カール・マルクス 16

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1考える名無しさん2018/04/15(日) 22:06:36.430
カール・ハインリヒ・マルクス
Karl Heinrich Marx, 1818年5月5日 - 1883年3月14日

<過去ログ>
カール・マルクス 15
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/philo/1521478982/
カール・マルクス 13 (実質14)
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/philo/1515334078/
カール・マルクス12 (実質13)
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/philo/1514775646/
カール・マルクス 12
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/philo/1514421875/
カール・マルクス 11
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/philo/1486537917/
カール・マルクス 10
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/philo/1483757397/

2考える名無しさん2018/04/15(日) 22:06:50.050

3考える名無しさん2018/04/15(日) 22:56:47.080
>>1>>2 乙

4考える名無しさん2018/04/18(水) 00:00:53.890
マルクスは、資本(主義)の持つ暴力性というのを見事に解明してみせた、
ということだろう。資本の自己増殖運動に人々が蹂躙されて、人間的な生
(健康、十分な余暇、コミュニティ、その他人間的なこと、人間らしさ)が
資本や貨幣によって疎外される。

だから、資本による人間疎外論みたいなニュアンスがマルクスの思想には
ありそうだ。電通東大女子が自殺することになったのも、電通という
巨大企業の資本の自己増殖運動に、一人の有為なる人間が抹殺されたと
言えるだろうから。資本の自己増殖運動は、法的制限がなければ、出来るだけ
労働者から搾取しようとするのだから。

韓国では、ビットコインの売買で、それを売ったあとで、その価格が高騰する
のを見て絶望して自殺した者がいるらしいけど、そのように、資本やお金の
方が、人間の命や人生よりも重くなっている、という歪んだ現象が見られる。
拝金主義も同様だろう。手段としてあったはずのお金や資本が、自己目的と化す。

政治の役割の一つは、、こうした資本の暴力性に箍をはめることや、
富や資産の著しい偏在を解消して、公平にすることではないかな。
まあ、既得権益まみれの二世議員が多い政党では無理だと思うけど。

5考える名無しさん2018/04/18(水) 00:09:04.620
「空想から科学へ」第1章

現代の社会主義は、その内容からいえば、なによりもまず、一方では、今日の社会にひろく存在している有産者と無産者、資本家と賃労働者との階級対立を、他方では、生産のなかにひろく存在している無政府状態を、認識することから生まれたものである。
…(略)…

6考える名無しさん2018/04/18(水) 07:22:34.330
糞スレ

7考える名無しさん2018/04/18(水) 08:31:32.170
>>1
それはエンゲルスの著作だ。

>>6
糞レス

872018/04/18(水) 08:32:50.410
>>7、ミスった。

>>1
それは・・・・・ ×

>>5
それは・・・・・ ○

9考える名無しさん2018/04/19(木) 04:07:51.780
何故頑なにスレタイ変えない( -_・)?だ
コーヒーしか来ないというのに

10考える名無しさん2018/04/19(木) 06:59:54.470
マルクスがソ連の崩壊を予言していたかのような記述を発見してしまったんだが


『ドイツ・イデオロギー』より
"この「疎外」──哲学者たちに分かるようにこの言葉を用い続ければ──は、もちろん、二つの実践的な前提の下でのみ止揚されうる。
それが「耐え難い」威力、つまり、人々がそれに反抗して革命を起こすような威力となるためには、それが人類の大多数をまったくの「無所有者」として、
しかも同時に、現前する富と教養──どちらも生産力の巨大な上昇とその高度な発展を前提とする──の世界との矛盾において、創出してしまっていることが必要である。
別の面から言えば、生産諸力のこのような発展(これとともに、すでに同時に、局地的なものに代わって世界史的なものとなった人間の現実的な在り方の内に、経験的な実存が現前するようになっている)は、次の理由からしても、絶対に必要な実践的前提である。
つまり、生産諸力の発展なしには、欠乏、窮迫が普遍化されるに過ぎず、それゆえ、窮迫に伴って必要物をめぐる抗争も再燃し、古い汚物がことごとく甦らざるをえないだろうからであり、
さらに、生産諸力のこの全般的な発展に伴ってのみ人間たちの全般的な交通が据えられる──したがって、一方では「無所有」の大衆という現象をあらゆる諸国民のうちに同時的に創出し(普遍的競争)、
どの国民もが他の国民の変革に依存するようにさせ、そしてついには世界史的な、経験的に全般的な諸個人を局地的な諸個人に取って代わらせることとなる──からである。
このことなしには、(一)共産主義は局地的なものとしてしか実存しえず、(二)交通の諸威力そのものが全般的な、それゆえに耐え難いほどの諸威力として発展してしまうこともありえず、土着的・迷信的な「厄介事」のままであり続けるであろう。
しかし(三)交通のどのような拡大もが、局地的な共産主義を廃止するであろう。
共産主義は、経験的には、主要な諸国民の行為として「一挙的」かつ同時的にのみ可能なのであって、このことは、生産諸力の全般的な発展およびそれと関連する世界交通を前提としている。"

11考える名無しさん2018/04/19(木) 07:12:08.580
交通の概念もうちょい詰めろ

12考える名無しさん2018/04/19(木) 07:13:20.290
こいつドイデしか読んでないな

13考える名無しさん2018/04/19(木) 10:03:48.880
所有の問題にも触れよ

14考える名無しさん2018/04/19(木) 10:07:55.340
いいから恋。再会の形なんかに拘るな。そんなものあってないようなもの。

15考える名無しさん2018/04/19(木) 12:49:47.590
>>9
あなたが来なければなんの問題もないんだが・・・

16考える名無しさん2018/04/19(木) 12:51:26.500
>>11
交通という言葉を交流と読めば理解しやすいと思う。

17考える名無しさん2018/04/19(木) 14:32:11.160
柄谷 私は数年前にカウツキーの『中世の共産主義』を読んで感心したのです。
その後、ノーマン・コーンの『千年王国の追求』をはじめ多くの本を読みましたが、
それらはすでにカウツキーがやったことの二番煎じでしかない。
そのことはまた、カウツキーの仕事がいかに無視されてきたかを示しています。

ドイツ語を読めない柄谷さんと俺のために、『中世の共産主義』の続巻のカウツキー『ドイツ宗教改革の共産主義』を誰か訳してほしい
これが日本語で読めないかぎり、『中世の共産主義』『キリスト教の起源』『トマス・モアとユートピア』の邦訳があっても片手落ちと言わざるをえない
栗原佑が死んでから何年経ったと思ってるんだ
太田仁樹さんか相田慎一さん、マジで頼む

18考える名無しさん2018/04/19(木) 15:32:23.920
柄谷の話はやめろ
ここは観念論スレではない

19考える名無しさん2018/04/21(土) 00:59:01.330
>>6
>>18
うっせーーー、バーーーカ。

20考える名無しさん2018/04/21(土) 02:07:21.670
柄谷行人は単なるアホロートル
自己完結しているだけのキチガイ

21考える名無しさん2018/04/21(土) 19:15:15.950
柄谷は観念論ですらない
てか文芸評論ですらない

22考える名無しさん2018/04/21(土) 21:43:38.200
>>10
もともとはマルクス、エンゲルス、プレハーノフは
ロシアでの共産革命に否定的だった。
ただし、マルクスはロシア革命をちょっと期待したところがあるようだ。
それがマルクスの間違いだった。
マルクスが間違っていて、マルクス主義が正しかった、ということ。

23考える名無しさん2018/04/22(日) 03:22:12.550
予言者ごっこか
殺すぞてめえ

24考える名無しさん2018/04/22(日) 03:31:30.500
て、違うな
にしても日本人の思いやりの無い物言いは初めてこのスレ見たときからかわんねーな
工場で12時間働いてみ
肉体労働してみ
お前らみたいな口先だけで生きていける世界が当時は不思議だったな

もう終わった話だが
スレ汚したがそれ以上に汚された
世話ねーよ俺

25考える名無しさん2018/04/22(日) 04:24:25.680
>それがマルクスの間違いだった。

自分が分析してきた欧州のケースとは条件が違うからなんともいえない、
って言ってんだから間違いでもなんでもないだろ

26コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:01:45.550
ジジェクの「イデオロギ−の崇高な対象」を読み始めた。

近頃所謂文春砲が話題だ。それは所謂「現実」暴露による欺瞞の批判だが、拙速だがジジェクを読んで文春砲は良いとも思う。
私生活を破壊はしてしまう。破壊されるべき私生活が欺瞞的であれば良いのだろうか分からないが、素晴らしい。

同著書で欺瞞につい「欺瞞」は「現実」(非イデオロギ−の現実があるか分からず現実に「」を付して置く)と自己意識の乖離だが、後者はイデオロギ−、
現代においてはそれをシニカルに肯定してしまう人たちがいる。
もう一つ、キュニシズム的にイデオロギ−に対する人がいる。
このキュニシズムは「現実」暴露によるイデオロギ−批判だ。
ジジェクはキュニシズムに対する支配階級の対処がシニカルな肯定なのだという。

27コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:04:11.340
文春砲というか、マスコミは「現実暴露」のキュニシズムだ。
キュニシズムに対して、それを非難しシニカルに「欺瞞」を肯定してはならないと思う。
マスコミの暴露が「事実ならば欺瞞批判であり、その「欺瞞」が階級的であれば素晴らしいし、
階級的現実は破壊されるべきかもしれない。

28コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:07:34.700
階級、ないし差別。
差別的なイデオロギ−は無いといっても、差別的に他人に接していたらそれは欺瞞。
階級、差別の廃止は難しく、容易に欺瞞に落ち込むが難しい。

29コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:10:26.930
差別的に接した事はすまない。

30コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:10:53.020
嫌いじゃないが避けてしまう。

31コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:13:11.200
避けるのは差別的。嫌いじゃないというけど嫌いかもしれない。
嫌いじゃないと思うのだけど。

32コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:19:22.120
ジジェクは資本主義についても語るのだけど資本主義批判は安易に出来ない。
ともかく匿名掲示板は止める。

33コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:19:59.060
資本主義肯定はシニカルなのではないかという事だがそんな安易でもない。

34コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:23:14.030
俺はクズだけど、煙に巻いてないつもりですが内容分かりますよね。

35コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:24:19.560
社会性の無い自己肯定のイデオロギーも、社会性はあれ差別を肯定するシニシズムもダメで、
キュニシズムは嫌われるが良いと。

36コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:25:20.000
○社会性の無い素朴な自己肯定のイデオロギーも、社会性はあれ差別を肯定するイデオロギ−としてのシニシズムもダメで、
キュニシズムは嫌われるが良いと。

37コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:27:10.670
良いけど、キュニシズムにも際限は要ると思う。

38コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:32:13.720
近代はポリティカルコレクト的で、それをシニカルに肯定するとイデオロギ−としての近代シニシズムになる。
シニカルじゃなくポリティカルコレクトをやるかというとこれは大変。

39コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:32:55.980
言われる様にラディカルな表現は出来ない。
ともかく5ちゃんは止める。

40コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:34:56.710
大ざっぱ過ぎるがポリティカルコレクトが近代だと。
表現それ自体によってはいけないがちゃんとしたい。
ともかく5ちゃんは止める。

41コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:36:58.440
○酔ってはいけない

42コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:42:19.550
立身出世で学ぶのはやりたくもないのに資格をとって金を稼ぐのと変わらない。
良いと思うけど。

43コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 10:43:58.060
ともかく5ちゃんは止める。

44考える名無しさん2018/04/22(日) 16:00:13.080
フランス語版資本論が欲しいんだがどうやって買えばいいの?

45コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 17:12:26.900
ジジェクを語ったがダメだ。

46考える名無しさん2018/04/22(日) 18:49:54.860
>>44
フランスにもアマゾンがあるんじゃないの?
あとは洋書屋で注文。
たぶん、フランスのどこかのサイトで無料公開されてる。

47考える名無しさん2018/04/22(日) 19:17:06.060
>>46
ありがとう

48コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/22(日) 21:31:50.880
シニカルもダメだけども、ナイーブもダメだ。
ジジェクを後者の様に読んではダメだ。

49コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/23(月) 00:23:48.190
俺が往来で他人を避けるのは不審否定だが、不審放置するか避けずに不審否定をする。
回避も謂わば悪だが不審否定も悪。
ともかく回避せず行けると思う。

50コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/23(月) 00:25:33.550
不審は謂わば悪だけども、それを許さないといけない。
俺は他人の不審は気にならない。

51コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/23(月) 00:27:05.020
気にしなくてはと思う。
不審は回避で否定しない。
否定しないが悪。

52コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/23(月) 00:29:30.760
俺は厳格ではないが、往来での自分の不審は気になる。
気にしているうちは回避は止まらない。
気にしないのではないが許さないと。
許しても不審は悪。回避は無くなる。

53コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/04/23(月) 00:32:06.420
荒らしてすまん、回避は無くなると思う。

54考える名無しさん2018/04/23(月) 20:02:58.400
>>47
邦訳のことだったら、ネットで販売しているところがいくつもあるから、検索してみて。

55考える名無しさん2018/04/26(木) 09:33:56.150
コーヒーはなんで国連に降ったの?

56考える名無しさん2018/04/27(金) 12:45:21.550
糞スレEnd(´・ω・`)

57考える名無しさん2018/04/27(金) 13:16:22.040
ここはたった一つかもしれない、5chの良心スレ、だよね?

58考える名無しさん2018/04/28(土) 17:18:37.840
映画『マルクス・エンゲルス』予告編
https://youtu.be/6t5on9lZOJw

マルクス生誕200年記念作品
岩波ホール創立50周年記念作品

若きマルクスとエンゲルスの友情は世界の未来を大きく変えた---。
永遠の名著『共産党宣言』(1848)が誕生するまでの激烈な日々を描く歴史的感動作。

レーニン、ゲバラ、カストロ、マンデラ‥20世紀を代表する変革の指導者の前には、いつもマルクスとエンゲルスがいた。
本作はドイツ、フランス、イギリス、ベルギーを舞台に、二人が「今日までのあらゆる社会の歴史は、階級闘争の歴史である」
という有名な言葉で始まる『共産党宣言』を執筆するまでの日々をドラマティックに描く。
監督は『ルムンバの叫び』(10)、『私はあなたのニグロではない』(17)で知られる社会派の名匠ラウル・ペック監督。

監督・脚本:ラウル・ペック 主演:アウグスト・ディール、シュテファン・コナルスケ、ヴィッキー・クリープス、ハンナ・スティール、オリヴィエ・グルメ
2017年/フランス・ドイツ・ベルギー合作/フランス語・ドイツ語・英語/118分/スコープサイズ/カラー
英語題:THE YOUNG KARL MARX 配給:ハーク 宣伝:テレザ、太秦

2018年4月28日(土)よりロードショー!
http://www.hark3.com/marx/
https://mobile.twitter.com/hark_marxmovie/

59考える名無しさん2018/04/29(日) 01:15:51.150
『共産党宣言』までの若い時代限定か。
てか『共産党宣言』って歴史的な意義はあるのかもしれんけど
政治的な話ばかりで哲学とかの話はないからつまんなかった。

60考える名無しさん2018/04/29(日) 13:16:11.830
池上、かなりいい加減な理解だね。説明も下手だし。ひどすぎる。

第二回 “経済書の古典” カール・マルクスの「資本論」
https://www.youtube.com/watch?v=vMVVkn_B_0k

61考える名無しさん2018/04/29(日) 13:33:33.530
>>60
読書家の池上だけど、資本論をきちんと読む時間を取るのは大変だろう。
だれかの解説本に依拠したか、あるいはざっと読んでみた印象なのかもしれない。
それとも、無知な大学生にわかりやすく説明しようとして、ジャーナリスティックに論点を外したのかもしれない。

なんにしても、資本論の話題が出てくることは悪いことではないな。

62考える名無しさん2018/04/29(日) 13:53:31.010

63考える名無しさん2018/04/29(日) 13:55:09.150

64考える名無しさん2018/04/29(日) 14:12:38.630
>>62
>>63
ありがとう

65考える名無しさん2018/04/29(日) 14:31:39.860
利用するには、ちょっと低すぎないか?

>Le taux de reconnaissance estimé pour ce document est de 77 %.

66考える名無しさん2018/04/29(日) 14:57:03.990
岩波文庫の資本論は改版して文字を大きくしないと
40歳以上にとっては視力の関係で単純に読むのが厳しいと思うが、
出版社にはその余裕は無さそう

67考える名無しさん2018/04/29(日) 15:07:47.020
岩波文庫版資本論は今年電子書籍で出たのでタブレットで文字を大きくして読めるようになった
国民文庫版と違い原書ページ数が併記されていないので薦めにくいが

68DJgensei 学術artchive gemmar2018/04/29(日) 15:12:32.790
下から上を目指したんだ。ふうん。興味ないよ。

69考える名無しさん2018/04/29(日) 18:22:08.590
石原慎太郎とか内田康夫の新著など
アホみたいに巨大な活字なのにね

70オニオン2018/04/29(日) 22:06:52.720
マルクスよりエンゲルス
共産党宣言の文体はどう見てもエンゲルス

71考える名無しさん2018/04/30(月) 14:11:31.560
この説明もひどいな。
唯物論も弁証法も出てこないし、例によってソ連だのを持ち出して「人間の欲」「煩悩」とか、
「今は誰でも資本家になれる」「内なる恐怖」とかわけわかんないこと言い出してマルクスを批判w。
フォイエルバッハテーゼ6とかも読んだことないのかな。

高校倫理62 マルクス主義 わかりやすく
https://www.youtube.com/watch?v=xV583y21qUM

72考える名無しさん2018/04/30(月) 17:30:39.250
いまの教師は資本論を読んでない。
読んだことのある教師というのは、絶滅危惧種ぐらいの希少性があるだろう。
希少だからといって、労働力商品として高い価値が認められることはない。
商品の価値を希少性に求めるアメリカ経済学が間違っていることがこれでもわかるw

73考える名無しさん2018/04/30(月) 18:41:16.690
Activist Manifesto 2017
Younger & Partnoy
http://activistmanifesto.org/tablet/manifesto.html
共産主義者宣言の現代版
指差しをクリックするとマルクス&エンゲルスのテクストと対照できるようになっている

74考える名無しさん2018/04/30(月) 18:44:54.530
>>73
I. Bourgeois and Proletarians



I. Haves and Have-Nots

になっている

75考える名無しさん2018/04/30(月) 18:51:06.600
>>73
おもしろいね。

76考える名無しさん2018/04/30(月) 19:10:22.670
>>74
そりゃ酷い

77考える名無しさん2018/04/30(月) 19:38:18.920
>>76
Have-Notsという言い方が一般的かどうかは知らないが、持てる者と持たざる者、というのはブルジョアとプロレタリアートの定義ではあるよ。

生産手段の所有者と、自分の労働力以外にはなにも持たない者、ということだから。

78考える名無しさん2018/04/30(月) 20:12:01.570
>>77
宝クジ当たった人間もHavesで
健康保険加入者もHaves

79考える名無しさん2018/04/30(月) 20:13:43.800
>>78
言葉の意味が多様だからって、間違える人がいるの?

80考える名無しさん2018/04/30(月) 20:18:50.730
>>79
定義の正確性を犠牲にして読みやすく
しているということを酷いと述べただけだよ

英語読めない人が暴れても無意味

81考える名無しさん2018/04/30(月) 20:21:36.220
>>80
英語に堪能な君は偉いよ。

このスレの人のために、翻訳してあげてくれ。

82考える名無しさん2018/04/30(月) 20:23:11.830
>>81
偉くないよ
それくらいパッとわからないまま
老人になった君が可笑しいだけ

83考える名無しさん2018/04/30(月) 20:26:09.730
ちなみに現代社会では
wage-earnersで金持ちもいっぱいいる
ので訳例はよろしくない

84考える名無しさん2018/04/30(月) 20:30:38.240
人文で語学できない人は存在価値ないよ
外国思想ならなおさら

言葉に鈍感で異文化と格闘していないということ
河上肇の爪の垢でも煎じて飲みな

85考える名無しさん2018/04/30(月) 20:38:12.970
Bourgeoisって、中産階級が勃興してきた歴史的なニュアンスあるけど、Havesじゃ…

86考える名無しさん2018/04/30(月) 20:38:45.550
>>82
それくらいって、HAVESのこと?
言葉が多様な意味を持つのは常識だよ?
そういう常識くらいは、パッとわかるw

なにより、ブルジョアジーとプロレタリアートの定義自体、いまはマルクス・エンゲルスが確定した意味で使っているだけで、元の意味とは違ってるんだよ?
文を読めばわかるけど、筆者はわかりやすい訳語を使おうとしているだけだ。

資本家的とか資本制とかいう意味不明な日本語に訳さずに、資本主義的と訳した先人たちと同じだと思うよ。

87考える名無しさん2018/04/30(月) 20:48:48.870
>>83-85
あなたは中途半端な語学論議をしてないで、マルクス(M)やエンゲルス(E)の趣意を汲み取る努力が必要だよ。

Bourgeoisieも、MEは中産階級という意味では使っていない。
生産手段の所有階級という意味で使っている。
階級が個人の集合ではないということにも、留意する必要がある。

外国語が堪能なことは良いことだが、意を汲めないようでは、堪能とはいえない。
外国語の勉強も必要だが、それ以上に、日本語と理論の勉強が必要だ。

あなたがどういう人であるかは知らないが、MEの理解のためにあなたの意見を参考にする人はいないんじゃないだろうか?

88シュタイナー信者2018/04/30(月) 20:53:38.240
まじかよ。つまり安倍が悪いのかな

89考える名無しさん2018/04/30(月) 20:56:07.730
破れかぶれだな
そういう読み方の次元で満足してなよ

>>85
だよねえ

90考える名無しさん2018/04/30(月) 21:01:04.290
無学で傲慢って罪だけど
それどころか延々と
「私は絶対真理を悟った者である」
と唱えているんだから

さて『ユダヤ人の起源』の続きを読むか

91考える名無しさん2018/04/30(月) 21:06:57.180
>>89>>90
反論できなくても、そんなに悔しがることはないよ。
あなたが、MEの著作をいくつかでも読めば済むことだから。
もしドイツ語が堪能ならドイツ語で、そうじゃなければ古めの邦訳で。

92考える名無しさん2018/04/30(月) 21:17:47.550
>>91
反論なしで逃走かあ

a member of the middle class, esp one regarded as being conservative and materialistic or (in Marxist thought) a capitalist exploiting the working class

これをHaves= (usually plural) a person or group of people in possession of wealth, security, etc
とするのがザックリし過ぎ、
への反論はマダ〜?

93オニオン2018/04/30(月) 22:14:41.820
唯物論と経験批判論おもしろかった
資本論は読む気しない

94考える名無しさん2018/04/30(月) 22:23:56.860
>>92
え?
とっくに反論書いてるけど?

Havesは生産手段を持つもの、の意味だし、Have-Notsは生産手段を持たないもの、の意味。
たんにに金持ちと貧乏人ではないよ。
中身を読めば、それ以外に理解しようがない。

バカげたことでも英語で書けばカッコいいとか思ってるみたいだけど、バカげたことはなに語で書いてもばかげたことだよw
MEの著作も読まずにおかしなことを書きたがるのは、青年会議所関係者なのか日本会議関係者なのか・・・
日本語が怪しいところを見ると、韓国の勝共連合の人なのかな。

書いている英文も、勝共連合の在日韓国人がよく使いたがる言い回しだし。
在日でもなに人でもいいけど、マルクスを批判したいなら、マルクスの本ぐらいは読んでおきなよ。

95考える名無しさん2018/04/30(月) 22:30:25.370
書いてる英文?
Collinsが勝共連合?

透視スイッチ入っちゃったみたいね

96考える名無しさん2018/04/30(月) 22:37:49.870
>>95
その人のことは知らないけど、勝共連合の強い影響下にある人なんじゃない?

偶然同じような言い回しになってるだけかもしれないけど、反共主義者であることには変わりはないだろう。

97考える名無しさん2018/04/30(月) 22:47:32.260
Collinsはたしかに元は人名だけどもw
ここまでくるとコントだな

98考える名無しさん2018/04/30(月) 22:50:09.840
>>97
辞書のことであっても、同じだよ。

辞書というのは誰かが書いてるw

99考える名無しさん2018/04/30(月) 22:56:55.220
後出しジャンケンばかりで悲しいなあ
反共と名指しするゲームか

日本を批判すると反日認定される
時代を団塊老人は先取りしてたのか

100考える名無しさん2018/04/30(月) 23:00:03.650
>>98
コリンズの定義が反共認定できる
理由を定義文から導けるかな

できれば最低博士論文レベルだろう
この手の記述だけで書き手の
イデオロギーを判別できるなんて
大発見だよ

101考える名無しさん2018/04/30(月) 23:23:02.940
>>100
え?
君は理解できないの?w
in Marxist thought がすべてだよ。

客観的な状況を、マルクス主義者だけの(異常な)認識として貶めようとする。

102考える名無しさん2018/05/01(火) 00:06:28.060
BourgeoisはBourgeoisで通じるんだからそのままでいいのに

103考える名無しさん2018/05/01(火) 01:08:43.860
コリンズはコリアン

104考える名無しさん2018/05/01(火) 03:26:30.160
>>56
>>57
亡くなった糞スレを悼む


あとは続々と訃報を聞いた参拝客が訪れております。

105考える名無しさん2018/05/01(火) 03:43:40.180
>>104
いや、たとえ糞スレであったととしても、「亡くなった」という語を用いてはならなかったな。>>104

106考える名無しさん2018/05/01(火) 07:29:20.020
>>101
言葉を知らない人か
レベル低いねえ

107考える名無しさん2018/05/01(火) 07:34:28.120
こういう凝り固まった人を
うまくなだめる人材にもマルクス主義は
欠いているのかな
そういう人がこのスレに
現れないしね

コリンズの定義から反マルクス主義喝破!
またひとつお笑い事例誕生だね

108考える名無しさん2018/05/01(火) 10:10:29.780
>>22

ほとんどの人が帝政打倒→ブルジョワ革命→プロレタリア革命と進むんだと唱えてたぞ
それをいきなり共産主義革命まで持っていくと唱えていたのはトロツキーだけ
そこにレーニンも同調した
他のやつはそんなことは全く唱えていない
スターリンもジノヴィエフもカーメネフも

109考える名無しさん2018/05/01(火) 16:37:08.640
>>107
英米は、基本反マルクス主義だろ?
ピケティの21世紀の資本はノーベル賞ものの実証的な研究だけど、英米の主流からは否定されてるようだ。

マルクスとピケティは関係ないが、英米の主流は少しでも労働の価値を認めることを許さないんじゃない?
マルクスとそれ以外の経済学の違いは、価値の創出を労働に求めるか求めないかの違いだと思う。

110考える名無しさん2018/05/01(火) 17:07:16.920
>>109
話がずれてる
bourgeoisは16世紀には英語に取り入れられていた
語彙。したがってマルクスの与えた定義は現在の意味の
あくまで一角に過ぎない。

>>101には冷静な議論が無理だろうね
まともな教養あるマルクス主義者は擁護しないだろう
それどころか困っているにちがいない

ちなみに日本語における資本の「もとで」の意味は
江戸時代には存在し「身体が資本」はこの流れ。
なので、こういった記述のなかで「マルクス主義に
おいては」という語釈を見つけて「反マルクス主義だ!」
と喚くのも破れかぶれ

111考える名無しさん2018/05/01(火) 17:11:12.600
>>109
英米は反マルクス主義ではなくマルキスト利用主義だよ
敵国やライバル国にマルクス主義を押し付けたり利用したりして破滅させる戦法をよく使う
ディバイアンドルール(分断して支配せよ)という戦略もセットにして使う

112考える名無しさん2018/05/01(火) 17:23:51.360
>>110
その話がしたいならしてもいいけど、a capitalist exploiting the working class というのは間違ってるんだよ。
反本歌が搾取するんじゃなくて、資本が搾取するのが資本主義だということ。
人の問題じゃないw

制度としての問題を個人の問題に矮小化して否定するのが、反マルクスの特徴だ。
それは、あなたには理解できないし、理解したくもないだろうから、終わりにする。
こちらもあなたに理解させようとは思っていない。

だから、ピケティの問題を提出した。
ピケティは、たんに統計を集めただけで、資本主義が必然的に富裕層と貧困層の差を拡大していくことを、実証してみせた。
その実証的な研究に対する、あなたの感想を聞いている。

113考える名無しさん2018/05/01(火) 17:28:14.010
>>111
あなたは自分で書いてるのことが矛盾してることに気が付かないのかな?
「マルクス主義を押し付けたり利用したりして破滅させる」なら、それは反マルクス主義だからだよ。
それはともかく、現実離れした妄想は、自分の病を進行させるよ。

114考える名無しさん2018/05/01(火) 17:28:54.030
>>112
反本歌が搾取 −> 資本家が搾取

115考える名無しさん2018/05/01(火) 17:36:20.750
>>112
うん?君は
in Marxist thought
という限定語句が異常とみなしているという主張
それはどこいったん

それから
Marxistはマルクスそのものじゃない
これは人名を冠する全ての思想に当てはまること
かつbourgeois語釈内でしかない

君の独善勝手読みは漱石その他で明白なのだから
反省しないといけない
周囲に声をかけてくれる人がいる時代を過ぎたのは
わかるけどね

116考える名無しさん2018/05/01(火) 17:44:13.800
>>115
何回書けばわかるのかな?
in Marxist thought と断って、こんなにバカバカしいことを言ってる異常な連中だと言っているようなもの。
そんなことより、ピケティも、読んでないんだね?w

117考える名無しさん2018/05/01(火) 17:53:01.630
一度はコピペしておこう
安楽椅子マルクス主義者は以下の文を
「批判を込めた皮肉であってナショナリズムに
なびいたのでは決してない、そう読むのは幼稚な右翼
だ」と主張している

ちなみに俺はこの時期の雑誌をかなり目を通して
いるので論調は時代からしてごく普通の帝国主義国民の
意識だと分かる
読んだままということであって神聖化も袋叩きも要らない

この彼に独善的姿勢からするにマルクス主義は
そういう知性の質をもつ人物を引きつけ絶対的正義の
理論を提供しているのだなあということである

(引用開始)
歴遊の際もう一つ感じた事は、余は幸にして日本人に
生れたと云ふ自覚を得た事である。内地に跼蹐してゐる
間は、日本人程憐れな国民は世界中にたんとあるまいと
いふ考に始終圧迫されてならなかつたが、満洲から朝鮮へ
渡つて、わが同胞が文明事業の各方面に活躍して大いに
優越者となつてゐる状態を目撃して、日本人も甚だ
頼母しい人種だとの印象を深く頭の中に刻みつけられた
同時に、余は支那人や朝鮮人に生れなくつて、まあ
善かつたと思つた。彼等を眼前に置いて勝者の意気込を
以て事に当るわが同胞は、真に運命の寵児と云はねば
ならぬ。(夏目漱石)

118考える名無しさん2018/05/01(火) 17:55:09.580
>>116
ちなみにピケティは英語で読んだわ
欧米で評価されているしアメリカでは
興奮で渡米が迎えられたし精査もたくさん
されている

話を変えたくてしょうがないのかな
俺はマルクス主義じゃなくて君に関心があるんだぞ

119考える名無しさん2018/05/01(火) 18:00:14.170
とんでもない井の中にいるから
俺がいつも共産党に投票してるけどと
書いたら驚いてたなあ

よほど視野が狭いと見える
こういう人材いくらいいても人前で
マルクス主義者代表として議論させられないわな〜

あと10年寿命までつきあってあげるよ

120考える名無しさん2018/05/01(火) 18:03:51.450
>>118
では、ピケティをどう読んだのか書いてくれ。

121DJgensei 学術artchive gemmar 劉美弦解2018/05/01(火) 18:04:00.940
ハイエク世代の方がいいと思う。隠して死ぬつ。

122考える名無しさん2018/05/01(火) 18:17:17.790
>>116
バカにしているように本気で見える?
in Marxist thoughtと断りを入れるだけ
で本心からそう感じる?
意地を張っているんじゃなくて?

家族に聞いてみなよ
子供はこれくらいの英語は読めるっしょ
これはマルクス主義をバカにしているよな!って聞いてみ

123考える名無しさん2018/05/01(火) 18:31:21.740
>>122
何回も説明してるだろ?
マルクスを知らない人は、あなたと同じ反応だ。
ピケティはどう読んだの?

124考える名無しさん2018/05/01(火) 18:45:31.710
マルクスを真に理解している者にしか
それがバカにしているかどうかはわからない!

いつもの理屈だねえ
老人の外罰型じゃなくて若い頃から
そういう姿勢なの?
たとえマルクス主義の世界でも生き辛い人
ではないですかねえ

125考える名無しさん2018/05/01(火) 18:48:39.420
>>124
ピケティはどうしたの?

126考える名無しさん2018/05/01(火) 18:51:09.490
だから戦闘的で自分以外を堕落と見るわけだ
右翼は全て知能が低いと言っていたね
家族以外の帰属意識は全て悪だとも

お爺ちゃんは今現在力がないから力を
振るえないだけで、もしリアル指導者だったら
恐ろしい人格が暴走するだろうな

ある男の思想の記録を残すのは歴史的に重要だ
そういえば今目の前に『モンタイユー』がある
いわば審問だなw

127考える名無しさん2018/05/01(火) 18:54:29.620
>>126
要するに、あなたはマルクスもピケティも読んでない、と言ってるわけだね・・・?

