西郷隆盛 イメージと実像が最もかけ離れた男©2ch.net

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
以下、テンプレ

Q :西郷さんは鐘のように大きな人格だと聞きましたが。

A :
西郷のことをよく知る人で、重野安繹(しげの・やすつぐ 後に東大教授)がいます。
彼は西郷と同じ時期に奄美に遠島になっていた人です。
『重野博士史学論集』下巻(薩藩史研究会編、雄山閣、1939年)のなかに、
「西郷南洲逸話」というのがあります。
彼から見た是々非々の立場からの西郷評論ですね。

「西郷はとかく敵をつくる性質で、そしてその相手をひどく憎む風がある。
大度量のある人物ではなかった。いわば偏狭である。
それで西南の役などが起こるのである。世間の人は大変度量広い人であったように思っているが、
それは浅はかな見方で、本当の西郷は敵を持つ性質で、とうとうこれが為に自分も倒れるに至った。」

重野も奄美で現地妻を娶り、二人の子供がいた。
放免になって鹿児島にもどった後、
当時の金で250円という大金をもって奄美に迎えにいった。

当時、「必ず迎えに来る」といった薩摩藩士で
迎えに来たためしはなかったので、
その女は、島の若者と再婚して妊娠中だった。
重野はしかたなく、持ってきた金を
全額、女に与えて帰っていったという。

この重野の誠実さに比べると
西郷の『敬天愛人』は、かなりいいかげんと見ていいだろう。
(西郷は、現地妻を捨てましたからね。)

952名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/25(日) 23:08:44.94ID:gEX28yoG0
>>949
お前らネトウヨはどうしてそうなったんだ?

953名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/26(月) 07:11:05.81ID:I5oWNooE0
>>946
それは教科書には載せられていない歴史。
奴隷として攫われた日本人に生き残って混血した者がいたかどうかは
コーカソイドの形質に埋もれるから確かめようがない。

罪科のない人間を奴隷にするという非道、戦国武将ですらドン引く蛮行だ。
西洋人を南蛮人と称するのも、鎖国したのもわかる。

日本は奴隷制が合法になることのない文化圏。
神様仏様の概念がそれを善しとしないからだ。
せいぜい犯罪者を流刑地で働かせた程度。
吉原も年季が明けたら解放するという約定になっていた。

だから島津が奄美を黒糖地獄にしたことが超絶に悪目立ちする。
先住民を奴隷化して財源にしてしまうとは、心底おぞましい。

954名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/26(月) 07:56:43.61ID:2jiW3q5L0
罪もない人を奴隷化した歴史は薩摩くらいしかないかもしれんな。
かなり遡れば蝦夷を勝手に悪に仕立てて殺害した歴史はあるが、奴隷化の話は聞いたことないしな。

955名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/26(月) 10:00:17.86ID:TxuL6tL10
西郷隆盛に関しては人物像がさっぱりわからんけど
重大な局面では必ず周囲から必要とされてる

なんだろうね?斉彬の名代みたいな立場だったのかもしれんね
明治維新に薩摩軍は欠かせないし、薩摩軍は西郷にしかまとめられない的な
そして新政府軍が整ったから用済みになったんかな?

956名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/26(月) 10:39:59.65ID:2jiW3q5L0
薩摩酒造株式会社が「そだねー」を商標登録して叩かれてたねw

957名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/26(月) 22:15:16.11ID:1IHNwr9c0
>>955
よく言えば必要とされている
悪く言えば西郷と薩摩城下士を取り込まないと政権運営ができなかった
薩摩の藩政も、維新政府も

今で言えば自民党における公明党だろうか
本当は切りたいのだが、切ると選挙で議席を大きく減らすので切れない

西郷を切ると、薩摩の城下士が反政府勢力化してしまうので切れない
明治6年に大久保が西郷を切ったのは、軍事的に政府徴兵軍が西郷軍の兵力を余裕で上回る
ようになり西郷の価値が下落したからだと思う

