任那(日本府) 加羅 20

1日本@名無史さん2013/12/07(土) 20:46:12.77

2日本@名無史さん2013/12/07(土) 20:47:17.04

3日本@名無史さん2013/12/07(土) 20:48:30.08

4日本@名無史さん2013/12/08(日) 15:48:47.57
中国の歴史家司馬光の著した「資治通鑑」という歴史書に任城国、任城王のことが書かれています。
任城里とは、現在の山東半島と遼東半島の中間、河北省秦皇島市付近になります。
ここには、撫寧鎮、牛頭崖鎮など、ドキッとする地名が残っています。

任城王 拓跋雲(たくばつ うん、447年 - 481年)は、中国の北魏の皇族。任城康王。
464年(和平5年)1月、任城王に封じられた。使持節・侍中・征東大将軍・和龍鎮都大将に任じられた。とあります。

5日本@名無史さん2013/12/08(日) 23:36:38.88
西周時代から任国って在ったんだけどなw

6日本@名無史さん2013/12/10(火) 12:44:07.30
建国記念日は、皇室が祖国の加羅神社を祀る日でした。
加羅が皇室の祖国なんでしょう。

7日本@名無史さん2013/12/14(土) 07:23:35.81
>>1>>2
前スレは、それらのスレ群のどれなの?
それらを一瞥すると当スレのスレ番は、「20」でなく15では?

8日本@名無史さん2013/12/15(日) 02:21:26.77
歴史通:2014年1月号
総力特集
─いつか来た道─ 韓国の売笑外交
■大平 裕
ヤマトの痕跡を消せ! 前方後円墳まで“整形”!
http://web-wac.co.jp/magazine/rekishi/?y=2014

9日本@名無史さん2013/12/15(日) 22:10:14.14
>>6
その可能性は十分ありうる
崇神王朝は伽耶からきたというしな

10日本@名無史さん2013/12/16(月) 00:41:22.43
その可能性は十分の一%も無いな
現実は崇神王朝が加羅を支配していた

11日本@名無史さん2013/12/16(月) 08:20:41.60
>>9
小さな日本が倭国を征服したというし、あっちからやってきて邪馬台国を含めて、
倭を滅ぼしてしまったんだろう。

12日本@名無史さん2013/12/16(月) 10:25:57.15
伽耶(加羅)は百済に譲った辰韓の首都だろう。
白村江の戦いで敗戦するまで固執してたところを見ると、
そこが天照大神の地なんだろうな。

日本列島に天照大神の地がないから、仕方なく、そこに
似て南に海がある伊勢に祀ることにしたと考えると合点
がいく。

韓国は、天照大神の墓の特定してくれないのかな。

13日本@名無史さん2013/12/17(火) 01:10:01.48
>>11
狗邪韓国は倭人の国であったし
馬韓や辰韓は倭国に征服され任那となった
百済や新羅も倭国に徳を慕い属国になったよ

14日本@名無史さん2013/12/17(火) 09:10:39.14
唐書によれは、倭国が征服され滅びたわけだし。
日本の王は辰王だと言ってるし。

15日本@名無史さん2013/12/18(水) 10:19:07.82
朝鮮半島の三国時代は、いうまでもなく、
三国で覇権を争った時代。

朝鮮半島から、みて、
ジャップは、背後ともいえる。

だから、高句麗がジャップを味方につけて、
百済、新羅をそれぞれの両端から攻撃すれば、
制圧がたやすい。

百済、新羅にしてみれば、
しかたないからジャップを味方につけようと
色目を使う。
ないしはジャップをあらかじめ制圧する。

ジャップに、最初の文化が
渡ってきた事情は、こんなもんじゃないか、
と推測する。

16日本@名無史さん2013/12/18(水) 20:42:23.49
百済は日本の保護国、新羅地方は日本領
高句麗と日本の代理戦争

17日本@名無史さん2013/12/18(水) 21:29:50.95
要するにグック三国は列島を意識しないと何もできない時代であったと

18日本@名無史さん2013/12/18(水) 21:31:59.19
2013年12月7日 (最終ツイート)
2013年9月2日  なんか近くの文字が見づらい。。。まさか老眼来た?!
2013年8月14日 う〜。。。微妙な頭痛がなかなかとれない。。。完全に目からだなぁ。。。
2013年8月6日  左の奥歯が音立てて欠けた…
2013年5月28日 落とした物を拾おうとして、ちゃんとつかんだつもりがそれすら落とす。
2013年4月29日 最近いくら寝ても疲れが取れん... 歳かな…
2013年4月11日 へんな頭痛が始まった…のどの詰まった感じも取れないし… 
2012年12月10日 昨晩仕事中、変な頭痛するな〜…と思ってたら突然鼻血が... 。
2012年6月2日  何だろうこの気分の優れなさ...
2012年5月22日 まぁ、手遅れになる前に見つかって良かったと思おう。
2012年5月22日 げっ!なんか急に鼻血が..
2011年8月24日 なんか血圧上がってきたのか動悸がして頭くらくらする…
2011年8月11日 "o(-_-;*) ウゥム…遂に「高血圧の疑い」と診断されちゃった…
2011年7月28日 "o(-_-;*) ウゥム… 左の下っ腹がなんか痛む… ここ、腸かな?
2011年4月8日  "o(-_-;*) ウゥム… さっきから変な動悸が止まらない…
2011年4月5日  あぁ… なんか胃が痛いし首の後ろ張ってるし…
2011年3月15日 原発事故について色々調べてみた
           結局のところ、今回の事故で最悪の事態が起こった場合でも、
           周辺環境や人体への影響はほぼ無いようですねぇ
           因みに恐らく被害が及ぶ範囲は半径20km圏内
           要は最悪のケースも考え避難勧告出した政府の判断は正しいと言う事b

すごい。死に向かって進んでいくtweet。やはり、バカは死ななきゃ治らないということ。
若手アニメ作画監督(39歳)が脳梗塞で急逝
https://twitter.com/Fibrodysplasia/status/412277860691230720

この核エネルギーは途方もなく強力で、それは肉体の免疫システムを弱体化させ、
普通なら感染しないようなあらゆる病気に感染させることになります。
その結果、インフルエンザや他の病気にかかりやすくなり、このエネルギーが人間の脳に作用し、
アルツハイマー病の増加、記憶力の減退、方向感覚の喪失、人体の防御システムの崩壊を引き起こします。

19日本@名無史さん2013/12/18(水) 21:40:29.04
板違いですね
次の方どうぞ

20日本@名無史さん2013/12/19(木) 01:27:45.20
>>16
 バカネトウヨの妄想はいらん w

21日本@名無史さん2013/12/19(木) 01:43:48.19
在チョンは現実を直視出来無い加羅那、哀れな民褥だ

22日本@名無史さん2013/12/19(木) 23:24:33.89
【書籍】 東北アジア歴史財団「訳注日本書紀」発行〜訳注と解題で補完し韓国古代史の歪曲正す[12/19]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1387457098/

(ソウル=聯合ニュース)イム・キチャン記者=東北アジア歴史財団は古代韓日関係研究の必須資料
と評価される「日本書紀」を翻訳し注釈と解題を加えた3冊「訳注日本書紀」を発行したと19日、
明らかにした。

日本書紀は日本建国の始祖として知られる神武天皇から7世紀末の持統天皇に及ぶ古代日本
の歴史を天皇中心に構成した編年体史書だ。日本という国号と天皇という君主号が使われ始め、
中央集権体制が構築される時期に編纂された本なので古代日本支配層の政治理念を理解する
上で重要な資料と見なされる。

古代韓半島帝国と関連した記述も相当な分量を占めており、日本古代史だけでなく韓国古代史
研究にも使える資料だ。

しかし、韓半島南部地域が当時、日本の植民地だったとする任那日本府説の根拠を提供するな
ど韓半島帝国を日本の服属国と見る歴史認識があり、歴史歪曲論議を呼び起こす本でもある。
「訳注日本書紀」は原典のこのような主観性を訳注と解題で補完し、資料批判を通じて韓国古代
史に対する歪曲された認識を正す方向で執筆された。

東北アジア歴史財団関係者は「‘訳注日本書紀’の発行は日本書紀研究の出発点」とし、「日本古
代史と古代韓日関係史、進んで東アジアの正しい歴史観確立の踏み石になるだろう」と話した。

ソース:ファイナンシャル・タイムズ(韓国語) 東北アジア歴史財団‘訳注日本書紀’発行
http://www.fnnews.com/view?ra=Sent1301m_View&corp=fnnews&arcid=13121917373319&cDateYear=2013&cDateMonth=12&cDateDay=19
http://www.fnnews.com/images/fnnews/2013/12/19/20131219173733193.jpg
▲東北アジア歴史財団「訳注日本書紀」

23日本@名無史さん2013/12/20(金) 00:58:05.70
韓半島帝国ww金王朝のプロパガンダり酷いw

24日本@名無史さん2013/12/20(金) 18:13:02.62
>>13
こんなのめっけ

日本人のルーツ倭韓(わかん)
http://www.wakoku.net/wakan-1.html

> 朝鮮半島の南端に上陸した渡来人たちの、曲解された歴史をその滅亡まで復元する。
> 高句麗の碑に記録が残る倭人や倭の五王は大和朝廷とは無関係の、倭韓の系統である。

25日本@名無史さん2013/12/20(金) 18:47:49.52
>>24
妄想するのは自由、他人へ嘘を吹聴しなければ問題無い。

26日本@名無史さん2013/12/20(金) 19:04:34.08
大和朝廷は、任那日本府を首都とした秦王朝の子孫だよ。

27日本@名無史さん2013/12/20(金) 19:44:03.92
いや、大和朝廷の王族は縄文人の直系子孫で
直轄領の任那を統治し、国の無い馬韓・辰韓・新羅地方を支配、百済を属国として従えていたよ

28日本@名無史さん2013/12/20(金) 19:53:58.47
縄文人の子孫ならアイヌだな。刺青した天皇か。

29日本@名無史さん2013/12/20(金) 19:57:05.93
その願望はもう破綻しちゃったんだよね
弥生人は縄文人の直系子孫だと結論が出てしまった
嘘を半万回繰り返してゴリ押し自虐説法してきたのに残念だね

30日本@名無史さん2013/12/20(金) 20:40:48.95
>>29

>弥生人は縄文人の直系子孫だと結論が出てしまった

こんなトンデモを信じている人がいるのか。

31日本@名無史さん2013/12/21(土) 07:42:24.94
天皇家は扶余だよね。日本人の一勢は烏丸(うがん)烏桓という説。

32日本@名無史さん2013/12/21(土) 07:47:41.68
>>24 韓人(からひと)が渡来してたってだけ

33日本@名無史さん2013/12/21(土) 08:38:01.31
倭人が日本支那回廊南部に入植し、その周辺の馬韓辰韓を征服し
更にその周囲の加羅百済新羅を服属させていたというだけ

34日本@名無史さん2013/12/21(土) 08:52:13.87
>>33
それ完全に間違い。

ネトウヨが幸せ回路発動させてるだけ w

35日本@名無史さん2013/12/21(土) 12:03:12.17
>>27
支配していたという新羅、属国だったという百済が、ともに中国南朝に
朝貢し将軍号を授与されたのかね?
属国だったのなら、朝貢・臣従すべき相手は倭国のはずだがね。

36日本@名無史さん2013/12/21(土) 12:57:11.34
白村江の戦いで、天照大神の任那を失ったので、任那から見た日の本に閉じこもったのが
大和朝廷。

37日本@名無史さん2013/12/21(土) 21:16:06.39
>>35
新羅には国すら無かった事も知らないのかな?
南朝に朝貢出来る様になった後も
倭国や百済と違い何の役職も官職も与えられ無かった

38日本@名無史さん2013/12/21(土) 23:13:35.22
【考古学】韓国の技術で作られたものか? 6世紀初めの骨製小札 群馬・渋川の金井東裏遺跡
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1387600430/

★【群馬】国内初の骨製小札 6世紀初め渋川の金井東裏遺跡
2013年12月21日

六世紀初め(古墳時代)の火山灰層からよろいを着けた男性の骨が出土した渋川市の
金井東裏(かないひがしうら)遺跡で、動物の骨でつくられた小札(こざね)と呼ばれる
短冊状の板が新たに見つかったことが二十日、県埋蔵文化財調査事業団の調査で分かった。

数十枚が連結された状態で、よろいの一部か付属品とみられる。事業団によると、骨製小札が
見つかったのは国内で初めて。同日、県の検討委員会で報告した。

骨製小札は、一枚が縦六・六センチ、横約三センチ、厚さ数ミリ。一段あたり十数枚が、
三段にとじられていた。男性の骨の出土場所近くで、巻かれた状態で見つかった別の
鉄製よろいの内部にあった。

韓国で四世紀の骨製小札が出土した例があるとされ、今回の小札は穴の開け方から、
韓国の技術を用いて日本でつくられた可能性が高いという。

事業団の右島和夫理事は「材質から考えて、防具としての機能よりも視覚的なアピールが
重視されたのではないか。遺跡の意義を東アジアの枠組みで考える必要性が高まった」
と話している。また、男性がつけていたよろいは羽織った状態だったことも、
CTスキャンを使った調査で新たに分かった。

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20131221/CK2013122102000174.html
渋川市の金井東裏遺跡で見つかった骨製小札(県埋蔵文化財調査事業団提供)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20131221/images/PK2013122102100058_size0.jpg

39日本@名無史さん2013/12/21(土) 23:16:34.86
鎧の王も朝鮮人だったのか。

40日本@名無史さん2013/12/22(日) 01:10:01.19
骨細工か。原始人は得意だもんな骨細工

41日本@名無史さん2013/12/22(日) 16:07:03.64
群馬の上毛野君の墓とされる大きな古墳からは、百済の王族と同じ刀剣が出てる。

上毛野君は皇族だが。

42日本@名無史さん2013/12/22(日) 19:21:03.05
古代韓半島帝国の技術で作られた骨製小札

43日本@名無史さん2013/12/23(月) 07:48:09.37
ジャップ=亡命百済

44日本@名無史さん2013/12/24(火) 15:48:02.03
天皇の先祖は百済の親戚の加羅(任那、秦韓)の秦王だよ。

45日本@名無史さん2013/12/24(火) 22:37:26.36
天皇の先祖は倭国を主体として、任那馬韓辰韓加羅を支配し、百済新羅を属国としていた
大倭王だよ

46日本@名無史さん2013/12/24(火) 22:43:13.16
【民主党】韓国訪問中の細野氏「百済と言えば日本の仏教ルーツの一つ。飛鳥文化は百済を抜きに語れません」[12/24]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1387868887/

韓国訪問中の細野豪志氏 日韓関係解きほぐす鍵を語る

2013年12月24日 13時33分

 現在3年ぶりに韓国を訪問中の細野豪志衆議院議員が、日韓関係を解きほぐす
鍵についてツイッターで語っている。細野氏は「静岡県と関係の深い忠清南道を
訪れて安知事と会談します」と、忠清南道安熙正知事と会うことを明かした。

 ここでいう「静岡県と関係が深い」に関しては、静岡県庁によると「百済
最後の戦となった663年の白村江(はくすきのえ)の戦(戦場も忠清南道)
では、静岡から1万余りの軍勢が援軍として向かったといわれている」との
こと。

 細野氏は歴史的背景も踏まえ、「忠清南道と言えば百済が栄えたところ。
百済と言えば日本の仏教ルーツの一つ。日本文化の源流とも言うべき飛鳥
文化は、百済を抜きに語れません。膠着状態にある日韓関係を解きほぐす
鍵は、文化を中核に据えた国際交流、地域外交、スポーツ交流あたりに
あると思います」と日韓関係の改善の鍵を語っている。

http://yukan-news.ameba.jp/20131224-170/

47日本@名無史さん2013/12/26(木) 00:42:43.08
>>7
いや、任那関係ってことで累計すると362番目くらい。
この手のスレは2ch草創期からあって昔のほうが議論活発で面白かった
46resまで見る限り今回もトホホな内容で終わりそう

48日本@名無史さん2013/12/27(金) 00:04:42.43
>>46
あほすぎて話にならんな
百済が仏教文化のルーツという事実はない。百済はストロー

49日本@名無史さん2013/12/27(金) 00:10:05.00
ネトウヨ「三国志は好きだが古代漢民族は滅んで今の中国人とは別モノ」←何でこういう嘘平気でつくの?
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1388060879/

50日本@名無史さん2013/12/27(金) 00:28:36.14
>>49
大陸では王朝交代とともに前王朝を徹底的に破壊殺戮してて
秦漢人においては日本に亡命してきた人たちに氏として王朝名をなのらせてたからだろうよ

そして唐とかとの交流で大陸にない漢の文化がむしろ日本にだけ残ってると言わさしめた

51日本@名無史さん2013/12/27(金) 05:25:28.76
2chでも最近、在日工作員が大量投入されているからな。

52日本@名無史さん2013/12/27(金) 10:33:19.09
>>51
在日工作員もいるだろうけど、それより若い頃に左翼に染まった老害。
大昔の古びた学説や左翼的歴史観を無自覚に抱いたまま
歴史に詳しい気になってる団塊世代が
2chにたくさん来るようになったんじゃないのかな

53日本@名無史さん2013/12/28(土) 14:36:24.17
>>38
「韓国」で作られたという言い回しに違和感を覚える。在日記者が記事書いた?

54日本@名無史さん2013/12/28(土) 18:10:43.47
ツングース系の戦闘集団だな。
彼らは生まれながらの戦士。
討ち取った敵将の首を日干しにして飾りにしていたそうじゃないか。
まあ、それは女子供に評判が悪いので骨札をぶらさげるようにしたのだろう。
近代でも、零戦などの操縦士は撃墜した敵機の数だけ機体に星のマークを描いていたではないか。
そういうやつらの子孫は戦争がないので退屈している。
プロレスやボクシング等の格闘技も、サッカーや野球のような球技も退屈だろう。
中田英寿はさっさとやめて旅に出ている。

55日本@名無史さん2014/01/02(木) 19:30:36.10
>>48
寧ろ新羅の方が仏教に関しては盛んだったはず
善徳女王が建てた皇龍寺とか仏国寺は有名

56日本@名無史さん2014/01/03(金) 22:37:06.02
【長野】甲信越に息づく「午」 朝鮮半島との交流にロマン
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1388705176/

 ■浅川端遺跡の馬形帯鉤

 長野市の浅川端(あさかわばた)遺跡から出土した馬の形をした青銅でできたベルトのバックルは、
「馬形帯鉤(うまがたたいこう)」と呼ばれ、国内で唯一、正式な発掘調査で確認されたものだ。
大きさは縦6・7センチ、横9・2センチで約40グラムの重さがある。朝鮮半島特有の様式で、
くらを背に乗せた馬が前脚を前方に伸ばした姿をかたどっており、馬を乗りこなす技術を持った渡来人が長野の地を踏んでいたことを推測させる。

 同様の馬形帯鉤は、岡山市の古墳から出土した6点があり、宮内庁が所管する。しかし、これを発掘したのは当時の土地所有者で、
詳しい出土状況の確認ができないため、学術資料として一級の価値を持つのは浅川端遺跡のものだけだ。
国内の博物館や美術館でも30点ほどの馬形帯鉤が所蔵されているが、一部に贋(がん)作もあるといわれている。

 朝鮮半島との関係から研究者の間で「いつかは発掘されるだろう」と期待され続け、浅川端遺跡で馬形帯鉤が出土したのは平成13年。
待望の発見に考古学ファンは興奮したが、その後も国内で出土はない。馬形帯鉤を研究する同市教育委員会文化財課の風間栄一係長によると、
馬形帯鉤は北方系騎馬民族のスキタイが好んだ「動物意匠」(動物を図案化した文様)と、
中国で広がっていたバックルの文化が組み合わさり、朝鮮半島で生まれた。出土地域は、朝鮮半島の南東部や内陸中西部に集中する。
近年、韓国国内で多数の発掘調査が進み、馬形帯鉤の出土事例も急増しており、製造時期の確認も含めて本格的な研究はこれからだという。

57日本@名無史さん2014/01/03(金) 22:37:45.04
 弥生時代の終わりから古墳時代前半にかけて、日本と朝鮮半島の交流は非常に頻繁になり、多くの人やモノが行き来するようになる。
馬形帯鉤も国内各地でもっと多数見つかっても不思議ではないが、風間さんは「これだけ日本中で発掘調査が行われても
馬形帯鉤が見つからないのは、日本にはベルトのバックルが文化として根付かなかったからではないか」と話す。

 古墳時代に入ると政治の中枢は大和政権に集中する。風間さんは「その大和で馬形帯鉤は出土しておらず、
今でいうところの政府を経由しない、地域間交流が行われていたのは間違いない」と話す。
13年前に出土した国内唯一の馬形帯鉤は、朝鮮半島と日本の内陸部にある信濃の地との交流が濃密に行われていたことの証しでもある。

2014.1.3 02:12 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140103/ngn14010302120000-n1.htm

58日本@名無史さん2014/01/03(金) 22:56:37.91
一個の出土で【濃密な関係】とは言えんわなぁ

59日本@名無史さん2014/01/04(土) 02:04:00.59
新羅の飢餓から逃れ密入国してきた羅族が開発前線地の信濃に配置された証しである。

60日本@名無史さん2014/01/04(土) 11:21:45.50
仏教を信仰する百済人は、百済滅亡のとき自決し、女は辱しめを受けないよう身を投げた。
残りは日本に亡命してしまったから、仏教を伝えた百済人はもう半島にはいない。
代わりに、半島には、唐の雇われ兵の蛮族だらけになった。相手にしない方がいい。

61日本@名無史さん2014/01/08(水) 18:23:06.26
記紀で、任那に関する記述って見ないんだよな。
何を根拠に任那日本府という話が出てくるんだ?

百済人は他国人として扱ってるけど、加羅はそうではない。
大和朝廷=加羅だからだろ。

62日本@名無史さん2014/01/08(水) 20:21:58.66
任那に関する記述は記紀に幾らでもある
馬鹿チョン民褥は漢文読め無いらしいなw

63日本@名無史さん2014/01/08(水) 20:53:39.87
確かに、任那を征服した話はないな。
畿内を征服した話はあるが。

64日本@名無史さん2014/01/08(水) 21:33:21.43
九州の地方国家が新羅から任那を獲得。
その九州の国家を大和朝廷が併合。
そのまま自動的に大和朝廷が朝鮮南部に領地を持つ事に成った。

って事なら説明がつくのでは?

新羅は成立期より海を渡って来る和人に度々攻め込まれている。
九州王朝と大和朝廷が別物で、初期に朝鮮へ兵を出していたのが九州、後期が大和。

65日本@名無史さん2014/01/08(水) 22:21:26.65
任那の大部分は征服したわけじゃなく
例えば中心部の元々狗邪韓国と記録された倭人が住む土地は
倭国がある程度統一された段階で倭国に組み込まれ、関係の深い加羅地方も倭国に帰順した。
任那の一部を構成した馬韓地方や辰韓地方に国家は元々無く
併合か或は仮に征服だとしても大した抵抗は受け無かっただろう

66日本@名無史さん2014/01/08(水) 23:16:15.85
>>61
日本書紀読めってちゃんと

67日本@名無史さん2014/01/09(木) 03:25:40.40
朝鮮半島は古来、日本の植民地だったわけだから

68日本@名無史さん2014/01/09(木) 03:42:31.15
赤字の植民地とかアリエナイから

69日本@名無史さん2014/01/09(木) 04:29:24.66
>>61
欽明天皇紀クラマチキミ(車持君)で検索

百済がヤマトの三宅に逃げ込んだ領民を返して欲しいと嘆願し、その為に車持君が派遣された
三代に遡って百済人を探しだし戻してやった
車持君は百済側の史料ではクラマチキミと書かれている
日本書紀的には神功皇后のときに倭国領が出来たと言いたいのだろうが、
現実には広開土王碑の遺す391年の倭軍介入の時ではないかな
三代に遡って云々という記述から百年以上の歴史がうかがえる

70日本@名無史さん2014/01/09(木) 04:36:59.78
>>69
継体天皇紀の誤り
お詫びして訂正致します

71日本@名無史さん2014/01/09(木) 09:17:13.55
公開土王碑には、倭人が攻めてきたけど追い払ったと書いてあるんだけど。

公開土王は400年頃だけど、その頃に任那を征服した記録はあるのかな?
聞いたことないけど。

72日本@名無史さん2014/01/09(木) 10:56:29.73
>>71
【百済と新羅】から追い払った(らしい)よね。任那に関しての記述はない
コテンパンに熨したわりに倭国は四回戦ってる
オレが注目してるのは3回目(かな?)の新羅攻城戦
新羅城というと慶州盆地のはずだが、これは洛東江を遡った先にある
常識的に考えると、任那諸国が敵性国だった場合、これらを背負って遠征軍を出すのは自殺行為
同盟国程度だったにしろ、裏切り易い半島人のこと安心など出来ない
オレは任那の一部に倭国の屯田兵なり実力部隊が存在したと考える
都市国家連合の任那の中に倭国の都城も存在したはず
それが日本書紀にある官家ミヤケや県邑だろう

73日本@名無史さん2014/01/09(木) 13:52:10.36
加羅の「王」から新羅に攻められたと聞くと激怒してるから、新羅には王がいた
ことは間違いない。

74日本@名無史さん2014/01/09(木) 19:09:38.96
広開土王碑の拓本だと加羅や任那は空白になってんだっけ?

75日本@名無史さん2014/01/09(木) 23:52:57.79
【佐賀】韓国からの観光訪問団、弥生土器に触れ古代ロマンに思いをはせる 徐福ゆかりの地で
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1389271206/

★済州島の観光訪問団、徐福ゆかりの地を見学

韓国・済州島からの観光訪問団15人が9日、佐賀市金立町の徐福長寿館・薬用植物園や
金立神社など、徐福ゆかりの地を見学した。徐福が探した不老不死の薬草とされる
カンアオイや弥生土器に触れ、古代ロマンに思いをはせた。

済州島は、徐福が佐賀に向かう途中で寄港したとされる地。参加者は徐福の足跡を
たどるDVDを鑑賞した後、徐福長寿館の澤野隆館長から徐福を祭る金立神社や
弥生人の生活について解説を受けた。

参加者が「なぜ徐福たちは済州島に立ち寄ったか」と質問すると、澤野館長は
「四季や緑に恵まれた韓国に憧れたのかもしれない」と答えた。

済州島の徐福研究会理事で、済州国際大学校経営・観光学部の金昌植教授(60)は
「中国を含め3国の観光交流を盛んにし、徐福を平和共存のゆかりとしたい」と語った。
澤野館長は「領土問題が難しい時期に日本に親しみをもってくれてうれしい。
徐福の偉大な功績のおかげ」と笑顔だった。

一行は10日、ハウステンボス(佐世保市)やキャナルシティ博多(福岡市)などを観光し、
11日に帰国する。

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2606358.article.html

76日本@名無史さん2014/01/09(木) 23:53:34.54
【東京新聞】朝鮮半島から埼玉・日高市に移住して1300年 「高麗郡」学べる冊子、全中学生への配布計画
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1389247232/

★歴史が苦手でも 高麗郡学べる冊子 日高市など作成
2014年1月9日

朝鮮半島・高句麗(こうくり)から現在の日高市などに移住した人たちが高麗(こま)郡を開いてから
二〇一六年に千三百年を迎えるのを前に、同市の記念事業実行委員会などが、高麗郡の歴史を分かり
やすく解説した冊子を作成した。新年度に市内の全中学生への配布も計画している。

冊子は「早わかり高麗郡入門Q&A」で、全四十三ページ。大学教授や自治体の学芸員ら専門家で作る
「高麗浪漫(ろまん)学会」のメンバー十人が執筆した。

「なぜ今、高麗郡か」「渡来人ってどんな人」「どうして明治に高麗郡はなくなったの」など、
読者の目を引く項目を三十五本立て、いずれも一ページを使って説明している。文章の表現を簡潔にして
写真や地図なども盛り込んでいるため、歴史が苦手な人でも読みやすくなっている。人物名や地名には
ふりがなもつけている。

昨年十一月に二千部を発行したが、すぐ品切れになったため二千部を増刷。今月十四日から日高市産業
振興課で希望者に無償配布される予定だ。地域の歴史が分かりやすく記されていることから、市では
新年度、市立中学校の生徒約千五百人に個別配布する方向で準備を進めている。

冊子の入手方法などに関する問い合わせは日高市産業振興課=(電話番号省略)へ。(上田融)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20140109/CK2014010902000127.html
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20140109/images/PK2014010902100045_size0.jpg

77日本@名無史さん2014/01/10(金) 16:22:38.57
>>72
半島南部には任那の他にも旧馬韓辰韓地方などに広く倭国領が分布してたは

78日本@名無史さん2014/01/10(金) 16:24:18.29
日本は、朝鮮半島南部から始まったんだろ。
日本列島内の邪馬台国は滅んだし。

79日本@名無史さん2014/01/10(金) 22:39:23.09
朝鮮漬け臭っ

80日本@名無史さん2014/01/11(土) 00:07:05.63
バカチョンの古代史って論理性も一貫性もないよな
部分部分で嘘ついてるだけだから

81日本@名無史さん2014/01/13(月) 22:37:29.36
【韓国】「日本書紀は日本の歴史歪曲の根源。任那日本府説は『新羅コンプレックス』の産物」 歴史家らが日本書紀注釈書を発表★2[01/12]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1389542769/

82日本@名無史さん2014/01/14(火) 08:49:40.43
日本書紀を読むと、確かに新羅への憎しみがハンパないな。

83日本@名無史さん2014/01/14(火) 13:38:05.53
そりゃ任那奪われたし、一の子分の百済もヤられたからね
そこから任那日本府の存在を逆証明できる気がする

84日本@名無史さん2014/01/14(火) 15:29:32.60
>>82
そりゃ国ですら無かった蛮族のくせに
倭国領土の任那、加羅を侵略し、属国の百済を唐に討たせたからな

85日本@名無史さん2014/01/14(火) 18:17:18.74
新羅に一部を征服された辰韓がアマテラスの古里なんだろう。

86日本@名無史さん2014/01/19(日) 22:51:59.46
>>72
つーかその公開土王碑に、
新羅王都から駆逐した倭軍を追撃したら安羅軍に逆を突かれて新羅王都を落とされたとあるんで言うまでもなく加羅は倭の支配下と言う事だわな。

87日本@名無史さん2014/01/19(日) 23:39:56.24
>>86
あー安羅戊兵ってヤツか。忘れてた
返り討ちとは笑えるよな

88日本@名無史さん2014/01/20(月) 09:16:09.04
小野田さんの天皇観

http://junpay.sakura.ne.jp/index.php?option=com_content&view=article&id=142:2009-05-10-10-30-13&catid=49:2009-01-31-19-02-14&Itemid=77
「昔から地元だけでうまくやってきたんです。それも殿様一人の命令に従うんじゃなくて、
有能な家来たちが智恵を持ちよって、うまく指導した。上下の身分もうるさく言わなかっ
た。そういう気風がずっと昔から、徳川時代より、もっと昔から伝統的にあった土地です。
だから神武天皇の軍隊が九州から来て上陸したとき、土地の豪族が追っ払い、失敗した
神武天皇の軍は別の海岸から上陸し直して、やっと大和朝廷をつくることができたんです」

 専務たちは呆気にとられた表情で寛郎を見つめた。私は箸を使いはじめた。寛郎のこの
話はすでに伊東別邸で一度、聞いていた。
「大体、あの人たちの先祖をさかのぼれば、九州どころじゃない、もっと遠くの別の国か
ら来たんでしょう。よそ者ですよ」

89日本@名無史さん2014/01/20(月) 14:36:16.20
>>88
そんなの当時流行ってた日本版ウリナラファンタジー
騎馬民族王朝説全盛のころだろ
そんなので小野田さんを悪く言うなよ

90日本@名無史さん2014/01/21(火) 23:18:27.67
口角に泡たてて騒ぐなよ。

91日本@名無史さん2014/02/13(木) 13:38:31.14
百済本紀は、倭国と日本を書き分けてる。
今の日本列島の国は倭国と書いているのに、任那日本府という言葉がてでくる。

普通に考えたら、府は首都。任那に日本の首都があったと考えると、全て説明がつく。

↓これも、百済でなく任那の地だったんだろ。

「日本」という国号は本来、百済の地を称する言葉だった〜百済人の墓誌銘に刻まれた最古の「日本」
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1338994457/

墓誌銘の「日本」は祢軍が日本に使節に行った背景を書いた部分に登場する。「660年官軍(唐
軍)が私たちの蕃国(百済)を平定した日…日本の残党が扶桑に立てこもって殺戮を免れ、風谷に
残った輩は盤桃を信じて堅く抵抗した…」という内容だ。

92日本@名無史さん2014/02/16(日) 12:42:08.24
>>91
ウリナラファンタジーをこじらせるとこうなるのかw

お前らは半万年中国と日本の植民地なんだよw

93日本@名無史さん2014/02/16(日) 13:36:17.85
>>91
死んでくれ

94日本@名無史さん2014/02/16(日) 14:22:12.99
日本が平安期に任那分の調を支払うよう新羅へ要求し、新羅が応じた事実はどうするんだ?

