邪馬台国九州説(平原、筑紫、田川)

1日本@名無史さん2018/05/03(木) 22:15:11.66
たくさんの資料の宝庫九州
さあ語りましょう
畿内説は別のスレでお願いします

2日本@名無史さん2018/05/03(木) 22:27:07.71
https://www.town.kawara.fukuoka.jp/s023/010/020/070/20171105222221.html
これ見て感じたんだが
本物じゃね?
この自然、山と平地の感じに古代を感じてたまらん

3日本@名無史さん2018/05/03(木) 23:00:47.99

4日本@名無史さん2018/05/03(木) 23:06:58.74
本文書き忘れた
この>>3の東し国ってのが
調べてもほとんど出ない
丹波で銅がとれて銅鐸でも作ってたんだろうか?

5日本@名無史さん2018/05/04(金) 03:44:42.97
あげ

6日本@名無史さん2018/05/04(金) 15:38:08.78
倭面土国王→顔に入れ墨をした色黒な人達の王様

7日本@名無史さん2018/05/04(金) 16:28:01.68
>>2
まぁ、いっぺん騙されたと思うて阿波へきてみない。 本家のすごさがわかるけん。  @阿波

8日本@名無史さん2018/05/04(金) 16:33:28.61
阿波って四国の阿波?
ちょっと街のホームページでも見てくる
四国だけは行ってないんだよなあ@東京

9日本@名無史さん2018/05/04(金) 17:07:16.44
阿波のいくつかのHPと神社の写真見てきた
石積の遺跡はたまらんね
なんか感じるけど
神社はあんまり感じなかったなあ。新しい写真だからかな
でも阿波も魅力的だね
阿波も福岡や奈良と似た地名があるんだね不思議 

10日本@名無史さん2018/05/04(金) 17:41:38.77
>>9
>神社はあんまり感じなかったなあ。新しい写真だからかな

そうでしょうね。 実際、小さくて村の鎮守様って感じが多いから。
ところが、神名神社とかご祭神がレアなんだよね。
兎に角、阿波にしかない式内社が非常に多い不思議。  @阿波

11日本@名無史さん2018/05/04(金) 17:45:00.37
奈良と福岡と四国の倭三山を見比べた結果は
福岡田川に軍配だなあ
奈良は山と言えないよ、丘と言うのもおこがましい
四国は山だけど持統天皇の歌と合う感じがしない
田川の香春岳だな、白い衣=石灰や大理石が露呈していた
持統天皇のこればかりはナカナカ偽装出来ない表現力 
福岡田川香春岳=1の岳、2の岳、3の岳=
天香山、耳成山、畝尾山

12日本@名無史さん2018/05/04(金) 17:52:53.70
>>11
>四国は山だけど持統天皇の歌と合う感じがしない
>田川の香春岳だな、白い衣=石灰や大理石が露呈していた

辰砂採掘若杉山遺跡の在る徳島県阿南市
ここの石灰や大理石も有名だよ。
国会議事堂の大理石、阿南市産ってこと知ってる?  @阿波

13日本@名無史さん2018/05/04(金) 17:56:40.98
>>10いやいや神社が大きいとかは興味ないよ雰囲気が大事だよね
茶色の小さな神社にはムムッと思ったんだが基礎の石が〜

まあ実際行って実物見ないとダメだね
見に行きたい。
もっと調べてみる 

14日本@名無史さん2018/05/04(金) 18:04:11.98
>>12国会議事堂の大理石
よく知ってるよ、よくそこの交差点を曲がっているからね
でもあの大理石はあまり白くないよ灰色グレーって感じ
裁判所なのにグレーなのかよ白黒にしろよなと仲間内は言っている
香春岳の石灰石は白、純白しかも山に木が少ない山

15日本@名無史さん2018/05/04(金) 18:13:15.55
>>14
>でもあの大理石はあまり白くないよ灰色グレーって感じ
>裁判所なのにグレーなのかよ白黒にしろよなと仲間内は言っている

裁判所?  @阿波

16日本@名無史さん2018/05/04(金) 18:47:07.38
うわあ裁判所と国会議事堂間違いました
ごめんなさい
国会議事堂の壁のことかしらん?
あそこは近寄れないからよくみたことないです
多分上質な大理石なんだろうなあ

阿波さんはズバリ卑弥呼は誰と思ってます?お墓はどこと思っていますか?
言いたくないなら秘密でもいいですけど

17日本@名無史さん2018/05/04(金) 18:56:44.56
>>14
>でもあの大理石はあまり白くないよ灰色グレーって感じ

大理石は内装材だよ? それ、外装の花崗岩じゃないの?

>裁判所なのにグレーなのかよ白黒にしろよなと仲間内は言っている

裁判所?  @阿波

18日本@名無史さん2018/05/04(金) 19:07:38.89
>>16
>阿波さんはズバリ卑弥呼は誰と思ってます?お墓はどこと思っていますか?

卑弥呼は天照大神=大宜都比売=御食津神=豊受大神で表しているのでしょう。

お墓は「天石門別八倉比賣神社」裏手に在る円墳です。
天照大神伝説の地は徳島市国府町「天石門別八倉比賣神社(あまのいわとわけやくらひめじんじゃ)」です。
御祭神は大日孁女命(おおひるめむちのみこと)こと天照大神です。
また、大宜都比売命(おおげつひめのみこと)が祀られているのが徳島の神山町にある上一宮大粟神社(かみいちのみやおおあわじんじゃ)です。
大宜都比売命の別名を天石門別八倉比売命(あまのいわとわけやくらひめのみこと)と言われています。
※「大宜都比売命」=「天石門別八倉比売命」=「大日孁女命」=「天照大神」   @阿波

「八倉比賣神社」
http://kamnavi.jp/en/awa/yakura.htm

「矢野神山 天石門別八倉比賣神社記 寫」
http://awa-otoko.hatenablog.com/entry/2016/09/27/213429

19日本@名無史さん2018/05/04(金) 20:02:29.16
阿波さん松熊神社って本物やん
この辺の古墳の石棺ってあるの?中は朱?
銅鐸は時代が違う気も少ししますけど、銅なんでしょうか

20日本@名無史さん2018/05/04(金) 20:44:18.33
>>19
>この辺の古墳の石棺ってあるの?中は朱?

矢野古墳に関しては石棺は無いみたいですね。石室は阿波の結晶片岩(青石)のようです。
石棺のある古墳もあると思いますが、あれば朱が施されているでしょう。
「天石門別八倉比賣神社」がある杉尾山自体がご神体なもんだから、掘り起し調査が出来ません。


>銅鐸は時代が違う気も少ししますけど、銅なんでしょうか

青銅製でしょ。  @阿波

21日本@名無史さん2018/05/05(土) 05:06:02.71
こんな仮説立てたら笑われるかもしれないけど
福岡県みやこ郡→今の京都
福岡県田川郡奈良→今の奈良県
福岡県から引っ越して出来たって閃いたんだけどw
@東京

22日本@名無史さん2018/05/05(土) 05:53:47.34
>>21
阿波國半田町の地名「天皇」  同じ半田町には「京都」「蘇我」「葛城」も。
その対岸の美馬町には「倭大國魂神社」「倭大國敷神社」 
この地域だけでもこんな状況。  実に不思議ですね、阿波は。  @阿波

23日本@名無史さん2018/05/05(土) 06:23:42.78
阿波関係のブログなどみてたら寝てしまった
あの小さな祠は本物だね
福岡田川の神社も小さなのたくさんあるみたいだ

それよりユダヤのアーク説にぐぐっときたよ本当かな?

しかし全国にあるアマテラス系の神社とか、どれが最古なのか?
どこに遺体安置とかあるのかねえ?
いやアマテラスだけに限らず全国的全部の神様に言えるんだけど

24日本@名無史さん2018/05/05(土) 19:28:20.16
https://kakuyomu.jp/works/1177354054880554506/episodes/1177354054880554537
これ読むと最澄だって福岡田川に
中国への行き返りに寄ってお参りしてんだよな
昔から信仰深い土地だったんでしょう 

25日本@名無史さん2018/05/05(土) 20:06:37.46
万葉集を読めば読むほど昔は田川に都があったんだと思う
手持女王の歌は間違いなく田川の河内王の墓
この宮内庁管轄の河内王の墓だって思ったより小さな円墳
田川には他にも伝記のある円墳がたくさんある

 

26日本@名無史さん2018/05/05(土) 20:09:21.66
>>25
田川は奴国(二万戸)ですね。  @阿波

27日本@名無史さん2018/05/05(土) 20:19:33.46
阿波にある神社のご本尊や祀られてる神様と同じ神社なら
田川にも同様な神社がほとんどあるね
息永(秋永)ってつく苗字も福岡が発祥みたい
まあ韓国からの外国人なんだけどねぇ....

28日本@名無史さん2018/05/05(土) 20:33:02.27
>>26それは金印の
漢委奴国王の奴国でいいんでないの
漢に委ねられた奴国の王の印

糸島よりスッキリするわ

なんで田川にこんなに古い神社あるのか逆に教えて欲しいです

29日本@名無史さん2018/05/05(土) 20:50:37.66
志賀島だった

30日本@名無史さん2018/05/06(日) 00:16:57.76
〇これまで判明している邪馬台国のまとめ

・卑弥呼・台与の一族が後の王権に繋がり、太陽の女神への伝説を生みだした

・女王のシャーマニズム(後漢書:鬼神道能以妖惑衆) の名残が後の天皇家の宮中祭祀

・邪馬台は”ヤマト”と読み中国人の当て字 

・邪馬台国はヤマト王権の前身、アメリカも13州からスタートした

・邪馬台国の連合国政権は近畿、出雲〜九州北部の広域を版図とした
 https://i.imgur.com/kSa35lq.jpg

・当時の大陸側から見た倭国は南北に長いとされていた
 https://i.imgur.com/ACKMZhw.jpg

・邪馬台国連合は次第にヤマト王権へ変貌し、卑弥呼の出身部族のヤマトの名称が引き継がれた
 https://www.youtube.com/watch?v=lCefJ4319b8

31日本@名無史さん2018/05/06(日) 05:53:21.77
>>30
>・邪馬台国の連合国政権は近畿、出雲〜九州北部の広域を版図とした

ただし、卑弥呼の時代にそれは無理。
「近畿、出雲〜九州北部の広域を版図とした 」したのは4世紀以降だろう。  @阿波

32日本@名無史さん2018/05/06(日) 06:43:39.85
阿波さんおはようございます

松本清張の日本史疑って本を引用すると
https://hajimete-sangokushi.com/2016/10/16/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E6%B8%85%E5%BC%B5%E3%82%82%E6%B3%A8%E7%9B%AE%EF%BC%81%E9%82%AA%E9%A6%AC%E5%8F%B0%E5%9B%BD%EF%BC%88%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%8F%EF%BC%89%E3%81%AF%E3%81%A9/
日本やアフガニスタンやイランまでが同じ距離感で
書かれているから距離はデタラメって書いてあるね

33日本@名無史さん2018/05/06(日) 07:55:00.64
>>30
>・邪馬台国の連合国政権は近畿、出雲〜九州北部の広域を版図とした

ただし、卑弥呼の時代にそれは無理。
卑弥呼の時代は、倭国(阿波)国内の統一を図る時期。
「近畿、出雲〜九州北部の広域を版図とした 」したのは「倭の五王」以降だろう。  @阿波

34日本@名無史さん2018/05/06(日) 08:01:03.03
>>30誰がこんなデタラメなカキコしたんだよ
阿波さんに退治してもらえ

倭の5王?

