176ラファ ◆H6mBY5rVQU 2016/05/20(金) 09:56:48.79ID:qgwZHvWs
>>175
>>174
>>173
愉快犯、コピペ乙です。

177ラファ2016/05/28(土) 21:11:05.36ID:5qLNaFgu
初めて会った時16歳だった「水原希子そのままのシロガネーゼ」、『i』さんが予備校を辞めて塾を立ち上げなければ、その出逢いは無かった。
私の人生でも唯一無二の思い出となったその後の5年間。
いきなり「モーツァルト レクイエム 怒りの日が聴きたい」と言い……
新宿/ディスクユニオンで一緒に探し、君は「これがいい」と鳥の羽が拡がるカラヤン盤を選んだ。

いつでも連絡は取れるが取らない。思い出を大切にしたいから。

178ラファ2016/06/13(月) 13:56:29.93ID:tM+9MMTG
クラ板の達は『ケチをつける/罵倒する/嫌悪する』ことが目的で書き込みしてますので、あー言えば上祐よろしく、何を言っても無駄なのですね。
お嬢弟子さんや私に対するイメージ(彼らの切ないほどの願望なのですが)がすでに固定観念として出来上がっておりますので……
その固定観念に反する言動は必ず屈折しデフォルメされて受け取られる。
現実のお嬢弟子さんや私が、その固定観念と異なる予感がするやいなや『全力で反撃を開始し出す』人達なのです。
固定観念と異なるのが余程の困るのでしょう。恐怖感すら抱いている節がある。

一昨年位までは此方もフィクションを交えて相手をしておりましたが、さすがに飽きまして、今は専ら………
『ピュアオーディオ@オープン2ちゃんねる/ヴォイス・オブ・ザ・シアター アルテック』
にて、ミレニアムさんと国際政治(主に軍事)やオーディオ談義をしております。
関連スレッドに「ピュアオーディオ@オープン2ちゃんねる/大英帝国の栄光タンノイその11」もあり、こちらは私の日記帳のような按配なのですが……
粘着「理屈と膏薬は何処にもつく」親父に付きまとわれ、現在は放置しております。

179名無しの笛の踊り2016/06/21(火) 23:33:32.00ID:YQd7SeBz
まだ25番以降しか聴いたことがないので全集を買おうと思ってるんですが、ピノックとマッケラスだとどっちがおすすめですか?
ピノックにしようと思ってたんですが、マッケラスのポストホルンを聴いたら凄く良かったので迷ってます。
ちなみに、25番から39番はグラバーが大好きです。レヴァインもけっこう好きです。35番から39番とか。
40番、41番は圧倒的にアーノンクールの1回目が好きです。

180名無しの笛の踊り2016/06/22(水) 18:10:08.89ID:e8MbQEsd
どちらも合いそうです。
アーノンクールさん、コンセルトヘボウ管がお好きでしたら
マッケラスさん二種も良さそうですが
新しいチャレンジならピノックさんかなと思います。

181名無しの笛の踊り2016/06/22(水) 21:58:26.63ID:yCHah1tt
>>180
ありがとうございます。
とりあえずマッケラス注文してみました。
楽しみです。
でも、我慢出来ずにピノックのほうも
買ってしまいそうです。

182名無しの笛の踊り2016/06/23(木) 12:20:51.35ID:RrcVCNH2

183G−LZ ◆H6mBY5rVQU 2016/06/24(金) 05:44:45.38ID:ruOlJw+B
>>177
>>176
「捏造コピペ阿呆」は放置と決めた。
したければすれば?いくら捏造コピペを書こうが、わたしは一切関知しない。頑張りたまえ。

184名無しの笛の踊り2016/06/27(月) 21:21:18.11ID:tE5D/+UL
>>181ですが、マッケラスの全集届いて一通り聴いてみました。
なんていうかもう素晴らしい!
瑞々しくて、溌剌としていて、熱い力に溢れていて、言うことないです。
>>180さん、ありがとうございました。
これをじっくり聴き込んでからピノックのほうを注文しようと思います。

185G−LZ ◆H6mBY5rVQU 2016/06/29(水) 15:00:38.77ID:2EmgqjCf
>>183
ネタが尽きてきたようですね。大丈夫ですか?

905:G−LZ◆H6mBY5rVQU:2016/06/29(水)11:10:07 ID:WdU
>>904
おはようございます。
オリジナルモニターGold Autographの音の佇まいがかなり良く表現されておりますね。カンターテドミノはわたしの試聴盤でもありました。
部屋もわたしの場合、南側一面が窓になっているところなど雰囲気はこの方と少し似ております。音響効果も大切ですが部屋の佇まいのほうが優先されます。

案の定、あちらのスレッドに「音響馬鹿」登場。ミレニアムさんはfanと仰いますが、わたしには「ゴミ」以外の何者でもありません。
今日は「チョン・キョンファ盤のシベリウス/ヴァイオリン協奏曲」をボリュームを11時にまで上げ、在りし日の音を思い出しております。
当然のことながら、音場感の広さ/床を這う低弦群のうねりこそ劣りますが、モニターGoldの音は健在です。

