フランス革命 part2©2ch.net

 
前スレ

フランス革命
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1286306945/
 

633世界@名無史さん2017/11/09(木) 20:52:04.650
逆の発想で、実はマリーアントワネットの時代に経済発展していたって意味になるんだが
経済発展してたのか?してないから先祖の借金と戦費払えずに困窮して
特権身分に課税しまーすってパンドラの箱を開けたんじゃないのか?

634世界@名無史さん2017/11/09(木) 21:11:17.970
ナポレオンの戴冠式は、ルイ16世の戴冠式の6倍の費用が掛かったという。
まあ革命なぞで世の中が良くなるわけもなし。そんなもんだよな。

635世界@名無史さん2017/11/09(木) 21:25:53.790
アンシャン・レジームの末期は比較的平和なフランスだったけど、
革命とナポ戦争が始まって200万人が無残な死を遂げる地獄と化した。
空虚なスローガンを振り回して進歩した気になるイベントに
それだけの人命を犠牲にする価値があったとは思えねえよ。

636世界@名無史さん2017/11/10(金) 02:27:03.910
ヨーロッパにナショナリズムって争いの種を撒いたな
遅かれ早かれナショナリズムは芽吹いたのか、ナポレオン戦争が無ければ芽生えなかったのかは割と謎

637世界@名無史さん2017/11/12(日) 08:45:28.180
王を処刑し伝統を否定したことから、権力の正当性を軍事力に求めるナポレオンのような
存在の登場が必然となった。これはバークが予言しているとおり。
そうして登場した軍事指導者は、対外戦争を起こし自分の存在意義を示し続けねばならず、
一方で侵略された側では結束する必要からナショナリズムが高まる。
問題の根源は、ナポレオンというよりもフランス革命が王殺しを犯したことに求められる。
それが世界を亡ぼしかねないナショナリズムという怪物を生んだ。

638世界@名無史さん2017/11/12(日) 09:31:08.550
フランス人権宣言の意義は大きいよ
現代に至るまでの自由、民主主義、人権尊重、法の支配という近代的価値感の根幹になったわけだし

639世界@名無史さん2017/11/12(日) 09:50:35.550
アメリカ独立戦争があったからその辺の意義が薄れる気がするんだ

640世界@名無史さん2017/11/12(日) 12:47:17.140
人権宣言は持ち上げられる割には、それを書いた人間の扱いが軽い。
つまり人権宣言を有難がる人間がラファイエットに感謝しているかというと
ちっともそうではないな。

ちょうど戦後の日本国憲法が、平和憲法平和憲法と祭り上げられる一方で、
それを書いたケーディスが感謝されているかというと全然そうではないのと
よく似ている現象じゃな。

641世界@名無史さん2017/11/13(月) 18:50:29.740
そもそも憲法九条は幣原の意向でカーディスは関係ないしな

642世界@名無史さん2017/11/13(月) 19:18:50.580
ケーディスでした

643世界@名無史さん2017/11/15(水) 15:26:50.970
感謝されないどころか、
ついには、関係ないとか言い出す日本人まで出る始末ww

644世界@名無史さん2017/11/17(金) 03:02:47.860
悲惨だったのは90年代のテルミドール反動以降だろうな
政治的には停滞と混乱、経済的にも破綻状態

645世界@名無史さん2017/11/20(月) 04:10:05.810
>>644
ジャコバン独裁のつけを払わされただけだろww

646世界@名無史さん2017/11/20(月) 14:10:23.540
高校教科書から消える用語
https://pbs.twimg.com/media/DO9RMHkUMAAjEYS.jpg

647世界@名無史さん2017/11/20(月) 15:56:13.120
ひどいな
アンシャンレジームとロペスピエールなしでフランス革命はどう説明するんだ

648世界@名無史さん2017/11/20(月) 19:22:19.340
>>643
マッカーサーもこう言ってますけど
文句あるのならアメリカ大使館にでも抗議しに行けば?
http://vergil.hateblo.jp/entry/2016/07/19/215422
>マッカーサー:「戦争を禁止する条項を憲法に入れるようにという提案は、幣原総理が行なったのです。私は総理の提案に驚きましたが、私も心から賛成であると言うと、総理は明らかに安堵の表情を示され私を感動させました。」

649世界@名無史さん2017/11/20(月) 21:35:15.040
>>648
マッカーサー発言を踏まえた上での説明がこちら
「9条発案者は幣原ではない」
http://masudamiyako.com/news/16/161015.html