95日本@名無史さん2014/02/16(日) 14:31:05.89
「実質的に朝貢の意味合いはなかった」か「日帝の捏造」の「両方」を言ってくると思う。

96日本@名無史さん2014/02/18(火) 11:31:45.42
>>94
任那は日本だったんだろうな。
列島に引っ越して新羅に貸したけど、俺のものだと。

97日本@名無史さん2014/02/18(火) NY:AN:NY.AN
全羅道高敞郡に約10%もいる縄文系『D2a1b』(ここ700年日本で激増したハプロと同系)は
同地を支配した豪族の子孫

全北高敞郡(韓国全羅北道の南西部にある郡)のハプロ N=31
http://www.kjclub.com/UploadFile/exc_board_66/2013/07/27/gochang%20n=31.png
O2b1b   41.9%
C3f    25.8%
D2a1b   9.7%   ←
O2b1a   6.5%
O3a2c1a  6.5%
O2b+O2b1  6.5%
N1     3.2%

高敞郡, 巨済市, 安東市のハプルログル?ム
http://www.kjclub.com/jp/exchange/theme/read.php?tname=exc_board_66&uid=144553&fid=144553&thread=1000000&idx=1&page=2&number=116982
>全北高敞郡は倭人の子孫と見える O2b1a 2サンプルと D2a1b 3サンプルが出たと言うのがおもしろくて,
>韓半島先住民,中国東海岸,満洲等色々ルートを通じて入って来た C3f(Z1338)が高敞郡全体サンプルの 4分の 1以上を占めている.

韓国人全体のY染色体ハプロタイプ
Shin et al. (2012)
http://pds24.egloos.com/pds/201205/15/76/d0022076_4fb131ca3a9f8.jpg
http://pds21.egloos.com/pds/201205/15/76/d0022076_4fb131deb8a77.jpg

98日本@名無史さん2014/02/18(火) 21:58:45.32
あー、これは完全に倭国支配の名残ですわww

99日本@名無史さん2014/02/19(水) 17:12:31.15
「日本」という国号は本来、百済の地を称する言葉だった〜百済人の墓誌銘に刻まれた最古の「日本」
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1338994457/

墓誌銘の「日本」は祢軍が日本に使節に行った背景を書いた部分に登場する。「660年官軍(唐
軍)が私たちの蕃国(百済)を平定した日…日本の残党が扶桑に立てこもって殺戮を免れ、風谷に
残った輩は盤桃を信じて堅く抵抗した…」という内容だ。

100日本@名無史さん2014/02/23(日) 21:29:57.96
高敞、和順、江華の支石墓群

支石墓(ゴインドル)は、紀元前1000年から紀元前100年にかけて、大きな石で造られた墓のことである。
支石墓には、足の長い石柱に石を載せテーブル状に石を組んだ「北方式」と短い石柱に石を載せた碁盤状に石を組んだ「南方式」の2種類がある。

世界的に見て、支石墓は欧州のイギリスやフランスがひとつの中心で、南インド、東南アジア、中国沿海部にも存在するが、朝鮮半島が世界で最も支石墓の数が多い。
韓国語ではコインドルと呼ばれる。

これは、イギリスのストーンヘンジを上回る規模で、日本の前方後円墳の石室にも似ている。
石舞台、鬼の雪隠、それは朝鮮半島の倭人由来だったのだ。

101日本@名無史さん2014/02/24(月) 00:57:02.63
前方後円墳の石室と支石墓は内部が全然似てないけど

102日本@名無史さん2014/05/02(金) 20:27:01.29
任那の本スレはこっちかよ…

103日本@名無史さん2014/10/03(金) 21:17:08.43
【韓国】 広開土大王石碑、日本人が灰を塗る作業で文字を歪曲、任那日本府説の根拠にした★2[10/01]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1412249807/l50

104日本@名無史さん2014/10/19(日) 21:23:44.94
【朝鮮日報】李亨求(イ・ヒョング)鮮文大学碩座(せきざ)教授「日本による広開土大王碑の碑文変造、まだある」[10/19]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1413720483/l50

105日本@名無史さん2014/11/03(月) 11:13:07.74
>>71
なんで征服しなきゃいけないのかわからん。
魏志倭人伝の時代、半島南部には倭人が住んでいた。
白村江で追い出されるまで、倭人の居住地だった。
別に征服するとか植民地とかじゃなく、元から住んでいたんだよ。

106日本@名無史さん2014/11/15(土) 21:11:09.68
>>105
半島南端部地方の地名ミマナの語源は、『攝津國風土記』逸文に
よれば「御魚家」らしい。
倭人海洋民が、彼の地の漁場で魚を獲っていた。
  任那ト呼ブハ御ノ字ノ心、マナハウヲノ事。任那ハ魚ヲ獻ゼシ事、
  攝津ノ國風土記、西成郡ノ篇ニ、ソノ魚來レバ、御魚家(みなまや)ト
  云テ、京ヘ送ル迄ノ間ヲ宿シタル地名ノ事アリ

107日本@名無史さん2014/11/21(金) 14:05:49.98
  /´ `ヽ
  |OUO|
  | O |) )
 /   /
 ( (|   |
 ヽ)   |
  |――|
  /   ヽ
 |  ̄ ̄ |
 | __ |

108日本@名無史さん2014/12/26(金) 00:12:44.39
【文化】韓国で形象埴輪出土 日本から伝わった可能性 [12/25](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1419514001/

109日本@名無史さん2014/12/26(金) 01:01:54.39
人種が違いますんでね。人種が。


日本人 ← 日本人種
韓国人 ← 中央蒙古人種



北方蒙古人種・・・・・モンゴル人、満州人、北方アジアの少数民族
中央蒙古人種・・・・・華北人、華中人、朝鮮人
南方蒙古人種・・・・・福建省以南の華南人、台湾人、タイ人、ミャンマー人
インドネシア人種・・・・・ベトナム人、ラオス人、カンボジア人、フィリピン人
日本人種・・・・・日本人
アイヌ人種・・・・・アイヌ人

110日本@名無史さん2014/12/26(金) 03:16:36.48
南韓で形象埴輪出土 日本から伝わった可能性(しかない)

111日本@名無史さん2015/01/01(木) 21:36:45.47
今でも全羅道は親日で差別されているらしいね。やっぱ百済との関係が時を越えて
続いてきたんだろうか。

112日本@名無史さん2015/01/02(金) 04:30:38.66
関連スレ

日本人町、外地、租界、占領地、傀儡国家2 [転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1419997619/

113日本@名無史さん2015/01/31(土) 01:51:49.15
【日韓歴史】 「古代日本は百済の植民地…韓国史の教科書変えるべき」〜チェ・ジェソク高麗大名誉教授[01/30]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1422634140/1-2

ソース:世界日報(韓国語) [光復70年、変えなければならない韓国史]「百済が古代日本事実上統
治…国史教科書変わらなければ」
http://www.segye.com/content/html/2015/01/29/20150129019645.html

114日本@名無史さん2015/02/05(木) 02:15:15.11
任那日本府というのは任那という国の中の日本という意味でしょうか?
日本大阪府みたいに

115日本@名無史さん2015/02/05(木) 23:36:42.57
倭日本府とは言わんし、日本倭府とも言わん
任那だけなんで日本府なん?

116日本@名無史さん2015/02/06(金) 07:44:16.01
任那四邦は倭人国群の内でヤマト領だった時期もあったが馬韓だったか弁韓だったかがヤマトから任那を奪った
その後に百済が入り日本府の置かれた時期には百済領だった
百済は衰退し始めると東からの新羅による圧力に耐える為にヤマトに半島への常駐を依頼した
ヤマトはこれを請けるに当たり任那の割譲を要求したが百済王室内の調整が着かなかった
そこでヤマトの皇子を百済の臣下にしてこれに任那を下賜するといった複雑な手続きが採られた
この結果ヤマトからの援軍は外国軍では無く日党(=)義勇軍の体裁で任那に常駐した
故にヤマトからの援軍に依り置かれた行政府には日本府の名称が用いられた

117日本@名無史さん2015/02/06(金) 20:41:14.27
元は弁韓の全てと馬韓、辰韓の多くが倭国領任那
百済の南遷や新羅の拡張で徐々に縮小した
その名残が日本府

118日本@名無史さん2015/02/12(木) 15:34:15.52
【韓国】 日本の歴史歪曲、広開土大王陵碑文から始まった〜イ・チャング教授「広開土大王陵碑の真実」講演[02/11]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1423651221/l50

119日本@名無史さん2015/02/27(金) 18:33:06.18
>>114-115
当たり前だろ。日本書紀は倭をぜんぶ日本に書き換えてんだよ
実際には「日本府」じゃなくて「倭宰」。でも読みはヤマトノミコトモチで同じもの。
もっと勉強してからこいよ、こんなの常識だから。

>>116
お前の珍説などどうでもいいんだが。

120日本@名無史さん2015/02/28(土) 11:09:16.78
>>119
括出在任那日本縣邑百濟百姓浮逃絶貫三四世者、並遷百濟附貫也

これも日本じゃなくて倭なの?

121日本@名無史さん2015/04/10(金) 23:51:59.27
任那日本府なんて認めてる学者日本にも今時いないんだが

122日本@名無史さん2015/04/12(日) 11:25:38.59
朝鮮人って半島南部に倭人勢力が存在してた事と日本府って官署の存在を意図的に混同してるよな
まあそうしないと生きていけないんだろうけど

123日本@名無史さん2015/04/12(日) 11:59:00.00
>>121
任那日本府という名称を使わないだけで
倭国が半島に軍事介入していたことを否定している学者はいない。

だって、西暦478年に、倭王武が
中国から半島南部の数か国を制御する官位を任命されているわけだし。
これ自体を否定するやつなんていないし、普通に入試で問題で出てくるよ。

ちなみに、任那日本府が、実在していたとしたら
その当時の名称は、任那倭宰って名前が正式名称。

ヤマト朝廷をこれと同じようなものを日本全国各地に配置していて
それと同じようなものを半島南部に配置していた。

124日本@名無史さん2015/04/15(水) 01:35:24.30
>>121
ソースは?
学者が一人も認めてないものを教科書に載せることってありえるの?もしそうだったらマスコミがもっと騒いでると思うけど?

125日本@名無史さん2015/04/21(火) 09:13:24.48
「倭王朝は任那(加羅)から渡来してきた王朝である」
http://youtu.be/5jEWDiPlxXU
http://youtu.be/xPvxfGA_ews
『記紀万葉』を書いたのは白村江敗戦による亡命百済人だった!
「音声学」が明らかにする『記紀万葉』の成立と日本建国の事情!
古代史・日本語史の常識が根底から覆る!
http://music.geocities.jp/konatarosu/Hakusonkou/Index.html

126日本@名無史さん2015/04/21(火) 09:16:10.53
http://img.hani.co.kr/imgdb/resize/2012/0607/00432833701_20120607.JPG
▲昨年7月、中国西岸骨董市場で発見され現地学術誌に公開された百済人「祢軍」の墓誌銘拓本。

今日の日本の国号が本来、百済の土地を称する言葉であり、国号成立に百済人らが関与したと
いう学説が提起された。

7世紀の百済滅亡期、義慈王と唐に投降して官吏になった後、日本に使節として派遣された「祢軍
(禰軍)」(613〜678)という人物の墓誌銘の文章に彫られた「日本」の文字が現在の日本の国号で
はなく百済の他の表現という根拠が見つかったという。この様な主張をしたのは日本古代史学界
権威である東野治之(とうの はるゆき)大阪市立大教授だ。


墓誌銘の「日本」は祢軍が日本に使節に行った背景を書いた部分に登場する。「660年官軍(唐
軍)が私たちの蕃国(百済)を平定した日…日本の残党が扶桑に立てこもって殺戮を免れ、風谷に
残った輩は盤桃を信じて堅く抵抗した…」という内容だ。

文中の「日本」を既存学界は公式国号と見たが、東野教授は「技巧を凝縮させた墓誌銘の文章と
見れば決して国号とは見られない」と否定した。墓誌銘に記録された当時、百済など中国の周辺
国は国号を使わず、扶桑・風谷・盤桃など自然環境的特徴に基づいた隠喩的名称を使ったが、唯
一、日本だけ公式国号を使ったはずがないという論旨だ。

墓誌銘の「日本」は中国から見る時「日が昇る所」という意味ですなわち百済を示すということだ。
彼は「墓誌銘で実際、倭国(日本)は‘ヘジュァ(海左:海東側)’、‘ヨンドン(瀛東:中国東側)と表記さ
れたと推定される」として「当時、国号が存在したとすれば書いた人は日本という表記を使わなか
っただろう」と主張した。

ハンギョレ新聞(韓国語) 「日本は本来百済の土、称する言葉だった」
http://www.hani.co.kr/arti/culture/culture_general/536435.html

127日本@名無史さん2015/05/04(月) 10:11:40.51
こういうこと

「日本列島3人類集団の遺伝的近縁性」平成24年11月1日
東京大学大学院医学系研究科、総合研究大学院大学

その結果、アイヌ人と琉球人が遺伝的にもっとも近縁であり、両者の中間に位置する本土
人は、琉球人に次いでアイヌ人に近いことが示された。一方、本土人は集団としては韓国
人と同じクラスター(注2)に属することも分かった。
http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_241101_j.html
http://okinawa-rekishi.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2014/05/21/dna.jpg
http://www.kahaku.go.jp/research/department/anthropology/report02/s-IshidaFig1.jpg

平均顔
日本 http://livedoor.blogimg.jp/crx7601/imgs/c/3/c3e96d49-s.jpg
韓国 http://livedoor.blogimg.jp/crx7601/imgs/f/b/fb3210eb-s.jpg
中国 http://livedoor.blogimg.jp/crx7601/imgs/f/e/fe91a3ee-s.jpg

128日本@名無史さん2015/07/28(火) 18:51:53.13
>>124
「学者が一人も認めてない」って何のこと?
任那日本府って言葉はリアルタイムでの書き方じゃないってだけで
それに該当するものはあったことは認められてるんだろ
例えば縄文人ってのはあくまで現代語で縄文時代の人間が縄文人と自称してたわけじゃない

卑弥呼だって邪馬台国だって当事者がそう表記してたわけじゃないし
縄文人だって当時の縄文人が「おれら縄文人」って自称してたわけじゃないし
劉備や孔明は当時リュービやコウメイって発音されてたわけじゃないし
アレキサンダー大王やユリウス・カエサルはカタカナ使ってたわけじゃない

129日本@名無史さん2015/07/28(火) 23:53:32.25
まーだ6000年前の日本で小麦作をしていた事も知らない馬鹿がいるの?
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。中国よりも先になwwww




縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。
http://inoues.net/science/wan.html
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり

130日本@名無史さん2015/07/28(火) 23:56:04.67
まーだ6000年前の日本で小麦作をしていた事も知らない馬鹿がいるの?
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。中国よりも先になwwww


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった

131日本@名無史さん2015/07/29(水) 20:59:00.78
http://img.hani.co.kr/imgdb/resize/2012/0607/00432833701_20120607.JPG
▲昨年7月、中国西岸骨董市場で発見され現地学術誌に公開された百済人「祢軍」の墓誌銘拓本。

今日の日本の国号が本来、百済の土地を称する言葉であり、国号成立に百済人らが関与したと
いう学説が提起された。

7世紀の百済滅亡期、義慈王と唐に投降して官吏になった後、日本に使節として派遣された「祢軍
(禰軍)」(613〜678)という人物の墓誌銘の文章に彫られた「日本」の文字が現在の日本の国号で
はなく百済の他の表現という根拠が見つかったという。この様な主張をしたのは日本古代史学界
権威である東野治之(とうの はるゆき)大阪市立大教授だ。


墓誌銘の「日本」は祢軍が日本に使節に行った背景を書いた部分に登場する。「660年官軍(唐
軍)が私たちの蕃国(百済)を平定した日…日本の残党が扶桑に立てこもって殺戮を免れ、風谷に
残った輩は盤桃を信じて堅く抵抗した…」という内容だ。

文中の「日本」を既存学界は公式国号と見たが、東野教授は「技巧を凝縮させた墓誌銘の文章と
見れば決して国号とは見られない」と否定した。墓誌銘に記録された当時、百済など中国の周辺
国は国号を使わず、扶桑・風谷・盤桃など自然環境的特徴に基づいた隠喩的名称を使ったが、唯
一、日本だけ公式国号を使ったはずがないという論旨だ。

墓誌銘の「日本」は中国から見る時「日が昇る所」という意味ですなわち百済を示すということだ。
彼は「墓誌銘で実際、倭国(日本)は‘ヘジュァ(海左:海東側)’、‘ヨンドン(瀛東:中国東側)と表記さ
れたと推定される」として「当時、国号が存在したとすれば書いた人は日本という表記を使わなか
っただろう」と主張した。

ハンギョレ新聞(韓国語) 「日本は本来百済の土、称する言葉だった」
http://www.hani.co.kr/arti/culture/culture_general/536435.html

132日本@名無史さん2015/07/31(金) 20:06:40.53
百済人「祢軍」の墓誌銘の「日本」号というのは、
百済は日本の半属国だったから、
遣唐使が唐に日本国号の変更を告げる前に、告知していたことを示す。
日本は唐の冊封国ではないが、やはり交易のためには朝貢という形を
取らざるをえないので、まずは目下の国から知らしめた、ということ。

133日本@名無史さん2015/08/01(土) 00:07:01.96
>>132
日本が日本になったのは、百済付近が日本と呼ばれてたより数十年後だよ。

134日本@名無史さん2015/08/07(金) 07:05:53.81
「日」が倭国のこと。百済や新羅はその近く、「日」の近くという意味で「日本」

135日本@名無史さん2015/08/08(土) 21:11:23.00
http://img.hani.co.kr/imgdb/resize/2012/0607/00432833701_20120607.JPG
▲昨年7月、中国西岸骨董市場で発見され現地学術誌に公開された百済人「祢軍」の墓誌銘拓本。

今日の日本の国号が本来、百済の土地を称する言葉であり、国号成立に百済人らが関与したと
いう学説が提起された。

7世紀の百済滅亡期、義慈王と唐に投降して官吏になった後、日本に使節として派遣された「祢軍
(禰軍)」(613〜678)という人物の墓誌銘の文章に彫られた「日本」の文字が現在の日本の国号で
はなく百済の他の表現という根拠が見つかったという。この様な主張をしたのは日本古代史学界
権威である東野治之(とうの はるゆき)大阪市立大教授だ。


墓誌銘の「日本」は祢軍が日本に使節に行った背景を書いた部分に登場する。「660年官軍(唐
軍)が私たちの蕃国(百済)を平定した日…日本の残党が扶桑に立てこもって殺戮を免れ、風谷に
残った輩は盤桃を信じて堅く抵抗した…」という内容だ。

文中の「日本」を既存学界は公式国号と見たが、東野教授は「技巧を凝縮させた墓誌銘の文章と
見れば決して国号とは見られない」と否定した。墓誌銘に記録された当時、百済など中国の周辺
国は国号を使わず、扶桑・風谷・盤桃など自然環境的特徴に基づいた隠喩的名称を使ったが、唯
一、日本だけ公式国号を使ったはずがないという論旨だ。

墓誌銘の「日本」は中国から見る時「日が昇る所」という意味ですなわち百済を示すということだ。
彼は「墓誌銘で実際、倭国(日本)は‘ヘジュァ(海左:海東側)’、‘ヨンドン(瀛東:中国東側)と表記さ
れたと推定される」として「当時、国号が存在したとすれば書いた人は日本という表記を使わなか
っただろう」と主張した。

ハンギョレ新聞(韓国語) 「日本は本来百済の土、称する言葉だった」
http://www.hani.co.kr/arti/culture/culture_general/536435.html

136日本@名無史さん2015/08/08(土) 21:38:05.75
出た、コピペ馬鹿

137日本@名無史さん2015/08/08(土) 22:06:12.54
こういうこと

「日本列島3人類集団の遺伝的近縁性」平成24年11月1日
東京大学大学院医学系研究科、総合研究大学院大学

その結果、アイヌ人と琉球人が遺伝的にもっとも近縁であり、両者の中間に位置する本土
人は、琉球人に次いでアイヌ人に近いことが示された。一方、本土人は集団としては韓国
人と同じクラスター(注2)に属することも分かった。
http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_241101_j.html

遺伝子解析による日本民族と周辺の民族との近縁性
http://www.soken.ac.jp/wordpress/wp-content/uploads/2013/12/20121017172022_1.jpg

平均顔
日本 http://livedoor.blogimg.jp/crx7601/imgs/c/3/c3e96d49-s.jpg
韓国 http://livedoor.blogimg.jp/crx7601/imgs/f/b/fb3210eb-s.jpg
中国 http://livedoor.blogimg.jp/crx7601/imgs/f/e/fe91a3ee-s.jpg

本土の日本人は縄文人と無関係だった
http://www.kahaku.go.jp/research/department/anthropology/report02/s-IshidaFig1.jpg

138日本@名無史さん2015/08/08(土) 22:13:57.78
出た、コピペ馬鹿

139日本@名無史さん2015/08/17(月) 20:08:48.74
>>123がすべて。コピペ荒らしが何しようが任那日本府の実在は隠せない

140日本@名無史さん2015/08/18(火) 08:23:36.57
「倭王朝は任那(加羅)から渡来してきた王朝である」
http://youtu.be/5jEWDiPlxXU
http://youtu.be/xPvxfGA_ews
『記紀万葉』を書いたのは白村江敗戦による亡命百済人だった!
「音声学」が明らかにする『記紀万葉』の成立と日本建国の事情!
古代史・日本語史の常識が根底から覆る!
http://music.geocities.jp/konatarosu/Hakusonkou/Index.html

141日本@名無史さん2015/08/18(火) 08:40:10.16
>>139
「日本」は、もともと、百済地方の呼び名だった。

http://img.hani.co.kr/imgdb/resize/2012/0607/00432833701_20120607.JPG
▲昨年7月、中国西岸骨董市場で発見され現地学術誌に公開された百済人「祢軍」の墓誌銘拓本。

今日の日本の国号が本来、百済の土地を称する言葉であり、国号成立に百済人らが関与したと
いう学説が提起された。

7世紀の百済滅亡期、義慈王と唐に投降して官吏になった後、日本に使節として派遣された「祢軍
(禰軍)」(613〜678)という人物の墓誌銘の文章に彫られた「日本」の文字が現在の日本の国号で
はなく百済の他の表現という根拠が見つかったという。この様な主張をしたのは日本古代史学界
権威である東野治之(とうの はるゆき)大阪市立大教授だ。


墓誌銘の「日本」は祢軍が日本に使節に行った背景を書いた部分に登場する。「660年官軍(唐
軍)が私たちの蕃国(百済)を平定した日…日本の残党が扶桑に立てこもって殺戮を免れ、風谷に
残った輩は盤桃を信じて堅く抵抗した…」という内容だ。

文中の「日本」を既存学界は公式国号と見たが、東野教授は「技巧を凝縮させた墓誌銘の文章と
見れば決して国号とは見られない」と否定した。墓誌銘に記録された当時、百済など中国の周辺
国は国号を使わず、扶桑・風谷・盤桃など自然環境的特徴に基づいた隠喩的名称を使ったが、唯
一、日本だけ公式国号を使ったはずがないという論旨だ。

墓誌銘の「日本」は中国から見る時「日が昇る所」という意味ですなわち百済を示すということだ。
彼は「墓誌銘で実際、倭国(日本)は‘ヘジュァ(海左:海東側)’、‘ヨンドン(瀛東:中国東側)と表記さ
れたと推定される」として「当時、国号が存在したとすれば書いた人は日本という表記を使わなか
っただろう」と主張した。

ハンギョレ新聞(韓国語) 「日本は本来百済の土、称する言葉だった」
http://www.hani.co.kr/arti/culture/culture_general/536435.html

142日本@名無史さん2015/08/19(水) 00:21:00.13
>>141
ぜんぜん反論になってないね
日本って名称が百済の別名だったとしても
そもそも日本府は日本府じゃなくて倭宰だったといってるのが>>139なんだが
なんで>>139へのレスに>>141みたいな糞コピペ貼ってるんだ?

143日本@名無史さん2015/08/20(木) 07:25:36.43
日本人の起源 〜遺伝学電子博物館
http://www.nig.ac.jp/museum/evolution/02_e.html

特に、韓国人と本土日本人の二集団間の遺伝距離はゼロであった。やはりこの分析で
も、韓国人と本土日本人は遺伝的にきわめて近縁な関係にあることが明らかとなった
のである。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_26_02.gif

つぎに、集団間で求めた遺伝距離をもとに集団の系統樹を作成した(図26)。この系
統樹では、アフリカ人が他の人類集団に先がけて分岐し、続いてヨーロッパ人が分か
れ、さらにアメリカ先住民が分岐している。最後に、東アジアの五集団が単一系統
のクラスターを形成して枝分かれしてくる。東アジア人のクラスターでは、アイヌ
が最初に分岐し、続いて中国人が枝分かれしてきたことが読み取れる。続いて琉球人
が枝分かれし、最後に韓国人と日本人が緊密なグループとして分岐してくる。

http://okinawa-rekishi.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2014/05/21/dna.jpg

本土の日本人は縄文人と無関係だった
http://www.kahaku.go.jp/research/department/anthropology/report02/s-IshidaFig1.jpg

144日本@名無史さん2015/08/20(木) 12:32:48.80
「倭王朝は任那(加羅)から渡来してきた王朝である」
http://youtu.be/5jEWDiPlxXU
http://youtu.be/xPvxfGA_ews
『記紀万葉』を書いたのは白村江敗戦による亡命百済人だった!
「音声学」が明らかにする『記紀万葉』の成立と日本建国の事情!
古代史・日本語史の常識が根底から覆る!
http://music.geocities.jp/konatarosu/Hakusonkou/Index.html

145日本@名無史さん2015/09/07(月) 16:42:42.44
任那日本府という伝説を信じた豊臣秀吉は朝鮮征伐に兵を送ったが、結果は惨敗。
鉄砲という武器を手にしても朝鮮を制圧することはできなかった。ロクな船もない、
ロクな金属武器も持てなかった古代日本が朝鮮を領土にしていたなんて妄想に過ぎんわ www
戦前の皇国史観が生みだした幻想にいつまでしがみついているんだよ www

146日本@名無史さん2015/09/07(月) 16:48:13.91

147日本@名無史さん2015/09/07(月) 20:09:22.15
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。
ヨーロッパ、アフリカ、中国よりも先になwwww


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった

148日本@名無史さん2015/09/07(月) 20:10:53.29
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。
ヨーロッパ、アフリカ、中国よりも先になwwww




縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。
http://inoues.net/science/wan.html
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり

149日本@名無史さん2015/09/10(木) 20:13:47.22
名称はともかく、日本が朝鮮半島南部の任那という領域を管轄し、
三韓(後に三国のうち百済、新羅)に睨みをきかせていたのは歴史的事実。
北九州と半島南部は交流があるだけでなく、倭人が住んでいた。
有史以前の最初から最後(白村江の敗戦)まで、倭人と関わりが深いだけでなく、
倭人の関与する度合いが強かった。
任那の大和王朝の出先機関が朝鮮南部に様々な影響を与え、
時には属国扱いしたこともあった。(人質や新たな王を擁立したという記録など)
それが動かしがたい史実。

150日本@名無史さん2015/09/11(金) 12:16:02.27
「日本」は、もともと、百済地方の呼び名だった。

http://img.hani.co.kr/imgdb/resize/2012/0607/00432833701_20120607.JPG
▲昨年7月、中国西岸骨董市場で発見され現地学術誌に公開された百済人「祢軍」の墓誌銘拓本。

今日の日本の国号が本来、百済の土地を称する言葉であり、国号成立に百済人らが関与したと
いう学説が提起された。

7世紀の百済滅亡期、義慈王と唐に投降して官吏になった後、日本に使節として派遣された「祢軍
(禰軍)」(613〜678)という人物の墓誌銘の文章に彫られた「日本」の文字が現在の日本の国号で
はなく百済の他の表現という根拠が見つかったという。この様な主張をしたのは日本古代史学界
権威である東野治之(とうの はるゆき)大阪市立大教授だ。


墓誌銘の「日本」は祢軍が日本に使節に行った背景を書いた部分に登場する。「660年官軍(唐
軍)が私たちの蕃国(百済)を平定した日…日本の残党が扶桑に立てこもって殺戮を免れ、風谷に
残った輩は盤桃を信じて堅く抵抗した…」という内容だ。

文中の「日本」を既存学界は公式国号と見たが、東野教授は「技巧を凝縮させた墓誌銘の文章と
見れば決して国号とは見られない」と否定した。墓誌銘に記録された当時、百済など中国の周辺
国は国号を使わず、扶桑・風谷・盤桃など自然環境的特徴に基づいた隠喩的名称を使ったが、唯
一、日本だけ公式国号を使ったはずがないという論旨だ。

墓誌銘の「日本」は中国から見る時「日が昇る所」という意味ですなわち百済を示すということだ。
彼は「墓誌銘で実際、倭国(日本)は‘ヘジュァ(海左:海東側)’、‘ヨンドン(瀛東:中国東側)と表記さ
れたと推定される」として「当時、国号が存在したとすれば書いた人は日本という表記を使わなか
っただろう」と主張した。

ハンギョレ新聞(韓国語) 「日本は本来百済の土、称する言葉だった」
http://www.hani.co.kr/arti/culture/culture_general/536435.html

151日本@名無史さん2015/09/14(月) 18:12:30.44
>>141
ぜんぜん反論になってないね
日本って名称が百済の別名だったとしても
そもそも日本府は日本府じゃなくて倭宰だったといってるのが>>139なんだが
なんで>>139へのレスに>>141みたいな糞コピペ貼ってるんだ?

