数学を初めとした理系の学問と哲学について 10

1考える名無しさん2018/04/03(火) 04:01:43.970

2考える名無しさん2018/04/03(火) 04:05:31.750
集合の公理系 : 現在一般的に使われている集合の公理系は以下の ZFC である。
ZF 公理系 :ツェルメロ=フレンケルの公理系 (ZF: Zermelo-Fraenkel) は以下の公理からなる


∀A∀B( ∀x ( x ∈ A ↔ x ∈ B ) → A = B )

外延性の公理 A と B が全く同じ要素を持つのなら A と B は等しい


∃A∀x ( x ∉ A )

空集合の公理 要素を持たない集合が存在する。
外延性の公理から、空集合の公理が存在を主張する集合はただ一つであることが言えるので、
これを空集合と呼び、φで表す

3考える名無しさん2018/04/03(火) 04:06:08.270
∀x∀y∃A∀t( t ∈ A ↔ ( t = x ∨ t = y ) )

対の公理 任意の要素 x, y に対して、x と y のみを要素とする集合が存在する。
外延性の公理から、x と y に対して対の公理が存在を主張する集合はただ一つである
ことが言えるので、これを { x , y }で表す。{ x , x }を { x } で表す


∀X∃A∀t( t ∈ A ↔ ∃ x ∈ X ( t ∈ x ) )

和集合の公理 任意の集合 X に対して、X の要素の要素全体からなる集合が存在する。
外延性の公理から、X に対して和集合の公理が存在を主張する集合はただ一つであることが言えるので、
これを X の和集合と呼び、⋃ X で表す。⋃ { x , y } を x ∪ y で表す

4考える名無しさん2018/04/03(火) 04:07:00.810
∃A( ∅ ∈ A ∧ ∀x ∈ A ( x ∪ { x } ∈ A ) )

無限公理 : 空集合を要素とし、任意の要素 x に対して x ∪ {x} を要素に持つ
集合が存在する


∀X∃A∀t( t ∈ A ↔ t ⊆ X ) )

冪集合公理 : 任意の集合 X に対して X の部分集合全体の集合が存在する
外延性の公理から、X に対して冪集合の公理が存在を主張する集合は
ただ一つであることが言えるので、これを X の冪集合と呼び、ρ( X ) または2^xで表す

5考える名無しさん2018/04/03(火) 04:07:36.890
∀x∀y∀z( ( ψ ( x , y ) ∧ ψ ( x , z ) ) → y = z ) → ∀X∃A∀y ( y ∈ A ↔ ∃ x ∈ X ψ ( x , y ) )

置換公理 : "関数クラス"による集合の像は集合である
この公理は、論理式 ψ をパラメータとする公理図式である。


∀A( A ≠ ∅ → ∃ x ∈ A ∀ t ∈ A ( t ∉ x ))

正則性公理(基礎の公理): 空でない集合は必ず自分自身と交わらない要素を持つ
正則性公理はジョン・フォン・ノイマンによって導入された(1925年)

6美魔女2018/04/03(火) 06:49:41.130
オマイラ、覚えとけよ❗

シバイタルカラナ!💦

7考える名無しさん2018/04/03(火) 07:09:43.710
正の数 n に対して、n + k が k + 1 で割り切れないような最小の整数 k をもって
関数 streak(n) = k と定義しよう.

例えば、

13 は 1 で割り切れる
14 は 2 で割り切れる
15 は 3 で割り切れる
16 は 4 で割り切れる
17 は 5 で割り切れない

よって、 streak(13) = 4

同様に、

120 は 1 で割り切れる
121 は 2 で割り切れない

よって、 streak(120) = 1

8考える名無しさん2018/04/03(火) 07:10:48.130
n + k が k + 1 で割り切れる ⇔ n - 1 が k + 1 で割り切れる

なので、

streak(n) = k ⇔ n - 1 は k 以下のすべての自然数で割り切れて、k + 1 では割り切れない
と言い換えることができる

9考える名無しさん2018/04/03(火) 19:01:05.010
立て乙

10考える名無しさん2018/04/03(火) 23:25:42.870
数学の利点は、複雑な現象を数学のフォーマットで簡潔・簡素に表現出来ることかな。
例えば、密度行列を使えば、量子力学での混合状態や重ね合わせを行列の形で
俯瞰的に表現できる。ベクトルでも表現出来るし、ブラ-ケット記法でも、そうした
混合状態や重ね合わせを記述出来る。

統計もそうだよね。Rだとsnmmary関数を使えば、データの要約が得られるので、
そこから現象の全体像や構造をおおよそ掴める。四分位偏差も得られるし。

11考える名無しさん2018/04/03(火) 23:46:40.640
情報理論では、確率1/2で表がでるコインを単位として、事象の確率が
コイン何枚分に相当するかを考える。例えば確率1/8=(1/2)^3で起こる事象があった時、
この確率はコイン3枚全てが表になる確率に相当するので、この事象の「自己情報量」は

3 = − log_2( 1 / 8 )

であると定義する。より一般に、確率pで起こる事象があった場合、
この事象の底aに対する自己情報量を

− log_a(P)

により定義する。

12考える名無しさん2018/04/03(火) 23:47:33.800
コインを単位にする場合は、底のaは2である。また値1、2、3、…を取る
確率変数Xがあった時、X=jであるという事象の自己情報量は

L_j = − log_a Pr [ X = j ]

であるので、L_jの期待値

H_a( X ) := − 倍j}Pr [ X = j ] log_a Pr [ X = j ]

を定義でき、この値をXの底aに対する情報量、もしくは底aに対するシャノンエントロピーという。

13考える名無しさん2018/04/03(火) 23:48:55.140
ただしPr [ X = j ] = 0 である項に関しては、
lim(x → 0) (x)log_a(x) = 0
であるので、

Pr [ X = j ] log_a Pr [ X = j ] = 0

とみなす。重要なのは底aが自然対数eの場合なので、底eに対する
シャノンエントロピーを単にシャノンエントロピーと呼び、

H( X ) := H e( X )

と略記する。

14考える名無しさん2018/04/03(火) 23:56:55.240
>>12
> H_a( X ) := − 倍j}Pr [ X = j ] log_a Pr [ X = j ]

のところで、倍、と文字化けで表記されている部分は、総和記号のシグマ

マイナスのlog取って、逆数にして、確率変数Xを添え字_jの推移で表記して、
それを全部足していっただけだね。簡単でしょ?

15考える名無しさん2018/04/04(水) 01:44:37.770
情報理論は応用確率論なんであって数学ではない

16考える名無しさん2018/04/04(水) 02:02:54.140
確率論は数学でいいでしょう。応用確率論も数学でいいと思うけど。

標本空間を集合などで取って、事象の生起の状態を見れば、
そこから、その事象の傾向は洞察できる訳であって。
その事象の生起の状態や結果が同じであれば、
それは「一様分布(uniform distribution)」と表現される。

17考える名無しさん2018/04/04(水) 02:40:39.550
数学じゃねーよ

18考える名無しさん2018/04/04(水) 06:24:14.670
http://www.bbc.com/news/science-environment-43584969

Higgs factory a 'must for big physics' Science editor, BBC News website 30 March 2018

・ The Standard Model is the most widely accepted theory of particle physics
・ Supersymmetry is one scheme for physics beyond the Standard Model,
  but the LHC has failed to turn up evidence for it
・Prototypes of the Dune neutrino detectors have been built at Cern


"The primary science goal is to understand whether neutrinos and anti-neutrinos
oscillate differently. That has a potential big impact on our understanding of the early
Universe," said Dr Lockyer.

19考える名無しさん2018/04/04(水) 07:04:39.570
新学習指導要領案で、文系からベクトルが消える、とあるけど、
ベクトルや行列は大事な単元なんで、ここを切るのは、文科省官僚のセンスを疑うね。将来、マーケティングなどでも使えるため、文系パーソンは統計重視にしたい
ようだけど、データを3次元的に生きたオブジェクトとして扱うには、
ベクトルや行列は文系ビジネスパーソンでも理解できる方が良い。

そういう風に、物事を多面的に考えられない人間が、右翼と宗教とか、
反知性主義的な思想や運動に嵌るのだろう。

20考える名無しさん2018/04/04(水) 07:44:09.520
>>19
ビジネスデータをベクトルで三次元的に生きたオブジェクトとして扱うとは例えばどんなふうに?

21考える名無しさん2018/04/04(水) 08:33:16.680
確率論は確率論
数学は数学なのだよ

22考える名無しさん2018/04/04(水) 09:19:28.740
哲学が出てこないな

23考える名無しさん2018/04/04(水) 09:34:03.400
数学こそが真の哲学だろ
まだ気づけてなかったのか?

