カール・マルクス 17

1考える名無しさん2018/06/08(金) 23:24:26.980
カール・ハインリヒ・マルクス
Karl Heinrich Marx, 1818年5月5日 - 1883年3月14日

<過去ログ>
カール・マルクス 16
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/philo/1523797596/
カール・マルクス 15
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/philo/1521478982/
カール・マルクス 13 (実質14)
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/philo/1515334078/
カール・マルクス12 (実質13)
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/philo/1514775646/
カール・マルクス 12
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/philo/1514421875/
カール・マルクス 11
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/philo/1486537917/

2考える名無しさん2018/06/08(金) 23:24:49.700

3考える名無しさん2018/06/09(土) 10:58:07.370
>>1 乙

4考える名無しさん2018/06/09(土) 13:14:56.370
>経済学は経営に口を出しているのではなく、政治に口を出している。

政治に口を出しているのなら、国家の経営に口を出していることになりますよ。

5考える名無しさん2018/06/09(土) 13:19:19.250
>>4
政治というのは自分たちが代表する集合の利益を確保するもの。
国家経済(税の徴収・予算の執行)だけが経営の外見を呈するだけ。
行政というのは、国家理念(政権理念)の実行であって、そのごく一部が経営という形をとるのみ。

6考える名無しさん2018/06/09(土) 15:08:59.560
「民主主義」国家の企業内統治において民主主義的な平等が実現できるのか、
という問いに問題は集約されるのではないでしょうか?

企業内統治において民主主義が実現できないのであれば、それを社会主義と
呼ぶにせよ、共産主義と呼ぶにせよ、すべての企業が国営企業およびその
子会社として運営される形態に政治体制が変化したところで、民主主義的な
平等が実現できるはずがないでしょう。

7考える名無しさん2018/06/09(土) 15:11:16.330
資本主義であれ、共産/社会主義であれ、社会は企業の活動を中心に組織化
され、世帯はその活動を支える役割を担わされることになるのですから。

8考える名無しさん2018/06/09(土) 15:14:26.850
>>6
企業統治上、民主主義は取り入れられているけど、それは資本多数決だからね
そこが根本的に違う

9考える名無しさん2018/06/09(土) 15:18:53.600
それに民主主義には冷酷な一面もある
少数派が切り捨てられるからだ
ルワンダのフツパワーがやったこととかしってるかな?
ひどいもんだ
国内に深刻な矛盾(たとえば民族対立、宗教対立など)がある中での民主主義の導入は凶器になりうる
いい面ばかりではないんだよ

10考える名無しさん2018/06/09(土) 15:33:25.610
>>8
だから、世帯の生活は企業の活動を成立させるための補助的な役割を担わされて
いるのだから、企業内統治において民主的な平等を実現できないなら、社会の
民主化は、同程度のものにしかならない。世帯内の生活を企業から直接に
こと細かに指示されないとしても、企業の活動を成立させることを要件として
世帯内の活動も規定されるのだから、間接的に指示されているのと同じ。

11考える名無しさん2018/06/09(土) 15:41:32.250
誤魔化しと隠蔽とイカサマだらけ

12考える名無しさん2018/06/09(土) 16:36:05.560
マルクス主義なんてユダヤ陰謀論と同レベル
二元論で毎回結論が一緒
読む前から結論が分かる

俺が小室直樹・副島隆彦・鴨頭・ロバート・キヨサキ・バックミンスターフラーを好きな理由は
ころころ視点が変わること

13考える名無しさん2018/06/09(土) 17:51:58.560
キヨサキくんktkt

14考える名無しさん2018/06/09(土) 21:01:25.950
>>6
企業がどういう統治(経営)のしかたをするのもその企業の自由。
ただ、企業の日常業務としての統治とは別に、資本家が最終的な統治権(経営権)を持つということになる。
いずれにしても、企業の統治(経営)は、理念としての価値観の実行という政治ではなく、利益の追求としての単純な経済行動に過ぎない。

ちなみに、マルクスが理想としたのは、能力に応じて働き、必要に応じて受け取るという社会なので、「平等」な社会ということではない。

15考える名無しさん2018/06/09(土) 21:05:43.470
>>9
民主主義とは多数決のことだ、と決めつける必要はない。
むしろ、少数派の意見を多数派の意見の中にどう取り入れるか、ということが民主主義であるとすらいえる。
民主主義は多数決で課題を決する、というのは、資本主義的(商法的)な、自民党的な錯誤(詐欺)であるともいえる。

16考える名無しさん2018/06/09(土) 21:10:34.550
>>10
資本主義社会においては、労働力の再生産という意味においてのみ、世帯の生活が企業に従属しているとはいえるが、それ以上でもなければそれ以下でもないとでもいうべきこと。
日本のように集団への同調圧力が強い国(地域)は、先進世界では非常に稀。

17考える名無しさん2018/06/09(土) 21:23:08.540
そういう権威的な物言いは、匿名の掲示板では通用しない。
何の説得力もありません。

18考える名無しさん2018/06/09(土) 21:30:13.170
世帯を形成するかどうかが、企業と安定した雇用関係を結んでいるかどうか
と強く結びつき、子育ても教育も将来的に企業において職が得られるように
なることに向けて方針が決められる。住む場所や日常のスケジュールも、
雇用者である企業の都合に合わせられるように選択される。特定の契約
関係を離れたとしても、その全体的な枠組みの中にすべてが組み込まれて
いるのだから、世帯の生活設計は企業に従属している。

19考える名無しさん2018/06/09(土) 21:37:58.070
>>17
思考力が弱い人には権威的に見えるのかw

>>18
日本独特ともいえる、企業優先の労働慣行に過ぎない。
労働力のグローバル化に伴って、日本でも少しずつは改善されていくだろう。

20考える名無しさん2018/06/09(土) 21:43:14.170
米国や欧州がどうなっているか見れば、そんな馬鹿げた戯言を信じる人間はいないだろう。

21考える名無しさん2018/06/09(土) 21:45:32.360
要するに日本の状況が特殊であると信じ込ませておくために、海外の社会状況に
関する現地メディアの報道はほとんど全くといっていいほど日本のメディアでは
伝えられない。

22考える名無しさん2018/06/09(土) 21:52:53.770
>>20-21
日本に来ている先進国の労働者でも、故郷の家でなにか問題があればすぐに帰郷する。
たとえば妻の出産に立ち会わない労働者はいないし、養育環境に問題があると思えば、他の支店などへの転勤を申し入れる。

23考える名無しさん2018/06/09(土) 22:03:54.920
そんなことは、そういう人々が日本に支配層として来ているというだけの
ことに過ぎない。

24オニオン2018/06/09(土) 22:06:54.880
相変わらずレベルの低い床屋談義してるな

25考える名無しさん2018/06/09(土) 23:01:26.830
>>16

マルクス主義やキリスト教みたいに集団主義は欧米から来たんだから
先進国ではまれとか矛盾してるだろ

井の中の蛙は現実が理解できないアホなんだからすぐに知ったかぶりをするw
俺の馬鹿発見センサーはすぐに反応するから気を付けて発言した方がいいよ
副島・小室・キヨサキバックミンスター・フラー・鴨頭を散々読んできた俺には
デタラメは通用しないぞ

26考える名無しさん2018/06/09(土) 23:03:24.440
>>23
普通の(先進国)外資の労働者だよw

27考える名無しさん2018/06/09(土) 23:04:19.870
>>25
マルクス主義やキリスト教が集団主義?

なんの妄想だ?

28考える名無しさん2018/06/09(土) 23:04:55.130
>>24

しょせんただのキモオタだからな
ゲームが売れないとか悩んでる奴にヒント教えてたら
そこにマルクス主義者が居た
言う事全部オタゲとクソゲと同人ゲームの話しかなかった
それ見て自称マルクス主義者ってのはただの馬鹿だって気づいたよ

29考える名無しさん2018/06/09(土) 23:15:21.540
>>27

キモオタには理解できないってか?
というか集団主義じゃなきゃ世界を動かす思想にはなれない
この二つがこれだけ広がったのは二元論と集団主義と感情論の巧みさだよ
マルクス主義を理解するためにはキリスト教とユダヤ教と個だイスラエルと古代エジプトが
理解できないと分からないよ
この辺の事を理解したいなら小室直樹と副島隆彦
組織論とビジネスモデルを理解したいならロバキヨと鴨頭とバックミンスターフラーを読みなさい

30考える名無しさん2018/06/09(土) 23:25:23.860
>>29
あなたが無知であることは理解しました。

31オニオン2018/06/09(土) 23:35:30.600
小室直樹ってネトウヨの惨めな妄想じゃん

32考える名無しさん2018/06/10(日) 07:12:06.540
マルクスが間違っているというのならデカルトベーコンからヘーゲルへの流れも
自然科学もすべて間違っているということになる。
自然科学って唯物論&弁証法そのものなんだけどね。
マルクスが間違っていると言ってる奴はそれがわかってない。

33DJgensei artchive gemmar2018/06/10(日) 08:03:38.330
マルクスをたたき台にして自分の経済理論を論証して立ち上げれば
いいだけのことだろう。

34考える名無しさん2018/06/10(日) 09:42:43.000
有効需要の原理をケインズはマルクス経由で発見したのに
その事実が隠蔽されている

35考える名無しさん2018/06/10(日) 09:50:52.350
社会は、企業内統治が民主化される程度に応じてしか民主化されず、
企業内統治が平等化される程度に応じてしか平等化されない。

36考える名無しさん2018/06/10(日) 09:54:14.110
その基本的な事実を隠蔽し、誤魔化すために、税による再分配こそが重要である
という議論に誘導しようとする。

37考える名無しさん2018/06/10(日) 09:56:20.780
税による再分配の強化がもたらすのは、徴税権を握った権力と再分配を決める
権限を握った権力の強化だけであり、企業内統治が非民主的で不平等であり
つづけるかぎり、社会が民主的な平等に向かうことはない。

38考える名無しさん2018/06/10(日) 10:03:37.960
そんなことは、資本主義と呼ばれるようになる前の社会において、現在、企業
と呼ばれるようになった活動をどのような組織が担っていたのか、その組織
形態とそれぞれの世帯はどのような関係にあったのかを考えてみれば、すぐに
理解できることだろう。そのような基本を無視して、リフレか税の強化か、
などと議論すること自体がナンセンスである。

39考える名無しさん2018/06/10(日) 10:17:22.930
全体的なマルクスの政治経済的な取組み自体を無視して、問題を単に「現状の
政治経済的な問題」という枠組みでマルクスの概念によって説明しようとする
こと自体が反マルクス的だろう。仏教を国家護持のイデオロギーとして
用いることが、仏教の経典の用語をどう解釈しようと、すでに仏の教えとは
かけ離れているのと同じことだ。私は仏教徒ではないが、そのような指摘
の妥当性について、自称仏教徒がより適確な判断を下せる立場にあるわけでは
ないことも明白であり、マルクスについてもまったく同様である。

40オニオン2018/06/10(日) 10:22:28.650
企業は軍隊構造、マルクス・エンゲルスも軍隊表現を多用、みんな帝国主義のブルちゃんブルブル

41考える名無しさん2018/06/10(日) 10:23:50.460
>>31

お前を見ると日本のマルクス主義者ってのは本当に無知でどうしようもないってことが分かる
お前らはマルクス主義者ではないってことを理解しなさい
ただの幼稚園児並みのキモオタであることを自覚しろ
小室直樹は第二次大戦後のアメリカで完成した行動科学革命を勉強してきて持って帰ってきたんだよ
特に構造=機能分析をだ
行動科学革命ってのはヨーロッパから亡命してきた左派たちが作り上げた物
マルクス主義のイデオロギーを取り出したものみたいなものだ
日本で言えば置塩がやったようなこと
ヨーロッパで言えば構造主義みたいなもの
共産主義の次の理想論
思想的に言えば左派やリベラルである
ヨーロッパの構造主義とアメリカの行動科学革命はマルクスレーニン主義と左翼内での戦いをしていた
理想論や左翼にだって派閥や競争があるんだよ
右翼にも派閥があるようにな
おまえは幼稚園児だから左派思想には派閥も違いもなく仲良子よしでやってると思ってるあほなんだろ?