958名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/26(月) 22:35:46.87ID:YCxPDv1p0
>>957
信者だのアンチだの除いた話でだけどさ
敵味方に二分された幕末ならともかく、なんで維新直後で西郷のカリスマ性に頼らないとならないくらい人材が不足したのかが疑問なんだよね
諸藩から優秀な人材は集められるわけで、実際に実務面では優秀な人材も多数いたわけで
ところが求心面では西郷に頼りっぱなしなんだよね
薩長閥だのリーダーシップの権化の島津久光が新政府に批判的だったって事情を除いても、余りにも西郷に頼りすぎというか新政府首脳陣に自信が無さ過ぎというか
政権は完全に新政府に移行し明治天皇も抑えた、慶喜は謹慎で戊辰戦争の集結で旧幕残党の掃討も完了してたんだしね
いくら鹿児島が半独立国化してたとは言っても、久光が武力で新政府打倒とか彼の性格を考えても有り得ない想定
薩摩の抑え役を西郷に頼るまでもないなぁ

959名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/26(月) 23:49:53.86ID:IhWdWyPf0
>>957
いや、西郷が勝手に帰っただけで岩倉も大久保も西郷切りたくなかったし、
引き留めようとしてたよ

960名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/27(火) 00:48:34.68ID:ivVWjIgJ0
上士にも下級士族に対しても求心力ある人物は新政府の警戒対象として監視対象になりました。

維新の英雄として物は言えるけれど、いざ命を懸けるとなれば下級士族しか従う者がいない
中途半端な西郷が新政府にとって都合がよかった

961名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/27(火) 01:12:12.51ID:PVgVcBNA0
>>958
べつに西郷に全日本的な求心力があったわけではなく
薩摩城下士限定の求心力だよ
ただ、まとまった軍隊としては日本最大の軍団(数千人〜1万人)だったので
その"数"に求心力があったのだろうな

幕末には土佐勤皇党や新選組といった200人規模の軍団が恐れられ
政局を左右するくらいの影響力を持ったわけだから
数の多い薩摩城下士が反政府側に回るのは、政府としては避けたいところだろ

>>959
西郷の征韓論を潰してる時点で、大久保岩倉としては西郷とは決裂やむなしが本心でしょ

962名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/27(火) 04:08:47.75ID:domY3CIT0
求心力ってなんだろう? 幕末の動乱期においては炎上案件を勃発させては
扇動して事を大きくしていた詭弁家だろうか。
派手な立ち回りで殺したり殺されたりするお騒がせ野郎だろうか。

今の時代だとアメリカのトランプ大統領が、明らかに言ってること変なのに
衆目を集めるのだけは成功していたから選挙で勝ててしまったように。

カリスマと人徳は比例しない。
世が乱れているときに求心力でぐいぐい力押しする人間ってロクな奴がいない気がする。
幕末は特に。

西郷は目立つシチュエーションで戦死したから英雄伝説にしやすかった。
そうして幕府を滅ぼすことの正当性を捏造するための伝説を創作して、プロパガンダに
使った。死人は余計なボロ出さないから。

もしも西郷が戦死せずに敗走してたら生き恥をさらしながら生きて、歴史上の雑魚扱いの
存在感で教科書になんか載らなかったかもしれない。

963名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/27(火) 07:08:07.15ID:B5QuzQab0
>>961
本心というのは史料からはわからん部分だからなんともいえないけど
個人的には「大久保は単に西郷の頭が冷えるの待ちたかった」という家近説支持かな

内政整うまで50日とか言ってた時点では征韓派との落としどころ探ってたと思う

964名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/27(火) 07:37:06.63ID:5Bj+GXr20
奄美大島の住民がやけに閉鎖的なのは、奴隷にされた歴史があったからなのか。

965名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/28(水) 08:03:30.93ID:kBbxBYik0
奄美の住人は元はひとつのコミュニティを分断して差別意識を作って奴隷管理させていたとのこと。
西郷が結婚した奄美の現地妻・愛加那は奴隷を使役している側の明家の娘。
うまく取り入ったね。

西郷は偉い人に気に入られる才能はあったんだな。
なんか、ずるい気がする。

966名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/28(水) 19:21:30.34ID:k0rgYHzZ0
>>962
んなもんはお隣の大陸の歴史というお手本が既にあったろうにとw

967名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/29(木) 23:22:02.32ID:KeFDHTNt0
>>958
>ところが求心面では西郷に頼りっぱなしなんだよね

ここだけ切り取っていうのもなんだけど
幕末での西郷の顔の広さは全国的にも対薩摩士族でも
大きな重しとなったような気がする

968名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/30(金) 11:13:33.55ID:UFY01pC60
江藤、大隈あたりは“個人”として凄い

