☆★☆★☆南京大虐殺を語ろう52☆★☆★☆

1名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/29(月) 06:20:43.32ID:AMgX6aLe0
南京大虐殺は真実か、それとも捏造か。

前スレ
☆★☆★☆南京大虐殺を語ろう51☆★☆★☆
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history2/1512901017/

398名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/15(木) 22:20:32.88ID:X5mdkpz90
武器を捨てた投降兵を殺害するのが合法とかいうオリジナル解釈w
投降してきた兵士を無裁判で殺害してよいっていう専門家はどこにいるんだよw

399名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/15(木) 22:30:14.62ID:X5mdkpz90
>>395
おまえのオリジナル解釈なんて誰も聞いてねえからw
とっとと専門家の見解を出せよ無能w

400名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/15(木) 22:41:43.93ID:pHwHohAG0
ファルージャガーって喚いてるバカがいるが
ファルージャの件は全然合法だとは言われてないぞ
普通に国際法違反かどうか調査されてるし
国際法が専門のカイロ大学サレハアミル教授は国際法違反だと指摘している

401極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/15(木) 23:29:23.52ID:3QKRxg5r0
>>396
>手榴弾を隠し持っていたのなら
>「投げつけてきて」初めて形勢危殆に直面なんだよw
>そんなこと言ってたらどこの軍の兵士もあいつは手榴弾を持ってる可能性があるから
>形勢危殆に直面したって抜け道になるだろw
>想像を絶する馬鹿だなw

現実に米軍は身動きひとつしていない負傷者を「死んだふりをしている」と言って射殺していますがw

現実を認識することができないとは想像を絶するバカだなw

402極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/15(木) 23:39:39.09ID:3QKRxg5r0
>>400
アラブ諸国の極一部の反米勢力の意見がなにかw
それともそのカイロ大学サレハアミル教授の指摘が国際社会での主流な主張だとでもw
対米追従の意見も反米批判の意見も様々な意見があるのは当然w

その様々な意見の極一部の、極々少数の意見だけをさも主流の意見であるかのようにトリミングするのが万年進歩のない肯定派のやり方w

403極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/15(木) 23:58:34.53ID:3QKRxg5r0
>>398
>投降してきた兵士を無裁判で殺害してよいっていう専門家はどこにいるんだよw

兵士を一体どんな罪で裁判にかけるんだよw
つまり支那兵は「ひと目で裁判が必要と判断される状態だった」という事だなw

便衣兵の現行犯確定ですw


信夫淳平『上海戦と国際法』
然るに便衣隊は交戦者たる資格なきものにして害敵手段を行ふのであるから、明かに交戦法規違反である。
その現行犯者は突如危害を我に加ふる賊に擬し、正当防衛として直ちに之を殺害し、又は捕へて之を戦時重罪犯に問ふこと固より妨げない。


正規兵なら日本兵の殺傷も、日本軍への破壊活動も「正当な戦闘行為」だから裁判にかける意味がないんだがw
で、当然交戦相手には「投降を受け入れる義務はない」のだがw

ハーグ陸戦条約
第32条
交戦者の一方が他方との交渉を行うため、白旗を掲げて来た者を軍使と規定する。
軍使、及び、それに随従する喇叭手、鼓手、旗手、通訳は不可侵権を有す。

第33条
軍使を差し向けられた部隊長は必ずしもこれを受ける義務は無い。


さらに国際法学者の見解は「交戦法規上殺害も可」w


『戦時国際法講義 第二巻 信夫淳夫著 P783』(※『南京戦史資料集』より引用)
  即ち要は、捕獲者に於て俘虜の収容文は給養が能きず、さりとて之を宣誓の上解放すれば彼等宣誓を破りて
  軍に刃向うこと歴然たる場合には、挙げて之を殺すも交戦法則上妨げずと為すのである。

404名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 11:30:54.62ID:UJFiUNP30
国際法違反だと専門家から指摘されてる事件を持ち出して
合法だー!と言い張る斬新すぎるバカ戦略w

405名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 12:53:00.50ID:DpsFGBtO0
>>404
ソースは?
掲載された媒体は?
専門誌?
雑誌への投稿?
掲載されたページは何ページ?
学会での発表?
大学での講義?
何より専門家としてのサレハアミル教授の業績は?
他の国際法学者の評価は?

答えられますか?

406極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/16(金) 13:25:28.25ID:YtRRZjHt0
>>404
その指摘が現実のファルージャで何か役に立ったんですかねえw
現実には何の役にも立たないお題目を唱えるだけw

現実には米軍の交戦規定では「正当防衛であるかどうかは関係なく、実際の状況がどうであったかも関係ない」w

ttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/uruknewsjapan2006/view/20070316/1174045534
イラクに派遣された米軍兵士は、米軍が公式に採用している従軍にさいしての交戦規定で、「危険であると感じる」ならば、いつでも、誰にでも
発砲することが許されている。
当人が危険だと感じさえすれば、正当防衛であるかどうかは関係なく、実際の状況がどうであったかも関係ない。


そして米軍の判断は「交戦規定に違反せず」w


無抵抗イラク人射殺:交戦規定に違反せず 米海兵隊
【ワシントン及川正也】米軍によるイラク・ファルージャ掃討作戦中の昨年11月、米海兵隊員が無抵抗のイラク人負傷者を射殺した事件で、
米海兵隊は4日、「交戦規定と一致する行動で、自己防衛のためだった」とする調査結果を発表した。これにより事件に関する軍法会議は
開かれず、海兵隊員の刑事責任は問われないことになる。
調査結果によると、事件は同13日にファルージャのモスク(イスラム礼拝堂)内で作戦行動中の海兵隊員がライフル銃で、イラク人3人を射殺。
この様子を従軍取材していた米NBCテレビが撮影、武装していないイラク人1人の射殺直前の場面が放映された。ビデオによると、この海兵
隊員は「死んだふりをしている」と叫んでから、銃撃していた。
この海兵隊員は聴取に対し「襲いかかろうとしてきたので、自己防衛のために撃った」と主張。複数の目撃証言やビデオの検証、法医学的
検証などと合わせて検討した結果、「交戦規定と矛盾しない」と判断、正当な戦闘行為と結論付けた。
調査では、死んだふりをして不意を突いて襲撃してくることがある反米武装勢力の戦術なども考慮された。
(毎日新聞 2005/05/06)


