▼△バロック音楽総合スレッド 16△▼

1名無しの笛の踊り (ワッチョイ 8e33-Ny3p)2017/12/06(水) 22:12:10.58ID:9VcyAkX90

バロック音楽総合というスレタイですが、中世ルネサンスから
ロマン派ピリオド楽器演奏まで広く扱います。
古楽について語り合ったり、情報交換しましょう

・推奨事項

1.sageとメール欄に記入して投稿しましょう
 dat落ちは最終書き込み時間が基準なので、下がっていても問題ありません。

2.専門的な話にはある程度字数は必要かもしれません。
 その場合、長文レスも構いませんが、
 トピックが複数の場合は、むしろレスを分割して
 連書きにしましょう。いたずらな連書きは非推奨ですが…。

前スレ
▼△バロック音楽総合スレッド 14△▼ [転載禁止](c)2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/classical/1443600213/
▼△バロック音楽総合スレッド 15△▼
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/classical/1477988922/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

356名無しの笛の踊り (ワッチョイ da1e-XbkE)2018/05/23(水) 23:02:49.69ID:OCwXj8Rm0
>>345
フランスの抒情悲劇(トラジェディ・リリック)にはたくさんある。
たいてい見せ場として地獄、魔術、嵐の場面があり、そこで激しい音楽が出てくる。

ラモー
https://www.youtube.com/watch?v=wDSZMnuWAKw
https://www.youtube.com/watch?v=lFUMA9vMbgA

マレ
https://www.youtube.com/watch?v=9PcUcAgBnGM

357名無しの笛の踊り (ワッチョイ fbbe-UDci)2018/05/24(木) 00:02:47.07ID:0EsVwXx50
モーツァルトに影響を与えたのはロンドンのバッハことJCの方だよ。
C. P. E.の楽譜で作曲を独学したのはハイドン。

マレの「膀胱結石手術図」は外面的激しさでなく内面的な激痛を音で表現
これは嵐や戦争描写よりもくる。

358名無しの笛の踊り (ワッチョイ b303-Du++)2018/05/24(木) 00:21:17.41ID:WfcPLJPm0
結石は経験したことあるけど音楽どころじゃない激しい痛み
一人だったから救急車呼んだよ
18世紀だとまともな麻酔なんてなかっただろうから手術自体想像しがたいところもあるが

359名無しの笛の踊り (ワッチョイ b396-OJhF)2018/05/24(木) 17:57:05.88ID:o5brJ0To0
>>357
そういやチェンバロ協奏曲変ホ長調の元ネタはJCだったなぁ
モーツァルトは神童神童言われるけど、ど素人の自分には、ハイドンとの違いが分からないほど似てる曲がある印象

360名無しの笛の踊り (ワッチョイ fbbe-UDci)2018/05/24(木) 19:27:28.03ID:0EsVwXx50
CPEは大バッハの次男で
ロンドンのバッハ、JCは第11男らしいが
交響曲がCDにして5枚、鍵盤協奏曲が5枚にたいして
当時のロンドンで協奏交響曲が流行していたということで
シンフォニア・コンチェルタンテが6枚分というのが興味深い。

361名無しの笛の踊り (ワッチョイ b303-Du++)2018/05/24(木) 23:43:22.83ID:rQEJLszh0
>>357
スヴィーテン男爵による「バッハ・ヘンデル体験」を知らないのか
スヴィーテン男爵によりベルリン周辺の音楽がモーツァルトに紹介された
この場合のバッハはJ.S.バッハもC.P.E.バッハも混ざってると言われてる

362名無しの笛の踊り (ワッチョイ b303-Du++)2018/05/24(木) 23:49:51.71ID:rQEJLszh0
当時J.S.バッハは無名すぎたのでスヴィーテン男爵が彼を知ったのもC.P.E.バッハを経由してのことだった

363名無しの笛の踊り (ワッチョイ fbbe-UDci)2018/05/24(木) 23:59:21.09ID:0EsVwXx50
知らん。そんな経緯。
モツとJCの曲がそっくり似てるねという事しか知らん。