西郷は、薩摩士族という“背景”が凄い
ていうか、西郷の個人としての実績は島送りとか月照を見捨てるとか、城山投降とか黒歴史しかない

969名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/30(金) 20:34:12.03ID:htm3m7uI0
>>964
おかしいなー
奄美では西郷隆盛はとても慕われてるんだけど。

970名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/30(金) 21:30:54.51ID:PojQvcta0
>大阪府三島郡島本町のいじめはいじめられた本人が悪い

                         ↑
>いじめられる側が悪いって情報を流したせいで、自殺したやつ何人もいるんだろうな
小中高校生、ネット世代の自殺率は年々あがっている


 島本町というのは罪作りな町だな

971名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/31(土) 03:33:59.95ID:BZmcGTx90
蛤門に砲撃し孝明天皇を〇し維新回天させた偉人
西郷南洲は大人気やからな〜

972名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/31(土) 23:56:08.30ID:6I0PIKUo0
>>965
確かに権力者に気に入られる変な才覚があるかも知れんなぁ
奄美潜居とか島流しで苦労しましたみたいな扱いになってるが、実際には幕府の追捕から斉彬子飼いの西郷を隠すための奄美行きだしな
奄美在住中には薩摩藩から賄い米を支給、鹿児島の西郷家には生活費の補助を与え、愛加那と結婚後は支給も倍増
米が貴重な奄美じゃ現地での賄い米の価値は10倍でも足りない
しかもその愛加那は奄美龍郷のお嬢様ときて、事実上の龍郷地頭である有力な龍家の庇護を受けるわけだし
んで、この処置は斉彬の不倶戴天の敵であったはずの斉興派の指図だったりするわけで
松平春嶽の下で西郷と同じようなポジションにいた橋本左内とか、守られるどころか安政の大獄で斬首だぜ

973名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/01(日) 10:29:09.31ID:pT/InqJX0
西郷が最初の島流しで手厚い待遇を得ていたのと、西郷が大物に気に入られやすいのは、関係無い気がする

974名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/01(日) 23:24:12.44ID:EEFvVdi40
人気やオーラは外見が良かったのも大きいだろう。

975名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/02(月) 08:05:17.89ID:9PW/onTD0
坂本龍馬は結局教科書に載るみたいだね。何もしてないのに

976名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/02(月) 08:20:40.04ID:ci2VBvsU0
坂本龍馬とかいう声のでかいばかりの男。
偉人扱いされているけどただの詐欺師。
スポンサーはグラバーで、龍馬は武器・兵器を取り扱う死の商人やってたんだっけ。
口八丁手八丁の売国奴のイメージだ。

こんなのに踊らされた西郷もイマイチだったね。

977名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/02(月) 17:03:17.58ID:9PW/onTD0
高級料理店にもよく行ってたくせに、下級武士

978名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/02(月) 18:14:06.01ID:5K4adGf30
大村益次郎は多彩な才能の持主だった。
幕末期には長州征伐、戊辰戦争での長州軍、官軍の軍事指導者。
明治維新(1868)後は近代日本最初の兵部大輔(陸海軍大臣)として藩兵解散、徴兵制実施、
鎮台・鎮守府の設置などの近代兵制を創設。
明治2年(1869)、暗殺。
その間、東京招魂社(現・靖国神社)の設立に尽力、数学書・兵学書の執筆、官軍の士気を
鼓舞するために近代日本最初の行進曲「宮さん宮さん(トコトンヤレ節)」の作曲までやって
いる。
・大村益次郎・作曲、品川弥二郎・作詞「宮さん宮さん」
https://www.youtube.com/watch?v=DVc-UNU48g0

因みに、アメリカ合衆国では同時期の南北戦争[American Civil War](1861〜1865)時に、同
じく小太鼓連打の行進曲 “When Johnny comes marching home”(ジョニーが凱旋するとき)
が北軍によって作られ、今でも合衆国の代表的な行進曲になっている。
・“When Johnny comes marching home−American Civil War Song−”
https://www.youtube.com/watch?v=d9uarq2_hQ8

979名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/03(火) 18:44:11.52ID:cEztAO9I0
会津厨もひどいバカだったな

980名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/03(火) 19:59:03.90ID:HnrOMTDa0
>>976
西郷が龍馬に踊らされてたってのは無いわな
藩外勢力である龍馬を動かしてたのは、西郷や大久保の直属の上司の小松帯刀だもの
この時期の龍馬も西郷も大久保も政治面では小松帯刀の手先に過ぎんわな