152日本@名無史さん2015/09/14(月) 18:56:46.67
百済地方の人が倭国を征服して、故郷の名前を国名にしちゃったんだろうな。
その後の残骸が百済日本府。
我々は、東へ東へと追い出せれてきたんだよ。

153日本@名無史さん2015/09/15(火) 20:14:32.35
>>152
日本書紀をみても朝鮮の三国史記をみても中国の歴代正史をみても
そんなことは微塵も書かれてないが。
その逆ならたくさん出てくるけどねぇ

事実と真反対の妄想しちゃう朝鮮脳かよ

154日本@名無史さん2015/09/15(火) 21:06:01.13
「日本」は、もともと、百済地方の呼び名だった。

http://img.hani.co.kr/imgdb/resize/2012/0607/00432833701_20120607.JPG
▲昨年7月、中国西岸骨董市場で発見され現地学術誌に公開された百済人「祢軍」の墓誌銘拓本。

今日の日本の国号が本来、百済の土地を称する言葉であり、国号成立に百済人らが関与したと
いう学説が提起された。

7世紀の百済滅亡期、義慈王と唐に投降して官吏になった後、日本に使節として派遣された「祢軍
(禰軍)」(613〜678)という人物の墓誌銘の文章に彫られた「日本」の文字が現在の日本の国号で
はなく百済の他の表現という根拠が見つかったという。この様な主張をしたのは日本古代史学界
権威である東野治之(とうの はるゆき)大阪市立大教授だ。


墓誌銘の「日本」は祢軍が日本に使節に行った背景を書いた部分に登場する。「660年官軍(唐
軍)が私たちの蕃国(百済)を平定した日…日本の残党が扶桑に立てこもって殺戮を免れ、風谷に
残った輩は盤桃を信じて堅く抵抗した…」という内容だ。

文中の「日本」を既存学界は公式国号と見たが、東野教授は「技巧を凝縮させた墓誌銘の文章と
見れば決して国号とは見られない」と否定した。墓誌銘に記録された当時、百済など中国の周辺
国は国号を使わず、扶桑・風谷・盤桃など自然環境的特徴に基づいた隠喩的名称を使ったが、唯
一、日本だけ公式国号を使ったはずがないという論旨だ。

墓誌銘の「日本」は中国から見る時「日が昇る所」という意味ですなわち百済を示すということだ。
彼は「墓誌銘で実際、倭国(日本)は‘ヘジュァ(海左:海東側)’、‘ヨンドン(瀛東:中国東側)と表記さ
れたと推定される」として「当時、国号が存在したとすれば書いた人は日本という表記を使わなか
っただろう」と主張した。

ハンギョレ新聞(韓国語) 「日本は本来百済の土、称する言葉だった」
http://www.hani.co.kr/arti/culture/culture_general/536435.html

155日本@名無史さん2015/09/17(木) 00:14:29.79
>>154
そのアホなコピペで、要するに何が言いたいのかわからんのだが
3行でまとめてくれんかの

156日本@名無史さん2015/09/17(木) 03:24:30.48
ヤマト政権が自分たちの国を日本という前に
百済にいた倭人を日本と呼んでいた
ヤマト政権の中心に亡命百済人がいた

157日本@名無史さん2015/09/17(木) 10:24:40.92
日本は朝鮮半島起源

158日本@名無史さん2015/09/17(木) 13:07:03.15
>>156
「日本の残党が扶桑に立てこもって殺戮を免れ、
風谷に残った輩は盤桃を信じて堅く抵抗した」という部分の原文は
「…于時日夲餘噍拠扶桑以逋誅風谷遺甿負盤桃而阻固…」
原文みると訳の方はかなりイイカゲンだなw「負う」がどうして「信じる」になるんだ?

ともかくこれだと単に「百済の別名として」日本って言葉を使ってるだけで
「百済にいた倭人」だけを「日本」といったという解釈はできないね

>>157
単語の起源(語源)ってことなら朝鮮じゃなくて中国だぞ

159日本@名無史さん2015/09/17(木) 17:08:53.44
日本とか扶桑とか、もともとは漠然と東のはてをさす架空の地名だった

この墓誌では百済とか倭国とかの正式な国名を言いたくないから
わざと架空の地名をもってきてボカして書いてるんだよ
事件レポートとかで「埼玉県の鈴木一郎さん31歳(仮名)」とかいう時の仮名。
でもこの文章よめば当時の人は何のことだかわかるようにはなってる。
だから、扶桑とか日本とか風谷とか盤桃とか、
ぜんぶ当時は正式な地名として使われてない言葉ばかり選んでる

従って、百済そのものの別名として日本という名が実際に使われたわけではないし
まして百済在住の倭人集団を日本と呼んでいたということにもならない。
逆に、この頃はまだ倭国は日本に改名していないってこともわかる。

160日本@名無史さん2015/09/17(木) 22:01:38.35
【5月5日 AFP】日本語の方言の多くは約2200年前に朝鮮半島から移住してきた農民たちに由来する
「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」

もう1つの説は、紀元前200年ごろの朝鮮半島からの人の大量流入が日本の先住文化に非常に大きな影響を及ぼしたとするもので、
先住民が大規模な移住を余儀なくされ、彼らの話していた言語もほとんどが置き換えられたと考える。最近の考古学上およびDNAの証拠は、
いずれもこちらの説が有力であることを示している。

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2798334/7175562

161日本@名無史さん2015/09/17(木) 22:35:38.38
>>160
それ発表した長谷川って言語学も歴史学もまったくの素人だぞw

162日本@名無史さん2016/01/11(月) 12:05:40.41
【韓国】日本の古墳時代の遺物が韓国に大集合 [無断転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1452440779/

163日本@名無史さん2016/02/26(金) 21:52:34.87
つまり、一時期なりとも日本(倭国)は実際に「扶桑」ってよばれてたのか

164日本@名無史さん2016/03/07(月) 00:15:31.91
日本書紀の記述には朝鮮半島での軍事行動が盛んな天皇と日本列島内(それどころか畿内?)に引きこもっている天皇がある
応神・仁徳・雄略・継体が前者に当たり、実在性が強く政治的統一力も強い
履中〜安康・清寧〜武烈が後者に当たり、実在が怪しく分裂時代であったと考えられる

朝鮮半島に倭人が定住していたことと大和朝廷の支配が及んでいたこととは切り離して考えるべきだろうし
大和朝廷の任那支配も一度確立したら安定して継続できた訳でもなく、
仁徳の死後に独立したり、雄略により(おそらくは百済の再興を口実に)再征服されたりと、消長を繰り返したのだろう

165日本@名無史さん2016/03/07(月) 02:05:24.37
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。
ヨーロッパ、アフリカ、中国よりも先になwwww




縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。
http://inoues.net/science/wan.html
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり

166日本@名無史さん2016/03/07(月) 02:06:11.82
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。
ヨーロッパ、アフリカ、中国よりも先になwwww


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった

167日本@名無史さん2016/04/06(水) 12:15:15.74
白村江で勝ってれば
今頃は
ソラボル日本府

渤海が残ってれば
とっくの昔に満州帝国実現

168日本@名無史さん2016/04/06(水) 17:40:44.93
マ イ ン ド コ ン ト ロ ー ル の手法

・沢山の人が、偏った意見を一貫して支持する
 偏った意見でも、集団の中でその意見が信じられていれば、自分の考え方は間違っているのか、等と思わせる手法

・不利な質問をさせなくしたり、不利な質問には答えない、スルーする
 誰にも質問や反論をさせないことにより、誰もが皆、疑いなど無いんだと信じ込ませる手法

偏った思想や考え方に染まっていたり、常識が通じない人間は、頭が悪いフリをしているカルト工作員の可能性が高い

靖 国 参 拝、皇 族、国 旗 国 歌、神 社 神 道を嫌う カ ル ト

10人に一人は カ ル ト か 外 国 人

「ガ ス ラ イ テ ィ ン グ」 で 検 索 を !

169日本@名無史さん2016/04/06(水) 22:05:23.01
どっちが征服したとか
いつまでも20世紀的な思考に
とらわれてんじゃねーよ。

最新の元気では国ができる前から
海を隔てて倭人が半島南部に
住んでいた。

倭人は海洋民族だったからだ。

170日本@名無史さん2016/04/06(水) 22:47:39.80
斉州島、三韓の王権、人々は
倭人であった可能性がたかい。

さらに百済王も倭人の流れを汲んでいる
にちがいない。

171日本@名無史さん2016/04/07(木) 01:14:43.10
南の倭が実際の祖先であるにも関わらず北の扶余や古朝鮮の末裔を名乗るだなんて
貝血統の羊血統へのすり替えだ

朝鮮語には少なからぬ数のアイヌ語との同根語(おそらく縄文人からの借用)があるし
三韓の韓族が白頭山や遼河文明とどれだけ関係があるのか疑わしいもんだよ

172列島倭人2016/04/07(木) 11:04:34.62
半島南部の在韓同胞たちに
そろそろ目覚めてもらいたい。

誇りある倭人の子孫たちよ!

173日本@名無史さん2016/04/07(木) 11:18:00.10
何か偏見をもって語っている
勘違いな人がいるから
言っておくが、古代に半島から
日本に渡ってきた人々は
ほとんど優秀な技術者とか知識人
とか王族とかレベルの高い人たち
ばかりだからな。

今の在日問題(まだあるのか?)
とはまったく別だぜ。

ちゃんと勉強しような。

174日本@名無史さん2016/04/07(木) 11:39:18.78
それだ。
かつての日本人は人種や民族に関係なく
優秀な人物を師と仰ぎ迎え入れた。

しかし、最近のネトウヨだとかいう
程度の低い連中は、そんな謙虚な
気持ちのかけらもない。

日本人の伝統精神に反したつまらない
やつらだ。

175日本@名無史さん2016/04/07(木) 14:42:46.58
かつての渡来人は別に反日思想の被害者ビジネスはしてませんが^^;

今のと一緒にしたらダメでしょ

半島南部には
ネオ任那日本府を建国して再教育必要

176日本@名無史さん2016/04/07(木) 19:29:00.58

177日本@名無史さん2016/04/07(木) 19:29:37.14

178日本@名無史さん2016/04/10(日) 11:24:33.14

179日本@名無史さん2016/04/10(日) 11:44:58.35
日本の美人タレントはほとんど朝鮮人

http://thaisbaby.com/wp-content/uploads/2015/07/清楚系韓国女子.jpg
http://thaisbaby.com/wp-content/uploads/2015/07/美人過ぎる韓国人.jpg

やっぱり同族なんじゃないの?

180日本@名無史さん2016/04/10(日) 11:47:06.61
リンク失敗。orz

181日本@名無史さん2016/05/03(火) 11:33:59.06
古代史碩学上田正昭氏が、この春に死去されたようだ。
【京都】悼む:歴史学者・京都大名誉教授 上田正昭さん=3月13日死去・88歳[04/25]©2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1461595900/

182欽明天皇2016/05/29(日) 17:30:25.91
ttp://livedoor.blogimg.jp/buccyake_kojiki/imgs/8/a/8aed843c-s.jpg

新羅は西羌の小醜だ(西にある醜い国)。天に逆らって無道だ。
わが恩義に逆らい、わが官家を破った。わが民を害し、わが群
県を侵した。わが気長足姫尊(新羅征伐を敢行した女傑・神功
皇后)は霊妙、聡明にして、天下を巡り、人びとをいたわり、
養われた。新羅が窮地に立ち助けを請うてきたのを哀れみ、首
を切られかけていた新羅の王を救い、要害の地を授け、新羅に
繁栄をもたらされた。
神功皇后がどうして新羅を軽んじることがあったろうか。われ
らの百姓(ヤマトの民)がなぜ新羅を恨むことがあろう。それ
なのに、新羅は武器をひっさげ、任那を攻め、含霊(人びと)
に残虐をつくした。体をばらばらに切り裂いても満足しなかっ
た。骨をさらし、屍を焼いても、ひどいことをしたとは思わな
かった。任那の人びとを刀とまな板を使い殺し膾にした……
(中略)仇を報いねばなならない。

183日本@名無史さん2016/09/15(木) 07:40:09.10
(朝鮮日報日本語版) 【寄稿】日本書紀にのみ登場する任那日本府、その実像は
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160912-00001830-chosun-kr

(朝鮮日報日本語版) 1000年以上も忘れられていた任那日本府、なぜ復活したのか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160912-00001832-chosun-kr

184日本@名無史さん2016/09/15(木) 22:46:47.38
中国や日本より遅れて正史編纂した朝鮮土人age

185日本@名無史さん2016/09/15(木) 23:30:45.77
◆ペテン師・佐藤洋一郎がなぜダメなのか


経年変化や環境変化で短期間のうちに著しく頻度を変えてしまう遺伝子の調査において、
佐藤洋一郎が調査に使ったイネの調査サンプルは、

日本のイネの調査サンプルが稲作が伝わってから800年以上も経ってしまった鍵・唐古遺跡の炭化米、
朝鮮半島のイネの調査サンプルにおいてはいつの時代のイネを使ったのかさえ全く公表していない。

このように調査サンプルから疑わしい、欠陥ありありの、お遊び程度でやったペテン調査での捏造である。

この場合、BC10Cの稲作開始時の最古水田である菜畑遺跡の炭化米とそれ以前の朝鮮の炭化米で
比較調査しない限り、まともな調査結果など得られるはずがない。

ちなみに佐藤洋一郎はこの件で京大考古学陣に全面否定されている。
日本稲作が長江・江南から伝わったなんて言ってる頭のおかしな考古学者など一人もおりません。

186日本@名無史さん2016/09/16(金) 08:02:29.38
(朝鮮日報日本語版) 【寄稿】住民の往来・移住が活発だった古代韓日関係
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00001527-chosun-kr

韓国の学界は、歴史書や広開土王碑・七支刀など金石文資料に対する新たな解釈を通して、任那日本府説を
克服しようとした。この過程で大きな力を発揮したのが、考古学的研究だ。1970年代以降、高霊・釜山・陜川・咸
安にある王陵の調査が進み、伽耶の政治的・文化的発展水準が、大和政権はもちろんのこと百済や新羅と比
べても遜色ないという事実が明らかになった。大和政権が伽耶を支配したという物質的な証拠は発見されず、逆
に伽耶の甲冑(かっちゅう)や馬具、最高級の堅い土器(陶質土器)が伝えられ、日本の古代文化の発展に大き
く寄与したことも分かった。日本人研究者も任那日本府の虚構性を認めるようになり、南鮮経営論も消滅した。

ところが、問題は別のところから持ち上がった。栄山江流域には「長鼓型墓」と呼ばれる特異な形の墓が10基
ほど分布しているが、90年代以降、これらの発掘調査が進み、構造・葬法・副葬品などの点で日本の前方後
円墳と共通性を有していることが明らかになった。

187日本@名無史さん2016/09/22(木) 22:04:11.96
彌軍はヤマトには来て居ない
落ち延びたがまだ勢力の有る百済王子と遭遇したらぶっ殺されるから劉仁軌は連れて来て居ない
彌軍はもっと勢力の無くなった百済旧領内の百済軍への投稿を呼び掛け兵を畑に戻す任務を負って居た
日本は中国や百済の貴族から見たヤマト人と親ヤマト派百済人とから成る日党(=日本)の蔑称だよ後に日本側は悪乗りして国号にしたがw

>>163 扶桑も国号では無くて田畑も無く蚕糸を取って食い繋いでる田舎を指す蔑称
ちなみに元寇の際にも元や高麗の連中は未だ日本の事を扶桑って呼んでたよ日本国になって500年も経った後なのにw

188日本@名無史さん2016/09/24(土) 02:35:25.95
大阪市大の日本古代史学界権威である東野治之?
朴一のいるところだろ。チョンしかいない大学ではないのか?
日本やシナの記録では朝鮮南部と済州島も日本の植民地だった。
だがもうイランからこっちを永久に見るな!

189日本@名無史さん2016/09/24(土) 13:34:16.40
韓国は捏造史の方がいいんじゃないかどの道不満分子が反対説唱えるだろ

190日本@名無史さん2016/09/27(火) 00:48:43.90
南朝鮮の全体が日本の飛び地の加羅國であったが、
新羅が分裂し、百済が分裂し、加羅の日本領土を侵略して、
最後に残ったのが任那の日本府だろ?お人よしの日本らしい。
霧島の韓国岳の本当の字は加羅国岳ではないのか?
新羅、百済に侵略された加羅の人々が移住してきたのだろう。

191日本@名無史さん2016/09/27(火) 01:26:53.36
いまさら何をわかりきったことを

192日本@名無史さん2016/11/01(火) 08:24:51.88
任那は日本
いや日本が任那
これで消えた(様に見える)理由の説明が付く

193日本@名無史さん2016/11/01(火) 10:56:56.15
月読の月支国(筑紫国)を語らない限り何も分からんよ

194日本@名無史さん2016/11/01(火) 17:27:10.51
>>190
全体ではないよ
帯方郡は含まれないからね

195日本@名無史さん2016/11/01(火) 17:54:34.61
3世紀には狗邪韓国を含む朝鮮半島南岸に投馬国が在った
これが後の任那であり、朝鮮に於ける倭人の居住地域であった。

196日本@名無史さん2016/11/01(火) 18:09:25.68
朝鮮半島南岸のは投馬国の広がりの西端ので中心域ではない

197日本@名無史さん2016/11/01(火) 18:28:16.36
>>194
帯方郡は南朝鮮じゃないだろ

198日本@名無史さん2016/11/01(火) 18:28:59.13
>>195、196
証拠プリーズ

199日本@名無史さん2016/11/01(火) 18:55:00.80
>>197
ソウルあたりだよ

200日本@名無史さん2016/11/01(火) 19:00:30.73
帯方郡は、韓国・中国では沙里院が通説、ソウルは馬韓

201日本@名無史さん2016/11/01(火) 19:12:48.18
>>200
郡都は良いけどさ
何処が境だと言いたいの?

202日本@名無史さん2016/11/01(火) 19:15:44.65
知らんがな

203日本@名無史さん2016/11/01(火) 19:29:27.66
知らんのならば話せないな

204日本@名無史さん2016/11/01(火) 19:49:41.42
世界の誰も知らないお話だからね

205日本@名無史さん2016/11/01(火) 20:52:49.54
帯方郡は帯状のひょろ長い形をしていたとも考えられてるな。

206日本@名無史さん2016/11/01(火) 21:05:28.03
方は無視かい

207日本@名無史さん2016/11/01(火) 21:09:31.24
方は四角だから
帯状のひょろ長い形の四角形かw

208日本@名無史さん2016/11/01(火) 22:22:25.81
実際そんな感じだろ

209日本@名無史さん2016/11/10(木) 13:28:22.71
>>200
中国での通説は漢城付近か南韓広州付近

210日本@名無史さん2016/11/12(土) 21:03:45.41
>>206-207
おまえは本当にバカだな。致命的に才能がない。
日本史板のレベル下げるだけの存在だからもう来なくていいよ

帯方郡ってのは帯方「県」に郡治があるからついた名前であって
帯方「郡」ができるずっと前から存在した名称だぞ
鹿児島に県治があるから「鹿児島県」、青森に県治があるから「青森県」というようなもの。
もともとその全域をその名で呼んでたわけではない。
帯方「郡」がまだなかった時代200年以上もの間、帯方「県」が存在したのに
「帯方郡の郡域が方形じゃないとおかしい」とか白痴の寝言だろw

211日本@名無史さん2016/11/13(日) 00:09:13.86
>>210
まずは帯方県の存在を示す文書の提示だな
それを持って価値が出る

212日本@名無史さん2016/11/13(日) 02:30:19.54
>>211
きちがいはしつこいなぁ。それ以前の思考回路の問題だろうがよw
直接的な証拠があろうがあるまいが
状況証拠として帯方郡の地形と「帯方」という漢字の文字列は関係がない。
あったら論理的におかしい、と言ってるの。

213日本@名無史さん2016/11/13(日) 10:34:13.58
>>212
その意味には興味ない。別人だからね

帯方県なんて出してるから言ってるまでだよ

214日本@名無史さん2016/11/13(日) 17:18:39.05
は?
帯方県の位地がどこだろうと>>210の趣旨には変わりがないんだよ?

あなたが「帯方県なんて無かったかもしれんじゃん」というなら
「あっそ」で終わり。議論する価値もない。

215日本@名無史さん2016/11/13(日) 17:57:30.37
>>214
適当に言っただけなんだね
触れてごめんね

216日本@名無史さん2016/11/13(日) 18:13:21.79
おまいって漢書地理志も安岳3号墳もしらんの?

217日本@名無史さん2016/11/13(日) 18:19:20.92
楽浪郡帯方県の話か?

218日本@名無史さん2016/11/13(日) 22:01:47.48
楽浪郡25県の一つ帯方県が分郡されて帯方郡になったようですね。

219日本@名無史さん2016/11/16(水) 10:31:37.73
百済があった全羅道って韓国の中では圧倒的に親日寄りだよね

220日本@名無史さん2016/11/16(水) 11:24:53.29
そもそも住んでいるのは倭人だからな

221日本@名無史さん2016/11/16(水) 13:08:36.37
韓国内では迫害されてるんだろ

222日本@名無史さん2016/11/17(木) 03:47:06.82
>>220
南部は倭人の子孫が中部は扶余系濊貊族の子孫も多いしな韓族だけの東側と違って

223白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/11/23(水) 01:26:31.27
>>219-222
全羅道は南ツングース容貌が多い本州の中国地方、近畿地方の西日本よりは、九州の倭人的容貌で、
つまり全羅道は、純粋な南ツングースたぁ、庶民的な韓人、倭人が混じった容貌も多いいよ。
朴信惠さんとかも。
https://www.youtube.com/watch?v=VdJHKN9vTwQ
https://www.youtube.com/watch?v=ChTx4-sWU3w
南ツングース容貌は満洲族に代表される。
https://www.youtube.com/watch?v=bhuczw3s9mI&feature=related
西日本や日本の上流階級に多いベルツ氏の云う満洲・朝鮮系(長州型)。

224白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/11/23(水) 01:56:28.22
>>219-222
ベルツ氏は「満州、朝鮮の一部、そして隣り合う日本の西海岸には、きわめて重要な人種的要素が
いくつか認められます。うまい名前がないので、私は満州・朝鮮系と呼んでいます。
彼らはスンガリ河(松花江)流域と満州・朝鮮国境の、そのあたりに最も密度が濃く、また
純粋なかたちで残っているからです。このタイプは、もちろんモンゴロイド系との
共通点が多く、混血も進んでいますが、純粋なモンゴル系以上にヨーロッパ人に似た特徴を
示しています。面長で、頬骨の張り出しが少なく全体的にコーカサス人種に近い体型をしています。
いわゆるトルコ系民族との親近性は明らかです。
朝鮮・満州系は、多分にコーカソイド的なトルコ民族の特徴と、モンゴル系のいくつかの
特徴を合わせ持っていますが、全体としてモンゴル系とは異なり、ひと目見ただけで
その違いに気づくはずです。」と、
「満州・朝鮮型(長州型)」をコーカソイド白人要素に短絡的に結びつけられる。ベルツ氏は
アイヌ人も(特に比較的モンゴル系に近いケルト・スラブの山岳種族に属するオーバー・バイエルン人)
に近いとされるんは、西洋のアルプス人種の広顔、広鼻傾向とアイヌ人の広顔・広鼻傾向と結び
つけておられ、 ベルツ氏は朝鮮南部をモンゴル・マレー系(薩摩型)要素が強いとされる。

225日本@名無史さん2016/11/23(水) 07:21:11.38
韓国人自体、北朝鮮人に比べると顔が丸っこい

226日本@名無史さん2016/11/23(水) 11:47:35.35
韓国人はカンニング竹山みたいな顔が多い

227白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/11/24(木) 00:32:55.44
百済人の顔を復元してみると、女性は典型的な北方系、男性は…
http://japanese.joins.com/article/109/160109.html
{…デジタル先端技術を利用して百済人を代表する男性と女性の顔を復元した。 デジタル復元で
よみがえった百済人は顔が長く、目の間が狭い典型的な北方人の顔をしていた。…
男性の場合、現在、台湾国立故宮博物館が所蔵している王会図(幅238.1センチ、高さ28.1
センチ)に描かれた百済の使臣の姿に基づき、チョ・ヨンジン教授が頭部モデリングをし、先端
レーザースキャナーでこれを3次元スキャンした後、顔の輪郭を復元した。 女性は陵山里53号墳で
発見された6世紀ごろの百済の貴族夫人の破片化した頭蓋骨を集め、全体頭部を復元した。
  復元された百済人はともに顔と鼻が長く、歯が大きく、目の間が狭いという特徴を持っていた。
百済の支配層が北方系内陸人の遺伝形質を持っていたことを表す。 男性の使臣の場合は、
上下に狭く左右に広い一方、前後に飛び出した南方系の額を持ち、北方系と南方系が混ざった
顔をしている。 チョ・ヨンジン博士は「女性の場合の百済上流層の典型的な顔を見せているのに
対し、男性の使臣の場合は混血型の百済人と見られる。 百済の王族・貴族が土着勢力と婚姻を
通じて融和を図っていたことが分かる」と説明した。 }
任那伽耶でも、支配層は北方系、被支配庶民層は縄文倭人容貌。
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1364649626/22

228白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/11/24(木) 00:39:20.87
>>225-226
北朝鮮の方が高顔面長で、南ツングースの影響を受けとるし、韓国の方は韓人、縄文倭人の特徴を
受け継いで丸い顔や薩摩型のように角張った顔も多いい。

229日本@名無史さん2016/11/24(木) 06:21:06.05
日本人って鶏卵みたいな顔しているんだよね
だからコーカソイドに似ていると思ったんだろう
根本りつ子
https://youtu.be/1IIOKmHmoq0
鼻先に向かって顔面が突出する
コーカソイドは地域差に関わらず、ひっこんだ口元、前に出たあご、
突き出た額といった立体的な顔のパーツの有無に関わらず、
この特徴が皆共通している
モンゴロイドは南方系はネグロイドみたいな「く」の字のような顔をしていたり、
北方系は顔面が真っ平だったりと、基本的にそういった特徴はない
ただ日本人は例外的にこの特徴が顕著で、このタイプが、
ベースになっていると思われる
狩野恵里
https://youtu.be/RgyiJ2aFIvw
額やあご、頬が鼻先に向かって綺麗な楕円の弧を描く

230日本@名無史さん2016/11/24(木) 06:21:33.50
この手の色々な顔
中野美奈子
https://youtu.be/q7faChdR9D4
小野寺麻衣
https://youtu.be/x1ydvumz2CI
伊藤弘美
https://youtu.be/iNth62PM38w
ベルツはこの伊藤弘美のような体つきを褒めてるんだろう
https://youtu.be/ju47LMCRltc
この手のタイプは胴長でも手足が長く、すらりとしていて、
優美な印象を与える
このタイプのサッカー選手の原口元気
https://youtu.be/4o1oPSNUeNg
このタイプはひざ下で走るといわれ(ふとももの筋肉をより使って足を動かす)、
インステップキックにあまり力が入らない一般の日本人に比べると、
コーカソイドやネグロイドのようにふともとで走り、
強烈なインステップキックシュートを放つ傾向がある
竹内香苗
https://youtu.be/1wuQ68ocIv4
森保まどか
https://youtu.be/3Wb9bWsNRz0

231日本@名無史さん2016/11/24(木) 22:52:13.61
>>215
>適当にいってた

↑おまえがな

>>216
誰にいってんの、アンカーつけれ

232白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/11/25(金) 00:00:05.44
>>229-230
また、学術根拠無しに、動画貼付けて反知性主義から「こう思う」工作活動も幼稚なのう。
>>227の百済貴族夫人は楕円卵型の北方南ツングース形質じゃし、逆に日本の楕円卵形云うても、
東日本や沖縄のように北方渡来系の影響が西日本より低い地域は角張った顔が多いいじゃなあか。
平べったい顔も北アジアにとりわけ多いわけでも無ぁし、モンゴルや北ツングースの
エヴェンキ族なんかも、目が窪んだ、日本で不細工な容貌表現の「目窪(めくぼ)」も多いいで。
平成の現代じゃ目窪も、濃い顔として人気に成ったけどのう。
鷲鼻自体も日本的特徴じゃ無ぁベルツ氏の云う満洲・朝鮮系の特徴じゃがのう。
わりや、反知性主義ゆえ、学術無視過ぎる無恥を自らに都合のええ画像と動画だけで、
>>227でわしが引用指摘したような学術的容貌根拠提示出来ん低脳ですと告白しよるもん
じゃなあか(笑)。

233日本@名無史さん2016/11/25(金) 00:28:13.96
でむぱでむぱ。

薩摩がマレーやら南方から渡来した事を証明する証拠遺跡もその証拠石器・土器も
一切無い。

縄文晩期に沿海州南岸から島根に渡来したシニ・ガイ文化の刻目突帯文土器人が
弥生人として渡来して、それが全国に広がって今日に至るだけ。

234白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/11/26(土) 01:50:27.37
>>233
 電波トンデモは毎度われん方で。
沖縄すら九州からの渡来系、縄文系含めて南下系が多く、沖縄の中国南部系の移民子孫数たぁ
上回ろうこたぁ指摘しとるし、マレーから直接薩摩渡来なんか不可能よ。
じゃが、日本や朝鮮の先住民の縄文形質が南方諸民族と、同様に低顔の南方形質なんは
否定出来ん事実じゃけえ、形質上古モンゴロイド云う表現使うんよ。
縄文晩期に島根への移住なんか無ぁし、弥生後期に先兵的に少数移民に古墳期に大量移民が
出雲の渡来系の事実で、広島県も高句麗系方墳プランの四隅突出墳の出雲経由から高顔の
渡来形質人骨が出るわけじゃし、弥生期は渡来形質系地域の広島でも縄文系人骨の方が
圧倒的に多いいけんのう。古墳期に成って日本の人種が入れ替わった時代背景も、北方民族の
ゲルマン、エフタル、匈奴、鮮卑、扶余、高句麗の南下期の4,5世紀の民族移動期じゃし。