128考える名無しさん2018/05/01(火) 18:54:49.960
>>125
君の質問に答える義務はどこにあるん?
君とピケティは別人やん

でもピケティの議論は大枠で同意するよ
専門家が複数でやるような
細かなデータの精査を俺はできないけどね

でも君のマルクス主義は完璧なんだろう?
もうそういう本読む必要ないやん
絶対的真理に出会えたことに歓喜しなよ

129考える名無しさん2018/05/01(火) 18:57:11.000
>>127
こうやってスレッドになっていると
君の狙いが拙いということが誰の目にもバレちゃうよ
なんでこのスレ名で君の支持者が増えないんだ〜

俺は思想じゃなくて
君に執着しているとはっきり述べているのに

130考える名無しさん2018/05/01(火) 18:59:31.490
>>127
外罰型?
怒りに震えていると辛いよ

陶淵明でも読んだらどうかしら

131考える名無しさん2018/05/01(火) 19:02:52.730
ちなみに俺は
>>76で本心から酷いと言ったわけではない
あり得る訳語だろう
ただし厳密ではないのは確かでそれを叩いただけ

しかし空疎なマルクス神社を死守しようとする人間には
十分だったわけだが

132考える名無しさん2018/05/01(火) 19:02:58.580
>>128
ピケティを読んでないなら読んでないと正直に言えばいいんだよ。
ここはマルクススレだから、ピケティを読んでなくても誰にも批判されない。
マルクスを読んでないのにマルクスを語れば非難される。

それだけのことだ。

133考える名無しさん2018/05/01(火) 19:04:13.380
>>129-131
どうしちゃったんだ?

空気で腹が膨らんだカエルになっちゃったのかな?

134考える名無しさん2018/05/01(火) 19:18:01.010
>>132
君の好きな戦略だね
読んでないのか戦略は
それでどうにか切り抜けてきたのかな
いままではー

英語版を読んだよ
ただそれだけ
でピケティの議論は説得力があるよ
反駁のデータを俺は集められないしねって

135考える名無しさん2018/05/01(火) 19:26:02.160
マフィア→マルクス主義→パーリア資本主義→マキャヴェリズムと進化していく
これは絶対だ
どこの共産主義国家の指導者を見てもそう

136考える名無しさん2018/05/01(火) 19:27:21.940
>>134
ピケティはどういう結論を出して、どういう対策をとるべきだと書いてる?

それに対するあなたの感想は?

137考える名無しさん2018/05/01(火) 19:27:31.780
bottomoreのA Dictionary of Marxist Thoughtを
今夜は読むことにしよう

ボッシュシーズン4は少しストップ

138考える名無しさん2018/05/01(火) 19:28:40.360
キリスト教=神学を売るねずみ講ということすら理解できないアホばっかだからなここは
第一インターナショナルもイギリスで結成された
エンゲルスはイギリスで資本家と仲良子よししてた貧困ビジネスの帝王と呼ばれていた

139考える名無しさん2018/05/01(火) 19:31:26.130
>>136
君はそれで
お前は読めてない!って言いたいだけやんw
サマリーなんてそこらに転がっている
その大筋に同意なわけ

嘘だと思いたいんだろう
たまたま読んでただけだぞ?
強がって家族以外を悪認定する
おっちょこちょいの君とは違うもん

政治経済関係は洋書で10冊も読んだことないから
たまたま

140考える名無しさん2018/05/01(火) 19:31:53.380
共産主義運動ってのはマルクス主義関連の情報教材を売ってるネットワークビジネスなんだよ
こんなことすら理解できないほど知能低いだから笑っちゃうよw

何が反資本主義だよw
本当の反資本主義・反帝国主義はファシズム=国家社会主義の中にしかない

141考える名無しさん2018/05/01(火) 19:34:52.240
>>138
『ユダヤ人の起源』でも
マルクス主義とユダヤ人の関係が
散りばめられているんだよね
本テーマではないのにもかかわらず著しい

142考える名無しさん2018/05/01(火) 19:37:15.710
>>140
今なら電子アーカイブ購読だっけ
たしかに情報商材だわな

反マルクス主義的行為でしか
現実のマルクス主義が存続できない場合は
どうなるのだろう

まあそれもこれも原理主義に立つから起こる
机上の問題だけどね

143考える名無しさん2018/05/01(火) 19:42:42.790
欧米を理解するコツはキリスト教とユダヤ教とマルクス主義の他にマキャベリ思想を知らなければならない
何故ならマキャベリの思想こそイエズス会からマルクス主義に秘儀なのだから
マルクスがイエズス会から取り入れた目的の為ならどんな非常手段を使っても構わないという考えの元は
マキャベリである

マフィア・マルクス主義・パーリア資本主義・マキャヴェリズムはほぼ同じものだと考えていい
部落や在日中韓人やイギリス人やユダヤ人が↑に当てはまるのはそういうこと

144考える名無しさん2018/05/01(火) 19:45:19.590
>>139
もう一度聞くよ?
ピケティの結論とその対策はなに?
それに対するあなたの感想は?

145考える名無しさん2018/05/01(火) 19:58:13.700
俺の理論もだんだん進化してきたようだ
キリスト教とマルクス主義が情報を売るネットワークビジネスだということが分かったが

今回は分かったのが
マフィア=パーリア資本主義=マルクス主義=マキャヴェリズム=イエズス会は
目的のためには手段を選ばない権謀術数主義ということが同じである分かった

ロバートキヨサキの「こうして金持ちはもっと金持ちになる」P83で説明している
フラーのグランチ(不快極まる現金強奪の横行の英語の略称)を動かしているのは誰かの説明で
自分お抱えの弁護士の指示通りに動くつねに合法でいつでもそれを証明できる
「石油や原子力で儲けるマキャベリ・マフィア」と呼んでいる

「石油や原子力で儲けるマキャベリ・マフィア」はシステムでありネットワークであり
マシーンである

146考える名無しさん2018/05/01(火) 20:08:10.680
いきなりピケティを持ち出して
英語で読んだわというとひたすら食いつくのか
バカだなあ

マルクス主義者の定義に恥知らずというのはないはずだが
どこまでこのリテラシーないお爺ちゃんは恥を
塗り重ねるのかなあ

https://www.ted.com/talks/thomas_piketty_new_thoughts_on_capital_in_the_twenty_first_century/up-next

ほいサマリーをどうぞ

147考える名無しさん2018/05/01(火) 20:13:09.850
介護している家族は大変だなあ
こういう人は電凸も趣味だったりする
実際5ちゃんねるでひとり知っている

そいつはゴリゴリ右翼だが
自称アカのこの人とすっごく似ているww
同じ性格だね

148考える名無しさん2018/05/01(火) 20:14:59.910
>>146
君がどうピケティを読んだか聞いてるんだよ。
ピケティの結論とその対策はなに?
それに対するあなたの感想は?

149考える名無しさん2018/05/01(火) 20:15:34.110
お前が右翼だと思ってるのはどうせ貧乏労働者だろ
マルクス主義者は井の中の蛙の馬鹿だから妄想と戦って相手にされない意向が強い

150考える名無しさん2018/05/01(火) 20:15:51.190
それから俺の質問と交換条件というのも面白いな
どうだろう
フェアだと思うがな
ゲラゲラ

151考える名無しさん2018/05/01(火) 20:17:50.980
>>148
交換条件でどうかな
まだ質問考えてないけどね

でもお爺ちゃん
俺が嘘言ってたと思って引っ込み付かないんだね
そりゃ甘いよ

152考える名無しさん2018/05/01(火) 20:22:43.020
>>151
もう正直になれよ。
マルクスもピケティも読んでないって。
マルクスは読んでないけど、ピケティは読んでも理解できなかった、という答えでも認めてあげる。

153考える名無しさん2018/05/01(火) 20:36:31.740
消費手段を担当する国家と生産手段を担当する国家があると考えれば
為替操作も再生産表式で説明できる
不変資本の比率の拡大がすべての部門で目指される
利潤率は下がるが搾取率は上がる

そこでピケティはマルクスと補完関係にある
産業資本というフローに特化した分析をマルクスはした一方
不労所得によるストックをピケティは問題した
ピケティの勝利は統計の勝利だ
ただし全体の収入の10%近くがその統計に反映されていない
タックスヘイブンは全体の統計に反映されていないから

だからジジェクが言うように国際的な資本税は不可能だ
まずガンジーが言うように分配は生産現場で行われなければならない
ベーシックインカムはここに目を瞑っているから鎮痛剤にしかならない
プルードンの集合力理論に戻らなくてはならない

154考える名無しさん2018/05/01(火) 22:38:57.610
マルクスだのピケティーだの欧米で有名になった本しか読まないとか馬鹿なのか?
良い投資ってのは自分の足で探しに行かないと見つからないもの
真実ってのは自分で探しに行かないと見つからない

おまえらが知能が低い理由は体制のプロパガンダしか学ばないからだ

155オニオン2018/05/01(火) 22:52:03.580
ピケティーよりピカチュー

156考える名無しさん2018/05/01(火) 23:05:48.480
>>153
なにこれ?

157オニオン2018/05/01(火) 23:14:21.700
リカードら古典派の労働価値説は唯物史観にそぐわぬ観念論だった
マルクスが死ぬころになってワルラスの効用説が登場、時すでに遅し
ケインズの有効需要の原理が効用説に続き、生産者主体から消費者主体の経済学へ移行した
消費者主体の経済学が台頭するということはブルジョワの経済学が完成したということ
ブルジョワ経済学が築く世界は、穴を掘って埋める仕事に励み、無駄な商品を作って捨てては自然を破壊すること
マルクスは問う「市場原理とは消費者が良い物を買うことを前提としている。(実際にはそうではない)」

158考える名無しさん2018/05/02(水) 02:05:13.900
キヨサキおじさん湧いてるじゃん
「キヨサキ」でNGするわ、さっさと消えろ

159考える名無しさん2018/05/02(水) 03:33:35.090
なんかまた変なのにスレが占拠されてしまったみたいだね。

160考える名無しさん2018/05/02(水) 08:06:25.990
ピカチューよりセキチュー

161考える名無しさん2018/05/02(水) 08:08:57.790
セキチューよりニャンちゅう

162考える名無しさん2018/05/02(水) 09:22:54.400
フランスの首都パリでメーデー(May Day)の1日、エマニュエル・マクロン大統領の
公共部門改革に抗議するデモ行進の最中に、覆面姿の若者らがマクドナルド店舗や
車両に放火するなどして暴徒化し、200人近くが逮捕された。
同国では毎年5月1日、労働組合が主催して労働者の権利を訴える伝統のデモ行進が行われる。

警察によると、黒い上着にマスクを着用した約1200人がデモに合流。「パリよ立ち上がれ」
「皆が警察を嫌っている」などと叫んだ。デモ隊の一部は、行進の阻止を試みた後、
市中心部の東側にあるマクドナルドの店舗を破壊して放火。さらに自動車販売店の複数の
車や、ショベルカー、バイクにも火をつけた。

警察は、催涙ガスや放水銃でこれに応じた。警察によると、逮捕者は約200人に上った。
うち3人は違法な武器を所持していたという。フランスではマクロン大統領の公共部門改革
をめぐって緊張が高まっている。さらに同国西部では先月、警察と反資本主義者らの
激しい衝突も発生。メーデーの暴動は、パリでここ数か月起きた中で最悪の騒乱となった。

163考える名無しさん2018/05/02(水) 10:50:32.330
>>162
催涙ガスって、ベトナム戦争でアメリカが使った枯葉剤と同じ成分だという話があるけど、そうなの?

アメリカの化学兵器と同じものを使ったのは、日本だけかな?

164考える名無しさん2018/05/02(水) 11:01:37.510
>>163
で藪蛇クンは質問の交換条件には応じないのかな?

165考える名無しさん2018/05/02(水) 18:00:13.350
マルクスの底の浅さというか低レベルさは宗教に対する言説に出ている
これをああこいつは対した奴じゃないなすぐに分かった


一神教は居もしない神という妄想を情報教材にして売っているネットワークビジネス=ねずみ講である
ということがいっさい理解できなかった

俺はキヨサキを読んでそのことに気付いた

166考える名無しさん2018/05/02(水) 18:03:28.230
何故理解できなかったのか?
それはマルクス主義運動自体が別種のねずみ講的ビジネス構造になっているからである

キリスト教とユダヤ教のあくどさをとことん突き詰めるとマルクス主義自体が内部矛盾を
起こし崩壊してしまうから無視して通り過ぎたのである

167考える名無しさん2018/05/02(水) 18:18:08.530
>>165
お前経済学板に帰ったんじゃなかったの?マジで書き込まないで、頼むから

168考える名無しさん2018/05/02(水) 20:28:04.120
知能が低い奴はすぐに言論弾圧と言論統制する
お前らは低能だから真実や事実なんかに興味ないんだろ?

169考える名無しさん2018/05/02(水) 21:41:03.790
>>164
君がどうピケティを読んだか聞いてるんだよ。
ピケティの結論とその対策はなに?
それに対するあなたの感想は?

とにかくこれにこたえてから、レスをしてくれよw

170考える名無しさん2018/05/02(水) 21:49:02.220
>>164
枯葉剤のことも催涙ガスのことも知らないの?

まあ、無知な君のことだから、知ってるわけはないと思うがw

171考える名無しさん2018/05/02(水) 21:51:48.100
>>169
質問を交換しようと言っている
交換したくないならそう答えてくれ
話の通じない奴だな

お前が唐突に食らいついてきた話題に
じゃあこちらも質問に答えてもらおうというだけ

真理に目覚めた世界市民のお手並み拝見だな

172考える名無しさん2018/05/02(水) 21:53:52.690
>>170
俺はその話題に参加していないが
アタマ大丈夫かい?

ROM専の同志に恥ずかしい姿を
晒すのはよくないよ

173考える名無しさん2018/05/02(水) 22:00:21.240
>>171
とにかく、君が正直にならないことには、話は始まらないw
おまえが答えてから、あらためてなんでも質問してくれよ。
答えられることは答えるよ。

174考える名無しさん2018/05/02(水) 22:01:22.620
>>172
>>163にアンカーつけたのは、お前だよw

175オニオン2018/05/02(水) 23:33:25.540
コリンズはコリアン
国籍透視の法則

176オニオン2018/05/02(水) 23:55:26.800
「マルクスは宗教、マルクスの予言は当たらなかった」と中傷する保守言論()はイギリス経験論を知らないんだろうな
唯物史観はイギリス経験論(ベーコン)の応用だとエンゲルスが散々宣伝してるのだからベーコンを叩けないとマルクスを叩けないし、
アーレントもそうだけどフワッとした印象論で悪口を言ってもネトウヨの「おまえ在日だろ?」とかパヨクの安倍叩きと同レベル

頭の中で想像したゴールドスタインの幽霊を相手に藁人形論法でリンチする宗教的儀式とその共犯性によってのみ、畜群は連帯する!

177考える名無しさん2018/05/03(木) 00:00:31.090
マルクスの予言通りならイギリス・フランス・イタリア・アメリカ・ドイツとアイルランドで
共産主義革命が起きてキリスト教会とユダヤ教会を全部解体しないとな
日本のマルクス主義者が馬鹿な理由はそういう話題が一切ないから

178オニオン2018/05/03(木) 00:11:06.400
だからそこがベーコン知らないと述べてるわけだが?w

179オニオン2018/05/03(木) 00:41:38.700
カール・ポパーでも何でもいいが背理法に基づく反証主義としての実証主義にも致命的な欠陥がある
そして背理法によるマルクス主義批判は根本的に的外れだからせせら笑うしかない

まあ攻撃したければ結構、しかしまずは自身の理論的立場を明らかにするべきだ
根無し草が場当たり的に自分に都合の良いことを述べ、二枚舌で一貫性のない理屈で批判しても、それは意味のないことなんだ

180考える名無しさん2018/05/03(木) 06:56:56.880
「マルクス主義者」っていう用語を使う奴ってやっぱり馬鹿ばかりだなw
アメリカのような国がなかなか社会主義に移行しない理由は
晩年のマルクスが新たに考察し直してるよ

181考える名無しさん2018/05/03(木) 12:46:16.670
>>56の墓碑銘が見えんのか?

荒らすな廃棄物ども

182考える名無しさん2018/05/03(木) 12:48:50.500
>>181
と、廃棄物がレスしております。

これもお約束。

183考える名無しさん2018/05/03(木) 12:52:10.210
さて、「廃棄物」の問題系へ

これは常駐組に言ってないんで心得よ。
言ったはずだ。
俺が話したいのは、デカルトをマスターし、ヘーゲルのいう通りだと「廃棄」になってしまうことに
戸惑って?いたあの現象学的社会学であり哲学者であるあの方のみだ。

184考える名無しさん2018/05/03(木) 14:54:46.230
>>180

訳の分からんことほざいてるがマルクス主義者に馬鹿呼ばわりされたらお終いだろw
知能低いから言論統制と言論弾圧が好きなんだろ
そもそもおまえら宗教信者と変わらんだろ
カルトだから自分の頭で考えられないんだよ

ロバートキヨサキとバックミンスターフラーと北一輝と小室直樹と副島隆彦らへん読めば
大体の事はもうわかった

185考える名無しさん2018/05/03(木) 14:59:43.870
マルクス自体からも「私はマルクス主義者ではない」「労働者は心底の馬鹿だ」と言われてたぐらいだからな
俺から見ても思うもん

知的な人でマルクス主義者の事を見て頭がいいなんて思うやつは一人もいないってことがな
英米がやってるのは馬鹿(=マルクス主義者))利用論である
馬鹿を利用して敵対国を潰す作戦
それがディバイアンドルール(分断して支配せよ)という戦略
昔は少数民族や犯罪者を利用してた

186考える名無しさん2018/05/03(木) 15:06:10.170
マルクス読んでも資本主義なんか理解できない
資本主義理解したいならロバートキヨサキを読め
ロバートキヨサキはマルクスがわざと無視したネットワークビジネス=宗教ビジネス=
情報ビジネス=パーリア資本主義を完全解説してることだ

誰もが知ってるのに誰もがあえてわざと無視するキリスト教会の2000年のシステムを
真正面から取り上げて理解できるようにしている
こんな本無いよ

187オニオン2018/05/03(木) 18:44:48.370
ロバートキヨサキだかホリエモンを参照してネズミ講ビジネス語るのはスレ違いだから他所でやってくれw
3流のペテン師じゃ話のネタにもならんから、どうせならイルミナティー陰謀論でも読んだ方がマシwww

188考える名無しさん2018/05/03(木) 19:29:54.690
そんな考えだからマルクスにマルクス主義者は心底の馬鹿だと言われるんだろ
オウム人間になる事なんてアホでもできる

189考える名無しさん2018/05/03(木) 19:33:58.210
オウム人間の馬鹿をこれから徹底的に啓蒙していく
学問というのは考える事であって暗記する事ではないってことを理解させる
学問は宗教やイデオロギーに洗脳されてる馬鹿には7割型できないってことを理解させる

190考える名無しさん2018/05/03(木) 19:35:47.550
ホリエモンとか典型的なパーリア資本主義者の詐欺師だろ
俺から見るとマルクス主義者と50歩100歩のパクリ魔のアホにしか見えない

191オニオン2018/05/03(木) 20:30:04.540
狼狽えて連投する様子から察するに、よほど核心を突かれたようだな
ロバートキヨサキはホリエモン主義に過ぎないということだ
繰り返すが、君の啓蒙はスレ違いだから自分でスレを立ててそこでやれ

192考える名無しさん2018/05/03(木) 23:09:34.420
キヨサキ君はほんまもんの精神病者だからレスするだけ無駄
現実世界に居場所がなくてこのスレでしか自分の存在を確認できないんだから

193オニオン2018/05/04(金) 00:56:08.090
じゃあ彼を無視してこちらも徒然なるままにエッセイを投下するとしよう

194考える名無しさん2018/05/04(金) 01:43:09.400
コーヒー=キヨサキではないのか?
荒らしのしつこさがそっくりだ

195DJgensei artchive gemmar2018/05/04(金) 08:22:10.700
資本主義に生活していたら資本主義の本なんて読む必要があるのかなあ。
自己流の解釈のようで他人がはからってくれるから、
読書より生活から恩恵を実感してみるのもいいと思うけど。
マルクス主義者になるなら革命に参加することだよ。

196考える名無しさん2018/05/04(金) 09:05:30.790
恩恵って言う奴マジで謎

197考える名無しさん2018/05/04(金) 09:33:52.560
つーかスレタイが思い付かねーな

198考える名無しさん2018/05/04(金) 13:03:08.860
スレタイスレタイ言うてるの君だけだから

199考える名無しさん2018/05/04(金) 13:30:40.220
お前らに言ってないから絡むな

200DJgensei artchive gemmar2018/05/04(金) 14:00:27.580
マルクスは神話のあと哲学の昔だな。

201考える名無しさん2018/05/04(金) 14:35:25.380

202考える名無しさん2018/05/04(金) 14:48:51.640
>>201
全く同じ調子で草

203考える名無しさん2018/05/04(金) 14:54:40.160
つかポナルポでぐぐったらむちゃくちゃ出てくるんだが、有名な荒らしなのか

204考える名無しさん2018/05/04(金) 15:10:46.530
何年も前からゲーム製作技術板でマルクスがどうとか連投する常駐荒らしと
ニコニコ動画で暴れていたポナルポという有名な荒らしが同一人物であるらしい
そして今、彼が哲学板の荒らしでもあることが明らかとなった
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/gamedev/1520152402/157

205考える名無しさん2018/05/04(金) 15:15:40.920
ニコニコ大百科に記事まであんのかよ
http://dic.nicovideo.jp/id/4799048

206DJgensei artchive gemmar2018/05/04(金) 15:41:02.000
ポナルポオン

207考える名無しさん2018/05/04(金) 19:17:22.330
ポルナポなんかしらねえ
ポルナポとかいうやつが副島隆彦・小室直樹の話題すら出してないだろ
俺は10年間以上も副島にはまってた男だぞ
今は抜け出したけど

208考える名無しさん2018/05/04(金) 19:19:40.840
ゲーム制作版に居たのはゲームが売れないっていうからアドバイスしてただけ
アプリ作れとかユーチューバー活用しろとかボードゲーム作れとか
ビジネスや起業家精神学べと書いただけ

209考える名無しさん2018/05/04(金) 19:25:27.430
ワーキングクラスとは付き合えない。親に反対されるから、というわけか

210考える名無しさん2018/05/04(金) 19:33:05.400
「アンチノミーは解消されない。ヘーゲル哲学が全体として根本的にダメなところはここだ。
アンチノミーをなす二つの項は互いに、あるいは、他のアンチノミックな二項との間でバランスを
とる」
(プルードン『革命と教会における正義』☆未邦訳、斉藤悦則氏のHPより)
http://www.kagomma.net/saito/works.html
矛盾と生きる――プルードンの社会主義(91.10)
http://www.kagomma.net/saito/travaux/vive.html

☆De la justice dans la Revolution et dans l’Eglise - Tome I 1858

この言葉はベンヤミン『パサージュ論』(岩波現代文庫第4巻391頁)にも孫引きされている。

211考える名無しさん2018/05/04(金) 19:37:44.560
なんつうかキヨサキくん人生悲惨すぎて何も言えんわ
ググったら実名と顔写真まで出てくるし

212考える名無しさん2018/05/04(金) 19:44:34.230
なんか事情がありそうやな

213考える名無しさん2018/05/04(金) 20:10:30.270
早く糞スレ埋めろバカども

214考える名無しさん2018/05/04(金) 21:22:30.370
ネトサヨの希望の星(笑)ニートのヒゲオヤジ(笑)

215考える名無しさん2018/05/04(金) 21:23:03.010
ネトサヨ「階級差別は否定するが学歴差別はするニダ!!アベユルサナイニダ!!」

216考える名無しさん2018/05/04(金) 21:23:41.150
ネトサヨウイルスを撒き散らした悪書

217考える名無しさん2018/05/04(金) 21:37:29.720
キヨサキくん火消中なう

218考える名無しさん2018/05/04(金) 21:39:56.430
ないよ。一回も。

219考える名無しさん2018/05/04(金) 22:26:00.890
ニコニコ大百科にポルナポの記事あるぞ

220オニオン2018/05/04(金) 23:02:26.860
なんというか程度の低いスレだな
まとめブログのコメント欄でも眺めてた方が面白い

221考える名無しさん2018/05/04(金) 23:05:02.370
ポッと出のコテがしゃしゃるな

222考える名無しさん2018/05/05(土) 03:46:44.680
ポルナポなんかしらねえっての
しかしキモオタ=マルクス主義者だったとはうけるな
あいつらエロゲと萌えゲの話しかできなかったあほどもだぞ

223考える名無しさん2018/05/05(土) 05:29:49.360
マルクス主義者と同人オタゲー作者はそっくりだよ

売れねえ売れねえ嘆いて俺が
アプリ化やセールスやマーケティングやメディア戦略や
ボードゲーム界やブランディングの話やお金や市場の話をしても
全部拒否や反発する

で毎回オタゲ・萌えゲ・エロゲに話が戻っていく
たまに古臭いゲームのメジャータイトルの話が出てくる
何かあるとニコニコのオタゲーの視聴数凄いぞ話が出てくる

で何で売れないんだと悩む

きっしょく悪いオタゲーなんかキモオタしか買わないからだってことすら
理解したくないようだ

224考える名無しさん2018/05/05(土) 07:35:09.720
キヨサキを読んだらゲームが売れるようになるんだろ?
なんで売れないんだよw

225考える名無しさん2018/05/05(土) 20:43:04.860
>>210
「アンチノミーは解消されない」といっても、ヘーゲルとアンチノミーは関係ないと思うんだけどな?

226オニオン2018/05/06(日) 00:16:22.270
ヘーゲル弁証法だとアンチノミーからアウフヘーベンが生じるけど
プルードンやキルケゴールは(それぞれ違う意味合いで)アウフヘーベンなんて嘘だよと言ってたはず

で、>>210にある「バランスをとる」というのはプルードンの穏健的革命派を象徴する特徴だ
エドマンドバーグの影響を受けた保守思想家メッテルニヒが「力の均衡」をウィーン体制の理念として掲げたように、
プルードンも時代の「急進的な変化」を災いの元として、「均衡による安定」や「変化の軟着陸」を主張したので
彼はマルクスからいわゆるプチブルのうんぬんと敵対されたわけだ(個人的な逆恨みもあるだろうけど)

227考える名無しさん2018/05/06(日) 10:27:54.840
>>226
>ヘーゲル弁証法だとアンチノミーからアウフヘーベンが生じる

ヘーゲルの弁証法はアンチノミーからじゃないんだけど・・・?

228オニオン2018/05/06(日) 19:58:14.150
あれもこれもというやつさ

229考える名無しさん2018/05/06(日) 20:32:52.440
弁証法ってよく分かんないんですけどざっと見た感じ事物の変化を事物Aから事物notAに変化することから事物の否定と捉えてその上で
否定の原因の要素は事物Aの中に存在して否定が起こる過程での事物Aと事物notAの混合物あるあは混合を矛盾って呼んでるような気がするんですが
もしこの解釈が正しいならこれって単に事物の変化を論理学に引きつけて比喩的に表現しただけじゃないですか?ヘーゲル弁証法って単なる比喩?

230考える名無しさん2018/05/06(日) 20:52:10.230
マルクスが経済学・哲学草稿で述べたように頭の中だけで対立物の概念だけをこねくり回して対立を解消する理屈をこじつけて実際に対立関係が解消されたように思い込むエクストリームオナニー、それがヘーゲル弁証法

231考える名無しさん2018/05/06(日) 21:01:24.290
中学生のときソフィーの世界で
感心しながらもツッコミながら読んでた
良いところを見つけて愉しまないと
哲学ってガバガバなんだけど
当時はひたすらツッコミ入れるのが正しいと
思ってたわ

232DJgensei artchive gemmar2018/05/06(日) 21:25:57.230
弁証法いうのは 原因があって帰結があるというようなことではない、
なにかを後から考えて、結論を導き出さないような思弁の方法だよ。

233DJgensei artchive gemmar2018/05/06(日) 21:26:29.010
ヘーゲルのは弁証法になっていない。

234オニオン2018/05/06(日) 21:47:01.880
>>229
事物の進化のアルゴリズムと俺は解釈している
コンピュータが存在しない時代に世界精神という人工知能が学習する仕組みをヘーゲルは考えたのさ
あまり関係ないけどライプニッツは字の読み書きもできない黒人奴隷を集めて
2進法で簿記計算をさせようと計画していたと大学で聞いたけどソースは見つからなかった

235考える名無しさん2018/05/06(日) 22:37:11.330
>>228
それ、ヘーゲルと関係ないだけじゃなくて、カントとも関係ないw

236考える名無しさん2018/05/06(日) 22:52:58.920
>>229
見た感じ事物の変化、ではなく、変化の中身を観察する。
というよりも、「万物は流転する」から、その流転の理由を見つけ出す。
事物Aから事物notAに変化する、わけでもない。

事物Aの中に存在して否定が起こる過程、というより、ヘーゲルは事物Aの中には事物Aであることを否定する要素が初めから含まれていることを見出した。
あなたが事物notAをどうとらえているかわからないが、事物Aを否定する反事物Aとは事物Aの中に存在する事物A自らを否定する存在。
それが矛盾。

事物Aが自らの反事物Aと反応することによって、事物A'と反事物A'が生じており・・・
これが螺旋のように繰り返される。

237考える名無しさん2018/05/06(日) 23:33:36.280
>>236
ありがとうございます
反事物Aは事物Aの構成要素であり、事物Aと反事物Aとの関係から事物Aの事物A'への変化が導き出されるということですね
ちょっと考えてみると一般に
(1)事物Aは反事物Aに対して従属関係にあるのではないか、つまり反事物の変化が事物の変化の原因になっているのではないか
(2)事物Aの変化と反事物Aの変化は時間によって媒介されているのではないか
(3)ここでは反事物Aと書いてますが事物Aの反事物は複数ある場合もあるのではないか
(4)反事物Aについても反事物が考えられるのではないか
(5)結局すべての事物は時間に対して従属関係にあるのではないか
などの疑問が湧きました

238考える名無しさん2018/05/06(日) 23:52:11.120
>>237
>事物Aは反事物Aに対して従属関係にある

ヘーゲルは主従の関係を見出したわけではないが、強いて言えば、視点として事物Aを見ている。

>時間によって媒介されている

時間あるいは歴史は、媒介しているのではなく、変化の結果としてとらえられている。

>反事物は複数ある場合もあるのでは
>反事物Aについても反事物が考えられるのでは

事物Aに対する視点によるともいえるし、言葉の遊びはヘーゲルが嫌ったともいえる。

>すべての事物は時間に対して従属関係にあるのでは

時間とは結果に対する表現であり、主従の関係にはなりようがない。
というより、事物と時間は別のとらえ方による位相の異なる概念。

239考える名無しさん2018/05/07(月) 00:14:22.300
>>238
何度も質問してすみませんが時間は変化の結果とはどういうことでしょうか

240考える名無しさん2018/05/07(月) 08:38:21.600
矛盾って二つの意味があるよ。
ひとつめは、一方の発展を他方が妨げてること。
ふたつめは、現実の変化発展を形式論理で表そうとするとそれは「矛盾」として表現されるということ。

弁証法の理解には唯物論的な視点が大事だと思う。
現実の運動を意識が反映しようとしている、という視点。
つまり弁証法は現実の運動の姿であり、それを反映する意識(概念)の運動の姿である、ということ。

241考える名無しさん2018/05/07(月) 11:42:29.200
>>239
時間というものが実体のようにあるわけではない。
事物の変化の尺度として、人間が設定していること。

人間には時間を時間として捉えることはできない、あるいは、時間とは事物の変化の別名に過ぎないともいえる。
現代の標準時間の設定も、原子の放射周期を基準にしているそうだ。

242考える名無しさん2018/05/07(月) 19:56:14.040
>>241
ありがとうございます

243考える名無しさん2018/05/07(月) 19:58:01.690

244考える名無しさん2018/05/07(月) 20:12:25.020
なぜタカタがJoyson Safety Systemsのための募集をしているのか?

http://takata-jobs.com/jobsearch/job-details/compliance-officer-regional-americas/1757/1/

Compliance Officer (Regional - Americas)
MI - Auburn Hills

The keys to success are yours at Joyson Safety Systems!

