超マイナーな歴史上人物を挙げるスレ

1世界@名無史さん2018/02/12(月) 22:58:12.340
偉業を成し遂げたけど無名の人物含め、色々挙げてけ

137世界@名無史さん2018/08/02(木) 22:02:49.990
日本史の教科書は板垣退助のことを板垣死すとも自由は死せずの人としか書いてないと思う

138世界@名無史さん2018/08/03(金) 04:49:55.710
>>136
それが一般には知られていない
>>137
同意

139山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/08/03(金) 06:20:38.100
>>137
板垣が口にした台詞には諸説あり、別人の言葉だという説もありますね。

140世界@名無史さん2018/08/03(金) 07:53:15.660
板垣退助が明治時代に庶民の絶大な人気を得ていたこともあまり知られていない

141世界@名無史さん2018/08/05(日) 16:42:23.700
Feodor Kuzmich

142世界@名無史さん2018/08/06(月) 06:59:21.240
ロベスピエールや日本での板垣退助はメジャーだぞ?

143世界@名無史さん2018/08/06(月) 08:20:35.500
ジャック・クール(1395〜1456)
百年戦争時代のフランスに現れた国の財政を預かる大金持ち

Wikipedia先生によると
「ヨーロッパにおいて資本主義が確立する4世紀以上も前の、
最初の資本家としてその名が知られる」
そんな超お大尽なら名前は覚えておいた方がいいですな。

144ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2018/08/06(月) 21:42:26.800
>>143
おいらもジャック・クールさん大好物っすねぇ

145世界@名無史さん2018/08/06(月) 22:25:02.850
司馬遼の小説読んだことある人は板垣退助を維新最強の名将だと認識してくれてるはず
薩長に軍組織を占領されてなければこの人がトップになってただろうな

146山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/08/08(水) 18:56:03.080
ペドロ・デ・オルテガ
スペイン人探検家アルバロ・デ・メンダーニャ・デ・ネイラの部下。
次々と島を「発見」した上司が、気前よく命名権をくれた部下の中に混じっており、彼は自分が
命名してもよいと言われた島に故郷セビリアの地名をつけた。
「ガダルカナル」と。

なお、この島で砂金が採れたことで、ソロモン王にちなんで諸島はソロモン諸島と命名された。
面積は東京都の倍以上あり、案外大きな島である。
国家としてのソロモン諸島もイスラエル、マケドニア、ハイチ、ハワイ(僅差)よりも広い。

147ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2018/08/12(日) 21:46:23.440
新世界の発見者ブジャルネ


グリーンランドに渡った父とエリクを追ってグリーランドを目指すも
濃霧に阻まれ北風に流され漂流することになる。

幾日も漂流したあと陸地に漂着するが、
そこは噂に聞くグリーンランド特有の氷雪の高山はなく森に囲まれていたとのこと。

ミナミに下り過ぎたと思ったので二日北上したがそこもグリーンランドではなく
さらに三日北上したがやっぱり目的地と違ってたらしい。
その後に西風に送られてグリーンランドに辿り着く。

グリーンランドに辿り着いたブジャルネの話を聞いた赤いエリクの息子
ライフ・エリクソンは興味を惹かれ、ブジャルネの船を買い求め
聞いた話に従い陸地に辿りつき、そこをヴィンランドと名づけた、、、

148ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2018/08/13(月) 11:11:12.890
>>94

めっちゃ今さらですが
訂正ありがとうございました

こういうの調べるの難しいので
ネットのいいところですねぇ

149世界@名無史さん2018/08/13(月) 12:14:38.640
ジャック・クールはバルザック『幻滅』でも言及されてたな。
ジャンヌ・ダルクと並んで、国を救ったが国に裏切られて身を滅ぼした
かわいそうな被害者の例として挙げられていた。
実際はかなり脂ぎった野心家のような気もするんだが・・・

150世界@名無史さん2018/08/13(月) 14:45:25.500
竹内理三 東大名誉教授
竹内理三の二男 東大名誉教授
竹内理三の三男 東大名誉教授

二代三人東大名誉教授

151世界@名無史さん2018/08/13(月) 21:57:23.260
山野さんのガダルカナルで思い出したが・・・
18世紀末のフランス海軍軍人ジャン=ミシェル・ユオン・ド・ケルマデック。
南太平洋の各地を巡る航海の途上で没したこの人物は、『日本沈没』に登場した
深海潜水艇や、某アニメでネモ船長が派手なドンパチを繰り広げた海溝にその
名前を残している。