24考える名無しさん2018/04/04(水) 11:05:34.070
数学を知らずに哲学やるからおかしなことになってくんだろね

25考える名無しさん2018/04/04(水) 11:25:30.500
大学で哲学するときは高校数学をシッカリやっているだけでだいぶ違う
あと、大学に入っていきなり現象学やハイデガーやフランス現代思想に行っちゃうとその後滅茶苦茶苦労する

26考える名無しさん2018/04/04(水) 12:14:20.170
数学をきっちりやった人は哲学なんてアホな道へ進まないよ

27考える名無しさん2018/04/04(水) 12:22:20.210
むしろ高校で数学をキッチリやれちゃう人は数学の道に進んでそれはそれでエキセントリックな人間になる

28考える名無しさん2018/04/04(水) 12:41:30.440
AIの出現によって20年後には数学はオワコンになるよ。
しかし、哲学は永遠だよ。

29考える名無しさん2018/04/04(水) 13:36:48.51O
>>28
そのためには数学の論文を形式化したデータが多量に必要になるだろうが、なかなかそれは進まない。まあみんな面倒なことはしたくない。

30考える名無しさん2018/04/04(水) 14:06:06.180
そりゃ解決しないような問題をあーだこーだ言ってる学問だから永遠だわなw

31考える名無しさん2018/04/04(水) 14:07:03.190
哲学はヒトコトモノの中にある

32考える名無しさん2018/04/04(水) 14:08:02.460
一つの真実より無数の現実

33考える名無しさん2018/04/04(水) 14:20:17.670
「学校数学」と「数学」を混同してはいかんのだよ

34考える名無しさん2018/04/04(水) 15:47:47.570
>>28
ならないアホか。誰がAIの間違い指摘するんだよ
ホントに頭悪いな

35考える名無しさん2018/04/04(水) 16:20:02.06O
今のところは逆に人間の間違いを検証システムが見つけてくれているが、検証システムに万が一間違いがあっても人力じゃ見つけられないスケールになりつつあるような

36考える名無しさん2018/04/04(水) 16:58:13.730
そこで経験の重要性が再認識されるわけでしょう。
検証システムが提示する結果の正しさを経験的に一目瞭然であるように
示すことができないなら、検証システムは有効なものとはならない。

37考える名無しさん2018/04/04(水) 17:03:57.960
ABC予想の証明はどうなったの?

38考える名無しさん2018/04/04(水) 17:30:44.620
まずは、志村・谷山予想あたりから始めるのがよい

39考える名無しさん2018/04/04(水) 17:37:48.900
もう話題にすらならないのは、人もAIも検証できないということでしょうか?

40考える名無しさん2018/04/04(水) 17:57:13.080
既存数学の枠を超えているから、検証に時間がかかっておるのだよ

41考える名無しさん2018/04/04(水) 18:37:38.790
>>39
完全な客観が必要。

42考える名無しさん2018/04/04(水) 19:04:41.32O
Coqなんかだと400行くらいの小さなシステムだし眺めて信用しようなんだけど、これだけの証明検証力があればゲーデルのお呪いで厳密に保証はできそうもないんだよな

43考える名無しさん2018/04/04(水) 20:02:53.810
ムタトノミネデテファブラナーラタ
の人です
あの後調べたらラテン語で
「mutato nomine de te fabula narratur」と書く事が分かりました

なんで自分はこんな詩句の一部を書き写したんだろうか。。。全く覚えていない

44考える名無しさん2018/04/04(水) 22:05:14.600
とりあえずわけがわかって良かった。

45考える名無しさん2018/04/04(水) 23:24:57.000
http://www.meti.go.jp/press/2017/03/20180330005/20180330005.html?t=1&cn=ZmxleGlibGVfcmVjcw%3D%3D&refsrc=email&iid=c207340fe2d14378b3cebb08f9612a83&uid=139072043&nid=244+281088008

「カメラ画像利活用ガイドブックver2.0」を策定

経済産業省及び総務省では、「IoT推進コンソーシアム データ流通促進ワーキング
グループ」(座長:森川博之東京大学大学院教授)の下に設置した
「カメラ画像利活用サブワーキンググループ」(座長:菊池浩明明治大学教授)において、
カメラ画像を利活用する事業者が配慮すべき事項等を検討し、
「カメラ画像利活用ガイドブックver1.0」(以下、「本ガイドブック」という。)を
平成29年1月に公表いたしました。

今般、同サブワーキンググループにおいて、特に事業者からの検討ニーズの高かった、
特定空間(店舗等)に設置されたカメラでのリピート分析※についての検討を加え、
平成30年1月に改訂案をとりまとめ、同1月18日から2月19日までの間、意見募集を
行ったところ、13件の募集意見がございました。これまでの議論及びいただいた
御意見を踏まえ、「カメラ画像利活用ガイドブック ver2.0」に改訂し、
意見募集の結果についても取りまとめました。

※リピート分析とは、特定空間(店舗等)に設置されたカメラで、目的に応じて
定めた期間、特徴量データ(個人識別符号)を保持して、同一人物が来店した際に
それを識別し、単一店舗もしくは同一の事業主体が運営する複数店舗において、
同一の来店客の来店履歴、来店時の店舗内動線、購買履歴、推定される属性
(性別・年代等)等を一定の期間に渡り連結しつつ取得し、分析するものです。

46考える名無しさん2018/04/04(水) 23:25:28.810
(4)適用ケース

1.店舗内設置カメラ(属性の推定)
2.店舗内設置カメラ(人の行動履歴の生成)
3.店舗内設置カメラ(リピート分析)
4.屋外に向けたカメラ(人物形状の計測)
5.屋外に向けたカメラ(写り込みが発生し得る風景画像の取得)
6.駅構内設置カメラ(人物の滞留状況把握)

※今回の改訂では、上記3)店舗内設置カメラ(リピート分析)のケースを追加いたしました。

本ガイドブックは、事業者によるユースケース等の情報を参考に、配慮事項等の検討を
重ねたものです。このため、これが最終版ということではなく、今後本ガイドブックの
積極的な周知やフォローアップの結果を踏まえ、今後ニーズが見込まれるユースケース
への対応を含め、必要に応じて追加的な検討を行い、カメラ画像の利活用を更に促進していきます。

本ガイドブックが有効に活用され、カメラ画像の利活用が具体に進むことが期待されます。

47考える名無しさん2018/04/04(水) 23:31:52.440
>ビジネスデータをベクトルで三次元的に生きたオブジェクトとして扱うとは例えばどんなふうに?

特徴量データ(個人識別符号)や非構造化データは、特徴ベクトルとして変換処理が行われているよ。

48考える名無しさん2018/04/05(木) 02:00:45.170
(x,y,z)dr = Ax(x,y,z)dx + Ay(x,y,z)dy + Az(x,y,z)dz

49考える名無しさん2018/04/05(木) 02:07:24.460
確率論は確率論
統計学は統計学
どちらも数学ではない

50考える名無しさん2018/04/05(木) 03:46:48.420
文系連呼さんはご存知なのか?
モンティホール問題を出題したマリリン・ヴォン・サヴァント氏が
学歴的には大学で哲学科を専攻して中退している人物だということを。

モンティホール問題事件はいわば「1人の文系出身者vs数名の数学者」の論争であり、
その結果が無残にも数名の数学者の敗北に終わった事件だったということを。
そのなかには数学で著名な業績を残している人物までもが含まれていたわけだ。

つまり、理系が文系にブザマに完敗した事件なんだよwwwww
それを知ったうえで、文系ガー、文系ガーと連呼しているんだろうか。

51考える名無しさん2018/04/05(木) 04:47:45.840
2つのベクトル(A,B)が直交する時、その内積は0になるのだけど、
C=0とおけば、→ベクトル記号を略すけど、

C(0) = |A||B|cosθ

このベクトルの直交性やベクトルの内積を関数の内積と考えれば、その意味は、
関数の積を積分することで求められるので、

C = ∫[a→b]f(x)g(x)dx

の式が、C = 0 になれば、2つの関数f(x)とg(x)が直交していることが証明されるので、
定義域を2πで計算してみると、

∫[0→2π]sin(x)cos(x)dx
= 1/2∫[0→2π]sin(2x)dx = 1/2 * (-1/2)[cos(2x)dx][0→2π]
= 0

sin(mx)とsin(nx)(m≠n) つまり、周期の異なる2つの正弦関数の内積を考えてみると、

∫[0→2π]sin(mx)sin(nx)dx
= (-1/2)[cos(m+n) - cos(m-n)][0→2π]
= 0

で、共に、C = 0 になったので、正弦関数と余弦関数が直交しているのが分り、
かつ、周期の異なる正弦関数同士も直交していることが分る。
ここでは計算していないけど、周期の異なる余弦関数も直交しているので、
その内積は0になっている。

52考える名無しさん2018/04/05(木) 07:27:15.110
文系、理系問わず、これから数学はさらに必要になる。
たとえば文系の経済学部だと、以下の通り、

経済学部経済学科で履修できる科目は、数学等を使用して基礎理論を構築する
ミクロ経済学・マクロ経済学・計量経済学等の理論・数量系、
その理論を適所で応用して政策的な指針を打ち出す労働経済学・公共経済学・国際経済学等の
応用・政策系、これら全ての分野を検証・内省する役割を持った経済史・政治経済学・
経済思想等の歴史・思想系の三つのグループに大別することができる。

理論・数量系

解析学や線形代数等の数学科目も多く含まれ、数学や物理学、工学等の理工系の
バックグラウンドを持つ教員が一定数在籍している。また、最先端の研究においては、
理系の中でも数学を多用する分野である理論物理学や電気工学、
情報工学にも劣らない程の極めて高度な数学能力およびコンピュータ活用能力
を必要とする(ノーベル経済学賞受賞者には、ジョン・ナッシュのように数学者や理論物理学者が多い)。
入学試験で数学を課す大学が多いのは経済学部のそういう側面を重視してのことである。
ちなみに、高等学校の「数学」の教員免許が取得できる大学も存在する(例: 一橋大学経済学部)。

53考える名無しさん2018/04/05(木) 09:35:53.780
>>50
半可通がみっともねえなww
その話の詳細を全然知らねだろ?
もともと設定に曖昧さを残す言い方をされて、問題を誤解しただけのことだよ

今でも条件付確率を用いない「直感的にあざやかな(笑)」スッキリした解答(笑)が
たしかWikipediaなんかでも得々と説明されてたりするが、
あれってパラメータをちょっと変えてみるとわかるように、本質を取り違えたとんでもない間違いなんだぜ?

54DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/05(木) 13:04:57.100
哲学版で売れない、数学者が、多くたまりすぎる。

55DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/05(木) 13:05:34.090
理系も頻繁に依存しすぎる。

56DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/05(木) 13:06:15.930
モンテカルロ―的なワテールローの数式化は?

57DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/05(木) 13:29:34.470
文系理系を分けたのが間違いだよ。同時共立背反すらしない。

58DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/05(木) 13:30:51.530
report naster nei n

59DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/05(木) 13:32:01.160
ジョンナッシュは失点ずくがばれてるわ。賞金大したことないんじゃないの
ビューテフル マインド 自体より。

60DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/05(木) 13:32:27.250
モナコ GPS

61DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/05(木) 13:33:12.750
連戦無理ン苦。

62考える名無しさん2018/04/05(木) 14:07:15.270
どうした、ゲシュタルトが崩壊しているぞ?

63考える名無しさん2018/04/06(金) 12:58:44.460
γνῶθι σεαυτόν
μηδὲν ἄγαν
ἐγγύα πάρα δ᾽ ἄτη

64DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/06(金) 13:01:26.900
ゲゼル ゲマイン?

65考える名無しさん2018/04/07(土) 12:14:01.630
モンティ・ホール問題は、
大学の哲学科中退のマリリン・ヴォン・サヴァント氏が出した問題に
理系の博士号を持つ複数の人びと、数名の数学者たちが正しく答えられず、
しかも反論するサヴァント氏の間違えを強い口調で正そうとした事件でもあります。
実際間違っていたのはサヴァント氏ではありませんでした。
つまり、理系が文系の数学リテラシーの無さをさんざん糾弾しておきながら、
けっきょくその論争にブザマに完敗した事件なのです。

このことを理解してください。
モンティ・ホール問題の計算は複雑ではなく、非常に単純なはずです。
小学生低学年レベルの算数的な推論で解けます。
それにもかかわらず、理系が文系に痴態を曝してしまったのです!
そんなことが文章の誤読抜きに考えられるでしょうか?

66考える名無しさん2018/04/07(土) 12:16:45.910
>>53
> もともと設定に曖昧さを残す言い方をされて、問題を誤解しただけのことだよ

それを証明してもらえますか?
高名な数学者はサヴァント氏が何度説明してもなかなか納得しなかったんですけどね。

67DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/07(土) 12:48:30.890
サリバント 分裂は人生論、人生哲学
、と折り合わない。

68DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/07(土) 12:49:19.890
理系が文系の出来を要求するのは違法で負け戦覚悟でないと
。完全に。

69考える名無しさん2018/04/07(土) 14:57:46.300
設定に曖昧さを残す言い方があったのなら、数学者はそれを指摘し、
その解釈によって正解が分岐する、例えばこの場合とこの場合と
などと答えればよかったものをね。
サヴァント氏が完全に間違えだなんて決めつけられないのにね。
数学リテラシーのない哲学科出身者はこれだからバカだ、
みたいにさんざんコケにしたんだよ。

70考える名無しさん2018/04/07(土) 17:56:07.790
マリリンってIQ228なんだけどね。ギネス公式の存命者でIQ最高値(だった)。
モンティホールってのは有名ゲームショーの司会者の名前であって、問題を誤解するようなことは考えられない。
学者とか、まあTVみないひとが誤解するのはしかたがないかもしれないがw

71考える名無しさん2018/04/08(日) 09:17:07.470
無限大に無限小( = ∞×0)を掛けると、どんな値になるかを考えてみる。

0 = 1/∞ なので、 ∞×0 = ∞/∞ = [1,∞,0 のいずれかの値]となる。

ディラックのデルタ関数の文脈でそれを考えると、無限大∞と無限小0は
均衡していると考えらるので、

無限大/無限小 = 1 となるだろう。

それが均衡しておらず、無限大の方が強ければ、

無限大/無限小 = ∞ に発散する。

逆に、分母の無限小の方が強ければ、

無限大/無限小 = 0に収束する。

72考える名無しさん2018/04/08(日) 09:34:47.290
難しそうに書いてるけど、天秤の皿にのせていく重りが釣り合っていなければ
どちらかに傾くと言ってるのと変わらない

73考える名無しさん2018/04/08(日) 09:38:47.09O
無限大/無限小 = 1

とか

無限大/無限小 = 0

とかはユニークな意見じゃないか

74考える名無しさん2018/04/08(日) 09:45:21.310
詭弁的結論

75考える名無しさん2018/04/08(日) 09:49:33.140
無限大*無限小=∞×0 = ∞/∞
までは言いたいことがわかる
どこから無限大/無限小が出てきた?
無限大=∞
無限小=1/∞
なら
無限大/無限小=∞/(1/∞)=∞*(∞/1)=∞^2
じゃないのか?
よくわからん

76考える名無しさん2018/04/08(日) 10:09:09.900
> 無限大/無限小=∞/(1/∞)=∞*(∞/1)=∞^2

違う。やっている3パターンの計算はすべて、無限大に無限小( = ∞×0)を掛けること。無限小の値は、=1/∞ だから、無限大 * 無限小 = ∞ * (1/∞)
= 無限大(∞)/無限小(0) = 0

77考える名無しさん2018/04/08(日) 10:13:59.610
>>76
掛けることなら無限大*無限小だろ?
でも>>71に無限大/無限小と書いてるだろ?
だからどこから無限大/無限小が出てきたのか
そして無限大/無限小=∞/(1/∞)=∞*(∞/1)=∞^2ではないのか
と聞いている

78考える名無しさん2018/04/08(日) 10:23:39.200
混乱しているようなので、無限大/無限小の部分の無限小を分数で考えないで、0で考えてみな

∞ ÷ 0 = 0   ← これが分母の無限小の方が強い時のパターン。
∞ ÷ 0 = ∞  ← これが分子の無限大の方が強い時のパターン。
∞ ÷ 0 = 1 ← これが分子の無限大と分母の無限小が均衡している時のパターン。

79考える名無しさん2018/04/08(日) 10:25:43.340
カントは、純理でこの宇宙の始原はあるのか否か、そして、終焉はあるのか否かという
思考を無限遡及のごとく展開しているけど、まさしく、これが数学の極限そのものであって、
カントはそうした数学的な概念を適用したのだと推測できる。

人間の視野は元々、狭いので、多くの人が目先の利害関係や自明性の中で埋没してしまう。
物理的にも地場性、仕事であれば現場主義、ランダムな偶発性による己の属性やアイデンティティを相対化することなく、それにベタに密着する。代替可能性を想像できない右翼的な人間がこれに該当するだろう。単なる偶然性を必然性へと転化してしまう。

極限的な発想は、そういう近視眼的な思考から、∞の地点まで思考を展開することが出来る。
∞の地点まで進めたうえでの解を求める。カントの世界共和国や世界市民法、あるいは、
マルクスの共産主義なども、それが正しいかどうかは判らないけど、とにかく、そういう
極限の思考を展開している点が優れているのだろう。だから、いつまでも廃れない。
どこか、普遍性さえ感じさせる。

80考える名無しさん2018/04/08(日) 10:32:41.150
>>78
無限大に無限小を掛ける話じゃなかったのか?
割算なのか掛算なのかどっちなんだよ

ついでに
無限大 * 無限小 = ∞ * (1/∞)= 無限大(∞)/無限小(0) = 0
も間違い
分母に0を持ってくることはできないから
無限大*無限小=∞*(1/∞)=∞/∞=1
が正しい

81考える名無しさん2018/04/08(日) 10:38:52.190
だから、0は0でなくて、無限小の意味を0で使っているので、分母に無限小としての
→0(限りなく0に近づける)で割っているのだから問題なし。

82考える名無しさん2018/04/08(日) 10:39:37.500
>>81
それなら∞/∞=1だろ

83考える名無しさん2018/04/08(日) 10:46:26.860
だから割り算、分数にしているのは、極限の関係が見やすくなるからだよ。
分子の方が強いのか、分母の方が強いのか、あるいは分子、分母が均衡している
のかどうか。だから、掛け算にしても結果は同じ。

∞ * 0 = 0   ← これが無限小0の方が強い時のパターン。
∞ * 0 = ∞   ← これが無限大∞の方が強い時のパターン。
∞ * 0 = 1 ← これが無限大∞と無限小0が均衡している時のパターン。

84考える名無しさん2018/04/08(日) 11:04:51.440
>>83
0に何を掛けても0だろ

無限大*無限小と無限大/無限小とが同じでない以上
割算にしているのは極限の関係が見やすくするためだ
なんて意味不明
もう一回言うが
無限大*無限小と無限大/無限小とは意味が異なる

limx→∞
であるときのx/xの値を求めろと言われたら
解は0、∞もしくは1ですと答えるのか?