235日本@名無史さん2016/11/26(土) 02:31:39.23
>>234
あんた地頭が悪いから考古には全く向いてないよ。

余計な無駄知識ばかりゴチャゴチャあるが、基本が全く出来てないし。

そもそも世界標準の考古学おいて、渡来人などの移動集団の故郷の
特定に使われる材料は「生産していた石器と土器だけ」である。

墓のスタイルだとか、信仰だとか、風習風俗だとか、文物でも貨幣だとか、
車輪だとか、傘だとか、そういうものは交流を通じて幾らでも導入なり
搬入なりができてしまうから渡来人の材料には使わんの。

今日は頭良くなったな。

あんた馬鹿だからもう一回言ったるわ。

考古学において、渡来人などの移動集団の故郷の特定に使われる材料は
「生産していた石器と土器だけ」である。

これが世界標準である。

236日本@名無史さん2016/11/26(土) 14:29:17.35
オンドルや短弓も伝わってない

237日本@名無史さん2016/11/26(土) 18:19:46.65
なぜかスキタイの神話は伝わっている

238日本@名無史さん2016/11/27(日) 00:13:48.71
例えば弥生人な。

日本最古の北方モンゴロイド形質を帯びた渡来人骨は弥生早期の新町遺跡から
出土した混血人骨である。

しかし彼らはサッパリ朝鮮土器を作らない。

支石墓という朝鮮の墓に埋葬されているのにだ。

日本最古の稲作遺構である菜畑遺跡。

農具や大陸系磨製石器など、全て朝鮮南部から導入した文物だ。

ところがこの人たち、やはり朝鮮土器をサッパリ作ってくれない。

朝鮮無文土器の壺が一点出土しただけ。

おまけに朝鮮土器から壺と高坏という器種だけパクって自分たちの土器に
付け加える始末。

新町遺跡の北方モンゴロイド形質を帯びた弥生人骨の人々も菜畑遺跡の人々も
作っていたのは首尾一貫して刻目突帯文土器という土器。

朝鮮土器でも中国土器でもない。

239日本@名無史さん2016/11/27(日) 00:46:13.10
で、その刻目突帯文土器という土器。

最初に登場した場所は九州北部ではない。

日本最古の刻目突帯文土器は出雲にほど近い島根から出土した前池式である。

島根から北方モンゴロイド形質を帯びた渡来人骨とともに九州北部まで
広がってきたという訳だ。

この刻目突帯文土器という土器、日本が最古という訳ではない。

BC15Cの韓国の遺跡からも出土しているところからもルーツは日本ではない事が分かる。

しかし朝鮮半島の刻目突帯文土器は全部合わせても数点しか出土していないため、
朝鮮半島の土器文化でもない事が分かる。

朝鮮半島以外で刻目突帯文土器が出土している場所がもう一つある。

沿海州南西部である。

シニ・ガイ文化という時代の沿海州南西部にあった土器文化こそ、
この刻目突帯文土器であった。

240白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/11/27(日) 01:17:59.92
>>235
石器と土器じゃの妄言繰り返すのう。特に土器なんか流通か地元産じゃし、民族移動に
関連せんよ。
>>236
オンドルなら、飛鳥どころか長野県でものう。
http://naganomaibun.or.jp/archives/5896
【沢田鍋土遺跡:オンドル状施設】
中央手前のカマド下には、土器で覆ったトンネル状の溝が作られ、暖気が床面を横断する溝を
とおって壁際の溝に流れたと推定されます。
 短弓も正倉院狩猟図に描かれとるのう。
http://3.bp.blogspot.com/_71OM9lkGuVg/TOORhKK4X2I/AAAAAAAAY4s/Q7WjbikSrfs/s1600/Z11-731.jpg
奥州蝦夷も短弓使うとる。
http://livedoor.blogimg.jp/gogo_amy/imgs/7/e/7e7d8890.jpg
>>238
新町遺跡の人骨が古モンゴロイドに属するんは他スレでも云うたろうが。
http://blog.goo.ne.jp/garfsn1958/e/c4f09da4a23d69a3d6f33c01413df16f/?st=1
「大陸や半島と同様な埋葬方法であることから、被葬者も、恐らく渡来系(弥生系)の形質を
持っているだろうと予想されていました。ところが、この熟年男性と推定された9号墓出土人骨は、
予想に反して頭は前後に長く(長頭)・顔面部は低顔性・低眼窩・鼻根部の陥凹という、
在来系(縄文系)の形質を持っていたのです。」
福岡県糸島半島の新町遺跡で、朝鮮系の支石墓の中に、縄文人系の 人骨が葬られていた云うんも
韓式支石墓は韓国西南部の縄文形質地域じゃし、半島土着の韓族も縄文形質が多かったわけじゃし。

241日本@名無史さん2016/11/27(日) 02:08:56.04
>>240
だからあんたの独り善がりな考古学なんて要らないんだっての。

俺は世界標準の考古学における移動集団の故郷を特定する際に使われる材料で
世界標準の考古学でちゃんと話を進めてるんだ。

有害でむぱのあんたとは大違いだよ。

日本最古の北方モンゴロイド形質を帯びた渡来人骨は弥生早期の新町遺跡から
出土した混血人骨です。

ちゃんと調べたらどうですか?

何もかもでむぱで構成された考古学をやる頭のレヴェルに無い方。

242白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/11/27(日) 02:10:12.22
>>237
日本神話と比較神話◎吉田敦彦
http://ameblo.jp/vipassanar/entry-12165407473.html
おそらく四世紀から六世紀にかけての古墳時代、さらにそれに続く七世紀、
そういう時期の間に日本の神話はつくられたわけです。
この時期に日本が最も密接な関係を持っていた地域はどこかと申しますと、韓半島です。当時は
三国時代と申しまして、高句麗と百済と新羅という三つの国があった。そして、この時期の
…慶州で、昔の新羅の王様の都です。その慶州の博物館に行きますと、新羅の王様のお墓から出た
出土品がいっぱい展示してあります。これを見れば一目瞭然で、後で鶴岡先生のお話にスキュタイ
の美術のことが出てくると思いますが、まさにスキュタイ的な品物がお墓からたくさん出て
おりまして、この時代の韓半島は南の端までスキュタイ人の文化の非常に強い影響を受けていたと
いうことが明瞭なわけです。
その時期には韓半島から大勢の人たちが日本に渡来してまいりました。…

243日本@名無史さん2016/11/27(日) 02:18:06.90
>>240
そんな間違った個人の間違ったブログなんか出してどうすんだよカス。

ちゃんとした考古学者のドキュメントをあたりなさいよロートル。

244日本@名無史さん2016/11/27(日) 08:37:07.66
なるほど、自分がロートルであるという不安があるわけか

245日本@名無史さん2016/11/27(日) 09:18:00.08
>>240
北陸は新羅や伽耶と繋がっている
ヒスイの交易路が新羅〜伽耶〜山陰〜北陸とあり、
これらの交易路を頼って朝鮮の東南部から日本の山陰〜北陸に渡来した集団が
持ち込んだのだろう
短弓もこのルートで東日本にもたらされたのではないかと思う
ただオンドルも短弓も日本では一般的ではなかったし、
定着しなかった
これは日本人の基層になっている集団が、オンドルや短弓が朝鮮に普及する以前に、
朝鮮から日本にやって来たことを示唆するのではないかと思う
イメージとしては騎馬民族化した高句麗を嫌って、朝鮮から南下した純度の高いツングース、
ワイがそれにあたるのではないかと思う
あるいはワイ以前のワイみたいな集団がいたのではないかと思う
ワイとワ、ウェイとウェの名前の類似がそれを示唆している

246日本@名無史さん2016/11/27(日) 09:19:25.44
>>242
ただ新羅のほうでは卵神話になっている
東アジアではなぜか狼のモンゴル高原―卵の満州をすっとばして、
日本にギリシア―西アジアのギリシア神話が入って來る
これが不思議でしょうがない
なぜ日本にどストレートに入って來るのか

247日本@名無史さん2016/11/27(日) 09:22:58.22
縄文時代にウラジオストクと黒曜石貿易をしてるんだから
その時期に人もやって来てるだろう

248日本@名無史さん2016/11/27(日) 09:41:18.26
>>245
で、朝鮮東南部から山陰北陸に渡来した事を証明する証拠遺跡と
その証拠石器・土器は?

249日本@名無史さん2016/11/27(日) 10:05:27.78
新羅とか任那とかそんな新しい時代に来たんじゃないよ。

http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn1/001honnronn_11_1nihonnkai_bunnkakenn.html

ここに書いてあるけど、これ以上の朝鮮の遺跡を書いてるのが見つからない。
加藤晋一の本にはあったかな。

250日本@名無史さん2016/11/27(日) 10:09:33.80
>>247
交流、交易と人の定着は別だよ。

確かに沿海州とは縄文早期から黒曜石交易があった。

しかし沿海州から人の定着を裏付ける証拠遺跡や証拠土器は
縄文晩期まで見られない。

島根に現れた前池式刻目突帯文土器である。

のちにその土器の担い手は九州北部に入り、弥生人と呼ばれる事になる。

251日本@名無史さん2016/11/27(日) 10:24:59.65
朝鮮最古の土器文化である隆起線文土器なら日本から伝わったものだというのが
今の定説のはずだが。

むしろ朝鮮人の方が縄文人の末裔という事になる。

もちろん縄文人の祖先の旧石器人は半島から来た集団だけど。

252日本@名無史さん2016/11/27(日) 11:13:33.67
北陸にはこういう人がいるんだよね
https://youtu.be/XS2hP6khGAc?t=2m1s
北陸から東北にかけては妙に顔が大きな人が多い
大陸人っぽいんだよね
まぁ、この辺が複雑なのだけど、いにしえの朝鮮人と現代朝鮮人はあまり変わっていないのか、
それとも、いにしえの朝鮮人は現代朝鮮人とはいくぶん違っていて、
より日本人に近かったのか、だとすれば、こういう妙に顔の大きな人たちは、
民族異動期というよりも朝鮮人が形質変化した後の時代になって、
歴史的に今でも脱北者が北陸に漂着するように遭難して北陸に漂着したり、
何らかの繋がりがあって定期的にやって来ては住み着いたということになる
もし現代朝鮮人といにしえの朝鮮人があまり変わっていないのであれば、
いにしえから朝鮮人と日本人はいくぶん違っていて、朝鮮人は日本人に比べると顔が大きく、
顔面が平坦で頬骨が張っていたということになる
だとすると、古墳期の大量渡来はちょっと考えづらい
そして北陸人―東北人の西日本人とは少し違ったあの大きな顔、
少し横幅の広い顔などといった特徴は古墳時代に形づくられ、
1500年前くらいからああいう顔をしていたということになる

253日本@名無史さん2016/11/27(日) 11:18:49.81

254日本@名無史さん2016/11/27(日) 11:19:58.06

255日本@名無史さん2016/11/27(日) 11:21:55.33
こういうじゃらじゃら着飾りるところはどこかカム人を想わせる
まぁ、じゃらじゃら着飾るのはモンゴル人もだけど

256日本@名無史さん2016/11/27(日) 11:58:52.89

257日本@名無史さん2016/11/27(日) 12:18:55.33

258日本@名無史さん2016/11/27(日) 12:54:25.05
新羅は日本から分かれた国だからね

259日本@名無史さん2016/11/27(日) 13:02:22.98
倭から?

260日本@名無史さん2016/11/27(日) 14:08:05.72

261日本@名無史さん2016/11/27(日) 19:02:42.30
要するに北方モンゴロイド形質を帯びた顔が北陸に多いのは
何でかという事だろ?

単に弥生人の後裔だから。

沿海州から渡来した弥生人たちは島根から九州北部に至る場所から
ずっと離れなかった訳じゃないよ。

弥生中期にもなると舟に乗って北海道南部から沖縄まで交易していた事が
出土人骨から分かっている。

沖縄の南洋貝の腕輪などのアクセサリーを北海道南部に持って行って
昆布などの海産物と交換し、それを沖縄まで持って行って南洋貝と交換
というような交易活動を日本各地で営んでいた。

そのときに彼らの遺伝子が日本各地に落とされていったのである。

262日本@名無史さん2016/11/27(日) 22:26:41.51
北方モンゴロイド形質なら日本人全体がそうだよ
もっと細かく絞らないと意味が無い

263日本@名無史さん2016/11/27(日) 22:39:45.75
言い忘れたが、弥生人たちが北海道南部までの航路に使っていたのは
日本海ルート。

北陸や日本海側の東北に彼らの遺伝子が落とされる訳だ。

264白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/11/28(月) 01:25:11.49
>>243
 どこが、どう間違うとんかいのう? 弓矢なんか遺跡出土品に残らん文物じゃし、
考古学は残らん文物を無視する学問でも無ぁし。
>>245
新羅駐屯軍にも成った高句麗系出雲集団(大国主)による、縄文以来の翡翠の勾玉利権奪取が
出雲神話に反映されたと云えよう。
糸魚川等の越地方は出雲勢力(高句麗系)が平定したけんのう。
 http://www.genbu.net/data/ecyu/takase_title.htm
高瀬神社の由来に、「大己貴命(大国主命)が北陸を平定を終え、出雲へ戻る時に、自らの御魂を
国魂神として鎮め置いたのがはじめ。」
「また、一説には、祭神は高麗(高句麗)より渡って来た神であり、」 と、出雲も高句麗と
同類で同じようなもんじゃ。
勾玉は越から出雲へ、出雲から新羅へじゃろう。出雲が越を平定し、
新羅はさぞ、ただ同然で勾玉を手に入れ喜んだことじゃろう。
松本清張氏が倭と穢(ワイ)は、weiで、三上次男氏は倭は穢と同様の北東アジアの水辺民とされる。
 オンドルや短弓系が列島の土地柄に馴染んで、土着化したことと、オンドル退化も平安期の
世界的温暖化現象で現地風に成るよ。ヨーロッパ系移民が新大陸の温暖な地域に移民すると、
建築様式もクレオール移民式建築の窓を広げた熱気対策住居に成るようにのう。
高句麗も穢も含め源流の満洲河川の漁撈文化基盤に西方の騎馬民族文化が乗った複合型になった
ことで、征服国取り性格や遊牧系軍事組織も受け入れ自らの手に入れたんよ。
>>246
満洲、朝鮮も中国の遊牧民系の秦も卵生神話じゃし、包まれて誕生概念で大林太良氏が指摘する
ウイグルの五人ま子供が天幕に包まれて天孫降臨したり、日本の記紀の真床覆衾も同類の概念
と云えよう。
>>247
 そがぁな、縄文教カルトのトンデモ飛躍じゃの学術板に向かんよ。

265白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/11/28(月) 01:47:11.57
>>248
 朝鮮東北部なら高句麗方墳プランの出雲や広島県、北陸の四隅突出墳の分布で分るけぇのう。
われが云うポリツェ文化も沿海州たるアムール、東満洲、朝鮮東北部の半農半牧に漁撈と狩猟を
行った北方の南ツングース生業の本質に過ぎん。
 V・メドヴェジェフ氏によると「靺鞨の住居ではオンドルは無かった。これに対し、女真では
ほとんどの場合あった。靺鞨の墓では二次葬が80%を占めるが、女真では15%しかない。女真も
靺鞨も農耕と牧畜がともに行われ たが、女真では漁撈の痕跡が多く、靺鞨ではまったく見られない。
靺鞨はチュルク(トルコ系)の影響が強く、女真文化は現地の先行文化であるポリツェ文化を
受け継いでいる。」と。 女真は、靺鞨よりも、満州現地民文化やアムールに至るポリツェ文化の
伝統が強い。 つまり、高句麗、沃沮、穢、邑婁も女真に繋がる文化的要素が強いことじゃ。
>>249
 縄文期のケツ状耳飾りが勾玉の原型で、満洲、内モンゴルの先紅山文化系じゃし、
日本は大量満洲北方移民の古墳期の原型は縄文期の満洲系文化の影響基盤があったし。
朝鮮は考古学調査が進んどらんけぇのう。今後の発掘に魅力的地域で学説を覆す遺跡が、
今後も出てくるんじゃなぁか。

266白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/11/28(月) 01:53:44.63
>>261
弥生期は日本も朝鮮南部も北方モンゴロイドなんか、人骨からも少数派で縄文形質が多かったんで。
わりゃあ、思い込みで直接交易に飛躍してもつまらんわ。近隣の転売で繋がっとるだけじゃに。

267日本@名無史さん2016/11/28(月) 01:59:46.52
>>264
だから間違ってるから違ってると言ってやってるんだよ。

新町遺跡の出土人骨は縄文人骨だけじゃないぞ。

北方モンゴロイド形質を帯びた混血人骨が何体か出土している。

それをあんたみたいな馬鹿が縄文人骨ばーっかり唱え殺して、
まるで縄文人骨しか出土してなような話に改竄してしまった。

ウソだと思うなら、新町遺跡の出土人骨を個人ブログじゃなくて、
ちゃんとした考古学者のドキュメントで調べてみな。

北方モンゴロイド形質を帯びた混血人骨が何体か出土してるから。

268日本@名無史さん2016/11/28(月) 02:14:41.19
>>265
はい、考古学の基本が全然なってないね。

墓のスタイルなんか渡来人の材料には全く使えない。

それに俺が提唱してるのはポリツェじゃなくて、その1000年くらい前に
栄えたシニ・ガイだ。

間違えるなカス。

ポリツェとシニ・ガイでは土器文化がサッパリ違う。

ポリツェには刻目突帯文土器はもうない。

269日本@名無史さん2016/11/28(月) 02:29:00.43
>>266
縄文後期の北海道南部の遺跡から山口・九州北部型弥生人骨がゴボウラの
腕輪とともに出土した事も知らんカスが。

ゴボウラという貝は沖縄辺りでしか採れない南洋貝。

渡来人形質の弥生人たちは弥生中期頃から沖縄から北海道南部までを
股に掛けて交易していたんだよ。

日本海を越えてきた人々なんだから、どうって事も無い話だがな。

270日本@名無史さん2016/11/28(月) 02:29:40.07
×縄文後期
○弥生後期

271日本@名無史さん2016/11/28(月) 04:26:34.39
>>239
突帯文土器の起源って江南だよ
江南じゃ主流に成ら無かったけど

272日本@名無史さん2016/11/28(月) 15:48:45.17
>>271
江南とは中国広東省の江南?
それとも韓国ソウルの江南?

273白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/11/28(月) 23:53:42.26
>>267
 新町遺跡も含め弥生九州西部の韓式支石墓の人骨は縄文形質じゃし、新町遺跡混血云うて
誰の説なんか?
>>268
 シニ・ガイたぁ何なら? 弥生と似とるポリツェ文化の前云うたら、ウリル文化、
ヤンコフスキー文化じゃが。
>>269
 縄文晩期、弥生後期に北海道でや? そがぁな作り話のホラッチョ云うてもつまらんで。

274日本@名無史さん2016/11/29(火) 01:04:10.88
>>271
ブタ広鼻の鼻の穴から鼻水が垂れてますよ。

afb1b3たっぷりの。


>>271
その証拠文献も前に貼ってやっただろ。

いかに人の話を聞いていないか、あんたが考古学をやるレヴェルの
人間じゃない事がよく分かるよ。

北海道南部の弥生後期の遺跡からゴボウラ腕輪を伴った山口・九州北部型弥生人の
人骨が出土した話も知らないなんてモグリだよ。

考古学をやめなさい。

275日本@名無史さん2016/11/29(火) 01:05:28.86
↑下の271は273

276日本@名無史さん2016/11/29(火) 01:10:44.62
新町遺跡の出土人骨は北方モンゴロイド形質を帯びた混血人骨が出土している
というのが真実であって、縄文人骨しか出土してないというのは詐欺ですんでね。

277白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/01(木) 01:04:08.57
>>274-276
わりゃ、待てども根拠提示はせずっと、根拠の無ぁ妄言を繰り返し連呼しよるだけじゃけぇ
つまらんわ。

278日本@名無史さん2016/12/01(木) 02:01:56.60
>>277
前に貼ってるぞ。

この半年内の事だ。

知りたきゃテメエで探せよ。

279日本@名無史さん2016/12/01(木) 02:58:56.38
知りたきゃ、


新町遺跡は既に混血人骨 2ch


でググレカス

280日本@名無史さん2016/12/01(木) 09:55:31.15
日本国の領土だった事は無い
倭領だった事は有る
日本府が有った頃には
  @日本集団は居たが日本国は未だ無かった
  A倭軍は正規の百済領に百済王の倭への依頼により駐留し百済王の王権の下に行政を預かる形になって居たから日本領では無かった
日本府は今で云うと龍山基地とかハンフリーズ基地とかの類の代物

281日本@名無史さん2016/12/01(木) 12:15:09.43
戦利品としての割譲領土だろうから、支配層だけ倭人っていうヤツな。

4C末頃〜562年だから実質180年間くらいの支配だったのではないか。

282日本@名無史さん2016/12/01(木) 13:42:57.49
>>260
この手の顔に稲田朋美がいるなぁと思ったら、
稲田朋美も福井の人だった

283白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/02(金) 00:02:15.77
>>278-279
 言い訳してもつまらん。今でも根拠提示すりゃあええだけん事すら出来んのかいのう。
>>280-281
 考古学的にも北方から南下した北方木槨墓人が伽耶、倭を支配したんは明かじゃし、
その頃は日本列島に国家すら、軍事遺跡すら無ぁけんのう。
http://members3.jcom.home.ne.jp/kofun2-hp/kankknkime2.htm
「E4世紀以後、金官伽耶時代の木槨墓から中国系とは異なる北方農耕遊牧民文化の副葬品が
出土する。騎馬用甲冑・馬具・各種鉄製品・蒙古鉢形冑・桂甲・轡・木芯鉄張り輪鐙が出土。
初めて殉葬が確認される。北方系の墓制が前時代の墓をつぶして築造したので大成洞遺跡では、
重なった墳墓があった。」
と、伽耶牧畜民系の北方木槨墓人は、前権力者の墓を潰し、かなり乱暴な支配したが、
その時代が高句麗広開土王時代の倭で、考古学的な軍事力と一致するし、日本ローカル鎖国史観
の任那日本府説のトンデモは否定された状況となったんじゃに、ネット右翼らは、
まだ妄言連呼しよるようじゃのう(笑)。

284日本@名無史さん2016/12/02(金) 00:15:48.28
>>283
言い訳はそっちだろうがカス。

もう一度、そのドキュメントが見たきゃ自分で調べろ。

その手順は279に書いた。

とにかく新町遺跡は既に混血人骨で、縄文人骨しか出土してないというのは詐欺。

詐欺の流布はやめろよ。

285日本@名無史さん2016/12/02(金) 00:27:37.76
>>284
まずあんたは考古学の基本が出来ていない。

世界標準の考古学では渡来人などの移動集団の故郷の特定に使われる材料は、
その集団が生産していた石器と土器だけ。

他の文物や墓のスタイルとか入れ墨などの風習風俗なんかは交流交易を通じて幾らでも
導入なり搬入なりが出来てしまうので使えんの。

生産していた石器や土器の補足材料で使うだけで、それ単独では材料には使わんし、使えんの。

286日本@名無史さん2016/12/02(金) 00:29:02.15
285は283へ

287日本@名無史さん2016/12/02(金) 09:27:40.83
>>281 那國だから元々南方系稲作倭人國だよw
寧ろクダラが大陸方面から来た余所者に政権を乗っ取られて隋唐に朝貢し始めたので
大陸側に向かっては百済(Baidi)を名乗る様になり
南側の倭人諸国に向けては滅亡するまでずっとクダラを名乗り続けて盟邦関係を保つ政策を執って居た
と見る方が諸事件を鑑みるに正解に近いよ

288日本@名無史さん2016/12/02(金) 09:53:28.39
>>283 えー全然おかしくないよ

  @辺り一面何処も小国スケールの時代の南方系稲作倭人国家

  A漢の半島進出に伴う諸倭國地域(合間に諸韓国も点在)の戦時化や統廃合やの進展により北九州倭の支配下に入る

  B漢の後の高句麗南進により西は百済東は弁韓からの圧力を受ける様になる

  C北九州の某倭の内乱により支配が弱まると百済馬韓辰韓が高句麗と正面戦闘している間隙を突いて弁韓が東から奪取

  D結局弁韓も高句麗に滅ぼされるがこの頃から高句麗の勢力が衰退し始め高句麗の後詰に新羅が半島南岸に進入する時期に百済が西から奪取

  ➅百済が衰亡期に入ると新羅からの圧力を退ける為に平時からのヤマト軍の半島への駐留が必要になり当時の事なので兵糧の現地調達の為等に因り百済が百済王権の下でヤマト軍に任那地域の行政権を付与
   (日本國は未だ無かったので件の行政府は当然に「日本府」なんて名称では在り様も無かったがこれが20世紀に通称された日本府)

  F高句麗が唐に決定的に半島での覇権を奪われるとそれまで高句麗側に付いて居た新羅は唐に寝返って百済を挟撃したので百済は滅亡する事に為りその最晩期頃に駐留ヤマト軍も百済支援を諦めて任那から撤退
    ベトナム戦争末期のサイゴンからの米軍撤退の如き様に為り多数の百済人がヤマトへ亡命した

だから何処にも矛盾は無いよ

289日本@名無史さん2016/12/02(金) 10:50:32.54
>>288 ちょっと思い出し違い

×D結局弁韓も高句麗に滅ぼされるがこの頃から高句麗の勢力が衰退し始め高句麗の後詰に新羅が半島南岸に進入する時期に百済が西から奪取

○D高句麗は辰韓まで討ち滅ぼし弁韓をも攻め立てたがこの頃から高句麗の勢力が衰退し始め高句麗の後詰に新羅が半島南岸に進入して弁韓を滅ぼしたのであるがこの際に百済が西から任那四邦を弁韓より奪取

290日本@名無史さん2016/12/02(金) 10:54:54.66
>>288 ちょっと何が何でも直して置きたい

○@辺り一面何処も小国スケールの時代の南方系稲作倭人国家

◎@辺り一面何処も小国スケールの時代の南方系稲作倭人国家群

291日本@名無史さん2016/12/02(金) 11:23:43.65

292日本@名無史さん2016/12/02(金) 12:55:12.91
>>287ー290
さり気に詐欺を働いてるじゃないか台湾ウンコ色ブタ広鼻ブタ顔ブタ原人。


で、南方系が渡来した事を証明する証拠遺跡とその証拠土器・石器は?


.

293日本@名無史さん2016/12/02(金) 19:53:49.39
遺跡も土器石器も大日本帝国の朝鮮学者と大韓民国の国粋学者が好きな様に弄り回してて不都合な代物は湮滅しているから絶対的な物証には最早為らない
>>292は自分で堀ったの何か持ってる?

294日本@名無史さん2016/12/02(金) 20:01:12.74
高句麗が朝鮮半島の南端に達したのは5世紀の話だからねー土器石器の話じゃ証拠にならないし

295日本@名無史さん2016/12/02(金) 20:02:32.39
あれ>>294は6世紀に入ってたかも

296日本@名無史さん2016/12/02(金) 20:09:43.69
>>293
誤魔化すなサギサギ華南ブタゴリラ台湾ブタ広鼻。


で、南方系が渡来したという狂言を証明する証拠遺跡と証拠文物、
とりわけ証拠土器・石器と、そんな詐欺を働いているサギサギ考古学者の
氏名と所属団体は?


.

