武士の成立って [無断転載禁止]©2ch.net

1日本@名無史さん2016/12/14(水) 11:56:56.28
貴族武官か富裕武装農民かのどっちなん?
最近は双方の融合とかばっかりじゃん
"どっちもあり"じゃなくて、はっきりして欲しい

162日本@名無史さん2017/04/20(木) 01:37:11.64
>>159
源為義は摂関家に仕えていた。
平将門も若いころは藤原忠平に仕えていたという。
お寺に仕える寺侍というのもいた。
奈良興福寺=春日大社(昔は一体化してた)に仕えていた武士も多い。
筒井・越智なんかがそれで、柳生氏ももともとは興福寺か春日大社に仕えてた可能性が高い。
だから、寺社の軍事力=僧兵だったわけでもなく、そこに仕える武士がいた。

侍とは、平安時代に貴人の警護をした六位ぐらいの人を指したというから、もともとけっこう偉い人だった。
武士、武家、侍、もののふは、どれも語源、使われ始めたころの意味が異なる。

武士…日本での初出は続日本紀だが、意味は文官・文士に対置されるものと思われ。
武家…鎌倉幕府将軍家
侍…上述。ただ、文字どおり侍う人のことだから、↑のように意味が狭隘化するのは使用開始後しばらく時間がたってからだろう。
もののふ…古代の物部氏が転じたというんだが、むしろ逆に軍事を司るから物部と呼ばれたのかも。

いずれにせよ、あらゆる意味で野球選手ごときをサムライと呼んでは過去の武士たちに失礼だと思う。
敗戦後に自害してくれるならともかく( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

163日本@名無史さん2017/04/20(木) 12:55:26.26
スレ主旨に戻って、軍事としては、

1、律令時代の軍団
2、平安初期の国府・国衙における軍兵、指揮者は国司・受領
3、平将門や藤原秀郷、郡司・殷富の百姓などの私兵
4、下向井先生理論の傭兵集団=俘囚(エゾ、エミシ)
5、軍事貴族(?)の阿倍比羅夫、坂上田村麻呂、大伴氏や紀氏(エゾ征討時代)

こんなんが、時系列無視で挙げられるが、ガラガラポンやって、源義家時代をみると、
武士の家系やら軍事組織やらが固まってきてピラミッド型の仕組みになってきた。

武士=開発領主だとか、貴種下向、摂関家への勤務等々複雑に重層的に相まって
日本独自の武士が生まれてきた。僧兵や都の警察=検非違使の関係もあるだろう。
定説はこれからだね。楽しみにしている。

164日本@名無史さん2017/04/20(木) 13:19:09.56
>>150
それ、全然理解が違うだろw
ちゃんと高校出てるのか?

165日本@名無史さん2017/04/20(木) 16:41:34.91
>>163 藤原純友の武力はどうなの? それと藤原利仁も関東土着の武人と趣が変わる。
関東の国司を歴任したくせに関東に土着せず越前を本拠としている。

166日本@名無史さん2017/04/20(木) 18:06:02.40
平安時代に律令制度が崩壊した、というのは誤りで、実は朝廷自らが放棄しただけ

民に負担を強いる律令制度はに覇王時代の朝廷が日本を統一するためには止むを得なかったが
民の怨嗟の声・アテルイを騙し討ちにした件など統一と引き換えに手を穢しすぎた朝廷が
次に取るべき道は「朝廷の教会化・ローマ教皇化」しかなかった

当時文治政策をとって繁栄していた宋(中国)もお手本となっただろう

平安中期以降の朝廷・公家たちに美食を禁じ質素な食事を潔しとする
「平安貴族版・ノブリス・オブリージェ」が誕生した
事実、衣装・平仮名・文学などは今でも日本の伝統文化として重要だが
料理に関しては ほとんど残っていない 彼らは彼らなりに努力はしていた

収入はわずかな自治領と有力貴族からの寄進に頼るようになり この形式が現代まで続くこととなる
これが日本の朝廷・皇室のスタイル

167日本@名無史さん2017/04/20(木) 20:44:21.22
貴族も天皇家もガンガン荘園を作ってるんですが、それは…

168日本@名無史さん2017/04/21(金) 00:20:50.01
>>166
君は一体 どこの惑星の歴史を語っているのかね? ケプラー第3惑星の歴史か?