かの海軍大佐が指揮を取っていたフリゲートの艦名がEspérance号だったのだが、
後世、ガダルカナル島から日本軍の生残兵が撤収した場所、エスペランス岬は
希望を意味するこのフランスの艦名から名付けられたらしい。

152山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/08/13(月) 22:44:29.520
>>148
勿論最後は書籍で確認しないといけませんが、便利になりましたね。

>>150
竹内先生は『寧楽遺文』・『平安遺文』・『鎌倉遺文』で日本史を専攻した人間は(近世・近代史専攻でも学生時代の講義で)
嫌でも耳にする偉人ですね。
長男だけ有名でないのは、柳田國男の兄弟のようなものか。
その長男も立派な人であったという話ですが、有名でないのを気にすることもあった様です。

早世した兄弟以外は、長男が医師・町長、その下が万葉集研究(解釈が自由闊達過ぎたとも言われる)で著名な国文学者、
その下が柳田國男、その下が海軍大佐で民族学者で言語学者、その下が「最後の土佐派絵師」。
長男が「ただの医師で町長」扱いされる弟たちが凄すぎた。
実際は末弟の映丘以後も土佐派で描いた人はいますが、「 」内は映丘の自認したところです。

>>151
「希望」からの撤収ですか。因縁めいていますね。

153山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/08/24(金) 20:46:10.280
ヨハンネス・ゴロピウス・ベカヌス
16世紀のオランダのトンデモ論者。アムステルダムの医師。
1580年、古代エジプトの祭司が使用していた宗教言語はオランダ語だという珍説を提唱した。
ただし、この前後の時代の古代エジプトに関する議論は現代から見ればどこも奇矯なものが多い
ので、近代の邪馬台国エジプト説ほどネタにすべきものではないかもしれない。

かのニュートンは、ギザの三大ピラミッドを紀元前9世紀の物としている。
東アジアでも、現代でこそ紀元前7〜5世紀頃とされている釈迦の誕生年は、かつては紀元前11世
紀とされていた(周の昭王の20年、24年、26年など)。

※モーリス・ポープ『古代文字の世界』ではベカヌスの発表を1580年のこととするが、ウンベルト・エ
ーコ『もうすぐ絶滅するという神の書物について』では、没年を1572年とする。
どちらが間違えたものか、あるいは死後の1580年になって発表されたものかは不明。

※昭王の在位した時代・期間については諸説あり、『竹書紀年』は在位期間を19年とする。

154ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2018/08/24(金) 23:06:25.670
チャールズ・ピアッツィ・スミス

この人の息子でスコットランドの王立天文台長をつとめた
ピラミッド・インチの発見者
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%82%B9

父ちゃんの経歴をウィキペディアさんから抜粋

その第2巻はベッドフォード・カタログとして知られ、スミスの観測した1600あまりの二重星、星雲が収録された。1845年に王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。
また、1854年には、地中海における海域測量の功績に対して、王立地理学会から金メダルを贈られた[1]。
月の海スミス海は、スミスの功績を称えて命名された。
息子のチャールズ・ピアッツィ・スミスも天文学者となった。

チャールズは子午線弧の測量に参加し
カナリア諸島のテネリフェ島で天体観測を行った。
そしてその後、ピラミッド研究家としてその筋で有名に、、、

「神は自身のの根源的な単位がユダヤの建築家によってエジプトのピラミッドに組み込まれよう配慮され、
それはイギリス人がこの単位を大英帝国単位系に含まれるようにする目的であった」
という主張は多くの人の心を捉えて放さない、、、