小室の思想はマックスヴェーバーの社会学とデュルケームのアノミー論とタルコット・パーソンズの構造=機能分析だ
小室の思想はアメリカのリベラル派の思想である
だから小室は戦前の日本の事を何も知らないのである
北一輝や大川周明の事なんてまるで知らないし日本がロシア人やユダヤ人を保護してたことすら知らない

42オニオン2018/06/10(日) 10:27:25.810
ヨーロッパ史を知らないキヨサキくんはいつもと同じくユダヤ陰謀論
それしか情報源がないんだろうねえ

43オニオン2018/06/10(日) 10:38:29.640
レーニンは城内平和・改良主義・リベラルちゃんのベルンシュタイン、カウツキー、およびイギリス労働党を激しく攻撃し、
トロツキーの回想録によれば次のように述べている

「我々はイギリス労働党の躍進を歓迎する。ただしそれは社会主義の仲間としてではない。
 彼らの無力が、"議会政治では何も変えられない"ということを世に知らしめるからだ」
 
白い共産主義(リベラルちゃん)の胡散臭さをレーニンは当時すでに喝破していたのだ

44考える名無しさん2018/06/10(日) 10:41:08.680
俺が小室直樹や副島隆彦やロバートキヨサキにはまりながら最後には抜け出ていくのは
理想論が強すぎる左派だからである
自派閥の分析からしか現実が理解できてないなと思って抜けていく
タコツボ化して限界が来たなと持ったら他の人が出てくるという感じだ

45オニオン2018/06/10(日) 11:49:50.830
ネトウヨはクラウゼヴィッツの戦争論を読んだとか、エドマンドバーグの保守思想を読んだと豪語する
しかし彼らがその内容に触れ、自説を補強すべく引用しているところを見たことがない
そりゃあ読んでない、あるいは読んでもさっぱり理解できなかったのだから当然といえば当然、
「俺のバックにはヤクザがいる」と吠えるやつほどヤクザどころか友達すらいない虚勢と相場は決まっている

さあ「小室直樹」「副島隆彦」「ロバートキヨサキ」「北一輝」「大川周明」を研究した成果を
上手くまとめて読んでいない者にも分かるように説明してもらおうか?

46考える名無しさん2018/06/10(日) 11:59:34.830
>>41
まず、左派とかリベラルとかを無定義に使うことをやめることが先決だ。

無知なだけなら知識を得ることで修正できるが、思考や論理の空虚さはどうしようもない。

47考える名無しさん2018/06/10(日) 14:49:58.640
「知識人」の役割は、知の発砲スチロールであるという基本的事実から考えるべきでしょうね。隙だらけで空間が広がっていると困るんですよ。

48考える名無しさん2018/06/10(日) 14:50:41.370
×発砲スチロール
○発泡スチロール

49考える名無しさん2018/06/10(日) 14:52:56.870
空虚 vs 定義なんて幼稚なことを言っているうちは何も始まりません。
同じ穴の貉です。

50オニオン2018/06/10(日) 15:56:43.470
やはり真の哲学者は私ただひとり

51考える名無しさん2018/06/10(日) 16:48:13.580
ネトウヨがーネトウヨがーとほざいているのが頓珍漢というか妄想的だね
マルクスへの失望は、何もネトウヨに限らず世界共通の一般的認識で
マルキストが論破し説得しなきゃならないのはそっちだろ

52オニオン2018/06/10(日) 17:45:25.280
私は詩人哲学者だ、牧師ではないし、乞食に施すつもりはない

53オニオン2018/06/10(日) 17:49:31.510
おお、賤民よ! お気付きだろうか?
世の中はギブアンドテイク、されど汝は我が叡智と交換する対価を持ち合わせてはいない
もし説得されたければ、何時までも口を開けて待ち続けるが良い。汝を救えるのは、己自身のみと知るであろう

――ツァラトゥストラも、こう言った

54考える名無しさん2018/06/10(日) 18:22:46.840
裁量労働制の問題を考えてみるといい。
個人事業主なら1週間のうちに何日働こうと、24時間のうちに何時間働こうと自由だ。
可能であるなら、週7日、1日24時間働いたところで、誰も文句を言う人間はいない。
それに応じて他人より多く稼いだとしても、誰も文句をつけることはできない
だろうし、それで赤字になったり、健康を壊してすぐに働けなくなっても、
本人が責任を負うだけである。

しかし、法的な議論となっているのは、そのようなことではない。
課題となっているのは、働く人間の労働を管理しながら、いかにそれを
自主的な活動と定義して、対価を支払わずに済むようにするかということである。

活動を管理しようとするなら、それに応じて対価を支払うのが当然であり、
対価を支払うつもりがないなら、管理する権限は手放さなければならない、
それが平等な関係を築くための大前提だろう。

55考える名無しさん2018/06/10(日) 18:36:47.030
暴力を伴わなければ何時間働かせるかは各々が自由に決めて良い
ネオリベラリストならそう判断する

56考える名無しさん2018/06/10(日) 19:24:02.980
契約には、一方的に不利な条件で結ばれる契約は無効である、つまり、
契約関係は互いに平等であると認識される条件下で結ばれなければ
ならないという前提がある。その前提を破壊して、契約が成立した
なら合意が成立しているので、それが互いに平等な条件下で結ばれた
かどうかについて第三者がかかわる必要がない、とするのが今現在、
進められようとしている法制度の改変である。

57オニオン2018/06/10(日) 19:37:23.280
退屈な床屋談義、プルードン主義的な平等への信仰

58考える名無しさん2018/06/10(日) 19:42:55.970
>>56
契約段階で何らかの強制力が働いたら現行法でも違法だろ
今はそれを徹底し得るにはどのような原理を用いるべきかというステージ

59考える名無しさん2018/06/10(日) 19:43:54.050
プルードンの交換銀行は共同体主義ではない
共同体なき共同性だ
基本的にはマルクスもこれを受け継いでいる

60考える名無しさん2018/06/10(日) 19:48:56.780
>>58
構造として、雇用者側が絶対有利な立場にいるからね。

日本でも、せめて労基法ぐらいは遵守して欲しいものだが、安倍政権は労基法をなくしたがってるんだよな。

61考える名無しさん2018/06/10(日) 22:05:13.110
>>41
×ヨーロッパで言えば構造主義みたいなもの
〇ヨーロッパで言えばポストモダンや構造主義みたいなもの

>>43
バックミンスター・フラーはイギリス人の事を「乗っ取り協会」と呼んでる
キヨサキは起業家の事を高卒でもできる仕事と呼んでいる
キヨサキが何故あれほど熱心にネットワークビジネスを分析しているか考えよ

イギリス労働党はただの情報教材やってるねずみ講の分派でしかない
社会主義者でもリベラルでもない
第一インターナショナルが作られたのもイギリスだ
マルクスとエンゲルスは単にイギリスのねずみ講組織に煽てられて手のひらで踊ってる
世間知らずのアホでしかない

62考える名無しさん2018/06/10(日) 22:09:08.950
>>45
お前が言ってるネトウヨはただの貧乏労働者で政治の勉強なんかしたことはない
クラウゼヴィッツの戦争論を読んだとか、エドマンドバーグの保守思想とか読むはずもない

ネトウヨなんていう集団はいない
ただ偉そうに説教垂れてるやつが嫌いなだけの一般人だ

自称マルクス主義者のアホは馬鹿だから議論して勝てる相手としか戦いたくないんだろ?
おまえがそいつらと同レベルだからだよ

63考える名無しさん2018/06/10(日) 22:36:57.310
>キヨサキくんはただの貧乏無職で政治の勉強なんかしたことはない
>クラウゼヴィッツの戦争論を読んだとか、エドマンドバーグの保守思想とか読むはずもない
>ネットの聞きかじりと頭の中だけで考えたユダヤ・朝鮮人・イルミナティーネットワークの陰謀論を主張するだけ
>「じゃあ君はどうしたいの?」と問えば答えはない。陰謀論というものは常に裏社会の脅威を煽るだけに留まる

ほらみろ、やはりキヨサキくんはネトウヨの性質そのものじゃないか!

64オニオン2018/06/10(日) 22:38:24.840
おっと名前を入れ忘れた
くれぐれもウリナラ起源を主張しないように頼むよ?

65考える名無しさん2018/06/10(日) 23:20:09.040
無知なんだから俺に突っかかってくるなよ
お前と議論してても何の発見もないから面白くもなんともない

66オニオン2018/06/11(月) 00:16:25.180
キヨサキくん、どうやら完全に論破されて反論も無いらしい
誰か私に匹敵する哲学者はいないのか?

67考える名無しさん2018/06/11(月) 04:27:41.590
マルクスが「行き詰まる日本経済」を救う? 資本主義が危機の今、なぜ脚光(NIKKEI STYLE) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180610-00010008-nikkeisty-bus_all

68ネギ(禰宜)坊主2018/06/11(月) 10:01:43.650
何を乞(こ)ひ願(ねが)ふべきなのか

69考える名無しさん2018/06/11(月) 13:44:42.760
責任をとって社長を辞任して、取締役会長に就任か
さすがに偉い人は潔くて、責任の取り方が違うな

https://www.asahi.com/articles/ASL6C4240L6CULFA00R.html?iref=comtop_8_06
三菱マテリアル社長が辞任 品質データ改ざんなどで引責
2018年6月11日12時19分

>非鉄金属大手の三菱マテリアルは11日、竹内章社長が引責辞任すると発表した。
>竹内氏は取締役会長に就任。

70コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/11(月) 20:34:55.540
long time no see.
I must go to west.I have forgot it.
sorry.

71コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/11(月) 20:44:42.010
sorry for my forgetting.
someday if I could become deserving my travel baggage,It will be very nice.

72コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/11(月) 20:49:47.140
but do not rely on me.
I Quit 5 channel.

73コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/11(月) 21:02:23.000
I cancel 72.
I hope you will rely on me.
I quit 5 channel.

74考える名無しさん2018/06/11(月) 21:03:06.020
I will become deserving my travel baggage.

75コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/11(月) 21:03:50.750
I quit 5 channel.

76考える名無しさん2018/06/11(月) 21:39:30.540
I hope to find freedom where you go.

77コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/11(月) 21:46:57.580
>>76
freedom is important.

78考える名無しさん2018/06/11(月) 21:56:20.520
Whata a beverage!

79考える名無しさん2018/06/11(月) 22:00:48.170
it means after-modern.
there,democracy, principle of which is human rights ,replaces or destroy monarchy.
I may commit it from now on.

80考える名無しさん2018/06/11(月) 22:02:01.860
>>78
I am drinking green tea.
I quit 5 channel.

81考える名無しさん2018/06/11(月) 22:02:54.060
not gose as polite Tea masters.

82コーヒー ◆vfxFgKL6UOA4 2018/06/11(月) 22:03:55.960
.

83コーヒー ◆kTSHYIVejzfG 2018/06/11(月) 22:05:11.880
コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn =79 80 81

84考える名無しさん2018/06/11(月) 22:07:29.800
Is democracy an institution for human rights?
From the diversity of democracy is not it a flexible system to choose convenient operation for the ruling class?

85コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/11(月) 22:14:28.570
>>84
there is various democratic political system.
in Daigi democracy number is power.

but voters and politicians attach importance to human rights.
the numbers is liberal.
Constitution is liberal too.

86コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/11(月) 22:17:04.170
libral peaple vote and run for human rights.

87考える名無しさん2018/06/11(月) 22:25:47.690
>>85
The fact that numbers are power does not mean democracy.
Also, emphasis on human rights and democracy are irrelevant.
As in Japan before the war and Nazi Germany, there is also human rights suppression that the vast majority agrees.

88コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/11(月) 22:26:18.290
I know I am too ignorant to say I am a voter.

89考える名無しさん2018/06/11(月) 22:29:33.670
So, good night.
Have a nice dream.

90コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/11(月) 22:32:14.150
ya,I was wrong.
principle of democracy is not human rights.
democracy could destroy human rights.

91コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/11(月) 22:33:07.300
>>89
bye.

92考える名無しさん2018/06/11(月) 22:57:47.370
アニョハセヨ

93コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/11(月) 23:53:52.000
>>92
アニョハセヨ。
have a good stay.

94コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/11(月) 23:57:42.630
is using english "American" imperialism? may be.

95コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/12(火) 00:02:01.920
American has paticuler culture.
"American" means those who use English only reflecting human rigits.

96コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/12(火) 00:03:40.730
○rights

97コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/12(火) 00:32:10.220
American coffee is Japanease English.

if there is coffee lover,please correct.
American coffee is a weaken coffee with a lot of water.
as a Japanese I can not laugh.it is good cofee too.I do not know.

I quit 5 channel.