35日本@名無史さん2018/05/06(日) 08:08:14.53
>>34
>倭の5王?

要は、各地を拓殖時代から支配統治時代へと変わっていった時期のこと。  @阿波

36日本@名無史さん2018/05/06(日) 15:20:26.81
誰か明時代(1500年頃)の
四海華夷総図
を説明出来る人いませんか

これを見ると
倭が九州で、日本は四国?本州?

37日本@名無史さん2018/05/08(火) 20:50:03.94
俺が最大のヒントをやる
卑弥呼の墓は?
台与の墓は?
2つはどこにあるか?離れているのか、並んでいるのか

38日本@名無史さん2018/05/10(木) 19:52:09.74
福永晋三さんって面白いな
考古学の古田って方ともめてんだなw

39日本@名無史さん2018/05/11(金) 23:42:31.01
九州説も中々有力みたいだけど、
3世紀半ばからの古墳の分布を見たら九州では分が悪すぎる。
古墳は稲作が積極的に行われた証。

40日本@名無史さん2018/05/11(金) 23:55:24.16
卑弥呼の死後に周辺諸国が元気になっただけ。
卑弥呼の治世は2世紀末からだから。
3世紀半ばから交流するのは卑弥呼に抑圧されていた地域。

41日本@名無史さん2018/05/12(土) 00:04:54.11
>>39

古墳が本格的に増えるのは4世紀以降だよ
3世紀と思われる前方後円墳は畿内の箸墓より九州の那珂八幡が古いしね

まず、倭人伝の時期は3世紀前半の庄内期
そして、倭国は卑弥呼以前から存在すること

大陸との関係性
それに伴う文化の先進性

西日本という範囲で広域政権が3世紀前半に存在するのか?

以上を総合的に考えたら、畿内はちと厳しいかと

畿内が発展するのは微妙にもう少し後なんだよなぁ

42日本@名無史さん2018/05/12(土) 00:55:09.01
>>41
3世紀からだよ。

それは置いといて、
古墳時代前期から古墳は畿内が圧倒的に多い上に、
規模も大きい。稲作の地勢的には九州北部の方が圧倒的に適しているのにね。

43日本@名無史さん2018/05/12(土) 01:48:30.77
卑弥呼より後の時代のことを持ち出して意味あるの?

44日本@名無史さん2018/05/12(土) 01:57:59.32
>>43
後という程のものではないよ。

魏志倭人伝には載っているものの、
謎の多い三角縁神獣鏡の分布も畿内を中心として見つかっている事からも、やはり邪馬台国は畿内だったと考えるのが妥当か。

45日本@名無史さん2018/05/12(土) 05:50:17.72
三角は国産だし、時代が違うし

46日本@名無史さん2018/05/12(土) 07:43:27.71
また畿内説が後世の鏡を持ち出している。

47日本@名無史さん2018/05/12(土) 07:52:44.69
そもそも鏡じゃないのでは?
国産の4世紀葬具っしょ。

48日本@名無史さん2018/05/12(土) 07:57:35.28
仏壇の脇に飾られてる造花みたいな

49日本@名無史さん2018/05/12(土) 08:21:38.84
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=SiHp41uWo1I
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8
https://youtu.be/-wF31xbwqPM

50日本@名無史さん2018/05/12(土) 09:02:43.89
銅鏡ってのは「鏡」だからな。
中国でも鏡として売られていたわけで、
自分の顔も確認できない凸型のは鏡じゃないでしょ。
単なる葬具だよ。

51日本@名無史さん2018/05/12(土) 13:38:24.10
>>45
国産と限った訳ではないよ。

52日本@名無史さん2018/05/12(土) 13:38:56.24
>>50
凸型って?

53日本@名無史さん2018/05/12(土) 13:40:04.58
凸面鏡

54日本@名無史さん2018/05/12(土) 14:14:39.25
あげ

55日本@名無史さん2018/05/12(土) 15:12:51.22
>>51
三角は国産

56日本@名無史さん2018/05/12(土) 15:48:41.35
三角縁は、設計段階から量産を念頭に置いた
4世紀の以降のイ方製鏡です

57日本@名無史さん2018/05/12(土) 16:08:43.68
キミらは女性に鏡をプレゼントするのに、何のために贈るんだ?
女王様に贈った鏡で化粧もできないなんてありえない話だ。

銅鏡百枚は、鏡として贈ったのなら、きちんとした凹面鏡。
鋳潰して銅原料として贈ったのなら、なんでもいいが、それなら漢代の中古品だろうな。

58日本@名無史さん2018/05/12(土) 16:42:46.14
以前も誰かが計算してたけど、
青龍三年銘方格規矩四神鏡が直径17.4センチメートル
平原の超大型内行花文鏡が直径46.5センチメートル(直径二寸周径八咫)

青龍三年銘方格規矩四神鏡を鋳潰して超大型内行花文鏡を作った場合、

46.5÷17.4=2.67だから、面積は二乗、厚さは2倍前後として、
2.67×2.67×2=14.25
つまり、15枚の青龍三年銘方格規矩四神鏡で、
1枚の超大型内行花文鏡が作れることになる。

100枚÷15=6余り10

平原遺跡に5枚副葬したのだから、超大型内行花文鏡は1枚だけ伝世。
鋳潰さなかった10枚のうち3枚が見つかっている計算になる。

59日本@名無史さん2018/05/12(土) 16:45:13.55
【八咫鏡】

平原遺跡から出土した5枚の超大型内行花文鏡の直径は46.5cmであり、史上最大の銅鏡である。
径1尺の円の円周が4咫であり、これらの鏡は直径2尺、円周が8咫であることから三種の神器の一つである八咫鏡と考えられる。
神道五部書等によれば八咫鏡は八葉という。
伊勢二所皇御大神御鎮座傳記は伊勢太神宮の宝鏡について「八頭花崎八葉形、圓外日天八座」とある。
八葉とは、鈕孔を巡る八葉座のことであるが、通常の内行花文鏡は四葉座であり、平原から出土した超大型内行花文鏡の八葉座は他に例がないことから、これが伊勢にある八咫鏡と同汎鏡と考えられる。

内行花文鏡は、前漢時代の日光鏡や清白鏡の系譜上にある太陽を象った太陽信仰の象徴である。
三雲南小路遺跡の甕棺墓から発見された内行花文鏡には「見日之光天下大明」という銘文があり、内行花文鏡が太陽光を象った鏡であることがわかる。
内行花文鏡は中国で王侯に下賜されていた形式であり、倭国は内行花文鏡を王権の象徴として漢王朝の冊封の元での祭政一致王権をとっていたことになる。
八咫鏡はニニギら日向王家の象徴であるが、それが日向峠のある高祖山周辺にあったことで、伊都国が記紀に伝えられる倭国の旧都、筑紫の日向であったことがわかる。

伊勢内宮に3回ほど火災があり神鏡が焼失し、作り直された鏡は元の大きさではなくなっているという。
宮中賢所(内侍所)の神鏡も火災に遭い灰となり、安徳天皇とともに壇ノ浦に沈み、それを源義経が八尺瓊勾玉とともに回収したものが、賢所に置かれている。

石凝姥命が八咫鏡に先立って鋳造した同等の鏡として、紀国一宮である日前宮(ひのくまみや)の日像鏡、國懸宮(くにかかすみや)の日矛鏡がある。
伊勢が大和の東の出口、日前は西の出口にあり、伊勢とほぼ同等の力を持っていたといわれている。
筑前国風土記では、沖ノ島辺津宮の神宝も八咫鏡と記録されている。
これらを含めると、八咫鏡の総数は、伊勢内宮、宮中賢所、日前宮、國懸宮、辺津宮、伊都に5枚で、最低でも10枚は存在していたことになる。
この他に日本書紀では筑紫梟帥の神夏磯姫が所有していたことが記録されているが、顛末は記録されていない。

60日本@名無史さん2018/05/12(土) 17:07:43.05
銅鐸に代わる、音を出す祭祀用具らしい

61日本@名無史さん2018/05/12(土) 17:45:31.64
軒先に吊るすくらいだからな

62日本@名無史さん2018/05/12(土) 18:36:54.82
其山丹有の丹って阿蘇黄土のことでしょ
初期の丹は顔や墓に塗る朱色の丹
製鉄に使う為の丹の意味
まだ金メッキの複合として使う為のマアルガム水銀
までは時代的にいってないでしょ
いまだに取れ続けている阿蘇黄土でしょ
阿蘇には鉄が沢山でる古墳が多いらしい
また四国もあるんだよな

63日本@名無史さん2018/05/12(土) 18:45:02.52
>>62
ところで、九州の古墳から出る丹は阿蘇黄土なのかね?  推して知るべし。  @阿波

64日本@名無史さん2018/05/12(土) 18:45:47.26
>>61
畿内はすごいなあ

65日本@名無史さん2018/05/12(土) 19:09:59.80
>>63えっ違うの?
阿蘇黄土を焼いたベンガラと違うのですか?

66日本@名無史さん2018/05/12(土) 20:26:30.03
其山丹有の前の白珠青石は?

67日本@名無史さん2018/05/12(土) 20:29:44.73
真珠はそのまま。
21世紀の今まで続く、日本の誇る真珠生産の最初期。

青石は翡翠しかない。
縄文時代から日本の特産品。
これ以外という奴がいたら、そいつは日本人じゃない。

68日本@名無史さん2018/05/12(土) 20:35:54.75
真珠もヒスイも「出」
実際に、日本で産出していたわけですな。

だが、丹水銀は、其山丹「有」
有るだけ。

対馬海峡を経て活発に海外交易していた北部九州倭国は、
安価で大量の中国水銀朱で足りていて、自国の水銀鉱山をわざわざ採掘する必要は無かったわけですな。
考古学的にも判明しております。

69日本@名無史さん2018/05/12(土) 20:44:18.56
>>68
>北部九州倭国は、 安価で大量の中国水銀朱で足りていて、自国の水銀鉱山をわざわざ採掘する必要は無かったわけですな。

水銀鉱脈が無ければ、掘削しようにも出来ない訳でw  
だから、北部九州倭国の古墳はベンガラ・鉛丹・丹木を使っているんだね。  @阿波

70日本@名無史さん2018/05/12(土) 22:02:19.53
性格には
翡翠に似た石
です
古墳から出る勾玉などをよく調べたら7割以上が翡翠でないんだと
九州産翡翠に良く似た石を分析すると
出雲やいろんな場所で発掘出るらしい
本当の翡翠は新潟くらいしか日本では取れないからね

71日本@名無史さん2018/05/12(土) 22:38:02.05
翡翠に似た石とは緑色をしたクロム白雲母のことですね
翡翠だと思われてた多くの装飾品は熊本県で採れるクロム白雲母製だったそうですね。

72日本@名無史さん2018/05/12(土) 22:52:41.21
つまり熊本産のクロム白雲母かどうか蛍光x線
で調べていけば九州との交流がわかるかもしれない
とりあえず出雲は熊本産が出ている
畿内説の土器編年なんかより、科学的に調べていくべき
 

73日本@名無史さん2018/05/12(土) 23:29:47.46
学術板にふさわしい、良いアイデアですね。

74日本@名無史さん2018/05/12(土) 23:34:49.16
熊本は稲作が盛んで、鉄器生産が盛んで、翡翠もどきも出るなんて、大したものです。
筑紫、出雲、越に加えて、肥国(狗奴国)などが倭国の主要地域だったのでしょうね。
開発が遅れて貧困な奈良盆地との差がさらについた気がします。

75日本@名無史さん2018/05/13(日) 01:43:30.49
肥後に

拠点

が?