事実イラクでは米兵は即座に撃つよう命令されていましたw


ファルージャで米兵は即座に撃つよう命令されていた
Falluja troops told to shoot on sight
アルジャジーラ
2004年11月22日
ファルージャ攻撃の前夜、米軍は兵士に、もし安全上の不安を感じたら、相手が武器を持っているかどうかに関係なく、路上にいる15歳から50歳のすべての男を撃つよう命令されていた。
「諸君は人を殺しても殺人犯ではない。戦争犯罪者ではなく戦闘員なんだ。そこのところを混線するな」
これは今回のファルージャ攻撃に参加する前に、ある米軍将校が部下に語った言葉である。
その数日後、一人の海兵隊員が殺人者か戦争犯罪者かという問いかけとともに、スポットライトを浴びることになった。
録画されて世界中に報道された彼のイラク負傷者への発砲は、軍の規制範囲に疑問を生じさせ、アラブの憤激をかきたてた。
ファルージャ作戦の忠実な支持者でもあるイラクの暫定首相アラウィがこの事件への懸念を表明したあと、赤十字国際委員会は戦闘している両陣営によって示された人間性への「完全なる侮辱」を鋭く批判した。
問題の発砲事件は、11月13日、モスクを捜索しているときに発生した。一人の兵士がライフルを持ちあげて、明らかに無防備で負傷したイラク人−−壁にもたれかかっていた−−を至近距離から撃ったのだ。 ・・・
11月8日に始まった攻撃を、米軍に同行してエンベッド取材していた記者のレポートは、この発砲が特殊な事件ではないことを示唆している。それは単にカメラに捕らえられた唯一のケースであっただけで、ファルージャの攻撃では緩和された交戦規則の実例が認可されていた。
彼が所属する海兵隊の中隊長は、市の心臓部に入る前に、「敵は女装することができるし、死んだふりもできる」と語った。海兵隊兵士は、「それで動く者は何でも撃ち、動かない者でもすべて撃った」と話した。
この部隊に同行し、ファルージャの戦闘の最前線で最も危険な任務についていたカメラマンは、戦況が変わるなかで、交戦規則が徐々に緩和されていたと話した。
「部隊が家屋内に入ったときに一人の兵士が殺された。彼らは退出し、その建物を爆破したが、彼らが再び中に入ると、瓦礫(がれき)の下から突き出た腕が手榴弾を投げた」と彼は話した。・・・
攻撃が始まる前の夜、相手が武器を持っているかどうかに関係なく、安全上の不安を感じたら、路上にいる15歳から50歳の男すべてに発砲してもよいという命令が下された。
海兵隊員が一等軍曹に詳細を尋ねると、彼は部下に、もし街頭で兵役年齢の男を見かけたら「撃ち倒せ」と指示した。

407名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 14:32:30.76ID:UJFiUNP30
>>405
知りたければ自分で調べれば?w

専門家からも違法だと指摘されている事件を持ってきて
合法だー!と喚くってかなり斬新だなw

408名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 14:36:34.65ID:UJFiUNP30
米軍がやってるから合法だ!ってw

米軍を正義の味方かなんかだとでも思ってるのか?w

409名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 14:58:13.48ID:DpsFGBtO0
>>407
あなたしか知らない自称専門家ですか?
架空の脳内妄想の人物と言われても否定できませんね。
せめて同時にソースを出す程度の常識も知らないのでしょうか。

410極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/16(金) 16:11:26.41ID:YtRRZjHt0
>>408
そもそもお前らは「便衣兵には軍律裁判が必要」という主張をしているよなw
しかし「軍律は国際法と無関係に制定できる」w
例えば間諜は国際法上合法だが、軍律では害敵行為として取り締まりが可能w
つまり「国際法上合法な行為も軍律によって処罰が可能」という事w
「国際法より軍律が優先される」という事だなw

当然、ハーグ条約第23条:3兵器を捨て、または自衛手段が尽きて降伏を乞う敵兵を殺傷すること
これよりも軍律が優先されるなw
しかも支那兵は国際法を守るどころか便衣に着替えたりして国際法違反をしているのだから、わざわざ軍律よりも国際法を優先して適用してやる理由はどこにもないw

さらに「自衛手段が尽きて降伏を乞う敵兵」に対して軍律裁判が必要だと判断されるような状況と言えば「便衣兵の現行犯」しかないわけでw
便衣兵の現行犯に対しては正当防衛として直ちに殺害しても可w

信夫淳平『上海戦と国際法』
然るに便衣隊は交戦者たる資格なきものにして害敵手段を行ふのであるから、明かに交戦法規違反である。
その現行犯者は突如危害を我に加ふる賊に擬し、正当防衛として直ちに之を殺害し、又は捕へて之を戦時重
罪犯に問ふこと固より妨げない。


さらに国際法学者でさえ「白旗を掲げても射撃を中止する必要はない」と認めているw

足立純夫著『現代戦争法規論』〔1979年〕
陸戦規則第23条は「兵器ヲ捨テ又ハ自衛ノ手段尽キテ降ヲ乞ヘル敵ヲ殺傷スルコト」を禁止し、一旦敵人員が降伏の意思を示した以上は、軍事上の必要性をもってするも、
この禁止規則を無視することは許されず、敵人員の降伏の時をもって実力行使を停止すべき明確な一線をここに設けている。
 この規定に拘らず、敵部隊が降伏記号たる白旗を掲げた場合には、事態により敵に対する射撃を中止する必要はなく、また、敵部隊の指揮官が麾下部隊に全面降伏を
命じた後において、その命令に反して射撃を中止しない敵人員がいる場合には、それに対し引続き攻撃を加えることができる。

(1)高橋作衛,遠藤源六述『戦時国際法講義』〔明39〕
・・・・然れとも戦争の勝敗は機微の間に在り各軍は其安全を犠牲としても尚敵を殺戮すること能はすと云ふは実際に於て適用し難き議論なり。
尤も投降したる者は反撃又は其の他不穏の行動を為し勝者を死地に陥るる如き不信義なかるへきも是れ絶対的に保証せらるへきものに非す。
故に自衛の為め必要なる場合に於ては   【【【投降を容れす之を殺戮することを得へきものと云はさるを得す】】】   唯感情の結果殺戮するを不当とするのみ。