98考える名無しさん2018/06/12(火) 00:33:25.060
○it may be good coffee too.

99コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/12(火) 00:54:20.830
I think American cofee is a paticuler weak coffee in America.
Japanese call it American.

100考える名無しさん2018/06/12(火) 01:40:50.610
これ荒らしなのか・・・?

101コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/12(火) 02:08:30.620
狂ってるよね。
ちゃんとしよう。

102コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/12(火) 02:09:03.260
荒らしてすまん5ちゃんは止める。

103コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/12(火) 02:10:48.100
私は並ではありますよ。並というのはであると思うし良くは無い。
せめて当分黙る。すまんけど前向きに行く。

104コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/12(火) 02:11:26.330
○並というのは大衆であると思うし良くは無い。

105コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/12(火) 02:14:41.490
もう嫌だ。こんなんじゃない。

106コーヒー ◆kTSHYIVejzfG 2018/06/12(火) 02:15:07.250
すまんけど前向きに行く。

107考える名無しさん2018/06/12(火) 02:24:11.720
肉弾でいまの地位をつくったおっさいのネット監視

108コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/12(火) 02:27:59.560
それぞれ環境は違えど、私はともかく前向きに行くしかない。

109コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/12(火) 02:30:15.170
すまん5ちゃんは止める。

110考える名無しさん2018/06/12(火) 02:31:46.760
どんなのなのだというのは自分で示さないとダメ。
それに気付くのに時間がかかった。

111110コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/12(火) 02:33:24.910
程度問題だけどもそれなりの水準はいる。
それまでは黙る。

112考える名無しさん2018/06/12(火) 02:36:06.020
聖なるマルフェミSISTERS

113コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/12(火) 02:36:38.230
これから人権を大事にする。
すみませんが前向きに行く。

114コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/12(火) 02:37:31.020
匿名掲示板は止める。

115コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/12(火) 09:43:42.340
私は差別的だし上手くいかないわ。
ネットにはまったのは私が差別的だからだと思う。
とりあえず肯定しても権力は持たないまでも政治的勝者としてのボナパルティズムなのだろうし難しい。
でもそれなりに賢くならないと。

私には人権意識が希薄だった。
5ちゃんは止める。

116考える名無しさん2018/06/12(火) 09:45:11.630
5ちゃん止める荒らし

117コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/12(火) 09:45:19.370
すまないが前向きに行きたい。

118コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/12(火) 09:46:57.770
>>116
good luck.

119考える名無しさん2018/06/12(火) 09:50:51.230
マルクスの経済決定論からはゲゼル、ケインズの理論支柱の1つ
IVA、バンコールは生まれない
柄谷のような交換決定論なら別だが
スピノザからは国家-経済の平行論が導かれるのであって
マルクスはどこかでスピノザを誤読している
裏返しのデカルトだ

120コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/12(火) 10:06:54.800
人を避けていたら何時の間にか差別的にと言いたいところだけどこれからは言うのを我慢しないとダメだ。

121コーヒー ◆A6WVyZ3EUVhn 2018/06/12(火) 10:16:13.150
私は我慢できない幼稚。
5ちゃんは止める。

122考える名無しさん2018/06/12(火) 14:28:40.300
今の社会では、個人にとって社会関係はますます匿名化している。
そのことを社会の匿名化と混同してはならない。

個人にとって、自らがかかわる人間関係が匿名化していることは、
組織にとって個人が匿名化していることをまったく意味しない。
それどころか、逆にIT技術によってすべてがネットワーク化される
ことによって、組織にとって個人はますます非匿名化しているのである。

その非対称性こそが今の社会の人間関係を特徴付けている。

123考える名無しさん2018/06/12(火) 14:34:27.100
新聞・テレビ・ネットの順で非対称マニピュレーションされとる

124考える名無しさん2018/06/12(火) 15:37:22.420
マルクスは社会主義の恐ろしさを教えてくれた
なんでもかんでも国家が支配しておこなうと
大変なことになるということを
 
反面教師としてのマルクスに乾杯

125考える名無しさん2018/06/12(火) 19:30:38.750
マルクス主義は平等主義派閥の中の社会主義派閥の中の共産主義派閥の中の思想
別に社会主義思想も共産主義思想も彼が最初に作ったわけではない

彼流の社会主義=マルクス主義
一番うまく社会主義を説明したのは確かだけど
結局一番使われたのは北一輝の国家社会主義だと思う
マルクス主義は結局使われない
やっても破滅するだけだからまともな指導者は途中で北一輝の国家社会主義に切り替える
例外は国家を破滅させようとしたスパイ的な人ぐらい

126オニオン2018/06/12(火) 23:04:27.610
北一輝だか石原莞爾の理論は実践に辿り着くことのない口だけの妄想、言うは易し、行うは難し
国家社会主義はビスマルク・ムッソリーニ・ドイツ第三帝国・スターリン帝国の功罪で評価するべし
そして既に述べたが、国家社会主義と社会民主主義の違いはエンゲルスが説明しているので参照せよ

127コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 02:15:32.680
後から言い直すが、>>79のreplace or destoryは革命の二面性について言ってる。
君主制から共和制への移行は私は進歩だと思うけど、君主制における文化から超越性がはく奪されいわゆる相対的な近代が始まる。
自由ではあるが、自由においてニヒリズムに陥る。近代の民主革命は進歩だけども礼賛するだけではダメだと。

128コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 02:17:53.710
共和制に至らず、王家を存続させる立憲君主制もある。
君臨すれども統治せずだが、君臨していては民主革命は成っていない。
民主革命を進歩とすれば、日本においても天皇制は無くなるべきだと思う。
軽々に行ける事では無いのだけど、自分は近代の民主革命を肯定する。

129コーヒー ◆kTSHYIVejzfG 2018/06/13(水) 02:19:22.750
私は憲法において関心があるのは、喫緊なのは九条だけども、天皇制にまつわる一条。
それについてはまだ何とも言えないけど、私は民主革命を肯定する以上、一条は廃棄するという立場に立つと思う。

130コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 02:21:05.920
○軽々に言える
一条が重要。元号や文化的転換を意味し、つまり一条の廃棄は革命。
革命そのものへの憧れは私には無いけど、市民革命は肯定されるべきだと思う。

131コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 02:22:53.780
天皇に関わり、日本文化について考えないと憲法について私は何も言えない。
5ちゃんは止める。

132コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 02:36:02.790
宮廷文学云々も難しいが、宮廷文学は自生的で、市民文学よりも宮廷文学の方が威厳があると思う。

133コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 02:41:11.210
市民文学が宮廷文学をreplace,destoroyする。
私は市民文学だと。

134コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 02:45:17.180
○宮廷文化云々も難しいが、宮廷文化は自生的で、市民文化よりも宮廷文化の方が威厳があると思う。
近代革命において、市民文化が宮廷文化をreplace,destoroyする。
私は市民文化を取ると。

135コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 02:52:30.990
○宮廷文化も難しいが、宮廷文化は自生的で、市民文化よりも宮廷文化の方が威厳があると思う。
近代革命において、市民文化が宮廷文化をreplace,destoroyする。
私は市民文化を取ると。

推敲してからにする。

136考える名無しさん2018/06/13(水) 03:12:27.500
1条と9条はセット
そうでないといざという時天皇の命が危ない
自分は福田和也の天皇京都帰還説を支持する
地方分権、共和制が条件のそれにおいては
市民主義と貴族主義が両立する

137コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 10:34:32.230
市民主義と貴族主義の両立は難しいですよ。
天皇制が日本文化を規定しているとしたら、市民の文化が市民的になる事は無いと思う。
俺は言いたいのはそういう事なんです。

138コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 10:36:38.380
地方分権と共和政は、君臨すれども統治せずの立憲君主制でしょう。
政治的に国民に対して君臨はせず、議員は国民が選ぶけども、文化的には天皇を拝する。
それは市民文化というよりは宮廷文化だと思います。

139コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 10:38:31.590
宮廷文化の破壊ではあります。
戦前は左翼活動が弾圧されていた。軽々に左翼を名乗るものじゃないけども何とも言えず嫌です。

140コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 10:45:53.910
今は弾圧されない。好きに言え、言ってるが嫌だ。

141コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 10:52:47.270
すみません、立憲君主制の下で市民主義と貴族主義の両立は可能だと思います。
政治的にも文化的にも自由で何を選んでも良い。天皇家も存続する。

142コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 11:30:33.070
私はクズだが前向きに行く。

143コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 11:33:13.670
不義理をするのじゃないが自由を大切に。
そろそろ私も自由に行きたい。

144コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 11:34:50.970
私はずっと自由だったし好きですけど。

145コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 11:35:30.410
私は嫌われてるかもしれないけど。
ともかく前向きに行く。

146コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 11:36:10.350
匿名掲示板は止める。

147コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 11:37:52.890
往来を荒らさず行ければ逆切れしないしそれなりに義理も大事にする。
不義理ですまないとは思うし、こんな事は言うべきじゃないけどともかく前向きに行く。

148コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 11:40:21.000
匿名掲示板は止める。

149コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 11:42:19.660
上手くいくのもどうかなと。私は行かないけど。
不義理な方が落ち着く。不義理でも私は良い。

150コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/13(水) 11:44:37.610
匿名掲示板は止める。

151考える名無しさん2018/06/13(水) 20:39:23.270
マルクスの『資本論』を少年マガジン的手法を駆使して漫画にしてみた
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180613-00056009-gendaibiz-bus_all
現代ビジネス

152考える名無しさん2018/06/13(水) 22:36:30.450
>>136
>市民主義と貴族主義が両立する

日本語になってないよw

153考える名無しさん2018/06/13(水) 22:44:22.930
>>151
この記事の関係者は、やっぱり搾取も剰余価値も理解してないよね。
搾取も剰余価値も貧困とは直接関係がない。
資本主義社会(生産手段の私有を認める社会)での、資本の増殖が労働者の労働を搾取した結果で、労働者の再生産に必要な価値以上の価値の生産が剰余価値。

154考える名無しさん2018/06/13(水) 23:55:17.210
マルクス主義とは何か?
マルクスは何を目指していたかを知るには50年間の中国と今の中国を見れば一発で分かるだろ
思想の自由と言論の自由と学問の自由と報道の自由がない少数民族と外国人に排他的な国
独占とコネ経済
パーリア資本主義とマルクス主義の違いなんて全くないという事だ

論より証拠
妄想より現実
卓上の空論より目の前にある事実
真実こそが正義

155考える名無しさん2018/06/14(木) 00:51:53.240
>>154
>思想の自由と言論の自由と学問の自由と報道の自由がない少数民族と外国人に排他的な国

日本のことかと思ったw

156コーヒー ◆5JRgZYBLU. 2018/06/14(木) 01:09:24.660
軽率ですまない
5ちゃんは止める

157オニオン2018/06/14(木) 01:21:25.510
革命的祖国敗北主義で潰さねーとな

158オニオン2018/06/14(木) 01:57:54.800
民主主義自体が非民主的であるという弁証法
小学校で教えられた通りに民主主義最高と思考停止してないと執拗に人格攻撃される民主的な社会の矛盾

159考える名無しさん2018/06/14(木) 09:33:45.410
お前が人格攻撃されるのは実際に人格破綻者だからでお前を罵る人を責めるのは筋違いで気の毒だ

160学術2018/06/14(木) 09:40:52.990
急激な革新はライフタームや文明の後退のリースポイントを間違えるから、
急いだり、ペースを考えたりしていなかったのではないか。繁殖の。

161ネギ(禰宜)坊主2018/06/14(木) 09:51:56.660
時代や地域が変わっても手法はいつでもほとんど同じ
それを隠蔽するためにこそ、人文知は常に抑圧され、歪曲される

162考える名無しさん2018/06/14(木) 20:38:59.480
天皇制とか欧米からの圧力を避けるためにいやいや作られたものでしかない
明治維新はキリスト教徒と欧米と徳川と仏教の妥協の産物だという事さえ理解できないほど
低脳なんだから話にならん

明治維新はの本質はキリスト教徒による「革命」であるということだ
弾圧・排除されたのが仏教と徳川

キリスト教ってのはユダヤ教過激派が分離してローマ帝国が乗っ取った物である
「理性のない狂った思想」と「道徳が皆無のなんでもあり集団」が手を組んだ結果生まれたものである

163考える名無しさん2018/06/14(木) 21:25:47.290
小室直樹的陰謀論乙

164オニオン2018/06/14(木) 21:42:34.260
適当な思い付きの言ったもん勝ちでは困る

165考える名無しさん2018/06/14(木) 21:49:56.200
日本民法の父、穂積陳重の『法窓夜話』を現代語に完全改訳

法律エッセイの古典的名著が短編×100話で気軽に読めます
リライト本です。「なか見検索」で立ち読み頂けます。

法窓夜話私家版 (原版初版1916.1.25)
https://www.amazon.co.jp/dp/B07BT473FB
(続)法窓夜話私家版 (原版初版1936.3.10)
https://www.amazon.co.jp/dp/B07BP9CP5V
f

166オニオン2018/06/15(金) 00:38:22.060
小室直樹もそうだがネトウヨの本質は狂った自己愛にある
一言で言えば"女の腐ったようなやつ"なのだ

167考える名無しさん2018/06/15(金) 01:21:42.140
https://www.mapquest.com/us/washington/joyson-safety-systems-355567344

Inflation Systems is a company that makes air bag module inflators for
automobiles. The companys manufacturing facility is in Moses Lake, Wash.
Its engineering activity is in Armada, Mich. The company is a subsidiary
of the Takata Company, a global manufacturer of automotive safety systems.