どうしてこうなったww

155山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/08/27(月) 20:07:54.470
チャーンド・ビービー
インド中西部に存在したイスラーム国家アフマドナガル王国の摂政を務めた女性。
1591年、ムガル帝国皇帝アクバルは各国に遣使したが、アフマドナガル王国は15頭の象と僅かな織物・宝石を
返礼としたに過ぎず、服従の意無しと判断したアクバルは7万の兵と別働隊を派遣する。
これに対し、チャーンド・ビービーは抗戦し、ビジャープル王国とゴルコンダ王国はアフマドナガル王国に援軍を
派遣、カーンデーシュ王国も蔭ながら支援したことで、1596年、アクバルは攻略を諦め、和議を結ぶ。

アクバルは幼王バハードゥールの地位を認め、バハードゥールはアクバルの宗主権を認め、宝石や象を貢納し、
ベラール州を割譲することで収まった。
しかし、その後の宮廷闘争でチャーンド・ビービーの権勢は低下。1597年、再び戦争へと突入する。
野戦ではムガル帝国が勝利した物の、追撃能力を喪失した辛勝であった。
当初は西北からの敵性勢力の侵攻を恐れていたアクバルは動かずにいたが、西北が安全と見るや親征を開始。
1600年、アフマドナガルの要塞は陥落し、チャーンド・ビービーは戦死。バハードゥールは捕えられたのであった。

156世界@名無史さん2018/08/28(火) 02:22:45.650
>>150
竹内理三って名前なのに東大理三でなく東大文三を受けたんだねw

157山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/09/08(土) 19:46:39.810
鄭相如
唐の玄宗に仕え、詩書画に通じた三絶と賞賛された鄭虔に師事していた人物。
鄭虔は最初軽く見ていたが、鄭相如は自分に予知能力があると称し、開元が三十年で改元すること、
それから十五年後に戦乱が起き、賊が皇帝を称し、鄭虔が賊から官職を授かって汚名を蒙るので身
を慎むべきであることを言い、自身は官に就いてから三年後に亡くなること、その場所も述べた。

三年後、予知の通りに鄭相如は死に、後に鄭虔は大燕皇帝を称した安禄山に仕えることとなったが、
鄭相如の言葉を胸に身を慎み、同じく画に優れていた張通・王維と共に権力者であった崔円の屋敷
のために壁画を描いたこともあって、乱の平定後も死を免れることが出来たという。

『太平公記』にも同じような話があるが、史実として承服し難い点が多い。

158世界@名無史さん2018/09/09(日) 09:09:54.18O
楽安公主

北斉の暴君文宣帝高洋の姪にあたる。旦那とうまくやってるかと叔父に聞かれた公主は「旦那はいい人ですが、姑は嫌いです」と答えてしまう。
怒り狂った文宣帝は姑を連行すると酔った勢いで自ら斬り殺した。更に、遺体を川にぶちこんで弔いすら禁止する。さすがアル中である。
公主はさすがに動揺した。旦那は何事もなかったかのように公主を大切にした。このままいくのかと思われたのだが…。
北斉はあっけなく滅んだ。公主は突然捕らえられ庭先に連行された。憎悪に煮えたぎった旦那と一族が睨みつけてくる。
公主は必死に命乞いをしたが許されなかった。姑を讒言した悪嫁と糾弾され、旦那に斬り殺されてしまったのだった。
口は災いの元とはこの事であった。殺人癖のあるアル中皇帝に言ったらどうなるか分かってただろうに…。

159山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/09/09(日) 09:52:38.200
柳夫人
唐の太宗に仕えていた兵部尚書任瓌の妻。
非常に嫉妬深い性格であり、夫が太宗から授かった二人の宮女に薬品をかけ、禿げさせてしまった。
これを知った太宗は夫人を召喚、金の酒壺に入れた酒を指して言った。
「これを飲めば死ぬ。お前の夫は朕の三品の臣であり、宮女たちは朕の使わした者である。今後妬か
ねばよし、妬くというのならただちにこの酒を飲むのだ。」
しかし、夫人は怯まなかった。
「私と夫は元服以来の夫婦であり、共に糟糠を口にして今日に至った仲で御座います。上意とは申せ
他に女を蓄えるのが当然とされるのであれば、死んだ方がましで御座います。」
しかし、酒に毒は入っておらず、酩酊していた夫人は夜になって目を覚ました。
夫人を反省させようとした太宗は逆に夫人に感銘を受け、宮女二人は別宅に住まわせたという。