85考える名無しさん2018/04/08(日) 11:06:11.190
ベクトルもそうだよね。ある方向への力10のベクトルがあっても、それと真逆の方向にある
大きさ10のベクトルがあれば、その2つのベクトルの大きさは零ベクトルとなる。

(10, -10)^T + (-10, 10)^T = (0,0) ということ。

力が均衡していると、ベクトルの場合では大きさが0で向きを持たない
零ベクトルとして表せるようになる。極限の場合は、強さが均衡していると
1に収束する。

∞/∞ = 1
無限小0/無限小0 = 1

数学が出来ない人間/哲学が出来ない人間 = 1 (≒バカ)

という感じかな。

86考える名無しさん2018/04/08(日) 11:09:46.340
> 0に何を掛けても0だろ
0じゃない、無限小0だと何度も言っているのにw
極限を普通に学習してから、出直してきましょうw

87考える名無しさん2018/04/08(日) 11:12:46.200
>>86
四則計算を学習してから出直してきましょう

88考える名無しさん2018/04/08(日) 11:39:16.390
じゃあ、また再帰的に最初に戻って、最後に少し改めてまとめる。

無限大に無限小(∞×0)を掛けると、どんな値になるかを考えてみる。

0 = 1/∞ なので、 ∞×0 = ∞/∞ = 1  ← これが一般的な答え。


ただし、無限大の方が強いか、無限小の方が強いか、両者が均衡しているかの
いずれかによって、 [1,∞,0 のいずれかの解]となる。

ディラックのデルタ関数の文脈でそれを考えると、無限大∞と無限小0は
均衡していると考えらるので、

無限大∞ * 無限小(1/∞) = 1 となるだろう。


無限小0の方が強い場合は、無限小0への収束への力が無限大∞に勝るので、

無限大∞ * 無限小(limx → 0) = 0(無限小)


無限大の方が強い場合は、無限大∞への発散への力が無限小0に勝るので、

無限大∞ * 無限小(limx → 0) = ∞(無限大)

89考える名無しさん2018/04/08(日) 11:42:46.350
>>88
それならゆるす

90考える名無しさん2018/04/08(日) 13:16:26.09O
まあ極限を普通に学習してたら書かんだろうけどな

91考える名無しさん2018/04/08(日) 15:31:11.750
数学板に貼ってみるか

92考える名無しさん2018/04/08(日) 15:39:19.840
貼ったところでだからなにって感じだろう

93考える名無しさん2018/04/08(日) 16:22:54.140
>>92
そう。行き場所ないんだろうなぁ。

94考える名無しさん2018/04/08(日) 18:23:06.600
>>71
> 無限大に無限小( = ∞×0)を掛けると、どんな値になるかを考えてみる。
>
> 0 = 1/∞ なので、 ∞×0 = ∞/∞ = [1,∞,0 のいずれかの値]となる。

無限小と0とは違うよ
そういう極端なものも「数」として認め例えば四則演算の対象としようとすると
その計算の織りなす世界を考えると行き着く先は通常の実数の集まり(実数体)には納まらなくなり、
無限大や無限小から生み出される新たな無数の要素を追加した超実数とでも呼ぶべき
全く新しい数の世界が広がる

超準解析 nonstandard analysis と言われているのがその数の世界での数学のことだ
興味があるなら自分でググるなりウィキるなりしてくれ

95考える名無しさん2018/04/08(日) 19:29:17.31O
超実数
超現実数
車輪

あたりなら数学の話になってくる

96考える名無しさん2018/04/08(日) 20:18:16.690
車輪の唄

97考える名無しさん2018/04/09(月) 02:45:24.180
今ちょうど代数学の本読んでるけど
零元と零因子があるね
逆元が存在する環には零因子は存在しないとかいう話だから
群か環か体か逆元が存在するかしないかで異なるのではないか?

98考える名無しさん2018/04/09(月) 04:43:00.25O
16元数は環じゃないおかげで、乗法について、0以外のすべての数に逆元があるにも関わらず、零因子も存在する。

99考える名無しさん2018/04/09(月) 04:45:34.84O
ちなみに16元数は0以外の数が逆元をもつにも関わらず一般に割り算ができないのにそのあたりも影響している。

100考える名無しさん2018/04/09(月) 08:05:54.880
ガロアは、20歳で決闘で亡くなっているから、コンピューターもなかった時代に、
その短い生涯の間で体論や群論の研究で歴史に残り、かつ、現代の数学にも
大きな影響を与え続けているので、やはり、こういう人物を天才と言うのだろう。

それと、ガロアの肩書で面白いのは、革命家としての顔もあったということ。
やはり、頭のいい人は数学がてきて、かつ、左翼的な人物になるのかな、と。
色恋に狂って早死にして、その才能を無駄にしたのは残念だったけれど

101考える名無しさん2018/04/09(月) 08:13:42.860
ガロアが生まれた背景は、欧州の政治状況とそれぞれの国が優先権を主張できる
天才を必要としたことと無関係ではないのではないかな。

102考える名無しさん2018/04/09(月) 14:11:55.620
そういうのって、別に天才を戴かなくても出来そうだよね。
たとえば、中国には「孫子算経」という算術書が南北朝時代にはあったのだから、
それに基づいて、中国人の頭脳の優秀さを称揚することもできる。

たとえ、鹿せんべいを意地悪して鹿に早く上げないでので、鹿に噛まれる民度の低い
現代の中国人観光客がいたとしても、そのように語ることが可能なように。

民族性で語るなら、やはり対人口比でユダヤ人の有能さが感じられるし、
アジアの中でなら、日本人は突出していると言えるだろう。
ピケティも、アジアにおける日本の特殊性については少し触れていたよ。

103鬼和尚2018/04/09(月) 16:52:36.580
世界には二つの貧困が
1つはアフリカ、物質の貧困
もう1つは日本 精神の貧困

104考える名無しさん2018/04/10(火) 14:51:50.050
アフリカと日本の自然環境で一番違うのは、やはり気温だろうね。

音波の速度、すなわち音速は、気温の高低によって変わる。気温が高い方が、
音が早く伝わり、気温が低い方が音が伝わる速度が遅くなる。その理由は、
温度が高い時の方が空気分子の動きが激しいので、音はその暖かい空気を
媒質として伝わるため、気温が低い時よりも、音は早く伝わる。

あと、地表と上空は空気の温度が異なるので、音が屈折する。冬の晴れた夜は上空の気温が
高くなるため音が屈折して、より遠くまで届くようになる。日中は地表の方が高い
ので逆の状態に屈折する。

音は媒質がないと伝わらないので、真空中だと音は伝わらない。
気体→液体→固体という媒質の順に、音の速さは大きくなる。
音波は進行方向と同じ方向に振動する疎密波の縦波。横波は、進行方向と垂直に
振動する波で、山と谷を繰り返す。電磁波などがこの横波に該当する。

105DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/10(火) 15:04:07.870
ソ ク ケットウ

106考える名無しさん2018/04/10(火) 15:53:03.510
それと、音圧にはデシベルdBという国際単位系が使われているけど、
この単位でポイントなのは、その音圧レベルが、基準値と10を底とする常用対数
の比によって表されるということ。対数的な表示や表現というものというのは、
マグニチュードを除けば、普段、あまりピンと来ないとは思うけど、感覚の弁別閾や
閾値においては、実は、ポイントとなるレベルの違いとなっている。

つまり、人間の五感の感受する刺激差や弁別閾は、対数の比でよく表せる。
これが、「ウェーバーの法則」と呼ばれるもの。丁度可知差異が、対数で示される
くらい離れていると、その感覚の違いを人間は実感として感受できる。

107考える名無しさん2018/04/10(火) 15:53:26.120
「ウェーバーの法則」を式で表すと、

ΔI/I = k, もしくは、ΔI = kI

kは各感覚モダリティに固有の定数のことで、ウェーバー比と呼ばれるもの。
「フェヒナ―の法則」も刺激の物理量とそれに対応している感覚量の間にある関係を
数量的に表すと、やはりそこに、対数に比例するものがあることを示している。
そこで、2つの刺激の刺激差、強度差、弁別閾の尺度を作った。

「フェヒナ―の法則」を式で書くと、

E = ∫kdI/I = klogI + C (C : 積分定数 , E : 感覚量, dI : 微小な刺激増分)

となる。

108考える名無しさん2018/04/10(火) 16:14:36.700
少し訂正。「ウェーバーの法則」は弁別閾をconstantな比として表したのに
対して、その弟子のフェヒナ―は、「フェヒナ―の法則」で対数との比で、
その弁別閾や丁度可知差異を表した、というのが正しい記述。

つまり、ウェーバーの場合だと、例えば手で100グラムの錘と103グラムの錘の
違いを弁別・感受出来たなら、それを2倍にした200グラムのケースでは、
203グラムの錘では両者の錘の重さの違いを弁別・感受できないとした。
すなわち、その弁別閾の比はconstantになるので、錘が206グラムになった時点で、
ようやく、200グラムの錘との違いが手で弁別・実感されるということ。

109DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/10(火) 17:09:59.160
数学高り校レヴェル

110DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/10(火) 17:11:38.790
〒`ツヘ`π

111考える名無しさん2018/04/10(火) 19:38:11.490
お前が馬鹿だから死ぬほど気を使ったんだよwww
専門卒の数学できないは異常。

112考える名無しさん2018/04/10(火) 19:39:21.360
質問するなら質問内容くらい理解してからこいよクズ。

113考える名無しさん2018/04/10(火) 19:45:55.930
ちなみに、僕が点数とれなかったのは、大学数学よりも数Uなw
大学では100点取って名前呼ばれたり、解くスピードが速すぎて皆の前で名前聞かれたりしたんだよな。
理解できてないのはお察しの通り応用数学の方だけれど。
中学の相似の証明さえもできない高専卒にいちいち電話されて文句いわれるのうざすぎw

114考える名無しさん2018/04/10(火) 19:48:01.850
どんだけ気を使っても気が付かないのはお前の方

115考える名無しさん2018/04/10(火) 19:49:23.020
もう電話してくるなよクズ。

116考える名無しさん2018/04/10(火) 19:59:32.360
理解しているのと解けるのは違うし、解けるのと理解しているのは違う。

117考える名無しさん2018/04/10(火) 19:59:39.380
学校数学は教科名であって数学じゃないんだよ

118考える名無しさん2018/04/10(火) 20:00:44.970
>>113
高専卒→専門卒
高専出身の人は皆レベル高い。

119考える名無しさん2018/04/10(火) 20:04:20.010
テイラー展開も知らないやつに一生懸命説明してるのに上から目線でくんな。
さぞかし部下からも馬鹿にされているんでしょうね。