168考える名無しさん2018/06/15(金) 01:22:52.000
さて、タカタ・エアバッグのリコール交換用のインフレータはどこで製造されるのでしょうか?

169考える名無しさん2018/06/15(金) 01:27:56.940
さらに不思議なことに、こちらにはJoyson(中国)が加わっておらず、米国の
Key Safety Systemsの所有となると伝えられている。報道がいい加減なだけ
かもしれないがw
ところで、タカタの最終的な監査を受けた財務報告書の提出期限は、本日
15日だ。何がどう公表され、日本のメディアは何をどう伝えるのだろう。

http://www.transilvaniabusiness.ro/americanii-de-la-key-safety-systems-preiau-fabricile-detinute-de-takata-la-arad-si-sibiu/

Americanii de la Key Safety Systems preiau fabricile deținute de Takata la Arad
și Sibiu Stefana Muresan Postat la 14 iunie 2018

170考える名無しさん2018/06/15(金) 02:22:34.250
タカタマニアか!

171考える名無しさん2018/06/15(金) 10:21:51.950
隣国のハンガリーでは、新たなオーナーであるはずのJoysonの名前も示すが、
やはり依然としてタカタの社名を使用しているようで、ルーマニアのタカタ
子会社だけが、中国資本も加わったJoyson Safety Systemsではなく、
中国資本が入っていない米国資本のKey Safety Systemsの所有となると
いうのはあり得ないほど奇妙な話なので、単に2017年の中国資本が加わる
以前の記事内容をコピペして再利用しているだけのいい加減な報道なのかも
しれない(Postat la 14 iunie 2018と書かれているので最新である)。
だが、たとえそうだとしても、未だにタカタの社名を使い続けているように、
新たなオーナーの名称が何であろうと別に問題にならないほど、現地の
経営は何も変わらないということなのだろう。通常の企業買収の常識では
考えられないような奇妙なことではあるが。

172考える名無しさん2018/06/15(金) 10:38:50.880
タカタの書き込みはただの荒らし。
内容もデタラメだしマルクスとはなんの関係もない。
まあ、北朝鮮という敵が失われた後は、中国を敵として再登場させるしかないのだろうw

173考える名無しさん2018/06/15(金) 11:19:16.030
タカタもシャープも東芝も2chも他国政府による本源的蓄積
消費部門ではなく生産部門が狙い撃ちにされた
アベノミクスによる(実態以上の円安誘導での)輸出業者優遇策が金の卵ではなく
鶏自体を永遠に日本から失わせる結果となった

174考える名無しさん2018/06/15(金) 13:15:50.760
>>173
とりあえず、民間企業と国営企業の違いは理解しないといけない。
多くの国では、企業(資本家)の利益を確保するために政府が存在するとしてもだ。
日本政府は、国内企業よりアメリカの企業利益を優先させることも多い。

先進国では、徐々に製造業からの撤退(完全にではないが)が、資本家の利益にかなうという状況が強まっている。

175考える名無しさん2018/06/15(金) 14:45:07.440
>タカタの書き込みはただの荒らし。
>内容もデタラメだしマルクスとはなんの関係もない。

こういう反応が返ってくること自体とても興味深い。
左翼を自認しているのかな?

デタラメだと主張しながら、具体的に何がどう間違っているのかの
指摘がゼロw 英語も読めない人ならそれで少しは誤魔化すことは
できるかもしれないけど、今日が監査を受けた財務報告の延期後の
提出期限であることは、タカタのウェブサイトで公開されている
文書で確認できるし、タカタの硝酸アンモニウムを使用した
インフレータ製造工場がJoysonに譲渡済みであることも貼り付けた
サイトで直接に確認できる。ハンガリーやルーマニアのタカタ
子会社がタカタの社名を使用しつづけていることも、1週間前
までとか期間を限定してグーグルで検索をかければ、工場の
求人募集がタカタの社名で行われていることを誰でも直ちに
確認することができる。

176考える名無しさん2018/06/15(金) 14:46:40.450
左翼だか、右翼だか知らないけど、実際、マルクス主義者とか自称していても
こういう人々ばかりだからねw

177考える名無しさん2018/06/15(金) 14:47:43.760
以後、荒らしタカタはスルー推奨でお願いします。
頭が悪いので、株やっても損ばかりです。

178考える名無しさん2018/06/15(金) 15:31:16.100
恣意的な法律の運用で債務超過にして、上場廃止、自社の発行全株式を
無償取得することが許されるなら、一般の個人が株式市場で勝ちようが
ありませんね。左翼やマルクス主義者にはそれが目出度いことなのかも
しれませんがw

株式会社タカタの創業家一族の資産が無傷であることは、一族の資産を
管理するタカタ財団が存続していることからも明白でしょう。タカタの
破綻による連鎖倒産はゼロ件、タカタ九州の債務不履行もゼロ件で、
全債務返済の計画であることは以下の記事からも確認できます。
http://www.saga-s.co.jp/articles/-/217584


結局、このまま自社の発行株式の無償取得が認められるということに
なるのであれば、一般の個人株主の資産が没収されただけということ
になりますね。

179考える名無しさん2018/06/15(金) 15:37:24.650
税務処理はどうなるんでしょうね。

https://www.nta.go.jp/about/organization/ntc/kenkyu/ronsou/66/12/index.htm

自己株式を無償等で取得した発行法人に受贈益課税するのは適当でなく、
発行法人に課税関係は生じないと考える。

180考える名無しさん2018/06/15(金) 15:40:50.630
>>178
会社法も知らないで荒らしてるのかよw

181考える名無しさん2018/06/15(金) 15:48:40.830
煽りたかったら、何をどのように知っているのか説明してみせたらどうですか。
「〇〇も知らないで」みたいな常套句は無意味ですよ。

182考える名無しさん2018/06/15(金) 15:51:12.700
なにより、法律云々以前に、タカタのインフレータ製造工場はJoysonに
譲渡済みなのに、リコール交換用のインフレータが誰がどこでどうやって
製造するのですか?単純に論理的な問題でしょう。

183考える名無しさん2018/06/15(金) 15:52:13.440
>>181
会社法ぐらい読んどけよw

『資本論』を読めなんて無理は言わないから。

184考える名無しさん2018/06/15(金) 15:57:49.950
内容がないようですよw

185考える名無しさん2018/06/15(金) 20:04:56.610
見てのとおり、製造業において日本の戦後最大の負債額での破綻
とされるタカタの監査を受けた最終的な財務報告書の提出期限は今日だ。
しかし、報告の内容は未だにどこにも公開されておらず、それについて
触れるメディアの報道さえ未だに一件もない。
これを異常なことと感じない方が感覚が狂っているだろう。
負債総額は2兆円とも報道され、インフレータの問題は根本的に解決
していないのでさらに増えつづけるだろうと報道されてきたのだから。

http://www.takata.com/pdf/180109_JP.pdf
第15期半期報告書
延長後の提出期限 平成30年6月15日

http://www.takata.com/
2018/06/15
再生計画認可決定の確定に関するお知らせ

186考える名無しさん2018/06/15(金) 20:16:37.340
さらに事故被害の補償金に関する債務以外の債務の相手は、自動車メーカーや
取引き企業など、もともとタカタと関連の深いインサイダーである。

http://www.saga-s.co.jp/articles/-/217584
に記載されるとおり、タカタ九州の取引き相手に関して債務不履行は
一切生じない見込みだとされている。自動車メーカーはそもそも
自社の製品に装備したエアバッグの不具合に関してタカタと同様に
責任を負うべき立場にあり、自動車メーカーがタカタに請求すべき
費用などというのはインサイダー間の問題でしかない。しかも、
公表された費用は見積もりであり、リコールに要した実費ではない。
今回のタカタ再生計画に関する一連の処理が、法的になぜ
インサイダー取引きに相当しないのかまったく不明であり、
そのことを一切追求することもしない日本のメディアは、
報道機関などと呼べるような存在ではない。

187オニオン2018/06/15(金) 22:48:41.920
資本主義は盗人ゲームだ
株を転がしてセコセコと富を盗んでいた個人投資家が
大泥棒に尻の毛までそっくり盗まれて発狂しているというだけの話だろう

188ネギ(禰宜)坊主2018/06/16(土) 00:06:19.270
『貯蓄から投資へ』

189考える名無しさん2018/06/16(土) 00:40:58.100
>>187

イギリス人が詐欺師なだけだろ
資本主義が悪い訳ではない
イギリス人がやったことはネイティブアメリカン・エスキモー・アボリジニの皆殺しと
国ごと乗っ取り、奴隷貿易と大農場での強制労働と植民地と周辺国に阿片をばらまき
自国で作ったガラクタを政治力を使って強制的に売りつける事
アングロサクソンってのは基本的に道徳がない

190オニオン2018/06/16(土) 09:50:13.110
道徳とは何かね? キリスト教道徳か、儒教か?
大自然に道徳など存在しない

カント「法治的自由とは国家市民が同意した法律以外のどんな法律にも服しないことである」

191ネギ(禰宜)坊主2018/06/16(土) 10:44:06.760
>道徳とは何かね?

ひととなりでしょう、
ひとでなしになることを良しとしないなら。

192ネギ(禰宜)坊主2018/06/16(土) 10:51:57.320
「法治的自由とは国家市民が同意した法律以外のどんな法律にも服しないことである」

国家市民は、法律の制定に同意しているどころか、どのような法律が定められて
おり、それが自分にとってどのような意味をもち、実際にどのように運用されて
いるのか、自分がトラブルにでも巻き込まれるまで知りませんよ?
法律の専門家である弁護士や裁判官でさえ、詳しく把握しているのは、
制定されている法律のうちのごく一部にすぎないでしょう。

193考える名無しさん2018/06/16(土) 13:21:41.200
>>191
他人のことをひとでなしという人が道徳家なの?

194考える名無しさん2018/06/16(土) 14:21:20.210
生まれた時にもう理解や承認しきれない
法体系があるからな
市民になるかどうかの自由はない

カントは絵に描いた餅の王者だよ

195オニオン2018/06/16(土) 15:52:58.750
韓国の司法は国民情緒法であるという
このスレにはコリアン主義が多い

196考える名無しさん2018/06/16(土) 18:44:03.670
>>166
小室直樹の思想はアメリカのリベラル派だが
行動科学革命の導入者
要はアメリカ民主党の手先
だから山本七平というキリスト教徒と仲がいい
日本教とかいう訳の分からん馬鹿みたいな理論を語って人
キリスト教徒の猿は武士道とか空気とかアホみたいな理論を作り出すやつら
副島隆彦も英米の手先

日本の文系の学者や知識人はイギリスかアメリカの手先かマルクス主義以外
居ないっての
全部占領軍にパージされたんだから存在できないシステムになってるんだよ
こんな事すら知らないほど馬鹿だから世界で相手にされないんだろ

197考える名無しさん2018/06/16(土) 18:53:57.240
小室と七平は
ザ昭和のおじさんのドヤ話なんだよなあ
彼ら以前に遡るかどうか知らんが
麻生みたいな世代の政治家は影響受けてると思う

もし彼ら以前を知っているなら教えてくれ

198考える名無しさん2018/06/16(土) 18:57:26.850
山本七兵はキリスト教徒の猿だよ
こんなもの信じてるのは猿か化石だけだっつーのw

麻生が信じてる?
麻生はカトリックの猿だからだよw

199考える名無しさん2018/06/16(土) 19:13:03.080
>>166

前にも説明したのになんで同じ間違いをおかすのか
小室直樹がアメリカの左派なのに何故日本の愛国者ぶるのか?
それは山本七兵や在日と同じだよ

卑怯な奴らは隠れてこそこそする
隠れ蓑をまとって敵を油断させて罠にかけるのである

200考える名無しさん2018/06/16(土) 19:16:40.240
副島もトロツキストぶったりネオコンにかぶれたりアメリカ民主党に戻ったりしたけど
根っこは一貫してずーっとイギリスの手先である

戦後の日本の文系の学者や知識人は連合国の手先のいづれかの派閥にならない限り
席や食い扶持を確保できないシステムになってるいる
こんな常識をしらないで日本の社会を語るやつは相当な低能

201オニオン2018/06/16(土) 19:44:53.820
お前の母ちゃんがブスなのもアメリカ・イギリス・ユダヤ・イルミナティーの手先でコリアンの血が入ってるからなんだろ?