結論としては、「支那兵が国際法に従って投降してきても射殺可能」(足立純夫、高橋作衛、遠藤源六)w
さらに「便衣兵の現行犯者は直ちに殺害可能」(信夫淳平)w
そして戦時重罪犯の軍律裁判での判決はおおむね死刑w

411名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 18:06:58.77ID:UJFiUNP30
アルジャジーラで報道されてたらしいぞw
米軍がやってることはすべて合法だと思ってる池沼w
米軍がやってるから合法ってソースはどこにあるの?w

412名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 18:11:20.12ID:UJFiUNP30
米軍がやってるから合法www
斬新すぎるわwww
そもそもイラク戦争自体が国際法違反の侵略だと
国連安全保障理事会で非難されてるのにwww

413名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 18:13:44.97ID:UJFiUNP30
米軍がやってるから合法ってソースはどこだよw
同時にソースを出すのが常識とか言ってるくせに
おまえが何一つソース出してねえじゃんwww
頭悪すぎだろwww

414名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 18:16:17.36ID:UJFiUNP30
自分で同時にソースを出すのが常識とか喚いてるくせに
お前自身は何一つソースを出さず
妄想をぶちまけるだけwww
おまえの頭蓋骨の中は脳みその代わりにおがくずでも詰まってんじゃねえの?wwwwwwwwwww

415名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 19:25:51.51ID:lIZsbUGc0
>>387
>【証拠1】

>どこに私「極東からの使者w」が「1929年のジュネーブ条約を批准していた」と書き込んでいるんだ?

じゃあ、何故
「つまり1937年の南京戦時には1929年のジュネーブ条約が有効なのは当たり前だよなあw」
と書いているんだ?
「1929年のジュネーブ条約が有効」というのなら、1929年のジュネーブ条約を批准していたと
解釈されても仕方がない。おまえの真意がどこにあるかなんて、特に配慮はしないので、こちらには関係ない。
こちらは、書いてある文章から判断するしかないからだ。

>私が書き込んでもいない「批准」という語句を「お前が」勝手に書き加えているんだが?

おまえが書いた原文に、おれが勝手に書き加えているという証拠がどこにあるんだ?
ここに提示してみろ。
おまえ等捏造改竄派と一緒にするな!


>【証拠2】

>「捕虜の後送」は殺害でもなければ虐待でもないw

「バターン死の行進」という虐待事件があるな。これは、場所が違うので関係ないが。

>そもそもハーグ条約にも1929年のジュネーブ条約にも「どの時点から捕虜なのか」明確に規定されていないw

馬鹿w おまえは、他人の過去の書き込みを完全に無視するのか? 既に論破済だ。
指揮官等が俘虜とみなして収容してから殺害している記録がある。「どの時点から捕虜なのか」なんて関係ない。


(再掲)

指揮官自身も俘虜と認識していた記録が残されている。

第16師団第30旅団長 佐々木倒一少将私記 『南京戦史資料集T』『昭和戦争文学全集』
 「12/13 「その後【俘虜】ぞくぞく【投降】し来り、数千に達す。」(注1)

第16師団佐々木支隊所属独立攻城重砲兵第2大隊 沢田正久中尉証言 『偕行』(証言による南京戦史)
 12/14 「多くの敵兵は胸に「首都防衛決死隊」の布片を縫いつけていました。【俘虜】の数は約一万(戦場
のことですから、正確に数えておりませんが、約八千以上おったと記憶します)」

第16師団歩兵第33連隊戦闘詳報 『南京戦史』
 12/10〜12/14 [俘虜]将校14、准士官・下士官兵3,082 [備考] 1、【俘虜】は処断す

朝日新聞 1937年12月17日朝刊 [南京にて横田特派員16日]
 「両角部隊のため烏龍山、幕府山砲台附近の山地で【捕虜】にされた一万四千七百七十七名の南京潰走
 敵兵は(略)それが 皆蒋介石の親衛隊で軍服なども整然と統一された教導総隊の連中なのだ、」(注2)

注1 【俘虜】は、正しくは「敵兵」又は「敗残兵」であるが、収容して「俘虜」とした意味であることは明白である。
注2 捕虜と書かれているが軍服着用の投降兵なので交戦法規違反はなく、俘虜として扱わなければならない。

416名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 19:26:37.77ID:lIZsbUGc0
>>387
>【証拠3】

>つまり1929年のジュネーブ条約が有効ではないのなら「捕虜を保護する義務」そのものが存在しませんがw

馬鹿w おまえは本当に馬鹿だなあw これも既に論破済みだ。
日本は、南京戦時にはハーグ陸戦条約を批准していたので捕虜等を勝手に殺害したり虐待することはできない。


>寝言は寝て言えw

馬鹿w それは、おまえのことだ。
だから長毛種さんに何度も論破されるはずだw 馬鹿は死ななきゃ治らない、かw


>【証拠4】

>意味不明w

おまえの前の書き込みは、これ。↓

>つーか、「1929年のジュネーブ条約を批准していない!」と主張しているのは肯定派なんだがw

南京戦時に1929年のジュネーブ条約を批准していなかったのは事実だ。
これは事実だから、本来は肯定派も否定派もない。
おまえは「〜は肯定派なんだがw 」と書いてるから、否定派の主張は違うと解釈されても仕方がない。
おまえの真意がどこにあるのかなんて、こちらには関係がない。
皮肉で書いていたとしても、それは文章作成上の失敗だ。責任は、おまえにある。

>捏造と勘違いと勝手な思い込みと自己解釈しか出来ない肯定派という連中の見本だなw

それは、おまえら否定派のことだ。
反論するなら、まず「南京事件はなかった」とかいう学術論文を出してからにしろ。
「南京事件はあった」という学術論文なら、南京事件肯定少数虐殺説を主張する原剛氏が軍事史学会に
出している。査読有りの学術論文だ。
論理的な思考ができない否定派には、学術論文なんて所詮無理な話かw