245考える名無しさん2018/05/07(月) 20:15:23.450
メルセデス・ベンツタカタ・エアバッグのフェイク・リコール

http://www.dailyreportingsuite.com/products-liability/news/PLD20180502
Mercedes-Benz taken to task for ‘fake recall’ of Takata airbags

タカタ・エアバッグのリコール交換が必要と通知しながら、その実、
なにもしていないと訴訟を起こされている。

246考える名無しさん2018/05/07(月) 20:44:38.990
タカタ・エアバッグの硝酸アンモニウムを使用したインフレータを製造していた
タカタ米国子会社のモーゼス・レイク工場もJoysonに譲渡されていたことが確認
されてしまいましたね。さて、これでいよいよ、タカタのリコール交換用の
インフレータがどこの施設で製造されるのか摩訶不思議な状況となってきましたw

http://www.ifiberone.com/columbia_basin/moses-lake-joyson-plant-formerly-takata-lays-off-as-many/article_9dc194aa-4fe6-11e8-b268-1b077daf037a.html
Moses Lake Joyson plant (formerly Takata) lays off as many as 70 employees this week

247考える名無しさん2018/05/07(月) 20:52:51.980
小学生にでも分るようなあからさまな矛盾に対しても黙秘して何も気づかぬふり
をしているメディアや「知識人」が、何かのトピックに関して大々的に集中的に
情報を発信し、意見を表明したところで、どのような信憑性があるというのか。

248考える名無しさん2018/05/07(月) 21:02:02.050
伝えられる事実関係の矛盾を追及しなくても、誤った意見を述べる人々を批判し、
清く正しい意見を表明するだけで世の中をよくすることができるのですw

249考える名無しさん2018/05/08(火) 02:10:57.490
なんの話か分からん

250考える名無しさん2018/05/08(火) 11:34:04.530
製造業分野において日本史上最大規模の企業破綻の話。

タカタは、民事再生法適用の申請にあたり、問題を起こした硝酸アンモニウムを
使用するインフレータのリコール交換にかかわる事業だけをタカタに残し、
実質的にタカタの全資産をKSS(後のJSS)に譲渡するとした。ところが、
蓋をあけてみれば、インフレータを製造していた米国工場もそれをエアバッグ
製品として組み立てていたとみられるメキシコ工場もJSSに譲渡されている。

インフレータ暴発の根本的な問題は未解決とされたままであり、リコール
交換事業は継続中である。では、その交換用インフレータはどこで誰が
どのように製造するのか?タカタが新工場を建設するわけではないのだから、
既存のタカタ工場とその従業員が同じインフレータを製造しつづけること
になり、そのインフレータがリコール交換品として使用されると考えるのが
自然だろう。ところがその工場の所有権は既にJSSにある。

今後もインフレータが事故原因となった場合、その損害の賠償責任は
タカタと自動車メーカーが負担し、インフレータを含むエアバッグ製品の
売上の利益は、旧タカタ工場の新オーナーであるJSSに属するということ
であったとしたなら、これは詐欺スキーム以外の何物でもないということ
になると思うが、実際にどうなっているのか、それについて一切何も
公表されていないし、メディアも何も追求しない。

251考える名無しさん2018/05/08(火) 11:42:01.130
深刻なのは、メディアが何も追求しないだけでなく、そのような疑いが当然、
生じるはずの奇妙な資産譲渡スキームを、日本、米国だけでなく、資本参加
によって実質的に中国も、またその譲渡スキームがEUの規則に違反しない
と判断したEUも、これまでの財務も含めて、具体的な詳細について
一切情報が開示されないまま、認可していることである。

252考える名無しさん2018/05/08(火) 13:29:47.880
>>250-251
スレ違いだけど、変なところがあるから指摘しとく。

JSSが引き継いだのは、インフレーター以外の事業。
タカタのインフレーターには構造的な欠陥があるから、切り捨てられた。
リーコールには、タカタ以外の製品を使うしかない。

253考える名無しさん2018/05/08(火) 13:38:50.160
>>252
タカタの規格で作られたタカタ・エアバッグ製品のインフレータを他の
メーカーの規格で作られたもので交換することはできない。だからこそ、
問題の根本的な解決は見つかっていないとされてきた。

しかも、既にリンクを貼って示したとおり、タカタのインフレータを
製造していた米国モーゼス・レイクの工場はJSSに譲渡されている。
製造管理の不備により暴発の原因を作ったとされるメキシコの工場
も同様。だから、現在も進行中の交換用のインフレータは、どこで
だれがどのように製造しているのかと聞いている。

254考える名無しさん2018/05/08(火) 13:42:13.170
既に別のところでリンクを貼ったとおり、事故原因を作ったとされるメキシコの
工場も、名称以外は、工場の製造ラインが変更されたという事実も、雇用される
労働者が入れ替えられたという事実もない。それどころか、何も変わっていない
ことが事実として報道されている。同じ人々が同じ工場で同じ設備を使って
同じ規格品を製造しているのに、オーナーが代わると供給される製品が代わる
のか?

255考える名無しさん2018/05/08(火) 13:42:38.830
代わる× 変わる○

256考える名無しさん2018/05/08(火) 13:44:07.450
これが「資本主義」の「自由市場経済」の現状だ
目の前に起きている現象の理解を無視して、マルクス理論?を論じて、
いったい何を論じていることになるのか?

257考える名無しさん2018/05/08(火) 13:44:56.660
>>253
タカタのインフレーターの欠陥は、工場とは関係がない。
使用剤そのものの問題。
他社との互換性がなければ、エアバッグごと替えるしかない。

258考える名無しさん2018/05/08(火) 13:52:57.220
>>257
タカタのインフレータの問題はもう長年にわたって解決していないのだから、
そんなことができるなら既に実施している。自動車メーカー側の規格に
合せてタカタがそれに合うエアバッグ製品を作ってきたのだから、
別のメーカーのエアバッグ製品を交換品として用いることはできない。
ベンツ車用のドアをトヨタ車用のドアで交換することができないとの
同様に、当たり前のことだ。

誰に頼まれてそんな口からの出まかせを何の根拠も示さずに書き込んで
いるんだい?

259考える名無しさん2018/05/08(火) 14:06:25.180
>>258
インフレーター問題知らないの?

硝酸アンモニウムを使ってるのはタカタだけ。
他社は経年劣化の激しい硝酸アンモニウムは使わない。
低価格で日本メーカーを中心にシェアを伸ばしたけど、危険性の指摘に、解決済みとの立場を変えなかった。

指摘どおりに、経年により過度な爆発を起こし始めたのがタカタのエアバッグ問題。
もちろん、日本のメーカーも、その指摘は把握していたはずだが、隠蔽体質のせいか技術に対する無知のせいか、そのまま使い続けた。

インフレーターの互換性がなければ、エアバッグごと他社に特注するしかない。

260考える名無しさん2018/05/08(火) 14:11:07.040
>>259
知らないどころか、米国、欧州、南米まで含めて海外のニュースまでずっと
追っているよ。タカタは、既に数年前から、今回、タカタを吸収すること
になったKSSのエアバッグ・インフレータの販売責任者を重役として
雇っている。あなたの書き込みは、

何も知らない、英語も読めない人間を印象操作で騙そうとしているだけだ。

261考える名無しさん2018/05/08(火) 14:17:14.870
>>259のような人々が、常に書き込みを監視して、管理していることが、
「言論の自由」が確保された「自由市場経済」主義の「資本主義」社会
の現実だ。

262考える名無しさん2018/05/08(火) 14:19:49.740
>>260-261
なに言ってるかわからないけど、タカタのエアバッグは、一から開発しなおさないとどこにも売れないんだよ?

263考える名無しさん2018/05/08(火) 14:27:11.350
>>262
何を言っているか分らないなら、デタラメを書き込むのや止めたらどうですか?

リコール交換はずっと進行中であり、国内では、インフレータの交換を行わな
ければ、車検を通さないとまで公示されている。では、そのインフレータは、
誰がどこで製造しているのか?既にタカタの資産譲渡は完了しているんですよ?

別のメーカーのものに交換されたなどという報道はただの1件もない。

264考える名無しさん2018/05/08(火) 14:32:19.560
>>263
タカタ製のインフレーターは、硝酸アンモニウムを使っているから使えない。
いまはタカタ製のインフレーターを使っているメーカーはない。

265考える名無しさん2018/05/08(火) 14:44:06.590
>>264
どこのメーカーのインフレータに交換されたのか、きちんと根拠を示して
ください。それに、インフレータの交換の事業そのものが存在しせず、
既存のインフレータを回収することだけがタカタの事業として残るの
なら、その事業の運営資金はどこから出てくるのか?

JSSへの資産譲渡して得た額からねん出するのですか?既に返済すべき
賠償や債務の額の方が大きく上回っているでしょう。そこで働く
人々は、どこから連れてくるのですか?どうやって給与を支払う
のですか?

そもそも、旧タカタ工場は、現時点でも新車に取り付けるべき
エアバッグ製品を大量に製造しつづけている。そのインフレータは
どこが製造しているのですか?

何一つ具体的な情報も、そのソースも示さず、デタラメを書き連ねる
のは止めたらどうですか?

266考える名無しさん2018/05/08(火) 15:53:08.770
>>265
病気なのか・・・

267考える名無しさん2018/05/08(火) 16:51:27.600
確かに、生まれたときと場所が違えば、精神の病気を発症した事例として隔離施設に
強制収容されていたかもしれませんね。

268考える名無しさん2018/05/09(水) 09:36:11.180
ヘーゲルの話すり替えか

止揚?否定?保存?
ではなく現状「廃棄」の問題以外どうでもよい

269オニオン2018/05/09(水) 10:33:07.010
タカタとマルクスに何の関係があるのだろう
これもロバート・キヨサキが背後で糸を引いてるのかな?

270考える名無しさん2018/05/09(水) 11:42:11.340
自由市場主義という建前の崩壊

271考える名無しさん2018/05/09(水) 11:44:06.600
マルクスも予想しなかった隠れ共産主義の台頭

272考える名無しさん2018/05/09(水) 11:48:35.200
私有と市場経済を維持する見せ掛けを保ちながら、実質的に制度の運用を
完全に恣意的に上からコントロール可能にして、私有の概念を空洞化させる。

273オニオン2018/05/09(水) 12:46:18.590
私有財産なんて幻想、あらゆる財産および組織は公的存在である
犬や猫でも自分のものだからと食べてしまえばそれを愛護している社会が許さない
個人企業問わず、私的自由とは一般意思に認可された範囲で任されている裁量に過ぎないのだ

274考える名無しさん2018/05/09(水) 12:58:14.780
統治権力は一般意志ではない

275考える名無しさん2018/05/09(水) 13:45:04.590
「商品」という語はいらないよね

276考える名無しさん2018/05/09(水) 16:08:30.540
所有すら曖昧なのに
Web上のある相対的な場にいかなるタイポグラフしたつもりだろうがWebはWeb

建前は崩壊しない
それ以外の身振りを所有していない者たちはに限ってだが

いずれにせよ《order‐体制(注文可能性)》の罠?について思考する気あんの?

マルクスは文化人類学が欠けてるという批判もあるが、逆に人類学がマルクスの仕事に追い付いてないと俺は思う。

277オニオン2018/05/09(水) 19:49:24.220
一般意志とは同調圧力のこと
良し悪しは別として統治権力は一般意志を体現しない

278考える名無しさん2018/05/09(水) 19:54:52.300
>>276
日本語の勉強をしてからか、病気を治してから書き込んでもらえるとありがたい。

279考える名無しさん2018/05/09(水) 19:57:09.170
>>277
一般意志の定義にもよるが、一般的には一般意志と同調圧力は関係がない。

これも定義によるが、統治権力は一般意志を体現しているから権力となることができる。

280考える名無しさん2018/05/09(水) 20:20:52.370
見せ掛けだけの真実をもとに繰り広げられる
建前に過ぎない本音と身も蓋もない偽善の終わりなき対立

281考える名無しさん2018/05/09(水) 20:44:14.150
https://www.youtube.com/watch?v=FhC5Rg_WfMg
再生時間4:12で並んではためいているのは、左から順にそれぞれ
Joyson Safety Systems、中国、ブラジル、米国、サンパウロ州の旗ですね。

282考える名無しさん2018/05/09(水) 20:44:21.740
内田学派まだいたのか

さて、何の問題も挙げないこのスレの存続意義について

283考える名無しさん2018/05/09(水) 20:47:58.600
>>279
正しい

284オニオン2018/05/09(水) 21:05:14.370
統治権力は一般意志を体現していると自称しているだけ
北朝鮮は常に支持率100%

285考える名無しさん2018/05/09(水) 21:37:14.620
あんな小さな国にどうなって欲しいの?

286オニオン2018/05/09(水) 22:40:00.860
商品も公的なものだ

287オニオン2018/05/09(水) 22:46:25.480
外化(疎外)された商品とはローガンポールである
ホリエモンを公的存在へと解放するのが現代人の歴史的使命なのだ

288考える名無しさん2018/05/09(水) 22:52:32.250
公って言ってもどこからどこまでなのかわからないよね

289考える名無しさん2018/05/09(水) 23:03:02.220
人望(人脈?)とお金があれば疎外されてると言えるのか?

290考える名無しさん2018/05/09(水) 23:34:51.600
タカタ問題とか小さなことだけど、だからこそ試金石の役割をするんだよ。
この程度の問題にういて誰に、何に忖度をしているのか知らないが、
事実関係をまったく追求することができず、沈黙するか、誤魔化すような
誘導情報しか流すことのできないメディアや「知識人」が、もっと重要
で危険な問題について真実を追求してるなんてことが到底あり得ない
ことは明白。信用する価値がない。

291オニオン2018/05/09(水) 23:35:15.770
>>289
彼らの意識は己が寄生する社会の外側にある。利用はするが、責任は負わない
自国外の観光地で悪戯する韓国人のような意識を、己が属する社会に対して持つ
トロツキーのニーチェ論を参照せよ

292考える名無しさん2018/05/09(水) 23:35:21.020
ういて×
ついて○

293考える名無しさん2018/05/09(水) 23:37:33.030
>>284
権力を維持するためには、独裁者といえどもその集団の一般意志を体現しないといけない。
一人で周辺の人物すべてを葬り去ることはできないのだから。
北朝鮮であろうがマフィアであろうが暴力団であろうが、はたまた安倍であろうが、それは同じこと。

294考える名無しさん2018/05/09(水) 23:49:02.300
>>291
やられてる観光地の住人も旅行者に対して立場上あまり変わらんというニュアンスも言ってる
俺に参照先を指定するな殺すぞてめえ

295考える名無しさん2018/05/09(水) 23:55:20.210
>>293
その集団の一般意志とやらをどう体現する?
そもそも一人で戦おうとしていない
代表だよ

296考える名無しさん2018/05/09(水) 23:58:24.690
>>295
代表というのは、その集合(集団)の一般意志の体現者のこと。

297考える名無しさん2018/05/10(木) 00:03:13.230
だからどう体現するの?

芸術人類学の領域よ

298オニオン2018/05/10(木) 00:04:31.490
食いつきが良すぎて相手しきれん

299考える名無しさん2018/05/10(木) 01:01:26.190
>>297
どう体現するかではなく、体現(利益を代表)してる人間が、代表に選ばれる、あるいは独裁者として振舞える。
見返りが多いとかいう現実的な利益であれ、自分の理念に近いという精神的な利益であれ、その利益を与える人間だと認められるから、代表なり独裁者なりになる。

300考える名無しさん2018/05/10(木) 01:01:58.890
>>298
バカコテにマルクスは無理だ。

301考える名無しさん2018/05/10(木) 01:37:29.560
荒らしが次から次へと現れるね
政治板や経済板でやったほうが相手してもらえるだろうに

302オニオン2018/05/10(木) 01:41:17.070
ははw 結果的に権力を握ればそれは一般意志の体現者なんだってさ
頭の中が北朝鮮だとそうなる

キムマンセイ将軍は世界の一般意志!

303考える名無しさん2018/05/10(木) 09:28:49.080
言ってる本人ですら意味がわかってないであろう抽象論によく噛みついていけるな

304考える名無しさん2018/05/10(木) 09:43:43.260
ガチャピン「ムック今日は何曜日だい?」


ムック「ムック曜日!」

305考える名無しさん2018/05/10(木) 09:53:44.020
同類相憐れむという情動を最大限に活用して自己裁量の権限を大幅に拡大強化することが危急の課題です

306考える名無しさん2018/05/10(木) 10:51:58.100
佐々木 隆治 著『カール・マルクス』ちくま新書にさらりと、

《後にエンゲルスから厳しく批判されることになる左派の経済学者、オイゲン・
デューリングも、リービッヒの理論に注目し、「意識的な物質分配の規制」を訴えた。》

と書いてある。これはある意味衝撃的だ。
デューリングはマルクス、エンゲルスよりも先にリービッヒに言及していたことになるが、
基本的にマルクスもエンゲルスもデューリングのリービッヒへの着目は無視しているからだ。
彼らがリービッヒのプルードンへの賞賛を意図的に無視しているのと同じパターンだ。
デューリングのリービッヒへの言及は斎藤幸平の以下の研究に詳しい。
Karl Marx’s Ecosocialism: Capital, Nature, and the Unfinished Critique of Political Economy Kindle版
Kohei Saito (著)2017 https://www.amazon.co.jp/dp/B06VSFFLDR/
斎藤は『マルクスとエコロジー』に関連論考を書いているが上の邦訳はない。
書評
http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/13158/1/84-3ozawa.pdf
エンゲルスもマルクスも後年デューリングを読んで批判しているが、プルードンに対してと同じく
晩年に至るまでデューリングの功績やそこからの自分達への影響は無視するようにしている。
デューリングはケアリ(1793-1879)のアソシエーション論(タウンシップ論)とリービッヒの
土壌疲弊理論を比喩的につなげている。後の持続可能性議論の嚆矢だ。
デューリング原論考は以下のリンクから飛べる。
http://www.hetwebsite.net/het/profiles/duhring.htm Carey's…1865
https://books.google.co.jp/books?id=zkEVAAAAYAAJ&pg=PR1&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false
[ケアリーの経済学と社会科学の革命 未邦訳]

『反デューリング論』以外にクーゲルマン宛のマルクスの書簡(大月全集32,442頁)等も参照。

斎藤幸平が邦語文献で触れているフラースについては大月全集32,45頁を参照。
フラース(Fraas,1847)の発見もフーリエの方が早いことがこのマルクスの手紙でわかる。

307考える名無しさん2018/05/10(木) 11:54:16.310
どこに哲学があるんだろうね

308考える名無しさん2018/05/10(木) 12:44:09.500
ノッペラボーな記述は哲学ではあり得ない

309考える名無しさん2018/05/10(木) 12:45:18.110
人文学における記述の重要性を理解していないか、意図的に無視しているのだろう。

310考える名無しさん2018/05/10(木) 12:57:59.420
哲学者は世界を解釈する。

共産主義者は世界を変える。

311考える名無しさん2018/05/10(木) 12:59:11.550
現生人類も生物として見れば、他の動植物とたいして変わらないわけです。
所与の或る環境で他の生物の集団や個体はあまり見られないのに、ある特定
の集団の生物が繁殖している、またはいくらかの個体が生存しているとする。
その所与の環境が、その特定の集団またはその特定のいくらかの個体に
比較的に有利であるかどうかは、他の集団または個体はそうではないのに、
その集団は繁殖している、またはそれらの個体は生存しているという事実
自体によって示される。人がその様子を観察しても、その集団やそれらの
個体が、「不利な状況にもかかわらず」他の集団や個体よりも「いっそう
努力したから成功している」などとは微塵も思わない。ところが、
同じようなシナリオを自ら、または自らも属する集団に当てはめた場合、
自分、または自分たちは、他の人々とは比べものにならないほど「特別に
努力したから成功しているのだ」と主張することが当たり前のように
行われる。ここには明らかにダブル・スタンダードがある。しかし、
重要なのは、ダブル・スタンダードを拒絶して、記述をノッペラボー
なものにすることではなく、むしろ、そのようなダブル・スタンダード
がどのように相互に利用されて社会が組織され、動いているのかを
適確に記述することだ。

312考える名無しさん2018/05/10(木) 13:04:17.230
人文学はアンチ・サイコパスとしてある、というよりむしろ、
アンチ・サイコパスの役割をしないものは真の意味での人文学ではない。

313考える名無しさん2018/05/10(木) 13:07:41.870
>>311
なんとか読んであげた。

スタンダードというものが、自分の外にあると思っているところが、哲学的だな。

314考える名無しさん2018/05/10(木) 13:11:02.610
自分の外と内を区別するスタンダードはどこからもってきたの?

315考える名無しさん2018/05/10(木) 13:18:26.600
「(読んで)あげた/(読ませて)もらった」を区別するスタンダードもどこから来たのか不明ですよ?

316考える名無しさん2018/05/10(木) 13:34:41.210
サイコパスは、ダブル・スダンダードを無視するわけではない。
ノッペラボーな記述から見て、ダブル・スタンダードを巧みに利用するのである。
サイコパスではない一般的な人々にとってダブル・スタンダードは恥ずべき
ものであり、隠されるべきものであるので、それを用いていることを
認知したくない/されたくないという意識が働く。
サイコパスにはそのような意識が働かず、厚顔無恥にダブル・スタンダード
を利用することができ、そのことが他の人々と比べて自らに優位をもたらす
ことをよく知っている。人文学がダブル・スタンダードを意識的に記述しよう
とするのは、それを廃棄するためではなく、アンチ・サイコパスとしての
機能を果たすためである。

317考える名無しさん2018/05/10(木) 13:40:26.150
人文学がアンチ・サイコパスであることをやめ、サイコパスの僕(しもべ)
として振る舞うなら、社会全体がサイコパス化することは避けられないであろう。

318考える名無しさん2018/05/10(木) 13:50:56.000
人文学は、普通の人々が暗黙に読んでいる空気が読めないから、不都合な
事実に執拗に言及して、それを人々に認めさせようとしているのではない。

人々が当たり前のように暗黙に空気を読んでいることがもたらす結果の
危険性を察知しているから、その危険性を人々があらかじめ認識し、
それを受け入れることを承認しているのかどうか、人々に確認する
ことを求めているのである。

319考える名無しさん2018/05/10(木) 13:55:33.340
社会のサイコパス化は、サイコパスと卑怯者と馬鹿が協力し合うことがなければ成功しない。

320考える名無しさん2018/05/10(木) 13:55:45.890
人文学が一人歩きしている件

321DJgensei artchive gemmar2018/05/10(木) 14:00:28.600
アナ サイファス

322考える名無しさん2018/05/10(木) 14:06:09.490
歩き回っているのは、ルヴナンでしょう

323考える名無しさん2018/05/10(木) 14:12:48.540
>>314
それは自分に聞いてよw

>>315
あげたとかもらったというのは言葉の規範。
スタンダードという価値観ではないよw

324考える名無しさん2018/05/10(木) 14:14:39.190
>それは自分に聞いてよw

だから聞いてるんじゃない。

325考える名無しさん2018/05/10(木) 14:18:59.580
>>324
自分に聞いて、というのは、あなたがあなた自身に確認して、という意味の慣用句。

日本語が不自由な人?

326考える名無しさん2018/05/10(木) 14:26:22.760
>自分に聞いて、というのは、あなたがあなた自身に

だから、あなたがあなたにという場合の内と外の区別はどこからきているのか
聞いているのですよ?

327考える名無しさん2018/05/10(木) 14:28:27.280
>>313
それはいえません

328考える名無しさん2018/05/10(木) 14:35:14.080
>>326
私の場合ではなく、あなたの言ってるスタンダードというのが自分の外に設定されていると指摘してる。

あなたの場合は、まず日本語の勉強をしないといけない。

329考える名無しさん2018/05/10(木) 16:10:02.300
まったくのイミフですね
他人を説得できるように日本語の能力を磨きましょう

330考える名無しさん2018/05/10(木) 17:42:50.460
タカタのエアバッグ工場、日本時間の昨日付けでもまだ作業員募集してるんだが?

Locuri de muncă Sibiu
www.sibiu.anofm.ro/descarc/Locuri.xls

1 日前 - 54, 52, TAKATA SIBIU SRL, 16666758, Strada Florian Reiger 3, Bl. -, Sc. -, Et. -, Ap. -, Cod postal ______, Loc. SIBIU, Jud. SIBIU, CONFECTIONER-ASAMBLOR ARTICOLE DIN TEXTILE, 821908, 0269203820, 30, 31-05-2018

331オニオン2018/05/10(木) 19:59:55.820
マルクス主義の神髄は二刀流の哲学
理想が現実を、現実が理想を鍛える!!

332オニオン2018/05/10(木) 22:23:24.620
ドイツ観念論は「真・美・善」を追及し、神学に代わる「近代の神話」の創出を哲学の目標とする
その集大成としてマルクス主義は人生の目的を明らかにし、フォイエルバッハと共に物自体(不思議パワー)の終焉を宣告した

333オニオン2018/05/10(木) 22:56:42.570
21世紀はニーチェの時代だという。ニーチェは人生に目的も意味も不要と断じる
時は来た、マルクス主義はニーチェ主義と対決せよ

334考える名無しさん2018/05/11(金) 11:51:02.790
>>329
日本語の理解に難がある人を日本語で説得するのは無理だよ。

335考える名無しさん2018/05/12(土) 18:18:55.990
>>299
それだと親族体系という集団内の何らかの利害交渉においては代表かもしれないが
一般意志とは言い難いんじゃないかな?

いずれにせよこの糞スレに合わせて言えば代表とされたのは自分の皮以外に売る物を持たぬ赤貧のプロレタリアートにされた者であった(これをやったのはレーニンであろう)
この時、「人間」なるものは「廃棄」されている。

336オニオン2018/05/12(土) 20:34:02.260
「人間なるもの」とは何か? 「廃棄」とは何か?

337考える名無しさん2018/05/12(土) 22:55:11.020
>>335
それぞれの利益集合にそれぞれの一般意志がある。
共同体であるとか国家であるとか階級であるとか、それぞれの視点によって概念化する。

一つの利害集合である国家という幻想の共同体(「ドイツ・イデオロギー」)のなかでは、階級による直接的な利害の対立を解消することはできない。
それが、どちらの側からであっても、階級闘争が直接的には国家の中での闘争という形をとる原因だ。

338オニオン2018/05/12(土) 23:59:24.780
北朝鮮は一般意志100%と主張するスターリニストであった

339考える名無しさん2018/05/13(日) 00:01:04.170
>>338
日本語の読解力をつけてから書きこんでよw

バカコテに、マルクスは無理だから。

340考える名無しさん2018/05/13(日) 00:10:18.160
このスレの住民的には三浦つとむってどうなの?

341オニオン2018/05/13(日) 01:13:24.210
私に匹敵する哲学者はいないのか?

342オニオン2018/05/13(日) 06:06:09.030
向こうの空き地に囲いができたってね。

へー。

343考える名無しさん2018/05/13(日) 09:19:52.070
>>340
日本で最もやさしく(そして正確に)弁証法の説明ができる哲学者。

344考える名無しさん2018/05/13(日) 11:16:19.190
まあよい。
どうやって廃棄の問題系にもってくか

345オニオン2018/05/13(日) 12:58:56.950
トロツキーはスターリンが権力を掌握した理由を"ロシアの民衆の程度が低いから"と断言している
程度の低い民衆の一般意志がスターリンを担いだのであり、彼個人の資質は全く関係ないという
同様に北朝鮮の体制は程度の低い朝鮮民族の一般意志の体現であるとスターリニストは吠えるのだが、
実際には反対者を弾圧してイエスマンを並べれば思い付きで何を述べようとそれは一般意志なのである

一般意志が権力を作るように、権力が一般意志を作る!

346考える名無しさん2018/05/13(日) 19:57:19.130
荒らし やめれ

347オニオン2018/05/13(日) 22:07:41.750
あらゆる事物は矛盾によって成長し、洗練され、時に第三極へと飛躍(止揚)する
ジョブスはスマホによってモバイル機器を止揚したが、それが洗練され、人々が使い慣れるまでに混乱もきたした
つまり止揚しまくれば良いというわけではないのだ

プルードンは政治システムの止揚による根本的な解決を望まない
彼は矛盾の内で矛盾が洗練されることを目指した

348オニオン2018/05/13(日) 22:17:44.260
生まれたばかりの事物は不安定であり、また世を不安定にする
資本主義が忌まわしかった(過去形)のは、資本主義が未熟だったからだ

349考える名無しさん2018/05/13(日) 22:27:17.080
マフィア=パーリア資本主義=キリスト的ねずみ講ネットワーク=
マルクス主義=独占主義=マキャベリズムだよ

これは組織の進化の法則でもあるし、根っこが同根の同じ組織だということでもある
ロバートキヨサキと副島隆彦とバックミンスターフラーと北一輝をついに俺は超えたようだ

俺より鋭い奴ここにいるか?
全員かかってこい

350オニオン2018/05/13(日) 22:47:07.580
>>349
我が壮大かつ深淵なる智慧の恩恵を授けよう
ヨーロッパは白人社会の気質として右も左も古代より、ずっとマキャベリズムである
マキャベリズムではないフーリエの空想的(思いやりの気持ち)社会主義は笑いものに終わった
フーリエの失敗から学んだマルクスは「嗚呼、やっぱりマキャベリズムだけが現実的なんだな」と白人の野蛮性に回帰し、
民衆は飴と鞭で動かすと息巻いていたレーニンはネトウヨが理想とする核ミサイル恫喝外交と本質はたいして変わらない
だが古代中国の思想より影響を受け、仁義を重んじる我々東洋人が白人の鬼畜な所業を真似るは必要はないのだ

351オニオン2018/05/13(日) 22:51:20.010
マルクス主義は、彼の先輩たちの社会主義と比べて現実的であることを強調する
現実的であるとは何か? 人を信じず、力関係が全てーーすなわちマキャベリズムである!

352考える名無しさん2018/05/13(日) 23:54:19.460
「スターリニズム」とか言ってる時点でもうね。
このスレを出ていってくれないかな。

353オニオン2018/05/14(月) 00:22:44.170
私の哲学は現実的かつ実践的だ
下らない概念を括弧で強調するだけの宗教家には都合が悪いかも知れんな

354オニオン2018/05/14(月) 00:40:33.000
頭の悪い人たちはノッペラボーだ人文学云々と空虚な寝言による名も無き宗教でシコってなさい

355考える名無しさん2018/05/14(月) 02:46:19.150
シコシコシコシコシコシコ

356考える名無しさん2018/05/14(月) 05:10:11.380
国連に降ったのにジュネーブもペルーもアルゼンチンで何があったかも分からないんだから使い道無いよね

彼らも廃棄物なので次に行かないと

357考える名無しさん2018/05/14(月) 08:59:54.750
マキャヴェリズムの理解が大きく間違っていないか?
マキャヴェッリの著作の重要性は、統治権力と人々の間に既に対等な
関係が実現しているかのような幻想に基づいてではなく、統治権力によって
支配されている関係を認めたうえで、支配されている臣民の側が、
統治がどう行われるべきかを提言し、その実現を求めることだろう。

既にすべての人々の間に対等な関係が既に実現しているなら、
そもそも統治権力のあり方について論じる意味はない。いわゆる
リベラルが胡散臭いのは、あたかも人々の平等という理想が標準として
実現していて、政治経済の現状において、例外的な逸脱が生じている
かのように正義を主張するからだ。服従させられている側が理想の実現
のために現状の改善を求めることと、現実には服従しているのに、
あたかも統治権力を握っているかのように正義を実現しようとする
のでは大きく異なる。後者は、必然的に偽善にしかならず、しかも、
服従している事実を隠ぺいすることで、暗黙に権力に阿り、
統治権力の権限を強化することにんしかならない。

358考える名無しさん2018/05/14(月) 09:01:18.680
にんしかならない×
にしかならない○

359考える名無しさん2018/05/14(月) 09:06:08.530
人文学の重要性とは、自らと権力の関係を反省することにあり、それを、
単に対象をどのように制御すべきかという工学的な技術の問題として扱う
ことはできない。

360考える名無しさん2018/05/14(月) 09:17:59.170
マキャベリの言ったような状態がどこにあるんだ?
皆が自己保存‐機械でしかないこの場に

361考える名無しさん2018/05/14(月) 09:24:09.400
現実の支配の関係についての反省を欠くなら、結局のところ、クライエンタリズム
の政治において、用いられる言説な左翼的なイデオロギーに基づいていようと、
右翼的なイデオロギーに基づいていようと大きな違いはない。

362考える名無しさん2018/05/14(月) 09:27:02.790
どうあるべきか、か
いい話だね
皮肉ってしまった

363考える名無しさん2018/05/14(月) 12:14:43.500
マキャベリスレでやれよ
迷惑なんだよ

364考える名無しさん2018/05/14(月) 12:40:44.530
人文学は、目的合理的に導く/導かれる関係にあることについて反省する
能力を磨くことを目的としているのだから、カリキュラムを組んで教師
から学生に一方向的に教え込むことが不可能なのは当たり前のことだろうw

しかし、そのことが、人文学が大学の教科に存在すべきでないことを
意味するわけではない。民主主義という理想を求めるのであれば、
大学という場においてであれ、他の場においてであれ、そのような
能力を磨く機会は、抵抗によって確保されなければならないという
だけの話である。

365オニオン2018/05/14(月) 17:27:37.140
>>364
つまり空虚な思弁、それがロバートキヨサキの限界か?

366考える名無しさん2018/05/14(月) 18:02:25.550
ロバートキヨサキとか知らんがな
マキャヴェッリでも読んだらどうだ?

367考える名無しさん2018/05/14(月) 18:07:13.210
こういうのをドイツ語で読むとか
https://www.staff.uni-giessen.de/~g31130/PDF/marx/judenfrage

368考える名無しさん2018/05/14(月) 18:19:23.700
>>367
ドイツ語に堪能なら、概要を説明してくれ。
日本語訳しか読んでない俺には、なにか間違って理解してるところがあるのかもしれないから。

369オニオン2018/05/14(月) 18:35:57.030
>>357
マキャベリズムは帝王学だ
君はウソツキーの知ったかぶりか、あるいは読んでも何も理解できなかったというわけだ

370考える名無しさん2018/05/14(月) 19:12:29.070
マキャヴェッリは、帝王ではありません。

371考える名無しさん2018/05/14(月) 19:19:16.740
>>368
他人に相撲をとってもらうと、相撲が強くなりますか?