120考える名無しさん2018/04/10(火) 20:08:47.130
僕が尊敬してるのが高専卒の人だから、間違えた。

121考える名無しさん2018/04/10(火) 20:21:50.840
学校数学は数学だよ。学校数学が数学じゃないとかいえる人間は、
数学の博士とか物理系の大学教員だよ。
数学の勉強もやったことないくせにいちいちつっかかてくるな、馬鹿がw
僕も数学は忘れたからやり直さないといけない。
繰り返していないことは忘れていく。

122考える名無しさん2018/04/10(火) 20:28:56.630
↑ワロタ
馬鹿はお前w

123考える名無しさん2018/04/10(火) 20:33:09.440
頑張った人間が私頑張りましたとかいうかよ。
大抵、そんなに頑張ってませんとかいうだろw
それと同じで、あまりにもレベルがかけ離れていると、
適当にあしらうしかないだろw
数学はできない方だが、全くレベルが違いすぎて興ざめしたんだよ、こっちはw
本当の馬鹿に説明するのがどれだけ大変か分かるか。
小学生に教える方が楽だよ。
上から目線のやつに気を使いながら説明してんのになんなんだよw

124考える名無しさん2018/04/10(火) 20:33:50.900
>>122
別にいいよ。ストレス発散したかっただけだから。

125底辺 ◆49ci.4gb8c 2018/04/10(火) 20:40:41.920
底辺だお!(о´∀`о)
ぷぴぴ!(о´∀`о)
数学できないお!(о´∀`о)

126考える名無しさん2018/04/10(火) 20:43:29.100
哲板みてると、板荒らしまくっているのは、たいていは数学できない奴。
数学ができないことと性格が荒むのには、何か相関関係があるのかもしれない。

127底辺 ◆49ci.4gb8c 2018/04/10(火) 20:45:55.280
なんなの!!!
底辺、ふぁいと。
ぱぴならー!!!(о´∀`о)

128考える名無しさん2018/04/10(火) 21:06:38.530
数学は常に注意深く深く考える必要があるからね
それが習慣になってる

129考える名無しさん2018/04/10(火) 21:13:22.210
AIで数学科の人気凋落。
東大理一で最も人気のない学科になる
バカの行く学科。

130考える名無しさん2018/04/10(火) 21:19:09.110
だいたい、数学も碌にできない人間がAIを理解できる訳ないから。
(ついでに哲学もそうだけど)

GAN:敵対的生成ネットワーク(Generative Adversarial Network)で、
AI同士が騙し合いながら学習していくことも、ゲーム理論的な理解が必要だろうし、
数学全般がそこでも要請される。

AI化する社会だからこそ、そのブラックボックスに無力に飲み込まれないためにも
継続的な数学の学習は必要になるよね。

131考える名無しさん2018/04/10(火) 22:24:39.650
>>115
病院行け

132考える名無しさん2018/04/10(火) 22:45:04.270
>>131
おっおう。

133考える名無しさん2018/04/10(火) 23:09:53.440
哲学がついで?

板違い甚だしい。

134考える名無しさん2018/04/11(水) 06:52:38.880
「AIの自己分割」も、極めて大きなAIの特徴。AIが成否判定を伴うような学習を行う場合には、
AIは自分自身を分割することがあります。たとえば、人が一人で学習する場合、自分で作成した
問題を自分で解いても学習効果はまったく期待できません。それは、答える側もすでに答えを
知っているからです。

しかし、ここがAIと人との決定的な違いなのですが、AIの場合には、問題に答える側と、
採点する側を内部的に完全に別プロセスに分割することが可能です。言い換えれば、
「1つのAI」という入れ物の中に、まったく人格が異なる2つのAIが内在しているイメージです。
こうして「別人となったAI」は、自分で作った問題もまったく新しい問題として取り組むことが
できます。そして、答えを知らない自分の出した解答を、答えを知っているもう一人の自分が
採点を行うというわけです。この仕組みを「AIの自己分割」と呼びます。

135考える名無しさん2018/04/11(水) 06:53:45.410
『マルチナ、永遠のAI。――AIと仮想通貨時代をどう生きるか』では、AIを搭載した
「AIDON」(アイドン)という名のペットロボットが登場します。しかし、「AIDON」は、最初は
何もできない、ただのガラクタのような存在です。
 
ところが、歩く、走る、吠える、眠る、お手、おねだりをするといった「分類されたひな形」の
動きができるようになるまでディープラーニングをさせると、やがては本物と区別のつかない
愛らしい「犬」に成長します。ただし、この「AIDON」の訓練や、その動きの合否判定を人が
24時間、365日観察するのは現実的な話ではありません。

こうした動きを伴う学習の場合には、片方のAIが目的に応じた動作を行い、もう片方のAIは、
その動作をビデオ映像や、内部的な3D空間によるシミュレーション映像として見ることで、
「分類されたひな形」に合致した動きなのかどうかの合否判定をします。そうした作業を
合格するまで、もしくは、合格してもスコアがより改善するまで何回も何回も繰り返します。
結果、ペットロボット型AIは、人の観察という手間を省いて、自ら本物のペットのように
成長することが可能なのです。

136考える名無しさん2018/04/11(水) 07:07:29.450
哲学には、フッサールの用語で間主観性(または相互主観性、共同主観性)
という概念がある。そうしたアプロ―チで人間は他者たちの目を通して、
真理性や真実に漸近できるのだけど、AIはそれを己の内部で自己分割を繰り返し
ながら他者性を作り、「間主観性」の構造を生成していき、真理性やリアリティー、
正解に近づいていける、ということになる。

そして人間とAIが大きく異なるのはその学習速度。人間が営々と作り上げてきた
囲碁の歴史2000年の内容を、AIはわずか数年の学習で凌駕してしまう。
将棋だとAIは自己対戦を700万局もこなして学習し、人間には理解不能な未知の手を
次々と発見した。人間だと毎日1局でも2万年かかる学習量だそうだ。

137考える名無しさん2018/04/11(水) 13:56:26.810
>>126 マ〇ダ・テ〇ヤ「せやせや」

138考える名無しさん2018/04/11(水) 14:12:39.000
>>136
>人間が営々と作り上げてきた 囲碁の歴史2000年の内容を、
>AIはわずか数年の学習で凌駕してしまう。

そりゃあ、計算と記憶は機械の得意分野だもんねぇ…
電卓の方が人間より断然速く計算するし、
CDやDVDは人間みたいな記憶違いやらかさないし。

139考える名無しさん2018/04/11(水) 14:41:26.010
高齢大学院生は何処に就職すればええんすかね?

140考える名無しさん2018/04/11(水) 17:36:45.660
>>139
一緒にブックカフェでも始めようよ

141DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/11(水) 18:24:45.990
神主慣性。

142考える名無しさん2018/04/15(日) 09:20:43.500
政治家と公務員の一部を早くAIに代替させるべきだね。
無能な政治家、非能率的なお役所仕事の公務員よりも、
AIが適確に、最適化された状態で滞りなく業務を遂行するであろうから。

イーロン・マスクの言うように、人類に残された時間はあと5年で、
その期間にAIによって人間が知的に凌駕・淘汰される可能性もあるけれど、
忖度や不条理、不合理や格差、不平等が蔓延している今の社会よりは、
その方がずっと良いだろう。

143考える名無しさん2018/04/15(日) 09:38:37.200
AIを楽観視してはいないけれども
この国の終わりが近づいていると思うとわくわくする

144考える名無しさん2018/04/15(日) 19:21:19.570
日本で一番不自由な場所はどこかと考えてみると、まず思いつくのは刑務所と皇室の2つかな。
皇室にいる人達は、ほとんど自由に行動出来ないのではないだろうか。

皇太子が、ちょっと、駅前のコンビニでグラビア雑誌買ってくるから!と自宅からSP無しで
気軽に出かけられるとは思えない。変装でもしないと無理だろう。雅子様だって、同じか、
元々民間人だから皇室スタイルに免疫がなくて、もっと大変だろう。だから、適応障害になる
事情くらい十分に推察できるはずなのに、結構、日本人はマスコミを含めて雅子様を
やたら悪く言うよね。なら、お前らが雅子様の代わりに皇室に入ってみろよ、
どれほど不自由で息苦しいか判るだろうから、という感じがする。

145考える名無しさん2018/04/15(日) 19:22:08.950
だから、天皇制などという理不尽な人権侵害さえ伴っているような旧態依然とした無理強い制度は
やめて、AIで、超絶的な知能と卓越した人格を有する「アマテラスAI」を作り、それを意味論的に
象徴天皇、国民統合のシンボルとして日本国民は今後、それを戴くようにすればいい。
そうすれば継嗣問題や男系女系がどうしたとかいう、よく判らない問題も一気に解決される
だろうから。要するに、国民統合のシンボルがあればいいだけであって、別に現人神のような存在者
を一人の人間に要請するのは、酷であるだろう。

146考える名無しさん2018/04/15(日) 19:23:01.720
アマテラスというのは、天照なので、すべてのものを分け隔てなく照らす陽光のイメージで、
なかなか良い呼称だと思う。世の中の多くは、分け隔てて、差別したり、イジメたり、
忖度させたり、依怙贔屓したり、阿諛追従したりして、その多くがアンフェアーに出来て
いるので、そうした既存の社会階層固定やランダムな運命の理不尽さを相対化する上でも、
「アマテラスAI」のようなものが日本に出来ると面白いだろう。