417名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 19:27:11.87ID:lIZsbUGc0
>>387
>【証拠5】

>ハーグ条約には「どの時点から捕虜なのか」規定されていないw

これは【証拠2】で論破済だ。
指揮官等が俘虜とみなして収容してから殺害している記録がある。「どの時点から捕虜なのか」なんて
話は関係ない。

>さらに、武器を捨てようが、便衣どころか素裸だろうが、負傷して意識不明だろうが、その場から一歩も動かなかろうが、
>日本兵が「危険を感じた」と判断した時点で射殺しても「正当な戦闘行為」w(byファルージャw)

馬鹿w ファルージャの射殺事件が根拠になるか。
米軍が自分に都合のいいように「正当な戦闘行為」と判断しただけだ。しかも、軍法会議を開いていない。


はい、全て論破済に終わりましたw 極東からの使者w は、ここでも論破されてしまいましたw 哀れw
悔しかったら、全否定派に呼びかけて否定論(?)の学術論文でも書いて発表してみたらどうだ?w 
烏合の衆には絶対に無理な話だけどw 烏合の衆でなくても無理かw

418名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 19:27:50.88ID:lIZsbUGc0
>>387
(おまけ)

メビウスリング掲示板から

極東からの使者w ★Z2JQZ1fp6R_v91
No.1669

>>1667
>ハーグ条約上、前線で捕虜を確保している場合も「政府ノ權内ニ屬」すとの解釈です。

>あなたの個人的解釈に意味はありませんよ。
>日本軍では陸軍大臣管轄下の正規の俘虜収容所に収容されて、はじめて「俘虜取扱細則」による「正式な俘虜」
>になり、捕虜の待遇を定めた条約の「準用」の対象となります。

>『日本軍のPOWを扱った機関とその資料 恵泉女学園大学教授内海愛子著』
>日本軍では、捕虜とは陸軍大臣管轄下の正規の俘虜収容所に収容されて、はじめて「俘虜取扱細則」による
>「正式な俘虜」になり、捕虜の待遇を定めた条約の「準用」の対象となる。

※ 「捕虜の待遇を定めた条約」とは、1929年のジュネーブ条約のことをいう。
   「準用」とは、アメリカに対して1929年のジュネーブ条約を準用すると回答したことをいう。

長毛種さんの書き込み、
「ハーグ条約上、前線で捕虜を確保している場合も「政府ノ權内ニ屬」すとの解釈です。 」
に対して、おまえはレスを付けている。
ハーグ陸戦条約の内容に対して、おまえは「捕虜の待遇を定めた条約の「準用」の対象となります」
と書いている。
「捕虜の待遇を定めた条約」とは、何かわかってるのか? 1929年のジュネーブ条約のことだ。

おまえは、ハーグ陸戦条約に対して1929年のジュネーブ条約を使って回答している。
これも、ハーグ陸戦法規と1929年のジュネーブ条約とを間違えている証拠だ。

419名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 19:28:21.13ID:lIZsbUGc0
>>388
> >386氏の言うように【お前が】「1929年のジュネーブ条約を批准していない」と主張しているから
>それを確認しているだけだが?

それなら、何故最初に「確認するが〜」とか、一言文章を入れないんだ?
後から「それを確認しているだけだが?」と言っても、証文の出し遅れだ。
こちらは、書いてある文章しか見ていない。おまえの真意がどうかなんて、特に配慮はしない。


>以前から肯定派は「あなたが言っている事は〇〇なんですね?」と確認すると〜

それは知らないな。多少文章が長くなっても、慎重に正確に書くべきだ。


>単純に日本語が理解できないのか、理解できても論理的な思考ができないのか、
>それとも唯、自分の発言と相手の発言の区別さえできないのかw

それは、すべておまえやおまえ等のことだなw

・日本語が理解できない
・論理的な思考ができない
・自分の発言と相手の発言の区別さえできない

論理的な思考ができるのなら、否定論に魅入られたりはしないわなw けっして否定派になんてならない。
その証拠に、否定論を主張する歴史学者はいない。否定論の学術論文は、論争が始まってから
40数年経つが、一つも発表されていない。これが現実だ。

否定派は死ぬまで「南京事件はなかった」と現実を無視して妄想を喚くのだろうなw 哀れw
絶対に日本の足を引っ張るようなことはするなよ。

420名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 19:44:53.43ID:NvRne5Wm0
>>407
その専門家って誰?

平然と嘘を吐く卑怯者集団肯定派w

肯定派は嘘吐きのキチガイだらけ。

421極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/16(金) 20:01:43.15ID:YtRRZjHt0
>>411
>アルジャジーラで報道されてたらしいぞw
>米軍がやってることはすべて合法だと思ってる池沼w
>米軍がやってるから合法ってソースはどこにあるの?w

誰がそんな事を言っている?
私「極東からの使者w」が「米軍がやってるから合法」と主張しているレス番号を提示してみろw
またお前の脳内妄想かw

勝手に脳内妄想で語句を書き加え、改竄、捏造して自作自演の藁人形叩きしか出来ないのかよw

422名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 20:03:14.63ID:NvRne5Wm0
>>419
だから、何度も質問してるだろうが、中卒キチガイ肯定派。

 415 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/02/16(金) 19:25:51.51 ID:lIZsbUGc0
 指揮官等が俘虜とみなして収容してから殺害している記録がある。「どの時点から捕虜なのか」なんて関係ない。


指揮官が俘虜とみなしたとしても、その捕獲中国兵が【条約により待遇を保証された俘虜】であった証拠がどこにもない。
指揮官は、言葉の便宜上【俘虜・捕虜】という言葉を使っただけ。


いつから俘虜とするかは指揮官の自由裁量と定めたのは1929年俘虜条約だが、お前は、その俘虜条約は
【守る必要はない】と明言してる。

 『現代戦争法規論』 足立純夫著(※国際法学者)
 1929年の捕虜条約の規定の解釈では、捕獲した敵要員をいつから捕虜とするかは捕獲国軍隊指揮官の自由裁量
 とされていた
 http://oira0001.sitemix.jp/frame17.html

 ↓
 383 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/02/14(水) 21:06:13.42 ID:JpNvZ5Ei0
 南京戦時に1929年のジュネーブ条約を批准していなかったので、守る必要はない。


となると、南京戦で捕らえられた投降中国兵が【条約により待遇を保証された俘虜】であった証拠がどこにもない。

ハーグ陸戦条約では、【俘虜の定義】が示されてないことは既に指摘済み。

 『国際人道法の再確認と発展』 竹本正幸著(※国際法学者)
 陸戦規則の第一章では、合法的な交戦者資格について規定し、第二章で捕虜の享有する保護の内容について
 定めているが、何人が捕虜とみなされるかについて全く言及していない。
 http://oira0001.sitemix.jp/frame05.html

423名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 20:03:51.90ID:NvRne5Wm0
>>419

 質問、捕らえた中国兵を処断したら【条約により待遇を定められた捕虜】を殺害したことになるのか?