169日本@名無史さん2017/04/21(金) 02:00:54.73
藤原道長が美食と暴飲のため糖尿病にかかっていたことも知らんようだ

170日本@名無史さん2017/04/21(金) 02:10:15.43
>>167
荘園を作ると荘園を横取りする奴から守らなきゃいかんし、
荘園のアガリは傭兵雇うには十分の収入になる
こうして私兵ができてサムライ化したと考えるのが普通だよなw

上皇や法皇にも私兵がいて、そいつらの収入源も荘園からのアガリ

171日本@名無史さん2017/04/21(金) 02:21:21.17
>>165
藤原純友は土着だろう?
藤原北家の出自は多分詐称
船を使ってたのが特殊だが、瀬戸内は交易路なので、
勢力作るほどの収入は見込める

172日本@名無史さん2017/04/21(金) 21:43:13.96
>>169 美食は大してやっていない むしろそのほうが長生きしただろう 
藤原道長は食を楽しめないストレスの反動からか
糖度の高い酒の飲みすぎとチーズケーキの食べすぎで早死にした

173日本@名無史さん2017/04/21(金) 21:54:02.83
藤原保忠(890〜936) 上級貴族
近衛大将だったときの話。馬に不馴れなため落馬し冠を落とし恥をかいた。
(古事談)

清原元輔(908〜990) 中級貴族、三十六歌仙の一人
賀茂祭りの行列では落馬し、冠が飛んで禿頭をさらけ出した。
しかし泰然自若として、「笑ってはいけない」と説いてまわったので、見物人たちは爆笑した。
(今昔物語集、宇治拾遺物語)

藤原信頼(1133〜1160) 上級貴族
乗馬に不慣れで 落馬し、配下の義朝に「日本一の不覚人」と罵られた。
(愚管抄、平治物語)

174日本@名無史さん2017/04/22(土) 10:08:52.61
>>172
藤原道長の兄たちは30〜40代で亡くなっているし
(だから五男坊だった道長に政権が回ってきた)
62歳まで生きて孫が天皇になるのを見れた道長は当時としてはまあまあ長生き

175日本@名無史さん2017/04/22(土) 10:52:13.84
1300年前、新羅から天皇がやってきて身分制度を作った
天皇、お寺、神社、武士、農奴
日本の土着民は当然、農奴なわけで
従って日本の歴史に日本の土着民は登場しない
時代劇に出てくる、こ汚い農民が日本の土着民だ

侍に首をスパスパ切られて
家畜やペットのように品種改良されて土着民は従順な性格になった
それを民度が高いんだぜと自慢しているバカ
70年前のGHQの農地改革でようやく自分の田畑を持ててよかった

この身分制度は見えなくなっただけで未だにある
その一端が露呈したのが森友問題だ
あれは同和優遇であり、同和とは天皇種族のことだ
官僚や政治家は同和だらけ

そして気になるのは、彼ら渡来人である上級国民が日本を作った日本人であって
我々を日本人と思ってない感じだな
昔は我々を民草と呼んでいたようだが、日本会議あたりではジャップと呼んでるぽい

176日本@名無史さん2017/04/22(土) 13:16:00.46
さすがに底辺が書く文章は味わいがありますなあ

177日本@名無史さん2017/04/22(土) 14:45:14.53
>>171 でも配下の藤原三辰は山城掾だったんだろう。

178日本@名無史さん2017/04/22(土) 16:08:43.12
オレは単なる歴史好きで専門家じゃないから学説を述べるだけに過ぎないが、
まあ聞いてくれ。

何十年も前、石母田正氏著「中世的世界の形成」を読んだ。理解できたとは思わないが、
(武士になれなかったが故に没落した)長者伝説に武士の成立の鍵をぼんやり感じていた。
少し前、図書館で借りた高橋昌明氏の著書「武士の成立武士像の創出」を読んだが、
なんとなく武芸と理解しただけだった。
最近、下向井龍彦氏著の日本の歴史07「武士の成長と院政」を読んで、ピンときた。
国衙の軍事組織だと。私兵でもあり官兵にもなる軍事訓練を受けた農民とそれを丸抱えする
地元有力者の集合体だと。

wikiを見ると3つの学説があるじゃないか。
どんぴしゃの1)古典的な、開発領主に求める説(在地領主論)
2)職能に由来するという説(職能論)
3)律令制下での国衙軍制に起源を求める説(国衙軍制論)