297日本@名無史さん2016/12/02(金) 20:21:33.24
そもそもさー軒並み倭国だったクダラやカヤやが百済やら弁韓になったのも
韓人が朱蒙みたいに倭人やら漢人やらを征服して国を打ち立てたんじゃ無くて
倭人小邦が時勢に圧されて合間に点在していた韓人小邦(難民集落もっとはっきり言うと落人部落)を内包する形で統合してどうにか仲良く倭人國クダラだのカヤだのに為ってたのが
高句麗からの圧力が厳しく為ったんで隋唐に朝貢して保護を求める様になり冊に封じられる際に便宜的に韓國に為っただけなんだよね

新羅は7世紀になるまで高句麗陣営に付いて居たから倭人國のままで何とか韓になっていなかったんだよ
新羅は高句麗が唐に朝鮮半島から追い出され始めた頃に唐にジャンピング土下座して冊を受けて寝返ったんだが
その際に冷遇していた滅亡辰韓の王族か外交官かの子孫か何か知らんを急に好いおべべ着せて引っ張り出して来て併合以来厚く新羅王の重臣に遇せられて来たかの如く振る舞わせ辰韓を僭称して唐の信用を勝ち取ろうとした
オリジナルの辰韓はずっと以前に高句麗に討ち滅ぼされてるよ

298日本@名無史さん2016/12/02(金) 20:31:33.02
>>297補足 そうそう新羅は唐が西方の騒擾に応じる為に朝鮮半島から引くと冊封名で在る辰韓を捨てて新羅に戻ってるだろ?
つまりはそう言う事なんだよ弥生時代とかとっくに終わった後の話なの

299日本@名無史さん2016/12/02(金) 23:36:22.09
あーまだ思い出し違い有った
倭が(一旦失ってしまう)任那四邦の支配権を得た頃にはもうヤマト政権できてたな

300白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/03(土) 00:27:35.51
>>287-288
倭たぁ三上次男氏が云われるよう、北東アジアの水辺民の総称じゃし、魏志倭人伝ですら、
倭人を稲作民族じゃと書いとらんよ。しかも弥生の農耕は江南みたぁな稲作一辺倒じゃ無ぁし、
北方の麦作民要素が強い。
歴史上、北方から南方への征服支配は普遍じゃが、南方から北方への征服支配は遊牧民の
アラブ人以外例が無ぁわ。しかも列島の倭に軍事遺跡なんか弥生期や古墳前期にゃ
無あわ。日本列島が伽耶支配層に征服されたんよ。>>283の伽耶北方木槨墓人の軍事的性格から
明かじゃし、倭の五王も伽耶北方木槨墓人じゃし、年代からも矛盾が無ぁけんのう。
>>293
> 大日本帝国の朝鮮学者と大韓民国の国粋学者が好きな様に弄り回してて不都合な代物は
湮滅しているから」云うて、実名も根拠も提示せにゃあ。わりゃ、首相の安倍ちゃんや
カルトネット右翼みたぁに大嘘こき云うことんなるで。
>>294
おどりやあ! >>283をわざとらしゅう無視しよって、こん糞外道らだきゃ、トンデモの
カルト歴史修正主義捏造歴史拡散しょってもつまらんど。

301白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/03(土) 00:42:50.58
>>297-299
 まだ、トンデモ云いよんか。高句麗、百済、新羅、任那伽耶、日本列島も北方勢力による
征服によって出来た国じゃし、農耕民は軍事組織力に欠けとるし、北方民族の支配無しに、
国家形成は無理じゃ。
新羅は高句麗駐屯軍の北方積石木槨墓人が辰韓や倭を征服して出来たし、辰韓へ駐屯した連中は
高句麗へ帰っとらんわ。
ヤマト国なんか、奈良期の記紀編纂概念じゃけぇ、飛鳥朝くらいしか遡れんけぇのう。
三国史記が百済や新羅を馬韓や辰韓の時代に捏造編纂するんと日本も一緒じゃわい。

302日本@名無史さん2016/12/03(土) 00:53:30.98
>>297
むしろ高句麗が倭サイドで新羅は非倭サイドのような気がするけど・・・
高句麗語が倭語であれ、高句麗に残った地名が倭語であれ
高句麗では倭人(非大和朝廷)の力が大きかったんじゃないかな

303日本@名無史さん2016/12/03(土) 01:03:26.37
だから世界標準の考古学では移動集団の故郷の特定に使われる材料はその集団が
生産していた石器と土器だけ。

他の文物や風習風俗なんかは交流交易を通じて幾らでも導入なり搬入なりが
出来てしまうから使わんの。

墓のスタイルだとか、馬具だとか、貨幣だとか、そんなもんは交流交易を通じて
幾らでも導入なり搬入なりが出来てしまうので使えんの。

304日本@名無史さん2016/12/03(土) 01:08:32.45
>>302
新羅は本来、倭サイドだけど親中派がだんだん権力をつかんできて
非倭サイドになったんだと思うよ

305日本@名無史さん2016/12/03(土) 01:16:01.30
百済と言われている秦氏も伝わっている朝鮮土器から見ると、
実際のコンテンツは新羅人らしい。

306日本@名無史さん2016/12/03(土) 01:29:41.75
百済が発展する時期に百済難民が出るのはおかしいよな
しかも高い技術をもった職人集団が

307白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/03(土) 02:55:25.52
>>302
 糞外道よ、倭語なんか、この世に存在せんわ。そもそも倭が言語集団云う根拠は何一つ無ぁわ。
民族学者の大林太良氏が半島と韓と倭は、村落や生業様式の違いの区別とされるよう、
半島の倭は韓族の言語に近かった可能性が強いし、後世の半島を侵した倭冦も、
半島西南部の被差別民や済州島の残留モンゴル人が大半じゃし、高麗期の頃まで倭は水辺集団
総称で言語集団じゃ無かったんで。
>>303
われん、根拠も提示出来んトンデモ妄想考古学じゃのつまらん。>>283の「北方系の墓制が
前時代の墓をつぶして築造したので大成洞遺跡では、重なった墳墓があった。」 と、
支配層の交代で非中国系の北方系牧畜民文化系が中国文化系の前支配層の墓を破戒しとるけぇ
征服したこたぁ、間違えあるまあ。伽耶地方と北九州が弥生期甕棺の同一文化圏地域を
北方木槨墓人が支配した証左じゃなぁか。
>>304
 弥生期から、列島の倭は親中派云うたぁ中華系隷属ゆえの奴国の金印に、邪馬台国らの
生口(奴隷)献上。
馬韓のような漢文化への抵抗心も無ぁ属領奴隷根性。
新羅は、中華色の強い辰韓の時代と違い、非中国系の北方や中央アジア文化。
まあ、新羅は大唐帝国にも戦争で勝っとるけぇのう。ほいじゃが、その頃の新羅支配層は
唐に日和見しよったんじゃが、旧百済系、高句麗系の連中が抵抗し唐と戦争に成って、唐を
撃退したんが真相よのう。
>>305
秦氏は腹(ハラ)氏族制度から、ツングース系の文化要素が強いし、天皇家の騎馬護衛集団でも
あるけぇのう。まあ、新羅、伽耶地域からの渡来じゃが、東西漢氏同様、非中国系の北方民族
南下した北朝の牧畜民要素が強い。殊に東漢氏は鮮卑色が強いのう。
>>306
 難民じゃ無うて百済の北方系支配層らは日本列島へも移住するよ。
ゲルマン、エフタル、五胡、扶余・高句麗の世界的北方民族移動期、征服南下期じゃし。

308日本@名無史さん2016/12/03(土) 03:42:40.85
倭は言語集団じゃないけど、高句麗の地名として日本列島民に近い(半島では他に見られない)言葉が色濃く残っている以上、それは倭と同族の影響と見るべきじゃないの?
モンゴルとか「呼ばれたこともある」程度のものを倭に含めて考えるなら、倭に関して話す意味なんてほぼないじゃん
倭のホームは基本日本列島じゃないのか
日本列島民の中で倭が少数派だったとか、韓族の言語が本来日本列島のものと同系だったとかならわかるけど

309日本@名無史さん2016/12/03(土) 07:49:15.19
>>300 稲作は鎌倉時代中期まで浅田が無く弥生時代以来の深田でやってたんですが麦作要素って何ですか?
深田って麦作って言うより蓮作に近いノリですよ?

310日本@名無史さん2016/12/03(土) 07:53:31.50
>>300 北方から武力を用いた勢力の進出が有ったのは事実ですが
征服者が被征服者の手柄を盗んで手柄の無い二世三世の自己正当化文治政治を実施する為の箔付けや初代の神格化に用いる常套手段についても考慮されては如何ですか?
やって居ない征服者はそれこそ1割に満たないのではw?

311日本@名無史さん2016/12/03(土) 08:05:54.83
>>283は最初の事件と最後の事件との間に間が有り過ぎまんな

西暦紀元前後の高句麗系の小国が日本列島にも点在していたのは事実ですが
中国の影響無しならそれこそ稲作なんて持って来られません
日本列島の稲は如何なる経由説に於いても全て中国大陸南部を経由しているからです
連中は羅(ラ)で在って那(ナ)ではありません

高句麗南下の日本列島への影響は確かに有りますが日本列島全体の統一政権レベルの影響となると
継体天皇伝説だとか神功皇后伝説だとか後に高句麗の勢力がピークを過ぎた以降に何とか日本列島(倭人豪族諸国諸邦乃至ヤマト)を抱き込もうとして新規参入組が事を構えた件ばかりです
高句麗本国の意図に沿った日本征服は結局のところ計画的には失敗し結果オーライで生き残った蘇我稲目がオオキミに近侍するに至りました
後に百済系の藤原氏にとって代わられます

312日本@名無史さん2016/12/03(土) 08:22:32.82
>>301 大陸から國家主義者がやって来て諸邦を束ねて行ったのは認めますが北方民族が高句麗に束ねられたとする以前に漢が朝鮮半島の付け根から中部域に進出し半島南部と日本列島に政治的影響を与えていた件を忘れて居ませんか?
つまり漢代以前に日本列島にやって来た北方民族は高句麗なんて纏まった大勢力では無く温かい土地に行きたかったか漢に追われた部族程度の集団だったのです
漢が衰退して以降に高句麗として南にやって来た連中は硬軟取り混ぜて各国を勢力下に収めて行きますが初期に軟式で子分にしたのが倭人國シラ(新羅)です
倭人國クダラも新羅とは異なりますが恐らく従前の支配者層との婚姻に因り高句麗の王子が支配権を取得して而して温祚を為したと称したのを歴史と伝統のウリナラファンタジーが朱蒙の御曹司オンジョなどと捻じ曲げて今日に伝えて居ます
新羅は7世紀初頭まで高句麗への忠誠を南方から倭に揺るがされ続けながらも概ね保ちますがクダラは隋唐のオファーに目が眩んで冊を受け百済(マンダリンだとBaidi)になり以下有名な展開となりました

313日本@名無史さん2016/12/03(土) 08:30:44.10
そもそも超古代〜古代の朝鮮半島に於ける韓人ってのは中華地域からの難民落人の総称に過ぎないので在って
後に隋唐に冊を受ける際に儂等は隋唐様の方から流れて来た民で文明を理解できますから土地を耕して納税しますだ命ばかりは御助けをって願い出る際に
古くに来たって意味で韓代に話が一括りにされてるだけです
それより新しい世代の難民認定を隋唐に申し出たのが高句麗グループからの脱却を図った自称百姓斉済難民です

314日本@名無史さん2016/12/03(土) 08:39:02.28
一般名詞概念 温祚=従前の勢力を粛清したりせずにお優しく懐柔しながら即位し支配権を得る事
ウリナラ概念 温祚=高句麗の開闢者朱蒙の長男オンジョ

315日本@名無史さん2016/12/03(土) 09:53:33.38
BC3C以前の無文土器時代に中華の影響は半島に見られない。

従って、箕子朝鮮、衛氏朝鮮はBC3C以降という事になる。

しかし楽浪郡においても中国灰陶の技術はあるのに中国土器の器種器形が
見られない。

BC2Cの中国本土は漢代であり、鬲などの三足土器がまだ活躍していた
はずなのに、箕子朝鮮〜楽浪郡時代の半島には一切それが見られないのである。

ゆえに箕子朝鮮〜楽浪郡などの朝鮮侵攻した中国人とは中国本土の人々ではなく、
遼東あたりの非中華、半中華とも言うべき集団だったと思われる。

316日本@名無史さん2016/12/03(土) 10:27:05.65
あれ高句麗王子温祚じゃ無くて高句麗温祚だっけだと高句麗王本人がクダラ王権を穏便に接収したになるねどうだったっけ

317日本@名無史さん2016/12/03(土) 10:46:49.17
>>308 現代韓国語の語彙ですら東南アジアまで起源を遡る事をできます

韓国人は既にそれを知って居ますが決まりが悪いので東アジアでは黙って居ます

しかし既にインドネシア辺りでは自然派観光アクティビティに参加する若年世代の「開明派」等が現地人に向かって「ウリらは元は同胞ニダ仲間ニダ(嗚呼ウリがお前たちの先祖ニダと言いたいニダグッ(言葉を呑み込む音))」等とやらかして居ます

韓国の極悪グループは文科省に潜り込んだ通名キャリアを用いて日本の公式歴史観を
北方起源乃至朝鮮起源乃至現在自分達が嵌り込んで居る華夷秩序に塗り替えてしまって
その上で自分達の方から開明的な南北合流グローバルシビライゼーションモデルを持ち出して
日本人と現在の立場を逆転させようと画策実行している最中なのです

318日本@名無史さん2016/12/03(土) 10:52:48.11
>>317に示された戦略に依り韓国は19世紀から20世紀前半に於いて欧米諸国に依り認められた日本の西洋式学術界に於ける見識や地位を盗もうとしているのです

319日本@名無史さん2016/12/03(土) 10:53:27.52
国公立大学の論文指導教官も今や中国人韓国人ばかりです

320日本@名無史さん2016/12/03(土) 10:58:45.08
中国共産党が
日本が欧米諸国との間で19世紀(本当は16世紀)から20世紀初頭に掛けて構築した相互理解を齟齬が有った出来てなかったと喚き散らして無かった事にして
現代欧米人と最初に価値観を共有できたアジア人は中国人で在った事に歴史を修正しようとしている所行の数々は皆さん既に御存知ですね

321日本@名無史さん2016/12/03(土) 12:22:29.62
台湾ブタの「朝鮮を叩く正義の味方ショー」の怪文書には
いつも笑わせられるww

322日本@名無史さん2016/12/03(土) 13:32:10.22
>>317
朝鮮語で東南アジアと関係ありそうなのって「海」くらいだぞ
新羅後:patɯl 、中期朝鮮語:patah、
オセアニア祖語/ポリネシア祖語:wasa、インドネシア諸語:pasaŋ (満ち潮)
しかも「海」に関しては、
高句麗語(類推):patan、日本語:wata、
アイヌ語:atuy(海の)・watara(海中の岩)
といったふうに似たのがゴロゴロあるぞ
これは朝鮮半島の民が東南アジア由来というより、
東南アジア・オセアニアの民が活躍してたから言葉が広がっただけじゃないかな

323日本@名無史さん2016/12/03(土) 17:13:17.51
>>308
むしろ高句麗人と日本人が同族と見るべきだろう
それで朝鮮南部人が倭人なのではないのか?
今の朝鮮語(新羅語)はモンゴル語みたいな朴訥な響きがある一方で、
妙に前のほうに強勢が來る
これは誰が言ってるわけでもなく、自分の思い付きで
だけどもおそらく当たっているのではないかと思うのだけど、
北方の言語は後ろのほうに強勢が來る
南方の言語は前のほうに強勢が來る
北方の言語は我慢の言語で抑制が利いていて弾力に富んでいて、
べらべら喋っていると早口になる
語と語の間が詰まっている感じ
南方の言語は奔放な言語で開放的で緩くて、怒っても迫力がない
語と語の間が間延びしている感じ
例えば北方の言語に英語(イングランド英語)、ドイツ語(ヒトラーの演説を思い出すといい)、
つまりゲルマン諸語がある
南方の言語にロマンス諸語(イタリア語はいくぶん北方的な弾力がある、
逆にスペイン語はイタリア語に比べるとより南方的で緩い)、
アフリカの言語、西南アジアの言語、東南アジアの言語、
中国の広東語などがある

324日本@名無史さん2016/12/03(土) 17:15:09.03
それで日本語は、やはりゲルマン語に近い感じがするんだな
ゲルマン語は大変弾力に富んでいる
一昔前はこんな感じで早口で喋っていたらしいイングランド英語
https://youtu.be/CmO_8NYxl1A?t=10m27s
ロバート・プラントはウェスト・ミッドランズ方言の話者らしいけど、
アメリカ大陸に渡ってケルト語話者との混血、交流によって、
ドイツ語風、ドイツ語訛りのようなイングランド英語に比べると、
いくぶん緩く、大陸的な大らかさがあるアメリカ英語との違いに注目されたい
ヒトラーの演説
https://youtu.be/T2jhno1BL3w
激しくも抑制が利いていて、言葉の真ん中から後ろのほうに力が込められている、
わかるかな、この感じ
日本語にはこれらの特徴が備わっている
ただ日本語には地域差があり、東日本の方言は朝鮮語(新羅語)風で、
より南方的で、強勢が前に來る
西日本の「たナか」に対して東日本の「タなか」、
西日本の「りンご」に対して東日本の「リんご」のように、
東日本の方言は我慢が足らない

325日本@名無史さん2016/12/03(土) 18:05:20.50
そして本家の朝鮮語(新羅語)にも同じ特徴があり、
やっぱり本家だけあって朝鮮語はやたらつんのめるように喋る
朝鮮人のせかせかした性質が反映されているのかもしれんが、
ともかく朝鮮語は我慢が足らない
一方で、北朝鮮人は朝鮮語(新羅語)を喋りながらも、
どこか日本人の日本語を想わせる
あの北朝鮮の国営放送のアナウンサーの喋り方にしても、
ただ力強いだけでなく、韓国のアナウンサーの喋り方に比べると、
いくぶん抑制が利いている
韓国の朝鮮語よりもより日本語の標準語に近い印象を覚える

326日本@名無史さん2016/12/03(土) 18:10:22.51
果たしてこれは倭人の影響なのか
倭人は南北の(自分の勝手な設定だけど)言語の普遍性から
ひとり逸脱して南方にいながら北方的な言語を喋っていたのか
その関連になるものとして形質が挙げられよう
ラテン諸国の人々がゲルマン人ではなくラテン人然としているように、
言語の影響には少なからず人の影響があり、もし倭人が高句麗人に影響を与えているのであれば、
高句麗人の子孫である北朝鮮人には少なからず倭人の影響があろう
もっといえば、北朝鮮人は韓国人よりも倭人に近いということになろう
倭人とは何か?
倭人とは九州人であるから、それも古い九州人であるから、
九州の古い人々たる九州の辺境の人々のことで、
長崎の離島人や九州南部人、その延長線上の沖縄人などがこれにあたる
果たして北朝鮮人は彼らに近いのだろうか?
それで北朝鮮人が一体どういう形質をしているのかといえば、
彼らは大変に北方的な形質を帯びている
彼らは見るからに南方人じゃない
もっというと、彼らは朝鮮南部の韓国人よりも日本人に似ている
それで日本人とは誰か、日本人とは一体どこの日本人を指しているのか?
それは本州の日本人、もっと範囲を狭めると本州の西日本人で、
本州の西日本人は南方人より北方人に近い
そこから導かれるのは本州の西日本人は北方から出てきて、
言語が高句麗と近いのであれば、倭人が高句麗に影響を与えたのではなく、
高句麗から出てきた高句麗系の言語話者が日本に入ってきて、
倭人の言語を塗り替えたということだろう

327日本@名無史さん2016/12/03(土) 18:10:22.57
弥生開始時の土器を見ると沿海州南部の青銅器時代あたりの土器と
文様が一致してるため、弥生人はその辺りから渡来してきた事が分かるから、
高句麗とは近いだろうな。

328日本@名無史さん2016/12/03(土) 18:34:07.31
ついでに書くと北朝鮮人は表情もどこか日本人を想わせる
北朝鮮の少女たち
https://flic.kr/p/7GVPhj
北朝鮮兵士
https://flic.kr/p/859mNe
韓国人より抑制的で鋭い印象を受ける
まぁ、顔はなぜか妙に横に広いのだけど
おそらく彼らは日本人と分かれた後に何かと混血したのだろう

329日本@名無史さん2016/12/03(土) 18:35:14.07
あと朝鮮人は「あぁ〜」って言う
これは嘆息であったり吃驚であったり色々意味があるのだけど、
音の印象からしてとても南方的で(力強い点はいくぶん北方的)、
こんな言い方するのもなんだけど堕落している印象を受ける
スポーツ中継で実況している人がこれ言っちゃうんだよね
日本人なら縮まって「あっ」って言う
まぁ、こんなところにも朝鮮人の南方的な要素を感じる

330日本@名無史さん2016/12/03(土) 18:36:54.42
例えばアラビア語に「アッラー」がある
最近よく耳にするのだけど、あれも前に強勢が來る
よくアラビア語というかアフロ・アジア語族の特徴を示しているのではないかと思う
「アッラー」も日本語なら「伊藤」のように「アラー」と、
「ラー」を強める

331日本@名無史さん2016/12/04(日) 00:11:42.93
で、江南なんだろ?w

それを証明する証拠遺跡も証拠文物も無いし、そんな狂った事を
言ってる頭のおかしな考古学者も一人も居ない。

332白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/04(日) 01:21:29.04
>>309
 弥生期も麦作が欠かせんかったし、古墳期でも米は五穀の一つに過ぎんし、
江南のように稲作一辺倒じゃ無ぁんで。
江南なんか、水位が高うて、土が湿って麦なんか根腐れするけぇ出来んけぇ、
中国南北風土を分けるんは、淮河ラインなんよ。
江蘇省でも、淮河の北は徐州会戦の戦記の「麦と兵隊」
のように麦作地域で完結しとるし、日本のように春から夏に米つくり、秋から冬に麦いう、
混合は無いぁし、北中国のもんは、麦が主食で南中国じゃ米が主食じゃし、
日本も麦が主食で米が多くの国民に主食として認識されたんは戦後の高度成長期で、米主食が日本
じゃ半世紀しか無ぁわ。
 まあ、日本は米食文化の本場の東南アジアからしたら欠落要素が強い。米で麺を作らんし、
ライス・ペーパーの文化も無ぁし、日本は北方の麦食文化側なんよ。

333白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/04(日) 01:29:09.67
>>309
日本人の多くの白米主食は戦後の 高度成長期以降じゃ。
http://www.geocities.jp/goodlife0703mameta/rekishi/kakeibo/nouminkakeibo.html
記録にのこる江戸時代の農家の家計簿です。 元禄期(1688〜1704) の田2町と畑5反を
持つ豪農の家計です。  毎日の食事は、1人麦5合と きび1合です。米を食べるのは、正月・盆
など年に26日だけでした。
 江戸時代初期のころから幕末のころまでの農家の家計簿です。比較的
大きな農家は別として、米の取れ高10石前後の農家ではよくてトントン、 ほとんど赤字です。
表をよく見てみると、食費の内訳は米よりも麦の方が 多いのが分かります。麦ばかりの家計も
みられます。 衣食住費、生産諸 掛費も米を売却してねん出しますから、米はほとんど
食べることは できません。
http://www.jrt.gr.jp/yaki_imo/70-73.pdf
竹原市吉名町は、「貧乏人は麦を食え」といった、池田勇人元総理大臣の出身地であります。
戦前たくさんのサツマイモを栽培して、これが大事な食料でした。また、麦も主食としていました。
池田元総理の失言は、当地 のものからすると違和感はなく、暴言とはとらえられていません。
http://waga.nikkei.co.jp/play/kiko.aspx?i=MMWAa1004006032009
せんべい 西日本は小麦粉系、東日本は米系
現時点での印象でいうと西日本に小麦粉系が多く、東日本は南部せんべい
などの例外はあるものの総じて米系が支配的ではないだろうか。

334白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/04(日) 02:08:25.20
>>308
鮮卑に拉致された倭人も含め三国志の時代の倭人認識たぁ北東アジアの水辺民じゃし、
倭の極南界が北部九州の奴国じゃし、列島がホーム認識はさらさら無ぁわ。
日本の支配層は高句麗系集団ゆえ、言語に数詞に共通点があるんは当然のこと。
>>310
日本人も朝鮮人も8割は北方からの渡来系じゃし、在来土着系は渡来者がもたらした疫病で
人口減になるけぇのう。
>>311
日本の米文化も麦作地域の山東経由が南限じゃのう。蘇我氏の古墳とされるピラミッド型も
高句麗系方墳じゃけぇのう。
>>312
高句麗は北方牧畜民系の部族、氏族集団組織ゆえ、新参協力部族も参加者、トルコ系、モンゴル系
ツングース系、チベット系の五胡系渡来者を含め圧倒的に増えるけぇのう。
辰韓を支配した新羅も高句麗駐屯軍傭兵が居座り支配したけぇ、高句麗支配層の積石塚と違い、
積石でも木槨墓云う、モンゴルから西アジア、西洋に連なる墓で、ましてや奴隷民の倭人でも
無ぁし、高句麗や百済が母体北方民族系文化に漢文化を混じえた胡漢文化と違い、
新羅は完全に非中国系の黄金文化よのう。中国は黄金たぁ絹と玉の文化じゃし。
>>314-316
高句麗や百済は文献上扶余出自を名乗っとるけど、高句麗や百済の北方積石塚と違い、
扶余が木槨墓云う点から、扶余を名乗らん任那、伽耶の支配層の北方木槨墓の方が扶余要素が
強いけぇ、基本的に嘘こく性質の文献を史実に認定したらトンデモに成るよ。

335白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/04(日) 02:12:38.86
>>317
>韓国の極悪グループは文科省に潜り込んだ通名キャリアを用いて日本の公式歴史観を
北方起源乃至朝鮮起源乃至現在自分達が嵌り込んで居る華夷秩序に塗り替えてしまって
その上で自分達の方から開明的な南北合流グローバルシビライゼーションモデルを持ち出して
日本人と現在の立場を逆転させようと画策実行している最中なのです」
 はあ? トンデモカルトはわれん方で。
じゃが、韓国人は日本人が騎馬民族系云うんを嫌う人もおるし。

336白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/04(日) 02:14:44.57
>>317
これなんかのう。―朝鮮人による司馬遼太郎の歴史観批判―
http://www.shibano-jijiken.com/NIHON%20O%20MIRU%20JIJITOKUSHU%2033.html
{司馬は、中国の周辺民族達は、この様に頭を削る事で“‘中国の周辺民族’と言う
アイデンティティーを、頭の形で立証した。”と語った。この様に、同文同種の親族系列である
満州族とモンゴル人、 そして日本人が辮髪をしたのに反して、他の種族である中国人は辮髪を
しなかった。然し、唯一韓国人は、同じモンゴル系統でありながらも中国人と共に辮髪を
しなかった。これに対して司馬は、辮髪をしない韓国人と中国人が自ら‘文明の中心’の中にいると
自負しながら、周辺族たちを野蛮へ追いやったと信じた。彼の眼に、韓国人は、中国と一緒に
“文明の中にいたし、文明の中にいた為、人間”として扱われたが、日本人は、他の周辺族達と
並んで辮髪のアイデンティティーを表示した為に、‘野蛮’として扱われたと見えた。
司馬は、中国人が辮髪しないことに対してはさほど反感がなかったようだ。彼が目障りに感じた
のは韓国人だった。人種的にとか言語構造で、モンゴル系統である韓国人は、どうして辮髪を
しなかったのか、司馬は、韓国人が中国に追随する ‘小中華’を自負した為に辮髪をせず、日本人を
含んだ周辺族を差別したと信じた。さらに、この様に韓国人が自らを‘小中華’と見て、‘文明’
の中にいると自負する為に、日本人を‘倭野郎(日本人野郎)’と、蔑視し、人間以下の扱いを
したと主張した。
‘小中華’を自任した韓国が、中国と一緒に東アジア文明(中国文明)の陣営にあって、他の陣営には
モンゴル・日本が席を取っている構図が、司馬の文化分類法だ。司馬が韓国を言及するとき、
通例中国と同じ線上に 置いて語る理由が、即ちそんな対比的構図に根ざしている為だ。
中国と韓国を一つの束として処理してしまった司馬の文化分類法で、
韓国はモンゴル族―満州族―日本人として連結される周辺文化に属さない。 }
http://www.geocities.jp/nal9999/NOW/HISTORY/BENP4.jpg

337白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/04(日) 02:29:16.45
>>318
日本の学問もカルト歴史修正主義で隠蔽、捏造が韓国並みか、あるいは中共並に蔓延りよるよ。
旧石器捏造に加担した学者ら見てみんさいや。
>>319-320
トンデモカルトは根拠提示せんのう(笑)。
>>323-325
モンゴル語やツングース語に訛りが近いんは、北朝鮮の方じゃけど。殊にツングース満洲語と
北朝鮮は日本の出雲や東北と同様のズーズー弁じゃし。
>>326
九州人自体がラテンの乗りじゃけぇのう。
九州兵もラテン系のノリに近いよ。共に規律なんか守らんけど、九州兵の方が、他部隊や敵から
糧量や武器を掠奪、強盗したりして、凶暴度が断然ラテン系たぁ、比べもんにならんほど上回っ
とるよ。九州兵はラテン系のノリじゃけど同地域の(九州島は朝鮮半島の延長上にある)韓国兵の
性格に近い。 森金千秋氏が広島39Dから、熊本58Dへ転属された時の記述で、
「広島兵団の厳正な軍紀と対照的に、規律はきわめてルーズであった。第三十九師団では
想像もできないことであったが、この部隊では、古参兵たちが、日夕点呼ののち夜おそくまで
酒を飲む風習があった。このため、初年兵は夜おそくなってから鶏料理をつくらされたり、
羅店の町に酒を買いにやらされたりした。」と。
元熊本第六師団の半澤幸親氏は、
「夜も酒と女で賑わう盛り場が方々にあって、第一線帰りで血の気の多い九州男児が、一個師団も
まとまって駐留しているとなれば、何がしかの "コト"が起こるのは必然である。この赤鬼軍団は、
夜戦にも強く、規律維持に当たる憲兵や兵站部隊相手に、平素からの不平不満を酒の勢いで
爆発させ、乱暴狼藉を働く者もあとを絶たなかったようだ」と。
まあ、権威を持つ憲兵相手に暴れてもええけど、兵站部隊相手じゃ弱い者虐めになりますね。
九州兵はラテン系の乗りですから規律なんか守りませんよ。

338白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/04(日) 02:34:36.95
>>328
朝鮮南部の容貌については、鈴木武樹氏も江上波夫との対談で、
「鈴木 ぼくが不思議に思うのは、南朝鮮の人たちの顔よりも、北朝鮮の人たちの顔のほうが
日本人に似ていますね。
江上 日本人は一般に南朝鮮の人ほど顔が平たくないし、またあれほど短頭ではないね。 」

339白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/04(日) 02:50:25.32
>>326
司馬遼太郎氏と梅棹忠夫氏の対談から、
http://cds190.exblog.jp/12935194
{ 梅棹「たとえば日本人が昔から軍事的組織能力に秀れているところなんか、遊牧社会の原理が
かなり入っているでしょうね。あれだけ卓越した軍事能力は、農耕社会からはなかなか出てきません」
 司馬氏は、「日本人はわりに自己規制がきいている民族で、ヨーロッパでいえば北方的なものが
主流になっていますね。 」
「中国人というのは現実肯定というか欲望肯定の民族でしょう。そこから出た儒教は、もともと
禁欲的なものじゃない。ところがこれが日本に入ってくると、どこか堅苦しく禁欲的な道になって
しまう」
この「遊牧民族→騎馬民族の文化的遺伝子」である「自己規制の強さ」は、思想にも影響している、
という方向に対話は進んで行きます。 }
まあ、ラテン系や中国や朝鮮系、南方稲作民系は欲望肯定で、北方牧畜民的自己規制も
自己抑制も欠けとるし。

340白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/04(日) 02:52:11.87
>>326
日本も朝鮮も広義の ツングースじゃが、生粋の狩猟、半農半猟のツングースほど正直じゃのうて、
日本や朝鮮は農耕民的な嘘吐きが増える。 シロコゴルフ氏は「ツングースは概して嘘を吐く
人物を嫌う。」 ほいから、ワイ族や満州族の南ツングースものう。
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/kanbun-wai-.htm
穢族の性格。「其人性愿愨、少嗜欲、有廉恥、不請哀。言語法俗 大抵與句麗同、衣服有異。
(族人の性質は素直で誠実、欲を好まず (無欲)、廉恥を知り、哀れみを請うことはない。
言語風俗は高句麗に似るが、服装には違いがある。)」
朝鮮人よりもツングース満州族の性格に近いわ。
http://blog.goo.ne.jp/truenet/e/fd808e08aec7bd1dc26126fc1f8d4861
http://www.geocities.jp/timeway/kougi-74.html
満州族が北京に入った1645年頃、北京で満州人を見た神父マルチン・マルチニは「彼らは
他国人に会うことを喜ぶ。彼らはシナ人の尊大がもたらす傲慢さや意地悪さを好んでおらず、
従って、彼らのとっつきあいはよほど人間らしい」とその素朴さをほめている。
 同じ頃、越前(福井県)の三国の商人が(中略)彼らは1年北京で満州人と起居をともにした
のち朝鮮を経て帰国した。 その見聞したことを記録した「異国物語」によると、満州人は
「ご法度万事ご作法の如く厳しく、事のほか正直に申し受け候。上下とも慈悲あり、偽りごと一
切無く、金銀取り散らしおきても盗みとり無く、いかにも律儀に候」と記している。 
北京の中国人については「北京は人のこころ、韃靼(だったん=満州)の人とちがい、盗みも
いつわりもあり、慈悲は無く候」とこき下ろしている。
 まあ、日本も嘘を吐く体質は、特に文明化されとるお役人、文化人らに多いよ。文明的堕落よ。

341日本@名無史さん2016/12/04(日) 03:02:21.70
結局、弥生人の故郷を沿海州南部だと見抜けなかった60年代の初めて渡来人に携わった
考古学の基本が出来ていない人類学者たちが悪いんだよね。