372考える名無しさん2018/05/14(月) 19:28:10.290
>>371
なんだ、ドイツ語もできないのか・・・

373考える名無しさん2018/05/14(月) 21:26:25.340
>>372
無学な人民のために使ってこその知識なのに
何のためにマルクス主義やってるんだ

374考える名無しさん2018/05/14(月) 21:30:31.530
>>373
おまえがやって見せればいいんだよw

375オニオン2018/05/14(月) 22:01:33.110
無知が栄えた試しはない by K.M

376オニオン2018/05/14(月) 22:05:04.340
勝者は傲り、敗者は良く学ぶ by V.L

377オニオン2018/05/14(月) 22:11:00.470
青春は人生の幸せな季節ではない、子供は無力である by L.T

378オニオン2018/05/14(月) 22:15:53.840
情報を操作する者がすべてを決定する J.S

379オニオン2018/05/14(月) 22:18:15.030
人は怒りのよってのみ、人で在り続ける by F.E

380オニオン2018/05/14(月) 22:25:58.770
レーニン「我々はイギリス労働党の躍進を歓迎する。ただしそれは同じ社会主義を掲げる政党の仲間としてではない。
ブルジョワ民主主義の議会政治の枠の内では、ベルンシュタイン路線では、改革は何もできやしないことを世に晒すためだ」

381オニオン2018/05/14(月) 22:34:17.310
私に匹敵する哲学者はいないのか?

382考える名無しさん2018/05/15(火) 00:11:18.950
http://www.bbc.com/japanese/video-44079652
(リンク先に動画ニュースあり)

2018/05/14
今年の5月5日は、思想家で共産主義の父と呼ばれるカール・マルクスの生誕200周年だった。資本主義はいずれ内部崩壊すると主張したマルクス。資本主義に関する彼の5つの予言を振り返ってみる。

http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526301447/

383考える名無しさん2018/05/15(火) 09:08:15.200
ア メ リ カ の 経 済 崩 壊

Q アメリカの債務限度額引き上げは、
  アメリカの経済崩壊を食い止めるでしょうか。
  これは応急処置にすぎないと思われますか。
A まさにそうです。
magazines/rwhnd8/r63ukg/ci5b69/3ve6t0.html

来るべき株式市場の崩壊は必然的に多くの失業者を出すでしょう。
magazines/j540f8/fkmww5/gtf047.html

彼は、崩壊が起こり、それは日本から始まると言われました。
magazines/lutefl/c6gix5/nl3j2q.html

日本はアメリカの国債の25%を所有していますが、
それを引き出すとアメリカ経済も駄目になり、
世界経済全体が破綻します。
maitreya/mai_03_02.html

384考える名無しさん2018/05/15(火) 11:25:36.490
>>381
さすがに、そこまでレベルの低い哲学者はいないだろう。

385DJgensei artchive gemmar2018/05/15(火) 13:14:38.740
フロイト × マルクス の配合がありえたらいい哲学者のみならないでしょう。

386考える名無しさん2018/05/15(火) 18:36:13.180
マルクスが「行き詰まる日本経済」を救う? 資本主義が危機の今、脚光浴びるワケ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180515-00010004-nikkeisty-bus_all
NIKKEI STYLE

387考える名無しさん2018/05/15(火) 18:40:01.690
もうちょい早く埋めろ
2〜300ぐらい埋めてね

388考える名無しさん2018/05/15(火) 19:21:50.220
>>350

中国って孫子とかいうマキャベッリの大本になったのが居るだろ
中国人とイギリス人とユダヤ人とイタリア人は下劣で不道徳で何でもありという点で同じ

389考える名無しさん2018/05/15(火) 19:45:45.870
>>345

スターリンが権力についたのはレーニンが決めたからだろ
ロシア民衆は最初はボリシェビキなんか応援してない
ロシアの革命家はバクーニンやセルゲイ・ネチャーエフの影響が強く元々マルクス主義者ではない

トロツキーは元メニシェビキだから権力争いになったら栄光があっても派閥や人数的に勝ち目がない
人の上に立つような器でもないし
キヨサキは「Aの生徒はCの生徒のために働き、Bの生徒は政府で働くと言っている」
リーダーというものは自分より頭がいい人を動かさないいけないと言っている
スティーブ・ジョブスはBozo explosionーバカの連鎖爆発という組織で馬鹿であふれかえる現象について語っている
馬鹿なCEOを自分よりさらにバカな奴を雇い、そいつらがさらに多くの馬鹿を雇い入れる
1流の人は一流や超一流を雇うが二流は自分の無能さがばれない様に三流しか雇わない

トロツキーは自分より能力が低い奴しか集められなかった
馬鹿の連鎖爆発という状態になって組織崩壊した
トロツキーがスターリンに権力闘争で負けたのはレーニンが決めた事でもあるが
それ以上にトロツキーに人望や組織力が全くなかったからでもある

390考える名無しさん2018/05/15(火) 20:02:41.380
オニオンとか読んでいても何のひらめきも発見もないただの古臭いおっさん
お前みたいなの腐るほどいる
金太郎飴と一緒
典型的全共闘世代
時代に取り残された憐れな化石ジジイだよ

391考える名無しさん2018/05/15(火) 20:07:47.670
>>390
それは全共闘世代に失礼だな。
全共闘世代というのは、マルクスをきちんと読んだ最後の世代だから、あそこまで無知ではないし、自己愛的でもない。
その人は、たぶん、団塊に劣等感を持つ柄谷読者だよ。

392考える名無しさん2018/05/15(火) 20:33:30.380
結局マルクスも柄谷のようにアナーキズムの文脈で再評価しないと救われない
ドゥルーズもデリダもプルードンを知らなかった
サルトルもラカンもベンヤミンもプルードンに言及しているのに
柄谷は唯一間に合った

393考える名無しさん2018/05/15(火) 20:47:42.520
>>388
そういうお前は何人?

ていうかネットだと実際何処のこと言ってることになるの?

394考える名無しさん2018/05/15(火) 20:48:41.210
北一輝や大川周明を語らず戦前の日本を語るやつは低能でしかない
バクーニンやセルゲイ・ネチャーエフを語らずロシア革命を語るのも馬鹿でしかない
マルクス主義ってのはユダヤ人派閥でしかないから井の中の蛙になりやすい

395考える名無しさん2018/05/15(火) 20:53:35.180
問いに答えよ猿

396考える名無しさん2018/05/15(火) 21:03:25.080
>>394
北一輝というのは恐喝常習犯だし、大川周明というのは精神異常者だ。
その二人を語ることが戦前の日本を語ることになる、と?

397オニオン2018/05/15(火) 21:41:29.720
>>389
キヨサキくん、トロツキーの『裏切られた革命』を参照せよ!

398考える名無しさん2018/05/15(火) 21:44:55.300
スターリンが権力についたのはレーニンが決めたことじゃないよ
スターリンが権力についたのは謀略だよ
手紙の捏造とかやって

399オニオン2018/05/15(火) 21:46:43.770
デューリングやプルードン・ゲセル主義なんてただの負け犬を担いでも後退するだけ
マルクス・レーニン主義ほどの哲学が歴史のごみ箱に葬りさられようとしているのに、
ちょっとマルクスに悪口を言われたら消え去ってしまったような軟弱な哲学に何ができる!w

400考える名無しさん2018/05/15(火) 23:24:20.110
みんなは柄谷を持ち出してくる奴を馬鹿呼ばわりするけれど、
柄谷は馬鹿発見器としての意義はあると思んだ。

401オニオン2018/05/16(水) 00:49:31.320
スターリンは資本論を逆さにして読んだマキャベリストである
資本主義は必然的にブラック企業体質に陥るとマルクスが述べたので、
「なるほど逆説的に言えばブラック企業なら資本主義で成功するんだな」と
ワタミもびっくりなブラック企業経営手腕で田んぼしかないロシアを工業化した

402オニオン2018/05/16(水) 00:56:26.020
ニーチェは人生の目的を日々成長することと位置付け、
フロイトは最高のセックスをすること、
マルクスは完成された世界を建設することとした

マルクスとは、レゴブロックが好きなゲーテなのだ

403考える名無しさん2018/05/16(水) 01:30:29.730
トロツキーってのはメニシェビキ
メニシェビキ内で権力得られなかったから自分の利益の為に
捨ててボリシェビキに鞍替えした
自分の利益の為でも大義の為でもころころ組織を変えるようだと信頼なんて生まれない
レーニンの組織をうまく利用して取り入っても結局は外から来た人間だから本気で権力闘争したら
はじかれる

>>395

お前の言ってる意味が分からん
馬鹿は小学校からやり直せ

404考える名無しさん2018/05/16(水) 01:40:28.430
>>396

本の内容も語らず低能はどうしようもないな
馬鹿なんだからしゃしゃり出てくるな
おまえはどうせ中卒かなんかだろ

405考える名無しさん2018/05/16(水) 01:44:53.430
>>397

俺はトロツキーが大嫌いなんだよ
レーニンやスターリンの数百倍嫌い
何故かというと反共主義者の一部や冷戦主義者の人やその他
世界中で信奉されてるから。ブレアとかも信奉してたし

俺はそれを見て体制のおもちゃでしかないと気付いた
つまり投資詐欺の一種だ

406考える名無しさん2018/05/16(水) 01:56:29.170
>>402

マルクス達は資本主義の分析しただけだろ
後はいろいろなところから思想をパクって来た
彼等の知ってることは原始共産制とエンゲルスの工場経営による労働者の搾取だけ
それだけしか知らんのだから必然的にそれだけになる

407考える名無しさん2018/05/16(水) 08:14:51.760
資本主義ではなく資本家制生産様式をどう分析したのか言ってみろパクり猿

408考える名無しさん2018/05/16(水) 09:54:17.840
政治主義と経済決定論の二重性に関しては精神分析が必要だと思う
多分ユダヤ教を引きずっている

409考える名無しさん2018/05/16(水) 10:32:25.990
>>408
ドイツイデオロギーで散々批判された観念論的アプローチだよ

410オニオン2018/05/16(水) 20:19:43.320
デカルトとバークリーがすべて悪い
『唯物論と経験批判論』を参照せよ!

411考える名無しさん2018/05/16(水) 21:53:25.780
>>407
資本家制生産様式ってなに?

日本語としてめちゃくちゃなんだけど?

412オニオン2018/05/17(木) 00:00:09.280
おそらくブルジョワが主導権を握った資本主義社会の運営ということで、
『ああ野麦峠』のようなものを意味しているのだろう(と推測する)
でもそのブラック企業的な責任を労使対立に問うマルクスの階級闘争観は的外れだよ
ブラック企業問題が生じる前に全世界単位で法整備するべきだったというのは例え計画経済でも無理だ
お巡りさんと同じく、悲劇的な事件が起きてからしか対応できないのが人間の認識力の限界

413考える名無しさん2018/05/17(木) 01:11:56.460
「資本家制生産様式」って、マルクスの用語だよ。
マルクスは「資本主義」なんて言葉はほとんど使ってない。

414考える名無しさん2018/05/17(木) 02:14:41.940
ブラック企業が作られてもそれに対して自浄作用が効いていないどころか
下請けいじめと化して更に酷いブラック企業が作られるデスパイラル
そしてマスコミも一流企業の揚げ足だけを取って実態を把握して報道していないために全く機能していない。
でしか資本主義は戦争・革命でしかその負の仕組みを解消できない宿命にある。

その後に作られる社会は少しはまともになるだろう。

スマホを捨て手に武器を持ち立ち上がれ。

415考える名無しさん2018/05/17(木) 03:19:03.890
「資本家制生産様式」も知らない初心者であることが問題なのではない
マルクスを読んだこともないのがバレバレなのに態度がでかいことが問題なのだ

416考える名無しさん2018/05/17(木) 10:13:54.890
>>404
なんだ、なにも知らないのかw

417考える名無しさん2018/05/17(木) 10:14:55.000
>>415
資本家制生産様式じゃ、日本語にならないぞw

418考える名無しさん2018/05/17(木) 10:15:57.120
>>413
そういうのを単純翻訳バカというんだよ。

資本家制、なんて言葉が日本語として通用するとでも思ってるのか?

419考える名無しさん2018/05/17(木) 12:45:48.390
薄気味悪いほどドイデに執着するのは何故だ?

420考える名無しさん2018/05/17(木) 21:29:51.000
ドイデしか読んでないから

421考える名無しさん2018/05/18(金) 00:58:30.550
>>417>>418
なんだ、なにも知らないのかw

422考える名無しさん2018/05/18(金) 00:59:37.190
>>421
負け惜しみはみっともないよw

423考える名無しさん2018/05/18(金) 01:03:33.400
kapitalistische Produktionsweiseは普通は「資本家的」と訳すけど、別に「資本家制」でも間違いとはいえない。
原語のニュアンスにも幅があるし、所詮は翻訳だから。

424考える名無しさん2018/05/18(金) 01:22:40.360
>>423
資本家的だの資本家制だのって、日本語になってないんだよw

資本家というのは、個人あるいは人の集合を意味する。
資本家的、というのは資本家と同じ様な振る舞いをするという意味になる。
資本家制、では、まったく意味が成立しない。

外国語と日本語が一対一の対応になるわけでもない。
だから先人たちは資本主義という、理念を示す訳語を使った。
明治時代の日本人のほうが、真の語学力があったということだろう。

425考える名無しさん2018/05/18(金) 02:54:39.370
殺すぞ
先人達の叡知を汚した貴様の罪は重い

426オニオン2018/05/18(金) 03:34:38.810
ミッテンビュルガーやブルジョワジーとキャピタリストは同じでしょ
ブルジョワ的なという言い回しだと日本人にはいまいちピンとこないけど

427考える名無しさん2018/05/18(金) 10:13:13.810
資本制生産様式という用語はマルクス経済学のテキストでよく見るけど資本家制生産様式は見たことないな

428考える名無しさん2018/05/18(金) 10:18:47.540
>>425
テロリストは早く自首しろよw

429考える名無しさん2018/05/18(金) 10:40:58.940
テロスの意味理解してからものを言えザコ
つーか廃棄物

430考える名無しさん2018/05/18(金) 10:45:11.590
経済学じゃないって言ってなかったかな?
経済学単独でできる話など無い

431考える名無しさん2018/05/18(金) 11:06:03.920
ところで、糞スレついでにバックミンスター持ち出した自己保存機械くんはちったあバックミンスターについて何か言ったらどうだ?テクノバブル野郎

432考える名無しさん2018/05/18(金) 14:04:29.240
>>429
ぶつぶつ言ってないで早く自首しろw

433考える名無しさん2018/05/18(金) 14:05:28.920
>>430
資本論は、完全に経済学の書だよ?

マルクスが半生を捧げたのは、経済学の研究。

434DJgensei artchive gemmar2018/05/18(金) 14:34:41.940
経済学でも 分析書と可が出てるぐらいで理論的には一向に進まないね。

435考える名無しさん2018/05/18(金) 16:31:54.960
何がどう経済学的なのか君が理解しうる範疇で構わんから具体例を挙げてくれ

436考える名無しさん2018/05/18(金) 16:33:00.570
スレタイが思い付かないんだよ

437考える名無しさん2018/05/18(金) 16:34:17.350
つーかバックミンスターは?

438考える名無しさん2018/05/18(金) 16:58:24.790
>>435
資本論のこと?

439考える名無しさん2018/05/18(金) 18:21:19.720
資本‐論と言いたいけどね

440オニオン2018/05/18(金) 20:13:22.790
マルクスに経済学的功績なんて無いだろ

441考える名無しさん2018/05/18(金) 22:55:33.870
>>439
そう言いたければ、ただ、資本。

442考える名無しさん2018/05/18(金) 22:56:00.820
>>440
バカコテにマルクスは無理だよw

443オニオン2018/05/18(金) 23:45:01.050
そもそもが間違ってるリカードの労働価値説の上に剰余価値説とかいう宗教を築いただけじゃん
資本論もミルや国民経済学のみなさまを中傷して罵るばかりでさっぱり自説を論じてないし
他はスミスやリカードの学説を言葉を変えて言い換えてるだけw

あの時代に経済学研究してた社会主義者はプルードンだけ

444考える名無しさん2018/05/19(土) 01:01:50.550
資本主義って理念じゃないだろ
システムを広くあらわす言葉だよ

もともと、「資本主義」って造語があまり上手くなかったんだよ
それこそ理念だの思想だのと勘違いする馬鹿がでてくるから

kapaitalistisch ってもともとはKapitalistから来てる言葉だろ

445考える名無しさん2018/05/19(土) 01:08:08.170
お前が「資本主義」を口にしてはならない。

446考える名無しさん2018/05/19(土) 01:22:33.650
>>444
資本主義というのは理念そのもの。
生産手段の私的所有を認め、労働を資本が所有することを認めるという理念だ。
言葉の置き換えの問題にしたがる翻訳バカは黙ってろ。

447考える名無しさん2018/05/19(土) 04:39:59.320
自己保存機械くん
バックミンスターフラー早く出せや

448考える名無しさん2018/05/19(土) 17:01:00.250
せっかく建築の問題系の話の
切り口になりそだったのに
自らふいにしたな

449考える名無しさん2018/05/19(土) 18:26:31.610
結局ドイツ語で読んでる奴が無双するつう罠

450考える名無しさん2018/05/19(土) 18:41:10.670
マルクスの言葉に囚われることなく、マルクスが論じたような問題について
日本語で考え直せばいいのでは?
価値論を「あた(能/値/与)ふ」ことから考えるとか。

451考える名無しさん2018/05/19(土) 18:56:20.070
ただ聖人の言辞のような訓詁的な読みが
要求されるからね

つまりなにか矛盾や疑問点があれば
それはテキストを誤読しているのだ、という姿勢ね

そのためにいろいろな回避戦略や訓詁が
施される

452考える名無しさん2018/05/19(土) 19:07:51.550
くだらね
そのレベルだから怒られるのに

453考える名無しさん2018/05/19(土) 19:19:12.510
個人名を冠するということはそういう
ゲームだってことだよ

人類普遍の真理が発見されたんだから

454考える名無しさん2018/05/19(土) 19:44:52.670
来ましたゲームww

455考える名無しさん2018/05/19(土) 19:57:46.610
>>453さんは、ゲームの意味がわかって使ってると思うけど、>>454さんもわかって使ってる?

456考える名無しさん2018/05/19(土) 20:16:50.130
その言い方から察するに、
454の俺は分かってないことになるね

457考える名無しさん2018/05/19(土) 20:24:25.830
また脇道だなw

458考える名無しさん2018/05/19(土) 20:26:26.490
>>456
勝手に決めつけて申し訳ないけど、>>453さんは、ウィトゲンシュタインが使ってる意味で、ゲームと書いたんじゃないと思うんだよね。

違ってたら>>453さんが訂正してね。

459オニオン2018/05/19(土) 22:54:05.340
エンゲルスやラサールが生きてる時点で既にマルクス個人崇拝の宗教になってた
エンゲルスはカーライルの影響か、意図的にマルクスを偶像化している
東側諸国で成功したベトナムやキューバ、ユーゴには本物の戦争の英雄がいたことを思い出そう
生ける伝説と化した英雄なくして共産主義は成り立たない
共産主義は英雄主義としての宗教である

460考える名無しさん2018/05/19(土) 23:13:10.080
>>458
あまり問い詰めるほどのことじゃないと思うよ
ゲームって聞いてヴィトゲンシュタインなら結局柄谷なんでしょ?

461考える名無しさん2018/05/19(土) 23:22:22.860
>>460
柄谷って、ウィトゲンシュタインからはもっとも遠いいと思うけど?
まあ、スレ違いになるから、僕はこれ以上ウィトゲンシュタインには触れない。
あなたが反論(感想)を書くのはもちろん自由だが、僕のレスは期待しないで欲しい。

462考える名無しさん2018/05/19(土) 23:22:34.970
実際、理論家マルクスに
ゲバラを代表とする胸踊る革命家の群像
っていう対比に心酔した左翼も多いだろうし

463オニオン2018/05/20(日) 00:37:54.210
崇拝の対象が水の上を歩いたキリストや神という存在しないものから
実在する人物と本人が書いたテキストへ移ったのはちょっとした進歩かもしれない
しかし時代遅れな学説を曲解してまで正当化するのは
エンゲルスやレーニンが定義するところの"観念論"およびその混乱に陥る

『フォイエルバッハ論』(エンゲルスの方)を参照せよ!

464考える名無しさん2018/05/20(日) 13:21:12.070
うるさいな

465考える名無しさん2018/05/20(日) 13:51:43.990
マルクスってユダヤ入った
進歩史観さえなければよかったんだけど

466考える名無しさん2018/05/20(日) 14:11:13.380
>>465
牧歌的な村落共同体がたとえ無害にみえようとも、それがつねに東洋専制政治の強固な基礎となってきたこと、
またそれが人間精神をありうるかぎりのもっとも狭い範囲にとじこめて、人間精神を迷信の無抵抗な道具にし、伝統的な規則の奴隷とし、
人間精神からすべての雄大さと歴史的精力を奪ったことを、忘れてはならない。

受動的な生き方が、他方では対照的に、乱暴で、盲目的で、とどまるところを知らない破壊力をよびおこし、ヒンドゥスタンでは殺人をさえ宗教上の祭式にしたことを、忘れてはならない。

(「イギリスのインド支配」)

「進歩史観」は必要だと思う。

467考える名無しさん2018/05/20(日) 14:14:30.780
>>466
それはいい視点だね
ありがとう

ただ進歩史観の暴力もあるから
いろいろな進歩史観的な発想があってもいいけど
ある特定の進歩史観を絶対視すると
間違いが起こるよね

468考える名無しさん2018/05/20(日) 14:27:55.580
>>467
なるほどイギリスがヒンドゥスタンに社会革命をひきおこした動機は、もっともいやしい利益だけであり、その利益を達成する仕方もはかげたものであった。
しかし、それが問題なのではない。問題は、人類がその使命を果たすのに、アジアの社会状態の根本的な革命なしにそれができるのかということである。
できないとすれば、イギリスがおかした罪がどんなものであるにせよ、イギリスはこの革命をもたらすことによって、無意識に歴史の道具の役割を果たしたのである。
(「イギリスのインド支配」)

マルクスはこうも指摘している。

特定の進歩史観を絶対視しないために、客観的な社会の分析として『資本論』を書いた。

469考える名無しさん2018/05/20(日) 14:38:15.380
>>468
それは違うな
今度は資本論が違う支配的な史観を作り出すだけだから

それを回避するには資本論を歴史的なものとして
一旦相対化してその後にその中から現在必要な道具を
探さないといけない

どうしても役に立たないなら捨てればいい

470考える名無しさん2018/05/20(日) 15:08:35.570
>>469
『資本論』というのは、資本主義経済を分析したもの。
資本主義経済の、つまり生産手段の私有と資本による労働の所有を認める社会の経済構造を分析したものだから、相対化するとか、必要な道具を取り出すとかいう見かたとは無関係。
正しいか間違いかという判断をする必要はあるが、現在までのところ、間違っているところを指摘できた論文は見たことがない。

471考える名無しさん2018/05/20(日) 15:16:00.930
>>470
補足。

なんだか、すべての論文を読んでるような書き方をしてしまった。
もちろんそんなことはないので、論理的に『資本論』の間違いを指摘したという話は聞かない、という程度のこと。

申し訳ない。

472考える名無しさん2018/05/20(日) 15:43:51.670
なるほど君が出会ってないだけか
それならどうでもいいわ

473オニオン2018/05/20(日) 17:43:17.730
イギリスの植民地支配がインドの頑迷固陋なヒンドゥー社会に変革をもたらしたって?
現在のインドを見る限りそうでもないだろ

ここにまたひとつ、マルクスの予言は外れた

474考える名無しさん2018/05/20(日) 17:47:00.950
ということは
どうにもならん連中は支配して文明を改良しないと
ダメっつうことだな
人類の進歩にはしょうがないと

マルクスは今のイスラム文化圏について
なんといっただろうか

475オニオン2018/05/20(日) 17:54:20.180
>牧歌的な村落共同体がたとえ無害にみえようとも、それがつねに東洋専制政治の強固な基礎となってきた
本人たちが楽しくやってるならそれでいいじゃないか
形ではなく内実を、演繹法ではなく帰納法(実存主義)で分析しないとな
ルソーも形に拘るなと言っている

キリスト教は時に圧制の道具であり、時に百姓一揆の御旗であった
『ドイツ農民戦争』を参照せよ!

476考える名無しさん2018/05/20(日) 18:16:48.610
インドを独立させたのはマルクスの思想ではなくガンジーの思想。
糸紡ぎ機も塩の行進も自給自足的な経済の裏付けを志向している。自立分散的な
アナーキズム思想と言っていい。
以下、ガンジー『自立の思想』地湧社88~91頁より

 《生産を各地で分散して行って初めて、分配は平等に行えるようになります。
つまり、生産と同時に分配が行われるようにならない限り意味がありません。
自分たちの商品を売るために外部の市場を開拓しようと思っている限り、分配
が平等に行われることはありえません。

 西洋が成し遂げた科学の驚異的な進歩や組織が無用の物ということではあり
ません。西洋の人々も彼らの技術を活用すべきです。ただし、善意から自分たち
の技術を外国で利用したいと思うのであれば、アメリカ人は次のように言うべき
です。「我々は橋を作る技術を持っています。それを秘密にしておくつもりはあ
りません。全世界に教えてあげたいのです。橋の作り方を教えてあげましょう。
もちろん代価を要求するつもりもありません」と。また、アメリカ人は次のよう
にも言うことでしょう。「他の国が小麦一粒育てるところ、我々は二千粒育てる
ことができます」。そして、アメリカは教えを請う者にその技術を無料で伝授す
るのです。しかし、全世界が必要とする小麦を自分たちで栽培しょうなどと企て
るのはとんでもないことです。そんなことをすれば、この世にとっては実に惨め
な時代の到来となるでしょう。》

477考える名無しさん2018/05/20(日) 18:53:11.670
https://synodos.jp/economy/21506

「古くて新しい」お金と階級の話――そろそろ左派は〈経済〉を語ろう
ブレイディみかこ×松尾匡×北田暁大

478考える名無しさん2018/05/20(日) 20:31:18.510
はいガンジー来ました

塩の革命クソワロス
誰が独立をこう呼んだのかね?

479考える名無しさん2018/05/20(日) 22:27:27.350
次から次へと国連に降った連中が湧もんだな

480考える名無しさん2018/05/20(日) 22:30:46.960
で、アマルティア・ センかい?
「重い」入れてヴェイユを汚した奴呼び込んだつもりだったがビビって出てこれねーか

481オニオン2018/05/20(日) 22:32:41.550
だからガンジーだかプルードン・ゲセル主義に後退すんなって
火のないところに煙は立たずがプルードンとマルクスの差異
分業効率化の先に大手コンビニ・スーパー・チェーン店の席巻は歴史的必然だよ
まず多国籍大企業が世界征服してくれないと共産革命のフェーズに移行できないんだから
ブルジョワジーのみなさんにはもっと頑張っていただかないと

482考える名無しさん2018/05/20(日) 22:42:12.040
それはそうだ
世界が全ていわゆる西側になって
歴史が終わらないと共産革命はムリだ

最低世界がどこでも
現在の独仏の関係くらい成熟しないと

483考える名無しさん2018/05/20(日) 22:53:32.050
フランシス・フクヤマくん
あんな小物よりフジモリ大統領でしょ
側近のヒラノくんはあんま出ないね

484考える名無しさん2018/05/20(日) 23:50:54.170
スレタイはともかくID出る板でたてるんで
ほなな

485オニオン2018/05/21(月) 00:23:07.210
"資本主義は間違っている、中世的な手工業職人の世界を復権しよう"とプルードン・ゲセル主義は叫ぶ
彼らはまず改良主義につまずき、やがて行きつくところは人類リセットボタン、すなわちポルポト派

486考える名無しさん2018/05/21(月) 05:00:26.600
>>466
東洋専制政治とかいうけどマルクスぱくった中国以上の全体主義な専制政治なんて
アジアの歴史にはないっての

マルクスは「中世土人社会を作る機械」であってそれ以下でもそれ以上でもない
こんなことすら分からないとかお前は脳や目がないのかね?
馬鹿じゃなければこんなことすぐわかるけど
一回ぐらい歴史や本を読んだ方がいいぞ

487考える名無しさん2018/05/21(月) 05:13:11.110
>>446

私的所有を認めないマルクス主義は権力者の財産に従うだけの存在に行きつくだけ
そこから逃れるには闇経済だけ
だからマフィアが蔓延る

結局儲けれるのはマフィア=パーリア資本主義者=マルクス主義者=マキャベリスト
=キリスト教的ねずみ講ネットワークだけ

マルクス主義はゴミみたいなものってことだ
寄生虫と搾取者と犯罪者しか幸せは来ない

488考える名無しさん2018/05/21(月) 05:18:30.000
>>473

インドは多神教国家だからイスラム教徒もいっぱいいる
パキスタンとバングらディッシュが独立してもだ

多神教=民主主義
一神教=独裁

キリスト教・ユダヤ教が蔓延る地域には多様性はない
イスラム教で少しましな位
ユダヤ教は世界各国に移民してたから病気が抑えられてるけど
キリスト教とは違った形でおかしい

489考える名無しさん2018/05/21(月) 07:57:53.270
またテクノバブル野郎が来たか
殺すぞ

490考える名無しさん2018/05/21(月) 07:58:58.210
手の内把握しているから諦めな自己保存機械くん

491考える名無しさん2018/05/21(月) 08:50:49.290
この機械の醜さだけは許せねーレベルに達してんのよ

492MC 火照る BACKESS INN SECRARETALY2018/05/21(月) 14:56:30.460
左進狂

493考える名無しさん2018/05/21(月) 15:37:29.830
>>492
右は国家を価値として、左は個人を価値と認める。

左の方がいいだろw

494考える名無しさん2018/05/21(月) 17:31:59.930
しゃべんな

495考える名無しさん2018/05/21(月) 17:50:36.730
右は国家主体だから国家間の
競合しか残らず超越的な価値にはダンマリ

左は個人が絶対的真理と直接接続して
あらゆる宗教や国家を認めない
つまり逃げ場がどこにもない

で左がうまく機能するのは
右の暴走を食い止める時
つまり抑制のバランサーとしての
役割を果たす

496考える名無しさん2018/05/21(月) 17:58:50.310
くだらん

497DJgensei artchive gemmar2018/05/21(月) 18:38:35.680
右沈論

498オニオン2018/05/21(月) 18:52:10.670
実はそんな単純な二元論ではない
左翼の一種としてカントは個人主義の非武装平和論者であり、日本の無学な左翼が皆それに右へ倣えしているのは世界の謎である

マルクスは全体主義のヘーゲルから出発し、「集団としての人間」の本質を経済学的見地から「労働する人間」と規定すると、
「生産的労働」を行って、その集積の結果として「人類としての事業」を達成することを人間のあるべき姿と位置付けた
市民社会によって公から外化された労働者および資本家を再び類的存在へと開放することが共産主義の歴史的使命である

499DJgensei artchive gemmar2018/05/21(月) 19:05:46.950
非武装地帯に送られる意味。

500考える名無しさん2018/05/21(月) 19:08:14.850
そろそろコテやめろ
目障り

501考える名無しさん2018/05/21(月) 19:36:55.060
キリ番ゲット

あと200ぐらいお前らだけで埋めろ

502DJgensei artchive gemmar2018/05/21(月) 19:47:55.010
コテ?お好みに。

503オニオン2018/05/21(月) 20:34:53.210
真の哲学者は私ただひとりであることを知らしめる必要がある
キヨサキその他の有象無象にウリナラ起源を主張させるわけにはいかない

504考える名無しさん2018/05/21(月) 22:39:02.800
内田樹『ネトウヨ論客は反省もしない自説の撤回もしない鉄棒曳き』
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1526903863/

505考える名無しさん2018/05/21(月) 22:58:02.170
>>503
応援しています

506考える名無しさん2018/05/22(火) 13:09:51.680
現代は、原理資本主義が拡大し、そして行き詰って、マルクスの指摘を無視できなくなってきている。
それだけに、反共主義者が必死になってきてるんだろう。

こういう専門的なスレにまで、JCや日本会議の連中が乗り込んできてる。
まあ、それはそれで、マルクスの力の再発見でもある。

ひっそりと研究する時代から、現実を変える力を得る時代になりつつあるのかも知れない。
金の亡者には、いまもまだ共産主義が妖怪なんだろう。

507DJgensei artchive gemmar2018/05/22(火) 13:31:56.550
昔に共産主義を 今に革命するときたす老害。

508DJgensei artchive gemmar2018/05/22(火) 13:34:00.550
介護事業でセクハラをきたしたマルクス割り。その分野に自由主義資本に畏敬がない。

509考える名無しさん2018/05/22(火) 18:15:20.350
隠れ共産主義は既に実現していると思うが

510考える名無しさん2018/05/22(火) 18:17:01.350
会計も法律も自由に操作できるなら、いくらでも簡単に私財の没収ができるし、
それが現に実行されていると思いますよ。