余りに良く鳴るので久し振りにボリュームを12時に上げ「カルロス・クライバー盤SACD/ベートーヴェン交響曲5番」をかける。まさに指揮台で聴いている如し。
モニターGoldのエッセンスである………
「金管の炸裂、1楽章オーボエのみが奏でるフレーズ、オーボエの色気のある音の背後に広がる空気感、コントラバスの旋律まで手に取るように判る弦楽器群のハーモニー、ティンパニーの張り……」
まさに全開である。これ以上何を求めるのか?その為にはオリジナルモニターGold Autographを買い戻す意外には手は無い。
ここのネタ的には、25番(1楽章→アマデウスサウンドトラック盤SACD/2楽章以降はブリテン盤)一曲あれば十分な気もする(後期6交響曲は当スレにベスト盤を書いたが)。

186名無しの笛の踊り2016/06/29(水) 20:11:15.17ID:7KnOHBTI
全集ではないけど
ケール/マインツ室内管弦楽団 米VOX
はお気に入り。録音も悪くない

187G−LZ ◆H6mBY5rVQU 2016/07/01(金) 16:06:21.17ID:gMmEmNde
>>185
「僕はハイドンの音楽もなかなか好きだ。形式の完備整頓、表現の清らかさという点では無類である。
併し、モーツァルトを聞いた後で、ハイドンを聞くと、個性の相違というものを感ずるより、何かしら大切なものが欠けた人間を感ずる。
外的な虚飾を平気で楽しんでいる空虚な人の良さと言ったものを感ずる。この感じはおそらく正当ではあるまい。
だが、モーツァルトが僕にそういう感じを目覚ますという事は、間違いない事で、彼の音楽にはハイドンの繊細ささえ外的に聞こえる程の驚くべき繊細さが確かにある。
心が耳と化して聞き入らねば、ついて行けぬようなニュアンスの細やかさがある。一と度この内的な感覚を呼び覚まされ、魂のゆらぐのを覚えた者は、もうモーツァルトを離れられぬ」

188名無しの笛の踊り2016/07/01(金) 18:54:59.85ID:zFKo9aRY
31番あたりはベームのようなので図太さが欲しいな

189G−LZ ◆H6mBY5rVQU 2016/07/03(日) 11:26:09.49ID:xPR8BqZ1
>>187
「主題的器楽形式の完成者としてのハイドンにとっては、形式の必然の規約が主題の明確性を要求したのであるが、モーツァルトにあっては事情は寧ろ逆になっている。
捕らえたばかりの小鳥の、野性のままの言い様もなく不安定な美しい命を、籠の中でどういう具合に見事に生かすか、というところに、彼の全努力は集中されているように見える。
生まれた許りの不安定な主題は、不安に堪え切れず動こうとする、まるで己を明らかにしたいと希う心の動きに似ている。
だが、出来ない。それは本能的に転調する。若し、主題が明確になったら死んで了う。或る特定の観念なり感情なりと馴れ合って了うから。
これが、モーツァルトが守り通した作曲上の信条であるらしい」

190G−LZ ◆H6mBY5rVQU 2016/07/04(月) 10:05:08.92ID:DxD/sN/m
>>189
「誰も、モーツァルトの音楽の形式の均整を言うが、正直に彼の音を追うものは、彼の均整が、どんなに多くの均整を破って得られたものかに容易に気付く筈だ。
彼は、自由に大胆に限度を踏み越えては、素早く新しい均衡を作り出す。到る処で唐突な変化が起こるが、彼があわてているわけではない。
方々に思い切って切られた傷口が口を開けている。独特の治療法を発明するためだ。
彼は、決してハイドンのような音楽形式の完成者ではない。寧ろ最初の最大の形式破壊者である。
彼の音楽の極めて高級な意味での形式の完璧は、彼以降のいかなる音楽家にも影響を与えなかった、与え得なかった」

191名無しの笛の踊り2016/07/20(水) 14:24:43.49ID:nOp8h5Yb
age

192名無しの笛の踊り2016/08/18(木) 22:08:35.32ID:U9CipWTO
マッケラスがいいと思いますね

193名無しの笛の踊り2016/08/20(土) 23:11:40.97ID:HJ8VOrSD
飽きるよアレ

194名無しの笛の踊り2016/08/20(土) 23:47:56.14ID:uKQRDXuM
なんで?

195名無しの笛の踊り2016/08/21(日) 10:33:31.80ID:GSbbsM2o
音が大型装置向き

196名無しの笛の踊り2016/09/28(水) 02:29:33.37ID:vG2VA5H9
モーツァルトの時代のオケは小さい

197名無しの笛の踊り2016/11/08(火) 21:29:07.99ID:oijFUIl7
なるほどー

198名無しの笛の踊り2016/11/10(木) 11:15:01.96ID:ig0Ko3k9
モーツァルト時代には
オーディオ装置やCDはなかった

199名無しの笛の踊り2016/11/10(木) 19:50:32.35ID:8y1jQUqc
オルゴールもなかったっけ?