特に金関とか。

墓や農具や石器を元に渡来人骨の故郷を朝鮮南部にしてしまった。

彼らが朝鮮土器をサッパリ作らないという基本的な矛盾さえ見落としてしまった。

かと言って、刻目突帯文土器は縄文土器とされていたから朝鮮南部しか見えなかった訳だ


古い時代の考古学の誤りである。

342白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/04(日) 03:07:09.39
>>326
189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/15(金) 11:38:36.03 ID:7uSn6aZ80
縄文系のほうが兵士としては強いよな。
弥生系が多い関西はダメだ、特に大阪とか京都とかは弥生系の割合が日本一。
なので兵士がとても弱い。弥生系の元になったのは中国南部。
中国兵が弱いのと同じ。
逆に九州(南部)や東北は強兵で有名だった。縄文系の比率が高い県である。
193 :白馬青牛 ◆sKm0uQPecU :2014/08/16(土) 00:29:03.16 ID:g/r0DuBY0
>189
南九州の熊本師団が広島師団と共に闘い、広島師団以上の武勲立てたことなんかあったんか?(笑)。
「広島五師団の陣地攻略の巧みさは日露戦争までさかのぼってみると
まず大石橋付近の戦闘がある。広島五師団は名古屋第三師団、大阪第四師団、 熊本第六師団と
共に第二軍で闘ったが、敵塁は堅固で各隊は固着し進展せず、 広島五師団の夜襲で勝利を
呼び込む。 この戦闘は天聴に達し、第二軍は勅語を拝受した。
「第ニ軍ハ大石橋付近ニ於テ優勢ナル敵ヲ攻撃シ次テ第五師団ヲシテ夜襲ヲナサシメ
遂ニ之ヲ破リ防御堅固ナル陣地ヲ陥レ併セテ営口ヲ占領シ水路ノ利ヲ占ム朕深ク毎戦能ク
其功ヲ奏シタルヲ嘉ス」
奥ニ軍司令官の五師団に対しての賞詞文にも
「明治三十七年七月二十四日五師団ハ(中略)堅固ナル敵陣地ニ対シ攻撃ヲ実施セシニ
敵ノ頑固ナル抵抗ニ由リ日暮一旦戦斗ヲ中止セシモ夜長更ニ全力ヲ挙テ決意敵塁ニ突入シ
以テ其拠点ヲ奪取セリ子此夜襲ノ効果ハ我軍全般ノ作戦ヲ有利ナラシメタルモノニシテ
敵ノ主力カ敗退セシハ蓋シ 此勇敢ナル動作ニヨルモノ多カルヘシ仍テ本職ハ
特ニ五師団ノ功績ヲ 賞賛シ(中略)」

343白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/04(日) 03:09:11.78
>>326
194 :白馬青牛 ◆sKm0uQPecU :2014/08/16(土) 00:43:19.65 ID:g/r0DuBY0
>189
 明治天皇も、「第五師団ヲシテ夜襲ヲナサシメ (中略)朕深ク毎戦能ク 其功ヲ奏シタルヲ嘉ス」
九州人の奥司令官も、「仍テ本職ハ 特ニ五師団ノ功績ヲ 賞賛シ」
と明治天皇にも九州人司令官にも名があからん熊本師団は、駄目じゃのう(笑)。
あんたが褒める東北も>177-183-185のように広島師団たぁかなりレベルが下がるよ。
九州人は東北をライバル視しよるようじゃが、東北なら互角に渡り合える気分でおるんじゃろう。
じゃが広島師団と比べられたら弱いことになるけぇ、真の精強、広島師団の存在は、無かった
ことにしようとする姑息な根性よのう(笑)。

344日本@名無史さん2016/12/04(日) 03:22:00.90
結局、江上も青牛のおやじもその60年代の金関の渡来人朝鮮南部説の
餌食になってしまった。

渡来人が沿海州南部であると最初から発表されていれば、その後の
考古学ももっと違った展開になっていただろう。

全ては考古学の基本が出来ていない考古学あけぼの時代のボタンの
掛け違いである。

345日本@名無史さん2016/12/04(日) 22:55:08.49
今、扶桑国について調べてたんだけど、
(個人的に扶桑は東海〜九州の日本列島内だと思ってるが)
梁書に書かれてる扶桑国の官位である大対盧・小対盧について、
高句麗の対盧と関係しているような気がしてならない
もう日本と高句麗がブラザーにしか見えん

346白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/05(月) 00:49:58.47
>>344
 日本列島への渡来ルートとして、対馬海峡と間宮海峡に絞られるけぇのう。
朝鮮南部云うても、寒冷化による世界的北方民族南下移動期ゆえ、満洲や朝鮮北部、東部蒙古あたり
からの渡来者も含むわけじゃし。
江上波夫氏は、かつての任那伽耶に騎馬民族文化遺跡が発見される前から、
「任那伽耶にも必ず出て来ますよ」の予言は結果的に当たったのう。
まあ、直接沿海州は無ぁわ。
>>345 
「梁書」の 扶桑国は、「車有馬車、牛車。鹿車。國人養鹿、如中國畜牛。以乳爲酪」
乳利用牧畜文化じゃったり、「其婚姻、壻往女家門外作屋」労役婚も牧畜民的習俗。
「貴人第一者爲大對盧、第二者爲小對盧、第三者爲納咄沙。」は、高句麗の對盧と一緒じゃが、
扶桑國がどこんあったかは不明。

347日本@名無史さん2016/12/05(月) 01:10:22.67
>>346
縄文前期頃の沿海州〜アムールの遺跡で隠岐の黒曜石が出土し、
北陸あたりの縄文遺跡からは円筒土器やけつ状耳飾りが出土している。

直接渡来の日本海交易をしているとしか考えられんね。

騎馬文化こそ朝鮮南部までリレー形式で間接的に伝わってきただけだろう。

348日本@名無史さん2016/12/05(月) 01:26:51.17
>>346
それに最古水田菜畑の人々も北方モンゴロイド形質を帯びた
混血人骨が出土した新町遺跡も朝鮮土器をサッパリ作っておりませんのでね。

稲作や支石墓は朝鮮南部から導入したことは確かだが、それらを導入した人々は
朝鮮南部の人々じゃないな。

349日本@名無史さん2016/12/05(月) 02:29:37.36
>>348
半島南部の水稲作は九州島や瀬戸内と比べて同時期か遅い位の開始だよ

350日本@名無史さん2016/12/05(月) 02:50:14.77
>>349
ほう。

で、そんな狂った事を言ってる頭のおかしな考古学者の氏名と
所属団体は?



華南淡褐色ブタ広鼻巨大タラコ唇ブタ顔ブタ原人のタイワネシアのハノイひと。

351日本@名無史さん2016/12/05(月) 09:47:30.89
またNGキター

352日本@名無史さん2016/12/05(月) 22:38:16.94
>>322
確かに日本は米食文化って感じがしない
米食文化というと、やたらおかずをごはんや米加工の食品と一緒に食べる
大食い文化という感じだけど、日本の場合は少ないおかずをきっちり食べる小食文化という感じで、
ごはんの存在感がいちまいち大きくない
ごはんが後からくっ付いてきた感じで、ごはんもまたおかずの一つみたいな、
ごはんもまた副食みたいな位置づけになっているように思う
だから日本のおかずってのは妙に独立していて自己完結的なんだよね
例えば豆腐は大陸ではごはんのお供みたいな食べ物だけど、
日本に入って来ると妙な発展を遂げて、ごはんに合わなくなる
独立した食い物になるんだな
それで日本の食べ物ってのは大体薄味で油を使わず、何か生ものに似たような、
日本酒に合う食い物になる
これはやっぱり、穀物といわず魚介類がかつて主食だったのような印象を抱かせるんだな
それに後から穀物がくっ付いてきた
だから、ごはんを中心におかずを色々ついばむ大食い文化ではなく、
ごはんもおかずのようにきっちり食べ切る小食文化が日本には根付いたのではないかと思う
やっぱり食べ物に恵まれないところで育まれた文化って感じがするんだな
だから質素を旨とすることを良しとする考えも自然に生まれた
出された食い物を残すぐらいが礼儀だって中国人の発想は、穀物を貯蓄して、
穀物が有り余っている農耕民の発想だな
日本人はそれほど農耕民ですらないのかもしれない

353日本@名無史さん2016/12/05(月) 22:52:26.45
>>337
そう、朝鮮人はラテン系ほど無気力じゃない
朝鮮人はヨーロッパでいえばフランス人にあたるのではないかと思う
フランス人はラテン的ないい加減さとゲルマン的なきっちりしたところを併せ持っていて、
きっちりしていていい加減というハイブリットだと思う
フランス革命を起こす知識人(法律家、哲学者)、資本家、軍隊はいるけど、
ゲルマン諸国のように自浄作用が働かず、むちゃくちゃやってしまう
南ヨーロッパは無気力で何もしないから特に害はないけど、
フランスはラテン的なノリが加わったゲルマン的なバイタリティでもって、
色々やるからヨーロッパを混乱に陥れる
朝鮮もそんな感じではないかと思う
朝鮮人は妙な自尊心があって、プライドが高いところも
フランス人に似ている

354日本@名無史さん2016/12/05(月) 23:02:27.12
人種のるつぼだから○○人というアイデンティティを保つのが大変という点では
共通点はあるだろうな
ただ、フランスが実際ヨーロッパの文化の中心という地位を手に入れた
一方で韓国はウリナラ起源を叫ぶだけだからなあ

355日本@名無史さん2016/12/05(月) 23:10:00.44
詩を作る人の数も作られた詩の数も世界一という文化を踏まえて
「フランス語は世界一美しい」と主張するのと
文学的活動が盛んでもないのに
「ハングルは世界一」と主張するのは似て非なるものだと思うけどね

356日本@名無史さん2016/12/05(月) 23:27:29.92
ネットでちらっと見たんだけど、
鬼界カルデラの噴火で縄文人が大量に大陸へ避難して、
そこで暮らし続けたり日本列島に戻ってきたりってありうる?

357日本@名無史さん2016/12/05(月) 23:49:11.76
>>354-355
ちなみにフランス人はドイツやイギリスのゲルマン、
スペインやイタリアのラテンを退けて、自らをケルト人の子孫と自称したりする
だからなのか、アイルランド人やスコットランド人は憎きイングランド人より、
フランスにシンパシーを感じたりするらしい
一方で、フランスはギリシア・ローマ文化の継承者とも自称する
朝鮮とフランスの違うところは、朝鮮はフランスに比べると無機質で、
この点では少しドイツっぽい
また抑圧的な点もドイツっぽい
ドイツ人ほど朝鮮人は抑圧を撥ねつける力がないから、
かなり社会的にも人間的にも抑圧されてしまって、
ああやって感情を爆発させるところはドイツとだいぶ違うけど
これに関してはフランスと朝鮮は対照的ではある
フランスはあの地中海の澄んだ青い空、乾燥した空気の影響なのか、
開放的で、デカルトとかルソーとか、およそ朝鮮では出てこないであろう、
自由な発想の人間が出てくる
現実的なイギリス人に対して、自由な発想のフランス人で、
フランスはラテン的な甘さはあるけど、この世の原理を探求しようとする
ヨーロッパ人的な性格がとても強い
それでも、あのきっちりしていていい加減な感じ、
放埓に振る舞うがゆえに攻撃的、過激になるところ、
対外的に朝鮮が日本に粘着するようにドイツに粘着するところ、
外国の都合というものをあまり考えていないところ、
だから近隣諸国から嫌われているところなどは朝鮮と似ているなぁと
思わずにはいられない

358日本@名無史さん2016/12/06(火) 00:00:04.47
>>340
あぁ、確かに日本人には嘘つきがいる
小保方いじめの時にそれまでの態度を豹変させて
あんなことやってたこんなことやってたと平気で嘘つくやつ、
ありもしないこと平気で吹聴するやつ、日本には冷酷な嘘つきがいる
日本で抹殺される人の最期は哀れだ

359日本@名無史さん2016/12/06(火) 00:18:17.58
>>356
それを証明する証拠遺跡とその証拠文物、とりわけ証拠土器・石器が一切無いだろ。

常識で考えろ。

360日本@名無史さん2016/12/06(火) 00:19:51.88
>>342-343
大阪といえば浪花恋しぐれ
https://youtu.be/8xXmLUMhtuY
この岡ちあきの浪花的マッチョ臭がプンプンする歌い方、
これが西日本人のベースにあるのではないかと思う
これが北方民族の我慢強さ、意欲ってものではないかと思う
このカムのおのこという歌
https://youtu.be/nlqrXCaq_bE
この糞気張りながら歌ったかのような力強い歌唱方法といい、カム人の顔つきといい、
柔和な中国南部人よりよほど西日本人に近いと思う

361日本@名無史さん2016/12/06(火) 00:45:50.26
中国南部人が祖先なら、ブタくさい顔をした南方ヅラ、ブタゴリラ、ブタボルネオ、
ブタホンコンといった感じの醜悪極まる顔面がわんさかいるはずだろ。

362白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/06(火) 01:03:32.94
>>349
はあ? 日本に朝鮮の松菊里たぁ古い稲作遺跡なんかあったや?
われも、根拠の無ぁカルトネット右翼妄言の受け売りで洗脳され、トンデモ云うて何の意味が
あるんかいのう?
>>352
米食文化圏は温かい米食うし、日本のように冷や飯は食わんゆえ、日本の旅行会社も米文化の台湾
旅行者とか中国からの旅行者用に温めた弁当出すけぇのう。
中国南方人は米主食ゆえ、日華事変でも食糧の米を温めよって、日本兵が冷や飯食うんを
米の食い方知らんと蔑視しとったし、日本人たぁ米を食うて来た朝鮮人からも、戦前日本人は
米の食い方知らん云われたけぇのう。今の韓国でも弁当は温かい米を食うけんのう。
日本の米なんか、酒の加工品用に作られたようなもんじゃし、米食文化自体、お隣の朝鮮半島たぁ
劣っとるけぇのう。
オカズも朝鮮半島の方が、バンチャン豊富は現在進行形じゃが、昭和期でも韓国人は
草食動物かと思えるくらい、野菜食うけぇのう。
日本人なら魚主食でも、山の得物の鹿や猪肉が主食でも、オカズ菜の野菜類は脇もんじゃし、
米なんか酒の摘みで味が変る時、一口食うオカズに過ぎんし。

363日本@名無史さん2016/12/06(火) 01:23:17.32
朝鮮半島最古の水田遺構はBC11Cのオクキョン遺跡。

日本より古い。

最古のイネの現物は4〜5000年前のもの。

日本より1000年以上古い。

364白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/06(火) 01:33:25.33
>>352-353
 朝鮮人は無気力じゃ無ぁけど、フランスは北のゲルマン要素がラテン系で極めて強いが、
言語的にゃラテン系言語民族。
わしゃ、朝鮮人はケルト系民族の向こう見ずの闘争心、戦闘の強さからもラテンたぁ
ケルト色が強いと思うとるよ。
フランスは大陸の合理主義ゆえ左翼的理想主義で、経験主義基盤で独立精神のイギリスの
保守主義たぁ、朝鮮朱子学基盤風土はフランス啓蒙主義の左翼思想に近い。
日本に至っては、左翼啓蒙主義を嫌韓感情のカルトネット右翼が唱えよるし、お隣の半島以上に
狂うとる狂信カルトが蔓延りよる故じゃろうて。
>>358
安倍ちゃん先頭に政治屋の嘘こき、お役人官僚の嘘こき、先の大戦の高級軍人の嘘こきも、
日本じゃ当たり前の日々をおくっとるよ。

365白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/06(火) 01:56:31.50
>>360
 上の岡千秋氏と都はるみ(李春美)さんの「浪花恋しぐれ」は懐かしいのう。
ほいじゃが、確かに岡千秋氏は、下の方のチベット人の中でも日本人に近い容貌の
カム人(西康人)や南ツングース満州族系たぁ、モンゴル系容貌ゃし、北方の中でも北方容貌じゃ
のう。モンゴル行ったらモンゴル人と容貌だけなら認識される可能性が極めて高い容貌よのう。
一方、在日の都はるみ(李春美)さんは、朝鮮南部の韓人、倭人の典型容貌で南ツングース系ほど
顔が高うも無ぁし、モンゴル系でも無ぁよ。
まあ、カム(西康)人は気質的に温厚な東日本人に似ず、西日本人に似とるけど。

366日本@名無史さん2016/12/06(火) 03:07:59.65
玉?遺跡の農地わ畔無しで一続きの緩斜面だから水田じゃ有り得無いよ

367日本@名無史さん2016/12/06(火) 07:29:02.13
>>366
日本の掲示板に来るなよ。

台湾の掲示板から出てくるなよ。

368日本@名無史さん2016/12/06(火) 18:32:36.36
>>363 サンプルを寄越せ第三国の白人様に再検査して貰う

369日本@名無史さん2016/12/06(火) 18:45:30.33
朝鮮学者の北方経由陸稲先行説には

  @ 稲の野生原種は水稲で在る事実

  A 水稲でも陸に播いて収穫できる事実

  B 水田発明のプロセスとして必須の自然潟栽培の存在

  C Aは寧ろBが上手く行かなかった際の更なる緊急避難策で在った可能性

についての考察がすっぽり抜けて居て全然腑に落ちない学説ばかり

370日本@名無史さん2016/12/06(火) 19:20:42.32
最古に伝わっている農具とイネの粒の形を見れば日本の稲作は半島から
入ってきたものとしか考えられない。

半島にはどういう経路で稲作が伝わったのか?

山東半島経由か遼東半島経由しかない。

371日本@名無史さん2016/12/06(火) 21:22:44.92
九州で稲作が始まる時期の長江下流域の文明わ
既に中粒種と短粒種を栽培分け為て居たからね
農具も日本に伝わった器物は全て揃って居たし

372日本@名無史さん2016/12/06(火) 21:51:10.52
そんなウソ狂言を働いているサギサギ考古学者など一人もおりません。

台湾人は日本の掲示板に来ないでくれ。

つか、来るなブタ野郎!

373日本@名無史さん2016/12/06(火) 22:41:28.84
稲作が伝わった頃の中国にはクワもエブリもない。

ところが日本に一番最初に伝わった農具はクワとエブリであり、
最古水田にはスキはまだ無かったのである。

しかも中国の農具は石刃。

日本稲作が中国からなんて2兆%あり得ません。

374白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2016/12/07(水) 00:28:42.63
>>369
種撒いたら勝手に出来とった、狩猟採集の半栽培の陸稲なんか、農耕社会じゃ無ぁし、
日本にゃ縄文農耕唱えるトンデモの佐藤洋一郎氏云う学者がおるけど、
朝鮮の学者云うて誰か具体的に云わん限り、おどりゃあ、大嘘こきになるで。
>>370
水稲稲作地域の江南から、直接は半島も列島も無理ゆえ、山東か遼東になるのう。
>>371
長江文明云うトンデモが流行っとるけど、長江に文明なんか無ぁよ。江南開発が南北朝期の
中国北部人の農地開発から文明化したと云えよう。
長江、南中国は長粒インディカ米が圧倒したけぇのう。じゃけぇ日本人は江南、南中国の米は
不味い云うし、逆に中国東北部の旧満州や朝鮮北部の米は美味い云うけぇのう。
まあ、温度の高低差がある方が米は美味いし、日本列島でも比較的北の方が米が美味い。
広島県でも豪雪地域の県北の米が美味いわけで、県南の米そのものは不味いが、酒の為の
加工用に適するし、酒粕にしたら美味しいのう。

375日本@名無史さん2016/12/07(水) 01:09:26.67
もし長江から稲作が伝わったいたらどうなっていただろうか?

最初に伝わる農具は石刃のスキ、除草用の石鋤、石鎌のはずである。

稲籾は長細い中粒種が全体の約半分。

米は陶鼎で炊くか、陶鬲で蒸す方法が伝わっているはずである。

376日本@名無史さん2016/12/08(木) 00:55:58.70
>>335 えーでも90年代以降に白人様に原モンゴロイドの東アジアへの流入経路は全く南方説が正しいって言われて
急に九州琉球台湾雲南チベットはウリの子孫ニダ説を喚かなくなっちゃったじゃんw
今頃は慌てて経路をひっくり返しながらも日本人は何もかもウリに教わったニダ理論を再構築しようと必死なんでしょw?

377日本@名無史さん2016/12/08(木) 00:58:37.89
>>375 縄文時代から先行する自然潟栽培での唯一の農具は石包丁じゃねw?

378日本@名無史さん2016/12/08(木) 01:11:32.19
出た、いつもの台湾ブタボルネオのイントロ詐欺、

朝鮮を叩く正義の味方ショーww

まず最初に必ず朝鮮を叩いて正義の味方を装ってから本詐欺に入るという
中国4000年の必勝詐欺手法wwww

二段構造型詐欺手法ww

379日本@名無史さん2016/12/08(木) 01:11:53.80
>>374 稲作自体は縄文時代にとっくに南西諸島伝いに日本列島乃至朝鮮半島南部まで来て居て
弥生時代中期に北の陸路を魏に塞がれて居た滅亡呉から難民が東支那海に向かって巽艮一擲伝説の蓬莱へ渡り
これが後々平安時代にまで通用する程のハイパーな灌漑農耕技術をを齎したが一番無理が無い

380日本@名無史さん2016/12/08(木) 01:27:20.54
そもそも細石器では無い石包丁や石鋤の様な幅広石刃が無いと木を削って板を作るって発想にならない金属器じゃ遅過ぎ

381日本@名無史さん2016/12/08(木) 02:30:19.71
>>379
で、縄文期の南西諸島における稲作の証拠遺跡とその証拠文物と、
弥生期のブタハノイ呉からブタ顔ナンポー人難民が渡来定着した事を
証明する証拠遺跡とその証拠文物、とりわけ証拠土器・石器と、
そんな狂言詐欺を働いている悪質なキチガイ考古学者の氏名と所属団体は?


華南淡褐色エラ張り短顔ブタ広鼻突顎巨大タラコ唇ブタ顔ブタ原人が
祖先のタイワネシアのブタブタしいナンポーヅラのお方。

382日本@名無史さん2017/02/16(木) 21:09:34.25
魏志倭人伝にある通り日本には
元から南方系の要素を持った
海洋民族である倭人が生活していた。

対馬や壱岐等でも生活していた倭人は
有力な海洋民族が全く存在しない
対岸の朝鮮半島沿岸にたやすく
進出しまくっていた。
ノルマン人がイングランドに進出するように。

後北朝鮮人は南朝鮮人より日本人に近い
容貌だというが、単に楽浪郡の頃に
中国人と混血しただけだ。
もとより日本人は朝鮮人より中国人に
容貌が似ている。

383日本@名無史さん2017/02/16(木) 21:28:13.01
中国人が定着した痕跡遺構が日本には一切ないので。

弥生人は沿海州から遠路はるばる山陰までやって来た海洋集団。

朝鮮南岸まで行く事など朝飯前。

稲作、農具、大陸系磨製石器、支石墓、高床式倉庫、青銅器、鉄器、ぜーんぶぜんぶ朝鮮南部から自らの手で取り寄せただけ。

384日本@名無史さん2017/02/16(木) 21:35:42.84
弥生人は支配民族であり海洋民族で
ある倭人が九州や本州の開墾田で
使役させる為に
朝鮮から連れてこられた奴隷だ。

385日本@名無史さん2017/02/16(木) 21:49:14.05
ところが朝鮮半島で生活するよりも
日本列島で倭人の下で農奴として
暮らしていくほうが
よっぽど暮らしやすかったのか
朝鮮半島にいる親戚を次々と
日本列島に呼び寄せてコロニーを
形成したのが弥生人集団だ。

歴史は2度繰り返すというが

386日本@名無史さん2017/02/16(木) 22:57:02.93
>>385
じゃあ何で弥生人は朝鮮土器をさーっぱり作らず、沿海州の土器なんか作ってたの?

それに何で九州北部の黒川式縄文土器は弥生人の刻目突帯文土器に負ける形で一掃されてるんだ?

387日本@名無史さん2017/02/17(金) 07:58:00.70
もともとユーラシア大陸全般に普及
していた突帯文土器は中国を通じて
朝鮮半島に伝播した。
これらの技術を持った朝鮮人を
倭人が徴用して日本列島に連れてきた。
これが弥生人のルーツ。

土器の作り手が倭人から弥生人に交代
したため縄文土器はすたれた。
日本に来た弥生人は朝鮮半島にいた頃より
覚醒して遠賀川式土器など違うスタイルの
土器を次々に考案していった。

朝鮮半島に残された朝鮮人は
作るのがめんどくさい突帯文土器
を作るのをやめ、
朝鮮無紋土器を作り続けていた。

388日本@名無史さん2017/02/17(金) 08:40:43.80
>>387
そんなバカ丸出しの狂言を働いて何か楽しいか?

だいたい朝鮮から突帯文土器は数点しか出土していない。

日本の刻目突帯文土器のルーツを朝鮮に求める事自体、無理がある。

それに朝鮮のものは最古のものから壺とセットだ。

何で伝わった当初から壺を伝えないのか荒唐無稽。

壺は最古水田の登場後に朝鮮土器からパクった器種だぞ。

壺があったのに何故か壺を伝えず、ずいぶん後から出身地から壺をパクるのか。

挙動不審にも程がある。

389日本@名無史さん2017/02/17(金) 20:41:05.22
もともと日本列島には壺など存在せず
形状不安定で不便だから伝来しなかった。
ところが朝鮮から弥生人が入植するに
つれてやっと壺も伝来した。

390日本@名無史さん2017/02/18(土) 08:52:02.45
>>389
だったら何で朝鮮土器の壺を作らないの?

最古水田からは間違いなく朝鮮から導入された農具や大陸系磨製石器が出土しているが、この間違いなく朝鮮から稲作を伝えた弥生人たち、摩訶不思議な事に朝鮮土器をさーっぱり作らない。

朝鮮無文土器の壺がたったの一点出土しただけ。

その後から出土する壺はやはり沿海州南西部のシニ・ガイ文化にルーツがある刻目突帯文土器なのである。

縄文晩期に沿海州から渡来した集団が朝鮮南部との交流を通じて彼ら自身の手で稲作やら青銅器などの先進文化や先進技術を導入していただけなのである。

391日本@名無史さん2017/02/25(土) 15:26:13.97

392日本@名無史さん2017/03/13(月) 12:12:41.46
百済、新羅に侵略された加羅国からの避難民が
宮崎のえびの高原から小林にかけて住み着いたのだろう。
韓(加羅)国岳という地名は、
山に登れば加羅が見えるという意味なのだろう。

393日本@名無史さん2017/03/14(火) 22:44:08.45
1 : 日本@名無史さん2017/03/12(日)
邪馬台国論の鉄板、畿内説のスレです
もう確定なのでロマンはありませんが
勝者の貫録を見せつつ更なる真実を探求しましょう

90 : 日本@名無史さん2017/03/12(日)
>>88
狗邪韓國は何人の領土?

95 : 1 ◆q8leUXpsw. 2017/03/12(日)
>>90
領土といいう観念に語弊があるかとは思いますが韓人の国でしょう
金官国の全身とするのが通説です

394日本@名無史さん2017/03/17(金) 18:24:18.59
本当の古代史
辰韓の鉄=遼寧省鞍山市の鉱山地帯
公諱隆字隆百済辰朝人也=隆は遼寧省の百済人であり公州の百済人ではない
この文は辰韓の位置を間違えていたり遼寧省の百済を知らない人には理解不能
「辰王がいた方の百済人」とかっこよく書いたら未来人には意味不明となった
渤海の国号、震=大氏発祥の地が過去の辰韓だった
震が辰に通じるのは自明だが、辰韓を韓国東部と解釈して思考停止するのは踏み込み不足
辰州、奉国軍、節度。本高麗蓋牟城。唐太宗會李世勣攻破蓋牟城、即此。
渤海改為蓋州、又改辰州、以辰韓得名。
高句麗の蓋牟城は遼寧省撫順市に比定されており、その位置は鞍山市の北東である
帯方郡(4900戸)=営口市、半径5km
あとは魏書韓伝にそってならべる
多婆那國=倭国(大連)東北1千里=中朝国境の卒本地方
好太王の碑文にある倭、百残、新羅の位置=遼寧省から鴨緑江の下流域
倭の五王が南朝に派遣した倭国使は靴をはいていない
通説(痛説)では裸足の集団に広域大戦争をさせてしまった
「西暦391 - 412年」中に、「倭」は「高句麗」と「鴨緑江」にて職貢図によれば「裸足」で戦わなければならない
のちに坂上田村麻呂の東北遠征が西暦800年に行われ、異民族風のアテルイが捕まえられる
何なんですかこの古代史!順序が逆ならまだしもなぜこうなるの
西暦400年に鴨緑江を攻め、その400年後に東北地方を攻めるのは不自然だ
この時点で倭=日本列島説はアウト
そもそも日本列島は韓と界接していないので最初からアウト
2重の意味で倭=日本列島説はアウト
http://i.imgur.com/9GXhZ3N.jpg
http://i.imgur.com/zVOyZ0J.jpg
http://i.imgur.com/z3XqL6t.jpg

395日本@名無史さん2017/03/17(金) 18:24:33.78
西暦400年代、倭、百済、新羅は好太王に故郷を追われ朝鮮半島に逃げ込み拡散分布する
東征毛人五十五国、西服衆夷六十六国、渡平海北九十五國=海北とは遼寧省南岸
東、西、海北には領土があるが南の領土はなぜ主張しない=南進中を意味する
ここで博多中心説を採ると博多の南には領土があるはずなのでアウト
ここで奈良中心説を採ると西側の国が少なすぎるのでアウト
つまり倭王武にとって帰る国などなかった
道遥百済(省略)句驪無道=倭国、百済、句驪は陸続き、句驪はひどいと南朝に泣きついた
故郷を奪ったので句驪無道なのです、倭王武の悲痛な叫びを曲解せずまじめに聞きましょう
半島各地で任那ができる、倭国本体南下する
最後の遣使記事は502年=引越し中を意味する
西暦500年代初頭、倭国本体は九州に上陸し、先住民を土蜘蛛あつかいする
天孫降臨記念日を太古の昔に設定した日本書紀はこの時点でアウト、証拠能力ゼロ
志賀島の金印=先住民にとられないように埋めて隠すも、埋めた場所を忘れる
前方後円墳は堤防の概念がない先住民が積み上げた塚を倭国人がこれ幸いと墓に転用したものだ
塚の作成年代≠墓になった年代、これ重要
ため池あるとこ古墳あり、ため池なければ古墳なし
倭国人は堤防の概念、その他中国文明を知っており最初から巨大古墳を作っていない
6世紀の終わりには日本各地で、ほぼ時を同じくして前方後円墳が築造されなくなった(wikipedia参照)
上の理由は残土を堤防に使う
塚を墓であると主張するには副葬品などの提示が必要だ
塚はあっても墓はない、いわゆる空墓がかなりあるのはなんででしょう?