511考える名無しさん2018/05/22(火) 18:17:44.250
福祉国家とかのことかい

512考える名無しさん2018/05/22(火) 19:27:30.590

513考える名無しさん2018/05/22(火) 20:02:15.950
社会保障費、2040年度に190兆円 介護の負担重く
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30760470R20C18A5SHA000/

・政府は税や保険料で賄う医療、介護など社会保障給付費が経済成長率を年2%前後とする基本ケースで2040年度に190兆円になるとの推計を公表した。

・制度の持続可能性を保つには、給付と負担の両面からの改革が必要となる。

・推計は同日の経済財政諮問会議で示され、今までは戦後ベビーブームの団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる25年度までが対象だったが、今回初めて40年度まで見通した。

・65歳以上の人口が4千万人近くとピークに達し、人口のほぼ3人に1人を占める時期になる。

・15〜64歳の生産年齢人口は18年度より約1500万人減り、税や保険料を負担し社会保障制度を支える就業者数も約930万人減る計算になった。

・高齢者数の増加で介護給付の伸びが2.4倍と最も大きくなり、介護サービスが必要な人の割合が増える85歳以上の人口が現在の2倍以上になる見込み。

・だが推計の前提には疑問符もついている。

514考える名無しさん2018/05/22(火) 23:40:12.600
>>495

現代の国家主義はフランス革命から始まったものだろ
ソ連は多国籍で多民族主義だったけどソビエト権力の否定は無理だった
中国や北朝鮮はまんま分かりやすく国家主義

左派が個人といものはない
個人主義というならリベラルのことだ
そして私有財産を否定するようなマルクス主義者なら個人主義は無理だろ
中国見れば分かりやすいパーリア主義者とマフィアとマルクス主義とマキャベリストはいるけど
個人主義や自由主義や多様性や民主性はまったく根付いてない

マルクス主義みたいな他人の意見を認めないアホには個人主義は無理
資本主義者=悪という二元論のアホなんだから
二元論者に個人主義は無理

515考える名無しさん2018/05/23(水) 00:04:40.590
>>495
まず「自由主義者」の訳であるが、「リベラリスト」と言う言葉は、ドイツ語にはあるが、英語では
リベラルズliberalsというのだ。「リベラリスト」と言う英語は無い。日本の知識人層は、この初歩の
事実から学ばなくてはならない。リベラル派の反対がコンサヴァティヴズ(Conservatives・保守主義者)である。
日本やアメリカで、自分の事を「リベラル」だと思っている人々は、そもそもの、本物の歴史上の
「古典的自由主義者」とは似ても似つかぬものだ、と言う事に気づいてほしい。

  今の日本やアメリカのリベラル達は、本物の自由主義者達とは反対の立場の人だのだ。言葉だけは
「リベラル」だから、きわめて紛らわしい事になったのだ。それは、イギリス人の18世紀の
初期リベラル思想が、海を渡ったアメリカで共和党系の思想になったからだ。このねじれを理解
しなければいけない。日本やアメリカの現代リベラル達は、本当は、今でも隠れ(あるいは無自覚な)
社会主義者(ソーシャリストSocialists)たちである。だから、「本物の本来の自由思想を貫く生き方をしたい」
と言う人々は、アメリカでは、仕方なく、自分達の事をリバータリアン(Libertarians)と呼ぶようになった。

516考える名無しさん2018/05/23(水) 00:05:13.860
アメリカでは、民主党支持であるリベラル派は、その実態は福祉優先の弱者救済主義者である。このことに気づいて、
最近は自らを「現代リベラル派(モダン・リベラル)」と呼んで保守思想である古典自由主義者(
クラシカル・リベラルClassicalLiberals)と区別をつけるようになった。
本物の自由主義とは「この、私の私自身の自由を、他の何よりも大切にする思想」の事だ。だから、根本的に、
個人主義者なのであって、共同体優先主義(社会主義)ではない。
18世紀のイギリスの本物の古典的自由主義者たちは「国王や教会が、私たちの生活に余計な干渉を
しないでくれ」という思想態度から興ったものである。だから本物のリベラルというのは、本当は、
徹底的に新興企業経営者層(ジェントルマン)たちの思想なのである。これが、イギリスのウィッグ党・
ホイッグ党(Whig 自由党)の支持勢力を作った。そして、トーリー党(Tory 保守党)である、
貴族たちの勢力と争ったのだ。
一般庶民(貧乏大衆)の政党などまだまだ現れない。このウィッグ(イギリス自由党)の思想が海を
渡ってアメリカに到着した時に、これがアメリカの保守勢力であるアメリカ共和党になってゆくのだ。
だから「もともとのイギリスの自由主義者が、現在ではアメリカの保守主義者」と言う事である。
いつの間にかねじくれて意味が逆転してしまった。即ち、本来の「リベラル」という言葉が、
民衆統合主義者や、左翼・社会主義者たちによって奪い取られてしまったと言う事である。
この世界の政治思想上の言語使用上の重大な逆転現象に、私たちはそろそろ気づかなければならない。
この事が分らないものだから、日本では政治学者たちですら、現代リベラル派と、
本来の古典派自由主義者の区別がつかないのだ。    
副島隆彦著 「ハリウッドで政治思想を読む」

517考える名無しさん2018/05/23(水) 00:10:22.310
>>506

マルクス主義者は例外なくマフィア=パーリア資本主義=独占主義者=
キリスト教的ねずみ講ネットワーク=マキャベリストだ

資本主義を打倒できるのは北一輝とヴェルナーゾンバルトとバックミンスターフラーだけ

マルクス主義のゴミどもが集まった中国を見て見ればいい
パーリア資本主義者と独占主義者とコネの極致だろ

そんなアホな妄想を信じられるのは小学生と馬鹿ぐらいだぞ

518考える名無しさん2018/05/23(水) 00:14:58.530
マルクス主義を読んでるならアメリカとイギリスとドイツとフランスとイタリアに
共産主義革命を起こしてキリスト教を全解体するはず
ロシアや日本や中国で起こすと考えてる奴はアホ以外の何物でもないし
マルクス主義者でもない
そもそもマルクス読んでないか読んでも理解できないアホでしかない

日本の自称マルクス主義者が連合軍のスパイでしかないアホ
上層部は全部キリスト教徒が牛耳ってるのにそのことすら知らないアホが多い
日本共産党は占領期にマッカーサーがわざわざ刑務所からだしたんだよ
社会党もマッカーサーがわざわざ政治権力を与えた

519オニオン2018/05/23(水) 00:21:20.070
資本主義を否定して人類リセットボタンを押したいプルードン・ゲセル主義=ポルポト派かね?

520オニオン2018/05/23(水) 00:38:46.790
「万国の労働者よ団結せよ」というてもまず言語文化的な問題がある
マルクスにとって世界=ローマ帝国勢力圏内+古代ギリシャだったというのはありえるだろうな
言語の文法とか根幹が違うと英語教育の普及とか(資本家=企業勢力が)推進しても効果が薄い

そしてなにより革命が進展しないのは、その前段階である"ブルジョワジーの成長"が行き詰ってるからだ
そういう意味では役立たずの労働者階級なんか相手にしないで、資本家を相手に布教した方が話は早い

521考える名無しさん2018/05/23(水) 01:34:42.960
エンゲルス自体が資本家だし
マルクスはロスチャイルドを一回も批判したことないしで
イギリス帝国主義のスパイというのは昔から言われてきたこと

マルクスが労働者を完全アホ扱いしてたり自分はマルクス主義者ではないと信者に断言したり
プロレタリアとは水と油の関係なのは昔から知られてたこと

ねずみ講の親玉や貧困ビジネスの経営者が本心を手下に打ち明けるはずがない
だから大昔から知能が高い人や深く考えることができる人は言ってることとやってることが違う
マルクスを見て詐欺師と見抜いていた

言ってることやってることが回避利して奴は基本的に信用できない
そして理論どおりだとしても二元論はしょせん子供だまし
複雑なことを考えられない馬鹿しか騙せない

賢い人というのは世界というものはもっと複雑だという事を知ってる

522考える名無しさん2018/05/23(水) 01:43:26.220
ダメな思想は子供だましの二元論
手段の為に目的を選ばないマキャベリストと孫子主義者
不正な手段と犯罪で金を得るパーリア資本主義者

この三つで世界が悪くなることは合っても良くなることはない

523オニオン2018/05/23(水) 02:14:53.510
それでネトウヨみたいに"ネットde真実を伝える!"と
キヨサキだかユダヤ陰謀論を広めても今度はそれ自体がねずみ講ビジネスじゃん?

524考える名無しさん2018/05/23(水) 02:31:12.380
フォイエルバッハ「人間は個人としては有限で無力だが、類としては無限で万能である」
フォイエルバッハに影響を受けたマルクスが何時から個人主義者になったのだろう?

そもそも自由主義社会で自由に、あるいは個人主義に生きられるのは金持ちだけで、他の人間は家畜なんだ
ホリエモンが個人主義を礼賛する本を出してるけど、彼の本を読んで自分も成金になったような気でいるのはバカだよ
バカは個人主義思想をもっているだけで成金と肩を組んで歩いているつもりだけど、お友達は君のことを友達とは思ってない

525オニオン2018/05/23(水) 02:45:06.890
おっと名前を入れ忘れてしまった
くれぐれもウリナラ起源を主張しないように頼むよ

カントは「個人の心の内なる神に従え」と言った
「神は死んだ」のニーチェも結局のところ似たようなものさ
しかしだね、民主主義・自由主義・個人主義というのも所詮は形式に過ぎない
教科書通りに良いものだと教条的に信仰するより、身近な個々の内実を観測しよう

場合によっては、独裁・統制・全体主義が優れているケースも十分に在り得るのだ

526考える名無しさん2018/05/23(水) 11:45:43.470
何 も し な い で 何 か を 得 る


マイトLーヤは繰り返し次のように言われる――

「株式市場の崩壊は避けられない。
 かれらは自分の財産を隠し、
 そして犯罪的雰囲気さえも創出している。」

彼らはただ座って待っているだけです。
世界を餌にして生きており、何も還元しません。
すべては、何もしないで
何かを得るという虚構に積み上げられています。
世界に振りかかる負担は莫大です。
そのコストは、職場の喪失であり、
突然の働き手の失業による家族の心の痛手です。
magazines/lutefl/fkmww5/sui4zj
お金は、人々に対する誘惑と支配を失うまで、
一時的に引き揚げられるでしょう。
2016/11/q-and-a/290

527考える名無しさん2018/05/23(水) 22:17:41.300
>>525

チャーチルが言った
「民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられてきた、
民主主義以外の全ての政治体制を除けばだが」
という意見に賛成だ

資本主義に対しても俺は同じ意見だ。つまり
「資本主義は最悪の経済システムと言える。これまで試みられてきた
資本主義以外の全ての経済システムを除けばだが」

マルクス主義国家や共産主義国家が口で言うほど良いものではいことが分かって
資本主義が意外にまともに見えてしまったのが現代の世界

自由主義・資本主義・民主性・個人主義もそう
最悪だが他よりは若干マシなのである

マルクスの全部がダメだと思わないし使えるところや優れた部分もいっぱいある
小室や副島やキヨサキだってマルクスの評価すべきところはしてる
良い部分があって悪いところもある
こんなことは当たり前の考えである
この当たり前の考えすらできない人は似非科学やカルトや宗教信者になってしまう

528考える名無しさん2018/05/23(水) 22:26:42.960
独裁・統制・全体主義はトップが優れてると超効率的だが
いったん間違った人がトップになると滅茶苦茶になる恐れがある
スパイやカルトに指導者が影響受けて滅茶苦茶したら最悪なものになる

こんなことはすぐに分かるだろ

529考える名無しさん2018/05/23(水) 22:47:36.240
>>506

本物の資本主義者とパーリア資本主義者と独占主義者は
敵対関係にあるのが基本だぞ

マルクス主義組織や第一インターナショナルが嫌われてるのは貧困ビジネスだから
ねずみ講と同じで入った人の9割は上に搾取されてこき使われるだけ
現代でいう「やりがい搾取」というやつだ

530考える名無しさん2018/05/24(木) 10:31:36.310
>>529
JCや日本会議の連中は、労働者をタダで働かせたいんだよな。
とはいっても、さすがにタダは無理だから、最低限の賃金で働くことが美徳であるかのような宣伝やデマを流す。

まあ、経営者なら誰でも夢見ているのが、自分のために、真面目で善良な労働者が、献身的に最低の賃金で働いてくれること。
そういう経営者は、自己中のバカには違いないが、感じ方は理解できる。

理解できないのが、自分が経営者でもないのに、そういう労働者を礼賛する底辺たちだw
わずかな委託料で書き込んでるにしても、心底信じ込んでるにしても、自分で自分の首を絞めていることにすら気が付かない。
もっとも、そういう底辺が決して少くはないから、資本主義社会は成立しているんだが。

そういう連中が必死になって、共産主義という妖怪を見て右往左往している姿は、一面では痛快だが、実害もある。
マルクスの力の再発見だなどといって乙にすましているわけにもいかないw
研究する時代から、現実を変える力を得る時代になりつつあるのだろう。

531考える名無しさん2018/05/24(木) 13:06:43.920
隠れ共産主義は実現しているよ。
上層の連中がその権限を利用して国の制度を恣意的に運用して、
自分たちより下の層の人間から私有財産を没収し、それを自らの
再配分の権限として利用するという形でね。

532DJgensei artchive gemmar 番長net2018/05/24(木) 13:36:28.900
マルクスはインフラに悪用されてる。アジアの妖しさ。

533DJgensei artchive gemmar 番長net2018/05/24(木) 13:40:13.690
インテル アイテーラ

534オニオン2018/05/24(木) 19:59:01.380
程度の低い陰謀論ばかりで面白くないな
リチャード・コシミズのお友達では私の哲学に並び立つことなどできない

535考える名無しさん2018/05/24(木) 23:13:26.360
以下、川越敏司 図でわかる経済学 2017
130-1頁より

《マルサス的な人口問題(絶対的過剰人口)が発生するよる前の段階で、別種の人口問題が
発生すると論じたのは、カール・マルクスです。マルクスは技術が進歩すると以前よりも少ない
人数で生産が可能になるので、経済成長に伴い失業者が増え、貧困にあえぐようになると論じ
ました。マルクスはこれを、相対的過剰人口の問題と呼びました。》

参考:
《…機械の導入とともに 、雇い主と雇われ人 、資本家と労働者の区別が始まる 。機械は 、
労働者を細かい分業による愚鈍化から救い出してくれるはずであったが 、逆に労働者を一段
と深刻な状態へ追いこむ 。労働者は人間らしさとともに自由を失い 、たんなる道具のレベル
に堕落させられる 。幸せは主人にとって増大し 、下っ端にとっては不幸が増大する 。
カ ーストの区別ができあがり 、恐ろしいひとつの傾向が鮮明となる 。すなわち 、人間の数を
増やしながら 、人間がいなくてもやっていけるようにしたいという傾向である 。こうして全体
の苦しみがさらにつのる 。貧困はすでに分業によって予告されていたが 、ここにいたって
公式に世界全体におよぶ 。このときから貧困が社会の心髄となり神経となる 。》
プルードン『貧困の哲学』下より

536考える名無しさん2018/05/25(金) 00:02:59.900
まあマルクスやマルクス主義者なんてキリスト教会のねずみ講を見抜けなかった・
指摘しなかった時点で対したことないよ

俺はロバートキヨサキのネットワークビジネスに関する本を読んでいて自分で気づいた
考えるとはこういうことだ

キリスト教会布教するのも欧米が世界中に戦争しかけるのも
信者=子ネズミを獲得しないと破綻してしまうという恐怖があるからだよ

537オニオン2018/05/25(金) 00:24:53.830
>キヨサキくん
このスレは大昔にマルクスが何を言った、言わなかったかを懐古するスレだから
キヨサキとかリチャード・コシミズの陰謀論の受け売りはスルーさせてもらうよ

538オニオン2018/05/25(金) 00:30:05.790
>>535
>マルクスはこれを、相対的過剰人口の問題と呼びました。
これで先進国の人口減少を説明できそうな気がするな
人口学者エマニュエル・トッド は"マルクスみたいな経済原論は当たらない"と全否定してるけど

539考える名無しさん2018/05/25(金) 00:31:01.260
お前の発言は化石みたいなものだからほとんど読んでない
どうでもいいし興味もない
鋭いとか新しい見方や発見が皆無のどうしようもないもの

540考える名無しさん2018/05/25(金) 00:46:18.700
君たちが薄っぺらい理由は片側からしか物事が見れないからだよ
知性がある人は両側からだけでなく上下でも内と外でも見れるんだよ

洗脳されてる宗教カルトがどこかおかしいのはそれが理由
似たような人から似たような情報を引っ張ってくるだけ

541考える名無しさん2018/05/25(金) 01:13:59.520
資本論1:23:3
《マルサスは、その偏狭な考え方にしたがって、過剰人口を、労働者人口の絶対的過度増殖
から説明し、その相対的過剰化からは説明しないのであるが、彼でさえも、過剰人口を、
近代産業の必然となしている。》

542オニオン2018/05/25(金) 01:15:36.650
で、君は何がしたいの?
ここは古典マルクスのスレだから、共産主義の良し悪しは別としてマルクスの話をしないといけないの
シェイクスピアやゲーテ、セルバンテスの小説と同様に、鋭いとか新しい見方や発見なんて特に必要ない

少しはマルクスの文献を読んでみたまえ

543オニオン2018/05/25(金) 02:00:34.990
生産性が向上すると、生産人口(労働者)は不要になるが、逆に消費者人口はより必要になる
資本主義は新規産業の創出やスマホゲーのような虚業、効率化できない介護事業などによって
生産人口のキャパシティーを巧みに増やしているが、危うい綱渡りの連続である

544どうなってんの?2018/05/25(金) 08:31:01.150
タカタは、Josyson Safety Systemsにオーナーが交替して、名称が
変わったけど、工場も製品も労働者もクライアントも何も変わらないと
Josysonの現場責任者が断言してしまっているんですが?w

https://www.elsiglodetorreon.com.mx/noticia/1463660.joyson-primera-firma-china-de-autopartes.html
"La marca ha cambiado, pero el producto es el mismo".
No fue necesario traer nuevo personal de otras partes del país,
así como también se conservaron los mismos clientes, por lo
que se dieron problemas al darse el cambio de marca.

545どうなってんの?2018/05/25(金) 08:37:30.730
「事実は小説より奇なり」とはまさにこのことだな。
これだけ長年、解決せず、根本的な解決策もないと報道されてきた
タカタ・エアバッグ製品の問題が、タカタが上場廃止になり、資産が
Joyson Safety Systems Inc.に譲渡されただけで解決することになった。
製品も工場も労働者も顧客も変わらないのにw

ただし、今後もタカタ製のエアバッグが暴発して事故が生じれば、
タカタが賠償責任を負う。なにこれ?

546考える名無しさん2018/05/25(金) 08:49:00.840
原始的蓄積

547考える名無しさん2018/05/25(金) 09:11:35.040
タカタ破綻による連鎖倒産はゼロ件、タカタ財団は健在、財務はすべて
業界内で内部処理、でも、債務超過で再生法が適用されるので、個人株主
の権利はすべて没収されていただきます。これが詐欺やインサイダー
取引きに当たらないと判断される理由が私には皆目分らない。

しかし、日本のメディアも「知識人」も、右であろうと左であろうと、
この奇妙な事実関係に一切触れない。暴力に絶対服従することを容認して
沈黙を守っているのなら、現政権がどうのとか、右だの、左だの議論
していても何の意味もないと思いますが。

548考える名無しさん2018/05/25(金) 09:16:01.390
合理性の欠片もないだろう。
右翼も左翼もなく、あるのは剥き出しの暴力と忖度だけ。

549考える名無しさん2018/05/25(金) 09:18:29.920
剥き出しの隠れ共産主義

550考える名無しさん2018/05/25(金) 09:22:16.600
没収されて× 没収させて○

551考える名無しさん2018/05/25(金) 22:15:16.540
>>547
イギリス人やヨーロッパ人やユダヤ人ってのはネイティブアメリカンとアボリジニと
エスキモーを丸ごと皆殺しにして国ごと乗っ取って奴隷貿易で労働力確保しながら
世界中の植民地にアヘンばらまいたりして基本的になんでもあり

552考える名無しさん2018/05/26(土) 19:44:56.570
俺からするとリチャードコシミズもマルクス主義者も同レベルにしか見えない
結論が毎回一緒で情報源も毎回同じところから仕入れてくるという所が

二元論者で自称貧乏人の見方を自称してるから似たような思考になっても不思議ではない
どっちも悪くはないがそこまで優れているわけでもない
俺としては1つの見方としてあるかな程度で見てる

553考える名無しさん2018/05/26(土) 21:45:49.650
マルクススレを潰したい人たちがいることはわかる。

どんなに埋められても、何回でもマルクススレを立てるから大丈夫w
場合によっては、資本論限定とか、初期のマルクス限定とかの複数のマルクス関連スレを立ててもいいな。

554オニオン2018/05/27(日) 00:50:22.210
マルクスの功績はふたつ、唯物史観とドイツ観念論(理想とはかくあるべきか)の追求
逆に経済学研究には実りがなく、本人とエンゲルスを疲弊させただけに終わった
効用説前で時期も悪かっただろうけど、向いてない仕事は他の人に任せるべきだったね

555考える名無しさん2018/05/27(日) 10:26:09.540
>>553
人には寿命がある

556哲学の基本からマルクスを再検討したら?2018/05/27(日) 10:58:07.890
労働は苦痛か?
楽園とは労働しなくてもいい場所のことなのか?
労働が苦痛であるとすると、それはなぜ、どのようにか?

557考える名無しさん2018/05/27(日) 11:06:35.450
オリンピックの団体スポーツ競技でチームのキャプテンをつとめ、
銀メダルを獲ったことのある引退した元選手が、30代も後半に
なったある朝、急にいつものように短パンを履いて体育館に向かい、
長年毎日やってきたことを続けることに耐えられなくなって引退
を決めたと語っていた。自分が回し車の中のネズミのように
感じられたとのことだった。トレーニングの肉体的な負荷に耐え
がたくなったとかとかではない。なぜだろうね?

558考える名無しさん2018/05/27(日) 11:14:11.830
「苦労が水の泡」とは、よく言うが、労働が苦労になるのはそれが
「水の泡」のようなものとなってしまった結果によってではないのか。
苦労が「ねぎらひ」によって和らぐのはなぜか?

559考える名無しさん2018/05/27(日) 11:16:51.270
猫(ねこ)⇔禰宜(ねぎ)⇔労(ねぎら)ひ

560考える名無しさん2018/05/27(日) 11:25:25.250
猫(apaisé)⇔禰宜(apaisement)⇔労ふ(s'apaiser)

561意富多多泥古(おおたたねこ)2018/05/27(日) 11:29:07.100
猫の癒し効果とは何か?

562考える名無しさん2018/05/27(日) 11:42:24.030
「ねぎらふ」という動詞は、その用法から見て、おそらく、名詞形である
「ねぎらひ」から逆形成された語(back-formation)だろうと思う。

563考える名無しさん2018/05/27(日) 11:43:49.270
誤:負荷に耐えがたく
正:負荷が耐えがたく

564考える名無しさん2018/05/27(日) 12:40:57.630
逆成の意味を勘違いしていないかな
申し訳ないけど

565考える名無しさん2018/05/27(日) 12:55:14.660
勘違いしていないよ。言語学なんかの一部のディシプリンにおける定義に
拘りたいなら、そちらの板に行った方がいい。

566考える名無しさん2018/05/27(日) 12:59:20.710
ディシプリンにおける定義しか拠り所がないのは哀れなことだ
そういう人は生成文法の信者にでもなって、永遠に規則の定義の議論でもしていればよろしい。

567考える名無しさん2018/05/27(日) 14:04:20.410
back-formationという意味を
よく考えた方がいいよ

用語持ち出しといて
言語学なんかの〜ってどうかしてるね

568考える名無しさん2018/05/27(日) 14:06:07.120
だから単に
名詞が先でそこから動詞が生まれた
のではないかって言えばよかったのにね

569考える名無しさん2018/05/27(日) 14:33:40.840
一般的に見られる表現の形成の方向が、動詞から名詞を派生させることで
あることを前提としているから、この事例では、その逆(back)に名詞が先に
用いられて動詞が形成(form)されたのだろうと指摘し、そのことを勝手に
(back-formation)と呼んでいる。そのくらいのことは、普通の読解力
があれば理解できると思うが、まずは、何らかの権威付けを必要として、
それに当てはまっているかいないかという物の見方しかできないから、
通常に定義されている"back-formation"とは違うようにその表現を
使っていると大騒ぎする。"back"も"formation"も一般的な語であって、
それを流用しているのは特定のディシプリンの方なんですよ?そんな
ものに拘る必要は私にはないし、それに拘って誤読するような人に
読んでもらわなくても、ましてはレスをしてもらわなくても一向に
構いません。

570考える名無しさん2018/05/27(日) 14:34:23.350
ましては×
ましてや○

571考える名無しさん2018/05/27(日) 14:36:04.210
相手の表現を理解しようとするのではなく、自分がなにか権威付けられた
定義を知っているとする立場から、相手を見下そうとするような態度の
人間には、そもそも哲学をする資格がない。

572考える名無しさん2018/05/27(日) 14:37:40.700
しかも、マルクス・スレでね。

573考える名無しさん2018/05/27(日) 14:52:15.890
かつて、経済学を専門とする大学院生の友人がいたが、その友人が
研究している経済学において「搾取(exploitation)」はどのように
扱われ得るのか尋ねたことがある。その友人の答えは、極めて単純な
ものだった、「搾取」というのはマルクス経済学の用語で、学問的に
正統な経済学から見てマルクス経済学はナンセンスだから「搾取」など
という概念は経済学の問題として存在しない、ということだった。
"The Economist"に執筆した記事が掲載され、IMFだかどこだかで
インターンをやって、学術研究を行う米国大学で今は教授をしている
人間だ。

経済学に「搾取(exploitation)」の定義が存在しないから、そのよう
に呼ばれる「経済学的な現実」も存在しない、というのは経済学の
定義の問題であって、現実を理解しようとする方法ではない。
そのような態度は、マルクス経済学の「搾取」の定義とは違うものを
「搾取」と呼ぶのは許さない、という態度と同じように下らない
と私は思う。日本語で考えた場合、牛や羊が乳を「搾取されている」
と考えるのは、別にマルクス主義者の許可を得なければならない
ことではないだろう。

574オニオン2018/05/27(日) 15:28:53.840
搾取は資本主義の成長サイクルに必要不可欠なものだから
悪いとか無くすべきではなくて合理的に運用されているのかが重要なのだよ

575考える名無しさん2018/05/27(日) 15:31:34.200
>>569
苦しい言い訳にパワーつかっても無駄
ペラペラ術語振り回す癖を直した方がいい

576考える名無しさん2018/05/27(日) 16:45:08.740
適切なスレがないのでここで訊きますが、「帝国主義戦争を内乱へ転化せよ」という主張はレーニンのどの著作にみられますか?

577考える名無しさん2018/05/27(日) 16:46:56.380
断る。物事を捉えるのに有用であるように表現を使うだけの話だ。
権威の個人によるものであれ、集団の権威(ディシプリン)による
ものであれ、物事を適確に捉えることを優先するのではなく、
既存の表現の定義に拘るなどというのは、ガラクタだらけの空間で、
作業に邪魔なガラクタに触らないように配慮しながら、何かを
大きな複雑な構造物を組立てようとするようなものだ。ガラクタ
を一掃するのでなければ、そのなかで役に立ちそうなものがあれば、
本来の目的とは無関係に踏み台として使用したり、別の目的の
道具として使用するまでのことである。

578考える名無しさん2018/05/27(日) 16:47:41.690
権威の個人×
権威のある個人○

579考える名無しさん2018/05/27(日) 16:52:52.510
>>577
比喩で観念ブンブン振り回しても見苦しいだけだよ
孤立した独学者にはよくあるけど

580考える名無しさん2018/05/27(日) 17:00:10.020
連帯した有名大学の教授連中なら結構長年見てきたが、
AIにでも任せられそうなことしかやってなかったぞ。
パソコンの疑似カウンセリングとかであるだろ、
なにかを打ち込むとそれに合いそうな決まり文句を返してくるだけとか、
更新されないデータベースから既存の記録を羅列するだけとか、
そういうのなら、人がやる必要はないんだよ。

581考える名無しさん2018/05/27(日) 17:08:13.710
シンギュラリティはbuzzwordの大ヒットだったね
釣られる人が多すぎてバカの見本市だった

582考える名無しさん2018/05/27(日) 17:50:25.080
>>555
人に寿命があるように資本主義経済にも寿命がある。
それを指摘したのがマルクス。
真理に寿命はないかも知れないw

583考える名無しさん2018/05/27(日) 18:00:35.100
マルクス主義は人類普遍の真理なんだ

584考える名無しさん2018/05/27(日) 18:21:49.160
>>583
人類普遍ではなく、資本主義社会における真理。

585考える名無しさん2018/05/27(日) 19:16:10.270
じゃあ世界がマルクス主義の社会になったら
マルクス主義は真理じゃなくなるの?

意味不明すぎる

586考える名無しさん2018/05/27(日) 19:18:40.560
>>585
マルクス経済学を現実に適用できなくなる

587考える名無しさん2018/05/27(日) 19:21:21.350
>>585
マルクスはマルクス主義の社会などという概念を提出してはいない。
夢としては、能力に応じて働き、必要に応じて受け取る、といった表現をしているだけ。
共産主義者(マルクス主義者)とは、日々社会の変革をしていくもの。

マルクスがやったのはその指標となる資本主義社会の分析。

588考える名無しさん2018/05/27(日) 19:22:28.440
>>586
それでも真理であり続けられるに決まってるじゃん
そうでなければマルクス主義世界が
成立した時点で真実じゃない理論で社会を
作ったということになる

アホくさw

589考える名無しさん2018/05/27(日) 19:24:11.300
>>587
日々変革ってなんでも言える

真に正しい普遍の理論なら
規範を自動的に導くことができるよ

どうもこの人はアタマでっかちだな

590考える名無しさん2018/05/27(日) 19:27:25.190
>>588
マルクス主義世界などというものはない。
資本主義を否定して現実の社会を改善し続けるのがマルクス主義。
何回言えばわかるの?w

591考える名無しさん2018/05/27(日) 19:28:00.330
マルクスを信奉しないとアイデンティティが
崩壊するというのは行きすぎた執着だな

592考える名無しさん2018/05/27(日) 19:28:07.450
>>589
資本主義社会に関しては、マルクスの分析は真理。

それだけのこと。

593考える名無しさん2018/05/27(日) 19:30:57.160
>>590
資本主義の絶対的真理を発見したら
その見方から必要な改善わかるでしょ

それと現実の中でどう改善が進捗するかは
別の話だよ

改善の行方がわからないの?

594考える名無しさん2018/05/27(日) 19:32:06.270
>>592
分析というならばその分析から
普遍的な規範をどうやって導くの?

ジャンプしてない?

595考える名無しさん2018/05/27(日) 19:32:33.280
>>593
生産手段の私的所有を認めない社会にすること。

現実的にはその一点だよw

596考える名無しさん2018/05/27(日) 19:33:29.900
>>594
普遍的な規範なんてないよw

生産手段の私的所有を認めない社会にすること。

597考える名無しさん2018/05/27(日) 19:33:33.950
俺は学校でマルクス主義が真理だと
習いたくないなあ

改善が進むとしてそういう人の立場は
どうなるんだろうか

資本主義は善でもなんでもないよ

598考える名無しさん2018/05/27(日) 19:35:32.210
>>596
認めないというのは規範だよね
分析からどうやってその「思い」を導くの?

ちょっとは認めてもいいとかはならないの?

599考える名無しさん2018/05/27(日) 19:37:44.500
つまり人類にとっての
幸福な社会をなんで決めつけられるの?
1000年後もマルクスの指針は絶対真理なんでしょ

ちょっとついていけないなあ

600考える名無しさん2018/05/27(日) 19:38:55.480
深い洞察があり極めて甚大な影響を与えた、
だけじゃ支持者の気持ちはおさまらないのかなあ
うーん

601考える名無しさん2018/05/27(日) 19:41:31.230
というのは過去に絶対的規範が
打ち立てられて未来永劫変えられない、
というのは人間の精神にとってマイナスだと
思うんだよねえ

この先もいろいろな思想や経済学が
生まれるわけだけどマルクス主義の真理性を
批判するのは無駄なわけだ
真理なんだもん

602考える名無しさん2018/05/27(日) 19:44:32.320
>>598
労働者が搾取され、それを資本家が収奪している。
この事実から、それでもいいという人間もいれば、それは改革するべきだ、という人もいる。
それだけのことだよ。

603考える名無しさん2018/05/27(日) 19:46:32.320
>>599
幸福な社会は、労働者から資本家が収奪することのない社会だ、と考えるだけ。

資本家が労働者から収奪する世界こそが幸福な社会だ、という考え方があることは認めるw

604考える名無しさん2018/05/27(日) 19:48:31.600
>>601
資本家が労働者の労働を搾取している。

マルクスが指摘しているのは、この一点といってもいい。

605オニオン2018/05/27(日) 22:53:33.160
普遍の真理がうんぬんについてだが……

レーニンは『唯物論と経験批判論』でエンゲルスの解説を参考に哲学史をまとめた
それによると、唯物論はディドロたちフランス革命時代の機械論的唯物論から時を経て、
ウィーン体制時代のマルクスによって弁証法的唯物論へと発展したという

ディドロの時代の唯物論はニュートン力学のように対象を単体で観測する故に普遍的真理としての法則を定義するが、
中世から完全に脱却した近代とヘーゲルを経て、あるいはダーウィンを経たマルクスの弁証法的唯物論においては、
真理は関係する万物との相互作用によって変化し続けるので普遍ではないという(みたいなことが書いてあったはず)

「中世が追及するのは変化しないこと(故に血統主義や宗教において普遍や永遠のなにがしを求める)、
 いっぽうで近代の事物は変化し続けなければ存続することができない」(共産党宣言)

なお『唯物論と経験批判論』は相対主義と弁証法的唯物論の類似性と違いにも触れている
ニーチェあたりを読んでいる人は比較してみると面白いだろう

606考える名無しさん2018/05/28(月) 08:15:32.550
搾取するとはどのようなことか?
労力を費やすことは苦痛なのか?
できるかぎり労力を費やさないのが幸せなことなのか?