上の質問の回答と、その【根拠・証拠】の提示を繰り返し要求してるのだが、コイツはスルーしたまま粘着している。

破綻してるのに、それでも粘着して声闘を続けるから、コイツは他の肯定派からも【キチガイ】呼ばわりされてる。

424極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/16(金) 20:10:30.34ID:YtRRZjHt0
>>412
>そもそもイラク戦争自体が国際法違反の侵略だと
>国連安全保障理事会で非難されてるのにwww

それが現実でなんの役に立ったのかとw
そもそもイラク戦争を国際法違反の侵略だと非難した国連安全保障理事会の決議日時と決議ナンバー、そして非難した国名は?

お前の脳内妄想でなければ出せるよなw
さっさと出せw

425極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/16(金) 20:14:05.01ID:YtRRZjHt0
>>413
そういう主張がどこでされているのかソースであるレス番号を提示しろよw

426極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/16(金) 20:16:09.25ID:YtRRZjHt0
>>414
IDの区別が着くようになってから書き込めよw
それとせめて多少でも日本語が理解出来るようになってから書き込めよ賤人w

427極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/16(金) 20:32:53.89ID:YtRRZjHt0
>>415
>【証拠1】
つまりどこにも私「極東からの使者w」が「1929年のジュネーブ条約を批准していた」とは書き込んでいないとw

やっと捏造を認めたかw
敗北宣言乙w

>【証拠2】
敵兵が投降して【俘虜】になるのであって、
「【俘虜】ぞくぞく【投降】し来り」というのはありえないw
また戦闘詳報には俘虜に「馬匹」とあるw
馬匹が処断されたからどうしたw
しかもお前はわざわざその「馬匹」の部分をカットしてトリミングしているなw
やっぱり肯定派は捏造が骨まで染み付いているなw
さらに幕府山では日本兵に戦死者が出ているw
処刑でなんで戦死者が出るのかとw
これもとっくに論破済みw

428極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/16(金) 20:44:40.41ID:YtRRZjHt0
>>416
>【証拠3】
ハーグ条約のどこに「どの時点で捕虜なのか」規定されているのかとw
「指揮官が捕虜とみなせば捕虜」というのは1929年のジュネーブ条約が根拠w
肯定派の主張では日本は1929年のジュネーブ条約を批准していないのでいくら指揮官が捕虜と認識していてもハーグ条約における捕虜だと判断する根拠が存在しないw

 『現代戦争法規論』 足立純夫著(※国際法学者)
 1929年の捕虜条約の規定の解釈では、捕獲した敵要員をいつから捕虜とするかは捕獲国軍隊指揮官の自由裁量
 とされていた

1929年のジュネーブ条約を批准していないのに、捕虜だと判断した基準は1929年のジュネーブ条約w
コイツの脳内ではこれが矛盾せず整合性が取れてるらしいw

>【証拠4】
勘違いのまま書き込みを続けていた無能の泣き言の羅列でしたw

アホw

429極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/16(金) 20:51:36.38ID:YtRRZjHt0
>>417
>【証拠5】

>【証拠3】でも提示済みだがコイツの主張では「1929年のジュネーブ条約を批准していないが、捕虜と判断した基準は1929年のジュネーブ条約」wという意味不明なモノw

以上の事例によって他の人にも肯定派の論拠が妄想と捏造と勘違いと自己解釈でしかない事が理解できたと思うw

しかし肯定派はまた懲りずに自分の論理矛盾に目を瞑り、妄想と自己解釈と勘違いを自覚しないまま同じ事を繰り返すのだろうなあw

所詮肯定派なんてその程度w

430名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/16(金) 21:27:35.42ID:VnVmALEn0
>指揮官自身も俘虜と認識していた記録
>「12/13 「その後【俘虜】ぞくぞく【投降】し来り、数千に達す。」

「南京戦史」を引用するわりに「南京戦史」を読んでないのか
誤った表現の例として書かれてたよね

431極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/16(金) 22:05:45.83ID:YtRRZjHt0
>>418
>ハーグ陸戦条約の内容に対して、おまえは「捕虜の待遇を定めた条約の「準用」の対象となります」
>と書いている。
>「捕虜の待遇を定めた条約」とは、何かわかってるのか? 1929年のジュネーブ条約のことだ。
>
>おまえは、ハーグ陸戦条約に対して1929年のジュネーブ条約を使って回答している。
>これも、ハーグ陸戦法規と1929年のジュネーブ条約とを間違えている証拠だ。

アホw
「お前が」ハーグ陸戦法規と1929年のジュネーブ条約を理解していない証拠を並べ立てている事さえ理解できていないのかw
何年もずっと馬鹿げた勘違いに気付かなかったのかよw

ハーグ陸戦法規には「どの時点から捕虜なのか」定めた規定は存在しないw
ハーグ陸戦法規における「捕虜」を規定するのは   【【【1929年のジュネーブ条約だ】】】w
国際法学者がそう言っているんだよw


『現代戦争法規論』 足立純夫著(※国際法学者)
 1929年の捕虜条約の規定の解釈では、捕獲した敵要員をいつから捕虜とするかは捕獲国軍隊指揮官の自由裁量
 とされていた


