春秋戦国時代

1世界@名無史さん2017/11/03(金) 16:41:22.660
同じような出来事が多すぎて、いまひとつ頭に残らない春秋戦国時代

ここらで流れを整理しておこう

200世界@名無史さん2018/05/28(月) 06:26:05.480
いや、どっちみちネトウヨは福沢諭吉や大隈重信の儒教批判なんか読んでないから
読んでるのは黄文雄かそれを鵜呑みにしてさらに捻じ曲げる小林よしのりだけ

大事なのはそこだろ

201世界@名無史さん2018/05/28(月) 06:30:22.050
>>191
ケント・ギルバートに儒教の知識があるとはぜんぜん思えないけどな

202世界@名無史さん2018/05/28(月) 06:38:33.860
その「反儒教ネトウヨ」ってのは、どこにいるんだ?

ネットでもリアルでも見たことがない

203世界@名無史さん2018/05/28(月) 06:45:25.810
ニュー速+にいくらでも
嫌儲にもよくいる

204世界@名無史さん2018/05/28(月) 07:37:11.840
まあ、いまの日本人は、儒教のことなど、まったく知らんからなあ

キリスト教のほうが、まだよく知られている

205世界@名無史さん2018/05/28(月) 07:40:26.950
陽明学には、「知行合一」とか「心中の賊を破るは難し」とか、いくつか有名な言葉があるけど、朱子学にはそれすらない

朱子学は完全に忘れ去られた

206世界@名無史さん2018/05/28(月) 08:47:14.570
儒教批判の盛んなのが中国だと清末、民国、毛沢東期
日本だと幕末、敗戦前昭和期、今現在ってのが面白い

207世界@名無史さん2018/05/28(月) 13:21:10.170
朱子学の遺伝子は文化の中に残ったとかなんとか

208世界@名無史さん2018/05/28(月) 17:28:51.550
>>206
今現在のは、儒教批判というより、中韓批判の一部だろ

209世界@名無史さん2018/05/28(月) 19:00:53.620
>>202
「儒教には“相手を赦す”という概念が無い」というデマを流すネトウヨはよく見かける

210世界@名無史さん2018/05/28(月) 20:32:14.740
>>209
それは誤解だな

211世界@名無史さん2018/05/28(月) 20:34:45.170
こいつネトウヨ小僧だろ

212世界@名無史さん2018/05/28(月) 23:17:51.160
>>196
今の儒教批判や支那チョン批判は、福沢諭吉の脱亜論が影響してるから、
馬鹿サヨどもが福沢諭吉を批判してんだろが

213さようなら2018/05/28(月) 23:59:02.880
天下は統一されない方が良かった。

214世界@名無史さん2018/05/29(火) 13:46:13.790
ドイツやフランスみたいに、ずっと分かれていればなあ

215世界@名無史さん2018/05/29(火) 14:47:27.410
>>2
鄭=北朝鮮 衛=韓国 宋=日本
斉=アメリカ 秦=中国 楚=ロシアな感じ?

216世界@名無史さん2018/05/29(火) 23:59:36.100
授業は差別

217世界@名無史さん2018/06/04(月) 22:15:11.150
ところで、もともと天皇の選定は日本でも古来、蒙古のクリルタイと同じく、血族者の中から実力を考量して選んだ。

218世界@名無史さん2018/06/08(金) 23:02:40.050
そらそうよ古代日本は奴隷制全開のジャングルの掟社会なんだから

219世界@名無史さん2018/06/24(日) 23:51:33.120
宋の襄公のピエロぶり

220世界@名無史さん2018/06/25(月) 08:49:57.220
>>212
脱亜論は福沢が書いたんじゃないっていうのが定説
それを無視してホルホルするのが馬鹿ウヨ
脱亜論に日本人そのものを見出して攻撃し続けるのが韓国人
韓国人に同調するのが極左
リベラルは史実を重く見て福沢を攻撃せず、しかし帝国主義の流れに批判的

221世界@名無史さん2018/06/25(月) 18:55:21.830
>>220
定説ということは論文あるんですよね?
どの学者の何というタイトルの論文でその説が開陳されたのかご存知?

222世界@名無史さん2018/06/25(月) 23:46:46.010
>>221
平山洋だけでじゅうぶん

223世界@名無史さん2018/06/26(火) 00:24:48.200
その人が定説なんですか?本当に?

エビデンス何も無しに主張してる部分もありますよね

224世界@名無史さん2018/06/26(火) 12:55:06.960
バカウヨホルホルは言い張るだけだからね

225世界@名無史さん2018/06/26(火) 16:30:09.560
>>223
ケチばかりつけててなんら生産性ないね君

226世界@名無史さん2018/06/27(水) 00:05:19.880
検証に耐えない論説ってもっと生産性ないですよね
ただの嘘だし

227世界@名無史さん2018/06/27(水) 07:01:04.370
エビデンス出されても確かめもせず認めない奴がうだうだ喚いてもね

228世界@名無史さん2018/06/29(金) 02:02:43.640
え、平山洋の主張が定説に何時なったんで?