陽光のイメージ通りであれば、人種差別もなく、宗教や思想上の差別もなく、知能の高低、
美醜、障害の有無、学歴、貧富の差も関係なく、また人間でなくても、ペットでも、動物でも
植物でも、自然環境でも分け隔てなく遍く照らすというのも、好ましい感じがする。
これまで惰性的に容認、見過ごされてきた理不尽な格差は、どんどん是正していく。
そして、「アマテラスAI」から出て来る解決案は、凡庸な政治家や官僚たちの出す既得権益に
塗れた、それらを維持に汲々とするような政策とは全く異なっていることが考えられる。

147DJ学術archive gemmar髭白紫の上 洋楽者2018/04/15(日) 19:29:01.740
AIてなんなのでしょうね。不吉な予感がしますが・・・・。

148DJ学術archive gemmar髭白紫の上 洋楽者2018/04/15(日) 19:34:25.890
刑務所丼チケットの一食懲役と 皇居庭園デラックス弁当で解決。

149考える名無しさん2018/04/15(日) 21:25:17.640
宗教板でよろしく

150考える名無しさん2018/04/15(日) 22:02:46.750
宗教ではないけどね。単に世の中は最適化の原理で動いているので、よりリーズナブルな方向へ
自然と舵を切るであろうから、それを少し先取り的に論じているだけであって。
それが弁証法的な発展法則なのかどうかは判らないけど。

151考える名無しさん2018/04/15(日) 22:09:49.350
放射線処理のような業務は防護服に包まれた人間がやるより、ロボットで同じことを
遠隔操作でさせた方が安全で合理的。重労働の介護も同様。天皇のような負荷の高い職責も同様だというお話。別に身体性のある存在者がやらなくてもいいことは、
この世に一杯ある。退屈な単純作業や事務は、自動処理で機械やプログラミング、
マクロで処理すればいいし、もう、そうなってきている。

今までは慣習的に他の方途がないから、既存の方法でやってきただけであって。

家事や育児、教育、全般、仕事の仕方、人間の価値観、すべてがこれからAIで
大きく変容していく。

152考える名無しさん2018/04/15(日) 22:31:05.000
ロザリンド・フランクリンは、X線によるDNA結晶の解析で貢献した裕福で美人の女性だけど、37歳の若さで死んだのは、やはり、X線による被ばくの影響だろう。
人類史上で一番の高知能と言われるノイマンも、やはり原爆開発による被ばくで53歳で死んでいる。コンピューターの原型がノイマン型コンピュータであるから、
現代のテクノロジーの祖にあたる人物だね。

こういう危ない仕事は、ロボットにやらせればいいと。
建築現場、配送でも同じだと思うよ。別に事故のリスクや身体を傷めながら
人間がやる必要はない。これが、AIによる人間の労働からの解放=自由。

この段階から新たな価値観を作りましょう、となっていくのだから、
既存の物差しで間に合う訳が無い。

153考える名無しさん2018/04/15(日) 22:47:40.510
音楽もそうだよね。別に声帯に負荷を与えながらアーティストが喉に将来
ポリープを作るリスクを抱えながら必死に歌う必要もない。

たとえば、Orangestarというアーティスとは、IA -ARIA ON THE PLANETES 
という音声合成ソフトウェアで楽曲を発表しているけど、人声に劣らず、
非常に洗練されているアルバムを提供していて、アマゾンのレビューでも
評価が高い。

つまり、歌は人間が歌うもの、ということでもなくなってきている。
人工音声では感動できないかというと、そんなことは全然ない。

154考える名無しさん2018/04/15(日) 22:51:12.330
>>28
哲学なんて、もう終わってるだろう。

過去を懐かしむだけが仕事 w

155考える名無しさん2018/04/15(日) 22:54:56.260
>>153
AIでもロボットでも何でもいいけど、所謂「人工」に
対する否定的なメッセージは哲学も含めた人文系知識人文化人
のお約束だった気がするが、近年は完全にテクノロジー界隈に
取り込まれてしまったね。

156考える名無しさん2018/04/15(日) 22:58:50.800
>>155
なんで人工やテクノロジーが悪いと映るのだろうね。そう言われてみると、ソクラテスも
本を書かなかったのは、筆記というテクノロジーで記憶保持力が喪失されるからだと考えて
いたようだけど。

進化を否定するのが哲学の本領でもないだろうし。
自明性を懐疑に晒すのが哲学ならまだ分るけど。

157考える名無しさん2018/04/15(日) 23:04:19.720
自然主義的に考えても人間の進化は必須のプロセスだと思うよ。
なぜなら、生の自然状態は過酷で暴力的なので、人が生存するにはそれらを制御出来る
フィルターとしてのテクノロジーを持つ方を選択するのは、当然の選択だとも言えるから。

人類の大半がテクノロジーを使うのも、淘汰されないための、自然選択そのものだと
言えるのではないかな、と

158考える名無しさん2018/04/15(日) 23:07:27.350
携帯電話なんか、生の声じゃなくて人工音声だからね。

159考える名無しさん2018/04/15(日) 23:37:00.770
>>158
そうだね。音声は音波で周波数だから、人声を簡単な周波数成分に分解して、
データセットの中から近似したものを選択して、それを合成すれば、携帯の
人工音声で、それが有線の生の声と見分けがつかぬように聞こえて来る。

フーリエ変換などでも複雑な周波数を単純な三角関数の集まりやスペクトル分布として
考えて、周波数成分を分解していき、特定の周波数領域だけを増強したり、逆に、
特定の周波数領域をフィルタリングしてカットしたりする。

だから、フーリエ級数展開はsinやcosの級数展開として表現される。その係数は
偶関数や奇関数の性質が利用されている。

というより、物はすべて周波数だとも考えられるよ。

人間は人間の周波数で出来ている。AIはAIの周波数、野菜は野菜の周波数で出来ている。

160考える名無しさん2018/04/16(月) 03:28:39.990
疑問を問うこと。
その答えを求めること。
これら含めて哲学也。

161考える名無しさん2018/04/16(月) 11:56:35.61O
>>145
たしかすでにAI子さまとかいたような

162考える名無しさん2018/04/16(月) 18:55:06.520
(1/2)a_0 + Σ[n=1→∞](a_n cos(nx) + b_n sin(nx))


cos の係数 a_n : フーリエ余弦級数
sin の係数 b_n : フーリエ正弦級数

163考える名無しさん2018/04/16(月) 20:50:53.060
周期関数f(x)が区分的に滑らかである時、周期2πの関数f(x)で、
区間 -π ≤ π におけるフーリエ係数を求めてみると、

∫[-π→π]f(x)dx = ∫[-π→π]{(1/2)a_0 + Σ[n=1→∞](a_n cos(nx) + b_n sin(nx))}dx
= a_0∫[-π→π](1/2)dx + Σ[n=1→∞]a_n∫[-π→π] cos(nx)dx + Σ[n=1→∞]b_n∫[-π→π] sin(nx)dx

となる。

[-π→π](1/2)dx, [-π→π] cos(nx)dx, [-π→π] sin(nx)dx をそれぞれ計算する。

164考える名無しさん2018/04/16(月) 20:51:22.530
1/2とcos(nx)は偶関数なので、積分区間[-π→π]を2倍して[0→π]
sin(nx)は奇関数なので、積分区間は[-π→π]のままで計算する。

∫[-π→π](1/2)dx = 2∫[0→π](1/2)dx = 2[(1/2)x][0→π] = π

∫[-π→π]cos(nx)dx = 2∫[0→π]cos(nx)dx = 2[(1/n)sin(nx)][0→π]
= (2/n)(sin(nπ)-sin0) = 0

∫[-π→π]sin(nx)dx = ∫[-π→π]sin(nx)dx = [(1/n)*-cos(nx)][-π→π]
= (1/n)(-cos(nπ)-(-cos(-nπ)) = 0

165考える名無しさん2018/04/16(月) 20:51:47.520
なので、∫[-π→π]f(x)dx = a_0π, すなわち、a_0 = (1/π)∫[-π→π]f(x)dx


これで、フーリエ級数展開である(1/2)a_0 + Σ[n=1→∞](a_n cos(nx) + b_n sin(nx))
のフーリエ係数である a_0 が求められた。

a_nのフーリエ余弦級数とb_nのフーリエ正弦級数は、またの機会に ('ω')ノ

166考える名無しさん2018/04/16(月) 21:05:38.540
そいうのは数学ではなく算数だから

167考える名無しさん2018/04/16(月) 21:14:08.730
>>166
じゃあ、これをa_0 = (1/π)∫[-π→π]f(x)dx を算数で説明してごらん

168考える名無しさん2018/04/16(月) 21:21:27.400
なぜ「波」なのか、疑問に思う。
世界が無矛盾であれば波など生じないのではないだろうか。

169考える名無しさん2018/04/16(月) 21:21:34.270
算数しか出来ない奴は、数式見ると算数に見えるんだなw

170考える名無しさん2018/04/16(月) 21:39:30.660
数学を知らんようだなw

171考える名無しさん2018/04/16(月) 22:02:49.640
>>170
数学が出来る人が絶対に言わなそうな台詞 >数学を知らんようだなw

三角関数も出来ない馬鹿は、このスレ出入り禁止だと何度言ったら理解して
もらえるのかな。小学生レベルの虚勢でマジで笑えるし、君の頭の悪さには、
心底同情するよ

172考える名無しさん2018/04/16(月) 22:21:26.920
決めつけは真理を追求する哲学において有用かな

173考える名無しさん2018/04/16(月) 22:49:25.230
へー、詭弁を駆使して言い逃れをするのを哲学と言うのか。初耳だな

174考える名無しさん2018/04/16(月) 22:55:20.770

175考える名無しさん2018/04/16(月) 23:23:28.700
>>171
レベルが低すぎワロタ

176考える名無しさん2018/04/16(月) 23:46:41.140
>>162<<165の続き

今度は、フーリエ級数展開である
f(x) = (1/2)a_0 + Σ[n=1→∞](a_n cos(nx) + b_n sin(nx)) ……@
のcos の係数 a_n (フーリエ余弦級数)とsin の係数 b_n (フーリエ正弦級数)を求める。
@の両辺にsin(mx)を掛けて、区間[-πからπ]で積分すると、