364名無しの笛の踊り (ワッチョイ 93ae-OJhF)2018/05/25(金) 00:15:49.13ID:hWe8x0rf0
Gottfried van SwietenのファミリーネームはVan Swietenじゃないですかね。
https://de.wikipedia.org/wiki/Gottfried_van_Swieten

365名無しの笛の踊り (ワッチョイ b303-Du++)2018/05/25(金) 00:21:06.92ID:Vq+v7jsk0
アダージョとフーガ ハ短調 K. 546
http://www.youtube.com/watch?v=De1nv9CwTjI
こういう曲はバッハ・ヘンデル体験がなかったら生まれなかったと思うね

366名無しの笛の踊り (ワッチョイ fbbe-UDci)2018/05/25(金) 01:31:06.93ID:eGCWcc/n0
バッハの平均律クラビール曲集を弦楽に編曲してるやんモツ
JCの場合ロンドンで少年モツと出逢っているから。

367名無しの笛の踊り (ワッチョイ a91e-btzp)2018/05/25(金) 18:33:37.26ID:OXxi20bs0
>>336
もう過ぎ去った話題かもしれませんが。

大バッハ:チェンパロ協奏曲第一番第一楽章
曲が佳境に入ると、津軽三味線の乱れうちみたいな激しい連打。

大バッハ:カンタータ205番・第一曲目・「破れ、壊せ、砕け」
タイトルからしてわかるけど、数多い曲のなかでも一番ぐらいに激しい。

リュリ:歌劇「アルミード」「ついに彼は我が力のうちに」冒頭の管弦楽曲部分。
吹きすさぶ風とともに現れた魔女アルミードの迫力満点の曲。

リュリ:歌劇「アマディス」「兵士の行進」
トランペットの音が鳴り渡る躍動的な一曲。

リュリ:歌劇「アルミード」「パッサカイユ」
ダングルベールによるクラヴサン編曲版でも有名な一曲。
クラヴサン版は色々な録音が揃ってます。
ただし、ヘレヴェッへ盤は恐ろしく抑えめなので、好みが分かれそうですが。

シャルパンティエ:「トランペット、ヴァイオリン、フルートそしてオーボエとタンバリンの
ための第二のエール」
MAKのガッシリした、疾走感のある演奏で、多分斯界最強のシャルパンティエかも。

368名無しの笛の踊り (ワッチョイ fbbe-UDci)2018/05/26(土) 18:31:54.70ID:+Byn6L7C0
MAKの録音って改めて聴くほどに良い演奏だと感じ入る。
かなり高速な演奏で引いてしまう人もいるかと思うけど
じっくり聴き込むと速いだけで終わらないしっかりと地に足のついた
名盤ばかり。録音も近すぎず遠すぎずでMAKを超える演奏って
なかなかありそうでない。

369名無しの笛の踊り (ワッチョイ ed2b-EpF1)2018/06/01(金) 20:06:06.92ID:8Gzoz9L30
ヴィヴァルディはバロック期のチャイコ

370名無しの笛の踊り (ワッチョイ 7a1e-667V)2018/06/02(土) 15:55:50.26ID:nNpkiNzS0
再発は嬉しいけどできれば全集のボックスで出してほしかった
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8864810

371名無しの笛の踊り (ワッチョイ ed2b-EpF1)2018/06/02(土) 16:21:18.96ID:CyC2SNw60
テレマンの協奏曲聞いてるけどほんと爽やかでいいわ
嫌味みたいなものが全くない

372名無しの笛の踊り (ワッチョイ ed2b-EpF1)2018/06/02(土) 16:24:19.31ID:CyC2SNw60
テレマンのトランペット協奏曲とか行進曲に編曲したら大化けしそう

373名無しの笛の踊り (ワッチョイ 258c-Hx+o)2018/06/02(土) 17:07:13.31ID:I/STxqew0
旨味も全くないけどね

374名無しの笛の踊り (ワッチョイ ed2b-EpF1)2018/06/02(土) 17:37:33.91ID:CyC2SNw60
スルメ噛みたいような気分のときはバッハでいいじゃん
テレマンは三ツ矢サイダーみたいなもんよ