76日本@名無史さん2018/05/13(日) 02:20:51.85
【稲作の分布】

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E4%BB%A3%E4%BB%A5%E5%89%8D%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E7%B5%B1%E8%A8%88

旧国 『延喜式』出挙稲数(束)
◆畿内 2,087,126
山城 424,070
大和 554,600
河内 400,954
和泉 227,500
摂津 480,000

◆西海道 5,990,581
筑前 790,063
筑後 623,581
豊前 609,828
豊後 743,842
肥前 692,589
肥後 1,579,117
日向 373,101
大隅 242,040
薩摩 242,500
壱岐 90,000
対馬 3,920

畿内の開墾が進んだ時代でさえ、九州の方がはるかに稲の収量が多く、より多くの人口を維持できたと考えられる。
弥生時代においては、奈良、京都、大阪などに沼地が広がっており、この差はさらに大きかったと考えられる。
九州ならば、福岡奴国2万戸を含む7万戸を福岡県だけでまかなえるし、熊本狗奴国が邪馬台国に対抗できた理由も説明できる。

77日本@名無史さん2018/05/13(日) 04:20:06.27
なんだか稲作は圧倒的に違うな
くまもんガンバレ 

78日本@名無史さん2018/05/13(日) 06:02:10.34
>>76
>九州ならば、福岡奴国2万戸を含む7万戸を福岡県だけでまかなえるし、熊本狗奴国が邪馬台国に対抗できた理由も説明できる。

そもそもそれ以前に、九州は「其山有丹」で即、アウト!
よって、最初から邪馬台国論争に参加する資格無し。  @阿波

79日本@名無史さん2018/05/13(日) 06:34:46.03
阿波では青石は取れるんですか?

80日本@名無史さん2018/05/13(日) 07:03:17.50
>>79
>阿波では青石は取れるんですか?

阿波の青石(緑色片岩)ですか?  有名ですよ。  畿内の石棺にも使われています。
「白珠青石」の青石は、その青色片岩中の藍閃石でしょう。  @阿波

81日本@名無史さん2018/05/13(日) 08:13:03.41
『日本地質学会が「県の石」選定
徳島県は岩石が「青色片岩」 鉱物が「紅れん石」 化石が「三角貝」
「青色片岩」は濃い青色が特徴の石。眉山(徳島市)や高越山(吉野川市)でまとまった量が産出し、それらの地域で石垣に使われているほか、弥生時代には石包丁や石おのに活用された。
「紅れん石」は、濃い紅色や桃色をした長柱状の結晶で、眉山を訪れた明治時代の地質学者が世界で初めて発見したとされている。』

実は紅蓮石は、勾玉製作に必要不可欠な石なのです。
島根県立古代出雲歴史博物館によると
@出雲にも「蛇紋岩製勾玉」は出土しているが原石の産地は確認していない。
A出雲の勾玉を作る工程で、内磨き(内側へ湾曲部)の砥石に「阿波の吉野川産」の
 紅蓮石を使用している。

「蛇紋岩の製作遺跡」 東みよし町稲持遺跡、徳島市矢野遺跡、上板町七条経塚遺跡

「原石産出地」 徳島県吉野川加茂谷川水系蛇紋岩  @阿波

82日本@名無史さん2018/05/13(日) 08:48:49.72
>>76
あれ?上で時代がどうとか、後世がどうとか言ってなかったっけ。

九州人の九州マンセーは、東北と同質。
中央から離れて居ることによる、染み込んだコンプレックスで見苦しい。

83日本@名無史さん2018/05/13(日) 09:20:56.41
後世の石高を持ち出したり、
古墳時代の熊本古墳の副葬品を持ち出したり、
久留米を邪馬台国にするために熊本を過大評価しようとするから突っ込まれる。

84日本@名無史さん2018/05/13(日) 10:52:49.58
>>81
阿波の石で作られた宝飾品はあるの?

85日本@名無史さん2018/05/13(日) 10:54:54.72
>>83
古墳時代や弥生時代だと関西は九州に比べて開発が遅れていたから石高の差はもっと大きかったはずだよ。

86日本@名無史さん2018/05/13(日) 10:58:39.23
>>82
古代においては九州が中央。
奈良が中央と言い張るのは見苦しい田舎根性。

87日本@名無史さん2018/05/13(日) 10:59:01.67
>>83
久留米は熊本ではない。

88日本@名無史さん2018/05/13(日) 11:00:33.05
>>62
「出真珠 青玉 其山有丹」
真珠や青玉は出(採れる)
丹は有(そこにある)
辰砂だと採掘しないといけないから有とは表現できないですね
リモナイトだと地表に露出してますから正に有ですね。

89日本@名無史さん2018/05/13(日) 12:41:56.52
>>81
>阿波の石で作られた宝飾品はあるの?

 朝廷の祭祀には玉が祭料,幣帛として使われた。忌部は,大和朝廷が祭祀に必要としたその玉類の生産,調達にかかわっていたとの指摘がある。忌部の祖神である「天太玉命」に玉の文字が含まれていることも偶然ではないはずだ。
「日本書紀」(神代下第九段)に忌部に関する記述があり「…櫛明(くしあかる)玉神を作玉者とす…」とある。「古語拾遺」にも似た記述があり,忌部氏はいろいろな神を率いて幣帛・祭具の生産に従事した。櫛明玉神は出雲国の玉作の祖という。
 さて,島根県で玉作といえば,出雲玉作遺跡がある玉湯町,松江市忌部だ。つまり旧意宇郡忌部郷を中心とする地域だった。「延喜式祇式」臨時祭条に「…毎年十月以前令意宇郡神戸玉作氏造備…」とある。
これを「出雲風土記」と照らすと,毎年十月に玉を調達した玉作氏の住む意宇郡神戸が,「和名抄」に出てくる「忌部神戸」であることが明らかになる。つまり出雲の玉作りは忌部が行っていたわけだ。
 もちろん,忌部の祖神を祀る天太玉命神社がある奈良県橿原市の近くにも玉作遺跡である曽我遺跡がある。大和朝廷の官立の玉作工房だったようだ。
 徳島の玉作遺跡は,徳島市国府町矢野の「矢野遺跡」と三好市三加茂町の「稲持遺跡」がある。両遺跡とも緑灰色の蛇紋岩を使用し,勾玉の製作をしていた。矢野では気延山や眉山から石を運んできたようだ。
時代は矢野が若干古く弥生時代後期後半とみられる。矢野遺跡周辺は,いうまでもなく古代阿波が最も栄えていた土地である。  @阿波

90日本@名無史さん2018/05/13(日) 12:45:24.50
>>88
>辰砂だと採掘しないといけないから有とは表現できないですね
>リモナイトだと地表に露出してますから正に有ですね。

若杉山でも辰砂、露頭してますよ。 正に有ですね。 どうでもいいけど。  @阿波

91日本@名無史さん2018/05/13(日) 14:19:14.36
>>89
3世紀の阿波の石の宝飾品の現物は何処にあるの?

92日本@名無史さん2018/05/13(日) 14:48:21.44
熊本県南部産のクロム白雲母製装身具が盛行するのは九州の縄文後晩期、
弥生早期までに衰退する
大分、熊本、宮崎の各平野部で集中的に出土する
墓から出土するのはごく稀

93日本@名無史さん2018/05/13(日) 15:26:00.63
>>92
クロム白雲母製装身具は最盛期の縄文時代には本州にも輸出されてたようですが
衰退したとされる弥生時代以後も九州内では古墳時代前期の遺跡からも出土してます。

94日本@名無史さん2018/05/13(日) 15:42:01.98
>>92そんな事はない、言いきれる
翡翠勾玉だけでも楽々1000以上発掘されているだろ 
それだけサンプルあればクロム白雲母の流通を調べる
価値はある
あなたが言うみたいに
もし古墳時代以前に流通しているなら、
そっちの方が歴史変わるわ

95日本@名無史さん2018/05/13(日) 15:52:24.11
九州における縄文時代の玉類は墓から出土することが稀である一方、
弥生時代の玉類は墓から出土するため、前者は「生者の玉」後者は「死者の玉」とされる。
しかし、縄文時代の玉類が弥生時代になり墓に持ち込まれた例は管見では2例のみであり、
玉類が死者へ副葬される習俗が定着する前に、
既に縄文時代の玉類は使用されなくなっていた。 熊本大学 大坪志子

96日本@名無史さん2018/05/13(日) 16:07:31.71
青玉がない阿波は邪馬台国候補から脱落でOK

97日本@名無史さん2018/05/13(日) 16:28:35.57
丹をがっつり採掘して「其山出丹」だから脱落でOK

98日本@名無史さん2018/05/13(日) 16:35:44.81
>>95申し訳ないけど文がわからないので
(菅見では2例のみであり)
菅見ってどこよ?

99日本@名無史さん2018/05/13(日) 16:37:44.00
管見は自分の知識・見解・意見をへりくだっていう語

100日本@名無史さん2018/05/13(日) 16:39:09.13
〔管の穴から見る意〕
@ 見識がせまいこと。
A 自分の知識・意見をへりくだっていう語。 「 −によれば」

101日本@名無史さん2018/05/13(日) 16:46:29.43
菅見ありがとう勉強したよ
中国の玉に熊本県の輸入品があれば面白いのにね

102日本@名無史さん2018/05/13(日) 17:02:05.40
すがみだろw

103日本@名無史さん2018/05/13(日) 17:47:48.97
>>96
>青玉がない阿波は邪馬台国候補から脱落でOK

で、青玉のあるところはどこかね?

「白珠青石」の青石は、その青色片岩中の藍閃石でしょう。  @阿波

104日本@名無史さん2018/05/13(日) 17:50:55.51
>>91
>3世紀の阿波の石の宝飾品の現物は何処にあるの?

稲持遺跡(徳島県三好郡東みよし町稲持)は、弥生時代後期の玉作遺跡として代表的である。
斉一性の強い小型勾玉の一群が阿波地域を中心に
讃岐地域・吉備地域と西縁・伊予地域・豊前、筑前、肥前地域 に点在しており、石材・色調・形状から特定の場所で作られたと考えられる。  @阿波

蛇紋岩の製作遺跡 東みよし町稲持遺跡。徳島市矢野遺跡、上板町七条経塚遺跡
原石産出地 徳島県吉野川加茂谷川水系蛇紋岩

105日本@名無史さん2018/05/13(日) 17:57:43.11
>>104その蛇紋岩がいろんな国々で見つかってたら
価値も高まるねぇ

出雲は少しづつ色々なものがでるから
大きな集会場だったんだろうか?
やっぱり
出雲>>>>>>>桃の種の県だわ

106日本@名無史さん2018/05/13(日) 18:09:47.98
>>105
>その蛇紋岩がいろんな国々で見つかってたら
>価値も高まるねぇ

だから、讃岐地域・吉備地域と西縁・伊予地域・豊前、筑前、肥前地域の国々で見つかってるでしょ。

>出雲は少しづつ色々なものがでるから
>大きな集会場だったんだろうか?