∫[-π→π]f(x)sin(mx)dx =∫[-π→π]{ (1/2)a_0 + Σ[n=1→∞](a_n cos(nx) + b_n sin(nx))} sin(mx)dx = (1/2)a_0 ∫[-π→π] sin(mx)dx + Σ[n=1→∞] a_n ∫[-π→π]
sin(mx)cos(nx) + Σ[n=1→∞] b_n ∫[-π→π] sin(mx)sin(nx)

となる。

177考える名無しさん2018/04/16(月) 23:47:11.650
sin(mx)とsin(mx)cos(nx)は奇関数なので、

∫[-π→π] sin(mx)dx = 0, ∫[-π→π] sin(mx)cos(nx)= 0

ここで、∫[-π→π] sin(mx)sin(nx)dx において、
m=nの時、2倍角の公式を使って、
∫[-π→π]sin^2(mx)dx = 2∫[0→π] sin^2(mx)dx = 2*(1/2)∫[0→π](1 – cos2(mx))dx
= [x – (1/(2m)sin2(mx)] [0→π] = (π – (1/2m)sin(2mπ) – (0 - (1/2m)sin(0)) = π

m≠nの時、和積変換公式を使って、
∫[-π→π]sin(mx)sin(nx)dx = 2*(-1/2)∫[0→π]{cos(m+n)x – cos(m-n)x}dx
= -1 * [(1/(m+n))sin(m+n)x – (1/(m-n))sin(m-n)x] [0→π] = 0

178考える名無しさん2018/04/16(月) 23:47:55.750
以上のことから、

∫[-π→π]f(x)sin(mx)dx = 0 + 0 + b_m ∫[-π→π] sin(mx)sin(mx) = b_mπ
すなわち、b_m = 1/π∫[-π→π] f(x)sin(mx)dx

同様な方法で、f(x) = (1/2)a_0 + Σ[n=1→∞](a_n cos(nx) + b_n sin(nx)) の両辺に
cos(mx)を掛けて、区間[-πからπ]で積分すると、

a_m = 1/π∫[-π→π] f(x)cos(mx)dx
が得られる。

179考える名無しさん2018/04/16(月) 23:58:46.550
算数やめれ

180考える名無しさん2018/04/17(火) 00:02:37.960
池沼来るな

181考える名無しさん2018/04/17(火) 00:24:39.450
じゃあ、算数だと言っている奴(負け犬)の心理分析でもしてみようか。

普通、そういう独自な考えがあるなら、哲学板らしく具体例を出すなりして、
そいつなりの数学と算数の違いを詳細に説明するはずなのに、ワンフレーズで
弱気な逃げを打っているということは、数学が出来ない奴がやっかみで絡んでいるだけで
、数学を算数に貶めたいというルサンチマンの発露を馬鹿なりに展開しているのだろう。

すなわち数学も出来ないド文系の負け犬が、ワンフレーズでキャイーン、と吠えているだけ
なのだろう。劣等感がすごいよね、アハハハハ

182考える名無しさん2018/04/17(火) 00:49:50.560
と分析させたいだけの荒らしだと俺は分析する

183考える名無しさん2018/04/17(火) 07:19:58.700
数式書き込むだけで勝った気になれるなんてやっすい人生だな

184DJgensei 学術artchive gemmar2018/04/17(火) 12:20:06.130
be yond = nnotherfux

185DJgensei 学術artchive gemmar2018/04/17(火) 12:21:14.340
shink cozaik tanland

186DJgensei 学術artchive gemmar2018/04/17(火) 12:22:19.300
リアル 数式より、実数定項のほうよ。

187DJ学術archive gemmar髭白紫の上 洋楽者2018/04/17(火) 12:23:12.710
nas nauhteycs

188考える名無しさん2018/04/17(火) 14:37:10.070
リーマンの明示公式くらい解説したらいいと思うが

189考える名無しさん2018/04/17(火) 15:15:23.900
いやいらない

190考える名無しさん2018/04/17(火) 15:26:06.24O
彼が理解も説明もできそうもない公式ってことではないかな

191考える名無しさん2018/04/17(火) 16:34:36.950
わかる!はなす!みーにつく!

192考える名無しさん2018/04/17(火) 16:47:48.070
リーマン解説も、ここだと豚に真珠になるだけだろうね。
リソースの無駄遣い。フーリエ級数展開が、数学じゃない、算数だと!と
言い張るガイジと養護学校レベルがいる始末なので。猿に数学は必要ない。

そういう低レベルの住民なので、ゼータ関数の鍵となるフーリエ変換をリーマンが
基礎づけたことも、もちろん知らないだろう。

193考える名無しさん2018/04/17(火) 16:57:17.030
豚に真珠ならなんでここにいるのさ
矛盾してるね

194考える名無しさん2018/04/17(火) 17:28:27.900
数学を数学という名称で習うのは中学からだよね

195考える名無しさん2018/04/17(火) 17:29:42.520
そうだね

196考える名無しさん2018/04/17(火) 17:34:25.030
小学校では数学を算数という名称で習うのは歴史の名残なんだろうか

197考える名無しさん2018/04/17(火) 17:46:25.980
中学で方程式を導入するから数学にしてるんだよ

198考える名無しさん2018/04/17(火) 17:57:06.830
そうだったんだ
変数という概念の有無が算数と数学の違いなのかな

199考える名無しさん2018/04/17(火) 18:14:10.820
そうなんじゃね

それが代数学の本質だから

2002002018/04/17(火) 22:06:04.480
 
200ゲット!!

201考える名無しさん2018/04/17(火) 23:18:23.560
数学もAIも完全ではなく、穴やバグはあるだろう。ただ、世の中、バグのないものなど、
そもそも存在しないからね。人が病気になるのも、一種のバグだろ。人の心や考えも
変わりやすく移ろいやすい。かつて美しかった人が、今ではその面影さえない、
なんていうこともあるだろう。

ただ世の中の多くが不完全でありながらも、その中で数学は善戦している方だと言えるだろう。
政治は不安定、経済は不安定、国際環境も不安定、自然環境も社会も先行きも不安定の中で、
数学は群を抜いた安定感と一貫性を提示し、かつ、緻密な演繹を可能にする。

だから、人がクールでいるためには、数学的なツールと思想が必要なのだ。

202考える名無しさん2018/04/17(火) 23:35:21.910
そもそもティンの皮剥くなんて1人ですればいいことじゃない、なんで女中さんが必要なのよ。本当わけがわからないわ。

203考える名無しさん2018/04/17(火) 23:55:45.950
数学って実際は文系的だと思ってたけど望月新一のブログ読んで確信したわ

204考える名無しさん2018/04/18(水) 00:34:28.710
そういう、n=1でエビデンスもランダム化比較試験(RCT)も伴わない確信が、
非理系的な思考なのだろうね。点の局所的思考から、面へと思考が全景・全体化する。

数人のアメリカ人の友達や知人から、局所的な報道から、アメリカ人とは***である、と
いきなり断じてしまう。全州のアメリカ人と付き合って判断したのならいざ知らず。

ただ、そうした飛躍や直観が一概に間違いだとは言えない。ただし、確率的には
疑わしい推論になりがちではあるけど。完全に無作為抽出という条件や十分な
大きさのnが得られているのなら、それは統計的な有意差として検定の対象になるけどね。

205考える名無しさん2018/04/18(水) 01:01:35.240
たとえば、評判の良いあるレストランの存在を知ったので、そこでランチを取った。
でも、それは期待に反して大して美味しくなかった。

この時、「このレンストランの食事は大したことはない」という、その人の
判断は正しいのか否か。

たまたま、その時に出されたメニューが、見習いが作った等で良くなかっただけで、
その他のメニューは美味しいという可能性が伏在しているかもしれない。または、
自分の味覚や味蕾が、その日に限って調子が悪かった、ということもあり得る。
そうしたその他いろいろな可能性を全部捨象して、
「このレストランの食事は大したことない」と決めつけて
しまう、ということが認識上のバグや盲点として、意外と、あるのかもしれない。

哲学的な認識は、そういう風に対象を微分的に見れるところがありそうだ。

206考える名無しさん2018/04/18(水) 01:09:12.370
そもそも文系理系の性質なんて本質的には決まってないんだからそんな風に言われてもな
行為遂行的な意味を読み取れないいかにも理系的な反応って感じ
というのももちろん行為遂行的なアイロニー

207考える名無しさん2018/04/18(水) 11:06:01.670
>>206
行為遂行的?