375名無しの笛の踊り (ワッチョイ 4ebe-/C2z)2018/06/02(土) 19:01:38.68ID:cgtbGqZ/0
「ターフェルムジーク」は3分冊4CDで一気に聴くもんじゃないね

できれば演奏する人、既録音を抜粋して売る方も
カルテットやトリオ、ソロソナタといった室内編成の曲と
序曲&協奏曲は分売してほしい
おそらく当時、楽譜を合わせ買いさせるため、あるいはこんなラインナップの編成があるぞ的な
テレマンの工夫だったのだろう。
centaurとかいうレーベルから出てるホルン協奏曲だけをまとめたCDは
ターフェル3の協奏曲も含まれており、なかなかどうして聴きごたえあるぞ。

376名無しの笛の踊り (ワッチョイ 4ebe-/C2z)2018/06/02(土) 19:22:35.19ID:cgtbGqZ/0
今日フレンチホルンで演奏されている
テレマンのTrombe selvaticheという楽器は
アルプホルンを意味するらしい
確かにターフェルIIIのホルンはそんな風な出だしだ

377名無しの笛の踊り (ワッチョイ 212b-6N5v)2018/06/07(木) 19:18:28.64ID:uqOjPPUc0
テレマンのターフェルムジークはまさにブランデンブルク協奏曲に匹敵する入門に最適

378名無しの笛の踊り (アウアウオー Saa3-LHz9)2018/06/07(木) 21:08:55.17ID:bEPt+aUza
>>377
いやいや、協奏曲ばかりじゃなくて序曲(管弦楽組曲)から始まり
トリオ・ソナタ、ソロソナタもあって全部込みだろターフェルムジークは

379名無しの笛の踊り (アウアウカー Sa2d-JMlH)2018/06/08(金) 13:52:55.42ID:YpFe7Arqa
なにをもって入門用とするかわかんないけど、ケーテン時代の器楽曲はキャッチーなのはたしか
一方テレマンは全体的にキャッチーな印象
そういう曲が録音の機会が多いってだけかもしれないけど

380名無しの笛の踊り (ワッチョイ eb81-/qT2)2018/06/08(金) 14:08:36.67ID:aLdxLQ560
>>378

いやその序曲(管弦楽組曲)を入門者の時初めて聴いて(NHK第一放送の夕方のニュース。なぜかバロック特集だった)
これはすごい、バッハやヘンデルに一歩も引けを取らないと思ったんですよね

それはそうと、同組曲には何気に"God Save the Queen"(又はプロイセン国歌)の旋律が聴こえますよね

381名無しの笛の踊り (ワッチョイ d18c-TOqL)2018/06/08(金) 16:04:49.78ID:ukXKYS3S0
耳腐ってんじゃない

382名無しの笛の踊り (ワッチョイ 1bbe-8neN)2018/06/08(金) 18:41:12.01ID:Fr/klagK0
>>378
もちろん全部込みで流して聴いて差し支えないけど
例えばバッハにしろヘンデルにしろ
序曲(管弦楽組曲)、室内ソナタ、協奏曲、室内ソナタ、コンクルージョン…と
そういった感じのコンピ盤も少なく
そんな聴き方ってあまりないような、みたいな…

個人的に、ブリュッヘンとレオンハルトのアムステルダム合奏団の
室内楽編CDが欲しいってのもある^^;。
第2集のヴァイオリンソナタなんて通奏低音楽器が
チェンバロの代わりにリュート(ドンボワ)という今でも珍しいことやってる。
序曲と協奏曲はアーノンクールのダルムシュタット序曲集と組んだ
風変わりな3枚組(輸入盤)が過去に出ているのに
室内楽だけをまとめたCDは出ていない。
あまり意味のない抜粋盤は国内盤で出ているが
あれならどちらかまとめたほうが聴きやすい。

383名無しの笛の踊り (ワッチョイ 81bd-LHz9)2018/06/08(金) 22:30:05.24ID:ebM4JQOH0
>>380
そのお気に入りの管弦楽組曲(序曲)は何巻目?