当然、出雲でも出雲忌部がもたらした蛇紋岩製勾玉がありますよ。  @阿波

107日本@名無史さん2018/05/13(日) 18:24:30.44
>>96
>青玉がない阿波は邪馬台国候補から脱落でOK

で、青玉のあるところはどこかね?
いつも、黙り込むんだよね。でOK   @阿波

108日本@名無史さん2018/05/13(日) 18:34:15.67
その蛇紋岩が四国産だという科学的証拠はあるか
誰が検証したのかね

残念ながら蛇紋岩は日本全国で取れるんだよ
四国産の検証がみたい

四国を応援するきっかけが欲しいね

109日本@名無史さん2018/05/13(日) 18:46:15.60
>>108
>残念ながら蛇紋岩は日本全国で取れるんだよ
四国産の検証がみたい

それは、検証済みかもしれないし、まだ検証出来ていないかもしれない。
一方、蛇紋岩製の勾玉を造っていた遺跡は現在、阿波にしかないのも事実である。
このことから、おのずと蛇紋岩製勾玉が阿波製であると推察されるおでは?  @阿波

110日本@名無史さん2018/05/13(日) 18:46:44.42
>>104
吉野川で採取される蛇紋岩は茶色ぽくて青くないのだが?

111日本@名無史さん2018/05/13(日) 18:47:39.23
>>96
>青玉がない阿波は邪馬台国候補から脱落でOK

で、青玉のあるところはどこかね?
いつも、黙り込むんだよね。でOK   @阿波

112日本@名無史さん2018/05/13(日) 18:49:18.18
>>110
>吉野川で採取される蛇紋岩は茶色ぽくて青くないのだが?

なんで青くなくてはいけないのかな?  @阿波

113日本@名無史さん2018/05/13(日) 19:03:15.99
>>112九州の古墳内部の染色に青石色素が使われているから
>>109鉱物の含有率が同じ証拠ないと
これを認める訳にはイカン

九州説だろうと阿波や畿内説だろうと
後付けの編年史を検証したいのさ
本当の事実を知りたいだけ
どこかに秘密の闇があるような気もしている 

114日本@名無史さん2018/05/13(日) 19:05:01.68
青玉は翡翠だろ
金銀製品が登場するまでは日本の特産品だ

115日本@名無史さん2018/05/13(日) 19:31:30.78
>>114上からスレ読んでこい
本物の硬玉翡翠が日本のどこで出るのか

116日本@名無史さん2018/05/13(日) 19:33:53.73
>>115
少量なら各地で出るけど、
考古学的に一言で答えるなら新潟。

117日本@名無史さん2018/05/13(日) 19:59:11.52
議論の前提条件が意味不明なんだが、
魏志「倭人」伝だからな。

北部九州倭国
東に渡海して、日本海沿岸に倭種

考古学的にも日本海沿岸には鉄器その他、
北部九州の文物が弥生早期から伝播している。

倭地の産物には、新潟の翡翠も入る。

118日本@名無史さん2018/05/13(日) 20:48:44.49
新潟は翡翠と奴奈川比売
ここにも大国主が出てくる
大国主は本当に存在したのかなあ?

119日本@名無史さん2018/05/13(日) 20:54:00.35
魏志倭人伝も日本書記もあまり信用してないんだよな(ポツリ)
私が一番信用しているのは万葉集 

120日本@名無史さん2018/05/13(日) 20:59:49.57
>>118
>新潟は翡翠と奴奈川比売
>ここにも大国主が出てくる
>大国主は本当に存在したのかなあ?

いたよ。倭国(阿波)にね。 新潟にも忌部の海人が進出している。
新潟の翡翠も持ち帰っている。  @阿波

121日本@名無史さん2018/05/13(日) 21:10:00.92
>>118
人物だったか勢力だったかは別として、
八千矛神だし、最後も矛を譲るんだから、
考古学的には中広型銅矛の指導者だろう。

122日本@名無史さん2018/05/13(日) 21:15:01.43
>>118
存在しなかったと考える理由もないなあ。
当時は朝鮮半島から筑紫に渡り、日本海に沿って出雲から越までの海運が流通の基本で、出雲はその中核に位置していたのでしょう。

123日本@名無史さん2018/05/13(日) 21:20:20.76
>>122
それ、忌部の海人だから。  @阿波

124日本@名無史さん2018/05/13(日) 21:24:27.12
>>119
解釈が難しいですが万葉集は改竄とかなさそうなので一番信用できそうですね
2番目は魏志倭人伝で改竄は無いようですが誤記とかありますね
3番目は日本書記で政治的な目的から大規模な改竄があるようですね。
 

125日本@名無史さん2018/05/13(日) 21:28:53.05
倭人伝は政治的バイアスがあるよ

126日本@名無史さん2018/05/13(日) 21:31:01.68
>>124
王統を語る証明書には信用が必要です。
何かを割愛しているのなら、それ以外の部分は逆に正確に書かれているでしょう。
大国主などもそうです。

127日本@名無史さん2018/05/13(日) 21:45:56.47
陳寿は、草書体で下書きを書いたまま
死んじゃってるんじゃね?
三国志に誤記が多いのは、そんなところだと思うの

128日本@名無史さん2018/05/13(日) 22:15:50.89
>>126
701年に行政単位が評から郡に変わってますけど日本書紀では評とか無かったことにされてましたからね
この年に大和王権が隠さなければならないような重大な政治変革があったみたいですね
特に600年代の記事とか改竄しまくりみたいですね。

129日本@名無史さん2018/05/13(日) 22:20:11.12
>>126
>大国主などもそうです。

その大国主も唯一、阿波で大事にお祀りしていますから、ご安心ください。
【大国主神を祀る、全国唯一の式内社「八鉾神社」】
徳島県阿南市長生町に鎮座する「八鉾神社」。祭神は大己貴命。延喜式内社である。
この「八鉾神社」には四つの重要文化財が神宝として保管されている。
また「八鉾神社」自体も重要文化財に指定されているので、合計五つの重要文化財を持ち合わせている神社となる。
一つは「大己貴命 木造彫刻立像」
二つ目は「少彦名命 木造彫刻立像」
三つ目が「二品家政所 下文 」
四つ目が「附紺紙金泥法華経」である。
この八鉾神社、阿波では出雲の「杵築大社(出雲大社)」の元社であると伝えられている。
八鉾とは八千矛神(やちほこのかみ)。
出雲の主であり、長(おさ)である大国主神のこと。
大国主神の別名、大己貴神は、長国の偉大な主を意味している。
大国主神は、スサノオ命の子孫で、稲羽の素兎の物語で有名である。
オオクニヌシは、兄さん達から大きな袋を持たされる等、色々のいじめを受けたが、それらの試練を乗り越え、出雲国を治める立派な人となった。
オオクニヌシの子供にコトシロヌシ(えべっさん)と建御名方神(たけみなかたのかみ)がいる。
コトシロヌシは、式内社の事代主神社として、勝浦町沼江と阿波市市場町伊月に祀られ、タケミナカタは、式内社の多祁御奈刀祢神社として石井町浦庄字諏訪に祀られている。
平安時代に記録される3132座の式内社の中に、これら八鉾神社や事代主神社・多祁御奈刀祢神社等の国譲りに遣わされた神達を祀る神社は、阿波にしかない。   @阿波

130日本@名無史さん2018/05/13(日) 22:25:11.60
【大国主神を祀る、全国唯一の式内社「八鉾神社」】   @阿波

https://blogs.yahoo.co.jp/noranekoblues/47852915.html?__ysp=44CM5YWr6Ym%2B56We56S%2B44CN44CR

131日本@名無史さん2018/05/13(日) 22:36:03.45
族滅してようやく中興した蘇我氏を滅ぼした
中大兄が全部悪い

上宮王家は本来皇統で
本姓蘇我ではなかったのではないか?

蘇我宗家は倉山田だろう。

132日本@名無史さん2018/05/13(日) 22:45:22.37
>>131
>蘇我宗家は倉山田だろう。

その蘇我宗家も、倭国(阿波)の「曽我氏神社古墳群」で祀っているから、ご安心を。  @阿波

133日本@名無史さん2018/05/14(月) 08:43:51.46
>>128同意だね、聖徳太子の墓すら微妙なんだよねぇ
土蜘蛛と言われた人たちが、実は日本古来の体型で
(色が黒くて胴が短く手足が長く蜘蛛みたいだ)
渡来人に殺されまくったのではないのか?
とか思う

新潟の翡翠伝説や古文も700年頃になると
ぶっつり途切れるんだよ

この頃に宗教改革か鬼道禁止とか日本が乗っ取りとか
歴史に書かれてない何かあったと予想している

134日本@名無史さん2018/05/14(月) 08:49:39.37
【白村江の戦いと倭国滅亡】

663年に白村江において行われた倭・百済と唐・新羅の決戦で倭国軍は大敗した。
自ら前線に赴いていた筑紫君薩夜麻が捕虜となり8年にわたり唐に抑留された。
筑紫には唐から郭務悰ら2000人の使節団が駐留したが、畿内大和ではなく筑紫を占領したのは、そこが倭国の首都だったからである。

668年、筑紫の使節団は帰国し、中大兄皇子は天智天皇として即位したが、その翌年には筑紫都督府が置かれ、同じ敗戦国の百済に置かれた熊津都督府と同様に唐の統治制度として機能し、倭国は独立国としての権限を喪失した。
旧唐書には倭国と日本国が分けて記載され、「日本は旧小国、倭国の地を併せたり」とある。
三国史記の新羅本紀には「670年、倭国が国号を日本と改めた」、新唐書にも670年に「日本と號す」とあるが、国内にはその記録がない。

671年に天智天皇が死亡、翌年にはその王子である大友皇子を殺した大海人皇子(天武天皇)が実権を握った(壬申の乱)。
天武天皇は対外的な国史としての日本書紀(漢文)を編纂させ、歴史上の天皇への漢風諡号の制定などを行った。
日本書紀の最大のトリックは、神武東征より後の筑紫倭国の歴史を抹消することであった。
日本書紀の編纂と並行して禁書令が出され、8世紀初頭に記紀以外の多くの古代の記録が失われた。
倭国の政治および文化を継承するために、筑紫から多くの文物、人物、建物、地名が平城京に移動された。

筑紫が679年に水縄断層系によるM7.1の筑紫大地震、畿内が684年に南海トラフ地震と推定されているM8.4の白鳳大地震により被災している。
筑紫は震災からの復興もままならなず没落したと考えられる。

701年の大宝律令で行政単位が評から国・郡に改称され、九州から関東までの中央集権国家としての畿内政権が誕生する。
この大倭の表記が大和とあらためられ、以前から筑紫倭国に対して近畿を示すために用いていた日本国が列島全体の統一王朝の国号となり、ヤマトは畿内の地名に変化した。
こうして筑紫倭国は滅亡し、その権益は唐に朝貢(遣唐使)を再開する畿内大和政権が継承した。

135日本@名無史さん2018/05/14(月) 08:52:34.94
>>128
>この年に大和王権が隠さなければならないような重大な政治変革があったみたいですね

まさに重大な政治変革があった。
それは、倭国(阿波)からの奈良遷都。  白村江での敗戦があったからね。  @阿波

136日本@名無史さん2018/05/14(月) 08:52:52.14
ナクサトベの本に書いてあったけど
手足が長いのはポリネシア人らしいね。

名草の人たちは元は九州の宮崎にいて
一旦 大分に出て 紀伊に来た段階で紀伊には
もう先住してたらしいけど。

137日本@名無史さん2018/05/14(月) 08:55:34.65
白村江での敗戦があって奈良へ遷都したことを、「後世」に対して隠したかったんだろう。  @阿波