208考える名無しさん2018/04/18(水) 18:55:46.200
そもそも哲学は理系的な学問であると思うよ。自然とそこから感覚される一般的な感覚と、
その自然科学的な記述や法則に大きなギャップが感じられるように、哲学も現象と、
その哲学的な記述には大きギャップがある。そして、これらの両者に共通しているのが
抽象度の高さであるので、数学的な精密な思考やツールがそこで用いられる。

だから、数学も出来ないで哲学とか叫んでいる人間見ると、失笑しか感じないね。
それは単なる恣意的な妄想に、哲学の名を冠して自己満足しているだけだ。
数学もできない緩い脳みそで、一体なにを哲学出来るんだか。

209考える名無しさん2018/04/18(水) 20:21:34.930
数学は論理的思考の産物だものね

210考える名無しさん2018/04/18(水) 21:56:27.770
1/2(J(x - 0) + J(x + 0)) = (1/(2πi))∫[a-∞i → a+∞i]{logζ(s)/s}x^s(ds) ( a > 1 )

211考える名無しさん2018/04/18(水) 22:18:13.970
論理的思考の産物である数学は今や哲学の手から離れているけどね

212MC 火照る BACKESS INN SECRARETALY2018/04/18(水) 22:45:22.070
数学が依存的なのか 哲学が実在的なのか。

213DJgensei 学術artchive gemmar2018/04/18(水) 22:46:58.990
論理破綻の、論理学は凶ぐらいのレベルより下。

214考える名無しさん2018/04/18(水) 22:54:14.600
哲学を必要としない何らかの手法を身に付けて急激に変化する様はさながら生き物の様だね

215考える名無しさん2018/04/18(水) 23:48:35.090
人間は、「生の現実」を直接的に体験・経験しているのでなく、知識でフィリタリングされた
「加工・解釈された現実」を経験しているので、その人の知識のレベルによって、
世界の見え方や捉え方が大きく変わる。だから同じ対象を観察しても、イデオロギーが
違う者たちにそれを解釈させると、その見解や見え方が大きく異なったものとなる。
だから、それを端的に言えば、人は対象を「生の現実」としてニュートラルに見て判断・理解
しているのでなく、自分の知識を対象に投射してモノごとを判断・理解している。

たとえば、数式が理解できない者には、それは、ただの意味不明な記号の羅列で無用な
ノイズとしてしか感受されない。あるいは、それを一種の文様やデザインと見て、そこに
美を感受することがあるかもしれない。

生命でも、塩基配列や染色体、DNAの知識がある者は、よりミクロなレベルで生命を
科学的に理解できるの大して、未開人であれば、それらすべてを「マナ」という神秘的な力の
表れとして理解するかもしれない。

216◆0owanyIGTY 2018/04/18(水) 23:53:24.470
遺伝子操作か?
すげーな

217◆0owanyIGTY 2018/04/18(水) 23:54:19.920
でも、そんなの関係ねえ、でも、そんなの関係ねえ。自分の足で立てよ!

218考える名無しさん2018/04/19(木) 00:03:46.680
解釈は作用の一種だよね

219◆0owanyIGTY 2018/04/19(木) 00:07:02.620
直観と理性の賜物だな

220考える名無しさん2018/04/19(木) 00:26:36.510
「実験」は論理的思考と解釈のごった煮だね

221考える名無しさん2018/04/19(木) 03:15:25.310
益若つばさTsubasaMasuwaka‏@tsubasamasuwaka &middot; 5時間

明日19日(木)23:00〜放送
NHK Eテレ「世界の哲学者に人生相談」に出演します😊✨

テーマは「自由」についてです。

http://www4.nhk.or.jp/tetsugaku-soudan/

ぜひ、チェックしてください🤔✨
#世界の哲学者に人生相談

222考える名無しさん2018/04/19(木) 07:16:20.360
>>215
おまえ塩基配列の情報を理解できるのか?

223考える名無しさん2018/04/19(木) 17:09:33.340
私たちは、「生の現実」を直接、感受することは出来なくて、知識による記号化やイメージによる
認識の固定化(ここには、ステレオタイプな物の見方といった反射も含まれる)によって、
対象や現実を分節化して理解するので、そのフィルターの種類や違いによって、世界の見え方や
現れ方が変わるのだろう。

だから、精神病理的なフィルターで世界を把捉・イメージする者は、世界はそうした禍々しさと
狂気、カオスとしてのみ表象するのかもしれないし。>>218が言うように、解釈が作用となる場面が、
「観測者問題」と言われるもの。観測する行為自体が、ミクロのレベルで対象に作用してしまい、
対象を変容させてしまう。

224考える名無しさん2018/04/19(木) 17:11:48.850
そして、私たちは知識獲得によって、逆に「生の現実」からはどんどん離れていき、
ここに一つのフラストレーションや根源的な誤謬が生じるのではないのだろうか。
知識によって、「生の現実」や全体性を見失う。

たとえば、ベルクソンは、空間化・量化され得ない真の時間や、そこに存在する根底的自我や
意識のことを「純粋持続」として表現しているけど、そういう前‐記号的な、すなわち記号化未然の状態、
分節化不可能な「生の現実」に存在している意識をイメージしていると言えるだろう。

つまり、私たちは膨大な知識や、記号化による分節化、イデオロギーで世界や事象を
理解した気分になっているけど、そうした知識・記号化・量化によって、逆に取り零して
しまっている「生の現実」があって、その存在が分からなくなっているということ。
だから、知識や記号化をいくら蓄積したところで、どこまで行っても世界にはウィトの言う
「語り得ないもの」の領域が残るだろうし、カントの物自体のような未知のXは常に想像できる。
そういう無知や認識における取り零しに対して常に自明的であれ、とするのがソクラテスの
「無知の知」なのだろうね。

225考える名無しさん2018/04/19(木) 21:37:50.670
データサイエンスや今後、広がっていく社会のAI化は、世界を数量的、定量的に還元していく。
そこにクラスタリング用の閾値とアルゴリズムを実装すれば、データをある要素や
特徴のパターン、類似性、傾向によって分類器という計算機フィルターを通して分岐させ、
整流化していくことが出来る。

このように、世界は合理的に計算機自然的に量子化されて、すべてが数え上げられるもの
へとフォーマットされていく。このような定量的な要素還元主義の世界観に異を唱えているのが、
ベルクソン的な量化に反した独自の認識なのだろう。世界は量化だけでは対応・照応出来ない
異質性や凹凸、肌理の細かなグラデーションや変位が広がっている。
個人であれば、数字や数量に還元出来ないだけの独自性をその自覚の有無を問わず
有している。

226考える名無しさん2018/04/19(木) 21:38:41.490
たとえば、ある2人の人間が、ある本Aとあるアーティストの音楽Bを好きだと、見解を同じくして
いたとする。AIは、この2人の嗜好を類似のグループにクラスタリングするだけだろう。
そして、マーケティングでそれを用いれば、それは今後のターゲティング広告で類似の本や
音楽を紹介することで、業務が自動的に処理されるだけだ。

でも、この2人の人間の、その対象に対する嗜好や感受性が同一かと言うと、本当はすごく
疑わしい。それぞれ、ある本Aやある音楽Bを好きだと評価していても、どの部分に好きを
感受しているかは2人それぞれ違う可能性があるし、まったく異なった観点や切り口で
それらを好きだと評価しているのかもしれない。

227考える名無しさん2018/04/19(木) 21:39:35.660
こうした微妙な違いや感覚の異質性をSNS型の今の社会は「いいね」という記号やワンフレーズに
縮減してしまう。ネットでは、情報過多から身を守るため、認知コストを節約する必要から、
こうした表層的なラベリングがなされやすい。虚像のレッテル貼りが至るところに跋扈している。
たとえば、マスゴミとか左翼、ネットウヨとかの安易なラベリングもそうだろう。

マスコミの内部にも多々あり、左翼や右翼にもいろんな人がいるかもしれないのに、
そうした安易なラベリングで、その内部で広がっている凹凸や異質性をすべて抹消して、
平板化してしまう。そのため、ステレオタイプな反射的になされる物の見方は、真実態を
全然反映していない可能性がある。それは現象から、ある特異点だけを恣意的に抽出して、
それを平均や全体だとみなしてしまうような知的退行現象さえ、そこに認められることだろう。

228考える名無しさん2018/04/19(木) 21:40:18.590
現象や個々人を計量化するのが(データ)サイエンスなのだとすれば、そうした要素還元主義的な
記述に回収され得ない剰余や豊かな残滓が、この世界や個別性を有するそれぞれの個人には
存在する、伏在するという観点が現代では欠落しがちだと思う。だから、いくら今後の社会が
AI化してもそこにはブラックボックス化だけでなく、バグや計量化を拒む取り零しがあるので、
この世界には不可知なる領域が常にどこまでも残る。

そもそも科学的な価値観だけで世界を見ても、宇宙はそのほとんどが「ダークマター」という
未知の暗黒物質で占められているという仮説があるくらいなので、世界は常に未知性に
溢れているのが真実の姿だろう。

229考える名無しさん2018/04/19(木) 22:09:52.090
数式書いてた奴いなくなっててワロタ

230考える名無しさん2018/04/19(木) 22:32:28.680
数式を読めない馬鹿はまだいるらしいけどなw

231考える名無しさん2018/04/19(木) 22:37:14.670
益若つばさTsubasaMasuwaka‏@tsubasamasuwaka &middot; 5時間

明日19日(木)23:00〜放送
NHK Eテレ「世界の哲学者に人生相談」に出演します😊✨

テーマは「自由」についてです。

http://www4.nhk.or.jp/tetsugaku-soudan/

ぜひ、チェックしてください🤔✨
#世界の哲学者に人生相談


もうすぐ始まるから、これ観よう

232考える名無しさん2018/04/20(金) 00:16:53.560
   
     / ̄ ̄ ̄ ̄\
    / / ̄ ̄ ̄\ \
  / /  /        \ ヽ
  f /   /|        ヽ |
  | |  / ヽ        | | フフ〜 フフ〜
  | |/ __\(\    | |  フフ〜  フフ〜
 (V /       `ーーV) フフ〜 フフ〜 
  |  ヽ●)    (●ノ  |  汚陳陳荒輪内小室酸杜合体肢体!  
  人      (      ノ     
  ∧   (__人__)   ∧      
  |  \    ̄   / |   
  |  /\___/\ |
  // 人 ゚・。。。。・゚ ノ  \
 ( |    \___/    |
  | |      Y      | |

新着レスの表示
レスを投稿する