384名無しの笛の踊り (ワッチョイ 81bd-LHz9)2018/06/08(金) 23:43:53.66ID:ebM4JQOH0
クソ映画のメタルマンだけどエンドロールのHeavy Metal Manは結構カッコいいと俺ットに評判良かったぞ
なんでメタルマンはエンドロールだけで空を飛ぶんだ?本編で飛べばスッキリするのに

385名無しの笛の踊り (ワッチョイ 212b-6N5v)2018/06/09(土) 04:03:37.33ID:jUYOJjoH0
スカルラッティ全集出してくれねえかなあ

386名無しの笛の踊り (アウアウオー Saa3-LHz9)2018/06/09(土) 10:07:06.02ID:tsBLfvG3a
テレマンのターフェルムジークって序曲から始まって、
協奏曲、トリオ・ソナタ、ソロソナタってだんだん
編成が小さな曲をつないでってるけど、
ソロとコンクルージョンの間に無伴奏ソロもいれたら
超完璧だったじゃん

387名無しの笛の踊り (ワッチョイ 1bbe-8neN)2018/06/09(土) 22:18:23.73ID:xVYe+dqY0
単に楽譜の抱き合わせ販売だと思うよ。
仮にコンサートで(I)から続けて演奏したら
トランペットやホルンの出番が少なすぎる。
連続性をもたせるならもう1曲くらい金管の何かが
入っていてもよさそうなもんだ。
それにだんだん小さくなるならまだしも
序曲と協奏曲との合間にカルテットが入ってるし
因みにバッハのフー技やブランデン協も連続して演奏することは
念頭になかったという説もあるわけで。

388名無しの笛の踊り (ワッチョイ 131e-EqDK)2018/06/09(土) 22:44:21.55ID:RxPsQP3U0
>>385
アレッサンドロの作品全集?

389名無しの笛の踊り (ワッチョイ 99bd-Bw3Y)2018/06/14(木) 23:52:01.23ID:obClWo5W0
そういやアレッサンドロのほうはまとまったボックスとか見かけないなv

390名無しの笛の踊り (ワッチョイ 421e-m0US)2018/06/15(金) 22:51:03.17ID:sQrH0JvR0

391名無しの笛の踊り (ワッチョイ 9f3e-kr7C)2018/06/27(水) 18:42:25.26ID:9n25JBp90
すごくおもしろい在宅ワーク儲かる方法
少しでも多くの方の役に立ちたいです
検索してみよう『ネットで稼ぐ方法 モニアレフヌノ』

CQT

392名無しの笛の踊り (ワッチョイ 69cd-BHtU)2018/06/28(木) 15:38:37.25ID:FOZ0bml70
CQT

393名無しの笛の踊り (ワッチョイ a91e-H7Lu)2018/06/29(金) 18:20:05.70ID:GFNxIb+C0
あんまり話題がないようなので。

フランスバロックの、マレやフォルクレやデュパールの「短調」の
組曲を聴いていて思うのだけど、憂いに満ちていて、
凄く「カッコイイ! 」と思う時がある。

デュパールなんかは、「おいおい、そんなに悲しいことでもあったのか? 」
って思ってしまうくらい、沈んだプレリュードもある。

バッハの管弦楽組曲でも同じ短調のものがあるのだが、
やはりあの感傷は、フランス人の専売特許ではなかろうか。

シャンボ二エールやクープランの「リュリ讃」もそうだけど、
およそ短調の曲を作らせたら、右に出るものはいない、
そう言ってもいいくらい。

日本人がよく「短調が好きな民族」と言われるが、
例えば滝廉太郎の「荒城の月」や「うさぎ うさぎ」を聴いても、
悪くはないのだが、なんかジトー、としてて、イマイチ好きになれない。
こっちは梅雨がある湿潤気候の国、フランスはカラっとした地中海性気候の国だから、
フランスバロックの短調の曲は物憂げだけどドライだから好きだ。