200名無しの笛の踊り2016/11/11(金) 10:59:37.30ID:HMzqrSOX
関係ないが(いぜんアマデウススレにも書いたんだけど)
モーツァルト時代って今みたいにオケで楽器ひかない
専業の指揮者っていたんだっけ? なんか冒頭10分くらいの所で
自分の曲(グランパルティータ)を指揮してるんだが。

201名無しの笛の踊り2016/11/11(金) 12:58:12.63ID:ITCA+WQn
ハイドンみたいにヴァイオリン弾きながら指揮したのが多数派だろうね(コンサートマスター兼指揮者)
C.P.E.バッハは交響曲には鍵盤楽器を加えるべきだと主張してたので、この頃には鍵盤楽器を加えるのは少なくなっていたとみられる

202名無しの笛の踊り2016/11/11(金) 13:50:13.45ID:Awc4umDQ
>>201
ソ連で復活

203名無しの笛の踊り2016/12/24(土) 01:56:44.63ID:0YImaGnB
インマゼールの古楽器全集期待

204名無しの笛の踊り2016/12/24(土) 14:19:53.65ID:Pno4DntQ
インマゼールなんてもう終わってる人でしょ。

205名無しの笛の踊り2016/12/25(日) 12:28:16.71ID:oh0ZxNjD
>>204
言わんとするところは分からんもないがハードル上げすぎだな。
それだと、ほとんどの指揮者がゾンビになっちまう。

206名無しの笛の踊り2017/01/21(土) 11:51:32.08ID:ArWuMfBV
クリップススレから来た
輸入盤とタワレコリマスター盤、コンセルトヘボウの響きを楽しむなら、どっちがおすすめ

207名無しの笛の踊り2017/03/13(月) 17:59:10.96ID:k7C3MtGK
全集になると最近なかなかいいの出ないな

208名無しの笛の踊り2017/05/07(日) 14:37:10.75ID:08P7YnAx
ベームのは全部曲が短い

209名無しの笛の踊り2017/06/14(水) 13:10:00.50ID:0h//pFv0
(*^_^*)

210名無しの笛の踊り2017/06/18(日) 02:23:23.63ID:Aud2aUUF
モーツァルト交響曲全集を初めて完成させたのがラインスドルフ
しかしこれは半分はモノラルであった
ステレオによる全集はベームが初めて

211名無しの笛の踊り2017/06/25(日) 03:19:54.54ID:o7ox39ql
せやな

212名無しの笛の踊り2017/07/16(日) 19:43:50.19ID:3HxRcHrP
ほんまでっか

213名無しの笛の踊り2017/08/13(日) 21:44:20.08ID:YuGLzBiy
テイトの結構好きだけどな
誰も聴かないの?

214名無しの笛の踊り2017/08/13(日) 23:10:13.10ID:szqxVn9Y
>>208
生を聴いているんじゃないから、短いほうがいい。
レヴァイン・ウィーンのプラハの第一楽章、反復でうんざりだった。

215名無しの笛の踊り2017/10/02(月) 23:33:49.28ID:o+9Z1cqU
レヴァイン/ウィーン・フィルは全曲反復ありだからな

216名無しの笛の踊り2017/10/03(火) 06:21:32.90ID:8MBAR11/
Mozartの交響曲で1~24はめったに演奏されないですよね?

217名無しの笛の踊り2017/10/03(火) 14:54:14.58ID:cieUS2mb
1は時々やってるな

218名無しの笛の踊り2017/10/03(火) 22:15:50.69ID:87g/uSgV
41番で出てくる主題と同じのが1番で出てくるから

219名無しの笛の踊り2017/10/13(金) 08:57:56.13ID:2tliIR1/


220名無しの笛の踊り2017/11/24(金) 21:15:39.39ID:2AkH674H
保守

221名無しの笛の踊り2017/12/11(月) 01:18:42.46ID:B0XPevwM
>>213
テイトはモツよりも
ハイドンの方が合ってる気がする

222名無しの笛の踊り2017/12/11(月) 01:23:13.94ID:B0XPevwM
>>214
故宇野氏も反復には苦言を呈してましたね
個人的にはそういう演奏もありかなと思うけど

223名無しの笛の踊り2017/12/11(月) 01:35:31.33ID:B0XPevwM
>>140
37番は全曲収めてほしいですな
珍しい曲でもあるし全集レベルじゃないとなかなか聴く機会がない
聴きたくない人はスルーすればいいし

224名無しの笛の踊り2017/12/28(木) 15:11:52.41ID:b3HRIc2i
ピノックの25番と29番のCDを買ってきて今聴いてるんだけど、全集の同曲よりも良い演奏(私の好みの演奏)に聞こえる。

225名無しの笛の踊り2018/02/05(月) 20:45:18.37ID:XEpWWnUQ
あげ

226名無しの笛の踊り2018/02/06(火) 11:39:08.69ID:MAMrA5vO
保守

新着レスの表示
レスを投稿する