朱元璋も嫉妬深い妻の話を聞き、こちらは文字通り料理してやったという逸話がありますね。

160ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2018/09/09(日) 11:03:01.320
>>158
名前ののんきさに浮かれちゃってる感が出てて悪くないですね

161山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/09/09(日) 12:22:19.540
>>158
当時の価値観を思えば、妻も相手が暴君でなかったとしても姑への不満を公言すべきではありませんでしたが、
夫と一門もおよそ大丈夫と言える人物ではありませんね。
忠と孝のどちらを優先させるかは一大問題でしたが、忠を優先させて孝を抑えたというのならまだしも、これでは
忠もなくただ命惜しさに孝を放棄したというに過ぎません。
一度よしとした以上、数年経って状況が変化してからまた罪の問うのは信も疑われます。

162山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/09/10(月) 06:52:20.760
張懐瓘(ちょう・かいかん)
父・弟と共に書の才能に優れ、意識も高く、玄宗・粛宗の時代に技芸に優れた人物を挙げる
翰林院に属した人物。
同時代の書が見た目ばかりの派手なものになっていると批判し、古法に帰ることを主張し、
自らを誇ったが、その書は宋代にはすでに真蹟が見られなくなっていた様である。
書のみならず画の蒐集でも知られ、弟と共に後世に鑑蔵印が伝わった。
書そのものは現存しないものの、論書の著作は複数現存している。

163世界@名無史さん2018/09/14(金) 23:36:24.760
カール・ハインツ・ブリュンゲル(1908-1999)

フランスで活躍したロケットの設計技術者。フランス初の
人工衛星を打ち上げたディアマンロケットも、衛星打ち上
げで世界一のシェアを得たアリアンロケットも、この人物
が設計したロケットがベースになっている。
彼の手になるロケットによってフランスは衛星打ち上げ
ビジネスという一大産業を得たわけで、その功績は本来
国をあげて顕彰すべきレベルだが、実際にはほとんど無視
というか、そんな人は居なかった扱いで、フランス語版
ウィキペディアには彼の記事すら存在しない。

旧敵国のドイツ出身で、V2ロケットの開発に参加したと
いう前歴ではあるのだが、それにしても・・・

164ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2018/09/15(土) 23:39:45.860
>>163

おぉ、これは素晴らしいww
ロケットプランナーはけっこう長生きするイメージありますね

165世界@名無史さん2018/09/16(日) 01:25:19.130
糸川英夫も、世界的にはマイナーだろう

166世界@名無史さん2018/09/16(日) 09:35:10.740
V2はフランスにも使われたんだっけ。

167世界@名無史さん2018/09/17(月) 22:46:19.410
さんまの東大方程式 天才東大生が有村架純・渡辺直美と夢の共演SP★5
http://himawari.5ch.net/test/read.cgi/livecx/1537191254/

168世界@名無史さん2018/09/19(水) 07:32:36.140
劉チョウ
(チョウの字は金偏に長)

五代十国時代、現在の広東省付近にあった南漢国の最後の皇帝
極端に猜疑心が強く、忠臣を疑って次々と誅殺した
あげく「普通の男子は子孫を作り、その子孫を大切にするから信用できない。子孫を作れない者なら忠義を尽くすだろう」
との考えのもと、宦官を重用、有能な人材がいればわざわざ去勢してから登用したため、朝廷はほぼ宦官で占められた。
おかげで、当時の南漢の成人男子のうち1割が去勢者だったという。

このような状況で人心は離反するなか、北宋の趙匡胤の攻撃を受ける。
信頼していた宦官にも財産を持ち逃げされ、南漢は滅亡。
劉チョウは捕えられ、北宋の開封に連行された。