アマチュアの長距離ランナーは、金銭的な報酬があるわけでもなく、
誰からも賞賛を受けるわけでもなくても、多大な労力を費やし、身体的な
苦しさと痛みを負ってフル・マラソンを走ったりする。アマチュアの
ランナーの大多数にとっては、参加が許されるマラソン大会は、
勝利する機会ではなく、コースを走らせてもらえる機会だ。
なぜ人は、自らに多大な身体的消耗を強いることを自ら進んで喜んで
するのか?同じ身体的消耗を、本人の意思によってではなく、他人の命令
によってやらされたなら苦痛を強いられるただの重労働だろう。

607考える名無しさん2018/05/28(月) 08:20:23.880
アマチュア・ランナーが増えることでスポーツ・シューズ・メーカーは
多大な利益を得ている。やりがい詐欺?

アマチュア・ランナーが無報酬で走るのは、企業を儲けさせるだけの
やりがい詐欺であるとして、法律で禁じたら、人々はどのような反応を
するだろうか。

608考える名無しさん2018/05/28(月) 08:30:56.680
競技スポーツにおいて実際にやりがい詐欺の対象となっているのは、
トップレベルの選手に憧れて真似をするアマチュアの一般人ではなく、
最高の報酬と名誉を追求するために自らの身体を犠牲にして競い合う
ように動機付けられたトップレベルの選手たちである。しかし、
アマチュアの人々は、それらの選手たちの成功に憧れ、そのことに
よってスポーツが商業的に成立する。

609考える名無しさん2018/05/28(月) 13:45:32.840
>>604
その一点だけだってマルクスが言ってんの?
それとも他人の解釈?

でマルクス主義者が搾取と呼ぐ現象を
この世から廃絶すべしという規範はどうやって
その分析から導くの?

でマルクス主義なくても社会の改善は
し続けられるよね
社会の中で個々人の不満を調整する作業が
続くのは現実だと思うけど

610考える名無しさん2018/05/28(月) 16:06:31.160
まずは記述することですね

611考える名無しさん2018/05/28(月) 16:16:26.240
「できる」ことの重要性を考えることが大切でしょう。
人は「できる/あた(能)ふ」ことに意味を見出す。
病気などで他人の助けがなければ何もできない状態になった場合ですら、
自分の意志で自らの命を終わらせることが「できる」ことを望んだりする。

612考える名無しさん2018/05/28(月) 19:34:26.040
>>609
価値は労働からしか生まれない。
だから、資本として蓄積されるのは、労働者の労働の集積。
その資本を、特定の個人=資本家のものではなく、労働者全体のものとするのがマルクス主義の社会。

生産手段の私的所有をなくすためには、どうすればいいのか、ということを追究し、実践していくのがマルクス主義者。

613考える名無しさん2018/05/28(月) 19:50:19.530
>>586
>マルクス経済学を現実に適用できなくなる

マルクスの資本論とは、第一義的には“経済学批判”だからねぇ…

614考える名無しさん2018/05/28(月) 20:03:35.590
>>612
やっぱりジャンプしているわ
科学的理論から絶対的規範を導いている
それが人間にとって幸福である確証は?
資本主義は善じゃないし悪でもない

それに生産手段の私的所有の禁止は
中央集権での力しか達成できないのに
君は俺すら説得できてない

615考える名無しさん2018/05/28(月) 20:11:40.860
>>614
自分たちは、労働者から資本家が収奪することのない社会が、幸福な社会だと考えている。

資本家が労働者から収奪する世界こそが、幸福な社会だと考える人がいることも事実だ。

616考える名無しさん2018/05/28(月) 20:13:38.720
やっぱりマルクス主義は資本主義社会の
永遠の批判者として意味あるんだな
実際に理想を具現化する際に間違える

イデオロギー批判もそうだが
哲学的な活性化が重要であって
個人崇拝と教条化が目的になると
そのフレッシュさが消えてしまう

なのでこの先マルクス主義的発想が
継承されて資本主義社会が崩壊を間接的にでも
防いでいるのであれば
マルクス主義は思想として成功じゃないかな
意味わかるよね

617考える名無しさん2018/05/28(月) 20:15:50.730
>>615
自分たちって誰かな?
被害者加害者の図式に囚われすぎだよ

孤立家は不平家

618考える名無しさん2018/05/28(月) 20:18:21.070
>>615
君のマルクス主義の実践を教えてよ
言論じゃなくて仕組みとしてのね

そこからどんな知見を得られた?
それとも言論発信さえすれば気がすむん?

619考える名無しさん2018/05/28(月) 20:27:37.890
>>617
同じ考えの人間が一人ということはないよw

620考える名無しさん2018/05/28(月) 20:29:03.640
>>615
ふと思ったんだけど君のアタマのなかの
理想社会では知財はどうなるのかな

その生産手段の所有が禁止された社会で
マンガを書いて金持ちになってはいけないの
なっていいの?

それから理想社会では
生産手段を所有したヤツへの
刑罰はどのくらいなの?

621考える名無しさん2018/05/28(月) 20:29:10.710
>>618
なんでこんなところで君に教えなきゃいけないの?w

君が知りたければ、共産党の活動をよく見ておけばいいと思うw

622考える名無しさん2018/05/28(月) 20:29:52.830
>>620
思い付きで質問されても、答えようがないなw

623考える名無しさん2018/05/28(月) 20:31:30.410
>>619
市井のマルクス主義者が実践できる
言論以外の行為を教えて

たとえば金を貯めてオーナーとして
ビジネスを始めることはダメだよね

あれは理想社会を阻む悪行かな

624考える名無しさん2018/05/28(月) 20:32:14.430
>>621
いや共産党は共産党の理屈があるだろう
それは置いといて
君の実践を聞いているんだよ

625考える名無しさん2018/05/28(月) 20:35:23.270
>>623
共産党に入ればいいんじゃないか?w

626考える名無しさん2018/05/28(月) 20:37:10.110
>>624
共産党の活動はいいと思うよ。

俺のことを君に教える義務もないし、語る趣味もないw

627考える名無しさん2018/05/28(月) 20:38:39.480
答えられないことが多いなあ
思い詰めて考えたことがないんだろう

独学者が嵌まり込むパターンだね

628考える名無しさん2018/05/28(月) 20:39:54.450
>>626
マルクス主義者は言い訳だけ上手くなるのかな?
キリッと俺はアカだ!で実践は答えられない
って馬鹿みたい

629考える名無しさん2018/05/28(月) 20:41:17.070
>>616
資本主義社会が永遠ではないから永遠の批判者とはならない
というのがマル経なんだけどね

630考える名無しさん2018/05/28(月) 20:41:24.640
>>622
答えが薄っぺらの君の中になかったor
心の底では気付いているが
プライドが高すぎて認めたくない

631考える名無しさん2018/05/28(月) 20:43:30.260
>>629
永遠というのは修辞だよ
資本主義社会に生まれるカウンター思想ということ
こういうのはいろいろある
キリスト教も部分的にはそうだし老子とかな

632考える名無しさん2018/05/28(月) 20:44:15.730
>>628
俺はアカだよ?

決まってるだろ?w

633考える名無しさん2018/05/28(月) 20:45:27.150
>>630
思い付きは咀嚼してから書きこんでくれ。

思い付きをそのまま書きこむのは、もの凄く、薄っぺらいことだよ?w

634考える名無しさん2018/05/28(月) 20:45:47.010
生産手段の私有禁止を喚くのに
罰則は答えられない

搾取というのに
知財で金持ちになって良いの?
には答えられない

リアリティがなさすぎw

635考える名無しさん2018/05/28(月) 20:48:15.830
>>633
孤独な独学者だから他人の問いにぶつかった
ことがないのだろう

でプライドだけの不平家になったと

実践を語れないというのは
つまり地に足つけてマルクス主義を考えた
ことがないということだ

読書とデモが全ての世界
戦後日本の一風景

636考える名無しさん2018/05/28(月) 20:51:18.180
生産手段の私有を廃絶するには
廃絶のプロセスを考えないといけない

がドイツ語もやりたくないような
怠惰な人間には無理な作業だな

党のリーダーが代わりに考えてくれるのかな?
ゲラゲラ

637考える名無しさん2018/05/28(月) 20:51:59.490
>>635
君の思い付きなんかどうでもいいよw

共産党の活動が社会に浸透していくことが大切なんだよ。

638考える名無しさん2018/05/28(月) 21:03:41.100
>>637
じゃあ日本共産党の活動は
君の実践にかなうってことでいいわけだな

それならそうと言えばいいじゃんw
俺は日本共産党の実践は認めない
という立場もあり得るわけで
支持する書かなきゃわからない

まあ俺も投票しているから支持者になるけどな
マルクス主義の信奉者ではない

639考える名無しさん2018/05/28(月) 21:05:40.850
俺はアカだと喚くくせして
逃げ回るって
全く脆いアイデンティティだなあ〜

640考える名無しさん2018/05/28(月) 21:05:58.580
>>638
共産党の活動が社会に浸透していくことが大切。

それだけのことw

641考える名無しさん2018/05/28(月) 21:07:54.260
>>640
浸透って具体例書いてみ?
コソコソしてないで出ておいで

642考える名無しさん2018/05/28(月) 21:10:37.980
>>640
質問を変えよう
君の信念と日本共産党のやり方や運営は
完全一致はしないはずだ

その際、その不一致とは何かな?

643考える名無しさん2018/05/28(月) 21:12:30.970
>>641
https://www.jcp.or.jp/

これ見とけよw

644考える名無しさん2018/05/28(月) 21:13:12.430
>>642
君に語っても無駄だからw

645考える名無しさん2018/05/28(月) 21:16:25.710
>>644
なんも語れないじゃん
それじゃ人を説得できないな
説得する気もないだろ

さいきょうのりろんをぼくはしってしまった
みんなはやくめざめるんだ!
だからね

で知財はどうなの?

646考える名無しさん2018/05/28(月) 21:19:14.580
何も答えられないのは何故か
考える力がないから
なぜその力がないのか

マルクス主義を絶対真理だと信じているから
そこからはみ出さないようにすることにだけに
汲々としているから

はみ出ると自我が崩壊してしまうよ〜

647考える名無しさん2018/05/28(月) 21:21:54.440
まあこれはマルクス主義の話というよりも
個人の資質という面が大きい

マルクス主義以外のどこいってもこの調子で
他人を説得できずに独善に陥る

648考える名無しさん2018/05/28(月) 21:22:23.550
>>645
君を説得する気などまったくないw
君は資本家が収奪することを進める立場、俺は労働者からの収奪を拒否する立場。
立場が違えば、説得など無駄。

知財というのは生産手段だよ?w

649考える名無しさん2018/05/28(月) 21:24:14.840
>>648
拒否ってどうやってるん?
言ってみ

日本共産党は君を搾取してないん?

650考える名無しさん2018/05/28(月) 21:25:14.260
>>648
じゃあ知財はどうなるの?
そもそも考えたことある?

651考える名無しさん2018/05/28(月) 21:27:16.260
>>649
日本共産党がなんで俺を搾取するんだよw

652考える名無しさん2018/05/28(月) 21:27:20.590
>>648
言論活動で
相手を説得しないの?
家族をいつ説得するの?

家族の帰属を絶対化している
君は良く知った親戚にマルクス主義を広めないの?

ゲラゲラw

653考える名無しさん2018/05/28(月) 21:28:19.260
>>651
日本共産党は搾取はしないの?
赤旗に知財はあるの?

654考える名無しさん2018/05/28(月) 21:28:31.240
>>650
知財というのは生産手段だ、という意味が理解できなかった?

知財は、当然すべて公開されるべきことがら。

655考える名無しさん2018/05/28(月) 21:29:31.550
>>652
>家族の帰属を絶対化している

なんの妄想?w

656考える名無しさん2018/05/28(月) 21:29:51.340
アカ自認だが
その資格がどうもないようだな
アカじゃなかった!

残念ですが来世でまた頑張ってくださいね〜

657考える名無しさん2018/05/28(月) 21:30:14.430
>>653
君が搾取の意味を勉強してきたら、答えてあげるw

658考える名無しさん2018/05/28(月) 21:30:44.810
>>655
家族以外の帰属意識を認めないんでしょ
お爺ちゃんは
もう忘れたん?

659考える名無しさん2018/05/28(月) 21:31:46.870
自称アカは議論ができないな〜
偏狭な独学者は役に立たない

660考える名無しさん2018/05/28(月) 21:33:34.520
原理主義の拙いところは
本当に原理を押し通すときよりも
原理を押し通していると人に
見せかける際の無様さによく現れる

これキモに銘じなさいよ

661考える名無しさん2018/05/28(月) 21:35:04.810
>>658
なんの妄想?

662考える名無しさん2018/05/28(月) 21:38:44.410
この流れを読んでいくと
何も答えられない頼りにならない
マルクス主義者の実態がよく分かるねえ

ま個人の資質だがw

663考える名無しさん2018/05/28(月) 21:42:20.990
お爺ちゃんは家族以外の
帰属意識は悪だと自分で断じたのに
それを忘れている...

語れば語るほどバカだとバレるから
貝になる戦略はわからんでもないけどねえ

口が裂けても日本共産党との齟齬は
語ることはしないアカw
何という忠実な帰属意識だろうか

664考える名無しさん2018/05/28(月) 21:44:44.230
今日のお爺ちゃんの披露した見識:

知財を世界から廃絶することは
人類普遍の真理的な規範
マンガ家が金持ちになるのは悪

665考える名無しさん2018/05/28(月) 21:45:54.130
あれ、でもこれって日本共産党は
どう言ってんのかな?

知財廃絶掲げてるんかな

666オニオン2018/05/28(月) 22:10:07.890
市民、模範的な総括です

667オニオン2018/05/28(月) 23:26:19.010
句読点マルは敗北主義者だ、自己批判せよ!

668考える名無しさん2018/05/28(月) 23:58:38.570
>でき(出来)る、ゆえに我あた(能/値/与)ふ

「できる/あた(能)ふ」ことの重要性について単純に考えてみよう。
1.「できる/あた(能)ふ」ことを知ることによって、期待が膨らむ。
2.「できない/あた(能)はない」ことを知ることによって、期待が萎む。
3.「できる/あた(能)ふ」ことの確認を繰り返すことによって、
自信(confiance)が生まれ、出来事を予期することが可能になり、
落ち着き(quiétude)が生じる。
4.「できる/あた(能)ふ」かどうか分らないことによって、
不安(inquiétude)が生じる。

世界と自己の完全な一致、つまり、同一性そのものが落ち着き(quiétude)
であるとすれば、世界と自己の不完全な一致が、不安(inquiétude)として
の我(われ)である。

669考える名無しさん2018/05/29(火) 00:06:36.010
常に既に失われている落ち着き(quiétude)を取り戻そうとすることに生の課題がある。

670考える名無しさん2018/05/29(火) 00:27:38.690
マルクスと何の関係が?

671考える名無しさん2018/05/29(火) 00:35:58.270
自らの労働が何にあた(能/値)ひするのかという話でわ?

672考える名無しさん2018/05/29(火) 00:37:54.890
マルクスの言葉どおり、しかも、マルクスの言葉が日本語に翻訳されている
とおりに書いてもらわないと、関係が分らない

673考える名無しさん2018/05/29(火) 07:11:47.720
生産するとは、何かができ(出来)ること。

674考える名無しさん2018/05/29(火) 07:44:23.330
生命が子孫を生むことは、でき(出来)るようにすること(Ereignung)を維持する
こととしてある。

市場を前提とした生産関係とは、何がどのようにでき(出来)るようにすること
を維持することなのか?

675考える名無しさん2018/05/29(火) 07:53:31.400
そのように問うと、マルクスの労働者の疎外についての言説は、当然、
ハイデガーの自己についての言説との対比において検討されることになるでしょう。
でき(出来)ることにおいて、"appropriation (Ereignung)" と
"expropriation (Enteignung)"は合致しているのか?

Reiner Schürmann,
Broken Hegemonies - 529 ページ - Google ブック検索結果
https://books.google.co.jp/books?isbn=025311053X

On the late modern pathology: the self as other "By the event alone do we
become ourselves." (BzP 230) In this remark, Heidegger pushes modern
hegemony to its extreme limit. We must try to grasp this "our selves"
(wir selbst) as pointing toward the self (das Selbst), and we must try to
grasp the event—strangely instrumentalized here by the self— as the strife
between appropriation (Ereignung) and expropriation (enteignet, ibid.).

676考える名無しさん2018/05/29(火) 07:59:55.930
哲学的だなあ・・・

哲学というのは、言葉の遊びだからね。

677考える名無しさん2018/05/29(火) 08:38:08.430
物事を捉えるのに、物事を記述しようとする表現が通用するものである
かどうかを試行錯誤するのは、至極当たり前のアプローチでしょう。

これは、誰々の概念で、その概念はどのように規定されるとか、
まず概念を個人の私有財産として扱い、知財の権利関係を確認しようと
するようなアプローチで哲学ができるはずがないことは自明です。
そんなことすら理解できず、知財弁護士よろしく、過去の哲学者
や思想家の代弁者を気取るのは、仏像を拝んで仏教を理解したつもり
になっているのと同じようなものだ。

678考える名無しさん2018/05/29(火) 08:45:34.090
唯物論と唯心論、両者は鏡に映るように似ている
ともに現象学を使い常識をゆさぶる
最終的には構造主義に接近する
生産力を潜在的なもの、コナトゥスと捉えればスピノザ哲学こそ両者を繋ぐ基盤とわかる
(ハャCデガーは消費試メ側だが発生論bノ執着があり、bサの代表制への給草竄ヘ心的な経麹マ決定論だ)
ただしスピノザは現象学と相性が悪い

ハイデガーはシェリング講義を例外にスピノザを無視する
マルクスは神学政治論を抜き書きし資本論でスピノザを引用する

「規定は否定である…」

ヘーゲルの域を出ていないが…

《注41…[シーニョア批判]
第二版への追加。俗流経済学者は、人間のあらゆる行動はその反対の行動からの
『節慾』と解されうる、という簡単な反省をしたことがない。食事は断食の節慾で
あり、歩行は停立の節慾であり、労働は怠惰の節慾であり、労働は怠惰の節慾であり、
怠惰は労働の節慾である、等々。諸君は一度、スピノザの規定は否定であるという
言葉について沈思してみるがよい。》資本論1:22:3

《能産的自然は、マルクスのいう"生産力"に近い概念で、一種の潜在的な能力である…
比喩的にいえば、所産的自然がベースになっていて、その凝縮したものが能産的自然だ
と思うのです。
 能産的自然と所産的自然という概念は、大変分りにくい。どうして分りにくいのか,と
いうとスピノザの自然が人間と人間の社会をさしていたからだ、と思うのです。》
『スピノザの方へ』鷲田小彌太125頁

消費の力を位置づける前段階として…

679考える名無しさん2018/05/29(火) 08:53:54.990
>>677
仏像を拝んだら、それは仏教を理解したことだよ?

違う理解のしかたはあるにしても。

680考える名無しさん2018/05/29(火) 12:08:23.470
戦略性のない独り言

681DJgensei artchive gemmar 板長net2018/05/29(火) 16:09:57.090
神学なんて書いちゃいけない縛りが一番あるとこだぞ。

682考える名無しさん2018/05/29(火) 18:02:02.070
この世を支配しているのはフリーメイソン=サタニストです
「フリーメイソンが世界を支配している」というと一笑に付す人がいます
しかしそういう人はよく調べていないか、知っていて隠しているのです

http://www.orieoriginal.com/shop/products/detail.php?product_id=13

https://www.a-inquiry.com/ijin/marx.html

http://www.ryoma1115.com/kinenkan/index.html


https://illuminatisymbols.info/masonic-hidden-hand-sign/

サタンから権力を授けられたものたちにはそれにふさわしい軽蔑を与えましょう
この世のことはもうすぐ過ぎ去るのです

683オニオン2018/05/30(水) 00:04:02.060
レーニン「カウツキーの空虚なおしゃべりにはうんざりだ」

684考える名無しさん2018/05/30(水) 00:12:29.380
エンゲルスは工場経営者だからマルクス主義ってのは簡単に言えば工場労働者管理法でしかない
それで国家に適用しただけ
しかも19世紀のイギリスの工場経営理論を当てはめただけだ
エンゲルスが最も影響を受けたのがロバート・オウエンという実業家だ
彼も工場を経営してた

685オニオン2018/05/30(水) 00:46:43.720
マルクスの唯物史観を彼ら自身に当てはめれば
ベルトコンベアと大量生産の時代の申し子と言えるかもな

レーニンはベルトコンベアを抽象化してより広義に捉え、工業以外にも適用すべく、
電化(今時に言うとITシステム化)を構想していたが、
当時はコンピューターが無いから、実際には役人と書類の人力コンピューターシステムだった
(結果、書類で情報システムを支配するのに長けたスターリンが台頭した)

最近だと機械では精度が出ない手工業の再評価がされている気もするけど
マルクスが現代に生まれてたら産業の何に注目するだろうね

686考える名無しさん2018/05/30(水) 02:03:35.120
AIによるタスクの完全無人化とそれによる奴隷的労働からの解放、
そして、BIによる収入の等価的分配実現により、格差を増殖させる
既存の資本主義の無化に伴う人間性の解放を謳うでしょ

687考える名無しさん2018/05/30(水) 02:43:38.790
分配は生産現場で行われなければならないから
BIは幻想
AIは独占を代表する

688オニオン2018/05/30(水) 21:22:53.280
市場原理は消費者が賢いことを前提としている
しかし実際にはBIの金はパチンコに流れる

レーニン「プロレタリア文化を育成せよ」

689オニオン2018/05/30(水) 23:31:33.470
優れた生産組織には対となる優れた消費者が必要である
しかしパチンコにソシャゲー、カジノで暇をつぶす消費者がブルジョワの体制には最も都合よい
従ってブルジョワ民主主義とその社会は人々を自然主義に代わってそのように価値観を教化していく

690考える名無しさん2018/05/31(木) 04:17:53.620
糞スレとはいえヒドイ

691考える名無しさん2018/05/31(木) 05:42:54.160
>>680
コーエーの大戦略でもやってろストーカー

692考える名無しさん2018/05/31(木) 07:28:06.050
>>690
お前が一番の癌だな

693考える名無しさん2018/05/31(木) 08:01:21.230
国立癌開発研究所?

694考える名無しさん2018/05/31(木) 08:16:31.860
実際、「廃棄」の問題系どうにかしないと

「ゴミの生産」だの「廃棄物の生産」だのわけわからん言い方をしなきゃならないのは何故か?
という問いが残る

695考える名無しさん2018/05/31(木) 10:26:43.790
この糞スレではマルクス縛りのせいでどうしたって限界なんだよ

スレタイが思い付かないんだよバーロー

696考える名無しさん2018/05/31(木) 11:46:36.150
>>695
アンタ、来なければいいじゃないw

697考える名無しさん2018/05/31(木) 11:48:16.580
あれフェミストが言った二千年間ひっくり返す時が来たぜ
戦争好む男バカどもの家庭守ったのもあなたのおかげ

698考える名無しさん2018/05/31(木) 13:49:07.960
男が戦争が好き?
金儲けは好きだが戦争は好きではない
戦争が好きなのはキリスト教徒
ねずみ講存続の為に世界中に布教するしかないからどうしても戦争しかけて
不幸をまき散らしてそれに乗じて布教する

マルクス主義も似たようなものでマルクス主義を売り込み経済崩壊させて
さらに労働者を取り込む

キリスト教もマルクス主義もどっちも不幸を売り込んで信者を獲得する構造になってる
貧困ビジネスだから不幸状態が固定されるだけなのに低能だから気づかない
儲かるのはトップだけ

699考える名無しさん2018/05/31(木) 14:31:32.510
陰謀論乙

700オニオン2018/05/31(木) 17:26:32.560
マルクス主義は折衝しない戦闘的な態度を重視する思想だが
革命を望んでも対外戦争は望まない。戦争は資本家の利益にしかならないからだ

一方でプルードンは戦争を人々の精神に活気を与えるお祭り騒ぎとして称賛し、
たまには戦争がなければ人間は無気力になり道徳心を失うと言う
そんな彼はナポレオン3世の戦争を支持するが、裏切られて牢屋に入れられてしまった

701考える名無しさん2018/05/31(木) 17:34:11.630
ピケティは近代に格差を縮めていた
最大のファクターは戦争だって述べているけど

702考える名無しさん2018/05/31(木) 17:43:40.620
ピケに言われるまで分からんのか?
経済学的徴兵制だの戦争経済学とか言われたのに…

703考える名無しさん2018/05/31(木) 17:47:23.670
「格差」
レヴィ=ストロースが「ゲーム」の定義で言っていたな
初めは平等条件で始まり、「格差」で終わる

人類学の知識が無い奴らはこれだ

704考える名無しさん2018/05/31(木) 18:36:59.990
俺の方が利口だ!

705考える名無しさん2018/05/31(木) 19:02:11.100
>>16
おぃっ!

706オニオン2018/05/31(木) 20:00:51.790
言ったはずだ
ピケティーよりピカチューだと

707オニオン2018/05/31(木) 20:09:38.380
ケインズとか戦争経済すなわち穴を掘って埋める仕事の創出で賃金を上昇させるのは
ブルジョワの経済学のけちくさい偽善だとエンゲルスが見破ってるだろ

708考える名無しさん2018/05/31(木) 21:04:12.040
>>701>>702
戦争の時には莫大な富が浪費される。
庶民から徴収できる富はないから、自然と蓄積された資本が減少する。

日本の場合は、ギリギリ以下まで庶民から徴収した。
それが「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」の中身。

709考える名無しさん2018/05/31(木) 21:06:21.420
スペクタクル段階の話すら出来ない糞スレ

710考える名無しさん2018/05/31(木) 21:09:49.190
100人の 20世紀  ケインズ 2/2
https://youtu.be/A8DFGbRzCiQ?t=6m20s


“If we can cure unemployment for the wasted purposes of armaments,
we can cure it for the productive purposes of peace.”
1939年5月23日BBC

「もしわれわれが軍備という無駄な目的のために失業を救済し得るならば、
われわれは平和と言う生産的な目的のためにもそれを救済できる。」
(邦訳全集25巻612頁)

711考える名無しさん2018/05/31(木) 21:16:05.010
マジ
スレタイ募集

どうせふざけたレスしか来ないんでやっぱいいか…

712考える名無しさん2018/05/31(木) 21:34:12.520
余計なこと言った
常駐組が来ても仕方ないんだった

711はミス

713考える名無しさん2018/05/31(木) 21:36:15.520
ゲーム理論に吐き気を催したのは偶然ではない

714オニオン2018/05/31(木) 22:07:14.670
>>710
金を撒いて穴を掘って埋めるのがケインズの限界
真の事業創出はレーニン主義の統治体系にしかできない

715考える名無しさん2018/05/31(木) 22:50:14.850
あと100レス
頑張れ

716考える名無しさん2018/05/31(木) 23:27:11.040
>>705
なにか不満?

717考える名無しさん2018/06/01(金) 11:04:46.780
最 も 致 命 的 な エ ネ ル ギ ー

核エネルギーの放出が起こるのはエーテル・レベルであり、
それはかつて地球上で起こった最も致命的なエネルギーの放出です。
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/lifeline/1511695368/l50

718考える名無しさん2018/06/01(金) 11:36:31.820
>>698
不幸の押し売りしてるのはお前だ

719考える名無しさん2018/06/01(金) 16:53:14.960
キヨサキ君ってまだいたのか
顔写真に本名まで出てるのにようやるわ

720考える名無しさん2018/06/02(土) 21:57:13.780
副島隆彦(と小室直樹)からロバート・キヨサキ(とバックミンスターフラー)とはまってきたが
最近は鴨頭嘉人っていう人にはまってる
学術的なことはあまりしらないっぽいが言葉が上手い

マルクスは素晴らしいし役に立つ考えも多々あるが、学者の一人でしかない
ということに気付いた方がいい
偶像崇拝を禁止したユダヤ教の知恵に耳を傾けるべき
マルクスを否定しろとは言わないし別に批判的に見ろとも俺からは言わない
ただし学問の全体像を上から見ながら個々の分野に注目することを意識した方が良い

自分の足場を作らず右と左・上と下・外と内、資本主義でも社会主義でも労働者でも
経営者でも起業家でも学者・素人、その他いろいろな目線に立って分析してみよう
縦横無断に立場を変えて偏見を減らして心を開いて見てみよう

721オニオン2018/06/03(日) 00:20:11.650
ここはスレタイ通り、カール・マルクスとその仲間たちについて語るスレだからな
ルールを守れないやつは他所でやってくれ

722考える名無しさん2018/06/04(月) 05:20:34.160
>>708
庶民からは「命」まで絞りとったんだよ。富国強兵国家は。

723考える名無しさん2018/06/04(月) 05:25:40.080
資本主義が対外戦争を必要とするってのは
ローザやレーニンの帝国主義論の中にあったものじゃないかな?
資本は「有効需要」を求めて侵略戦争に明け暮れるって。

724考える名無しさん2018/06/04(月) 15:09:43.450
>>721
マルコメ?