202オニオン2018/06/16(土) 19:52:55.830
>>193
キリスト教をはじめとする奴隷道徳の正体は憎悪を源泉とした正義感である
「道徳の系譜」を参照せよ

203考える名無しさん2018/06/16(土) 22:48:44.640
ケインズは北一輝の国家社会主義を丸パクリした猿だろ

204考える名無しさん2018/06/16(土) 23:11:37.440
ヒトラーも国家社会主義だよ

205考える名無しさん2018/06/17(日) 09:40:50.650
>>204
社会主義というのは、生産手段の共有化のことだ。
共有する組織形態はさまざまだが、独裁政権による生産手段の独占は社会主義とはいわない。

その場合は専制王政と同じだが、ナチスの場合は、財閥がそのまま財閥として支持基盤であったファシズム政権。
ナチスの自称を真に受けると、言葉の定義矛盾となる。

206考える名無しさん2018/06/17(日) 20:25:26.970
エンゲルスだって資本家だし
マルクスだってロスチャイルドの事は批判しないし
社会主義者だからって資本家や財閥に敵対するとは限らない

ヒトラーやトロツキーなんか資本主義が全く発達してないロシアで革命を起こした
英米で起こせばいいのに
この事から分かるようにレーニンとトロツキーは英米の資本家の手先なだけのクズ人間

207考える名無しさん2018/06/17(日) 20:30:53.440
キリスト教ねずみ講ネットワークを批判しないアホがいくらファシズム批判しても何の意味もないからw

言っておくがアホには資本主義を解体することは不可能
そもそも批判すらできないから話にならない

208考える名無しさん2018/06/17(日) 21:23:47.410
俗にマルクス主義と言われているものはナロードニキと勘違いされていることがほとんど。
マルクス自身も晩年にナロードニキに傾く落ち度はあったものの、この二つは別物だと考えたほうがいい。
ロシア・マルクス主義の父といわれたプレハーノフやエンゲルスはその点一貫していた。
資本主義化なしに社会主義革命が実現可能だと考えていたナロードニキをプレハーノフは真っ向から批判し、
ロシアの資本主義化は不可避だと唱えたからだ。

209オニオン2018/06/17(日) 22:44:57.010
>>208
その点をめぐってレーニンは上司のプレハーノフの時期尚早論と対立し、
だから彼はまず最初に「ロシアにおける資本主義の発展」を書いた

レーニンは必要な時に必要な本を書く
警察に追われたり、内戦を指揮したり、政治家としての実務をこなしながら、片手間にやってしまうのだ

210考える名無しさん2018/06/18(月) 00:38:42.980
手先になるっていうのは、自分で選択してなるものではないんだよね。
単純に自分が生きようとする道で生き残ろうとする。
でも、どんなに努力しても、どれほど自分で成果を出したと感じても、
そこに複雑な対立があるにせよ、既存の仕組みに都合のいいように
成果を出すのでなければ、決して評価されることはない。
すべてが徒労に終わることを繰り返していれば、その道で生きること
を諦める他なく、うまく適応して生き残る人間は、評価される成果
を出すことでいつの間にか取り込まれている。
自分で意図的に選択したわけではなくても、自らの努力が評価され、
地位を得ることで既に恩義を負っているので、取り込まれている
ことに気づいたときにはもう遅い。恩義を裏切れば、直ちに
制裁を受けるしかない立場にいるのだから。

211考える名無しさん2018/06/18(月) 00:55:36.310
良い考察だ

212考える名無しさん2018/06/18(月) 07:50:15.800
権力は人文知を嫌う。それは、人文知が公共性の追求だからである。

213考える名無しさん2018/06/18(月) 07:58:28.350
まず自分の能力不足を社会のせいにする
その後に真の知性は評価されないと言い出す
結局彼岸に承認を求めている

悲しい人生ですね

214考える名無しさん2018/06/18(月) 08:05:45.060
>結局彼岸に承認を求めている

彼岸に承認を求めるのではなく、此岸に承認を求めるようになったら、
もう人となりは諦め、人もどきか人でなしになるしかないでしょう。

215考える名無しさん2018/06/18(月) 08:14:36.530
>悲しい人生ですね

人生とは「かな(適/叶/哀/悲/敵)しい」ものです。
そのことに気づかないうちは、人の道を歩んでいるとすら言えない。

216考える名無しさん2018/06/18(月) 08:21:19.990
権力が評価するのは、公共性の追求に反する利己的な振舞いであり、
権力が求めている「人材」というのは、結局のところ、ひとでなし(手下)か、
ひともどき(偽善的な協力者)か、家畜(役に立つ馬鹿)だけなのです。

217考える名無しさん2018/06/18(月) 10:34:13.360
いい加減職質されてるだけだって気付け

218考える名無しさん2018/06/18(月) 10:55:33.150
>>213
横だけど、その能力こそが、>>210さんの指摘する手先になってしまう能力ってことだよ。

たしかに、悲しいことだ。

219考える名無しさん2018/06/18(月) 11:23:19.130
「悲し」という表現は、日本語の形容詞の「し(causing)」を使役の
「す(cause 〜 to)」の分詞形と解釈すると「か(兼)ね(reaching)+
し(causing)」であると理解することができる。かな(適/叶/哀/悲/
敵)ふ」は、「か(兼)ぬ+ふ」と考えれば、「か(兼)ぬ(reach)」の
再帰形である。

我(われ="minor being")は、彼岸/彼方(あ・なた)に決してかな(適/叶/哀/
悲/敵)ふことがない(すなわち、「あなた」は"beyond reach"である)。
しかし、我は、彼方(あ・なた)とひと(人/等/一)しくあることができる、
ひと(人/等/一)しくあることにあた(能/値/与)ふ)という潜在性において
のみ人である("to be oneself")ことができる。

220考える名無しさん2018/06/18(月) 11:47:31.280
「愛(いと)おしい」という表現がある。
この表現は、本来は、「いとを(惜)し」だろうと思う。
「をし」の「を」は、「〜を〜する」という表現や、古語の「こなたへを」
という呼びかけの「を」とそれに応答する「を」、ならびに、呼び寄せる
という意味で用いられた「をく」という動詞に見られる「を」、さらには、
そこから派生したと思われる「をかし」という表現における「を」の
場合と共通して、呼びかけの声に由来し、英語にするなら「why not?」を
表現しているのだろうと考えることができる。

「いと・をし」の「いと」は、言うまでもなく、程度が甚だしいことを表し
ている。したがって、「いとおしい」は、「causing (one) to painfully miss」
とでも訳すことができるような表現である。

221考える名無しさん2018/06/18(月) 12:47:38.640
>>219-220
一応マルクススレなんだから、”科学的”な知見を披露してほしいものだ。

思い付きを断言するのはやめた方がいいと思う。

222考える名無しさん2018/06/18(月) 13:21:38.020
「いとおしさ」は、ノスタルジアやサウダージとして名指される
感覚と似通っている。ロシアの映画監督のタルコフスキーは、日本でも
「ノスタルジア」という題名で知られる自らの映画作品について、
「『ノスタルジア』と呼ばないでほしい。ロシア語の『ノスタルギア』
とつづり、そう発音してほしい」といったそうである(山田和夫
「なぜノスタルギアと呼ばせたか?」の記述によ)。

「いとおしさ」であれ、ノスタルジア/ノスタルギアであれ、サウダージ
であれ、人は、そのような感覚を、他人には理解されない、自らに
(その「自ら」がどのように捉えられるにせよ)固有のものであると感じる。
他人には、その切実さは分らないと感じるのである。
しかし、人であろうとするなら、「いとおしさ」や、「いた(傷/痛/悼)み」や、
「かな(悲/哀)しさ」といった感覚こそ、それが自らのものであれ、
他者のものであれ、それが固有であることを特権化してはならないのである。

223考える名無しさん2018/06/18(月) 13:22:12.100
誤:記述によ
正:記述による

224考える名無しさん2018/06/18(月) 13:30:27.450
>>222
まだ言ってるのかよw

例えば、「いとおし」は「いとほし」、「惜し」は「をし」で、まったく別の言葉。

225考える名無しさん2018/06/18(月) 14:00:30.570
>「いとおし」は「いとほし」

いかにも後付けの語源解釈ですね

226考える名無しさん2018/06/18(月) 14:04:46.900
後付けの解釈は、とってつけたようにアドホックだから、解釈のネットワークを
形成することなく孤立してしまう。

227考える名無しさん2018/06/18(月) 14:09:22.790
>>205
生産手段を共有するのは共産主義だよ

228考える名無しさん2018/06/18(月) 14:13:48.990
共有するといってもじっさいには管理する人間が必要だし、
管理している人たちがじっさいには私物化しているといっても過言じゃない、
それが共産主義。

229考える名無しさん2018/06/18(月) 14:30:03.140
>>208
マルクスは資本主義の高度な発展抜きには資本と労働者の矛盾は認識できず社会主義、共産主義革命は実現不可能であると考えた。
しかし、外国の失敗例を真摯に受け止めれば、開発途上段階から一足飛びに社会主義、共産主義の社会へと移行することは可能であると、
レーニンやスターリン、毛沢東らは考えた。
とくにレーニンは第一次世界大戦をレーニンの時代の資本主義、すなわち帝国主義が生んだ破局であると考えた。
そしてそれを克服するための手段としての世界革命の必要を訴え、当時資本主義の問題が最も集中していたロシアがその先駆けとなると主張した。

230考える名無しさん2018/06/18(月) 14:30:19.550
表現の妥当な解釈というのは、しばしば、言語の枠を超えて解釈のネットワーク
を形成する。例えば、「いとをしむ」と似通った表現としてスペイン語の
「añorar」を辞書で引いてみると、

>懐かしむ、惜しむ、悼む
という意味が記載され、
>Añoro a mi novio. 私は恋人がここにいなくて寂しい。
という例文が出ている。小学館 西和文中辞典

"añorar"の語源としては以下の説を参照することができる。
ただし、私には、その語源の妥当性を判断する能力はない。
http://etimologias.dechile.net/?an.orar

231考える名無しさん2018/06/18(月) 15:13:12.180
レーニンやプレハーノフの時代、ロシアでは急激な資本主義化が進行していた。
それを可能にした要因はいくつかあるけれど、ストルイピンの改革がある程度の成功を収めて高度成長期に入っていたことが背景だ。
また露仏協商による外資の導入なども、ロシアの急速な資本主義化を実現する効果があった。
この時代のロシアは年率10%を超えるGDP成長率を実現していたという計算もある。
ストルイピンは「あと10年ほどすればロシアは見違えるような国になるだろう」と豪語した。
ツァーリズムのもとでの急激な資本主義化、ロシアは当時の列強国の中で最も帝国主義的な国家であり、(主要なものだけでも15の民族を抱えていた、)
帝国主義の時代のあらゆる矛盾の集合点であるとレーニンは分析した。