650世界@名無史さん2017/11/20(月) 22:47:10.460
トゥール・ポワティエなくして中世フランクのキリストの守護者は説明しづらいし
エンリケ航海王子なかったらポルトガルが新航路開拓に力を入れた事実が説明不足
同盟関係でパワーバランスを保つっていう戦略に至る大きな駅の一つがメッテルニヒなのに

そういうのを削るより羅列して覚えるだけになってる場所削るべきじゃねえの
諸子百家のマイナーなのとか

651世界@名無史さん2017/11/22(水) 22:09:07.700
>>649
>>648をちゃんと読んだ?
幣原だと言い出したのは9条発案者だと言い出したのは朝鮮戦争のあと説はなり立たない
というのも1946年4月5日の演説で日本側から提案されたと既に述べているから
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/V/Vergil2010/20160718/20160718161910.png

でなぜマッカーサー側から提案される形にしたかについて、その経緯は平野文書に書いてある
>「そこで僕はマッカーサーに進言し、命令として出して貰うよう決心したのだが、これは実に重大なことであって、
>一歩誤れば首相自らが国体と祖国の命運を売り渡す国賊行為の汚名を覚悟しなければならぬ。
>松本君※にさえも打明けることの出来ないことである。
>したがって誰にも気づかれないようにマッカーサーに会わねばならぬ。
>幸い僕の風邪は肺炎ということで元帥からペニシリンというアメリカの新薬を貰いそれによって全快した。
>そのお礼ということで僕が元帥を訪問したのである。それは昭和二一(1946)年の一月二四日である。
>その日、僕は元帥と二人切りで長い時間話し込んだ。すべてはそこで決まった訳だ。

いくら芦田やマクマホン・ボール日記を持ち出してきたところで、マッカーサーにウソつく理由がない以上
この証言は崩せないのよ

652世界@名無史さん2017/11/23(木) 06:36:31.030
幣原ってほとんど評価されていないな。
なぜ九条信者は幣原に感謝をささげ、顕彰しようとしないのか。
まあ答えは分っているがww

653世界@名無史さん2017/12/02(土) 06:46:44.040
>>651
マッカーサーには幣原を発案者に仕立てたい二つの重要な理由があったぞ
その程度も分からないようでは・・・

654世界@名無史さん2017/12/02(土) 18:18:53.240
はいはい
異論があるならちゃんと史料出して反論しましょうね

655世界@名無史さん2017/12/06(水) 21:08:55.240
『フランス革命の代償』(ルネ・セディヨ) 著という本は
制度経済軍事文化などいろいろな角度からフランス革命の得失のバランスを論じている。
この本によるとフランス革命の勃発後、フランスの産業と経済は著しく衰退し、
革命前の王政時代の水準にようやく回復するまで実に35年!!を要したという。

革命が封建制を廃すことで自由な経済活動が可能になり、大いに経済は伸びたのでは
と思う人がいるかもしれないが、現実は全くその逆だったという。

656世界@名無史さん2017/12/15(金) 21:00:37.890
敗戦で焦土と化した日本が、太平洋戦争開戦前の
経済レベルに立ち直るのには約10年掛かった。
それから類推しても立ち直るのに35年掛かりという
ダメージは凄い。

657世界@名無史さん2017/12/27(水) 14:11:39.050
>>607,608
教区司祭(いわゆる神父)は地域住民の弁護で助かったという例もある
修道士は自分と神のことしか考えてないからという理由でアウト
高位聖職者は第1身分そのものだからお話にならない

658世界@名無史さん2018/01/30(火) 09:05:56.000
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

ST2X9

659世界@名無史さん2018/02/03(土) 20:54:27.390
フランス革命期で一番悲惨だった時期は間違いなく総裁政府の時期だね。
テロルやクーデタの頻度も大差ないし、経済破綻がきわまった時期

にもかかわらず革命前半の恐怖政治がよく挙げられるのは
俳優が揃ってるから芸能バラエティ的な興味なんだろうな
日本の明治維新で、幕末の志士には異様に詳しい人が多いのに、
明治時代になると知識ほとんどないとか言うのと一緒。

660世界@名無史さん2018/02/26(月) 17:26:38.560
>>655
フランス革命のおかげで退歩したというのは短絡的だな。
だって1789年当時に当事者は「フランス革命」を起こそうとは思ってないんだからな。
だったらルイ16世が立憲王政を受け入れていればよかっただろと突っ込まれて終わり。

661世界@名無史さん2018/03/06(火) 07:55:14.400
>>634
ルイ16世の時は財政立て直しに取り組んだからじゃないか ルイ14,15世のせいで財政逼迫 特権階級から課税しようとしたんだよな