肯定派が「ずっと何年もの間、ハーグ条約と1929年のジュネーブ条約とを理解していない事」を自分で証明しましたw

432極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/16(金) 22:24:12.51ID:YtRRZjHt0
>>419
>それなら、何故最初に「確認するが〜」とか、一言文章を入れないんだ?
>後から「それを確認しているだけだが?」と言っても、証文の出し遅れだ。
>こちらは、書いてある文章しか見ていない。おまえの真意がどうかなんて、特に配慮はしない。

通常の日本語理解能力があれば、最初に「確認するが〜」とかわざわざ一言入れなくても理解できる程度の文章だがw
事実、同じ文章を読んで>386氏は私「極東からの使者w」の意図するところを正しく理解してくれたがw
お前の日本語理解能力が>386氏と比較して『著しく劣る』という証明だなw
相手が通常の日本語理解能力を持っている事を前提にした文章ではお前には理解できないという事だなw

普通の書き込みで>386氏はこちらの意図を理解できてお前には理解できないなら、お前の能力が通常より著しく劣る事はお前自身の書き込みで立証されたなw

よしわかったw
喜べw今後はお前をちゃんと 「通常より『著しく劣る』日本語理解能力しか持たない相手」  として扱ってやるからw

433名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/17(土) 13:00:10.49ID:O8gkhm6K0
ファルージャガーw
米軍ガーw

専門家に国際法違反を指摘されている事件を
なんの根拠もなく国際法違反じゃないと喚くキチガイw
自分でソースを同時に出すのが常識とか言ってるくせにw

日本政府が学校の上を飛行するなとお願いしても無視し
部品を落としても知らん顔をし
米兵が事件や事故を起こしても本国に帰国させて
有耶無耶にするようなならず者どもの組織が
正義の味方かなんかだとでもおもってるのかw

434極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/17(土) 13:36:47.70ID:qZJk43oN0
>>433
> 専門家に国際法違反を指摘されている事件を

【国際法違反を指摘されている専門家】のソースは?


> なんの根拠もなく国際法違反じゃないと喚くキチガイw

【国際法違反じゃない】と主張しているレス番号のソースは?


> 自分でソースを同時に出すのが常識とか言ってるくせにw

少なくとも議論の常識ではあるが、誰の書き込みなのかIDの区別ぐらいつくようになれよw

以上、ソースがひとつも出せない肯定派の泣き言でしたw

435名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/18(日) 22:25:53.11ID:dXJiCa4N0
>>427
>【証拠1】

>つまりどこにも私「極東からの使者w」が「1929年のジュネーブ条約を批准していた」とは書き込んでいないとw

馬鹿w
「つまり1937年の南京戦時には1929年のジュネーブ条約が有効なのは当たり前だよなあw」と、
おまえは書き込んでいるのに、完全に無視するのか?

何が「1929年のジュネーブ条約が有効なのは当たり前だよなあw」だ、馬鹿。
こんな恥ずかしいことを書いているのに、完全に無視か? 厚顔無恥めw


>【証拠2】

>敵兵が投降して【俘虜】になるのであって、「【俘虜】ぞくぞく【投降】し来り」というのはありえないw

馬鹿w 使い古した否定派の難癖を使って反論のつもりか? 予め註釈をつけているのが見えないのか?

>また戦闘詳報には俘虜に「馬匹」とあるw

馬鹿w 「馬匹」は戦利品だから、この部分は要らないからカットしただけだ。
また使い古した否定派の難癖を使って反論のつもりか? それも予想通りだw

>やっぱり肯定派は捏造が骨まで染み付いているなw

馬鹿w いつものお粗末な難癖しかつけられないのか? 反論できない証拠だ。
捏造改竄派の分際で、「捏造」とかおまえら自身を指す言葉を他人に使うな。恥知らずめw

>さらに幕府山では日本兵に戦死者が出ているw

馬鹿w 日本兵の死者は、捕虜殺害の際に逃げ遅れて日本軍の流れ弾に当たったのが事実だ。
将校一名の死者も、生き残った捕虜を刺殺中に日本軍の流れ弾に当たったという証言がある。

>これもとっくに論破済みw

どこに論破済みの証拠があるんだ? また妄想かw 馬鹿。

436名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/18(日) 22:26:30.09ID:dXJiCa4N0
>>428
>【証拠3】

>ハーグ条約のどこに「どの時点で捕虜なのか」規定されているのかとw

規定されていなくても、指揮官等が俘虜とみなして収容してから殺害している記録がある。
既に殺しているのに、「どの時点で捕虜なのか」なんて質問は、無意味だとわからんのか? 馬鹿だからw

>肯定派の主張では日本は1929年のジュネーブ条約を批准していないのでいくら指揮官が捕虜と
>認識していてもハーグ条約における捕虜だと判断する根拠が存在しないw

馬鹿w 既に指揮官等が俘虜とみなして収容してから殺害しているのに、「ハーグ条約における捕虜だと
判断する根拠が存在しないw 」なんて、無意味なことを書くな。 馬鹿。

>1929年のジュネーブ条約を批准していないのに、捕虜だと判断した基準は1929年のジュネーブ条約w

訳のわからんことを書くな。何が「捕虜だと判断した基準は1929年のジュネーブ条約w 」だ。馬鹿。


>【証拠4】

>勘違いのまま書き込みを続けていた無能の泣き言の羅列でしたw

反論できないということかw 
無能、低脳の捏造改竄派の分際で。
馬鹿に、学術論文なんて関係ないわなw ネットの掲示板で難癖をつけるのが精一杯だからw

437名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/18(日) 22:27:13.78ID:dXJiCa4N0
>>429
>【証拠5】

>>【証拠3】でも提示済みだがコイツの主張では「1929年のジュネーブ条約を批准していないが、
>捕虜と判断した基準は1929年のジュネーブ条約」wという意味不明なモノw

訳のわからんことを書くな。何が「捕虜と判断した基準は1929年のジュネーブ条約w 」だ。馬鹿。
何にも有効なことが書けないので、いつものおまえの妄想かw それとも、おまえのお仲間と同じで
発狂したのか?w