232考える名無しさん2018/06/18(月) 15:29:05.690
ストルイピンの改革の中でもとくに注目されるのは、
ミール農村共同体の解体である。
これは日本でいえば”惣村”というべきものだが、農奴解放によってもミール共同体に関しては、ほとんど手付かずで残されていた。
ミール共同体については、”割替え”という耕作地の総入れ替えの制度があり、経営効率はかなり悪かった。
ストルイピンは社会の資本主義化を進めるにあたって、農村の資本主義化を進める必要があると感じていた。
そのため、ミールを解体し、農民に土地を取得する機会を与えて、かつ農家の次男坊三男坊を都市に吸収して労働者化することを企図したのだった。
(ミールはナロードニキの流れを汲む革命家たちの浸透が進んでいて、革命の温床になるとう懸念もあった。)
しかし、農民の多くはミール共同体にたいする愛着を持っていたため、かれらは”不安”を感じるようになった。
ミール自体がコミューンであり、生産手段の共有が行われていた面では、帝政ロシアははるか以前から共産主義を実現していたともいえるのだ。

233考える名無しさん2018/06/18(月) 15:36:08.630
ストルイピンの改革によって種が撒かれた富農の問題は、
ソビエトロシアの時代以降も受け継がれ、のちに重要な社会問題として浮上することになる。
いずれにせよ、都市労働者の急激な増加、農民層の不安、これらがロシア社会主義革命に与えた影響はきわめて大きいものがあった。

234学術2018/06/18(月) 18:56:42.750
震災の心のケアでもしようかな。有料エロサイトより有料サイドで。
ラマダン宇宙の大道芸人。


人間はどこから来てどこへ行くのか、様々な人が問いを立て様々に人は
それに答えて来た。

在る哲学者 の答え。独走態勢で彼方へ走ってゆくのだ。狂うように正確に。

235考える名無しさん2018/06/18(月) 19:56:28.760
そういや昔ロシア人の友達いたな
ミーシャ元気かな〜

236考える名無しさん2018/06/18(月) 20:02:26.120
「いとおしさ」や「いた(傷/痛/悼)み」や「かな(悲/哀)しさ」といった感覚は、
他人から理解されないからといってその存在を否定すべきものではないが、
それと同時に、理解されないことを理由に自らに固有のものとして特権化
してはならないのである。

237考える名無しさん2018/06/18(月) 20:04:10.540
個人的な感情は全部そうでしょ
いつまで下手な言葉遊びしてるん

上手にやらないと

238考える名無しさん2018/06/18(月) 20:06:57.900
>>225
知ったかぶりで言い張るのはみっともないよ。

239考える名無しさん2018/06/18(月) 20:07:31.710
>>227
社会主義とはなんだと思うの?

240考える名無しさん2018/06/18(月) 20:21:28.890
もう記憶が曖昧になっているが、昔、エジプトのベドウィンの社会について
書かれた本を読んだことがある。そこで親族が亡くなって埋葬して、墓の
前でその死を声を上げて嘆き悲しむ女性の様子が描写されていた。
その女性と一緒になって死者の親族ではない女性も声を上げて嘆き
悲しむが、その行為によって悼むのは、他人の親族の死ではなく、
以前に亡くなった自らの親族の死である。つまり、そこで共有されて
いるのは、特定の死者に対する感情ではなく、悼みであり、それが
ドイツ語を用いるなら"Mitleid"として表現されているのだ。社会が
親族組織の対立によって構成されているので、他の親族の死に対して
「悼み」を直接的な感情として表現することは、不自然となり、むしろ、
わざと「哀れみ」を示して、親族を失った相手に対して優位な関係に
立とうとしているという解釈が生じる恐れがあるのだろう。しかし、
一緒にそれぞれの自らの親族を一緒に悼むことによって、「悼み」を
共有することはできるのである。

241考える名無しさん2018/06/18(月) 20:31:44.750
そんなことで優位な関係に立とうとする
なんて解釈は生じないよw

虚しいなあ

242考える名無しさん2018/06/18(月) 20:34:57.530
あなたが虚しいのは私のせいではない

243考える名無しさん2018/06/18(月) 20:42:30.440
>>240
マルクスとなんの関係が?

荒らし方を変えたの?

244考える名無しさん2018/06/18(月) 22:02:03.820
キサー・ゴータミーの話は、中村元訳『尼僧の告白』岩波文庫、p.108に簡単に紹介されている

http://mujintou.net/houwa1.htm
 あるとき、幼い男の子を亡くしたばかりのキサー・ゴータミーという名の女性が、
遺体を抱えたまま、「子供に薬を下さい、薬を下さい」 と、狂乱したように町中を
歩き回っておりました。ゴータミーは、たまたま舎衛国に来ておられた尊者の噂を聞
きつけ、釈尊のもとに行き、同じように薬を求めました。…
 釈尊はこう答えました。
 「よろしい、ケシの粒を持ってきなさい。ただしいまだかつて死人を出したことの
ない家から」。
 これを聞いたゴータミーは釈尊がケシの粒から子供を生き返らせる薬を作ってくれる
と思い、あちこち探し回ったけれども、ついにこれを得ることが出来ませんでした。
しかし人生の無常ということを知り、出家して後にさとりを得たのでした。

参考:
「法句経(ダンマパダ)」の注釈書(『仏教説話大系』12、すずき出版)

245オニオン2018/06/18(月) 23:01:14.420
宗教は誰も救えない
人生を諦めさせるだけだ

246考える名無しさん2018/06/18(月) 23:03:32.520
世界史の構造2:4:7より

《宗教改革というと、しばしばルターのそれから説き起こされる。しかし、
宗教改革は一二世紀から各地で起こっていた。そして、それは必ず社会運動と
結びついていたのである。ルターの宗教改革はそうではなかった。彼は、その
ことがきっかけで起こった農民戦争を断固として弾圧する側に回ったからで
ある。ルターの宗教改革が教会側によって重視されるのは、むしろそのためで
あり、キリスト教信仰を個人の内面に閉じこめ、「神の国」を天上化するものと
して、である。一方、ルターによって支援された封建諸侯が弾圧したドイツの
農民運動を率いたのは、トーマス・ミュンツァーであった。エンゲルスはつぎの
ように述べている。

   ミュンツァーの宗教哲学が無神論につうじるところがあったように、彼の
政治綱領は共産主義につうじていた。そして、近代の共産主義的宗派で、二月
革命の前夜になってもまだその駆使する理論的武器庫の内容が一六世紀の「ミュ
ンツァー派」のそれを越えなかったものは一つにとどまらなかったのである。
この綱領当時の都市平民の諸要求の総括というよりも、むしろこの都市平民のあいだ
にやっと発展しはじめたプロレタリア的分子の解放条件の天才的な予見であったこの
綱領は、教会をその本来の姿にひきもどし、このいわゆる原始キリスト教的な、しかし、
じつはきわめて斬新な教会に矛盾するいっさいの制度を除くことによって、神の国、
すなわち予言された千年王国をただちに地上にうちたてることを要求した。しかし、
ミュンツァーは、この神の国ということを、ほかでもなく、いかなる階級差別も、私的
所有も、社会の構成員にたいして自立的な、外的な国家権力も、もはや存在しない社会
状態と解していたのである。

エンゲルス『ドイツ農民戦争』伊藤新一訳、国民文庫、六二頁。》

247考える名無しさん2018/06/18(月) 23:07:10.300
ヨーロッパに悪魔が現れる
共産主義という悪魔が。

248考える名無しさん2018/06/18(月) 23:21:01.630
マルクスの駄目だったところは
個人としての人間についての考察までは思考がいかなかったことだろう
 
もっともそのためには
フロイトの登場が必要だったわけだ

249考える名無しさん2018/06/18(月) 23:45:13.220
>>246

プロテスタントは法王やバチカンがルネッサンスに影響されて堕落してる反キリストだとして
ルターが始めた原理主義運動ということが全く分かってないアホじゃんw

無神論ならルネサンス期に、政治は宗教・道徳から切り離して考えるべきであるという
現実主義的な政治理論を創始したニッコロ・マキャヴェッリの方が数十倍重要

目的の為なら手段を択ばない陰謀主義のマキャベリを隠したり
キリスト教のねずみ講ネットワークを一切言わなかったり
エンゲルスとマルクスはもはや確信犯だろw

インチキ詐欺師のパーリア資本主義だよこいつらは
孫子・韓非子レベルである

250オニオン2018/06/19(火) 00:59:01.560
やはりエンゲルスは素晴らしい
マルクスはいない方が良かった

251オニオン2018/06/19(火) 01:05:10.560
ヨーロッパに幽霊が出る〜の幽霊(悪霊)に被せて
ドストエフスキーは「悪霊」のタイトルを付けたのだろう

幽霊・悪霊・怪物と翻訳家によって様々なバージョンがあるらしい

252オニオン2018/06/19(火) 01:28:53.980
馬鹿とハサミは使いようだという
宗教は時に農民の反乱の大義名分として革命陣営の武器であり、
時に権力者が己の疚しい不正や犯罪を正当化するための道具だった
従ってキリスト教が如何なる教義の宗教であるかはたいした問題ではなく、
キリスト教が目前の現実でどのような役割を演じているのかが問題なのだ
「ドイツ農民戦争」の宗教批判としての意義はそこにある

これはイスラム移民の問題にも通じるテーマなのだ

253考える名無しさん2018/06/19(火) 08:54:23.130
>マルクスとなんの関係が?

「なんの関係が?」という問い方は正しくない。
正しい問いかけは、「マルクスとどのように関係するのか?」だ。

254考える名無しさん2018/06/19(火) 09:09:53.380
マルクスは、資本主義の発展にともなって拡大する諸問題がもたらす苦しみを
宗教的な救済の対象としてではなく、歴史的な政治経済の仕組みの問題として
解かれるべき課題であると考え、マルクスの議論の中で「価値」の概念がどの
ように整合性を有するにせよ、どのようにその概念が変遷したにせよ、
マルクスは、それを経済価値の問題として扱おうとした。そのことにより、
マルクスの本来の企図がどうであれ、宗教から、政治経済へ、政治経済から
経済へという議論の流れにより、「マスクス(系)経済学」という奇妙なもの
が議論されることになったのだ。

255考える名無しさん2018/06/19(火) 09:35:09.310
資本主義の生産関係の拡大により、生産すること、つまり、「できること」に
伴う熱意(Leidenschaft)が失われる事態がしばしば生じ、働くことがいた(痛/
傷/悼)み(Leid)のみをもたらすようになる。それでも生きていくためには
そのような生産関係において働きつづけなければならないのだから、働く
ことそのものが、「仕組みとして」、自らの尊厳(Würde)を損なうもの
(Beleidigung)となる。

その仕組みがどのように解消されて、働く者の尊厳が回復され得るのか
という問題を、経済価値の側面から議論することによって解こうとした
のがマルクスの取組みだろう。

256考える名無しさん2018/06/19(火) 10:07:19.060
そこで、マルクスの議論においては、かつては専ら彼岸においてのみ解決される
宗教的な救済の対象として扱われた現世の苦しみ(Leid)に対して、現世において
実現可能であるとされる救済が示されることになる。

私は宗教哲学にあまり関心がないので、シモーヌ・ヴェイユの著作を読んだこと
はないが、ラジオ番組などでその思想を知る限りでは、ヴェイユのマルクスに
対する批判はまさに、マルクスの理論が、彼岸においてのみ解決される苦しみ
(Leid)に対して現世における救済が可能であるかのような幻想を人々に信じ
込ませようとしていることに向けられてているのだと理解している。

そこで逆に、ヴェイユはキリスト教信者の立場から、資本主義の生産関係に
おいて労働者が苦しむ(leiden)ことそのものに宗教的な価値を見出そうと
するわけだが、すると無論、今度は、宗教が資本主義的な統治の仕組みが
もたらす苦しみを正当化して、支配を強化する補完的な役割を担うことに
なることは避けられないだろう(そもそも、宗教は統治者によって常に
そのように用いられてきたわけだが)と思う。

257考える名無しさん2018/06/19(火) 10:11:27.930
現在の税による再分配か、それとも経済効率を向上させる労働改革による
経済の発展かという議論が極めて胡散臭い(というより、ペテンに過ぎない)
ことは、そのような脈絡で考えてみれば、容易に理解できるはずである。

258考える名無しさん2018/06/19(火) 10:23:21.200
個人の身体の痛みが聖書上の受難と結びついて
信仰を強めるのはキリスト教の一番大きな特徴だよな
たしかに奴隷道徳っぽい

似た発想は日本の思想にあるのか?