394名無しの笛の踊り (アウアウカー Sac9-BtUt)2018/06/29(金) 21:28:07.93ID:ET7cKwiMa
うさぎうさぎや通りゃんせは短調ではない

395名無しの笛の踊り (ワッチョイ bfbe-Vox3)2018/07/06(金) 17:23:05.16ID:bo4IWIz+0
ヨナ抜き音階

396名無しの笛の踊り (スププ Sd7f-qzPm)2018/07/09(月) 17:18:12.13ID:slQxd/R5d
亀だけど、パリの方が東京より年間の日照時間は短いし、湿度は高い……
しかもパリは西岸海洋性気候……
というか所詮はフランスもイギリスの向かいだから、フランスの北の方の気候はイギリスとそう大きくは変わらない
ただフランスは南北で気候が大きく変わって、マルセイユはたしかに地中海洋性だけど……

397名無しの笛の踊り (ワッチョイ 6ac7-9zcR)2018/07/14(土) 23:53:01.65ID:Zzc9zc7b0
先月大雨で洪水が酷かったんですよねフランス

398名無しの笛の踊り (ワッチョイ 3d33-baUN)2018/07/16(月) 09:06:03.32ID:dKHco2EL0
国土に十分な余裕があるので、洪水に見舞われるような低地はさけて村が作れる幸せだなあ。
春先から夏にかけてのロワーヌ川の川幅の広さといったら絶句モンだ。

399名無しの笛の踊り (ワッチョイ 1f5a-4GkJ)2018/07/22(日) 02:19:34.20ID:9TL/kLp+0
日本の短調系(の和声づけがなされる)民謡や、荒城の月とかそういったド短調の演歌のたぐいと
フランスバロックの短調の違いは転調の有無だろうね
演歌はずっと短調 だから退屈

400名無しの笛の踊り (ワッチョイ 178c-sYla)2018/07/22(日) 05:58:04.92ID:YAe9UwED0
短調ではない

401名無しの笛の踊り (ワッチョイ 1f5a-4GkJ)2018/07/23(月) 00:51:48.16ID:/tdJu1IH0
荒城の月は明らかに短調です
何がどういった面で短調ではないと言っているのか、どうぞ

402名無しの笛の踊り (アウアウカー Saab-sYla)2018/07/23(月) 02:19:03.49ID:ui4O2NXva
フランスバロックは面白いもんない

403名無しの笛の踊り (ワッチョイ 178c-sYla)2018/07/23(月) 02:35:40.19ID:8ZBgABE90
もともと我が国の音楽には転調や転旋、ポリモダリティーや複調まであった。
変拍子もあれば、ヘテロフォニーはもちろん、カノンの原型になるようなポリフォニーまであった。
それらが発展をやめてしまったのは、有史以来の盲目的な拝中華主義、拝インド主義の結果。

もちろん転調がなければ音楽としてつまらないかというと、当然そんなことはない。
あれば音楽が豊かになるだけのこと。

404名無しの笛の踊り (ワッチョイ 1f5a-27d5)2018/07/23(月) 06:25:19.23ID:/tdJu1IH0
>>403
2つ質問

1,
>>400は何に対するレスか具体的にお願いします。

2,和声に触れる前の日本の音楽に転調はおろか復調までがあったとのことですが、
具体例を挙げて説明願います。

あなたはおそらく調の基本的な概念から勘違いしていると思われます

405名無しの笛の踊り (ワッチョイ 178c-sYla)2018/07/23(月) 10:04:43.25ID:8ZBgABE90
>>404
1.
民謡は短調ではないし(後の世の和声付けなんてなんの関係もない)、演歌も短調とは言えない(例えばエオリア調である)場合が多い、ということ。
2.
神楽歌には5度上への転調があり(復調もなされる)、東歌には半音4つぶん離れた複調がある。
「和声に触れる前」ではなく、すでに独自の和声があったけどね。

406名無しの笛の踊り (ワッチョイ 178c-sYla)2018/07/23(月) 10:06:38.69ID:8ZBgABE90
X 半音4つ分
O 半音3つ分

新着レスの表示
レスを投稿する