上記3冊を読んでみてくれ。イメージが大きくわきあがり強固なものに感じると思う。
地方在住だが近くの国府跡、無名ではあるが○△党という武士団の存在で一層そう感じた。

本の紹介しかできないが、いい刺激になる。ここでは常識で何言ってんだとなるだろうが。気にしない。
以上だ。

179日本@名無史さん2017/04/22(土) 19:32:58.35
>>175
いったいどんな勉強をしたら そんな捻じ曲がった歴史観になるんだい?
それを言ったらスターリン独裁にビビって逆らえなかった2億人のロシア人のほうがよほどチキンだろうが
逆らっても従ってもどうせ死刑なら俺だったら逆らうぜ それができなかったのがチキンロシア人

統一までに落とした民心を回復させようと必死になったから朝廷は帝国を捨て教国になったんだよ
ただその過程で文官だけが残り武官への処遇が不十分で曖昧なものとなってしまった
あぶれ者となった武官はやがて武士となやった そういうこと

180日本@名無史さん2017/04/22(土) 19:42:07.02
逆らいまくったから赤軍大粛清で佐官以上の8割が処刑なんて滅茶苦茶な事態に陥ったんだが

むしろゲシュタポやGPUが目を光らして数百万の人々が収容所に送られるなんてこともなかったのに
大戦中やGHQ占領中一回もストすら起こらなかった日本のほうが異常
マッカーサー元帥も日本人は支配者に対しては奴隷のようにへつらうと称している

181日本@名無史さん2017/04/22(土) 20:09:59.18
>>180
そんなの大戦中やGHQ占領中の日本にスターリン級の独裁者が居なかったからだろ

何も自国の歴史に誇りを持て、なんて言うつもりはさらさら無い
むしろたとえ自国史でも事実なら どんなに恥ずべきことでもどんどん暴け、
と言いたい 嘘捏造が許せないだけ

182日本@名無史さん2017/04/22(土) 20:39:22.99
大戦中に反戦派やGHQ占領中に反米派による暴動やストが何で起こらなかったの?
ドイツでは全部起きてるけどね

183日本@名無史さん2017/04/23(日) 00:02:57.70
日本人はアメリカからいっぱい配給してもらったからだろ
ドイツ人はソ連から何もしてもらってない

184日本@名無史さん2017/04/23(日) 00:18:25.59
<古代〜中世ヨーロッパ> ローマ帝国⇒ローマ教皇+諸侯騎士政権
<古代〜中世日本> 大和政権⇒朝廷+統一武士政権

結局原理的には一緒

185日本@名無史さん2017/04/23(日) 15:15:31.56
>>183
ドイツもアメリカから物資援助や借款を多数受けてるわけだがそんなことも知らんのか

違いはマッカーサーの元には「マッカーサー陛下を新しい天皇」という手紙や「妾になりたい」と希望する便りが数百通も届いたのに対し
ドイツ人はドワイト・D・アイゼンハワーに決し付和雷同するようなものは送らなかったという事だ

186日本@名無史さん2017/04/24(月) 13:05:04.98
>>175 >>185 ドイツ人だってナチスヒトラーのすべてをを完全否定する態度を続けてたじゃないか
なぜ日本人だけをチャンバラサムライが暴れまわるだけの誇りの無い愚劣な人種にしたがる?

187日本@名無史さん2017/04/25(火) 13:25:59.94
>>181
日本は忖度の文化だからw
今風に言うと「空気読む」ってやち

188日本@名無史さん2017/05/20(土) 17:31:37.66
武士の起源は武装開拓農民。

189日本@名無史さん2017/05/22(月) 00:37:21.82
滝口、北面の武士を務めた源平は律令で保護された名門貴族から転落して、地方で力を手に入れた律令のあぶれ者。