138日本@名無史さん2018/05/14(月) 10:32:51.72
なるほどなあ
>>134ありえるね勉強になりました
阿波さん
自分は卑弥呼の墓は福岡県田川の鏡山神社だと思ってますよ
そう山全体が古墳と思っています
隣にあるのが台与の墓
山頂近くにあるのが河内大王の墓
鏡山神社の下にあるのが卑弥呼の墓

139日本@名無史さん2018/05/14(月) 11:45:17.52
>>138
>自分は卑弥呼の墓は福岡県田川の鏡山神社だと思ってますよ

卑弥呼の墓より、民が大勢暮らした弥生末期集落遺跡群を探しなさい。 それが先決事項。  @阿波

140日本@名無史さん2018/05/14(月) 15:06:23.66
https://trakl.exblog.jp/17652367/
倭国の最後の王
あんまり討論されないけど
確実に存在した人だから歴史を繋げられるね

141日本@名無史さん2018/05/14(月) 17:52:06.02
どこで読んだか失念したけど
鏡山神社を改築する際に
山頂で地盤沈下したらしい
その時に、直感で地下に古墳があると思ったけど
そのまま神社を建てたんだと

卑弥呼の墓の大きさとも一致する田川の円墳
神社の中腹にあるのが台与か?
山裾に並んでいるのが河内王か薩邪馬か?
田川の鏡山神社、1700年以上の歴史
いつか暇になったら東京から行くぞ

142日本@名無史さん2018/05/14(月) 17:54:48.47
女王の墓を山腹に作ったりしないよ。
ちゃんと壹與の墓は独立してあるはず。

143日本@名無史さん2018/05/14(月) 18:07:54.01
>>142あの鏡山自体が古墳だろうに
その山頂の少し下に墓を作れるのは
身内か関係者だけと想定するの。
山裾の宮内庁管轄の古墳が薩邪馬だね

144日本@名無史さん2018/05/14(月) 18:09:47.65
卑弥呼は他に墓があって、山頂が壹與の墓、くらいが適当かと。

145日本@名無史さん2018/05/14(月) 18:11:24.77
>>141

田川辺りは奴国(二万戸)  @阿波

146日本@名無史さん2018/05/14(月) 18:13:59.54
続いて【東】100里で築上町辺りが不弥国(千戸)  @阿波

147日本@名無史さん2018/05/14(月) 18:32:30.51
倭人伝は参考程度
数や距離はあてにならない
方角は間違えていないと思う
By松本清張

148日本@名無史さん2018/05/14(月) 18:39:07.26
>>147
松本清張も「阿波」を知らなかったんだね。  @阿波

149日本@名無史さん2018/05/15(火) 09:58:56.79
薩夜麻もしくは薩野馬、薩邪馬

150日本@名無史さん2018/05/15(火) 18:45:55.05
最近のニュースに出ていた赤村?の前方後円墳

始めは地形が似てるだけと思ってたが、横の老人ホームを
建設中に人工的な三角の岩が
出てきて、老人ホームの敷地に置かれているらしい
地元の人によると元から墓のある土地だから荒らされないように言われていた
みたいなコメントあったよ

もしかしたら大型の古墳の可能性が現実みを帯びてきたよ

151日本@名無史さん2018/05/15(火) 18:47:04.04
そりゃそうだ。
狗奴国が作った最大級の墓だからな。

152日本@名無史さん2018/05/15(火) 19:05:16.00
三角岩は一辺が1.5mもあるそうだ。
人力じゃ難しいデカさ
下のケンって人のコメントが本当くさい
https://blogs.yahoo.co.jp/furutashigaku_tokai/56177366.html

153日本@名無史さん2018/05/15(火) 19:16:37.71
古墳に使われる石としてはそれほど大きいわけではないな。

154日本@名無史さん2018/05/15(火) 19:22:53.05
地元の文化財担当者が自然地形だといってる時点でヨタ話確定

155日本@名無史さん2018/05/15(火) 19:29:11.57
自然地形だから古墳じゃないという理由は?
土台として前方後円の形に似た自然地形を選んだ可能性などもある。

156日本@名無史さん2018/05/15(火) 19:37:38.12
>>154
わかってないなあ
田川はナマポ財政難だから下手な古墳で金出せないんだよ
本当は調べてあげたいけど全く予算なし

みんなで、ふるさと納税して、
考古学に使って下さいとコメントしよう

157日本@名無史さん2018/05/15(火) 19:39:20.17
国家神道は
「ジャップは糞テンコロがずっと統一支配していた」
という嘘を主張してる。

それが嘘であることの有力な証拠が、卑弥呼の記述。

だから馬鹿ネトウヨどもは、
必死に卑弥呼は近畿にいたと嘘を主張して、
卑弥呼を天皇か何かだったということにしたい。
国家神道の嘘を守りたい。

卑弥呼スレは、毎回、この手のバカ工作員の書き込みで埋まる。

158日本@名無史さん2018/05/15(火) 19:47:52.73
>>155
それなら古墳は頂上の一部だけ

159日本@名無史さん2018/05/15(火) 19:59:03.94
うん、磐座が墳墓になった可能性など、様々な角度から調べなくてはいけない。

160日本@名無史さん2018/05/15(火) 20:00:55.72
マジレスすると田川なんて掘ればいくらでも
古墳なり土器片なり出るからな
山をチョイ上がれば途中に洞穴や石板の
入り口玄関みたいなのとかざらにあるからな
奈良の人にみせてやりたい位に沢山ある
マジで財政難だから調査もされないし
盗掘された後の古墳も放置状態だからな 
金のある考古学の研究家は一度行ってみるべし
山々の雰囲気、山から見た平野の景色、歴史ある数々の神社
勘のいい人なら必ず感じるはずだ
 

161日本@名無史さん2018/05/15(火) 20:11:19.48
>>160
田川辺りは二万戸の奴国だからね。  @阿波

162日本@名無史さん2018/05/15(火) 21:49:15.44
おれ実は田川産まれ、苅田の小学校にいたこともある

163日本@名無史さん2018/05/16(水) 19:22:45.19
>>155
>自然地形だから古墳じゃないという理由は?

この赤塚の前方後円墳もどきが西日本新聞で報道された直後に、
それ関連のスレがいくつか立てられてて、そこに昭和の時代の同じ場所の
航空写真(?)が貼られてたんだよ
それで見る限り、前方後円墳ではないのは確実

今、出回っている写真も、よく見ると、前方後円形なのは、
木を刈って作ったラインだってのが分かるよ
まあ、意図的にその形に木を切ったとは言わないけれど

164日本@名無史さん2018/05/16(水) 20:17:29.35
赤外線測量するといいんだっけ?

165日本@名無史さん2018/05/16(水) 20:26:32.02
測量しなければ〇とも×とも言えない。

166日本@名無史さん2018/05/16(水) 20:47:45.64
誰かしろよ

167日本@名無史さん2018/05/16(水) 20:48:34.98
〇だったら何かが崩れ去るからやらないっしょw

168日本@名無史さん2018/05/16(水) 21:42:33.71
国土地理院のはHPで地形図を見ることができる
それを見れば、あれを古墳だという専門家はいないと納得できる

169日本@名無史さん2018/05/16(水) 22:35:16.26
>国土地理院のはHPで地形図を見る

これが畿内説の言う正しいザ・学問

170日本@名無史さん2018/05/16(水) 22:50:24.71
客観的な判断材料を提示するのは学問として当たり前のことだと思っていたが、九州説支持者にはそうではなかったようだ

171日本@名無史さん2018/05/16(水) 22:58:27.03
だから赤外線で測れよ。

172日本@名無史さん2018/05/16(水) 23:00:32.28
赤外線で何を測るんだ?

173日本@名無史さん2018/05/16(水) 23:13:58.37
樹形に左右されずに地面の高低差を正しく上空から測量できるので、古墳とかの形がはっきりわかるらしいよ。

174日本@名無史さん2018/05/16(水) 23:37:09.45
>>173
それ赤外線じゃない
航空レーザー測量だ

175日本@名無史さん2018/05/16(水) 23:44:27.98
航空レーザーかけるまでもなく自然地形だよ

国土地理院のホームページ行って地形図見てこいよ

176日本@名無史さん2018/05/16(水) 23:53:50.38
見てきたw

中心が例の所
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.639642/130.861523/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1

同縮尺の仁徳天皇陵(大仙陵古墳)
http://maps.gsi.go.jp/#16/34.563872/135.487175/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1

177日本@名無史さん2018/05/17(木) 00:14:02.42
前方後円じゃないじゃん

178日本@名無史さん2018/05/17(木) 00:24:32.22
近赤外線レーザーだろ。

179日本@名無史さん2018/05/17(木) 00:33:18.76
航空レーザーによる赤色立体図と勘違いしてるんだろ

https://www.rrim.jp/

180日本@名無史さん2018/05/17(木) 01:30:11.84
>>176
確かに測量するまでもないな

181日本@名無史さん2018/05/17(木) 01:50:27.76
>>169は息をしているのだろうか

182日本@名無史さん2018/05/17(木) 04:10:27.33
>>161奴国の王の墓と言われている
福岡県春日市の須玖岡本遺跡や須玖五反田遺跡 
ここの発掘資料見たら凄いね

銅鐸の鋳型は出るわ、小型の鏡の鋳型は出るわ
鏃の鋳型、ガラス勾玉の鋳型、青銅剣まで
ほとんど自前で作っていたんだね
これで1割程度しか発掘してないそうです

田川あたりは奴国に含まれていないみたいなんですが?

183日本@名無史さん2018/05/17(木) 07:36:52.45
>>182
>田川あたりは奴国に含まれていないみたいなんですが?


春日市あたりは奴国に含まれていないみたいですね。  @阿波

184日本@名無史さん2018/05/17(木) 12:14:35.77
岡本遺跡と比べたら奈良の遺跡は何だか違う
奈良は時代も違うだろうな

185日本@名無史さん2018/05/17(木) 12:45:32.89
卑弥呼の墓の百余歩とは距離で150メートル位?
目立つ場所にあり、円墳か台状墳?
鏡山神社だなあ、やっぱり
大きさもピッタリでしょ

186日本@名無史さん2018/05/17(木) 17:19:34.75
>>185
>鏡山神社だなあ、やっぱり
大きさもピッタリでしょ


レベルが違う。
天照大神伝説の地は徳島市国府町「天石門別八倉比賣神社(あまのいわとわけやくらひめじんじゃ)」です。

御祭神は大日孁女命(おおひるめむちのみこと)こと天照大神です。

また、大宜都比売命(おおげつひめのみこと)が祀られているのが徳島の神山町にある上一宮大粟神社(かみいちのみやおおあわじんじゃ)です。

大宜都比売命の別名を天石門別八倉比売命(あまのいわとわけやくらひめのみこと)と言われています。

※「大宜都比売命」=「天石門別八倉比売命」=「大日孁女命」=「天照大神」   @阿波

「八倉比賣神社」
http://kamnavi.jp/en/awa/yakura.htm

「矢野神山 天石門別八倉比賣神社記 寫」
http://awa-otoko.hatenablog.com/entry/2016/09/27/213429

天照大神は倭国(阿波)に御座しました。

天照大神伝説の地は徳島市国府町の気延山「天石門別八倉比賣神社(あまのいわとわけやくらひめじんじゃ)」です。御祭神は大日孁女命(おおひるめむちのみこと)こと天照大神です。