981名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/04(水) 16:42:05.23ID:4NxFfhn20
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E7%9B%A4%E8%BB%92#/media/File:%E5%B8%B8%E7%9B%A4%E8%BB%92.jpg

今頃あの世で西郷・大久保・龍馬らと蕎麦喰っているかもねw

982名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/04(水) 19:52:11.33ID:n0cM7qP30
会津プロパガンダ、田布施システム

これらはパヨク、在日、部落が推し進めてる
反日プロパガンダです。
信じてるのはバカか在日かパヨクか部落です。

983名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/05(木) 22:59:57.60ID:DiH83ZsW0
何故か火山灰に関して騒がれないが、肺疾患と密接な関係があるから注意
薩摩には行かない方がいい。

http://eniac.sci.kagoshima-u.ac.jp/~oyo/advanced/disaster/health.html

984名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/06(金) 05:38:47.27ID:whF2q6210
新撰組は土方が嫌いでしょうがない。
近藤を持ちあげまくって隊の現場の指示系統から切り離し
副長としてやりたい放題。
天皇を軟禁して威をかっていた岩倉とやり口が似ているなぁ。

そうして隊員を粛清しては切腹させまくり。
ヤ〇ザとか暴走族は抜けようとするとボコられるけど、それより酷い。
予算の使い方はいい加減だし、治安のためとかほさきながらの
過度な暴力行為をして、より京都の治安を悪化させた。
新撰組のやってたことは真似事の武士ごっこ。
浅慮で質が低いことはなはだしかった。

敵も味方も道連れに死なせている結末は
陣営は違えど西郷と変わらない。

985名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/06(金) 06:58:25.28ID:XL7f8lVJ0
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=SiHp41uWo1I
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8
https://youtu.be/Q5Ifb-UXVic

986名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/06(金) 07:20:57.27ID:bdbKEldV0
>ヤ〇ザとか暴走族は抜けようとするとボコられるけど、それより酷い

んな近代の平時な連中と比べるなよwww

987名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/07(土) 04:54:25.88ID:q+jVoFUl0
>>985
しつこい。そのコピペ見飽きた。

988名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/07(土) 07:19:19.34ID:mwKF5WOm0
大村益次郎は頭がよかったからまず医者になった。
しかしコミュ障なところがあって、村医者としては全然駄目だった。
それが軍師として敵を制圧することには成功した。
つまり、人を救う才能はなかったが、人を殺める才能はあったという言い方も出来る。
コミュ障が知略策謀で人を圧倒する。
この辺が5ちゃんの一部の人には憧れられるんだろう。

医者か軍人かという選択を迫られた人に、チェゲバラがいるが、
大村益次郎を「日本のゲバラ」と呼ぶ人はまずいない。
見た目が違いすぎる?(笑)
それもあるかもしれないが、大村は徹底して机上の人、テクノクラートで、
命のやり取りの場には立てない人だった。救う場でも殺める場でも。

「宮さん宮さん」にしても、今歌える人がどれだけいるのかね?

大村は乱世に確かに活躍した。
しかし、ただ頭がいいだけの人だった。

989名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/07(土) 09:27:29.42ID:mwKF5WOm0
人望がありすぎた西郷と、
人望がなさすぎた大村。

どちらもそれで身を滅ぼしたようなところがあるから、やはり乱世の雄だったんでしょう。

平時であれば、西郷は開拓や干拓、治水といった大きな土木工事の監督になっていたかもしれない。

では大村は何をしただろう。
塾の講師だろうか。

990名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/07(土) 10:33:30.27ID:1wN7bnNL0
>>989
臨床に携わる医者ではなく、大学で研究する医学者にでもなってたんじゃないの?

991名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/07(土) 11:09:02.65ID:AsNXgmxm0
>>989
人望とか命のやりとりとか、バカが好むワード満載で笑わせてもらった

具体性ゼロの歴史観、人物観・・・

「老害」を絵に描いたようような文章ですなあ

992名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/07(土) 11:22:29.77ID:FMErgzSl0
「宮さん宮さん(トコトンヤレ節)」作曲:大村益次郎、作詞:品川弥二郎
https://www.youtube.com/watch?v=DVc-UNU48g0
この小太鼓を連打する「宮さん宮さん」が近代日本初の行進曲で、作られたのが明治維新
(1868)前後で官軍の士気を鼓舞するため戊辰戦争中に使われ、作曲者が日本陸軍の創
立者である大村益次郎であること。