そんなある日、趙匡胤は劉チョウに酒を下賜する。
かつて何人もの家臣を毒酒で誅殺してきた劉チョウは自身の運命を予感し、声を上げて泣いた。

趙匡胤は笑いながらその酒を飲み干し、劉チョウは大いに恥じたということだ。

169山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/09/19(水) 19:15:39.200
南唐の後主である李Uの后であった、大司徒周宗の娘である姉妹。
姉がまず后となり、妹がソロラト婚で結ばれたため、大周后・小周后と呼ばれる。
大周后(936〜964)は19歳で輿入れし、李Uの即位後に国后に立てられた。
夫の李Uは政治的才能はなく、放蕩好きであったが、文芸・書・画・音楽に優れた才能を発揮
した人物であり、その李Uに寵愛された大周后も琵琶の演奏に優れ、玄宗が楊貴妃のために
作って散逸していた「霓裳羽衣曲」の楽譜の残欠を入手、復元している。
病床にあった時、4歳の息子が仏前(李Uは熱心な仏教信者であった)で遊んでいた所に猫が
来て瑠璃の灯篭を倒し、そのショックで病んで死んでしまったことを嘆き、そのためか大周后も
李Uの献身的な看病むなしく死んでしまう。29歳であった。
李Uは自ら誄を作って石に刻ませ、大周后の愛用の琵琶「金屑檀槽琵琶」を副葬品とし、自ら
を「鰥夫U」と称するほどの嘆きようであったという。

小周后(?〜978)はその妹であり、968年に国后に立てられた。
しかし、全土統一を望む宋の太祖趙匡胤は、次々と口実を設けては臣従していた国々を併呑
しており、皇帝を国主、皇后を国后と称してへりくだっていた南唐も例外ではなかった。
李Uが開封への出頭を拒否したことで、宋は出兵。南方に位置してかつて南唐に大敗してい
た呉越も侵攻したことで、975年、すでに国号すら廃して江南と称していた南唐は滅亡する。

170山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/09/19(水) 19:16:29.640
李Uは逆らったというので違命侯に封じられ(普通は帰命侯とでもすべきところであり、嫌がら
せめいた命名である)、小周后は鄭国夫人となった。
その後、小周后は時折太祖の後宮に呼び出された。入れば数日は帰って来なかった。
帰って来ると大声で泣いて李Uを責める声が外まで聞こえ、李Uは身をもじって逃げていた。
978年、李Uが亡くなる。一説に、旧臣に対して故郷を懐かしみ、降伏に繋がる判断をしたこと
を悔いた発言を漏らし、それをとがめた太祖に毒殺されたのだという。
牽機薬という、機織のように体を何度も折り曲げて苦しんで死ぬという猛毒であった。
小周后は同年に没した。李Uの死の悲しみに耐え切れなかったためという。
李Uの生れた日と死んだ日は同じ七夕の日で、太祖から誕生祝に賜った酒が毒入りであった。
呉越の後主である銭弘俶も、やはり8月24日に生れて同日に死んでいる。
こちらも、太祖から誕生祝に賜った酒を飲んでの死であった。

171世界@名無史さん2018/09/19(水) 19:34:03.970
李Uを毒殺したのは北宋の太祖じゃなくて、弟の太宗じゃなかったか?

172世界@名無史さん2018/09/19(水) 20:04:04.250
>>365
趙匡胤は976年に崩御しているので、太宗趙匡義だね

173山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/09/19(水) 20:38:10.100
失礼、太宗です。

174世界@名無史さん2018/09/23(日) 23:04:47.240
つまり北宋の太祖は人格者、太宗は簒奪者ということでおけ?

「千載不決の議」はさすがに酒の飲み過ぎによる脳溢血だろうけど

175世界@名無史さん2018/09/24(月) 06:05:02.950
>>169
2ちゃんねるが始まったころは「李U」の字が文字化けしたんだっけなー

>>174
創業の皇帝のなかで、宋太祖は漢光武帝とならんで戦い以外で人の命を奪うことをしなかった

176世界@名無史さん2018/09/24(月) 06:21:11.220
>宋太祖は漢光武帝とならんで
両社とも超メジャーな人物

177訂正です2018/09/24(月) 06:22:18.390
両者とも超メジャーな人物

178世界@名無史さん2018/09/24(月) 20:10:14.660
北宋の太宗が李Uに毒を盛ったのは、文才に嫉妬したから?