「殉葬奴婢百余人」は気延山一帯が未掘古墳だらけであることから、気延山の卑弥呼円墳近くに、殉葬されたのでしょう。

天照大御神は徳島県阿南市橘(出雲地方)で生まれ、徳島市国府町気延山(ご神体)
の「天石門別八倉比賣神社(あまのいわとわけやくらひめじんじゃ)」が鎮座まします円墳に手厚く葬られています。

187日本@名無史さん2018/05/17(木) 17:30:56.79
あの古墳の大きさがとか、この古墳の大きさがとか、飽きた。
畿内説でも九州説でも。
もっと確定的な証拠が欲しい。
金印とか八咫の鏡とか。
平原遺跡しかないよ。

188日本@名無史さん2018/05/17(木) 17:39:39.05
>>187
>もっと確定的な証拠が欲しい。

「其山有丹」でとっくに決着ついてるんだけどw  @阿波

189日本@名無史さん2018/05/17(木) 17:41:53.86
>>187
平原遺跡の唯一の問題点は、銅鏡百枚ですな。
もちろん4世紀国産▲ではなくて、
純粋に百枚がどの後漢鏡だったのか、そしてどこに行ったのかという問題ですが。

190日本@名無史さん2018/05/17(木) 17:52:18.98
銅鏡百枚は、未だ発見されていない

見つからない方が良いかもしれない
だって、どうせ後漢鏡をベースに劣化したものだから
下賜品は、重要な順に書く
銅鏡百枚は、後ろの方で少なくとも魏にとって重要ではない

191日本@名無史さん2018/05/17(木) 18:02:53.21
改鋳して八咫鏡の材料にしてしまった。

192日本@名無史さん2018/05/17(木) 18:41:43.04
邪馬台国が九州ではない事は確かだな。

193日本@名無史さん2018/05/17(木) 18:59:29.50
>>191
それ、ありえないのは科学的に確定済み

194日本@名無史さん2018/05/17(木) 20:05:37.63
>>193
比較するべき魏の鏡がないのに?

195日本@名無史さん2018/05/17(木) 20:24:11.80
これが魏の時代(260年)の記年鏡
つttp://yamatai.cside.com/katudou/image/290-7.gif

鏡の種類は、”獣首鏡”
ただしこれは尚方(官営工房)で作られたものでない

196日本@名無史さん2018/05/17(木) 22:20:24.92
邪馬台国は九州にあったことは、江戸時代以来の常識
奈良盆地にも王国はあったが、邪馬台国とは別物

197伊都国女王2018/05/17(木) 22:22:04.89
成分分析の話だろ?

198日本@名無史さん2018/05/17(木) 22:31:29.31
>>196
嘘っぱち

199日本@名無史さん2018/05/18(金) 01:47:46.57
>>196
邪馬台国が九州にあったと見抜いた本居宣長の慧眼は凄いね
東遷があったことを考えれば、ヤマト国がもともと九州にない方が不自然

200日本@名無史さん2018/05/18(金) 02:08:11.71
九州説は自演中毒患者ばかりだね

201日本@名無史さん2018/05/18(金) 04:43:06.82
おはようございます
江戸時代から邪馬台国論争はあったんだろうか?
前から思っていたことなんだが、
九州の古い神社の建てられた日にちがはっきりしない
古ければ古いほど不明な点。
古い神社によくある、有名な菩薩もほぼ無い点。
なぜだろう 

202日本@名無史さん2018/05/18(金) 06:55:24.23
仏教伝来以前に創建されたからだろう。
まあ一時的に集合されたものがまた分離されたりしたものもあるようだが。

203日本@名無史さん2018/05/18(金) 07:33:56.91
>>201
>九州の古い神社の建てられた日にちがはっきりしない


宇佐神宮の勧請元は、阿波國神山町宇狭の「宇佐八幡宮」(辰の宮)。 

『国府町井戸 八幡神社』
「是社ノ奥深ク厳シク鎮守シ給フ当八幡宮(古称 井上八幡宮)ハ奉勧請白鳳二年 宇佐八幡宮ヨリ御分遷 誉田別命 仲哀天皇 三女命ヲ奉斎爾来惟神ノ誠を捧ゲ今ニ至 迄幾度改修....」 以下略

御祭神 誉田別命、仲哀天皇、三女命(いわゆる宗像三神)

※大分の宇佐神宮の開基は725年。

※大分の宇佐神宮より遡ること、白鳳二年(674年)にこの『国府町井戸 八幡神社』 は「宇佐八幡宮ヨリ御分遷」とある。

※よって、大分の宇佐神宮も『国府町井戸 八幡神社』 より51年遅れて、 神山町宇狭の「宇佐八幡宮」(辰の宮)から勧請されたのである。 @阿波

204日本@名無史さん2018/05/18(金) 08:23:31.54
>>188
九州では石棺などによく使われている。
中国産だそうだ。
採掘してる場所を見たのではなく使用している所を目にしてこの近くの山には丹があると思ったのかもしれないね。

205日本@名無史さん2018/05/18(金) 08:37:52.63
>>204
>採掘してる場所を見たのではなく使用している所を目にしてこの近くの山には丹があると思ったのかもしれないね。

実際に、採掘している場所(若杉山)を見たんだろうね、魏使は。  @阿波

206日本@名無史さん2018/05/18(金) 08:42:11.23
>>203
大分は比較的新しいものもある。
弥生文化は筑紫からはじまったからね。

207日本@名無史さん2018/05/18(金) 08:58:35.05
>>205
自信がないのかな?

208日本@名無史さん2018/05/18(金) 09:10:10.16
>>207
なんのこと?  @阿波

209日本@名無史さん2018/05/18(金) 12:39:23.40
3世紀半ばの卑弥呼の邪馬台国は北九州の小国だったと思う
邪馬台国がもし畿内から北九州までを統一していたら
全国統一も早期に完成していただろうし
実際には8世紀頃までかかっているのだから
邪馬台国が既に突出した準・統一国家的奈規模だったとは考えにくい

210日本@名無史さん2018/05/18(金) 12:46:00.71
>>209
>3世紀半ばの卑弥呼の邪馬台国は北九州の小国だったと思う
>邪馬台国がもし畿内から北九州までを統一していたら
>全国統一も早期に完成していただろうし

3世紀半ば以降、倭国の首長層の墓制が前方後円墳(前方後方墳でも可)に
「統一」されていることをどう考える?

祭祀の統一と政務の統一は別だった、と考えれば済むことじゃないのか?

211日本@名無史さん2018/05/18(金) 12:50:02.61
>>209
>邪馬台国が既に突出した準・統一国家的奈規模だったとは考えにくい

だから度々言ってるでしょ。  倭国乱は倭国(阿波)国内での争乱だと。  @阿波

212日本@名無史さん2018/05/18(金) 13:02:11.60
>>210
>3世紀半ば以降、倭国の首長層の墓制が前方後円墳(前方後方墳でも可)に
「統一」されていることをどう考える?

倭国(阿波)を発った忌部一族が、倭国(阿波)墳墓工法を拡散しただけのこと。  薄型軽量土器も同じ。  @阿波

213日本@名無史さん2018/05/18(金) 13:30:16.21
>>210
祭祀は祭り事の中心だから、それはない。

214日本@名無史さん2018/05/18(金) 17:21:12.66
>>211
鉄の武器が殆ど出てないのに大乱か?

215日本@名無史さん2018/05/18(金) 17:25:30.55
>>214
>鉄の武器が殆ど出てないのに大乱か?

鉄の武器が殆ど出てない?  なんか勘違いか、無知なのか?  @阿波

216日本@名無史さん2018/05/18(金) 17:26:15.86
>>215
福岡に比べたらね

217日本@名無史さん2018/05/18(金) 17:28:34.80

218日本@名無史さん2018/05/18(金) 17:31:57.51
>>215
福永説は九州北部から岡山と兵庫の境までが邪馬台国の範囲。
倭国大乱の時点で阿波は北部九州に飲み込まれてるのですよ。つまり阿波は属国の名残り。

219日本@名無史さん2018/05/18(金) 17:44:40.28
>>213
>祭祀は祭り事の中心だから、それはない。

それはない、の「それ」は何を指すの?
3世紀から4世紀初頭には、列島の相当広い範囲で、首長層の墓制が
前方後円墳(前方後方墳も可)で統一されている

祭祀が政の中心ってことは、この時点で政事も統一されていると見るの?

220日本@名無史さん2018/05/18(金) 17:54:12.22
>>218
>倭国大乱の時点で阿波は北部九州に飲み込まれてるのですよ。つまり阿波は属国の名残り。

その属国のほうが、北部九州より高性能の鉄鍛冶炉が存在するとはw  なんでなんだろう?  @阿波
  

221日本@名無史さん2018/05/18(金) 17:56:29.71
>>219
>3世紀から4世紀初頭には、列島の相当広い範囲で、首長層の墓制が
前方後円墳(前方後方墳も可)で統一されている


だから、倭国(阿波)を発った忌部一族が、倭国(阿波)墳墓工法を拡散しただけのこと。  薄型軽量土器も同じ。  @阿波

222日本@名無史さん2018/05/18(金) 18:00:27.64
>>220
鉄器すら僅かで高性能は成立しません。

223日本@名無史さん2018/05/18(金) 18:03:20.76
>>222
>鉄器すら僅かで高性能は成立しません。

では、北部九州のT類鉄鍛冶炉遺構はどれ?  @阿波

224日本@名無史さん2018/05/18(金) 18:12:06.02
>>216
>福岡に比べたらね

福岡の鉄器がどんなに多いか示せる?  @阿波

225日本@名無史さん2018/05/18(金) 18:13:27.69
>>220岡本遺跡郡を見たことある?
四国は神社や古墳あるだけで
考古学の注目を集めるような埋蔵資料出てないやん
ありふれた物ばかり

226日本@名無史さん2018/05/18(金) 18:13:54.71
>>223
北部九州はX類じゃなかったか

227日本@名無史さん2018/05/18(金) 18:17:50.35
>>224
俺には無理だな

228日本@名無史さん2018/05/18(金) 18:20:43.65
>>225
>岡本遺跡郡を見たことある?
>考古学の注目を集めるような埋蔵資料出てないやん
>ありふれた物ばかり


須玖岡本遺跡のこと?
これのなにが考古学の注目を集めるような埋蔵資料なの?  @阿波

229日本@名無史さん2018/05/18(金) 19:28:35.29
>>228
そういう発言が出るということは、君はその程度ということなのだね。

230日本@名無史さん2018/05/18(金) 19:48:47.57
>>219
>3世紀から4世紀初頭には、列島の相当広い範囲で、首長層の墓制が
>前方後円墳(前方後方墳も可)で統一されている

時代はともかく、あくまでも地方政権なんだよ。
倭と呼ばれるのは筑紫にある政権だから。

231日本@名無史さん2018/05/18(金) 20:01:06.56
>>229
>そういう発言が出るということは、君はその程度ということなのだね。

私はその程度の人間だから、
須玖岡本遺跡のなにが考古学の注目を集めるような埋蔵資料なの?  @阿波

232日本@名無史さん2018/05/18(金) 20:04:41.54
>>230
>倭と呼ばれるのは筑紫にある政権だから。

全国、広しと言えども
「倭」と明記された「物証」があるのは、唯一「阿波」だけなんですね。
当然、倭国でない、九州にも畿内にも有りません。  @阿波

233日本@名無史さん2018/05/18(金) 20:05:29.63
>>232
ご提示ください

234日本@名無史さん2018/05/18(金) 20:05:36.81
>>232
今日の朝ごはんは?