396日本@名無史さん2017/03/17(金) 18:25:00.87
百済の熊津城=熊岳城
白江の口=熊岳城の南西、白沙湾
「百済辰朝人」であるところの「扶余隆」は百済五方「北方」の城「熊津城」で暮らしていた
熊岳城の南西に「白沙湾」という地名がグーグルマップでも発見できる
これはいったいどういうことだ!
熊津道行軍總管、右威衞將軍孫仁師等破百濟餘衆及倭兵於白江,拔其周留城
韓国西部の公州に行くには高句麗の中を通らなければいけない
つまり熊津道は高句麗の手前側(唐に近い側)にあったはずだ
詔發淄、青、萊、海之兵七千人=山東省の北側から出撃した
人怪其故,答曰:擬削平遼海,頒示國家正朔
劉仁軌自ら「遼海」と明示しており、どうみても渤海湾(遼東湾)のことだ
公州の西の海を遼海と呼ぶのならインド洋も遼海だ
なお言うまでもないが、劉仁軌の役職は檢校「帶方州」刺史だった
扶餘隆率水軍及糧船。自熊津江往白江、會陸軍同趣周留城。仁軌遇倭兵於白江之口
熊津江(熊岳河)と白江(浮渡河)とは開口部が違う川である
熊津江を出て白江に向かったところ白江の口で倭兵と遭遇したのだ
通説の錦江説は合っていますか?白江の上流に熊津江があるのではありません
百済平定物語は渤海の東側にある遼東半島のお話しであり、公州を攻撃したのではなかった
(蘇)定方自城山濟海、至熊津江口=蘇定方が平定した百済もまた遼東半島である
通説が正しいならばこの箇所は「至白江口」となる。白江=錦江説、アウト
大連の北側にある白沙湾を日本列島から攻撃するのは西暦660年では不可能なはずだ
かの有名な白村江の戦いに作文疑惑が浮上した!
日本書紀には資治通鑑や三国史記を見ながら作文した箇所がちらほらある
特に天智紀は作文だらけ、白村江のくだりは全部作文
白村江への旅程については何も書かず、いきなりワープしているではないか!
宇宙船艦ヤマトのようにワープしている時点で作文確定!
http://i.imgur.com/5buzTh0.jpg
http://i.imgur.com/6Q0x678.jpg

397日本@名無史さん2017/03/17(金) 18:26:14.14
倭=日本列島を主張する日本書紀のおかげで重要な比定位置はことごとく南東に平行移動した
日本で見つかっている古い木簡は7世紀、韓国の場合は6世紀=楽浪郡ピョンヤン説、アウト
日本で見つかっている古い石碑は7世紀、韓国の場合は6世紀=楽浪郡ピョンヤン説、アウト
楽浪郡は紀元前108年にできたはずで、いくらなんでも漢字の伝来が遅すぎる、はいアウト
檢校帶方州刺史、劉仁軌は遼海を削平(平定)する、遼海とは遼河が注ぎ込む海、遼東湾のことである
この遼海を拡大解釈しなければならない帯方郡=ソウル説、アウト
仮説の検証2項目
武藝啓(省略)有扶餘之遺俗=渤海人は奈良の支配者の出自が遼寧省にあることを知っていた(ビンゴ)
いまだに奈良公園ではシカを放し飼いにしている
坂上田村麻呂の東北遠征800年=この仮説で無理なく説明可能、大和朝廷史観では遅すぎる(ビンゴ)
邪馬台国=近畿説九州説、大和朝廷史観全部まとめてアウト
500年上陸説が正しい

398日本@名無史さん2017/03/17(金) 18:26:33.91
「アイヌ人と渡来人の混血は7世紀が始まり」…遺伝学研究所
2015年08月24日 16時52分
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/0/10761.html

 国立遺伝学研究所と東京大学の共同チームは、アイヌ人や日本列島本土人の遺伝情報を解析した結果、
遺伝子配列の違いから、縄文人の子孫と見られるアイヌ人と、弥生人の子孫とされる渡来人の混血は、7世紀に始まったと推定する研究結果を8月24日までに発表した。

 日本列島には、おもに北海道に住むアイヌ人、琉球諸島のオキナワ人、日本各地に分布して生息する本土人の3種類の人類集団が居住している。
国立遺伝学研究所の斎藤成也教授らのチームは、性染色体以外の遺伝情報を調べて、60万カ所で見られる遺伝子配列の違いを解析した。

 その結果、毛髪と歯、顔の造形に関係する2つの遺伝子の近くに存在する塩基配列が異なる部分の解析から、アイヌ人と日本列島本土人には大きな違いがあることが判明した。

 研究チームは、アイヌ人を縄文人(採集狩猟民)の子孫、中国大陸から渡来した漢民族や朝鮮民族を、弥生人(農耕民)の子孫と仮定した場合、
日本列島本土人における縄文人の遺伝的割合は約20%に達し、これら二つの民族の混血は、少なくとも55世代前、すなわち7世紀ごろに始まったものと突き止めた。

 斎藤教授は「遺伝子解析の結果、アイヌ人が東アジアのなかで独自の系統的位置を占めていることが明確に示された」と話している。

 なおこの論文は日本人類遺伝学会が発行する「Journal of Human Genetics」電子版に掲載された。

国立遺伝学研究所と東大の共同チームが日本列島本土人の混血モデルを解析した図(国立遺伝学研究所の論文より作成)
http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/1/0/7/10761/%E6%B7%B7%E8%A1%80.jpg

399日本@名無史さん2017/03/17(金) 18:55:17.10
そもそも朝鮮南部からは
縄文土器に始まって、前方後円墳まで出土してるわけでしょ。
あとは言わずもがなでしょ。

400日本@名無史さん2017/03/19(日) 20:22:58.40
>>399
ところが朝鮮由来説をとるアホがたくさんいる
ベクレチョンコ蝦夷なんてもろその類

401日本@名無史さん2017/03/20(月) 03:34:10.74
https://goo.gl/MFkghn
これ本当だったら、普通にショックじゃない??

402日本@名無史さん2017/04/28(金) 22:06:53.22
最新DNA研究と縄文人   斎藤成也
http://jomonjin.info/archives/504
出雲地方が大陸に近いにもかかわらず、関東の人のほうが、大陸の人たちの遺伝子に近いことがわかりました。

403日本@名無史さん2017/04/29(土) 18:53:47.20
>>400
アホだからそういう説を取るわけじゃなくて
その方が自分たちにとって都合がいいから取るんだぞ

404日本@名無史さん2017/10/28(土) 23:25:40.07
>>45
>天皇の先祖は・・・・任那馬韓辰韓加羅を支配し、百済新羅を属国としていた ・・・・・・・・・・・
ふーん、何という文献or金石文にそう記載されているのかな?
ヤマト王権が百済・新羅を属国としていたなら、百済・新羅が朝貢に出向く先が
ヤマト王権でなく当時の中国王権だったのは何故なのかな?
当時の中国王権が、倭五王からの百済・新羅を支配する安東将軍号申請を
認可しなかったのは、何故なのかな?
脳内妄言でなく客観資料に基づいた発言をしようね。

405日本@名無史さん2017/10/29(日) 12:32:04.15
>>86>>87
おそらく、安羅兵はそういう意味じゃないと思う。
http://up2.cache.kouploader.jp/koups22423.png
城の列記に関しては、欠字で読めないモノだけでなく、
誤字も結構ありそうに思う。

こっちは前に別スレで書いたやつ。
http://up2.cache.kouploader.jp/koups22274.png
http://up2.cache.kouploader.jp/koups22282.png

406日本@名無史さん2017/11/01(水) 09:09:14.35
とりあえず、城を数えてみた。
http://up2.cache.kouploader.jp/koups22454.png

407日本@名無史さん2017/11/16(木) 20:14:09.03
>>404
朝貢というのは属国だからするもんじゃないし
国と国の関係とは関係がない
あくまで皇帝とその相手個人(使節)との関係
ササン朝ペルシアの使節も朝貢あつかいだし
アッバース朝イスラム帝国の使節も朝貢扱い
だがイスラム帝国やペルシア帝国が中国の属国だったという事実はない

408日本@名無史さん2017/12/16(土) 14:19:18.56
今朝、思いついた事
http://up2.cache.kouploader.jp/koups23014.png

409日本@名無史さん2017/12/16(土) 17:03:20.95
新羅や百済が倭に朝貢というのは眉唾だが、人質を取ってたのはガチだな

410日本@名無史さん2017/12/21(木) 12:16:40.14
百済や新羅の建国に倭人の進出がかかわっているのは確かだが
百済建国まで明確な国邑の成立のない半島の孤立農業集落が船もって日本に移民する意味が無い。
移民の可能性は漢四郡の侵攻だが、遼東や北部は文化圏が違うのではないか。
少なくとも漢の倭奴国当時九州は楽浪と交易していた。
九州と半島の国境も認められないがBC200年以降の遺民移民は無い。
鉄の採集などに関しても逆行している。

411日本@名無史さん2017/12/21(木) 12:23:46.53
寒冷化による食糧不足だな

412日本@名無史さん2017/12/21(木) 14:19:17.41
県まるまる一つ海を越えて難民が移住した実例がある

413日本@名無史さん2017/12/21(木) 14:30:04.13
日本のだって米帝の属国と言われるからな
そういうレベルの話だよ

414日本@名無史さん2017/12/21(木) 15:13:34.21
任那加羅 ってのは、元来別の国じゃないのか?

任那日本府って表現は4県割譲の500年以降でもなきゃ有り得ないとして
日本統一以前には、任那が出雲系で加羅は邪馬台国系の印象がある。

そもそも、倭人国としての出雲商人の動向は不明だが
能登、糸魚川、半島や東北、沿海州方面とも通商した古代日本海の海運国だろ?
鉄、青銅の搬入航路は確保していたように思う。

BC200〜200年で台頭してるけど300年九州平定だとして
これ以降、出雲の国内価値が下がってるように思う。
荒神谷、銅鐸廃棄も朝廷内の権力移転じゃないかな?

415白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/23(土) 01:56:41.37
>>410
大嘘こくなや。朝鮮半島の沿岸民は倭じゃし。
>>414
出雲は高句麗系じゃし、伽耶は北方木槨墓の軍事集団じゃし。
倭の極南界が奴国じゃし、倭の概念はモンゴル東部の鮮卑に拉致された倭も含め、
モンゴル遼河地域〜朝鮮沿岸部〜九州北部までじゃろう。
BC〜300年に日本列島にゃ国家なんか無あよ。4世紀以降の世界的北方民族南下期に
朝鮮南部も日本も国が出来たくらいの新興グループで西ヨーロッパと同時期よのう。
ローマや漢じゃの古代国家が北方民族によって侵攻され変質した時期から中世が
始まる。じゃけぇ日本にゃ古代の歴史が無ぁんよ。

416日本@名無史さん2017/12/23(土) 02:59:17.35
へー、そーなんだ。すごいね!

中国有史による日本史は
九州や半島の漢の委奴国から始まってます。

国家形成期の300年から半島進出してます。
御説の300年でもいいけど、結果として
倭を平定して国家を形成のしたのが日本です。
南は海として東西北進したということです。

417白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/24(日) 02:42:11.79
>>416
ローマも国家形成しとらんゲルマンのこたぁ書いとるんと一緒じゃなぁか。
国家形成以前は歴史が無ぁわけで、井上章一氏が日本ガラパゴス関東流史観を批判よ。
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1386416772/
「ヨーロッパの歴史は、ギリシャ・ローマの古代、ゲルマン民族大移動後の中世、
ルネッサンスの近世、という大きな枠組で語られることが多い。中国では、
秦・漢帝国の古代、隋・唐帝国の中世、宋帝国の近世、という時代区分が一般的で
ある。
ヨーロッパにおける古代と中世の画期が、西ローマ帝国の崩壊した476年。中国の
それは、後漢が滅びる3世紀初頭である。いずれも都市国家の形成を経て大帝国が
出現した古代から、異民族の侵入による混乱・停滞の中世へと向かうのである。
古代から中世への移行は、ヨーロッパ、中国とも、年代のずれは多少あるが、
似たような経過をたどる。一説には、異民族の移動は、紀元後から数百年に及んだ
寒冷化の影響で、北方の民族が南下したために起きたという。…
日本に古代という時代区分を設けるからおかしなことになるわけで、ヨーロッパ、
中国のような古代は日本にはなかったことにしたらどうか、というのが著者の
主張である。
日本史は中世から始まるのである。国家と呼べる体制を築いた飛鳥、奈良は、
隋・唐の体制を模倣して作られたわけであるから、中国の中世との同時代性を
認めても良いだろう。また、ドイツやデンマークでもいきなり中世から歴史が
始まるので、日本も同様で構わないのでは、ということである。」

418白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/24(日) 03:36:06.45
>>416
井上章一氏から、関東史観寄りと批判された、同じ京都派の梅棹忠夫氏も、
「辺境諸国国家群の編成ーヨーロッパと極東」でも、
梅棹 「遼河流域から遼東半島、朝鮮半島、日本近海まで含んだ海のダイナミックス
が、中国文明影響化に一斉に展開しているという考え方です。そこで重要なことは、
「北方的=大陸的(内陸的)」という従来の通念だけではだめなので、ツングースの
位置づけをしなければならないことが一つ。したがって、日本国家の形成という
ことを、東北アジア一帯のダイナミックスのなかで考えなくてはならない。
上山 ヨーロッパと極東とで、そういう辺境諸国群が出はじめるのが四、五世紀ごろ。
それから国家らしいものになるのが七、八世紀。ほぼ同じころだな。
梅棹 そうして諸国家群の編成が終わるのが中世です。…巨大帝国と辺境諸国家群との
抗争と展開の歴史です。」
日本は同じ極東の朝鮮や西洋のゲルマンやスラブのような辺境蛮族で中世以降しか
歴史が無ぁし、古代国家の漢やローマ、ペルシャたぁ違うんで。
しかも、われの妄想トンデモ日本北上民族移動じゃの人類学的にも考古学的にも
あり得んわけで、気候寒冷期の世界的北方民族の南下征服から中世が始まる普遍性から
逸脱し過ぎとろうで。日本ローカルガラパゴス関東史観の影響か?
関東史観は日本オンリーワンで世界史の普遍性を無視したがるけぇのう。

419白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/24(日) 03:44:22.96

420日本@名無史さん2017/12/24(日) 06:02:46.76
>>410
冷静な判断。

行ったらインディオに殺されるかもしれない、未開な野蛮人が住む倭に
先進の半島人が移民する理由がない。

弥生中期に朝鮮系土器の集落遺跡も九州北部に見られるが、作りが雑というか、
下手くそというか、オリジナルとはどこか違った土器なので、結局作り手は
弥生人自身でしょう。

搬入した朝鮮土器を元に弥生人たちがコピー土器を作っていただけだと
俺は見ています。


>>415
半島南部に弥生土器遺構や土師器遺構ってのが、わずかしかないだろ。

倭の中央から数十人程度が派遣されて、数カ所ほどで監督していただけじゃないか?

出雲が高句麗系って、出雲に高句麗系土器遺構ってあるか?

それに4Cまで国がなければ、何で邪馬台国は狗奴国と戦争したのか?

で、4Cに騎馬民族が渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、その生活痕たる
モンゴル系土器遺構or満州系土器遺構は?

角杯じゃなくて、生活土器遺構で頼むは?

421日本@名無史さん2017/12/24(日) 12:28:59.35
日本が北方民族南下と無関係のガラパゴスだから、
古代=縄文、中世=弥生〜古墳、近世=奈良平安、近代=鎌倉〜江戸
で、良いんじゃね〜の?
現代で最近まで帝国主義戦争有ったせいで日本の歴史学者ってバカなんだよ。

422日本@名無史さん2017/12/24(日) 12:35:21.11
弥生遺構で九州北部から山陰で出土した数千体もの渡来系人骨と合ってねえじゃないの。

423白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/25(月) 02:51:57.03
>>420
また、土器厨が顔出したんか。倭はモンゴル東部から、朝鮮、九州北部じゃけぇ、
じゃ韓人と倭人は同一言語でも生業の生活様式の違いで分類されただけじゃろう。
三上次男氏も倭人は北東アジアの水辺民の総称と云われるんは、こっちでも指摘
したでえ。
https://awabi.5ch.net/test/read.cgi/geo/1402211781/652
 鮮卑が倭人国を撃ち拉致した倭人に魚獲らせて糧を得たこたぁ「後漢書」に
あろうが。
われが云う沿海州も水辺民ゆえ倭人とも云えるが、われがポリツェ否定ゆえ、
破綻しとるんよ。土器に固執するけぇ、角杯について云うたら、
他スレで結局答えられんかったじゃなぁか。

424白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/25(月) 03:14:36.58
>>421
日本人が、北方渡来と無関係じゃ無ぁこたぁ、容貌見たら明らかなことで。
国家形成も無い村落単位の弥生が中世じゃの世界史じゃ通用せんよ。
日本の歴史学者が馬鹿垂れなんは、世界に通用せん歴史修正主義唱えても、教授学者で
おられるわけで、他の西側先進国ならアウトなんじゃがのう。
>>422
弥生期は、北九州〜山陰゜に北方渡来形質の人骨が限定的に増えただけで、
古墳期以降の全国規模じゃ無ぁし、古墳期から現在まで北方渡来形質が強い
瀬戸内側でも、弥生期は縄文人骨多数地域じゃし、世界的北方民族南下征服期の
古墳期以降に人種が変ったんよ。

425日本@名無史さん2017/12/25(月) 18:19:32.76
>>423
頭がおかしいんじゃないか?

モンゴル東部や朝鮮が倭な訳がないだろ。

倭人と韓人が同一言語な訳もない。

ポリツェ文化は鉄器文化で弥生開始時代と時代が合わないし、
弥生土器と特徴が一致する土器もない。

弥生開始土器と特徴が一致する土器があるのはシニ・ガイ文化の方で、
青銅器時代であり、弥生開始時代とも矛盾しない。

角杯は朝鮮南部から搬入されただけだし、生活土器じゃないから渡来人の証拠にならない。

426日本@名無史さん2017/12/25(月) 20:19:45.83
>>424
ただ単に、その弥生期の九州北部から山陰にかけての北方形質の遺伝子が
古墳期以降に全国に広がっただけだがな。

427日本@名無史さん2017/12/26(火) 09:52:05.31
半島で石器人から土器文化への変遷がどうであったかはわからない。
箕氏朝鮮は中国文明人であり南部未開地へは侵入していないともいえるが発見は不明?
時系列で箕氏朝鮮、衛氏朝鮮、孫氏朝鮮ともいえる漢四郡、そして北方民高句麗である。

313漢四郡撤退以降の南部に倭人が進出し高句麗と戦い百済新羅の建国に至った。
未開対遺民の侵入という石器時代から弥生系土器時代の中国文化依存の進化に対し、
百済新羅の古墳時代は日本とリンクする。

この間、主体としての朝鮮が日本に文物を伝え移民する理由はないし
無いものと向き合おうとする時系列破綻の朝鮮半島の歴史考古学ファンタジーが
まともにDNA検証や考古学に取り組めるとは思えない。
日本も記紀ベースで半島と現代史を共有してるんだよ。
なんも言えねw

428日本@名無史さん2017/12/26(火) 10:50:57.48
>>427
先進文化、先進技術を求めていたのは我々倭人の方なんだから、倭人が半島に
足繁く渡航する事はあっても、その逆はないんですよ。

行けば殺されるかもしれない未開な野蛮人が住む倭に、
あなたが半島人なら行きたいですか?

我々日本人を形成した弥生の渡来人は、彼らが最初に遺した土器通り、
沿海州南岸あたりの北方アジアの人々ですよ。

朝鮮半島とはぜーんぜん関係がない。

単に半島に訪れて、必要なところだけパクってきただけ。

429日本@名無史さん2017/12/26(火) 13:15:12.60
>>428
>単に半島に訪れて、必要なところだけパクってきた

時系列の問題として
弁韓が鉄の産地で馬韓、辰韓、ワイ狛に倭人も入り合って採っていた。
これは、加羅任那となり百済新羅時代には倭人の勢力下に入っている。

しかし、この半島に渡った倭人は弥生渡来人であるとされる。
里帰りで百済新羅を建国したのか?まあ、白村江まで九州との間に国境は無かった。

弥生渡来人が弥生土器文化を携えて大挙移住してきたという原論に疑問がある。
原論発生が縄文人と弥生人の規範を骨格差で評価、なんてのじゃダメだと思う。
遺伝子についても、相当いい加減であった。 まだ、成果待ちだろ?
日本の縄文期に古代移民が繁栄した地域の遺跡でも有るのか?
土器の出自が渡来人なら、
日本に椅子とテーブル、スプーンとフォークが普及したのに人種的変化が伴うか?

縄文土器文明は人類最古とも言い得る文明で一万五千年続く。
弥生土器への変更はデザイン変更であり土器自体の原料や工作技術に大差はない。

縄文期にも黒曜石翡翠塩皮革布木の実穀物工具土器石器などの市場は存在した。
土器の生産者にデザイン的流行が有った訳で渡来人の人的流入は重要ではない。

銅鐸期や朝廷の進出〜戦国期にも人的拡散は有ったと考えるが
これは時系列で弥生渡来人の流入には含まない。 
朝鮮渡来ありきで何が弥生渡来人なのか? 江南も沿海州も一緒。

430日本@名無史さん2017/12/26(火) 19:13:26.86
日本に影響あたえたのは鮮卑族だろ。鮮卑の時代は鮮卑の子分高句麗と倭は全盛期

431日本@名無史さん2017/12/26(火) 20:52:28.38
>>429
そんな間違いだらけの長文書くなよ池沼。   

まず弥生人が朝鮮渡来なら、何で弥生時代の幕開けが朝鮮土器から始まらねえんだよカス。

弥生時代の幕開けの土器は、同期する沿海州南部の土器文化と文様が一致する土器から始まるんだ。

それも九州北部に最初に現れたんじゃなく、山陰あたりに現れるんだ。

弥生人は朝鮮経由なんかせず、沿海州南岸からダイレクトに山陰あたりに渡来している。

つまり、弥生人は朝鮮半島とは何の関係もない北方アジア人。

山陰から九州北部にかけて出土した数千体もの渡来系人骨は彼らの子孫の亡骸だ。

それまでの縄文人骨とは全く違う頭蓋を持った全くの異人種の人骨。

彼らが拡散して、朝鮮南部から水田稲作をパクってきただけ。

だから最古水田菜畑の弥生人たちは朝鮮土器を全く作っていない。

朝鮮無文土器の壺が一基出土しただけ。

彼らが朝鮮渡来に見えるか?

弥生人は朝鮮とは何も関係ない。

はるか北方から渡来したインベーダー。

432白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/27(水) 03:32:56.38
>>425
頭がおかえちょんは、われじゃがのう。三上次男氏の云われる倭は北東アジアの
水辺民は、>>423の中国「後漢書」でも明かじゃし、中国史書は、列島の倭に
ついても、九州北部じゃ農耕も多かったのに、漁撈民であることを強調して記述
しとるし。
ポリツェ土器は、直接たぁ考えられんが弥生土器との類似が強いが、シニ・ガイ土器と
やらを提示し、弥生土器との類似点云うてみんさいや(笑)。
角杯は、埴輪の北方胡族の筒袖や、北方胡族袴とセットに成っとるし、角杯を
背負う埴輪は日常を描いとるもんじゃがのう。
>>426
現在日本人は山陰よりも瀬戸内沿岸部の方が北方渡来形質が強いし、弥生期の山陰の
北方渡来形質が、弥生期縄文形質が圧倒的多数と逆転するわけあるまあ。
古墳期に渡来系が圧倒的に増えたこたぁ、埴原和郎氏も指摘されとるこたぁ、
云うたはずじゃがのう。世界的民族移動期は普遍じゃし、日本だけ例外云う
ガラパゴスは通用せんよ。

433白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/27(水) 03:57:48.43
>>428
倭なら朝鮮半島沿岸水辺民も倭じゃがのう。倭が列島限定云うトンデモを肯定する
史料があって、>>423の鮮卑に拉致された倭集団が倭人じゃ無ぁ云う文献的根拠が
あるんなら云うてみんさいや(笑)。
>>429
倭人勢力下云うて、伽耶の北方木槨墓人による倭勢力云うことか?
列島の倭に軍事遺跡なんか無ぁし、伽耶は軍事遺跡残した北方木槨墓人が以前の
支配者の墓を破壊しとることから明かじゃが。
テーブルとかフォークたぁ、中国史書じゃ列島の倭は、生口奴隷献上の憐れな属国
じゃが、その事大した宗主国様の広袖たぁ古墳期は野蛮な北方民族の筒袖愛好じゃの
矛盾しとろうが。北方民族が世界南下征服が日本列島まで及んだんは明かなことよ。
>>430
鮮卑慕容部の考古学的文化要素が強いんは、東漢氏のものとされる
新沢千塚古墳じゃし、蘇我氏は高句麗式のピラミット古墳式で飛鳥も渡来支配層の
手中にあったけんのう。
>>431
朝鮮半島から島伝いじゃなぁと、地乗り航海は出来んよ。

434日本@名無史さん2017/12/27(水) 11:49:09.68
>>432



で、古墳期に騎馬民族が渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たるモンゴル系生活土器や満州系生活土器は?


.

435日本@名無史さん2017/12/27(水) 15:30:17.56
それどころか、蒙古鉢型兜さえ殆ど無い

436白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/28(木) 03:34:54.44
>>434
土器なんか交流品じゃし、モンゴル土器すら漢文化の影響じゃけぇのう。
>>435
九州からも蒙古鉢型兜は出土しとるし、加羅伽耶の北方木槨墓の軍事集団系が九州も
支配下へ入れ、列島への移住も多かったわけで、継体王朝に繋がる
北陸の角冠や角杯も加羅伽耶文化よのう。
蘇我氏の墓とされるピラミッド型方墳は高句麗系じゃが。

437日本@名無史さん2017/12/28(木) 11:54:41.24
>>436
交流で搬入されたものは搬入土器だと分かるし、搬入土器からコピー土器が
作られる事も少なくないが、渡来定着すればオリジナルの生活土器が確実に
伝わるはずだろ。



で、古墳期に騎馬民族が渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たるモンゴル系生活土器や満州系生活土器は?


.

438日本@名無史さん2017/12/28(木) 17:05:20.35
任那諸国の中の金官国(現在の慶尚南道金海市)は倭国の「飛び地」だったのかどうか?

439日本@名無史さん2017/12/28(木) 18:01:11.00
>>438
倭人伝や韓伝では、中国は韓に100国九州北部に30国を認識している。
この地域の300年以前の事なら国家の国体国境が無いので飛び地というのはおかしい。
韓伝でも邪馬台国が所有というより半島南部は地域地域に移民が勝手に住んでる様子。

ただし出雲隠岐系倭人が独自に半島東部にも進出していたはずなので
300年以降なら任那四県割譲の500年まで大和朝廷の前身として支配地としていた。
弁韓の鉄採集入会地を軍事国家的に分捕って任那に徴税官吏を配したと考える。

440日本@名無史さん2017/12/29(金) 00:26:25.84
半島南部に弥生土器遺構がほとんどないだろ。

だから、交流や交易で一時的にステイしているだけの倭人を描写しているだけだと思うがな。

441白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/29(金) 02:55:25.83
>>437
古墳期の朝鮮半島系須恵器のように直接渡来者が多かった場合はのう。
定着ローカル化は後の世代に成るわけじゃし。
>>438
金官伽耶は、沿岸に近い倭地域云うだけで支配層は北方木槨軍事集団で後に消える処、
日本列島へ移住した可能性が強いけどのう。
>>439
当時の小国なんか、村落の単位のことじゃけぇ国家の国じゃ無ぁよ。
大和朝廷じゃの中国史書にも出とらんのに、大嘘こいてもつまらんど。
>>440
土器じゃのうて、墓制度は伽耶と九州北部は甕棺の同一文化圏じゃったし、
半島西南部の支石墓は、九州西部と同一文化圏ゆえ、北方民族が伽耶支配した時点で
日本列島も餌食に成ったも同然じゃったんよ。

442日本@名無史さん2017/12/29(金) 15:03:38.20
4C後半に日本に須恵器=朝鮮陶質土器が登場してくるが、その系統は新羅系土器だという。

同期する朝鮮帰化人は秦氏しかいないのだが、記紀には弓月君が百済から募って
帰化したような感じで書かれているが、遺された土器から見れば、
秦氏の実際の内訳は新羅人が大部分だった事実が見えてくる。

443日本@名無史さん2017/12/29(金) 15:45:46.84
>>441
支石墓も甕棺墓も朝鮮南部から導入した墓制だが、それらを導入した弥生人は
朝鮮土器をほとんど作っていない。

朝鮮土器を作らないのに、朝鮮土器から壺や高坏という器種だけを盗み取って
自分たちの土器に取り入れるという行動に出ている。

彼らが半島人なら、わざわざご丁寧に器種だけを盗み取るという、そんな奇怪な行動に
出ず、正々堂々と朝鮮土器の壺や高坏を作ればイイんですよ。

なぜ彼らがそんな行動をしたのか?

言わずもがな、彼らが半島人じゃないからですよ。

半島人じゃないから、朝鮮土器を作らず、朝鮮土器の器種だけ盗み取っただけなんですよ。

そこから見ても、結局、支石墓にしろ、甕棺墓にしろ、弥生人たちが半島から
パクっただけの話なんですよ。

彼ら弥生人の正体は弥生開始土器を見れば、その文様に沿海州南西部だと
ちゃんと書いてありますよ。



では、古墳期に騎馬民族が渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たるモンゴル系生活土器や満州系生活土器は?


.

444日本@名無史さん2017/12/29(金) 16:04:15.60
騎馬民族説とかまだ信じてる人いるんだ
東アジアの遊牧民のYハプロはC2、N、Qがほとんどを占めているのに
現代の日本人にこのハプロがほとんどいない時点で無理あり過ぎ
墳墓だとか土器だとか言語で祖先を類推するとか遺伝子鑑定がなかった前時代の遺物でしょ

445日本@名無史さん2017/12/29(金) 16:21:04.34
>>444
Yが今の解釈になれたのは、ほとんど土器の力のお陰だろ。

むかしのY単独の解釈なんて、考古学の基礎がある人間からしたら、馬鹿馬鹿しくて
見てられないヒドいもの。

446日本@名無史さん2017/12/29(金) 16:21:34.88
白馬青牛ってそうとうなジジイなんだろうけど戦前の人みたいな考え方してるな

え〜古来、アーリヤ族は発明と独立精神に満ちた種族でして、一方、漢族は保守的継続的精神に満ちた種族であります
この二種族とアミニズム精神を持つ古代日本先住民との合いの子が大和民族でありまして、われらはこの三者の特質を併せ持っておるのです
とか優生学めいた話を名のある大学教授が講演で大真面目に語っていたころの人みたい

447日本@名無史さん2017/12/29(金) 16:24:43.36
>>445
はあ?
例えば今のエストニア人やフィンランド人は父系をたどると6割が遼河文明の末裔で
カザフ人の6割が母系をたどるとイラン系のハプロなんだが土器でそんなことわかるの?