190日本@名無史さん2017/05/25(木) 10:42:04.19
@在地領主的武士論提唱者:石母田正

A国衙軍政論提唱者:石井進

B職能的武士論提唱者:佐藤進一

東大で教鞭をとっていた年代(石母田→佐藤→石井)からいうと、
職能的武士論の方が、国衙軍政論よりも提唱されたの早いんだな。

@ABの順だと思っていたから、これは意外だわ。

191日本@名無史さん2017/05/29(月) 03:09:28.58
東北の狩猟異民族・エミシが武士の母体という有力な論説がこちら↓

一、エミシ消滅と入れ替わるようなタイミングで武士が現れた
一、戦術が武士とエミシは全く同じ(弓騎馬戦術で盾を使わない)
一、どちらも野戦は得意だが築城も攻城も苦手
一、初期の日本刀は俘囚(エミシ)刀と呼ばれた
一、平安初期の官軍武装と武者鎧との間に連続性が見られない
一、農民との差異とは比べ物にならないほどに言葉が公家たちと大きく違う
一、戦国武将たちの多くがエミシ顔(信玄、謙信、信長、家康)
一、後醍醐天皇から「東夷(異民族への蔑称)」と呼ばれた

武士化しなかった残りのエミシが俘囚長だった安部・清原氏で、
これらは前九年・後三年の役で完全に滅ぼされてる

そのほかにも、万葉仮名といわれた奈良時代のしゃべり方が現代とはまるで外国語のように異質だったのが
平安後期以後は格段に現代の日本語に近づいたのもこの論説の正しさを裏付けてると思う
鎌倉初期の「吾妻鏡」「徒然草」原文なんか、 もう半分以上現代日本語だしな

192日本@名無史さん2017/05/29(月) 04:15:03.24
清原は武士化『完了』しているだろう。
桓武平氏から成衡を次期当主に迎えているし、その前代からすでに当主は桓武平氏からの招婿だったという説もある。

一方、安倍氏にしても、まさに桓武平氏、秀郷流藤原氏の両氏から婿を迎えている最中だった。

前九年役が無ければ、このまま両氏とも「源平藤橘」に父系での「表札」の掛け替えをしていったのだろう。

逆にいえば、
前九年役があったおかげで、その一世代前に関東で行われていった「表札」の掛け替えも、このようなものであったのだろう、という想像がつく。

その意味で前九年役(陸奥話記)は貴重と言える。

193日本@名無史さん2017/06/10(土) 18:08:49.72
>>178
下示国衙軍制由来説に賛成ということですか?
385 :日本@名無史さん:2011/06/02(木) 06:24:45.42
・・・・・・・多くは国造などに系譜を持つ郡司・富豪層が健児制のもと世襲軍人化。
王朝期に国衙への大幅な権限移譲がなされ、その両者が結びついたもの(国衙軍制)それが武士。
【つはもの】武士の起源と成立について【もののふ】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history/1292733807/385-

194日本@名無史さん2017/06/11(日) 13:44:16.77
>>192
>安倍氏にしても、まさに桓武平氏、秀郷流藤原氏の両氏から婿を迎えて・・・・・・・・・・・・・
>「源平藤橘」に父系での「表札」の掛け替えをしていった・・・・・・・・・・・・・・・
父祖伝来の土地・郎党を女婿に譲って「表札」の掛け替えをしたら、
父祖の資産を継承できぬ息子の貞任や宗任系統は如何なる
扱いになるのですか?

195日本@名無史さん2017/06/11(日) 21:14:57.85
悪源太スレでは、自動的に郎党に降下、と、ある有名なコテさんが言っていたような。

196日本@名無史さん2017/06/13(火) 09:31:24.69
武官の坂上田村麻呂

坂上氏は代々鎮守府将軍や検非違使を歴任する家系になったけど
田村麻呂から七代孫になる坂上頼次も検非違使だったが、源満仲が摂津守になったときに頼次を摂津介にして多田政所の警備をさせた
その時に全国に散らばってた坂上氏をめとめあげて坂上党武家団を組織して、その棟梁となった

武官ではなく源満仲の私兵の武家団だから、この辺りから武士の流れが出来たのかと
清和源氏の裏に坂上氏の武力があった

197日本@名無史さん2017/06/13(火) 15:10:31.74
秦氏を匂わすレスが過去スレや関連スレでは頻発していたが、
東漢氏(坂上氏)もかー!