235日本@名無史さん2018/05/18(金) 20:08:57.01
>>233
「倭大國魂神社」
九州や畿内に有れば、ご提示ください  @阿波

236日本@名無史さん2018/05/18(金) 20:17:56.00
「倭」と明記された「物証」があるのは、唯一「阿波」だけなんですね。

「倭大國魂神社」

237日本@名無史さん2018/05/18(金) 20:18:24.89
>>235
今日の朝ごはんは食べたか?

238日本@名無史さん2018/05/18(金) 20:41:19.96
>>236
7世紀に日本全国が戦々恐々として倭国の痕跡を消していく中、
辺境の阿波だけは暢気に倭を残していたのだなあ。

そういう意味では尊敬する。

「倭大國魂神社」

俺たちは北部九州倭国からやって来た、大国主ラブし続けるぜ!

239日本@名無史さん2018/05/18(金) 20:48:16.36
>>238
>7世紀に日本全国が戦々恐々として

なんで「日本全国」が戦々恐々とするの?  戦々恐々としていたのは、倭国(阿波)だけだよ。


>倭国の痕跡を消していく中、

そりゃ、妄想が過ぎる。  @阿波

240日本@名無史さん2018/05/18(金) 20:50:04.99
>>239
今日の朝ごはんは?

241日本@名無史さん2018/05/18(金) 20:51:52.95
なんで九州説スレで阿波ががんばってんのさ。
伊都説はいいけど、田川とか筑後説とかが議論の場を奪われて可哀想だろ。

伊都説や畿内説に噛みつくのはいいけど
同じマイナー説の活躍の場を奪うのは良くない。
阿波もある程度自重しろ。

242日本@名無史さん2018/05/18(金) 21:16:26.48
>>241
>同じマイナー説の活躍の場を奪うのは良くない。

伊都説や畿内説は、メジャーのトンデモ説なだけ。  @阿波

243日本@名無史さん2018/05/19(土) 03:03:28.03
おはようございます、こんな時間に目が覚めた
阿波国についてのHPなど見てきた、ネットだけど。
いろいろ興味深いわ、リアルな人面埴輪にゾクッとしたわ
あれに似たのを太平洋の向こうの国で見たことあるような?
世界の太陽信仰とかと繋がってるのかなあ?
もしかして阿波の祖先は別のルートからの入植では?
と思っているうちに爆睡してまった
阿波さんみたいに知識ある人に来てもらえるだけでも
嬉しいと思う

244日本@名無史さん2018/05/19(土) 03:27:10.45
太陽は沈んで、また出てくる
人も寝ては、また起きる
人は死んでも、また産まれてくる

もしかしたら阿波国の神社は再生を願って建てられた?
阿波はなんか他と違う宗教というか伝統というか
なんか違う国の予感がする
ただの勘なんですが

245日本@名無史さん2018/05/19(土) 07:38:38.21
>>244
徳島の神社で魏志倭人伝・記紀名所巡りツアーをしましょう。  @阿波

【T伊邪那岐・伊邪那美二神による神々の生成まで】

「意富門麻比売神社」 祭神 「神世五世・大戸麻姫命」 比定 宅宮神社
「天椅立神社」 祭神 「造化神か伊邪那岐命か」 比定 天椅立神社
「伊邪那美神社」 祭神 「伊邪那美命」 比定 高越神社(神陵:高越山山頂)
「麻能等比古神社」 祭神 「水門の神か」 比定 天神社
「鹿江比売神社」 祭神 「野の神・鹿屋野比売命」 比定 殿宮神社に合祀
「波尓移麻比弥神社」 祭神 「埴土の神・波爾夜須比売命」 比定 波尓移麻比弥神社
「弥都波能売神社」 祭神 「水の神・彌都波能売神」 比定 八大龍王神社

【U天照大神・須佐之男命の世代】

「天石門別矢倉比売神社【大社】」 祭神 「天照大神」 比定 天石門別矢倉比売神社(神陵)
「和名佐意富曾神社」 祭神 「須佐之男命か」 比定 和名佐意富曾神社
「忌部神社【大社】」 祭神 「天日鷲命」 比定 忌部神社
「大麻比古神社【大社】」 祭神 「猿田彦命か」 比定 大麻比古神社
「秘羽目神足濱目門比売神社二座」 祭神 「日鷲神と妻神か」 比定 論社あり
「天村雲神伊自波夜比売神社二座」 祭神 「天村雲神と妻神」 比定 論社あり  

246日本@名無史さん2018/05/19(土) 07:39:21.63
【V国譲りに遣わされた神達と葦原中つ国の神々の時代】

「御縣神社」 祭神 「国譲り交渉第一の使者:天菩日命」 比定 豊国神社境内社(神陵跡)
「山方比古神社」 祭神 「第二の使者:天若日子」 比定 経塚大権現(神陵)
「建布都神社」 祭神 「第三の使者:建御雷男命」 比定 建布都神社
「矢桙神社」 祭神 「大国主命」 比定 矢桙神社
「事代主神社」 祭神 「事代主命」 比定 勝浦郡生夷神社
「勝占神社」 祭神 「事代主命」 比定 勝占神社(神陵跡)
「多祁御奈刀祢神社」 祭神 「建御名方神」 比定 多祁御奈刀祢神社
「天水沼間比古神社・天水塞比売神社」 祭神 「沼江姫の父母神か」 比定 杉尾神社か
「鴨神社」 祭神 「阿遅鉏高日子根命」 比定 鴨神社(丹田古墳が神陵)

【W神武天皇の出生と東征の時代】

「和多都美豊玉比売神社」 祭神 「海神の娘・豊玉比売命」 比定 西宮神社(和多都美宮跡)
「天石門別豊玉比売神社」 祭神 「天孫三代の后:豊玉比売」 比定 城山東麓(神陵跡)
「宇志比古神社」 祭神 「神武の参謀:速吸の宇豆比古」 比定 宇志比古神社(神陵遥拝地:西山谷二号墳)
「伊比良姫神社」 祭神 「神武天皇の妃 阿比良比当ス」 比定 伊比良姫神社 藍住町徳命が神陵跡
「阿佐多知比古神社」 祭神 「神武天皇か」 比定 阿佐多知比古神社 元の鎮座地は渋野か

247日本@名無史さん2018/05/19(土) 07:40:12.59
【X第十代崇神天皇の時代まで】

「御間都比古神社」 祭神 「第五代御間都比古天皇」 比定 御間都比古神社
「大御和神社」 祭神 「御和の神:大国主命」 比定 大御和神社
「伊加加志神社」 祭神 「第十代崇神帝の母:伊迦賀色許売命」 比定 伊加加志神社
「倭大國玉神大國敷神社二座」 祭神 「倭の国を証明する国魂・国敷の神」 比定 倭大國玉神大國敷神社
「天都賀佐比古神社」 祭神 「笠縫邑の大人:笠彦」 比定 天都賀佐比古神社(神陵跡)
「建嶋女祖命神社」 祭神 「孝元帝の妃:埴安比売命」 比定 建嶋女祖命神社
「和耶神社」 祭神 「埴安比売の御子:建埴安王」 比定 羽浦神社に合祀 元鎮座地は能路山(古墳跡)

【Y景行天皇から皇極天皇の時代まで】

「白鳥神社」 祭神 「日本武尊」 比定 白鳥神社(神陵跡)
「建比売神社」 祭神 「日本武尊の妃:建比売か」 比定 建比売神社
「賀志波比売神社」 祭神 「景行帝の妃:美波迦斯姫か」 比定 津峰神社
「事代主神社」 祭神 「事代主命」 比定 阿波市事代主神社
「岡上神社」 祭神 「推古天皇」 比定 岡上神社(神陵跡)
「速雨神社」 祭神 「皇極天皇」 比定 速雨神社(雨乞神事)

248日本@名無史さん2018/05/19(土) 07:46:16.22
よほdp各地の神社を勧請するのに熱心な人が阿波にいたんだな。

249日本@名無史さん2018/05/19(土) 08:03:38.39
>>248
>よほdp各地の神社を勧請するのに熱心な人が阿波にいたんだな。

う〜ん、他所には無い神社をどうやって勧請したんだろうね? 不思議だ。  @阿波

250日本@名無史さん2018/05/19(土) 08:08:47.12
そうなんだよなあ
こんなに沢山の神々が一ヶ所にいるのが不思議
感覚的に>>248に近い気持ちもある
四国って昔は33ヶ国だっけ?
新潟の資料に四国の事が載っていた気がする

251日本@名無史さん2018/05/19(土) 08:43:08.18
>>250
>こんなに沢山の神々が一ヶ所にいるのが不思議

その「神」と称えられた人物が、実際に「阿波」に居たとすれば、なんら不思議なことではない。 
「阿波」には居なかった、或いは架空の人物だとするから、不思議なこととなる。  @阿波

252日本@名無史さん2018/05/19(土) 11:13:52.12
まあ天皇家のルーツのひとつであることは間違いないだろうね

253日本@名無史さん2018/05/19(土) 15:58:46.55
間違いだよ!
考古学的根拠もないし、文献も少ない。
大和の鴨王の末裔が開拓したと言う記事もある。

254日本@名無史さん2018/05/19(土) 16:41:29.12
邪馬台国(九州) → ヤマト王朝(畿内)

なのは確かだが、この王国も一回滅亡して、今の天皇家の始祖は福井産

255日本@名無史さん2018/05/19(土) 17:07:46.05
>>253
>大和の鴨王の末裔が開拓したと言う記事もある。

普通はその記事を提示するものだがw  @阿波

256日本@名無史さん2018/05/19(土) 19:45:11.98
県単位で見ればどの県にも勧請などで大勢の神様がいらっしゃる。

257日本@名無史さん2018/05/19(土) 19:51:21.95
九州宇佐八幡の末社は全国に一万社を超えるそうだ。
九州北部は全国を席巻したのだな。
畿内は独自の文化を放棄させられて、九州の文化に塗りつぶされた。

258日本@名無史さん2018/05/19(土) 19:53:23.30
それも何回か塗りつぶされてますね。

259日本@名無史さん2018/05/19(土) 19:54:54.97
>>257
>九州宇佐八幡の末社は全国に一万社を超えるそうだ。

倭国(阿波)から勧請されて、九州宇佐八幡も商売が上手い。  @阿波

260日本@名無史さん2018/05/19(土) 21:05:43.32
阿波国の古い神社を何枚かの写真で見たけど
薄く加工した瓦みたいな石を積む感じの社が多いですね
かなり個性的だなと思った

それはそうと
百嶋考古学って難しいし、全くわからないです
私が読んだ部分(ネットで)が正しいのかどうか分からないけど
卑弥呼の墓は田川(鷹羽)の香春岳の2の岳(耳成山)にあり
後に香春神社に合祀されたみたいに書いてあるように感じました
百嶋考古学って、皆さんはどう思われてますか?