259考える名無しさん2018/06/19(火) 11:32:26.370
ダメな思想は子供だましの善悪二元論
目的のためには手段を選ばないマキャベリストと孫子主義者
不正な手段と犯罪で金を得るパーリア資本主義者
宗教で騙して金を奪い取るねずみ講ビジネス

この4つで世界が悪くなることは合っても良くなることはない
二元論とポピュリズムの組み合わせは破綻することを前提に作られた詐欺だ
マルクス主義とキリスト教がねずみ講ネットワークなのはそれが理由

この4組織に存在異議があるとしたらこの四つの詐欺組織同士で対決する時だけ
詐欺師に勝てるのは詐欺師だけ
蛇の道は蛇である
マルクス主義者はキリスト教や一神教と戦わなければ存在価値がないという事だ

マルクスみたいな宗教は悩める者の慰めとか言ってるアホにはたぶん無理だろうがなw

260考える名無しさん2018/06/19(火) 11:59:58.890
文明の歴史は約2百年
世界史上もっとも偉大な文明の平均的な寿命は約200年だ。この間、これらの国々は次のような準で進化してきた
・従属から精神性へ
・精神性から大いなる勇気へ
・勇気から自由へ
・自由から裕福へ
・裕福から身勝手へ
・身勝手から無気力へ
・無気力から依存へ
・依存から従属へ
ヘニング・ウェッブ・プレンティス「能力の狂信者達」

ロバートキヨサキの「こうして金持ちはもっと金持ちになる」P259

261考える名無しさん2018/06/19(火) 12:03:22.070
「マルクス」と「マルクス主義者」と「マルクス主義組織」は別物だ
マルクスは一定の評価はしてもいいがマルクス主義者とマルクス主義組織は別物として捉えた方が良い
最初にやるべきことは化石であるマルクスを頑固な一人の学者として、一個人として捉える事
やることはマルクスの本からイデオロギーを取り除きロバートキヨサキの
フィナンシャルインテリジェンスを使って分析・解体・再構築することだ

ガイ・カワサキの「革命家」の仕事術によると
「革命家と呼ばれるには、ルールを変えなければならず、ルールを変えるためには、
考え方を変えなければならない」
では、一体どうすればルールを変えるような大胆な思考が可能になるのか。
取り除く、枠組みを変える、「形態」と「機能」を切り離す、
バイオミミクリー(生物模倣)、「境界に働きかける」 と書いてある

262考える名無しさん2018/06/19(火) 12:09:24.450
私はMBAを取る為にハワイにある伝統的なビジネススクールに通っていたとき企業で働く
中間管理職が 教えるメネジメント「論」や経済「論」を学ぼうとしてる自分に気づいた
ビジネス経験のない先生は学校制度の外に一度も出たことがない人だ。つまり彼は5歳で
幼稚園に入ってからずっと学校制度の中にいるにもかかわらず、学生たちに実社会について
教えようとしているということだ。とんだお笑い草だと思った
私がMBAに行ったのは従業員ではなく起業家になりたかったからだ
講師陣の中間管理職や教師のほとんどは、ゼロからビジネスを立ち上げるのに
何が必要かについて何も知らなかった
ロバートキヨサキ「金持ち父さんのビジネススクール」P62~63

263考える名無しさん2018/06/19(火) 12:43:01.100
よほどマルクスが怖いんだねえ・・・
まあ、当然だろうが。

荒らしもマルクスの正当性ゆえ、だな。

264考える名無しさん2018/06/19(火) 14:19:10.570
何も怖くない
だって知的誠実性が崩壊してるし小難しい事言ってるだけで滅茶苦茶だもん
19世紀のカルトの化石のを妄信してる被害者を救済することが俺の使命なんだよ
中国見れば分かるだろパーリア資本主義と独占とコネだけしかないでしょ
マルクスは「寄生虫的製造マシーン」でしかないということが科学的に実証されたんだよ

265考える名無しさん2018/06/19(火) 14:25:19.990
>>264
マルクスを怖がってるのがよくわかる。

昔から、なんとかマルクスに触れさせないようにするのが、反共主義者の使命だからな。

266考える名無しさん2018/06/19(火) 14:53:06.060
シルビオ・ゲゼル研究室 代表作「自然的経済秩序」1-0
http://www3.plala.or.jp/mig/gesell/nwo1-0-jp.html リンク切れ

なぜマルクスの資本理論がプルードンの学説を追い出せ、社会主義を独裁制にできたの
だろうか。どうしてマルクスと彼の理論が世界のあらゆる新聞で語られるのか。マルク
ス主義の絶望とそのための無害性だという人がいる。ちょうど資本家がキリスト教の教
義を恐れないように、資本家は彼の理論を恐れない。むしろ、マルクスやキリストにつ
いておおっぴらに話すのは資本家のためになる。マルクスは資本家を決して破壊できな
いが、それは彼が資本の性質を誤解しているからだ。しかし、プルードンに注意しよう。
彼は徹底的に無視するに限る。妨害や擾乱、または中断なしに労働者が働ければ、資本
家は資本の供給過剰(商品の生産過剰と混乱しないように)ですぐに窒息するという彼
の主張は正当なものなので、彼は危険人物である。直ちに実行できるため、資本家の攻
撃のためのプルードンの提案は危険なものである。マルクスのプログラムは最新の機械
と道具を備えた現代の訓練された労働者の莫大な生産能力について語っている。マルク
スはこの莫大な生産能力で何も始められない。プルードンの手にかかるとこれは資本家
に対する武器となる。そのためプルードンを忘れてもらえるように、マルクスを喧伝せ
よ、と。

267考える名無しさん2018/06/19(火) 15:11:18.280
精神現象学 第二版
G・W・F・ヘーゲル 著 / 牧野紀之 訳
四六判上製函入1072頁 12,000円(税別)
ISBN978-4-89642-555-0 C1010



読解の正確さ、註釈の親切さ、訳文の読みやすさで
評価の高い牧野訳 待望の第二版!

湧き出ずる論理の展開に先走るヘーゲルの原文を精緻に読み込み
先達学兄の業績を踏まえた上で、本文のみでその思想が理解できるよう
分かり易く言葉を補った訳。原書との格闘の跡も生々しい補注も豊富で
後覚の者必携の一書。第一版に注と訳者による付録論文、索引を追加。

268考える名無しさん2018/06/19(火) 18:57:59.700
>>265

マルクスなんて何も怖くない
俺にとっては一人の知識人にすぎない
マルクス本人は好きでも嫌いでもないが
マルクス主義者やマルクス主義組織は優秀ではないね

マルクスの良さはアジデータ的な文章や魅力的な文章と
いろいろな思想をまとめ上げる力かな
重要な思想家というのは認めるが学問の全体像をもっと意識した方がいいよ
それと現実や現場を理解する事

269学術2018/06/19(火) 19:12:36.000
マルクーゼは戦慄する恐怖という意味もある。

270考える名無しさん2018/06/19(火) 19:19:02.500
>>268
怖くないならこんなスレまで来て荒らさないだろw

マルクスなんか読んでもいないくせにさ。

271オニオン2018/06/19(火) 23:31:59.070
読んでいないと内容について語れないわな
頭の中だけで考えた印象論、正体不明の幽霊を相手に藁人形論法でシャドーボクシング

てめーだよ、アーレント!

272考える名無しさん2018/06/19(火) 23:45:37.160
アレントはハイデガーよりも重要だよな
って誰も言わないからいつも不思議に思ってる

273考える名無しさん2018/06/20(水) 01:10:54.010
思想としてはアーレントの方が重要だけど、哲学としては思考が中途半端

274オニオン2018/06/20(水) 01:54:21.280
『全体主義の起源』は断定調で言い放つだけの印象論の本だった
例えば「ファシズムを構成するモブは疑い深いが騙されやすい」とか
血液型占いみたいな根拠なきレッテル貼りが陳列されている
風が吹けば桶屋が儲かると神話を紡ぐがコケ脅しだから何の役にも立たない

ジョージ・オーウェルの『1984年』を読みましょう

275考える名無しさん2018/06/20(水) 03:05:40.750
相変わらず似たような本と似たような思想家しか読まないんだなw
上からこれを読めと言われたものをただ機械的に読んでるだけ

そんなんだからロボットみたいに全員が画一化するんだよ

276考える名無しさん2018/06/20(水) 12:58:13.980
最近のパヨクの人たちの聖典だからね

277考える名無しさん2018/06/20(水) 13:02:17.730
もしこの時代にマルクスがいたらアーレントは空想的社会主義者で観念論者だというだろう

278考える名無しさん2018/06/20(水) 13:32:39.700
プルードンはヒトラーみたいな言葉を遺しているのを知って退いた。

279考える名無しさん2018/06/20(水) 14:17:32.740
ユダヤ系が好きならアイン・ランドを読めばいい
彼女はロシア系ユダヤ人だよ

日本のマルクス主義に一番必要なのは多様性
1つの思想しか知らないから外の世界について恐ろしいほど無知蒙昧な状態なままなんだよ

専門馬鹿というやつで
タコツボの中でしか生きれないし活躍できない
マルクスが悪いとかマルクスを否定しろとは言ってない
ただしいろいろな思想の事を知った方がいい
タコツボ人間が通用するほど外の世界は甘くない
情報時代なんだから新しい思想を学ばなければ取り残されるだけ

280考える名無しさん2018/06/20(水) 14:28:08.330
アインランドといえばクラレンストーマスが
影響大きいんだよな

さすがアメリカだわw

281考える名無しさん2018/06/20(水) 14:35:35.130
>>256

キリスト教の元であるユダヤ教がエジプトの奴隷労働を逃れてイスラエルを
建国したことをを重視してるから一神教って基本的に労働を罰として捉えて
嫌ってるよ
そう捉えない派閥もあるけど基本的考えとして労働を毛嫌いする

プロテスタントに労働に価値を置く派閥が居るけどそれって東インド会社や日本の
影響で合ってキリスト教や一神教の伝統からはあまり出てこない

じゃなければ労働力確保の為に奴隷貿易してわざわざアフリカ人を連れてきたりしない
ちなみにフランスの東インド会社の初代トップはオランダ東インド会社で30年働いて
日本に20年間住んてた人

282考える名無しさん2018/06/20(水) 14:52:05.290
唯物論的弁証法には世界の問題を解決する力はある。
教条主義者がマルクスの著作の中の断片的な言葉を鵜呑みにして、それを教条のように振りかざすことによって、
人々を間違った方法で指導するからうまくいかないのだ。
マルクスの言葉の中には、今日あきらかに間違っていると思われる部分がある。
たとえば、経済学の分野では、労働価値説をとっているが、これは間違いである。
効用に価値がある。労働は正しい方向づけがなされてこそ、効用というかたちで価値を持つのであり、
それ自体は中立である。間違った方向づけで行われる労働は徒労である。
(マルクスは労働者の立場から経済学を論じているから、こういった間違いを犯したのであろう、)
間違った理論によって導かれる方針が成功するはずがないのである。
教条主義者はこういったマルクスのあきらかな間違いにも目をつむり、マルクスの著作の中の断片的な記述から、自分の思うマルクス主義を正当化しようとする。
こういった態度が人々をつまずかせないわけがないのである。

283考える名無しさん2018/06/20(水) 15:33:37.720
浅い。それはマルクスを知って一番最初に気づく奇妙な点に過ぎない。

284考える名無しさん2018/06/20(水) 16:07:48.170
その奇妙さに気づいて、そこからナンセンスな論理的な帰結が導かれるから、
マルクスの理論は間違いで、きちんと経済学を学ぶ必要があるというのが、
一般的な経済学者の立場。奇妙さを指摘されても、気づかないふりをして
やり過ごそうとしたり、マルクスの文献学的な知識によって議論を覆い
尽くして煙に巻こうとしたり、議論を横にずらして問題を回避しようとする
のが一般的なマルクス主義者の立場。そのどちらも下らない。

285考える名無しさん2018/06/20(水) 16:09:17.760
その奇妙さにこそ、マルクスが解こうとして解けなかった問題の核心があるのだから。

286オニオン2018/06/20(水) 23:36:32.420
敢えてケインズ&ワルラスの消費者主体の現代経済学(効用説&有効需要の原理)に対して
セイの法則に代表されるサプライサイド経済学としてマルクス主義を対置することはそう間違ったアプローチではない

ただ剰余価値説の前身たる労働価値説はマルクスの唯物論と矛盾する観念論としか評価できないし、
搾取しただのしてないだのこんな言葉遊びの霊的なものを追う妄想を経済学と呼んでいいのかという疑問はある

287考える名無しさん2018/06/21(木) 00:51:35.000
効用に価値がある? これは間違い。
また労働価値説と効用の話とは次元が違う話。一緒くたにするの間違い。
その労働が有用であるかどうかは資本主義では商品交換によって現実態になる。