198日本@名無史さん2017/06/16(金) 11:04:37.69
東漢氏は新羅征討で武器の製造をしてたように、製鉄から軍事まで当時の日本にない最先端の武力を持ってきた氏族
この渡来系氏族の武力に目を付けたのが蘇我氏。武力を持つ物部氏に対抗するために、東漢氏を蘇我氏の下に置いた

宮廷や蘇我氏邸宅の警衛を坂上氏が担っていた中で崇峻天皇暗殺事件が起きる。その実行犯が東漢駒だった
暗殺後に崇峻天皇后で蘇我馬子の娘を拐ったとして、馬子に殺される。これは命令の口封じの可能性が極めて高いとされてる

それでも東漢氏の地位があるのは蘇我氏あってのものだから、乙巳の変では他の渡来系が離れるなか、蘇我蝦夷の邸宅を最後まで守ってたのが東漢氏
最後は巨勢徳陀の説得で武装解除したことで、最後の砦の東漢氏まで離れた蘇我蘇我は自殺する

蘇我氏と距離を置くことになった東漢氏は、壬申の乱で大海人皇子側に味方して、その武力を発揮する
天武天皇から直々に七つの不可(天皇に対する罪)があると言われた上で何故か許される

平城京遷都で、坂上氏の本拠地が宮中から藤原不比等邸宅になってしまうため転居せざるを得なかった
どうやら不比等とはそりが合わなかったらしく、渡来系は外へと追いやら不遇の時代に

ところが聖武天皇の時代に坂上犬養が重用されて運が開ける
犬養の子の坂上苅田麻呂は東漢氏らしくその武力で、鎮守府将軍などをそつなくこなして信任を得る
そして貴族社会に入った犬養の代からたった三代で、大納言まで上り詰める坂上田村麻呂が登場する
これは渡来系史上初の快挙で秀吉並みの出世力

とまあ、間違いも多々あるけど東漢氏という武力を持った渡来系氏族は古代史で重要なのは間違いない
坂上田村麻呂まで表に出ないけど、常に裏にいる

199日本@名無史さん2017/06/16(金) 11:18:15.16
この坂上田村麻呂はいかにも武官っぽいけど、実は文官としてもかなり優秀だったりする
文官として優秀すぎたために、子孫が鎮守府将軍なんかになるも明法博士の系統が平安京に残ったりして、軍事貴族から離れた結果、フェードアウトしていく

理由はいくつかあるけど、一番は清和源氏に取り込まれたから
>>196にあるように坂上田村麻呂以後の坂上氏で武力を持った系統はみんな全国に散らばるのよ
戦国時代に伊達政宗の正室を出す田村氏が有名だけど、全国の坂上氏をまとめたのが清和源氏の私兵の山本坂上家

この山本坂上家は清和源氏に武門を継承してしまってる
清和源氏に軍事技術を教授した結果、清和源氏が武力で台頭して来た
その後は、まあご存じの通り清和源氏、とくに河内源氏が大活躍しはじめる

武士の成立はおそらくこの辺りの流れからじゃないかなと思う
坂上田村麻呂が武官らしい武官の最後で、その後は清和源氏で武門に移り変わる

後の軍記物なんかを読むと「坂上田村麻呂、藤原利仁など武門の誉れはいた。今はこの人だ」みたいなのが多いけど
坂上田村麻呂は「毘沙門天の化身」と書かれていて遡れない、遡るには古事記やら日本書紀を引っ張り出してこないといけないからね

200日本@名無史さん2017/06/17(土) 13:58:39.70
>>198
>製鉄から軍事まで当時の日本にない最先端の武力を・・・・・・・・・・・・・・・・
何という最尖端武器なり軍事技術を持っていたのですか?

201日本@名無史さん2017/06/17(土) 16:24:11.07
製鉄技術も既に有ったんだろうけど、
大陸との通商や、蝦夷との硬軟両面での接触を通して、絶えず断続的に最新の製鉄技術の流入があったってことなんだろうね。

202日本@名無史さん2017/06/18(日) 10:40:58.53
>>200
「東漢氏 製鉄」でググれば色々と出てくるだろうし、触れてる本も幾つかある
東漢氏自体は百済から渡ってきたとされていて、嫡流は坂上氏が握るけど諸氏には金作氏や錦織氏がいて製鉄や機織りを百済から日本にもたらしている
面白いもので言うと、鑑定では奈良末期頃の製作とされてる清水寺の伝田村麻呂の刀は当時の朝廷の佩刀や蝦夷の蕨手刀とも違ってる