725考える名無しさん2018/06/04(月) 19:34:31.010
>>723

資本家はどこの国でもたいてい嫌らわれものだろ
戦争を始めるのは資本家ではなく政治家と宗教家
資本家は金を巻き上げられるだけ

欧米では経営者に官僚や政治家が天下りするのなんてしょちゅうだよ
イスラエルでは軍人が天下りする
中国では企業は共産党の言う事を聞かないと潰されるだけ

金持ちや資本家は政治家には逆らえない

726DJgensei artchive gemmar2018/06/04(月) 19:56:32.920
天下取りのほうが。軍人は。

727考える名無しさん2018/06/04(月) 20:21:29.380
>>725
しかし「賃労働・資本」という社会関係をそのままにして、いくら権力を握っても、国家経済を破滅させたくなければ、資本を栄えさせる政策を採らざるを得ない。
個々の資本を支配したり潰したりすることはできても、国を弱体化させるような、国家総資本を不利にする政策は採れない。

こういう形で帝国主義世界では資本の利益が(侵略的)政策として貫徹する。

728考える名無しさん2018/06/04(月) 20:32:21.720
まずは腐敗しない共産主義を発明しないとな
題目だけじゃ人はついてこない

729考える名無しさん2018/06/04(月) 20:40:18.600
>>725
政治家というのは利益階級の代表。
資本主義国家では、資本家の利益を代表する。
ちなみに、経営者というのは資本家ではなく、資本の増殖を義務付けられた労働者に過ぎない。

730考える名無しさん2018/06/04(月) 20:44:39.510
日本共産党の政治家も利益階級の代表
になるんだけどそれでもいいのか

いつもガバガバだな

731考える名無しさん2018/06/04(月) 20:52:54.950
>>730
日本共産党の政治家は、もちろん労働者階級の代表w

732考える名無しさん2018/06/04(月) 21:44:58.820
ほんと議論が下手だな
そんなんじゃ反グロの波があっても
党勢拡大できないぞ

例えばワープアネトウヨのメンタルを
うまく反転させたりする説得力が必要なのに

733考える名無しさん2018/06/04(月) 22:15:40.860
>>732
ワープアだろうと富裕層だろうと、ネトウヨのメンタルなど邪魔なだけ。

左翼的な思考に変わったとしても、パヨクにすら届かないw

734考える名無しさん2018/06/04(月) 22:25:24.200
あらら
わかってないなあ
ちっちゃなエリート主義だねえ

そりゃ労働者いいながら孤立するわけだ

735考える名無しさん2018/06/04(月) 22:37:28.890
>>734
大衆というのは常に現状を肯定するもの。

レーニンが正しい。

736考える名無しさん2018/06/05(火) 00:40:39.200
タカタのインフレータの根本的な問題は未解決のはずなのに、タカタの工場の
オーナーがJoysonに変わり、資本関係が変わった以外は何も変わらずに
今までどおりのエアバッグを市場に供給するのに問題が消える(?)というのは、
どう考えてもおかしな話じゃないのかな。
http://lasemana.com.uy/joyson-ex-takata-apunta-a-proveer-bolsas-de-aire-a-todo-el-mercosur-dice-su-gerente/

Joyson (ex Takata), apunta a proveer bolsas de aire a todo el Mercosur,
dice su Gerente
24 mayo, 2018 lasemana

737考える名無しさん2018/06/05(火) 00:46:11.950
こちらはオーナーが変わっても、社名はタカタのままだし、タカタの社名で
エアバッグを製造するのに、利益はJoyson(Key) Safety Systemsに所属し、
訴訟リスクと賠償責任だけタカタに所属することになるの?

http://www.zf.ro/auto/recrutare-masiva-producatorul-de-componente-auto-takata-cauta-650-de-oameni-pentru-fabricile-din-arad-si-sibiu-17235313
Recrutare masivă: Producătorul de componente auto Takata caută 650 de
oameni pentru fabricile din Arad şi Sibiu

miercuri, 00:05

738オニオン2018/06/05(火) 02:44:52.960
天に撰ばれし者たちが、そうでない愚民たちを導かなくてはならない!
マルクス主義の唯一にして決定的な弱点は、啓蒙思想でありながら同時に選民思想であること、すなわち凡骨には絶対に理解できないことなのだ

739考える名無しさん2018/06/05(火) 07:57:41.930
大衆を覚醒させる側に立ち続けたい
という欲望には抗えないからね

740考える名無しさん2018/06/05(火) 08:29:57.180
民主主義(普通選挙)が発達していない場合の開発途上国では
資本主義も社会主義も権力機構が大抵腐敗しているよ。
経済体制の問題じゃない。

741オニオン2018/06/05(火) 10:21:57.070
民主主義は腐敗しないという神話
民衆そのものが腐敗した韓国という現実

742考える名無しさん2018/06/05(火) 10:45:38.720
その韓国より遅れている日本。

日本人には、民主主義は無理だよね・・・

743考える名無しさん2018/06/05(火) 11:16:56.860
日本は歴史的に
マルクス主義とか入ってくる前に
対策考えはじめてるっていう流れがある
民主主義も輸入するのと最低同時に
どうすんべって対策しようとするので
理念的に根付かないしそれでもまあいい

744考える名無しさん2018/06/05(火) 12:02:13.420
New Associationist Movement(NAM)の原理  第二版
柄谷行人
2001/07/01
http://nam21.sak ura.ne.jp/nams/index.html
われわれはアテネの民主主義から学ぶべきことが一つある。アテネの民主主義は、僭主制を
打倒するところから生まれたと同時に、僭主制を二度ともたらさないような周到な工夫によって
成立している。アテネの民主主義を特徴づけるのは議会での全員参加などではなく、行政権力
の制限である。それは官吏をくじ引きで選ぶこと、さらに、同様にくじ引きで選ばれた陪審員に
よる弾劾裁判所によって徹底的にそれを監視したことである。実際、こうした改革を成し遂げた
ペリクレス自身が裁判にかけられて失脚している。要するに、アテネの民主主義において、
権力の固定化を阻止するためにとられたシステムの核心は、選挙ではなくくじ引きにある。
くじ引きは、権力が集中する場に偶然性を導入することであり、そのことによってその固定化を
阻止するものだ。それこそが真に三権分立を保証するものである。かくして、もし匿名投票に
よる普通選挙、つまり議会制民主主義がブルジョワ的な独裁の形式であるとするならば、
くじ引き制こそプロレタリアート独裁の形式だというべきなのである。アソシエーションは中心
をもつが、その中心はくじ引きによって偶然化されている。かくして、中心は在ると同時に無い
といってよい。

745考える名無しさん2018/06/05(火) 12:16:04.370
>>744
>くじ引き制こそプロレタリアート独裁の形式だというべき

これ、吉本隆明の受け売りだよ。

746考える名無しさん2018/06/05(火) 12:30:40.530
公正なくじ引きが行われ得るような社会が実現しているなら、くじ引きが
行われなくても、くじ引きによって偶然化され得るような範囲内で権力の
均衡状態が実現されているという話に過ぎないのでわ

747考える名無しさん2018/06/05(火) 15:23:51.900
あらゆる官職をくじびきで選んだ役人にやらせるという制度が通用するとは思えない。
たとえば国の指導者にとって最も重要な仕事は国を守ることだが、
くじびきで選んだ将軍に率いられる軍隊が戦争に勝てるわけがない。
結果その国は滅んで人民は外国の奴隷になるだろう。

748考える名無しさん2018/06/05(火) 15:25:33.790
>>746
くじ引きというのは公正なものだよ。
博奕のサイコロでも宝くじでも、同じように公正。
くじ引きの結果としての権力の拡散、あるいは権力の無化ということ。

749考える名無しさん2018/06/05(火) 15:36:18.980
現実には小さな集団のクジ引きから
初めて経験を蓄積したほうがいい
まずは日本共産党で実験かな

750考える名無しさん2018/06/05(火) 15:36:43.380
ギャンブルが公正ではなく、胴元が確実に勝つような仕組みが確保されているから
賭博場が成立するように、例えば、宝くじのようなくじ引きでも最初から、
くじの発行元が大儲けできるように計算されている。現実にくじ引きで地位の
割当てが行われることになれば、似たり寄ったりの運用が確保されることは
明白。

751考える名無しさん2018/06/05(火) 15:43:32.650
>>747
国の指導者にとって最も重要な仕事は国を守ること、ではなく、自分がその利益を代表する階級を守ること。
資本家の国では資本家を、労働者の国では労働者を守る。

くじびきで将軍を選んだからといって、戦いに負けるとは限らない。
現に、エリートに率いられた日本軍も、ならず者に率いられたナチス軍も大敗している。

752考える名無しさん2018/06/05(火) 15:43:57.620
中国共産党も民主主義だしね
運用や細則で締め付けはいくらでも
コントロールできるんだな

日本でも選挙で供託金があるように
総体としてのシステムを考えないといけない

753考える名無しさん2018/06/05(火) 15:45:34.770
>>750
胴元が得る収入はくじとは無関係。

くじ自体は公正だ。

754考える名無しさん2018/06/05(火) 15:47:20.080
クジ引きで労働者から判事を決めると
いうのはどうかな

労働者の楽園になる

755考える名無しさん2018/06/05(火) 15:56:11.000
>>723
国庫が豊かならベーカムでもなんでも導入して福祉国家を作ることはできるだろう。
しかし、現実にはそこまで豊かじゃないから、できない。
どうしてもやろうと思ったら、海外にはけ口を求めて、巨大植民地帝国を作って奴隷を確保しないといけないだろう。
ナチスはそれをやろうとしたわけだ。
ナチスは国内では福祉国家をめざしたのは案外知られていない。最近になって多少は知られるようになった。
帝国主義の正体というのは、国内の福祉国家をめざす人たちによって推進されるんだよ。
資本家なんかじゃない。レーニンは間違っているよ。

756考える名無しさん2018/06/05(火) 16:03:06.320
>>755
ナチスの資金がどこから出ていたと思う?
ユダヤと敵対する資本家層からだ。

ヒトラーはなによりも共産主義を憎み、敵対した。
ナチスが代表していたのは、新興ドイツ資本家階級の利益だ。

757考える名無しさん2018/06/05(火) 18:20:45.570
例えば、陪審員はくじ引きで選ばれることになってるよな。
Wikipediaを見ても、

>有権者名簿その他の名簿をもとに、陪審員抽選器を用いて陪審員候補者が
>無作為に必要な数だけ抽出され

と書いてある。社会保障番号で選ぶのだから、陪審員になる資格のない外国人を
抽選の名簿から除外することは簡単だ。ところが、有権者でもない外国人なのに
これがよく当たる。何回当たったことか。そのたびに資格がないと断る。
もはや嫌がらせのようなものだ。

758DJgensei artchive gemmar2018/06/05(火) 18:31:27.500
フランコの方が面白いよ。ゲルニカとか。

759考える名無しさん2018/06/05(火) 18:35:10.990
下手を打ったな。正直過ぎるんだよ
カルロスとか、クーデター未遂とか

760考える名無しさん2018/06/05(火) 18:36:05.830
実態が伴っていなかったけど、共産主義のソ連や毛沢東の中国も、
国内的には、究極の目標としては、福祉国家を目指していたんだろう。
(どうしても経済がうまく回らず、貧乏国になったけど。)
ソ連も中共もあからさまな帝国主義国家だった。
かれらは打倒帝国主義をスローガンに掲げていたので、これは一見矛盾しているようにみえる、
しかし、じっさいには矛盾していない。
共産主義国家と帝国主義が両立可能な核心はここにある。

761DJgensei artchive gemmar2018/06/05(火) 18:36:14.140
干せ アントニオ カルロス 。ドライクリーニングの方が便利。

762考える名無しさん2018/06/05(火) 18:42:04.610
フランコ時代に、病院で新生児が大量に死んだことにされて、実際には、
無関係の家庭で養子として育てられていたんだよね。そうやって、
あかの他人の家庭で育てられた人々は、その後、どういう人生を送ったんだろうね。
追跡調査とか存在するのかな?

763DJgensei artchive gemmar2018/06/05(火) 18:44:07.300
爆撃?ゲルニカは抽象画世界ではエースだよ。

764考える名無しさん2018/06/05(火) 18:44:50.240
プッチ(ドイツ語でクーデターを意味する)・ダモン(綴りは、デーモンで、
悪魔を想起させる)とか、面白い名前だよね。

765考える名無しさん2018/06/05(火) 18:46:06.350
英国が裏でフランコを支持していたなんてことはないと思う。

766DJgensei artchive gemmar2018/06/05(火) 18:46:42.910
軍政に圧倒され、魔王に滅ぼされ、ですか、華寄り男死

767考える名無しさん2018/06/05(火) 18:48:20.660
漉し餡の串団子は好きです。

768考える名無しさん2018/06/05(火) 18:50:56.590
フランコは、性的には不能だったらしいね。だから本当は子供はいないらしい。
喋り出すととめどもなく一人で勝手に何か話す。いわゆる○スペ?

769考える名無しさん2018/06/05(火) 18:55:04.190
>>756
ナチス政権宣伝相ゲッペルスの妻のマグダの本当の父親はユダヤ教徒の資本家だったことが判明している。

770DJgensei artchive gemmar2018/06/05(火) 18:55:10.450
インポの時間的無駄のなさ
。僕は下半身が爆発して、尿道管を引き抜いて血だらけのED。

771DJgensei artchive gemmar2018/06/05(火) 18:59:59.160
瘤ができて、やけどもあるし、EDクリニック当たったよ。

772DJgensei artchive gemmar2018/06/05(火) 19:01:00.500
自分は大丈夫だけど、周りに迷惑かけないように気にしてる。
子供には不自由はなかったけど。不具合はあったかもしれない。

773オニオン2018/06/05(火) 22:19:56.170
『共産主義宣言』が出たとき、我々はそれを『社会主義宣言』と呼ぶわけにはいかなかった
当時は社会主義というとき、2種類の人々が含まれていたからだ
ひとつはオーウェンやフーリエの主義者であり、これは両社とも既に萎縮してしまって、死にかけた宗教となっていた
もうひとつは膏薬をべたべたとはって傷口を補強し、資本や利潤の問題を根本から解決せずに社会の弊害を取り除こうとする種々雑多な社会的ヤブ医者であった
両方とも労働者運動の外部にたち、「教養ある階級」に支持を求める人々であった
これに対して、労働者のうちで、単なる政変では十分でないと確信し、社会の根本的改造を要求する人々は当時みずからを共産主義的と称した

(中略)

「万国のプロレタリアよ団結せよ!」42年前のパリ・コミューン前夜、われわれが世界にそう叫んだとき、これに答える声はわずかしかいなかった
だが1864年には、西ヨーロッパの国々は団結して、インターナショナルを組織した
この組織自体はたしかに9年しか生きなかった。だがこれによって創始された世界のプロレタリアの永遠の盟約は今も生きており、前よりもっと力強く生きている
それを示すのに、今日という日以上の良い証人はいない――というのは、私がこの文を書いている今日、ヨーロッパとアメリカの労働者階級は、
"ひとつの軍隊として、ひとつの旗の下に、ひとつの当面の目標"、すなわちジュネーブ大会・パリ労働者大会にて宣言された8時間労働制の法的確立のために、
その初めて動員された戦力の閲兵を行うのである。嗚呼、マルクスが生きていれば、この光景を見せてやりたかった!

F・エンゲルス

774考える名無しさん2018/06/05(火) 23:08:01.930
ちょっと前に出た非正規と正規の格差を是正する方向性を持った最高裁判決は、
社会主義的判決と言えるわけだな。

775考える名無しさん2018/06/05(火) 23:13:43.640
まあ底辺への競争だけどね

そういえばロールズはどこまでいっても
国家を中心とした思考があるんだけど
昔はその含意を理解できなかったな
ただ反感持ってた

776考える名無しさん2018/06/05(火) 23:21:51.650
柄谷行人が定本トランスクリティークでロールズを引用している

ロールズ、『正義論』フランス語版序文より

 「この場合、はじめから少数者にではなく市民全員の手に生産手段が委ねられ、それに
よって市民が社会生活のためにじゅうぶんな協力体制を組めるように、諸制度を整備し
なければならなくなる。強調されるべきは、ある期間を通じて資本および資源の所有が
偏りなく分散され、しかもそうした所有の分散が、相続と譲渡に関する法律、機会の公正な
均等を求める法律(それに基づいて教育や育成のための諸方策が認可される)、さらに
政治的自由の公正な価値を守るための諸制度に関する法律によって、実現されるという
ことである。」

                 川本隆史・米谷園江訳「みすず」No.385より(1993.4)
                 原典、ロールズ『正義論』フランス語版(1987)

777オニオン2018/06/05(火) 23:28:55.910
一国内だけでブラック企業体質を改善すると、他の国との企業競争力が下がり、その国の資本家と労働者は共倒れになる――ので、嫌でもブラック企業体質に戻らざるを得ない
それが社会主義の限界、視野の狭さ、長期的戦略性の欠如なのだ

778考える名無しさん2018/06/05(火) 23:35:44.650
>>777
なぜ、日本だけがブラックでないと競争できないと思うの?

先進国でブラックなのは日本だけだよ?

779オニオン2018/06/05(火) 23:43:54.180
>>778
逆に考えるんだ、ブラックだから日本企業は先進国の中でも強い

780考える名無しさん2018/06/05(火) 23:45:45.120
>>779
日本の没落は覆いようのない事実だよ?

781オニオン2018/06/05(火) 23:51:53.970
>>780
欧米も没落してるから気にするな

782考える名無しさん2018/06/05(火) 23:52:23.340
終身雇用と失業率の低さ重視が
国民性由来だという議論があってこの場合
無理やり法で縛らないとブラック化は
止められない
これは乞食が道を歩いていない社会とも言える

なので例えば派遣社員は比較的ブラック化しない
失業するのでw

783考える名無しさん2018/06/05(火) 23:56:33.690
>>781
日本より没落してる国があるの?

784考える名無しさん2018/06/05(火) 23:57:45.100
>>782
非正規のブラック化は顕著だよ。
雇用側には、雇止めという伝家の宝刀があるからね。

785考える名無しさん2018/06/06(水) 00:03:55.620
>>784
アメリカは解雇しまくりの社会
ホームレスだらけ
雇い止めがブラックなら失業率高い国は
ブラックということになる

日本だけブラックじゃなかったん?
それともいつものガバガバ?

本当に一生かけて労働者問題と
向き合ってきたん?どうも嘘っぽいな

786考える名無しさん2018/06/06(水) 00:04:41.330
>>783
ヨーロッパ諸国なんか経済のカンフル剤にするために安い労働力を目当てに移民を入れまくった挙句国内に亀裂が生じているわけだろ。
そのうち元のフランス人が少数民族化するだろう。
イスラム教徒に元のフランス人が虐殺されてイスラム国家になるだろう。

787考える名無しさん2018/06/06(水) 00:07:40.560
けっきょく繁殖力の強い民族が勝つんだろう。
マルクスは世界史は階級闘争の歴史といったけど、
世界史は民族闘争の歴史だといった男がいる。
ヒットラーだ。
どうもヒットラーのほうが正しい気がする。

788オニオン2018/06/06(水) 00:08:06.140
このスレ、意外と人いるのな
ID(できればワッチョイ)が欲しいところ

789考える名無しさん2018/06/06(水) 00:08:56.230
派遣社員は契約が細かく、派遣会社に雇用
されているので比較的ブラック環境になりにくい
失業はしやすい
当たり前

790考える名無しさん2018/06/06(水) 00:09:24.070
>>785
EUはいうまでもないが、アメリカも意外と社会保障が充実してる。
マルクスがアメリカを理想に近いと考えただけのことはある。
なにより、派遣もフランチャイズシステムもとても少ないw

誰が労働問題と向き合ってきたんだ?w

791考える名無しさん2018/06/06(水) 00:10:54.990
>>786
それならそれで仕方のないことだが、EUが資本主義国の集まりだということぐらいは知っておけよw

792考える名無しさん2018/06/06(水) 00:11:53.870
>>789
契約更新を餌にブラック化しているところも珍しくはない。

793考える名無しさん2018/06/06(水) 00:15:07.880
>>790
アメリカの医療費や解雇のしやすさを
本当に感じることができていないな
いい加減な想像だけで語っている
俺はいくらで事例を知っているからな

もうこの先10年も生きないのだから
矯正不可能だろうがな

794オニオン2018/06/06(水) 00:16:00.210
>けっきょく繁殖力の強い民族が勝つんだろう。
人口学者のエマニュエル・トッドもそんなこと書いてたな
彼はソ連崩壊のターニングポイントを出生率の低下と結び付けた

795考える名無しさん2018/06/06(水) 00:17:32.440
>>793
様々な事例があるのは当たり前。
総体としての福祉は、不法移民でもない限り、いまの日本よりは充実している。
だから、トランプでも大統領になれた。

796考える名無しさん2018/06/06(水) 00:18:01.960
>>792
意味不明
仕事は契約細かく決まっているんだから
派遣会社の営業にぶつければ良い

団塊爺さんは子供の生活を心配しとけ

797考える名無しさん2018/06/06(水) 00:20:15.160
>>796
派遣会社の営業にぶつければ、次のところを紹介しましょうで終わり。

少しは外に出て働いてみろよw

798考える名無しさん2018/06/06(水) 00:22:31.950
総体の福祉の意味が不明
国民皆保険もないのに

ホームレス死ぬほどいるぞ
一度暮らしてみたら見えるだろうね

まあドイツ語から逃げている人生じゃ
無理だけどw

799考える名無しさん2018/06/06(水) 00:24:56.000
>>798
人種問題と不法移民問題を抱えている国と、ほとんどいない国の違いぐらいは理解しろ。

お前がアメリカで暮らしたことがあるなら、英語でレスしてもいいんだぞ?

800考える名無しさん2018/06/06(水) 00:27:10.780
>>797
アホかw
ブラック化の大きな理由は
雇用に流動性がないからという
文脈が理解できないのかな

そしてその気風がなんとなくの国民性であれば
法で縛るしかないと言っている

大丈夫か

801考える名無しさん2018/06/06(水) 00:30:11.730
>>799
意味不明
アメリカが日本よりも社会保障が充実して
広く行き渡っているか否かという問題で
俺はアメリカの方がマシとはとても言えないという立場

難しい話じゃないよ

802考える名無しさん2018/06/06(水) 00:34:44.490
>>790
え、人生をマルクス主義に捧げた人が
労働問題に向き合っていないなんてことあるん?
口だけ?
ただチンタラ漱石読んでたの?
ドイツ語もやらずに?

803考える名無しさん2018/06/06(水) 00:38:59.610
今日の珍説をふたつ紹介

1アメリカは日本よりも
一般的な国民の社会保障が手厚い

2雇い止めはブラック認定だが
解雇のしやすさはブラックと認定しない
したがってアメリカはブラックではなく
先進国の中では日本だけがブラック

804考える名無しさん2018/06/06(水) 15:44:02.290
>>778

英米ヨーロッパは植民地の人間や奴隷に超低賃金で強制労働させて儲けてただけ
奴隷貿易自体でも儲けてたけど
これをブラック労働と言わないで何をブラック労働と言うんだよw
やってることは今も変わらん

欧米やキリスト教が2001年から中東に戦争しかけてる理由は三つだ
1キリスト教を布教しねずみ講ネットワークの拡大して儲ける
2戦争ビジネス
3低賃金労働者を手に入れる

英米は植民地の反省が一切ない事すら知らんからアホみたいな理解になる
日本のマルクス主義はしょせん似非だからキリスト教と英米の悪事を一切教えないことになってる
戦前もキリスト教徒の影響があったけど戦後共産党はアメリカ軍人のマッカーサーが
作り出して育てたものだからね

知能が低くて情報が極端に偏ってるのはそれが理由だよ

805考える名無しさん2018/06/06(水) 15:55:33.100
>>796

英米は奴隷貿易と農場での強制労働
ネイティブアメリカンとアボリジニとエスキモーの民族丸ごと皆殺しと国ごと乗っ取り
地元のギャングやマフィアや犯罪者と手を組んで世界中にアヘンをばらまいたり
自国の工場で作ったガラクタを政治力を使って植民地政府に強制的に買わせたり
植民地の企業を全部潰して英米の企業で市場を独占したり
マルクスの理想ややりたかった事が全部つまってる

エンゲルスがイギリスで工場経営してた資本家で他の資本家と交流してたから
そういう政策が大好きなんだよ
エンゲルスは工場経営者のボンボンの息子
マルクスは起業の広報部長だよ
第一インターナショナルってのは今でいうドでかい貧困ビジネス
馬鹿や貧乏人を騙して金をちょろまかして儲けてた

806考える名無しさん2018/06/06(水) 16:26:16.220
マルクスはフリーメイソンである
同じくメイソンのハイネと悪魔召喚儀式を行って成功させている

807考える名無しさん2018/06/06(水) 16:57:22.320
>>800
雇用の流動性というのは、経営者が簡単に労働者の首を切れること。
それがブラック化の根源。
あなたは大丈夫じゃないみたいだ。

808考える名無しさん2018/06/06(水) 16:58:16.570
>>801
不法移民以外なら、アメリカの方がマシ、だよ?

809考える名無しさん2018/06/06(水) 17:00:06.920
>>804
歴史と現在を混同するのは愚かだね。

810考える名無しさん2018/06/06(水) 17:12:57.180
>>798

欧米でホームレスが増えてるのは住宅やアパートの値段が高騰してるからだよ
仕事はあるし金があっても住むところに無駄な金を払いたくないんだよ
1996年に始まったロバートキヨサキのフィナンシャル革命の余波

欧米のホームレスが増えた理由をお前ら化石人間には理解できないだろうな

811考える名無しさん2018/06/06(水) 17:26:04.900
>>786

欧米が十字軍戦争やらかして人が生活できるような所じゃなくなったから
仕方なく欧米に来ただけだぞ
それとヨーロッパに多いのはベルベル人とクルド人
ヨーロッパの植民地の手先やってた人で今でも中東でISと戦ったりしてる

キリスト教徒や欧米人やお人好しじゃないし自分の利益にならないことは一切やらない
そもそもキリスト教ってのはユダヤ教を過激化したもの
ニーチェによるとキリスト教をユダヤ教の完成系と述べている
それなのに反ユダヤ主義ぶってるキリスト教徒は滑稽なんだと

資本主義へ言った悪口を自らが100倍規模で実践したマルクス主義者みたいなもので
マルクス主義者もキリスト教徒も同じ位理性がない人たち

812DJgensei artchive gemmar2018/06/06(水) 17:31:32.090
キリストからするとマルクスはじゃくてんを突くからまだ若い。生半可にね。
文脈城マグダラと マルクス のほうが縁がいいでしょ。

813DJgensei artchive gemmar2018/06/06(水) 17:34:09.180
文脈上。

814DJgensei artchive gemmar2018/06/06(水) 17:40:47.450
ユダヤやパリサイは律法 価値の傾倒というより ラジカリズム的価値観の破壊者としては認めてる。ま比較的新しい宗教で、新星ともいえた、

815DJgensei artchive gemmar2018/06/06(水) 17:43:29.290
けど、ユダの裏切りというのは、金融関係の祖で、世界最大の功労者でもある。
裏切りではないよね。保釈金や釈放金のはなしだ。

816DJgensei artchive gemmar2018/06/06(水) 17:48:51.850
キリスト マリア をね。巡礼の初めだね。
小説聖書 もおすすめになる。

817考える名無しさん2018/06/06(水) 18:04:44.240
809
一神教のやつらは何千年も前の事を昨日の事のように語るやつらだぞ
土人の粘着性と保守性を甘く見るなよ
やつらは変化が大嫌いだ

818考える名無しさん2018/06/06(水) 18:07:07.460
欧米メディアを見れば分かるがサムライ忍者芸者しか知らんアホ
日本にいるカトリック代表のイエズス会が日本の情報を管理してるから
こういう理解になる

つまり奴らは1600年の時代から一ミリも頭が進歩してない証拠だ

819DJgensei artchive gemmar2018/06/06(水) 18:07:40.600
過去の記憶がない事 未来、の視座があること。いわゆる知覚と幻。
それは確かに一神教だ。しかし、女性が孤立しないのがいい土地で、
男性が求婚で被らないのがいい国だよね。

820DJgensei artchive gemmar2018/06/06(水) 18:08:37.760
ヤソの方が少数精民血統かもね。

821考える名無しさん2018/06/06(水) 19:07:16.730
>>807
日本は解雇規制厳しいので有名
これがどうにもならないので
是非は別として派遣法ができた

思想家志願のバカは黙っとけ

822考える名無しさん2018/06/06(水) 19:35:57.390
>>802
気違いかよw

823考える名無しさん2018/06/06(水) 19:41:36.750
>>821
日本の解雇規制が、日本の高度成長を支えたという事実から目をそらしてはいけない。
当時、世界の資本主義のお手本とすら言われたのが、日本の雇用制度=終身雇用+年功序列賃金。

雇用規制をどうにかしてしまって、小泉ー竹中が派遣の完全合法化をした結果、日本は先進国から凋落し始めた。
それが、日本の賃金が先進国最低レベルになった原因だ。

824考える名無しさん2018/06/06(水) 19:41:46.360
>>822
やっぱ不思議だよね
マルクス主義者って労働問題に
取り組まないのかね

マルクスの書き物読んで
漱石を崇拝していると
アカを自認できるのかな

マルクス主義も安楽椅子思想になったもんだ

825考える名無しさん2018/06/06(水) 19:44:50.650
>>823
高度成長中の日産の労働環境とか知らんの?

やだなあ
難しい話じゃない
近代ずっとブラックだったんだよ
元共産党員なら女工哀史くらい読んどけよ

826考える名無しさん2018/06/06(水) 19:47:35.690
>>824
気違いがナマポで暇を持て余して、マルクススレに張り付いてるのかw

荒らしにはそんな奴が多いんだろうが。

827考える名無しさん2018/06/06(水) 19:49:12.720
アカは年功序列賃金を正義とするのか
それは知らない議論だったな
参考になったわ

828考える名無しさん2018/06/06(水) 19:50:27.270
ナマポだって
団塊左翼の世界は荒んでいるなあ

子供は独立したん?
それとも実家暮らし?

829考える名無しさん2018/06/06(水) 19:50:55.850
>>825
日産自動車というのは、組合がとても強い企業だったんだよw

だから個性的で高性能な車を作っていたけど、金に執着するトヨタは御用組合で、良い商品対金儲け商品の販売合戦でトヨタに敗れた。

830考える名無しさん2018/06/06(水) 19:53:56.010
孫はいないのかな?
だから家庭を過度に称揚するのかもしれない
家族以外の帰属意識は悪だ!って

分かるわ〜
孔子も孝悌が抽象的でうるさいけど
本人が私生児で孝行する機会を逸しているからね

831考える名無しさん2018/06/06(水) 19:55:41.740
さて平家物語のつづきを読むか
原文で〜

832考える名無しさん2018/06/06(水) 20:00:03.480
>>827
能力に応じて働き、必要に応じて受け取る。

マルクススレに来るなら、マルクスの有名な言葉ぐらいは調べておけよ。

833考える名無しさん2018/06/06(水) 20:02:17.160
>>828
気違い荒らしは年金なんか払ってこなかったんだから、ナマポしかないだろw

834考える名無しさん2018/06/06(水) 21:27:07.740
>>832
何故そう言ったのかな?

835考える名無しさん2018/06/06(水) 21:30:54.480
>>833
年金とか保険制度って何?

836考える名無しさん2018/06/06(水) 23:27:10.110
>>576
>「帝国主義戦争を内乱へ転化せよ」という主張はレーニンのどの著作にみられますか?

LENIN COLLECTED WORKS 41 p.337
"ON THE SLOGAN TO TRANSFORM THE IMPERIALIST WAR INTO A CIVIL WAR"
「帝国主義戦争を市民戦争へと変ずるためのスローガンについて」

837考える名無しさん2018/06/07(木) 00:33:42.170
>>811
いい加減にしろネットしか知らないゴミ

838考える名無しさん2018/06/07(木) 00:59:02.900
>>836
それが初出なのかな。
「十月革命四周年によせて」にも、そのスローガンは正しかったと出てくるけど、ほかにもありそう。

それにしても、英語版全集は公開されてるんだよね。
日本の出版社の努力を軽視することはないけど、こういうところに、いまの日本が世界に追いつかない理由があるんじゃないかとも思う。

839オニオン2018/06/07(木) 01:05:00.120
>「帝国主義戦争を内乱へ転化せよ」
これブハーリンが激怒してレーニンを党首から引きずり降ろそうとしたらしいな

840考える名無しさん2018/06/07(木) 01:45:59.000
日本人の知っている英語とは事実上C言語でしかない

841考える名無しさん2018/06/07(木) 02:58:11.880
>>729

キリスト教というか一神教は厳密には反金持ち思想
マルクス主義もそう
世界中に信者を獲得するには少数の金持ちを叩いて大多数の貧困層中流層を取り込む以外にはない

この二つの思想が世界中で戦争と内乱を作り出した張本人
民衆の非理性的な感情を煽る手法を使う

842考える名無しさん2018/06/07(木) 03:24:46.790
>>841
バカ丸出し

843オニオン2018/06/07(木) 13:02:00.330
マルクス関連の本を読んでいないとマルクスの話はできない
キヨサキくんの情報源はいつもユダヤ陰謀論
所詮は本を読まずインターネットにかじりついてるネトウヨ程度の知識

844考える名無しさん2018/06/07(木) 13:03:19.460
(株)タカタ
第15期半期報告書(自平成29年4月1日至平成29年9月30日)
延長後の提出期限
平成30年6月15日

延びに延びていた、破綻した(株)タカタの最終的な財務報告書である
第15期半期報告書の提出期限がようやく約1週間後に迫ってきましたね。
メディアは、当然、財務の具体的な詳細を精査して、その財務処理の
内容を一般国民に理解できるように伝えるべきでしょう。自動車メーカー
の各社も、それに合わせて、「見積もり(みなし)」ではなく、具体的な
リコール費用の実費を公開する義務があるのではないですか。

近頃、政府関連の財務に関連する不正が騒がれていますが、タカタの
負債総額は、2兆円前後とも報道されてきました。その破綻処理に
関係するのは、主要国だけでも、米国、中国、メキシコ、ウルグアイ、
ブラジル、ハンガリー、ルーマニア、オランダ、ルクセンブルクなど
が挙げられます。タカタのJSS(KSS)への資産譲渡の認可には、
日本の司法だけでなく、米国、EUが直接に関与しています。
安倍政権関連の不正疑惑で騒がれている金額など、タカタの問題と
比べれば、日常的なスケールで考えると、20万円がどのように消えた
のか分らないのに、200、300円で大騒ぎしているようなものです。
その20万円についてどうなっているのか詳しく調査すべきだ
という声は、まったく聞かれず、それを追求すべきだと個人が指摘
する声をかき消すように、200円の盗難が発生しましたと大々的に
アナウンスが行われていたとしたら、奇妙だと思うでしょ。
そういうことです。それを指摘すると、それを無視して、200円でも
泥棒は泥棒だ!と喚きつづけます。

845考える名無しさん2018/06/07(木) 13:10:22.320
>>844
>主要国だけでも

南アフリカが抜けていましたね。

846考える名無しさん2018/06/07(木) 13:16:45.010
タカタの事故はその後も発生しつづけているし、その事故に関連してこれまで
少なからぬ人々が命を失い、大怪我を負っている。タカタの工場などの資産は
JSSへの譲渡が完了したものの、工場施設も雇われている従業員もそのまま
でタカタからJSSに看板を掛け替えただけです。そのことは、メキシコの
JSSの現場の責任者が断言している。

タカタのインフレータの問題についての根本的な解決策は未だに見出されて
いないはずです。解決されたという発表も報道も見聞きしたことがありません。
だとすると、工場施設も製品も変わらないのに、看板を掛け替えて、賠償
責任だけ切り離すということであれば、消費者を無視したとんでもない処理
が行われたことになりませんか?

847考える名無しさん2018/06/07(木) 13:18:01.020
日本のメディアも「知識人」もなぜかこの問題について完全に黙秘している。

848考える名無しさん2018/06/07(木) 13:44:34.610
>>847
スレ違いだし、事実関係が間違いだらけだしw

849考える名無しさん2018/06/07(木) 15:04:57.660
こいつタカタに恨みでもあるのか?w

850考える名無しさん2018/06/07(木) 15:38:04.120
>>849
タカタにかこつけた、反共団体の反中国キャンペーンの一つだろ。

安倍の中国包囲網が、どこにも相手にされなくて自然消滅しちゃったからねw

851考える名無しさん2018/06/07(木) 15:53:32.700
>事実関係が間違いだらけだしw

どこがどう間違っているのか具体的に指摘しないと説得力がありませんよ?