>しかし肯定派はまた懲りずに自分の論理矛盾に目を瞑り、妄想と自己解釈と勘違いを自覚しないまま
>同じ事を繰り返すのだろうなあw

おまえに論理的な文章は無理だ。おまえの馬鹿を世間に晒すだけだから、もう書き込まないほうがいい。
おまえは、「軍令の捕虜」と「軍政の捕虜」を理解していないだけでなく、「ハーグ陸戦法規」と
「1929年のジュネーブ条約」を混同して全く理解していない。これ以上、馬鹿を晒すな。

438名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/18(日) 22:27:48.96ID:dXJiCa4N0
>>431
>「お前が」ハーグ陸戦法規と1929年のジュネーブ条約を理解していない証拠を並べ立てている事さえ
>理解できていないのかw

馬鹿だから、おのれが何を書いてるのかわからんのかw 哀れw
「ハーグ陸戦法規」と「1929年のジュネーブ条約」を混同して全く理解していないのは、おまえだ。


>ハーグ陸戦法規には「どの時点から捕虜なのか」定めた規定は存在しないw

ハーグ陸戦法規には、どの時点から捕虜なのか」定めた規定は存在しないが、それがどうした?
指揮官等が俘虜とみなして収容してから殺害しているから、「どの時点から捕虜なのか」なんて
いまさら無意味だと何回も書いている。

>ハーグ陸戦法規における「捕虜」を規定するのは   【【【1929年のジュネーブ条約だ】】】w

南京戦時には1929年のジュネーブ条約を批准していないのに、何をわけのわからんことを書いてる?
発狂したのか?w

>肯定派が「ずっと何年もの間、ハーグ条約と1929年のジュネーブ条約とを理解していない事」を自分で証明しましたw

馬鹿w 「ハーグ陸戦法規」と「1929年のジュネーブ条約」を混同して全く理解していないのは、おまえだ。
その証拠の一つは、>>418 に提示した。
おまえは、ハーグ陸戦条約に対して1929年のジュネーブ条約を使って回答している。あほ丸出しだw

439名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/18(日) 22:29:13.01ID:dXJiCa4N0
>>432
>通常の日本語理解能力があれば、最初に「確認するが〜」とかわざわざ一言入れなくても理解できる程度の文章だがw

矛盾だらけのお粗末な文章しか書けないくせに、何が「理解できる程度の文章だがw」だ、馬鹿w

おまえの摩訶不思議な書き込みは、これ。↓
568極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/01/11(木) 01:42:48.86ID:mcytEBTG0
>つまり1937年の南京戦時には1929年のジュネーブ条約が有効なのは当たり前だよなあw

南京戦時には1929年のジュネーブ条約を批准していないのに、何で「1929年のジュネーブ条約が有効」なんだ? 
おまえが1929年のジュネーブ条約を批准していたと勘違いしてる証拠だ。

これも。↓
690極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/01/19(金) 21:36:21.53ID:vImTGXNl0
>1929年のジュネーブ条約を批准していないなら「支那軍の捕虜を保護してやる法的根拠は無い」という簡単な
>事実にさえ気付かないのかw

だから、おまえは1929年のジュネーブ条約を批准していたと思ってるのか?
そう解釈されても仕方がない。おまえの、質問文が悪いので自業自得だ。
おまえが何を言わんとしているかは、気がついていたが、わざと知らん顔をした。

南京戦時には1929年のジュネーブ条約を批准していないのは、事実だ。
しかし日本は、南京戦時にはハーグ陸戦条約を批准していたので、捕虜等を勝手に殺害したり
虐待することはできない。

おまえは馬鹿だから、こんな基本的なことがわからないのか?w

>喜べw今後はお前をちゃんと 「通常より『著しく劣る』日本語理解能力しか持たない相手」  として扱ってやるからw

まともな日本語能力のない、知恵遅れが偉そうなことをぬかすな。それとも、何処かの国の工作員か?w
おまえは馬鹿だから、それなりに最初から馬鹿扱いをして相手をしてやった。感謝しろよw
それに、おまえのハンドルネームをもっと適切なものに変えろ。「極東からの知的障害者w」が、お勧めだw

馬鹿を相手をするのは迷惑なだけだから、もうレスをつけるなよ。レスをつけても、おまえはさらに恥を晒すだけだから。

440名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/18(日) 23:02:25.09ID:3aIjd5Mw0
>>439
コイツは【回答不能】に追い込まれてるのに逆上して粘着するから他の肯定派からも【キチガイ】呼ばわりされてる。
何度も質問してるのに、一向に【証拠】が出てこない。

 436 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/02/18(日) 22:26:30.09 ID:dXJiCa4N0
 >ハーグ条約のどこに「どの時点で捕虜なのか」規定されているのかとw
 規定されていなくても、指揮官等が俘虜とみなして収容してから殺害している記録がある。


指揮官が俘虜とみなして【収容】したとしても、南京戦時には、陸軍大臣による正式な俘虜収容所は設置されていなかった。
だから、日本軍側から見れば「正式な俘虜」ではない。

 383 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/02/14(水) 21:06:13.42 ID:JpNvZ5Ei0
 南京戦時に1929年のジュネーブ条約を批准していなかったのは事実だ。
 南京戦時には、陸軍大臣による正式な俘虜収容所は設置されていなかった。

 ↓
 『日本軍のPOWを扱った機関とその資料』 内海愛子教授
 POWの解釈の違いにも注目しておきたい。日本軍では、捕虜とは陸軍大臣管轄下の正規の俘虜収容所に収容
 されて、はじめて「俘虜取扱細則」による「正式な俘虜」になり、捕虜の待遇を定めた条約の「準用」の対象となる。
 http://oira0001.sitemix.jp/frame05.html


加えて、捕えた敵兵をいつから俘虜とするかは「指揮官の自由裁量」と定めたのは1929年ジュネーブ条約だが、
コイツは1929年ジュネーブ条約は守る必要はないと明言してる。

 383 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/02/14(水) 21:06:13.42 ID:JpNvZ5Ei0
 南京戦時に1929年のジュネーブ条約を批准していなかったので、守る必要はない。


となると、指揮官が捕えた中国兵を俘虜・捕虜と見なしていたとしても、それが国際法の観点から見て
【条約により待遇を定めた俘虜】であった【証拠】がどこにもない。 ←これを何度も何度も指摘している。