662世界@名無史さん2018/03/12(月) 13:24:35.600
課税できなくても、融資がつけば当座はしのげたんでしょ?
財政的には

663世界@名無史さん2018/03/26(月) 19:15:03.280
マリーアントワネットって安倍夫人みたいな感じだったの?
ネタキャラ的な意味で

664世界@名無史さん2018/03/27(火) 18:36:54.260
  
  
フランス革命で言えば、佐川証人喚問はどの段階なんだ? [688621589]
http://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1522143282/
   

665世界@名無史さん2018/03/27(火) 18:47:34.760
野党はテニスコートの誓いを結んだ後なのか前なのか気になるところ

666世界@名無史さん2018/03/28(水) 23:14:38.13O
>>657
やはり宗教改革時代に新教になっとくべきだったな、フランス。アンリ四世はパリなんかほっといて、西部の新教地域だけ独立させちまえば良かったんじゃね。ナントの勅令だってバカな孫が廃止したわけだし。

フランス王じゃなくてもナヴァール王なんだからいいじゃん。フランス王国なんかパリ伯領に戻しちまえよ。

667世界@名無史さん2018/03/29(木) 13:08:59.270
世界史ほぼ初心者がフランス革命をざっくり学べるお手頃な本はないですかね?
4月から理系の大学生ですが自動車免許も取ったし引っ越しも終えたしギターは実家だしやることなくて退屈しています

668世界@名無史さん2018/03/29(木) 15:02:14.160
分析の視座がかなり古いけど、遅塚忠躬『フランス革命―歴史における劇薬』は良い本だよ。安いし。

この本をもとに詳しい人にしゃしゃるとボコボコにされるけど、さらっと読むには一番。

669世界@名無史さん2018/03/29(木) 16:01:49.450
>>668
岩波ジュニア新書ですか
Amazonで確認するとレビューも高評価でした
さっそくポチりました
ついでに佐藤賢一のフランス革命の肖像 (集英社新書ヴィジュアル版)も

670世界@名無史さん2018/04/01(日) 07:08:37.430

671世界@名無史さん2018/05/01(火) 19:41:41.920
エベール

新聞を売るための商売最左翼の振りをした中道左翼程度
金儲けも捨てきれず自滅。

672世界@名無史さん2018/05/01(火) 21:49:58.340
>>660
フランス革命を起こそうと思ったとか思わなかったとかは関係がない。
それは起きた。そして甚大な被害をもたらした。
という話に過ぎないだろう。

673世界@名無史さん2018/05/03(木) 19:51:41.080
>フランス革命期で一番悲惨だった時期は間違いなく総裁政府

んなわけがあるかww
ギロチンが血しぶきを上げてフル稼働していたジャコバン独裁にくらべれば
まるで天国。

674世界@名無史さん2018/05/04(金) 01:19:51.670
ロベスピエールも悲惨だ。
超真面目な性格で真面目に革命頑張ってたのに最後はアレだ。
結局生涯童貞だったし。

675世界@名無史さん2018/05/04(金) 22:04:21.340
個人的にラヴォアジエを処刑したのは許せない
科学の発展は数十年遅れてしまったと思う

676世界@名無史さん2018/05/05(土) 12:38:40.140
共和国に学者は必要ない

なかなかかっこいいセリフではあるがあまりにもキチガイ

677世界@名無史さん2018/05/05(土) 13:15:24.430
近代科学の夜明けを促した18世紀啓蒙思想の落とし子だとは思えない

678世界@名無史さん2018/05/06(日) 16:05:36.420
その判事ひとりがガイキチだっただけ。
基本的にフランス革命は科学に肯定的。

679世界@名無史さん2018/05/07(月) 00:40:52.490
とりあえずラボアジエをブチ殺した事実は残るわけでね

680世界@名無史さん2018/05/07(月) 03:33:52.370
ラボアジェは科学者だからじゃなく徴税請負人だから捕まって殺されたんだけどね

681世界@名無史さん2018/05/07(月) 23:41:10.270
共和国に徴税人は不要であると、なぜ言わなかった(笑)

682世界@名無史さん2018/05/10(木) 00:10:29.970
世界三大財閥のひとつともいわれるデュポン社(Du Pont)。
その創業者はラボアジエの下で化学を学んだエルテール・イレネー・デュポン。
師匠の首を斬るような国に見切りをつけてアメリカに渡り、
そこで後に巨大化学コングロマリットに成長する火薬の会社を興した。

科学者は必要でないどころか、科学者こそ共和国の発展に必要な人材だった。
くだんの裁判官こそ利敵行為、革命の敵として告発されるべきだった。

683世界@名無史さん2018/05/13(日) 01:39:02.300
デュ・ポンだったのか。確かにフランス風だ。

新着レスの表示
レスを投稿する