片や、アメリカ合衆国では同時期の南北戦争[American Civil War](1861〜1865)時に、同じ
く小太鼓連打の行進曲 “When Johnny comes marching home”(ジョニーが凱旋するとき)が
北軍によって作られ、合衆国の代表的な行進曲になっていること。
“When Johnny comes marching home−American Civil War Song−”「ジョニーが凱旋するとき」
https://www.youtube.com/watch?v=d9uarq2_hQ8

この両者の比較は非常に興味深い。ここは、官軍の士気を鼓舞するために、欧米の行進曲
のスタイルをいち早く取り入れ、日本風にアレンジして使った大村のセンスの良さをほめるべ
きか。

993名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/07(土) 22:04:32.97ID:PYrL5ym00
これだけは言えるとは思うが、西郷にしても大村にしても

彼ら

を上にの仕上げた連中のがすごくない?とw

994名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/08(日) 07:29:44.59ID:Pqb2qz3K0
「宮さん宮さん」は、ちょっと調べれば分かることですが、
作曲者は大村益次郎かどうか定かではありません。

作詞は品川弥二郎。これは間違いないが、節をつけた(作曲した)のは品川の愛妓・中西君尾とも言われている。
西洋式の行軍にリズムが必要と感じた大村が、曲を作るよう品川に命じた。
品川は、愛妓と枕を並べて節を考えた。
しかし芸妓が作った曲で軍隊を動かすのは体裁が悪いから、大村の作曲ということにした・・・
そこは分かりませんが、幕末の状況からして、
大村が西洋の作曲家のように、五線譜におたまじゃくしを書き込んだ、ということはないでしょう。

現代でもアイディアを出したのは自分だから作曲者は俺だ、と言いはった人がいましたね。
さむらごーちなんとかとか・・・

大村がそんな恥ずかしいことをしたとは思いませんから、周りが忖度したんでしょう。

スレ主は、自分に都合が悪いことは知らないふりをします。
そして、自分の願望が真実だと言い張ります。
この「宮さん宮さん」のレスには、それがよく表れています。
なんのことはない「西郷伝説は取り巻きによる捏造だ」と言い張ることを、
自分がやっているのです。

995名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/08(日) 10:27:08.03ID:SWvA7cwH0
荒らしが貼ってるコピペにマジレスって
とことんズレてるなあ、この老害さん

996名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/08(日) 13:11:33.38ID:xSSMF+8H0
>>994
>「宮さん宮さん」は、ちょっと調べれば分かることですが、
> 作曲者は大村益次郎かどうか定かではありません。

では、ちょっと調べて、その調査結果を出典と共にこのスレッドに書き込んで もらいたい。
よろしく。

997名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/08(日) 20:18:06.64ID:Keq79oJK0
>>994
誰が作曲者でもいいですが、
西洋の作曲家のように、五線譜におたまじゃくしを書き込めることを
作曲者の条件にするなら
西洋の知識に明かるい大村はその条件に適合しているのではないですか?
むしろ適合しているからこそ、大村が作曲者ではないかと推定されているのではないですか?

998名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/09(月) 00:18:42.54ID:lyySQNvA0
とことんやれ ぶし 【とことんやれ節】


>>996

大村益次郎が作曲者かどうか諸説あって定まっていない、ということを言いたいだけなので、
次の引用で十分でしょう。
あくまで大村が作曲したものであるというなら、ご自分で調べて、大村スレでご披露ください。

「三省堂・大辞林」より
とことんやれ節
明治時代に流行した軍歌。1868年(明治1)官軍東征の際,参謀品川弥二郎が作詞し,
祇園の芸者君尾(一説に大村益次郎)が作曲。
東征大総督有栖川宮をさす「宮さん宮さん」で始まる。とんやれ節。

999名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/09(月) 00:24:45.25ID:lyySQNvA0
スレ主はたぶん、人と声をそろえて歌を歌う、という体験をしたことがない。

1000名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/09(月) 01:48:37.93ID:gN0LTUp40
>>999
なんかあんたって、自分が勝ったと思えるような妄想をすることによって溜飲を下げてる、可哀そうな人のようだな・・・

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
新しいスレッドを立ててください。
life time: 207日 7時間 55分 48秒

10021002Over 1000Thread
5ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 5ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 5ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.5ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.5ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。