852考える名無しさん2018/06/07(木) 15:55:46.540
>>851
スレ違いだし、説得しても無駄だからどうでもいいw

853考える名無しさん2018/06/07(木) 16:09:30.930
タカタは、戦後、日本の製造業における最大規模の企業破綻の実例であり、
その破綻とその処理には、日本だけでなく、米国、中国、およびEUが
関わり、北米、南米、欧州の工場を含む資産、ならびに経営者と労働者
が関係していて、タカタの事例は、今現在、世界の資本主義がどのように
機能しているのかを具体的に示している。それを分析することもできず
に、資本主義がどうのとマルクスの言葉だけ弄っていても、何の意味も
ないだろう。

854考える名無しさん2018/06/07(木) 16:11:36.730
>>853
デタラメなタカタ話のほうがもっと無意味だよw

855考える名無しさん2018/06/07(木) 16:18:23.820
それよりもタカタ問題に執着するようになった
成り行きを聞きたいな

マルクスも内容がどうのじゃなくて
いつ頃どういう状況で思想に出会ってという
話のほうがはるかに面白い

実際マルクス思想よりもマルクスの生きた時代
を知るほうが面白いのと一緒

856考える名無しさん2018/06/07(木) 16:25:48.820
>>855
タカタ問題に執着してるなら、デタラメな内容を書き込んだりしないw

857考える名無しさん2018/06/07(木) 16:27:24.060
いいんじゃね糞スレだし
前からこんなもんだったよ

858考える名無しさん2018/06/07(木) 16:29:47.400
>>856
いやマルクススレでタカタ問題を
語る人の実像を知りたい
コピペじゃなくて反応している文章だから
テキストの向こうに人が見える

859考える名無しさん2018/06/07(木) 16:31:22.020
>>858
コピペだよ?
同じレスを前々スレぐらいから続けてる。

860考える名無しさん2018/06/07(木) 16:57:54.970
出来事(Ereignis)の解釈を私的なエピソードに還元しようとというのは、
まさしく反マルクス的な態度と言わざるを得ないでしょう。

出来事(Ereignis)に関して主体を前提とすることによる物語の
私物化(Ereignung)です。

861考える名無しさん2018/06/07(木) 17:51:33.770
お前が「物語」を口にしてはならない

862考える名無しさん2018/06/07(木) 17:51:33.950
お前が「物語」を口にしてはならない

863考える名無しさん2018/06/07(木) 18:02:57.910
>>855
マルクスが生きた時代というのは、基本的に経済というのは、なすがまま、
自由放任にしておけば自然の摂理によってうまくいくといわれた時代だった。
しかし、現実には景気の変動は激しく、不況になれば巷に失業者が溢れる時代であった。
経営者は不況になれば容赦なくクビを切るし、そうでなくとも、賃金をできるかぎり下げようと努力していた。
しかし、今日、そこまでの不況はみられなくなったし、賃金も一定のルールによって払われる慣行が広まっている。
しかし、階級闘争という本質は変わっていない。
それを表面化させないための工夫が行われるようになったということなのだろう。

864考える名無しさん2018/06/07(木) 18:08:04.520
本質的に、労働者というのは被使用者であり、使用者である経営者とは立場の強さがまるで違う。
だいたいこういうのは、お金を払うほうが強いに決まっている。労働力に関しては経営者の側が客なんだから。
だから、国家が介入しなければ、到底勝ち目がない。
だから、国家を支配するのがだれであるかが焦点になるのだろう。

865考える名無しさん2018/06/07(木) 18:10:10.830
失業者というよりも餓死が起こるからね
アイルランド飢饉は神の手理論で
ロンドンの政治家から放置されたし

866考える名無しさん2018/06/07(木) 18:15:46.150
迂闊だ
それでは見えざる手の論法に聞こえてしまう
技術革新が隠蔽されてしまう

キリスト教圏でいう機械の概念は俺には理解不能だが、ああいう文化圏でなければ「死んだ機械」なんて言葉はあり得ない

867考える名無しさん2018/06/07(木) 18:28:56.470
何故、職人たちが失業していってしまうのかさえ俺にはよく分からない

868考える名無しさん2018/06/07(木) 18:33:57.420
866は863へのレスです

869考える名無しさん2018/06/07(木) 19:11:26.520
>>760
中国とソ連って真逆だぞ
ソ連は国際派で他民族で統治してたけど中国では中国人だけで少数民族は弾圧されてた
でかい北朝鮮ってだけ

870考える名無しさん2018/06/07(木) 19:12:48.000
風車小屋便りで作者が住んだ風車は
個人が風車をガンガン作って粉挽きで
儲かった時代が過ぎ去った直後の
廃屋だったっけな

871考える名無しさん2018/06/07(木) 19:15:29.810
中国は文革と大躍進政策がなければなあ
あまりに共産思想の負の側面が大きすぎたね

872考える名無しさん2018/06/07(木) 19:45:54.630
>>864
国家の介入というより、労働者の団結が必要だよ。
労働者が働かなければ、資本は無に帰す。
万国の労働者よ、団結せよ、だ。

873考える名無しさん2018/06/07(木) 19:54:58.940
ストライキが成功するには逆説的だが
他の販路がなければならない
労働によってしか資本主義は倒せない

874考える名無しさん2018/06/07(木) 19:56:57.180
倒すw

875考える名無しさん2018/06/07(木) 20:00:02.460
>>873
販路?
ストライキ中の労働者は商品を売らないぞ?w

876考える名無しさん2018/06/07(木) 20:03:15.850
>>872
これ以上マルクスの台詞使うな
俗物

877考える名無しさん2018/06/07(木) 20:03:56.140
>>871
奴隷売買も第2次大戦も、資本主義の負の側面なんだが?

878考える名無しさん2018/06/07(木) 20:05:12.830
>>876
消えろ、クズ

879考える名無しさん2018/06/07(木) 20:07:33.350
それでよい
口喧嘩できるようになろうぜ

880考える名無しさん2018/06/07(木) 20:13:04.860
働いてないお前らが言うんだから笑えんのよ
そういうの分かって

881考える名無しさん2018/06/07(木) 20:19:38.030
労働者でも資本家でもない人はどうすんだろ

882考える名無しさん2018/06/07(木) 20:28:35.500
そう

だからこのスレはEndしたんでしょ

883考える名無しさん2018/06/07(木) 20:30:43.910
今度nhkで
カストロvsゲバラやるぞ

884考える名無しさん2018/06/07(木) 20:31:45.340
孤立してるのは分かってんのよ
もうこういう話題やってる場合じゃないんだ

885考える名無しさん2018/06/07(木) 20:32:58.430
誰それ?

886考える名無しさん2018/06/07(木) 20:35:36.700
>>881
階級としては、その他だが、それがインテリゲンチャの態様でもある。

887考える名無しさん2018/06/07(木) 20:37:32.010
本音いうと共産主義がどうこうより
革命家が独裁者を倒すっつう世界が好きなんだ
これいけないかなあ

だから革命家のいない共産主義って
要らない

888考える名無しさん2018/06/07(木) 20:37:59.410
技術者や科学者が職業として認識されてなかった時代もあるのよ

889考える名無しさん2018/06/07(木) 20:38:26.890
労働者と資本家とインテリげんちゃん
以外はどうすんだろ

890考える名無しさん2018/06/07(木) 20:39:19.200
ルンプロというんだ

891オニオン2018/06/07(木) 22:31:52.880
共産主義は民衆が革命神話の主役たる神々を演じること望むが、
実際には前衛党の精鋭どころかレーニンがひとりで騒いで他が付和雷同する

英雄神話としてのマルクス・レーニン主義

892考える名無しさん2018/06/07(木) 22:51:46.070
革命家のいない共産主義とかけまして

893考える名無しさん2018/06/07(木) 23:06:46.440
それはアナキズムなんじゃないかと問うてみます

894考える名無しさん2018/06/08(金) 01:06:29.980
現状は不平等だから、資産をもっている人間に対する政府の徴税権を大幅に
強化して平等に分配しろと主張するような人々が、本当に力を握ったと
して平等な分配に心掛けるかどうか、何をもって平等とするのかを考えて
みれば、単純な解決策などあり得ないことがすぐに分りそうなものだが。

895考える名無しさん2018/06/08(金) 01:30:14.520
ズブズブ利権オヤジの方が
真面目な思想家よりマシだったりね

例えば志位さんは善人に見えるが
俺は森とか野中みたいなタヌキの方が
信頼できる

なので志位さんはそういう人たちを
監視する役目を果たして欲しい
国家運営はちょっと遠慮してもらって

896考える名無しさん2018/06/08(金) 02:41:43.500
Cは不細工だから嫌だ
トップが美男美女の共産党求む

897考える名無しさん2018/06/08(金) 08:48:51.360
出来事(Ereignis)に関して主体を前提とすることによる物語の
私物化(Ereignung)としての所有(Eigentum/property)

898考える名無しさん2018/06/08(金) 08:53:58.620
物語りを変えることが所有の在り方を変える

899考える名無しさん2018/06/08(金) 08:57:48.740
海水は、人である私と魚にとって同じ特性(Eigenschaft)を有するわけではないだろう。

900考える名無しさん2018/06/08(金) 09:09:03.670
>>897-899
気のきいたことを言ってるのは認める。
革命戦士は魚、人民は海、程度の言葉の有効性も認める。
問題は、どのように、どう実現するかにある。

901考える名無しさん2018/06/08(金) 12:48:12.370
世間に通じない変なダジャレで何か意味深いことを書いたような気になってるの?

902考える名無しさん2018/06/08(金) 12:52:28.230
なってる、なってるw

903考える名無しさん2018/06/08(金) 13:09:52.300
毛沢東語録も知らない人が、このスレにいるのか・・・

904考える名無しさん2018/06/08(金) 13:30:58.960
アントニオ祈り

905考える名無しさん2018/06/08(金) 13:38:56.230
これ?
https://www.youtube.com/watch?v=NJ2iDpXpQeE
El Padre Antonio y su Monaguillo Andres

906DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 14:29:39.080
カウメロウ アントニー の呪 祈祷 呪いを解くのが祈祷なのか?祈祷を
縛るのが呪いなのか?だな。

907考える名無しさん2018/06/08(金) 15:05:22.940
とことん小賢しいが糞スレ立証は果たした

しかし、スレタイどうすっかな

908考える名無しさん2018/06/08(金) 15:13:55.720
↑こいつ友達いなそう
別スレ立ててひとりぼっちになるのが怖いのかチラチラ様子をうかがってて笑える

909考える名無しさん2018/06/08(金) 15:28:32.260
そういえば今の中国に
今の路線は共産主義と違うやんっていう
ゴリゴリの思想家っておらんの?
みんな殺されたとか?

910考える名無しさん2018/06/08(金) 15:31:24.890
>>908
実際いないよ

911考える名無しさん2018/06/08(金) 15:37:07.790
>>909
共産主義・中国共産党独裁恐怖政治国家(戦後) → 中国共産党独裁恐怖政治国家(いまここ)

912考える名無しさん2018/06/08(金) 15:42:11.370
OUTSIDE IN TOKYO / 佐藤優『マルクス・エンゲルス』トークショー 採録
http://www.outsideintokyo.jp/j/interview/satomasaru/index.html

913DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 16:04:50.360
共産圏  大東亜共栄圏 では 日本がどちらが圏外かに関係あると思う。

914考える名無しさん2018/06/08(金) 16:07:19.960
>>911
ああ共産主義国だと真っ先に
マルクスが捕まるって例のギャグかw

915DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 16:08:59.520
マルク ス とよむか マル クス とよむか。暮らしか、真面目か。

916DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 16:15:45.390
サンマルク 半で パンと コーヒーが 飲めるかどうか。
ぐらいの雑談生活ネタが哲学の80年代の姿だよ。

917DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 16:20:22.540
90年代に入ると、戦地が都市化して言語分析哲学が流行るようになった。

918DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 16:21:07.540
二千年ごろ哲学は旧学問側に入って、新しい学問を待って居たらよかったのに。

919考える名無しさん2018/06/08(金) 16:21:10.700
>>914
共産主義というものが悪かというとそうではないと思う
共産主義だろうが社会主義だろうが資本主義だろうが
「独裁者」がその国に誕生してしてしまうという結果がマズイわけ
 
歴史を振り返れば一目瞭然の事実

920DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 16:23:25.200
大ネタを振りかざすと、マクロな視点で、歯がゆく体制が倒れたりする
事が過去にもあったよ。独 裁 者 ?盆栽の間違いや、庭園師の誤謬
を紐解いていく方が面白いと思うよ。日本圏内にいるなら。

921考える名無しさん2018/06/08(金) 16:41:55.260
>>919
「独裁者」ってどういう意味で言ってる?

922考える名無しさん2018/06/08(金) 16:44:25.860
潜在植物群生?
「庭園」とかがネタにされたのは経験済み

923考える名無しさん2018/06/08(金) 16:47:06.730
独裁体制にならなかった
共産主義国ってあるん?
探せばあるか
なんかポルポトとかのイメージあるわ

924考える名無しさん2018/06/08(金) 16:48:30.660
イメージって…

925考える名無しさん2018/06/08(金) 16:50:44.410
共産主義国ってアメリカとか日本とか旧ヨーロッパの西側諸国とかのことだよ
語弊は有るが…

926考える名無しさん2018/06/08(金) 16:57:28.190
フランス人が交通税理士してイギリス人が料理してドイツ人がジョークを言う世界が地獄って昔聞いたが本当にそうなったね

927考える名無しさん2018/06/08(金) 16:58:08.530
交通整理だった

928考える名無しさん2018/06/08(金) 17:08:03.520
>>921
ヒトラー、習近平、金正恩、アサド大統領…
そういう人たちが独裁者
 
まあ悪い方の意味だよ

929考える名無しさん2018/06/08(金) 17:19:28.150
自国民に毒ガス撒いたレーニンは?

930考える名無しさん2018/06/08(金) 17:21:24.490
>>929
だから「…」で類推できることだろう
独裁者というのは選挙なんかで民意によって変更できない国家元首のこと

931考える名無しさん2018/06/08(金) 17:25:29.180
レーニンはエージェント

932考える名無しさん2018/06/08(金) 17:25:47.640
あれは外国人だよ
ソヴィエトの場合どの程度妥当なのかは分からんが糞スレ常駐している連中のレベルが酷すぎるので言っておく

いずれにせよ、もうそういう言葉に意味は無い

933考える名無しさん2018/06/08(金) 17:29:26.440
フランコあたりは見せ掛けの看板に過ぎないイメージが強い
スターリンについては、セリーヌがこけおどしのための案山子だみたいなこと
を書いていたと思うが、セリーヌの著作自体がかなりあれだから、その意味
を掘り下げて解説する人もいない

934考える名無しさん2018/06/08(金) 17:34:48.560
識字率自体が低い時代の民にとってそんな著作がどの程度意味があったというのか

935考える名無しさん2018/06/08(金) 17:35:41.310
共産主義・社会主義における政府というのはいわゆる「大きな政府」
レーニンだって最初は自国のためと思って行動していたかもしれない(それはわからんが)
けれども結局はレーニンには強大な国家権力があって
レーニンを国家元首からはずずためには
暗殺するしかなかった
だからもうその時点でレーニンは独裁者ではあったといえる
 
結果的にその後のスターリンやら全体主義(ファシズム)にいってしまったわけだから
いい評価をする人に方が少ないのはあたりまえだろうね

936考える名無しさん2018/06/08(金) 19:03:41.940
突然夢のような独裁つうよりも
プロセスや発想にリアリティがあるよね

あさま山荘も逸脱というよりも独善に陥った
カルトの自己破壊が圧倒的なリアリティで迫ってくる

この忌避感をそれは資本家の洗脳だ、
俺は真のマルクス主義を知る者である、
彼らは偽だ!言われてもちょっとついていけないな
でも僕は結構です、って感じ

937考える名無しさん2018/06/08(金) 20:03:49.100
オーナーがJoysonに変わってもうしばらく経つのにまだタカタを
チーム名にしている。さすがにこれはまずいんじゃないの?

http://www.zocalo.com.mx/new_site/articulo/queman-a-takata-en-primer-entrada
hace cerca de 2 horas
[Softbol]
Queman a Takata en primer entrada

938DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 20:56:50.700
フランコは見せかけの実践派ではなく、現場のみの戦術指揮者であった。

939DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 21:05:08.090
マルクスのおかしいところは財産を否定しているのに取り上げて、それを
平等に分配したことだろう。経済には、過去というより過去はもとより、未来のほうに、血統 努力 蓄積
才能などが必要で、その自由主義的競争がなければソ連が崩壊したように
世界中が崩壊してしまうだろう。結果非公開財産をたより、それに競いくらぶも
勝つことができず二度目の敗戦をを経験している、今のところだめな経済学者だ。
一つの個がいろんな資質、相対量、能力、等をしているのにすべてを平等化
するとうな一つの個の融合体のような社会は軋みをあげて、三度目のの敗戦を
経験するだろう。老いているいる資本主義は、その活動を補完することしかできず、
新しいイデオロギーが叫ばれる。しいているなら、戦争災害事後処理経済だろうな。
戦争において負けた国、災害において多乱だった国
に優しい全人格的を時に網羅もする救済経済を立て直せは、世界に才能が
集散しきらめくだろう。☆☆☆

940DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 21:06:12.580
老いている というような。

941考える名無しさん2018/06/08(金) 21:14:13.920
>>928
制度として独裁になるのは、米韓などの大統領制とか、日本の総理大臣制とかも含まれる。
罷免権が国民に無い。

942オニオン2018/06/08(金) 21:17:32.720
レーニンが生きている間、ボルシェビキは他党や国民に対してはともかく、党内は団結してたんだよね
レーニンを見限って他党に乗り換えようとしたジノヴィエフ・トロツキー・スターリンは結局戻るし、
ブハーリンも四六時中レーニン批判していたり、独断専行するメンバーがレーニンの統率力だけでまとまっていた
けれども彼が病死すると皆を繋いでいたくびきを失い、方向性を完全に見失い、仲間殺しの権力闘争に明け暮れるようになった

おそらくナチスも同様に、仮に戦争に負けなかったとしても、ヒトラー亡き後の第三帝国は幹部の権力闘争の果てに大粛清だったろうね

943考える名無しさん2018/06/08(金) 21:20:37.390
>>941
直接民主制の危険性は民主主義が現実的に
成熟するなかで磨かれたコアのひとつだと思う
それを独裁と呼ぶ人を俺は知らないな
君以外

944オニオン2018/06/08(金) 21:29:33.540
>>939
マルクスはそんなこと書いてないぞ
百聞は一見に如かず、ネットに転がってるものもそうでないものも、
反共論者は基本的に藁人形論法の妄想で論評するから、そういう三文文士に影響を受けずに
まずはマルクスの本を自分の目で確かめてみるが良い(市立図書館でタダ読み)

945DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 21:41:41.320
マルクスの書いたことじゃなくてマルクスが世界に与えた莫大な影響
を考えてみてほしい。僕は阪大哲学のマルクス本から連想し、
黙示録のようなものが自然と浮かんだので書きつけている。

〜真・革命前夜〜 


夜の闇は世界で盛り上がっている。

946考える名無しさん2018/06/08(金) 21:53:08.020
マルクス=ただの基地外
つまり在日と同じ。

947DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 22:07:10.410
マルクスの付加価値だってすべてのどの商品にもいやほとんどのものに当てはまるわけでもなく
商品に付加価値を付けることが恒常化したらワンパターンな製品ができて、
迷惑だろうがな。そもそも付加価値だけで家計や給料をやりくりしたら
またきしんだ過去を思い出すだろうね。

948DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 22:14:27.870

949DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 22:19:24.280

950オニオン2018/06/08(金) 22:36:26.850
中学校の社会の授業で「共産主義は単純に平等に分配するだけで、ソ連は怠け者で自滅した」と教えられたが
ヨーロッパ史をまともに勉強したことがないオッサンが子供たちに平然と知ったかぶりだけで歴史を教えるのが日本の義務教育だ

マルクスはプルードンと対立したのを契機に「平等主義とは決別した」と述べている
ルイ・ブランの「能力に応じて働き、労働に応じて受け取る」を引用した一点を以って、その文脈など一切を無視して、
「マルクス主義は小学生が5分で考えたような素朴な結果平等論」などと断じるのは藁人形論法でしかないんだよ

951DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 22:45:53.080
能力給だって資本にして緻密だったものを能力給と初心者経済
学でまとめると弊害が出るだろうね。傑べ須した時の不可や負担や負債は
現実にも被害妄想にも
限度額を超えているし、世界の経営者には向かないし、経済的に
大きい仕事をなしえたとはいい難い。

952DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 22:48:21.200
決別した時の。

953DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 22:50:31.420
マルクスも戦争に負けながら相手の意見を飲むしかなかったわけだから。

954DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 22:52:22.770
酒でスレね。

955DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 22:59:43.260
まだまともな反論が来ないけどだれかある?

956オニオン2018/06/08(金) 23:01:24.250
何に対する反論が欲しいんだ?

957DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 23:02:28.390
マルクス ケインズ その後の自分。

958DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 23:08:13.080
経済学で兵糧や装備を賄う側のマルクスは本旨がずれているし、本人がそういう立場取りなのに
経済/世界スターになっちゃうほどのミーハーな存在だったわけだなあ。
利他業や人に尽くすことをわかっていない、まだ若いかなあという思想家にも見えるね。

959オニオン2018/06/08(金) 23:09:18.600
ケインズは国家社会主義だからマルクスの資本主義批判に対する答えになっていない
エンゲルスが国家社会主義と社会民主主義の違いを解説しているので参照せよ

960DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 23:10:11.090
究極いって、戦う闘志投資のない経済家は戦争に負けや賠償金負債を背負うし、
現実軍備拡張路線に手を付けるのも遅い、遅咲きの晩成で咲くでしょうかはたして、
というところです。

961DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 23:12:05.470
ケインズが国家社会主義だって?売れる思想家はセクハラにもまれながら
他人となって自分を汚され、元通りの理想からはなれた他人の期待や
欲望を背負わされるのですよ。

962DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 23:13:49.660
エンゲルスとマルクスの共産党宣言は項目が短く、確かに聴衆や
罵詈雑言に耐えうるものでなく、共産党革命は失敗に終わりました。

963DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 23:18:00.200
ララアの(ガチャポン)経済(戦士)、工員のほうが現実路線として何倍も優秀でしょう。

964DJgensei artchive gemmar2018/06/08(金) 23:23:06.730
ブライトの防衛的射撃や、アズナブルの攻撃的射撃の腕前が、
物語るガンダム物語の世界にのみ経済の郷愁を感じます。

965考える名無しさん2018/06/08(金) 23:28:46.190
>>943
国民の罷免権というのはリコール規定のことだ。
ちなみに、直接民主制の危険性など現れたことはない。
そもそも直接民主主義が実現したことがないのだからw

966考える名無しさん2018/06/08(金) 23:58:40.720
>>965
いつもバカだなあ
こういう経験の積み上げが最低フェデラリストの
時代からずっと続いているんだよ

http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/refer/200912_707/070705.pdf

だから原理的な安楽椅子思想家に
国家運営は難しいんだけどね

そういう知恵は決まった聖典に書かれている
思想ではもとよりないの
君は聖典を正しく読めば正しい判断力を獲得
できると信じ込んでいるがそれは誤解だ

今日も反省だぞ?

967考える名無しさん2018/06/09(土) 00:09:05.040
死ね

968考える名無しさん2018/06/09(土) 00:22:52.860
エンゲルスは置いておいて
マルクスは経済学者というよりも社会思想家だと思う
 
だからマルクスは色々なことを明らかにしていった
ただマルクス=エンゲルスのラインだと
非常に大切なものが欠落していく
それは〈人間〉が社会を構成するという実に基本的なこと
 
どれだけ合理的な社会システムを構想したとしても
それを行うのは「神様の指示」ではなくて
人間自身がそれぞれ「支配と従属」の関係になって
社会というものは動いていく
 
その国のトップに強烈な指導力で社会改革を推進していくのも人間
しかし人間には誰しも〈欲〉がある
権力を一番持っている人間に対して多くに人が媚びる
こうした人達が集団となる
この集団が〈利権集団〉になってしまうのむしろ人間行動学的に考えても自然な結果
 
世界史の中で繰り返し人間が失敗していることは
そうした権力闘争と利権集団による社会腐敗がおきてしまうということ
マルクス=エンゲルスはけっきょく人間不在の理想郷だったわけだ

 

969オニオン2018/06/09(土) 00:29:21.380
それ藁人形論法でマルクスを論じる変な人たちによくある金太郎飴的な妄想なんだけど
相変わらず自分の頭で考えることができずにどっかの誰かの受け売りをコピペするだけかい?

970考える名無しさん2018/06/09(土) 00:31:03.320
エコエコ アザラク

971考える名無しさん2018/06/09(土) 00:42:40.370
>>969
現代においても
もっとも有力なマルクス解釈のうちのひとつといえる
 
実際にマルクス=エンゲルスが標榜したシステムは
独裁政治と官僚腐敗が進んで
どの国も一般国民が割りを食っているという
紋切り型の結果しか
いまだ残していない
人間は権力を持つとどうしても腐敗するんだよ

972考える名無しさん2018/06/09(土) 00:43:35.030
自分の生きる時代を最期の時代だと
いう視点で理論化するのが浅いんだよねえ
つまり預言者的な思考回路

裁きの日は迫っている!

そんなの分からんじゃん
動員ためのアジじゃあるまいし
バカが読む中国崩壊論かよw

973DJgensei artchive gemmar2018/06/09(土) 00:44:17.170
ブライトの防衛的射撃や、アズナブルの攻撃的射撃の腕前が、
物語るガンダム物語の世界にのみ経済の郷愁を感じます。

974考える名無しさん2018/06/09(土) 00:50:15.900
べつにマルクスに責任なんぞない
マルクスは実践家ではなかったからね
 
しかもマルクスは飲んだくれで家庭にお金を入れない
そのせいでマルクスの乳飲み子は餓死した
 
理想郷を妄想するマルクスと
自分の家族すらまともに養えないマルクス
 
これが現実だ

975考える名無しさん2018/06/09(土) 00:53:10.690
口先だけで実践が伴わない奴のことは
誰だってよく思わないだろう?
 
というかむしろ軽蔑すらしてあざ笑うだろうな
 
その対象としてマルクスのやっていた実生活は該当するという悲喜劇w

976オニオン2018/06/09(土) 01:14:26.790
それキヨサキくんの人生に特大ブーメランじゃん?

977オニオン2018/06/09(土) 01:18:43.600
ゲーム製作系の板で4年間も大言壮語を並べながら実績ゼロのキヨサキくんに?

978考える名無しさん2018/06/09(土) 01:39:10.840
>>976
へぇー
そういう奴がいるんだ
 
そのキヨサキくんとマルクスは家族の中限定では
甲乙つけがたいレベルだな

979考える名無しさん2018/06/09(土) 03:35:59.090
>>972
近代的な経営が始まってたかだか100年足らずの比較的新しい社会関係にすぎない資本家と労働者の関係を
歴史的階級闘争の最後の段階と位置づけたことが間違いだったのかなあ

980考える名無しさん2018/06/09(土) 03:39:59.120
とくに現代においては成熟した大企業ほど所有と経営が分離していて所有者(=株主)がいちばん利害関係としては
軽んじられているからな
社員を食べさせていくのにどこの会社も必死なんだわ

981考える名無しさん2018/06/09(土) 03:49:03.230
マルクス主義の哲学としての唯物論的弁証法などは今でも輝きを保っていると思うけど、
予言の書としての価値はずいぶん色褪せてしまった
社会状況もマルクスの時代からはあまりにも変化した
資本と労働者の間の根本的な対立の構図というのはずーっと残っていくものなんだろうけど
それらは緩和しながら付き合っていくしかないものだということにみんな気がついたんだろうな
資本も労働者も基本的には会社という同じ船に乗っていることに気がついているんだろう

982考える名無しさん2018/06/09(土) 08:09:23.820
LNO: Gilles Deleuze | Architexturez Network
http://network.architexturez.net/pst/az-cf-56379-817742161
http://d.hatena.ne.jp/femmelets/touch/20120215/1329232117
ジル・ドゥルーズ「思い出すこと」
(聞き手:ディディエ・エリボン、鈴木秀亘訳、『批評空間』誌第II期第9号、太田出版)、p.11-12

〈マルクス〉

マルクスを読んだのはニーチェと同じ時期でした。素晴らしいと思いました。彼の生み出した
さまざまなコンセプトは、私にとって今でも役立つものです。そこにはひとつの批判、根本的な
批判が存在しています。『アンチ・オイディプス』と『千のプラトー』はマルクスに、マルクス主義に 完全に貫かれた作品です。現在私は、自分を完全にマルクス主義者だと考えています。
例えば、「管理社会」について書いた記事は(月刊ロートル・ジュールナル1号 1990年5月号に
掲載、ミニュイ社刊『記号と事件』に収録、邦訳河出書房新社)、マルクスが彼の時代には知り
えなかったことを語っているにもかかわらず、完璧にマルクス主義的なテクストです。

マルクスは間違っていたなどという主張を耳にする時、私には人が何を言いたいのか理解でき
ません。マルクスは終ったなどと聞く時はなおさらです。現在急を要する仕事は、世界市場とは
何なのか、その変化は何なのかを分析することです。そのためにはマルクスにもう一度立ち返
らなければなりません。

〈著作〉
次の著作は『マルクスの偉大さ』というタイトルになるでしょう。それが最後の本です。

983DJgensei artchive gemmar2018/06/09(土) 08:24:23.450
実生活を責める気はないけど、その経済理論が、数学(数の論理)に裏打ちされていないし、本当に優秀な経済学者と言えるのかな。実践しないというもの、だれかに
その生活を勧めたわけだから、本人にその実践権利はないであろうなあ。もとより。

984DJgensei artchive gemmar2018/06/09(土) 08:26:16.890
マルクス今日じゃないけど、マルクスが必読書とも思わないし、
もっと歴史に隠れていた/隠していた経済学者、経済書 理論書
等を開けてみるといいと思うけど。一本鎗の読書に耐えうる
テキストなんて世界には存在しないのだかR。

985DJgensei artchive gemmar2018/06/09(土) 08:29:04.760
マルクス教 ら。

986考える名無しさん2018/06/09(土) 08:43:41.120
君はもう何も書かなくていいよ

987考える名無しさん2018/06/09(土) 08:49:59.570
経済学が経営学であるのなら、何の経営を対象とするのか明確にする必要があるだろ。
エコノミーといえば、もともとは世帯のやりくりを模したものなのだろうから、
世帯に相当するのは何なのかあやふやなままでは、うまく経営されているのか、
経営に失敗しているのかもはっきりしない。世帯のやりくりなら、使用人の
衣食住がどんなに惨めな状況でも、世帯主が豪華な生活をできるなら経営に
成功していると言えるわけだし。

988考える名無しさん2018/06/09(土) 08:58:09.470
とりあえず次のスレどこよ?

989考える名無しさん2018/06/09(土) 10:05:16.880

990考える名無しさん2018/06/09(土) 11:02:17.740
>>987
経済学は経営学ではないよw

991考える名無しさん2018/06/09(土) 11:04:09.220
経営学ではないのなら、経済学に個人、世帯、地方自治体、国、世界の経営に関する
知恵を求めるのは間違っていますよ。

992考える名無しさん2018/06/09(土) 11:05:03.880
経済学は、それが経営学でない限りにおいて、個人、企業、地方自治体、
国、世界のいずれの経営に関しても口を出すべきではないでしょう。

993考える名無しさん2018/06/09(土) 11:14:49.720
下っ端がさからわないように情報プーリングしてるだけだろココ

994考える名無しさん2018/06/09(土) 11:50:28.950
>>991
誰も求めてないw

995DJgensei artchive gemmar2018/06/09(土) 11:51:02.810
失言には失点が出てますよ。

996考える名無しさん2018/06/09(土) 11:51:13.070
>>992
経済学は経営に口を出しているのではなく、政治に口を出している。

997考える名無しさん2018/06/09(土) 12:10:26.430
経済は経国済民ということばの意味からもわかるように
国家規模の経営を目的とするものだろう
一方で経営はとくに規模を指定しない
一般的には、最も関心のあると思われる企業の経営に関する
一般法則などを解き明かすことを目的としている
効率と最適化という概念から
微妙にかぶる領域はあるけど、概念としてはこんなところだろう

998DJgensei artchive gemmar2018/06/09(土) 12:16:18.770
国家規模の富の総量を考えると意識が謀られんか?フッサールをよく読んでみるといい。

999考える名無しさん2018/06/09(土) 12:55:51.990
>>966
他人が君と同じように頭が悪いとは思うのは、本当に君の頭が悪いからなんだろうな。

カニは自分の甲羅に合わせて穴を掘る、ってねw

1000考える名無しさん2018/06/09(土) 12:57:22.770
>>997
まったくの間違いw

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
新しいスレッドを立ててください。
life time: 54日 14時間 50分 46秒

10021002Over 1000Thread
5ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 5ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 5ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.5ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.5ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。