モーツァルトとハイドンはどっちが凄い

1名無しの笛の踊り2018/08/17(金) 02:29:46.57ID:dzJU1TvW
語りましょう

313名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 11:32:04.23ID:p5sgFYdF
>>310
ハイドンの生家の絵を見たベートーヴェンが「こんな小さく粗末な家の中であれほど偉大な人間が生まれたんだ」って感動してたらしいしな

314名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 16:29:57.88ID:y5dmdZ7W
なんたって車大工・農村の家に生まれたんだから。
ベトは気性が激しいお騒がせ屋って感じだよな…

ハイドンは現代の人が感じるよりはるかに
独自の作風で、当然その才能と立身出世をねたんだり
理解できない凡庸な音楽家も当時からいたに違いない。
そう考えれば>>304の言葉も生きてくる

現代の音楽教育では大バッハとモツの狭間がすっとばされて
ハイドンの偉大さは伝わらない。せいぜい「びっくり交響曲」くらいだからな。

315名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 17:27:20.00ID:nGQjGBub
日本の音楽教育ってどの課程のことを言ってんのかね

316名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 17:29:29.46ID:XmaUU6E+
このスレの連中もスレチなベートーヴェンの話題をここで持ち出すくらいだからなw
それは心の底ではハイドンよりもベートーヴェンの方が大物とおもっているからなんだろうな。
小物は人物をざわざわスレチしてまで出すわけないもんな。
まったく教育の弊害だなw

317名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 17:30:16.55ID:XmaUU6E+
訂正
小物な人物を

318名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 17:31:15.58ID:nGQjGBub
何処の国の教育でそんなこと教わった?
日本じゃねーよなー

319名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 17:33:28.22ID:nGQjGBub
訂正

小物
または
小人物でおk

教育の問題だな

320名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 18:16:44.04ID:y5dmdZ7W
音楽が必須なのは中等教育まででは?
正確には「びっくり交響曲」すら出てこないのでは?

321名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 18:50:25.63ID:y5dmdZ7W
英才教育でピアノを選んだ場合はなおさらのような。
パリのピアノメーカー・プレイエル社の創業者イグナツ・プレイエルは
ハイドンの弟子なのだが…

322名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 19:14:06.41ID:mPGGAxvl
日本の義務教育は特に系統的体系的あるいは音楽史的な教育はしてないだろ
詳しくは知らんけど

323名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 19:53:06.34ID:y5dmdZ7W
そしたら、やはり名曲名盤100系が悪い θ∀θ

324名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 20:26:17.58ID:y5dmdZ7W
プロの評論家、音楽家とて興味のないジャンルには
素人以下の評価を下す。
ということですゎ。

325名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 20:50:02.67ID:n9S6cyC3
珍説
プラハは未完成

326名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 20:53:57.29
>>324
何そのわけの分からないオチ
興味が無けりゃ評価もすまい

327名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 22:17:29.57ID:vXveI0mg
>>320
俺がクラシック音楽聴くようになったの大学卒業してからだけどそれまでハイドンがどんな曲作った作曲家なのか全く知らなかった
「驚愕」の知名度なんて一般的にはほぼゼロに近い気がする

328名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 22:28:14.96ID:ufcGXpVi
時計のほうが知ってる率高いんじゃね?

329名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 22:35:16.64ID:x9dupVb7
>>313
お前のボンの生家もたいがいだろ、っていうw

330名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 22:38:59.41ID:x9dupVb7
>>327
ハイドンの曲で一番有名なのはドイツ国歌ではないか?
少なくともドイツ国民なら全員知ってるw

331名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 23:37:22.63ID:ufcGXpVi
ワールドカップと時は全世界の人が聞くな

332名無しの笛の踊り2018/10/15(月) 23:55:39.39ID:x9dupVb7
>>331
たとえ作曲がハイドンと知らなくてもw

333名無しの笛の踊り2018/10/16(火) 04:11:49.90ID:s5a0AWSX
次の大会で聴けるかな?

ところで上に出てきたコジェルフやプレイエルの作品は皆さん聴いてますか?

334名無しの笛の踊り2018/10/16(火) 12:27:27.70ID:GEnppRmO
>>333
コジェルフのト短調交響曲はわりと好き

335名無しの笛の踊り2018/10/16(火) 13:38:27.61ID:Fe/Ex8Ax
FGコンチェルト
ウェーバーやモーツァルトとの組み合わせで残念ながら格落ち感強し
WとMが優れているというのもあるが

336名無しの笛の踊り2018/10/16(火) 13:38:50.69ID:Fe/Ex8Ax
あコジェルフね

337名無しの笛の踊り2018/10/16(火) 15:04:37.86ID:G/sd/x9A
ハイドンのヴァイオリン協奏曲とチェロ協奏曲はかなりいい曲。
聴かずにいるのは勿体無い。

338名無しの笛の踊り2018/10/16(火) 17:45:26.76ID:0kxiMunX
>>337
チェロ協奏曲ならアントン・クラフトもいいよ

だんだんスレチになってきたからこのへんで

339名無しの笛の踊り2018/10/16(火) 17:45:29.71ID:P6mQXgWm
古典のトランペット協なんかテレマン、ハイドンとフンメルくらいなもんだが
クラ好きの多くは擦弦とピアノしか聴かないからなあ
ラッパ、サックスはジャズか吹奏楽の楽器だと思ってるんだねきっと。

340名無しの笛の踊り2018/10/16(火) 19:13:16.61ID:Pw6G9DhI
なんですぐ極論つーか曲論するかね
ケンカ売って叩かれたらキレるとか
もうたくさん

341名無しの笛の踊り2018/10/16(火) 19:28:57.49ID:P6mQXgWm
誰も喧嘩売ってないしキレてもないだろ・・・?