179世界@名無史さん2018/09/24(月) 21:22:25.010
>>169
>しかし、全土統一を望む宋の太祖趙匡胤は、
実際に画を描いていたのは弟の趙匡義だがな
劉邦と同様に趙匡胤もただの神輿

180世界@名無史さん2018/09/25(火) 23:08:29.650
>>141
俺は死んだツァーリだ!!って言ってたらいつのまにか
民衆が集まり愛されるようになって政府や教会にも厚遇されるようになったみたいな人か

181ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2018/09/25(火) 23:30:38.010
>>35

何処かにも書いたけど
シモン・ステヴィンさんの影の薄さはやばいっすね
後にこの辺りの実験やった人はみんな有名になってる
パクリなんじゃww

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3

1585年に著した『十進法(オランダ語版、英語版)(蘭: De Thiende, 仏: La Disme)』で十進数による小数の理論を提唱した。
現在、19.178と表す小数を「19?1@7A8」のように表した。
また、ステヴィンは他にも加算や減算を表す+や-のように様々な記号を導入した。

1586年には古代ギリシアの数学者、物理学者、技術者、天文学者、発明家のアルキメデスの研究を発展させ『吊り合いの原理
(オランダ語版、英語版)(蘭: De beghinselen der weeghconst)』を著した。
これには力のベクトル合成の理論、水圧について述べ、てこの原理の証明、
数珠を用いた思考実験により永久運動の不可能と斜面の法則について証明して力の平行四辺形の法則の発見に至った。
なお、『吊り合いの原理』の付録にはステヴィンが行った実験で、
重さが10倍異なる2つの物体を落下させるとほとんど同時に落下すると言う実験結果が示されている。

同年『水の重さの原理(De Beghinselen des Waterwichts)』を著し、
容器の形に関係なく水面は地球の球面と変わらず水の平衡状態に関して力の法則を導いている。

182ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2018/09/26(水) 23:17:48.920
>>35
ちなみにヘンリー・キャヴェンディッシュさんは
日本国の高校の教科書にけっこう載ってるんじゃないかと思うので
あんまりマイナーな感じはしないっすねぇ

実は本人が作っても計算してもなかったというのは驚きでしたがww

183世界@名無史さん2018/09/27(木) 06:35:15.750
>>182
グロスミッチェルは復活できないもんですかねー

184ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2018/09/27(木) 22:30:28.450
>>3

ハーバーさんに比べてボッシュさんの影の薄さは異常
と思って調べてみましたら、ハーバーさんより超重要人物のうえ
人間的な深みも感じられる逸話などもあり
ちょっとビックリしました

ハーバーさんみたいに一般受けする
派手なエピソードがないと流行らないんでしょうねぇ

185山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/09/28(金) 06:28:46.710
潘彦
唐代の人。無類の双六好きであり、常に双六盤を放すことが無かった。
乗っていた船が海に沈んだ際、右手に板を、左手に双六盤をとり、口にサイコロを入れて漂流。
二日間漂流して岸についたが、それまでずっと双六盤もサイコロも放さずにいた。
ただ、それだけで歴史に名を残した人物。

186世界@名無史さん2018/10/10(水) 15:39:33.15O
朱友恭の呪い

朱友恭は唐を滅ぼした朱全忠の養子である。本名は李彦威という。
武勇に優れ実力はあるのだが、性格に問題があった。嫉妬深い性格だった。義父の実子に嫉妬するあまり誣告して窮地に追い込んだこともある。
そんな朱友恭は義父の命令で皇帝の監視役となった。喜び勇む朱友恭。義父が皇帝を弑逆する謀議にも加担した。
しかし、これは朱友恭を陥れる罠だった。義父は嫉妬深い朱友恭を疎んじていたのだった。朱友恭は李彦威に戻されたうえで、皇帝殺しの罪を全部押し付けられた。
処刑される際、朱友恭は髪を振り乱し鬼気迫る表情で絶叫した。「義父上は俺を捨て駒にして、天下の誹りを回避しようとしたのだ。鬼神よ! いかんせん、このような行為をして、朱家の子孫が存続すると思うのか?」と。
それからというもの、朱全忠は皇帝になれたものの次々と不幸に見舞われた。一族も不幸に見舞われた。そして朱全忠の一族はあっけなく滅んだのだ。
まるで、朱友恭の呪いにかかったかのように…。

187ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2018/10/11(木) 22:39:34.970
チャンドラ・ボース

海の向こうの電波を受信して活躍

新着レスの表示
レスを投稿する