288学術2018/06/21(木) 06:56:21.610
労働が楽しくない民族性なんだよ。ちょっとしたことで世界がひっくり返る。

労働価値説から賃金を支給するだけでは胡散臭いし、商売や卸売りの
ことを全然知らないマルクスが世界をゆがめたのかもね。

289考える名無しさん2018/06/21(木) 09:20:12.050
労働価値説から賃金を支給するだけ、って何だよw

290考える名無しさん2018/06/21(木) 12:18:23.330
マルクスが間違ってる点はー、とか偉そうに言ってる人のマルクス理解ってだいたいずれてるよね。
しかもマルクスを読んでないことが丸わかり。
この風潮も柄谷の影響なんだろうか。

291考える名無しさん2018/06/21(木) 13:10:27.900
評論かってのは得てして想像力の乏しい人達だからね
何かを残した人達への嫉妬が激しい

292考える名無しさん2018/06/21(木) 13:24:48.670
何当たり前の事を言ってるんだよ…

293考える名無しさん2018/06/21(木) 13:44:22.810
>>291
その言が評論っぽいと思った

294考える名無しさん2018/06/21(木) 13:45:43.700
マルクスとエンゲルスは「下部構造(土台)が上部構造を規定する」と述べている
上部構造:政治、宗教、道徳、法律などなど
下部構造:経済
「上部構造の反作用」というものの重要性を強調しなかったことを後悔していたが
それでも重要な土台は「お金の問題」という事だ

だからやっぱりロバートキヨサキのフィナンシャルインテリジェンスをまずは最初に学ぶべき
まずは土台を作ってそこから上部構造に移行した方がいい
ビジネスの世界で一番重要な言葉が「キャッシュフロー」である
そしてお金とは何か?
それは「考え方」「知識」「思考の産物」「デリバリティブ(派生物)」である

マルクスは一番大事なのは下部構造(土台)=お金の知識だと述べている
じゃあ経済学を学べばすべて理解できるようになるんだなと誤解する人がいっぱい出現した

しかしロバートキヨサキが言うには経済学は重要だけどそれはフィナンシャル教育ではない
「経済学を学べば金持ちになれるならなぜほとんどの経済学者が金持ちではないんだ?」
(「こうして金持ちはもっと金持ちになる」P114)と述べている


経済学がマルクスの言う下部構造(土台)ではないなら何が下部構造(土台)なのか?
その答えがロバートキヨサキの作りだしたフィナンシャルインテリジェンスである

295考える名無しさん2018/06/21(木) 13:49:08.110
俺はキヨサキ君好きだぜ
言っていることはおかしいけど

296考える名無しさん2018/06/21(木) 14:04:52.210
経済学者は仕事を作り出したり投資を作り出したりビジネスを作り出すことをするべき
給料をもらう事ばっかり考えてるからいつまでたってもマルクスの言う下部構造(土台)が理解できない

「給料を貰う」のではなく「お金を無から生み出す」発想ですべての物事を見るべき

297考える名無しさん2018/06/21(木) 14:10:09.000
労働というのは、マクロ経済的にみれば、「平均」という魔法によってある程度定量化できるのかもしれないけど、
ミクロ経済的にみれば、労働価値説は完全な誤りであると思う。
そしてマクロ経済とミクロ経済は表裏一体のものでもある。
マクロ経済とミクロ経済ということでいえば、ミクロ経済のほうが重要な学問領域だと思う。
ミクロ経済(個人の消費活動や家計のやりくり)が経済の土台であるからだ。
計画経済の立案者は物事をさかさまにしている。
マクロ経済のつじつま合わせのためにミクロ経済を従わせようとする。
だから、強制労働や配給制度に頼るんだ。

298考える名無しさん2018/06/21(木) 14:44:06.800

299学術2018/06/21(木) 16:27:13.790

300学術2018/06/21(木) 16:52:49.230

301考える名無しさん2018/06/21(木) 18:32:03.540
つまんないから学術とかいうやつは書き込まなくていいよ

302考える名無しさん2018/06/21(木) 18:51:19.370
ねずみ講はB級品を売り込むネットワークビジネス
情報教材系のネットワークビジネスは金儲けの手法を売り込む
キリスト教とマルクス主義は貧乏や貧困を売り込むネットワークビジネスだと思う

昔のねずみ講は商品を売り込んでいたが最近の普通のネットワークビジネスは金儲けのやり方を売り込む
でも金儲けは競争だから結局は全員儲けれないからどこかで破綻というか離反して勢いが止まる
マルクス主義とキリスト教は貧乏や貧困を売り込むから破綻しない仕組みになってる
金儲けできない=おかしい、と普通は気づくけどマルクス主義やキリスト教の場合は
貧乏と貧困を売り込んでるからおかしいとはならない
中には儲けれる人も居るし

303考える名無しさん2018/06/21(木) 18:54:33.790
純一涙目

304考える名無しさん2018/06/21(木) 19:11:51.780
マルクス主義者が他に売ってるものは「怠け者労働者」と「労働者管理システム」と
「ストライキ」「デモ」

これらを企業や国に売っている
買った企業や国はライバル国やライバル企業にそれらを送り込むんだよ
そうやってライバルを潰す
これらは全部商品なんだよ

「人助けが好きなあなたに贈る金持ち父さんのビジネススクール」ではこう書いてある
この世のすべての人は何かしらを売っている
就職の面接でも自分の経験やスキルを売っている
そして売ることが出来ればそれだけ買う事が出来る
つまり売れただけしか買えない
何かを買いたいならまず売らなければならない、だから売り込む能力は最も重要なスキルである
お金儲けにもっとも重要なスキル=セールス(営業)である

305考える名無しさん2018/06/21(木) 19:19:15.890
で月並みな情報商材を買って夢中で世界を
解釈している君は何を売ってるん?

306考える名無しさん2018/06/21(木) 20:17:03.880
キリスト教の20億人ねずみ講ネットワークを少しも見破れないアホが何を言ってるんだかw
俺はロバートキヨサキで気づいたよ
そしたらマルクス主義も似たような構造だと気付いた


パーリア資本主義はパーリア資本主義を叩かない
何故なら自分のやってることがばれるから
マルクスが製造業ばっかり叩くのはパーリア資本主義だからだよ

307考える名無しさん2018/06/21(木) 20:27:25.580
仮に気づくとどうなるん?
君の行動はどう変わる?

つまりある隠れた悪い構造に俺は気づいた
っていう図式はよくあるわけだけど
君はその得た知識で何をする?

308考える名無しさん2018/06/21(木) 20:28:50.490
フィナンシャルインテリジェンスを
学べばどう君は変わるん?

309考える名無しさん2018/06/21(木) 20:44:06.620
100年以上も経済やビジネスや起業を分析して悪だの善だの搾取だの語っておいて
1000年以上も続く10億人規模のねずみ講ネットワークに一切気づかなかったとか
マルクス主義者がどれだけ経済に関して才能がないか分かるだろ
ただのがり勉だよ
暗記してオウム返しにするだけ
ロボットと一緒

考える事が出来ないとしか思えない

310オニオン2018/06/21(木) 21:27:30.220
Q:ロバート・キヨサキからフィナンシャルインテリジェンスを学んだはずのキヨサキくんは何故起業できないのですか?
A:教材ビジネスに騙されているだけだからです。儲かってるのは啓蒙書を売るペテン師のロバート・キヨサキだけ

311考える名無しさん2018/06/21(木) 21:36:09.750
>>309
気付いた君は気付かないマルクス主義者と
どこが違うのか?

パーリアなんとかに気付かない
優秀な経営者や金持ちはいくらでもいるだろう

気付いた自分に自信というのは
単なる情報商材の犠牲者だろう

キヨサキの知恵はバカに本を売れ!
だろうな

312オニオン2018/06/21(木) 23:59:53.830
ロバート・キヨサキ調べるほどホリエモンそっくりだよ
起業家志向の啓蒙書を売りさばき、読者は著者を崇拝するが一向に起業できないw

313考える名無しさん2018/06/22(金) 00:56:07.860
>>312
最初の本が「金持ち父さん貧乏父さん」って題名だぞ
貧乏父さんってのは彼の本当の父親で高学歴ハワイで教育長官をやっていた人


キヨサキはフラーの言う一般原理「単一性の中身は複数」に従っている
コインには裏と表と縁があり、知性がある人は縁に立って両面を見通すと述べている



マルクス主義者が語るとなんでも上っ面になる
読みもしないで妄想と嘘から語りだすから頓珍漢な理解になる
お前らマルクス主義者の知能の低さと知的誠実性の崩壊具合は今に始まったことではないが
相変わらず進歩がなくて驚いたよ

314考える名無しさん2018/06/22(金) 01:04:15.660
>>313
知的覚醒はいいから
気付いた君は人とは違う
どんな行為行動をしているの?

もしかしておれは読んだぞ!って喚くだけ?w
安楽椅子キヨサキ主義者かな

315考える名無しさん2018/06/22(金) 01:05:37.520
ビジネス書の信者はこんな感じなのかな
怖い怖い

316オニオン2018/06/22(金) 01:40:40.310
覚醒剤で空を飛べるようになった錯覚に陥るようなものだ
ホリエモンやキヨサキを読むと意識だけは高くなり、革新的なベンチャー企業の社長さんになった気分で偉そうな態度になるが現実は何も変わってはいない

317考える名無しさん2018/06/22(金) 03:05:28.730
金持ち父さん(資本主義)貧乏父さん(社会主義)だぞ
貧乏父さん(社会主義)が本当の父親だ
メソジストで社会主義者で共和党支持者でハワイの教育長官というなんとも矛盾した人だ
金持ち父さん(資本主義)というのは本当はいなくてただの創作
たぶん自分の経験談から作った人物。

「単一性の中身は複数」とは事実とは複数の見方があるという事
コインには表(資本主義)と裏(社会主義)と縁があり、知性がある人は
縁に立って資本主義と社会主義の両面を見通すと述べている

これがキヨサキの最初から一貫した立場なんだが
最初は隠れてるけどね
バックミンスターフラーが社会主義に近いしまあ北一輝寄りだが

318考える名無しさん2018/06/22(金) 03:09:25.770
このメソジスト教会ってのが食わせ物で散々金持ち罵倒の話を聞かされて育ったらしい
金持ちが天国に入るのはラクダが針の穴を通るより難しいとかな
キリスト教会は信者から金を巻き上げるためにお金や金持ちを悪魔化するからね

最近はその意向が減ったらしいけどね

319考える名無しさん2018/06/22(金) 03:14:55.990
キヨサキスレをたててそこで思う存分やればいいのに。
迷惑なんだよ。

320考える名無しさん2018/06/22(金) 03:21:20.620
>>314~316

私が好きなフラーの言葉はこれだ
「私たちの失敗は、多くの要素が絡んだ結果である。だがもしかすると一番の理由は、
私たちの社会が、分化・専門家は成功の鍵だという考えに基づいてるからかもしれない。
専門化することが総合的な見方を阻害することに気づかないのだ」
セカンドチャンスP280

「教育の過程において、人間は生まれ持った能力を純化され、多くを課され、多くを詰め込まれて
麻痺状態になる。その結果、成熟したころには持って生まれた能力は消滅しているのだ」
フラーは講演の中で次の点を強調した
「過度の専門家は絶滅につながる」
フラーは無敵の恐竜が絶滅したことを例にとり、それは彼らがあまりにも専門化しすぎ
環境変化に対応する能力がなかったからだと説明した。
セカンドチャンスP256

現代の教育システムの問題点は、それが工業化時代のものであることだ。学生は、工場のベルトコンベアで
ロボットのように組み立てられたロボットのように扱われる。ロボット学生は他のロボットが作った
スケジュールにによって学ぶ。組立工程に追い付けないロボットは教師が考案した「鈍い」「発達障害」
「ADD」などの 病名をはられる。だが本当の理由は耐え難い退屈である
セカンドチャンスP241

321考える名無しさん2018/06/22(金) 03:24:11.050
>>319

確かにそうだ
迷惑はかけている
あまりに頓珍漢で無知で器が小さいからどうしても反論したくなってしまった

しばらく消えることにする
マルクスを好きなように語ってくれたまえ

322考える名無しさん2018/06/22(金) 03:48:30.020
男に二言はねえぞ。二度とくんな!

323考える名無しさん2018/06/22(金) 05:14:21.000
>>321
どしたん?
急に謙虚になって。
まあ、人間、素直になることはいいことだ

新着レスの表示
レスを投稿する