229世界@名無史さん2018/07/21(土) 16:45:12.440
>>85
戦国七雄じゃないんだ、どれが除外されてるのか

230世界@名無史さん2018/07/22(日) 02:44:38.120
除外されてるのは燕だったかと
楽毅の登場で脚光浴びたけど、その前に後継問題の内乱を突かれて一度滅んだような状態だからね
薊を斉に支配されて、何事も斉にお伺いをたてるような感じで一時期は斉の従属国状態になっていた
その状態から回復させた昭王は優れた君主だったよね、後継ぎはどうしようもないけど

231世界@名無史さん2018/07/22(日) 03:04:56.510
一度滅んだも同然といえば斉もそうなのに

232世界@名無史さん2018/08/27(月) 04:43:52.950
斉が燕を完全に滅ぼさなかった理由は何だろう

233世界@名無史さん2018/08/27(月) 12:32:44.430
旨味不足

234世界@名無史さん2018/08/27(月) 13:40:07.540
滅ぼしたあとの王家の扱いとかめんどくさいから?
生かしといたら復讐に怯えることになって、虐殺したら悪評うけるとか

235世界@名無史さん2018/08/27(月) 14:35:35.770
属領化してもすぐ北に異民族いるし、緩衝地帯にしたかったのかね

236世界@名無史さん2018/08/28(火) 12:28:26.240
王家が形骸化して
諸侯が強くなって
次にその家臣が台頭してって
日本と同じだよね
つうか世界中同じか

237世界@名無史さん2018/08/28(火) 12:55:51.680
ヨーロッパは割と王家が流動的だから
鎌倉幕府みたいなことになったら普通に王朝が交替してると思う

238世界@名無史さん2018/08/28(火) 18:24:20.640
欧州の場合
王権をカトリックとすれば

239世界@名無史さん2018/09/05(水) 02:51:22.820
斉が残り2城を残して滅亡寸前だったのは事実だろうか
燕に実効支配できるだけの兵力があったかは怪しいし
他の国が関わってこないのも気になる

240世界@名無史さん2018/09/05(水) 07:37:51.280
春秋から戦国にかけて消えていったたくさんの小国は、
当初は完全に「消えた」のではなく、継承者一族が「社稷」「宗廟」を残す、
すなわち土地神・穀物神と祖霊を崇めることを許されていた

滅ぼした側も祟りが怖かったというのもあるが、
それよりも他国の間で自国の悪評が立つことが怖かったのかもしれない

ただ段々とそういう「常識」が消えていったので、
本当に消滅する国も多くなっていった
そういう国の中で大きめの陳は諸国間で立ち回ってなんとか生き残っていたが
春秋末期には楚に完全に消滅させられる
三晋が立ち、周に諸侯と認められ、晋は事実上滅んだが、小諸侯として20年ほど残ったのも
宗廟を祀らせるという思想のためかもしれないが、やがて国も失い静公は庶民となり祭祀を禁じられ死んだ
という滅ぼされ方は戦国の新しいパターンだろう
斉が2城を残してもらえたというのは古い習慣の名残りか、完全に無力化したとみなされたか

241世界@名無史さん2018/09/05(水) 12:51:18.380
残りニ城って、田単が楽毅から斉を守ったって伝説的なエピソードの話じゃないの?

242世界@名無史さん2018/09/05(水) 16:43:56.910
>>241
>>231>>239-240はその話をしているだろう
違うのか?

243世界@名無史さん2018/09/07(金) 07:36:31.670
春秋戦国を全く知らずに韓非子や戦国策や論語を読みはじめ、その後背景知識を仕入れたくなったので、概観を掴む目的で小説の春秋戦国志を図書館で借りてみました
その後史記も読んでみようと思い少し目を通してみたのですが、どうも紀伝体とやらになじめそうにありません

そこで諸兄にお伺いしたいのですが、
・史記を編年体的に変換しながら読むコツなどはあるのでしょうか?
・編年体的な読み方は諦め、韓非子戦国策などを読みつつ、疑問が湧いたら史記で調べるといった辞書的な使い方のほうが望ましいでしょうか?

244世界@名無史さん2018/09/07(金) 09:39:38.520
なんで左伝を読まないの?
あと、史記の各伝どうしで矛盾してることがよくあるからメモをとってためていくのもいいと思う

245世界@名無史さん2018/09/07(金) 14:09:32.030
左伝は図書館で借りられるのがかなり古い本なので後回しにしてました
今度ビギナーズクラシックを読んでみます
メモの件ありがとうございました

246世界@名無史さん2018/09/10(月) 02:30:36.210
電子書籍で左伝が出るのを待ってるんだけど、
岩波文庫の三冊本がなかなか電書化されないね
左伝って調べるとまずビギナーズ・クラシックスがまず出てきて、
それから徳間文庫の「中国の思想」シリーズの左伝
どちらも部分訳で全体ではないが一応電書なので
スマホやタブレットで持ち歩いて字を拡大して読めるので目が悪くても便利

岩波文庫は現代語訳だけだが通しで読むのに便利
いちばん詳しいのは明治書院の4冊本だが分量も多く1冊8000円ぐらいとお高い
こういうのが電子書籍で気軽に読める環境になるといいんだがまだまだだね

247世界@名無史さん2018/09/12(水) 02:57:59.130
陳侯の次男?の子孫が斉侯になったんだから残っているともいえる

248世界@名無史さん2018/09/12(水) 06:54:03.680
この時代が歴史で一番好き

249世界@名無史さん2018/09/12(水) 06:56:19.390
私も田氏のように乗っ取りたい

250世界@名無史さん2018/09/12(水) 06:57:03.460
斉と燕を併せた強国なら秦と張り合えた

新着レスの表示
レスを投稿する