客観的な証拠を出せよ、キチガイ肯定派。
捕えた中国兵を処断すれば、【条約により待遇を定めた俘虜】を殺害したことになるのか? ←この【証拠】を出せ。

441名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/18(日) 23:07:07.20ID:3aIjd5Mw0
>>439

 >つまり1937年の南京戦時には1929年のジュネーブ条約が有効なのは当たり前だよなあw

1929年ジュネーブ条約は、1937年で有効なのは当たり前だが、

要するに、【お前】に対して

 「1937年南京戦時には1929年ジュネーブ条約を守らなくていいと言うことか?
 本当にそれでいいの?ん?w」

って確認してただけなんじゃねーの?wwwwwwwww

まあ、これが【お前】の回答なんで、肯定派の自爆が確実なんだがwwww

 383 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/02/14(水) 21:06:13.42 ID:JpNvZ5Ei0
 南京戦時に1929年のジュネーブ条約を批准していなかったので、守る必要はない。

442名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/18(日) 23:38:02.89ID:YMoUZ+N10
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=SiHp41uWo1I
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8

443極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/18(日) 23:55:14.18ID:xhzdhJt80
>>435
>「つまり1937年の南京戦時には1929年のジュネーブ条約が有効なのは当たり前だよなあw」と、
>おまえは書き込んでいるのに、完全に無視するのか?

そうだよw
わたし「極東からの使者w」は「1929年のジュネーブ条約が有効」とは書き込んだが、「1929年のジュネーブ条約を批准していた」とは書き込んでいない」事を認めるよなw
つまり 【 お 前 が 】 「極東からの使者wは1929年のジュネーブ条約を批准していたと主張している!」と捏造しているだけだよなあw

さっさと自分が捏造していた事を認めろ恥知らずw

444極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/19(月) 00:02:18.15ID:v0bhj0tT0
>>436
>規定されていなくても、指揮官等が俘虜とみなして収容してから殺害している記録がある。

はあ?「指揮官が捕虜と見なせば捕虜」と規定しているのは【お前が】守る必要がないと主張している「1929年のジュネーブ条約」なんだがw
お前の主張だと「1929年のジュネーブ条約を守る必要はないが、捕虜は1929年のジュネーブ条約で規定される」という事になるんだがw
矛盾という意味が理解できるかw
日本語を勉強しなおせ賎人w


『現代戦争法規論』 足立純夫著(※国際法学者)
 1929年の捕虜条約の規定の解釈では、捕獲した敵要員をいつから捕虜とするかは捕獲国軍隊指揮官の自由裁量
 とされていた

アホの書き込みw

 383 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/02/14(水) 21:06:13.42 ID:JpNvZ5Ei0
 南京戦時に1929年のジュネーブ条約を批准していなかったので、守る必要はない。

445極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/19(月) 00:07:48.52ID:v0bhj0tT0
>>437
いつから捕虜とするかは指揮官の自由裁量w
これはハーグ条約ではなくジュネーブ条約w
理解できるまで何度でも読み直せw

『現代戦争法規論』 足立純夫著(※国際法学者)
 1929年の捕虜条約の規定の解釈では、捕獲した敵要員をいつから捕虜とするかは捕獲国軍隊指揮官の自由裁量
 とされていた

446極東からの使者w ◆8cUOY/fRJo 2018/02/19(月) 02:41:30.22ID:v0bhj0tT0
>>439
>馬鹿を相手をするのは迷惑なだけだから、もうレスをつけるなよ。レスをつけても、おまえはさらに恥を晒すだけだから。

素直に「ごめんなさい。反論出来ないので逃げ出します。」と言えよw

まあ、1929年のジュネーブ条約を「守る必要はない」と主張しておきながら、「指揮官が捕虜と見なせば捕虜」と主張する根拠が1929年のジュネーブ条約という時点で議論として論外だからなあw
後は肯定派のパターンは粘着して支離滅裂な屁理屈にもならない声闘を繰り返すだけだなw


『現代戦争法規論』 足立純夫著(※国際法学者)
 1929年の捕虜条約の規定の解釈では、捕獲した敵要員をいつから捕虜とするかは捕獲国軍隊指揮官の自由裁量
 とされていた

アホの書き込みw

 383 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/02/14(水) 21:06:13.42 ID:JpNvZ5Ei0
 南京戦時に1929年のジュネーブ条約を批准していなかったので、守る必要はない。

447名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/19(月) 13:21:37.72ID:8s+emDa60
【トルーマン】 原爆 3S イスラエル承認 【Jap!】
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1519013434/l50

448名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/19(月) 17:10:02.12ID:az8hqQ3e0
感情の原因はそれを感じる者自身の先入観・価値観・自己ルール
「言葉 風紀 世相の乱れ」はそう感じる人の心の乱れの自己投影
解釈(含む誤解)の原因は情報発信者ではなく受信者
問題解決力の低い者ほど自己防衛の為に礼儀作法やマナーを要求
憤怒は一時の狂気、無知無能の自己証明。中途半端な知識主ほど激昂
「真実は一つ」は錯誤。執着する者ほど矛盾を体験(争い煩悩)
「己の知見こそ全で真」も傲慢者に多い錯覚。独善の典型
論理的思考力の低い者ほどデマ宗教フェイク迷信に感化傾倒陶酔洗脳
史上最も売れているトンデモ本は聖書。神は人間の創造物
全ては必然。偶然 奇跡 理不尽 不条理は思考停止 視野狭窄の産物
人生 存在に元々 意味 価値 理由 目的 義務 使命はない
宗教民族領土貧困は争いの原因ではなく「理由口実動機言訳切欠」
社会問題の根本原因は低水準教育。必要なのは適切十分な高度教育
体罰は指導力・問題解決力の乏しい教育素人の偽善甘え怠慢責任転嫁
死刑は民度の低い排他的集団リンチ殺人。「死ねば償える」は偽善
核武装論は人間不信と劣等感に苛まれた臆病な外交素人の精神安定剤
投票率低下は社会成熟の徴候。奇人変人の当選は議員数過多の証左

感情自己責任論 〜学校では教えない合理主義哲学〜 m9`・ω・)

新着レスの表示
レスを投稿する