261日本@名無史さん2018/05/20(日) 06:27:52.15
>>242って事は阿波さんも福岡県田川郡や京都郡
あたりも怪しいと思われてんだね
京都郡=みやこなんて直球だもんな
京都郡、大坂、奈良、近江、伊勢神宮、熊野神社
すべて元々は福岡からの呼び名でしょう

262日本@名無史さん2018/05/20(日) 06:45:45.46
>>261
>京都郡=みやこなんて直球だもんな
>すべて元々は福岡からの呼び名でしょう

阿波國半田町の地名「天皇」、同じ半田町には「京都」「蘇我」「葛城」も。
徳島市には「応神」
阿波市には「伊勢」
忌部の里には「奈良」等々

なんで?  @阿波

263日本@名無史さん2018/05/20(日) 07:13:27.65
第一の住吉

264日本@名無史さん2018/05/20(日) 08:30:27.46
>>260
>卑弥呼の墓は田川(鷹羽)の香春岳の2の岳(耳成山)にあり
>後に香春神社に合祀されたみたいに書いてあるように感じました

香春宮は卑弥呼の末裔の田湯津姫の宮です。
所縁がないわけではないが、卑弥呼本人ではないですね。

265日本@名無史さん2018/05/20(日) 18:35:34.02
時代は違えど
最澄や雪舟もみやこ郡や田川に滞在していた
時期もあるんだよな
今じゃ考えられないが

いにしえの人達を引き付ける何かが在ったのだろうか

266日本@名無史さん2018/05/20(日) 18:39:48.50
倭国の王都

267日本@名無史さん2018/05/20(日) 19:01:38.90
>>265
>最澄や雪舟もみやこ郡や田川に滞在していた

空海や俊寛や土御門上皇も阿波市に滞在していた。  @阿波

268日本@名無史さん2018/05/20(日) 19:08:33.47
狗奴国の拠点。

それを制圧した
景行が滞在したから京都と呼ばれるようになった。

田川にも景行後に邪馬台国支配官がやって来た。

269日本@名無史さん2018/05/20(日) 19:48:12.62
自分が編纂されてない一番の資料だと思っている
万葉集に
鞍作村主益人の歌があります
この歌は鞍作村主益人(くらつくりのすぐりますひと)が豊前国(とよのみちのくちのくに)から奈良の京に上(のぼ)りし時に詠んだ一首。
「鞍作村主益人」については詳しいことはわかっていませんが、かつての飛鳥時代の渡来系仏師として有名な「鞍作止利(くらつくりのとり)」と同じ一族の人物かと思われます。
「村主(すぐり)」は渡来人への贈姓。
「豊前国(とよのみちのくちのくに)」は現在の福岡県東部と大分県北西部の地。

この歌はそんな鞍作益人が豊前国から奈良の京に上がってくるときに詠んだ一首ですが、「梓の弓を引き響(とよ)もす豊国の鏡山を、見ることなく久しく過ごしたならばどんなに恋しく思うことだろう。」と、豊国の鏡山との別れを惜しんだ歌となっています。

この時代、慣れ親しんだ土地から旅立って行く者はこのような旅立ちの儀礼歌を詠んでからその地を後にしました。
いわゆる土地の神へ奉げた別れの歌といったところでしょうか。
同時に、いままで豊国で無事に過ごせたことへの感謝の言霊の歌でもあったのでしょうね。 

以上のように豊前国とありますね。
また鞍作とは仏師とも思われ仏教伝来で
田川やみやこ郡の「一部の人達」はふるさとを
追われる身となったのでは?
豪族や権力者は四国へ流され
職人や技術者や宮司は関西地方へ流された
住民をバラバラにして倭国を解体させた

阿波さんこの推理は、どうでしょうか?

270日本@名無史さん2018/05/20(日) 19:51:14.25
そりゃ狗奴国だから
景行によって誅されてバラバラに解体されたのかもね。

271日本@名無史さん2018/05/20(日) 19:58:00.93
続きます
なぜそう思ったかというと
四国の神社をみた時、建物基礎部分に
あまり労力や人数を必要としていない
少ない人数でコツコツ出来る仕事と思ったのです

たまたま私が見た所だけかも知れませんが。

四国はみやこ郡からの入植者の集まり
もしくは、避難生活をした場所なんじゃないか?
と見立てました。

272日本@名無史さん2018/05/20(日) 20:14:37.27
>>271
正解

273日本@名無史さん2018/05/20(日) 20:33:24.38
>>271
>四国の神社をみた時、建物基礎部分に
>あまり労力や人数を必要としていない
>少ない人数でコツコツ出来る仕事と思ったのです

どの神社を見て「あまり労力や人数を必要としていない 」と思ったのですか?  @阿波

274日本@名無史さん2018/05/20(日) 20:33:40.24
快晴

275日本@名無史さん2018/05/20(日) 20:38:11.42
現代の神社の基礎部分を見て、弥生時代を騙る・・・

276日本@名無史さん2018/05/20(日) 20:43:24.89
高良神社です

277日本@名無史さん2018/05/20(日) 20:44:56.21
改正

278日本@名無史さん2018/05/20(日) 20:47:31.26
筑後高良大社の分社かな?

279日本@名無史さん2018/05/20(日) 20:50:12.70
>>276
>高良神社です

これですか?  @阿波
http://goutara.blogspot.jp/2012/02/blog-post_18.html

280日本@名無史さん2018/05/20(日) 21:29:40.94
トンデモのあるあるのひとつに時間の経過による変化を考慮しないってのがある
宋代の刊本を晋代のオリジナルと同じものだと主張したり
現代の歴代数を過去から確定していたかのように立論したり

281日本@名無史さん2018/05/20(日) 22:00:36.06
>>269
>住民をバラバラにして倭国を解体させた

「誰が」「何のために」倭国を解体させたのでしょうか?  @阿波

282日本@名無史さん2018/05/21(月) 03:15:20.19
おはようございます
>>279いいえ違います
もっと田舎の山の上の方に在って小さくて
土台基礎部分は瓦みたいな石板を積み上げでした
ユリ根からデンプンを作ってお供えしてるみたい
と書いてありました
建物については、仕事上いろいろ勉強してるつもりです

283日本@名無史さん2018/05/21(月) 03:51:13.02
>>281それは私には、わかりません。

先週土日と東京浅草では三社祭がありました

誰が>>御輿を担ぐ権利のある人達が
なぜ>>自分たちの権利を確立し生活していくために

何年か前から、東京では外国人旅行者バブルになっています
旅行に手頃なホテルや海外サイトに載ってるホテルは、ほぼほぼ満室
もし、あの失われたアークが四国か福岡にあれば...

福岡にも星のマークの入った瓦がある石垣神社?だったかな
記憶曖昧ですが  

284日本@名無史さん2018/05/21(月) 06:22:36.00
>>282
>もっと田舎の山の上の方に在って小さくて
>土台基礎部分は瓦みたいな石板を積み上げでした

今在るその神社?祠?の基礎を見て、
阿波の多くの神社が「あまり労力や人数を必要としていない 少ない人数でコツコツ出来る仕事と思った」
のは、「たまたまあなたが見た所だけ」でしょう。

「建物については、仕事上いろいろ勉強してるつもりです」とのことですが、
>>275さんや>>280さんが言うように、今在るその神社?祠?の基礎を見て、太古の建物まで見通せるものですか?  @阿波

285日本@名無史さん2018/05/21(月) 06:53:40.12
>>284言葉足らなくてすいません。
直接見たり触ったり検査してる訳じゃないから断定してませんよ
たぶん古くからやってる石材店の人達に聞けば
同じように答えると思いますけど

自分がみた写真は見つからないけど三好って地名があったような
自信はありません

286日本@名無史さん2018/05/21(月) 07:04:42.75
>>285
よりによって、三好の山奥?のその神社?祠?だけでの話ですか?

阿波の多くの神社が「あまり労力や人数を必要としていない 少ない人数でコツコツ出来る仕事と思った」
のは、「たまたまあなたが見た所だけ」でしょう。  @阿波

287日本@名無史さん2018/05/21(月) 07:23:07.45
要するに阿波は建物も遺跡も貧弱で、しかも建築技術からは後世のもの。

288日本@名無史さん2018/05/21(月) 15:25:35.79
邪馬台国は福岡県
倭国の中心も福岡県と大分県の一部まで

289日本@名無史さん2018/05/21(月) 15:37:00.80
隔絶と書かれた田舎が長崎県。
熊本県は敵対、宮崎県は中立。
本州?なにそれ
四国?小人の国?

290日本@名無史さん2018/05/21(月) 15:44:52.24
>>288
>邪馬台国は福岡県

言うのは自由。
でも、「其山有丹」で邪馬台国論争の参加資格、端からなし。  @阿波

291日本@名無史さん2018/05/21(月) 16:41:23.32
>>290
北部九州では丹を使用した石棺が多数見つかっている。
中国産だそうだ。
遣いの人は中国産だとは知らずに倭国産としただけ。

それか福岡の属国が阿波なだけ。


その前に阿波に阿蘇山ねえだろ。

292日本@名無史さん2018/05/21(月) 17:52:36.68
>>289
四国と付き合うくらいなら日本海側の出雲と交流を持つだろうな。北部九州との交流を前提としてだが。
そこと付き合えない国が奈良や四国と交流を持った。これが銅鐸圏。吉野ヶ里でも出土したから吉野ヶ里が滅ぶ前に交流があったのかも知れないな。

魏は四国を認識してたかすらも怪しい。

293日本@名無史さん2018/05/21(月) 17:57:04.87
ちなみに銀座のショップで一番人気で混んでるのは
オニツカタイガーのショップです
半端ない混雑で客のほとんどが外国人です
オニツカは今でこそアシックスの傘下ですが
昔は福岡の会社
やっぱり邪馬台国も福岡かも知れんばい

294日本@名無史さん2018/05/21(月) 18:00:08.87
>>293
オニといえば鬼道だしな

295日本@名無史さん2018/05/21(月) 18:23:28.90
いやいやマジでオニツカのショップは異常だよ
外国人が2足づつとか買ってくよ

四国に神社多い理由に、
かって豪族に流行したと言われてる
陰陽道は関係ないですかね?

296日本@名無史さん2018/05/21(月) 18:28:48.91
>>295
山陰が近いだけにな

297日本@名無史さん2018/05/21(月) 20:06:58.36
>>291
>北部九州では丹を使用した石棺が多数見つかっている。
>中国産だそうだ。

なんでベンガラ使ってないんだろ?  やっぱり、ベンガラより丹が欲しかったんだろうな。  @阿波

298日本@名無史さん2018/05/21(月) 22:30:24.59
ベンガラは辰砂の粗悪代替品だからだよ

299日本@名無史さん2018/05/21(月) 22:33:58.69
他人の論を蹴落としても
自分の論の評価が上がる訳でもないのに

ブレーンストーミングすべきなのに
足の引っ張りあいばかり

何が楽しいのか、自分が評価されている訳でもないのに

300日本@名無史さん2018/05/21(月) 23:11:27.48
九州説は着々と古代史の体系を築き上げている。

301日本@名無史さん2018/05/21(月) 23:15:47.70
やけを起こすな

302日本@名無史さん2018/05/22(火) 02:04:49.04
邪馬台国九州説は、
遺跡調査結果からちょっと劣勢。
出土品も少ない。

303日本@名無史さん2018/05/22(火) 02:16:29.10
いや・・・すごく

304日本@名無史さん2018/05/22(火) 03:17:00.96
出土しても盗まれたり道路を通されたり駐車場にされたり。

ヤバイのは出てるけどそれ以上掘られない。
藤原京と同じ配置の遺跡とか太宰府なんかも掘れば歴史の辻褄が合わなくなる。

掘らないので掘らさないが適当。

305日本@名無史さん2018/05/22(火) 03:26:33.20
  ↑
知性の放棄

それが九州説

新着レスの表示
レスを投稿する