342名無しの笛の踊り2018/10/16(火) 19:32:12.30ID:TURAJfIg
ほらほら

343名無しの笛の踊り2018/10/16(火) 19:42:09.79ID:P6mQXgWm
ほらほらじゃねーよ なんも書くことがないのかい?

344名無しの笛の踊り2018/10/16(火) 19:53:05.82ID:+NC5A4Q9
ほらほら

345名無しの笛の踊り2018/10/16(火) 21:32:55.50ID:1HxBAi4s
>>339
テレマンのトランペット協奏曲は第三楽章が美しいしほんといい曲
テレマンはヴィオラ協奏曲もいいし、もっと評価されるべき。

346名無しの笛の踊り2018/10/17(水) 18:55:11.79ID:zXnYyMM+
テレマンやハイドンって多作ゆえ
よほど好きでない限り聴きどころの焦点を合わせにくく
それは演奏者側も同じようで
50-80年代に跳びぬけた名盤もそんなになく
つまらんと思ってる人は多いかもね

かのブリュッヘンすら指揮者に転向したらもうテレマンは吹かなくて済む
なんて言ってるし。
当たり前のことだが、楽曲に共感してない演奏ってのは聴く側もつまらん
演奏テクニックが上手い下手ではないというこってす。

347名無しの笛の踊り2018/10/17(水) 19:25:42.66ID:KBEN2LJu
それは言えているな。最近ハイドンを録音するような奏者は、ハイドンに対しでリスペクトを

348名無しの笛の踊り2018/10/17(水) 19:27:45.96ID:KBEN2LJu
失敗した。

最近わざわざハイドンを録音するような奏者は曲自体に共感しているし、ハイドンに対するリスペクトもあるように感じられるから、気合が入った名演が多い。

349名無しの笛の踊り2018/10/17(水) 22:35:12.09ID:bOEWnure
クラリネット協奏曲はイギリスのJohn Mahonの奴が好き J.C.バッハの影響が濃厚 モーツァルトと比べると低音が少ないのが欠点かな

350名無しの笛の踊り2018/10/17(水) 22:39:35.31ID:bOEWnure

351名無しの笛の踊り2018/10/17(水) 22:42:37.53ID:bOEWnure
ちなみに第2楽章はスコットランド民謡による。第3楽章のロンド主題はトマス・アーンの主題による

352名無しの笛の踊り2018/10/17(水) 22:54:21.96ID:bOEWnure
>>350
蛇足だけど
Sinfonia Concertante Es-DurはJ.C.バッハ作曲の協奏交響曲
Konzert Es-Durは、Hookの協奏曲
他はJohn Mahonのクラリネットを含む室内楽

353名無しの笛の踊り2018/10/18(木) 10:51:06.79ID:HVl1LRjN
>>346
テレマンやハイドンって何曲書いたの?

なおハイドンの交響曲31番『角笛の合図』(ホルンを4人使うやつ)は子供のころにN響のテレビで見て気に入ったことをおぼえてる。

354名無しの笛の踊り2018/10/18(木) 14:09:22.29ID:BCGu7z6g
テレマンはバッハよりも多作だからなあ

355名無しの笛の踊り2018/10/18(木) 15:42:40.80ID:/fFWP9hO
テレマンはギネス載ってるよねたしか
ただ鍵盤曲は少ない

356名無しの笛の踊り2018/10/18(木) 20:01:34.96ID:awbO+dX2
>>355
テレマンの鍵盤曲では36のファンタジア集ってのが気に入ってる

357名無しの笛の踊り2018/10/18(木) 21:26:41.81ID:pilkPuhh
>>350
そのCDよりもこっちのイギリスのヴァイオリン協奏曲集の方が好き。
トーマス・リンリーは10曲以上ヴァイオリン協奏曲を書いたそうだが、現存しているのはこのCDに入っている1曲だけなのは残念。
もちろんこのCDの他の作曲家の曲も古典派好きならお勧め。
https://www.hyperion-records.co.uk/dc.asp?dc=D_CDH55260

358名無しの笛の踊り2018/10/18(木) 21:56:02.12ID:25o+QIuN
>>346
テレマンは小学1年の音楽鑑賞でなんか聴かされてなかった?
あと、シュッツも。
小学校低学年から意外にもバロック以前のドイツ古典派ってけっこう聴かされてたりする。

バロックも小学ではヘンデルの方が先に聴かされる。
「見よ勇者は帰る」

359名無しの笛の踊り2018/10/18(木) 21:59:34.66ID:25o+QIuN
>>358
まずった、途中送信した。
あと「もろびとこぞりて」も。

バッハは中学になってから「トッカータとフーガ」から聴かされるハズ。

360名無しの笛の踊り2018/10/18(木) 23:22:36.99ID:EJmKvd98
短調の交響曲ならハイドン、モーツァルト、ヴァンハルそれぞれ素晴らしいな

361名無しの笛の踊り2018/10/19(金) 00:42:07.31ID:hJ0okHU7
アントン・フィルツ (1733-1760) のト短調交響曲
http://www.youtube.com/watch?v=kmE42OEnAaA
フランツ・クサヴァー・ベック (1734-1809) のト短調交響曲
http://www.youtube.com/watch?v=njnF992nAlw

362名無しの笛の踊り2018/10/19(金) 00:43:34.73ID:hJ0okHU7
間違えた
×フランツ・クサヴァー・ベック
○フランツ・イグナーツ・ベック

363名無しの笛の踊り2018/10/19(金) 00:53:34.22ID:hJ0okHU7
ちなみにフランツ・イグナーツ・ベックのOp.3の出版は1762年らしい ハイドンやモーツァルトがこの曲を知っていたかどうかは不明

新着レスの表示
レスを投稿する