武器については丸木弓の時代に坂上氏は著公弓っていう大陸で騎馬民族が使っていた短弓を使っていた
坂上氏本家が坂上田村麻呂を祀った松尾神社で代々坂上氏が著公弓を作って将軍に献上、将軍から神社に金子やらが奉納されてた記録もある
坂上頼泰が坂上氏本家では最後の大名になるから、徳川将軍家だけはこの限りにないんだけど
坂上氏が弓馬に優れてるというのは史料に何度か出てくるけど、これは著公弓あっての弓馬の扱いだったわけ
伊治城から日本唯一の弩も出土してるけど、これは坂上田村麻呂が調達した軍備かわからん

坂上田村麻呂は軍備についてそれまでの征東と違って、出征の一年前から陸奥までの補給路の確保をしたり、東海道の軍備の増強を図っていたり入念に下準備をしてる
鎮守府将軍と陸奥守に任命されてから、征夷大将軍に任命される間の一年間の動きを残ってる史料から読みといてる本も幾つか残ってるけど相当綿密に征東計画を立ててる
軍略については田村麻呂以前と以後で朝廷側の軍事の動きの違いを調べるといいかと
副将軍の時の史料も面白いけど

203日本@名無史さん2017/06/23(金) 18:19:18.80
対夷狄軍団地の関東って魏晋南北朝にあった流民軍団の北府軍、西府軍のモロパクリ。ここの出身武人に腐敗した朝廷と貴族が散々反乱され権力剥奪されるのワロタ

204日本@名無史さん2017/06/25(日) 10:46:59.91
武士の本質は封建領主だよ。天皇・公家・寺社などの古代的勢力に反抗して封建社会を切り開いた革命的新興階級が武士なんだよ。

205日本@名無史さん2017/06/25(日) 10:49:48.77
漫画、アニメ


『ずっとオレのターン』という台詞があるみたいだよ

206日本@名無史さん2017/10/08(日) 20:54:59.34
>>119
>隠居の身にもかかわらず天皇を無視して官位を授け・・・・・・・・・・・・・
平安時代の上皇・法皇は、隠居身分などではないぞ。
天皇という不自由な地位でなく天皇の後見役という身軽な
地位で治政を行う「院政」の実権者だ。
頼朝が、義経追捕の名目で諸国への地頭設置認可を
申請したのも天皇でなく院の近臣へだ。
「治天の君」・「院宣」という日本史用語を知らぬのか?

>頼朝は後白河法皇が死ぬほど嫌いだったんだろ・・・・・・・・・・・・・
政治家は、人への好悪で政治を処断しない。
頼朝が後白河を「大天狗」と呼んだのは、義経へ下した頼朝追討の院宣など
自己の政治基盤を揺るがす政敵として警戒してのことだよ。

207日本@名無史さん2017/10/30(月) 07:44:43.78
>>41
>田村麻呂も漢の皇族末裔を称する大男だったっていうんだよなあ。
> 華北は大柄な人が多いというので、まんざら嘘でも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おいおい坂上田村麻呂の本家東漢氏は、その名の通り
朝鮮半島南部の阿耶地方からの渡来人だ。
その上、劉邦の出生地の沛県(現在の江蘇省徐州市豊県)は、
揚子江の河口だから、華北ではないぞ。
学問板で、二重にいい加減なことを言うな。

208日本@名無史さん2017/10/30(月) 09:32:26.89
>>1
武士「アムール川・樺太・北海道ルートで日本進出しました。日本原住民はチビばかりで弱いのでチョロイ」

209日本@名無史さん2017/12/09(土) 19:04:38.38
>>202 >>199 >>198
何故に当スレで坂上氏に関する長文寄稿なのか?
坂上氏の長文なら、以下スレの何れかに頼むよ。
【坂上氏】東漢氏について語ろう【丹波氏】 [無断転載禁止]c2ch.net
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1478418199/
坂上氏を語るスレ [無断転載禁止]c2ch.net
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/history/1469376021/

210日本@名無史さん2018/01/08(月) 18:03:43.65
墾田永年私財法、これが一所懸命の由来となり武士が誕生した

211日本@名無史さん2018/01/30(火) 14:30:40.98
日本史より謎な金儲けできる方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

GXEHT

212日本@名無史さん2018/07/12(木) 17:58:46.00
とても簡単な稼ぐことができるホームページ
念のためにのせておきます
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

M9K

新着レスの表示
レスを投稿する