土器なんざ交易でも入って来るし模倣もありうるんだから、そっから先祖たどろうなんて無理無理

448日本@名無史さん2017/12/29(金) 16:29:25.67
>>447
そんな、移住の形跡が残らないくらいロングタームのものを比較に挙げても、無駄

449日本@名無史さん2017/12/29(金) 18:49:52.84
カザフ族とかせいぜい500年前に構成された民族だが

450日本@名無史さん2017/12/29(金) 18:55:36.79
>>447
確かに土器にも限界があるよ。

だけど、その集団の故郷をピンポイントで撃ち抜くのに、
この世で一番精度が出せるのはやっぱり生活土器なんだわ。

Yは石器や土器など、考古学的生活文物と整合して、
ようやくまともな解釈になってるのばかり。

451日本@名無史さん2017/12/29(金) 19:30:12.79
櫛目文土器のルーツがシベリア西部あたりにあって、それが遼河文明や
それと同期するウラル地方の文明に広がり、それから北欧まで伝わったように
思うがな。

452白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/30(土) 02:08:30.02
>>443
日本列島云うか九州島へ移住したら、生活様式が現地化するわけで、おどれも
墓制認めとるのう。供養する子孫は先祖の墓制が生活土器たぁ受け継がれる
わけじゃが(笑)。
>>444
ジャンク遺伝子のY染色体のみの単一遺伝標識むじゃ話にならんよ。
しかも遊牧民たるチベットは、O系やD系も多いいけど、形質人類学的に
日本の縄文系D系統エラの張った容貌は、D系の高顔、狭顔の北方新モンゴロイドの
チベット羌系にゃ少ないゆえ、ABO血液型同様人種と関わり無ぁし、Y染色体自体も、
ベルベル人にゃ被支配層の黒人遺伝子が多いいことからも、ほんまに父系遺伝子か
どうかも歴史学から逸脱しとる問題もあるけぇのう。

453白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/30(土) 02:20:58.16
>>445
>>444 の単一遺伝標識に過ぎんY染色体は、知識のあるもんからしたら馬鹿らしい。
http://ime.nu/ime.nu/www2.cc22.ne.jp/hiro_ko/9-0roots.html
【試行私考 日本人解剖】第3章 ルーツ 座談会(3)遺伝子は語る
[海部 実は、縄文人のmtDNAが多様だから顔立ちや体格も多様であったと
言えるわけではない。系統解析に用いているmtDNAやY染色体DNAと、
顔立ちを決める遺伝子は別だ。mtDNAやY染色体はあくまでもヒトゲノム
(遺伝子セット)のごく一部で、系統解析に利用し易いから使っているにすぎず、
これらから個人の遺伝的特徴が全部わかるわけではない。遺伝子のデータの解釈は、
一般に思われているほど簡単でない。
尾本 旧文部省の特定研究「日本人および日本文化の起源に関する学際的研究」
(平成9〜12年度)プロジェクトでは、人類学、考古学、地質学、生物学など
さまざまな分野の人たちと共同研究をした。私は現代の世界26民族集団について、
今では古典的遺伝標識と呼ばれる遺伝マーカーを用いて系統関係を図示し、その中で
アイヌ、本土日本人、琉球人の位置づけをした。図は血液タンパク型およびいわゆる
血液型の20種類のマーカーの対立遺伝子頻度を用いたもの。多数のマーカーを
使うことによってサンプリングエラーの影響を除外できる。
現在ではDNAそのものを調べることが容易になり、非常に多くの情報をもたらし
てはくれるが、やはり1種類のデータのみで集団の由来を考えるのは慎重でありたい。
小規模集団では遺伝子がある世代でがらりと変わる 「遺伝的浮動」が起きる可能性が
大きいので、細かく断定するのは危険。考古学なども含め他の研究との相互検証が
必要だろう。]

454白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/30(土) 02:36:48.53
>>4455
ほいから、尾本恵市氏の多数の遺伝子型からの考察。
http://yamatai.cside.com/katudou/image/bunnkizu.png
 本土日本人は、朝鮮人やチベット人に最も近いし、容貌も
本土日本人と朝鮮人とチベット人はお互い似とる結果に極めて近い。
まあ、単一遺伝標識でも、複雑な系統なHLAは、かなり形質容貌と一致しとる。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/31/63/5968fb28f122fcfb8e402079dd9b649d.jpg
「日本人の場合、最も遺伝的に近いのは朝鮮半島の人々。次にチベット人、
マンチュー(南ツングース満州族)、北部漢族、回族。
尾本氏の調査。
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-02041024/
エヴェンキとオロチョンの身体的特徴としては平坦な丸顔、細い眼、貧毛などの
寒冷適応形態をあげることができる。われわれは、さらに、黒竜江省との境界に
近いモリダワ地区にてダウ-ル族の民族学的調査を行った。ダウ-ル族はエヴェンキや
オロチョンと異なり、それほど頬骨が張っていず、かなり系統の異なる集団であるとの
印象を受けた。…比較したのは中国の少数民族6集団および日本の3集団(アイヌ、
和人、沖縄人)である。日本人(和人)に最も近縁なのは朝鮮人であり、ついでダウ-ル族
およびモンゴル族がこれに続く。このことは、日本人(和人)の形成に際し朝鮮からの
渡来人の影響が大であったことを物語る。エヴェンキとオロチョンとはひとつの
クラスタ-を形成するので、互いに近い系統関係にあると考えられる。しかし、両集団
共日本の3集団とはかなり遠い系統関係にあることが明らかとなった。

455白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/30(土) 02:51:54.13
>>446
大正期は日本人が南ツングースに属するこたぁ、当たり前じゃったし。
>>449
カザフ人もエヴェンキ人も集団構成の歴史は近世レベルじゃに、ネトウヨらは、
エヴェンキ族が朝鮮人に成ったとか妄想しよんよ。>>454の多数マーカー遺伝子じゃ、
朝鮮人とエヴェンキ人は遠い間柄じゃに。
まあ、エヴェンキ人の方が狩猟生活様式から農耕化した朝鮮人や日本人のような
嘘こきは、少ないわけじゃし。

456日本@名無史さん2017/12/30(土) 09:34:24.38
>>450
出来ないよ
お前の理屈で言えば高麗磁器が中国や日本に大量輸出された高麗時代には朝鮮人の大民族移動があったことになるよね

>>452
ジャンク遺伝子って何?形質人類学とか前時代の遺物本気で信じてるの?
ベルベル人はミトコンドリアハプロは9割方ケルト系なんだけど見た目の特徴でそんなことわかるんかい?

>ベルベル人にゃ被支配層の黒人遺伝子が多いいことからも、ほんまに父系遺伝子か
黒人=支配層とかレイシズム丸出し
まじでお前の頭の中は戦前レベルで止まってるんだな
黒人は常にだれかに支配されていたとでも思ってるんかい

>>453
>単一遺伝標識に過ぎんY染色体は、知識のあるもんからしたら馬鹿らしい。
そんなこと言ってるのはおまえだけ

海部は遺伝子から身体的な特徴を推定するのは困難と至極当たり前のことを言ってる
裏を返すと身体的特徴から遺伝的な系統をたどるってのも不可能ってこと
尾本もサンプル数が少ないと偏りがでる、少人数の集団ではボルトネック効果の影響が出やすい、考古学も併用して考察する必要がある
と常識的は話をしてるだけでハプロデーターは全然使えませんなんて書いてないし、むしろその逆のことを言ってる

>>454
お前ちゃんと読んでる?日本人とツングース系は系統的には似てないって書いてあるよね
>エヴェンキとオロチョンとはひとつのクラスタ-を形成するので、互いに近い系統関係にあると考えられる。しかし、両集団共日本の3集団とはかなり遠い系統関係にあることが明らかとなった。

457日本@名無史さん2017/12/30(土) 09:43:52.37
HLAとか白血球の型だし、それで形質が決まるとか正気でいってるのかこのジジイは
お前はミクロ生物か何かか?
しかも、これハプロツリーじゃん
http://jump.5ch.net/?http://yamatai.cside.com/katudou/image/bunnkizu.png

458日本@名無史さん2017/12/30(土) 10:31:41.38
>>452
稲作を朝鮮から伝えた連中も、支石墓を朝鮮から伝えた連中も、
甕棺墓を朝鮮から伝えた連中も、いずれも朝鮮土器を作っていない。

いずれも弥生人自身が朝鮮からパクってきただけだからだ。

突出した口縁部に刻みが施される沿海州南西部のある時代の土器文化と
同じ土器文化の弥生人自身がな。

459日本@名無史さん2017/12/30(土) 10:44:32.50
>>456
中卒だろおまえ。

搬入土器は搬入土器と分かるし、搬入土器からのコピー土器もだいたい分かる
と書いてあるのが見えないか?

その移動集団がメインで作っていた生活土器しか使わんのだカス。

マダガスカル人の祖先がボルネオあたりから渡来定着した事が判った事も、
ポリネシア人の祖先が台湾あたりから渡来定着した事が判った事も、
ぜーんぶぜんぶ、土器の力。

ゴミカスYではありませんよ。

460日本@名無史さん2017/12/30(土) 16:01:47.67
>>459

> ポリネシア人の祖先が台湾あたりから渡来定着した


台湾および華南だなあ。華南のどこかまではわからないようだが。

461日本@名無史さん2017/12/30(土) 16:08:41.75
あやしい本ではあるが東日流外三郡誌には
「神武天皇は本名サヌで、南方から稲穂を持ってやってきた」
と書いてあるが、
台湾からやってきたといえばツジツマは合うかも。

そういえば神武天皇の側近が顔にまで入れ墨をしていたと古事記に書いてあるなあ。

462日本@名無史さん2017/12/30(土) 20:45:36.46
>>460
江南から華南、および台湾あたりが候補で、台湾が最有力らしい。

これはポリネシア人の祖先のラピタ人が遺したラピタ土器の特徴が印文土器と
一致しているため。

フィリピンを経由しているから、地理的にフィリピンに一番行きやすい点も
台湾は最有力。

463日本@名無史さん2017/12/30(土) 20:52:46.60
>>461



で、台湾から渡来定着したことを証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる台湾系土器と中国系農具と、当時の台湾の中粒種のイネは?


.

464日本@名無史さん2017/12/30(土) 21:03:46.13
>>459
>搬入土器は搬入土器と分かるし、搬入土器からのコピー土器もだいたい分かる
>と書いてあるのが見えないか?

例えの話をしたまで、そんなことは言ってないんだが
新しい様式の土器をもった集団が現れたとして、技術者の渡来があったのか、それとも民族移動レベルのことがあったのかはわからない

>マダガスカル人の祖先がボルネオあたりから渡来定着した事が判った事も、
>ポリネシア人の祖先が台湾あたりから渡来定着した事が判った事も、
>ぜーんぶぜんぶ、土器の力。

ぜーぶんぜんぶ遺伝子鑑定の力だよ
まぁこれよめ
前者はマダガスカル人の故地を決定づけたMatthew E. Hurlesらの発表論文だが、一体お前の言う土器の話がどこに出てくるの?
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1199379/
https://www.jstage.jst.go.jp/article/asj/116/2/116_2_154/_pdf

>ゴミカスYではありませんよ。
やたらYハプロに脊髄反射してるようだがミトコンドリアやHALの形からもいくらでも割り出せる
移動した時期を人骨と一緒に副葬された土器などから推定することはあるが、土器だけで民族の移動ルートを割り出そうなんて前時代的な手法をとってる人類学者は今時いません

465日本@名無史さん2017/12/30(土) 21:28:34.09
紀元前15世紀に侵入したインド・アーリヤ人は故郷であるアンドロノヴォ文化由来の土器ではなく、先住インダス文明の人々とまったく同じ土器を使った。
また牛といった家畜までインド在来種のものを使用した。
そのためヒンドゥー民族主義者を中心にアーリヤ・トラヴィタ同祖説まで浮上したが、現在ではインドアーリヤ人のほとんどはやはりイラン系遊牧民だとわかっている。
単純に先住民から家畜と職工をだけを奪って皆殺しにしたからそうなっただけという話。

466日本@名無史さん2017/12/30(土) 23:23:49.85
>>464
ナショナルジオグラフィック。

土器で決定づけられたものを後から遺伝子屋がなぞっただけw

467日本@名無史さん2017/12/30(土) 23:31:48.06
原マダガスカル人とマアニャン人、台湾先住民とオーストロネシア語族を同系だと推定したのは言語学者なんだが。
土器がどうこうとか言ってる奴はじめてみた。

468日本@名無史さん2017/12/30(土) 23:50:42.95
つうかポリネシア系も混血でほとんどオーストラロイド化しててラピタ人とはあまり関係なくなってるんだけどね。
サモアやマオリはサウル大陸からきた集団の末裔がほとんどでむしろパプアニューギニア先住民に近い。

469日本@名無史さん2017/12/31(日) 00:46:08.27
>>465
騎馬民族征服説と同じ論理で全くの眉唾。

征服したなら征服集団の生活土器が一瞬でも伝わるはず。

470日本@名無史さん2017/12/31(日) 00:48:02.58
古代渡来人〜帰化人のほうが上位だと書いてない?
あまり捏造はしないほうが良いぞ

471日本@名無史さん2017/12/31(日) 01:01:08.56
アーリヤ人侵入なかった説のほうがよっぽど空論だと思うけど。
どうみても中央アジアの遊牧民が侵入してますよねコレ。
http://faithandheritage.com/wp-content/uploads/2017/05/haplogroup-R1a-India-Indo-Aryan-migration.png

472日本@名無史さん2017/12/31(日) 01:02:51.18
朝鮮半島の日本に在るより古いとされる水田跡が写真見たら浅田だったのにはハゲワロでした当にオーパーツ

473日本@名無史さん2017/12/31(日) 01:06:37.05
縄文人も弥生人も一波ずつしか来て居ないと考える方が寧ろ不自然であり
弥生式土器をもたらした人達は目立つ処では土器しかもたらして居ないと思いますよ

474白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/31(日) 01:14:09.65
>>456
気候変動以外に、昔の人間は移動せんよ。4世紀からの世界的北方民族の移動期と
9世紀の温暖期一部の南下で北方民族の大量南下は無あよ。16世紀の寒冷期はもっと
南の地域の南下で中国南方人の台湾、東南アジアへの華僑化や、西欧人の新大陸移住に
成るけどのう。
形質人類学は現在でも学問じゃし、ジャンクY染色体たぁ正確な分類が出来るよ。
そそもそもケルト系はゲール語やブリトン語の言語集団で遺伝子や人種の概念じゃ
無ぁし。ベルベル人は、北アフリカのハム語派の大多数コーカソイドゆえ、昔は
ホワイト・アフリカ云われとったし、ケルト人に地中海人種のイベリア系遺伝子が
入っとるとしても、ケルト系はステレオタイプの赤毛緑眼の非イベリア特徴も
あるわけで、9割似るじゃのあり得んよ。
歴史時代、ネグロイドが直接北上して王朝じゃの無ぁし、イスラム世界で黒人奴隷兵の
ザンジュの反乱で一時的にザンジュ王国が出来たが、アッバース朝軍が本格的に
攻撃してすぐに滅んだよ。まあ、農業の起源はアフリカじゃけぇ、人類が農業始めた
頃はネグロイドのアフリカが一番発達しとったじゃろう。歴史時代ネグロイドが
支配層に成らんかったことが、どうレイシズムに結びつくんか?
身体特徴は近隣の民族に似るけぇ人種的にゃ近いこたぁ事実じゃし、われの思いつき
トンデモ解釈論は辻褄が合わんわ。
エヴェンキやオロチョンの北ツングースが日本人に人種的に近いわけあるまあ。
日本への渡来は、満洲族に代表される南ツングースじゃと以前から云うとろうが。

475白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/31(日) 01:30:26.93
>>457
HLAは、DNAの一元説と違い多元説の違いじゃが、DNAよりかは、形質人類学と
類似整合性がとれるけど、HLAじゃ新旧モンゴロイドの区別がつかん欠点もあるよ。
以前はGm遺伝子が流行りよったけど。
松本秀雄氏のGm遺伝子について『日本人の新起源』の総合対論から。
 尾本恵一氏「免疫ブログリンという一種類の遺伝標識でもって日本人の起源を
言うのは、昔、血液型で古畑先生が、やはり日本人の血液型を調べると
東ヨーロッパへ行ってしまうという話で困ったことがおありになるのです。
やはり一種類の遺伝標識だけでは問題がある。起源をずばり一言で
言うのは気をつけたほうがいいのではないかと思っております」
 埴原和郎「私も形態学の立場から尾本さんと同じように考えています。
形態学的に言いますと、日本人の中にブリアート的な顔をもつ人はあまり
いないのです。それから、遺伝子も昨日尾本さんが言われたように、
いろんな標識によって少しずつ分布の仕方が違うわけです。
 標識遺伝子など一つだけたどると、ブリアートの遺伝子だけ変わらないという
証明は何もないのです。日本人の遺伝子も変化し、ブリアートの遺伝子も変化する
のであれば、系統関係はわからないということになります。そのために尾本さんは、
たくさんの遺伝子を検査して説を立てておられるわけで、松本先生のお仕事は非常に
立派ではありますが、それだけをもって日本人の起源とか、系統関係を論ずると
いうのはかなり勇敢だなという感じがいたしました。」と。
 まあ、考古学板のYカルト信者らにしても、一種類の遺伝標識だけで
妄想し、多面的複合的考察する視点が全く無ぁけぇ愚かななもんじゃ。

476日本@名無史さん2017/12/31(日) 01:45:37.61
この人相変わらず文意が散漫で何が言いたいのかくみ取りづらいのだけど
今時頭示数とか歯や髪の形状を大真面目に語ってるやつとか本気でいると信じてるのかね。

>ベルベル人は、北アフリカのハム語派の大多数コーカソイドゆえ、昔は ホワイト・アフリカ云われとったし、
ベルベル人のYハプロの9割はニグロイドのE1b1bです
逆にチャド族はケルト系R1bがその先祖とされているのだが見た目でわかるか?どう見ても黒人だぞ

>ケルト人に地中海人種のイベリア系遺伝子が 入っとるとしても、ケルト系はステレオタイプの赤毛緑眼の非イベリア特徴も
>あるわけで、
そうよくわかってるじゃん
つまり見た目なんかだ先祖探り何てできませんってこと

>歴史時代、ネグロイドが直接北上して王朝じゃの無ぁし、イスラム世界で黒人奴隷兵の
>ザンジュの反乱で一時的にザンジュ王国が出来たが、アッバース朝軍が本格的に攻撃してすぐに滅んだよ。

爺さんブラックファラオも知らないの?エジプト第25王朝は何人が作ったと思ってるの?
黒人は被支配層、黒人が繁栄してたのは農業が始まった時ぐらいって相当な差別意識だと思うんだけど、その自覚がないとかあんたの人権意識って相当やばいよ旧日本兵レベル

>身体特徴は近隣の民族に似るけぇ人種的にゃ近いこたぁ事実じゃし、われの思いつき
>トンデモ解釈論は辻褄が合わんわ。

その発想がトンデモじゃね?タジク人とキルギス人はずっと隣り合って暮らしたけど全然似てませんけど

>エヴェンキやオロチョンの北ツングースが日本人に人種的に近いわけあるまあ。
>日本への渡来は、満洲族に代表される南ツングースじゃと以前から云うとろうが。

海蘭察って知ってます?満州族はソロン族出身も多いのに満州族に似ててエヴェンキには似てないとかありえないですけど

477日本@名無史さん2017/12/31(日) 01:51:52.66
>>457
>HLAは、DNAの一元説と違い多元説の違いじゃが、DNAよりかは、形質人類学と
>類似整合性がとれるけど、

取れません
HLAと身体的特徴の遺伝には何の関係もありません
言ってるのはあなただけです
真面な学者で言ってる人はいません
いるのなら出してください

>まあ、考古学板のYカルト信者らにしても、一種類の遺伝標識だけで
>妄想し、多面的複合的考察する視点が全く無ぁけぇ愚かななもんじゃ。

Yハプロだけやたらと脊髄反射起こしてるけど父親に何かコンプレックスでもあるんですか?
土器()だとか形質()だとかに頼るよりよっぽど正確ですよ
形質は優勢劣勢で同じ民族間でも絶えず変化するけどハプロ遺伝子は未来永劫かわりませんからね

478日本@名無史さん2017/12/31(日) 01:55:05.08
△の陰謀スレ参照

「ほとんど逆だろ」
「むしろ逆だろ」
「100%逆だろ」

このような事を言っている人もいた

479白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/31(日) 01:57:31.76
>>458
生活用具の土器なんか現地の物を取り入れるし、現地化するが、墓制は、なかなか
変化せんよ。
>>461
偽書の「東日流外三郡誌」たぁカルトかいのう。まあ、首相の安倍ちゃんパパの
安倍晋太郎さんじゃあるまあし。
[青森県五所川原の石搭山荒覇吐(あらはばき)神社に始祖である宗任が眠っている
らしいことを調べ上げたという。元家政婦からの報告を聞いた晋太郎は昭和62年
(1987年)7月末、出馬表明した総裁選の全国遊説の折、妻洋子と晋三夫妻を伴い
同神社に出向き、参拝した。…
この石搭山荒覇吐神社は偽書『東日流外三郡誌』に基づいて、同書の「発見者」・
和田喜八郎が昭和55年(1980年)に創建した神社であり、同社所蔵の安倍頼時の
遺骨と称する物は後に鑑定の結果、クジラの骨の化石と判明した。](笑)。
まあ、山口県の安倍姓は、九州からじゃが、九州土着か、朝鮮からの流れもん
じゃろう。しかも胡散臭い神社を信じる安倍一家も可笑しい。
ほいから、われも神武天皇じゃの架空の人物とか、台湾からとかトンデモ過ぎよう
で(笑)。

480日本@名無史さん2017/12/31(日) 01:58:00.80
こんな戦前の遺物みたいな考え方してる人間がいるとか感慨深いとおりこして恐怖だな。

481白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/31(日) 02:03:44.51
>>470
平安期でも渡来系名乗った氏族も家伝残す貴族階級じゃし、帰化したら源平藤や、
以前なら天皇系か出雲系とかにすりゃあええわけで。
>>472
水田も朝鮮の方が古いんは当たり前のことじゃが。

482白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/31(日) 02:45:49.74
>>476
歯の形状の形質人類学じゃし。
http://45274515.at.webry.info/theme/a1b829c3b1.html
http://45274515.at.webry.info/theme/15f919dcd4.html
「実は日本人や中国人をはじめとする東北アジアの人々の特徴です。東南アジアの人々
ではくぼみの程度がもう少し弱く、ヨーロッパ人などではもっと程度が低くなり、
くぼみが全くない人もたくさんいます。
東北アジアの人々はもともとはアジアの南から来ましたが、北方での気候や
狩猟生活に適応して、体が大きくなり、歯も発達しました。辺縁隆線の発達は
動物の肉や硬い果実を食べるための力学的適応と考えられています。」
ほいで、チャド人はベルベル人じゃ無ぁし、ヌビア人は一時エジプト支配も、
エジプト人自体がコーカソイドとネグロイドの混合じゃし、エジプトとヌビア
同一文化圏云うほど近かったけぇ内部権力争奪なんで。
トルコ系キルギスはカザフから分かれたんじゃし、イラン系のタジクたぁ違うが、
トルコ系でもイラン文化色の強いオアシスの民のウズベクはタジクに近いし、
ウズベク人は風俗習慣の近いタジク族との婚姻も多いい。
ソロン部は、後に作られたし、>>454の日本人にも近い、モンゴル系ダウールも
ソロンに構成させられたんで。
われみたぁに、一知半解で云うてもつまらんよ。

483白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/12/31(日) 02:56:12.98
>>477
より人類学の知見に近いか云うたら、DNAたぁHLAじゃ云うたんで。
父親コンプは無ぁが、母系ほど証明は出来んけどのう。何でわれ父系に拘るんか。
親戚同士で婚姻が何代も続いたら、不倫で他の種がはいっても、特徴は薄まるよ。
世界の(日本も)王室、貴族なんか不倫社会じゃけぇ、父系は誰の種か分からんわけ
じゃし。Y遺伝子が変化せん証明は出来んけど。われはタイムマシーンで過去へ
行ける云うとるようなもんじゃなぁか。

484日本@名無史さん2017/12/31(日) 03:19:18.51
いや拘ってないけどちゃんと人のレス読んでる?
爺さん人の話を聞くのが苦手なタイプだろ
いくらあなたのお母さんがお隣さんと不倫して不義の子を作っても日本人全体のハプロ系統は何の変化もありません
それと同様に上流階級がいくら不倫に励んだところで同じ集団間で行われている話なので征服や民族移動と違って変化はおこりません

>Y遺伝子が変化せん証明は出来んけど。われはタイムマシーンで過去へ
>行ける云うとるようなもんじゃなぁか。

だったら変化するという証明をまずしましょうね
悪魔の証明って知ってますか?ないということは証明できないから証明責任はあると主張する側が負うのですよ

485日本@名無史さん2017/12/31(日) 03:26:58.59
HLAのこともろくすっぽ知らないようなので一ついいことを教えてあげようか
日本人でもっともHLAの均一性が高いと言われている
これはどういうことかというと考えたくない話だが縄文人も弥生人もその母集団は数が少なく
少数の家族間で近親交配を繰り返してできたのが日本人ということになる

486日本@名無史さん2017/12/31(日) 03:28:10.12
日本人でもっともHLAの均一性が高いと言われている→日本人は世界でもっともHLAの均一性が高い集団と言われている

487日本@名無史さん2017/12/31(日) 10:25:15.86
Yで弥生人は江南とか、2兆%ありえない詐欺を働く台湾ベトナミックブタ広鼻チーノが
いるから遺伝学全体が胡散臭くなった。 

488日本@名無史さん2017/12/31(日) 13:46:18.71
O1b2のこと言ってるのかな?
かつては江南あたりにいたことは間違いないながな
つっても新石器時代ぐらいの話だが

489日本@名無史さん2017/12/31(日) 14:14:49.52
おっ?突っ込み忘れたレスがあるな
>ほいで、チャド人はベルベル人じゃ無ぁし、
そんなこと言ってないんだが
形質人類学とやらでチャドの先祖がR1bって分かるのかと言ってるの

>エジプト人自体がコーカソイドとネグロイドの混合じゃし、エジプトとヌビア
>同一文化圏云うほど近かったけぇ内部権力争奪なんで。

全然近くないし壁画でもヌビア人は真っ黒チリチリに明確に異民族として描かれてますけどね
つうかあんたそれ全然反論になってないだろ黒人は被支配人種じゃなかったのか?

>トルコ系キルギスはカザフから分かれたんじゃし、イラン系のタジクたぁ違うが、
キルギス人のYハプロはC系統が過半数を占めるカザフ人と違ってイラン系のR1a系が主流なんですけど

>トルコ系でもイラン文化色の強いオアシスの民のウズベクはタジクに近いし、

ウズベクってのは本来は中央アジアの遊牧民のことを指してるんですけど
オアシスの民のウズベクとか意味不明
だから遊牧民でないウズベクなんて本来はいないんだが
サマルカンドやブハラなどの「ウズベク人」はソ連時代の民族境界画定作業が言語を基準に行われたためにウズベクに編入された
サルト人の末裔

>ソロン部は、後に作られたし、>>454の日本人にも近い、モンゴル系ダウールも
>ソロンに構成させられたんで。
エヴェンキ人は清の八旗に編入されなかったソロン人なんですけど
ソロン人に似ててエヴェンキには似てないとか意味不明
どうせ索倫汗国も知らないんだろ

>われみたぁに、一知半解で云うてもつまらんよ。
それはお前だろ
なんかググって出てきた知識をつまみ食いしてるだけっぽいし
一度、山川の「世界各国史」でも読んで基礎でもつければ?お前みたいなペーペーを前提にしてるから読みやすいぞ

490日本@名無史さん2017/12/31(日) 18:34:38.27
>>488
実際は内モンゴル〜華北西部あたりだろ。

O1がO1b1とO1b2が分かれたの。

491日本@名無史さん2017/12/31(日) 19:17:19.23
ハプロO1b2とO1b1が分岐したのは約3万年前とされているのだが
まだその当時のオルドス地方や華北はNやC2が割拠していてO1b2が進出してきたのはシニ・ガイ文化の頃のはず

492白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/01(月) 01:24:43.92
 みなさん、あけましておめでとう。
>>484
人様の母親を不倫じゃの、わりゃ人間性に問題があるのう。わしん親父は死ぬまで
愛人がおったが、愛人とも子供は作っとらなんだよ。
まあ、王族、貴族の不倫は同一階層集団内たぁ限らんけどのう。戦前から書生や
運転手から役者買いもあったし、まあ、異なる階層の子が出来ても、何代も経たら
薄うなるけんのう。
タイムマシーンで過去へ行くしか証明は出来んのに言葉遊びしよんか。しかも一元論で
アフリカに遡れる理論じゃったDNA旧人の混入認めだしたし、そがぁな解釈論は時代で
変るわいや。
>>485
日本人でもっとも均一性が高い云うんは西洋人と比べてか、アジアのどの集団と
比べたらそうなったんか、われの断定基準たぁ何なら?
ほいから、縄文人、弥生人云うんも弥生期に渡来系を古うしたい科博の造語じゃろう。
古墳期に渡来系大量移住の埴原和郎氏は、「渡来系」云う表現を使われたよ。
>>489
ベルベル人たぁ北アフリカの西部の民族じゃし、チャドたぁ違うし遺伝子たあ人種が
だいぶ違うけぇのう。遺伝子だけなら、例えばA型の日本人は、B型の日本人たぁA型の
ドイツ人に近いんかか? 違おうが。人種たぁ長い年月同じ環境で暮らした歴史が形質に
表れるわけじゃし、>>482の歯の特徴もそういうことで。遺伝子が同一ても長期年月で
近い形質しとらんもんは同一集団や同じ人種じゃ無ぁわけじゃし。
こがぁな基本的なことを、わりゃ避けて遺伝子カルトに成りよんで。

493白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/01(月) 02:13:01.56
>>489
ほいで、ヌビア人はエジプト(ナイル)文化圏で。
ウズベクは、ウズベク・ハーンからじゃが、カザフはウズベクから分かれた集団で
カザフたぁ部族から離れた自由の者の意味で、カザフから分かれたんがキルギスで
元来は皆ステップ草原民よ。ウズベクがチムール帝国滅ぼし、南下定住した
グループがウズベクを名乗り、周りのオアシス民を吸収して行ったんで。
わりや、オアシス都市定住したらウズベクじゃ無ぁとか、吸収されウズベク人に
成った定住民もウズベク人じゃ無ぁとか、わや云うとるのう。
カサフとキルギスの容貌じゃよりモンゴロイド要素が強いんがキルギスじゃし、
同じモンゴロイド主流にしても、カザフの方が広顔傾向でキルギスの方がやや狭顔が
増える傾向にあるし、遺伝子じゃのしばゃのうて形質がリアルじゃけぇのう。
古キルギスは中国文献上からは、赤髪緑眼のコーカソイド体質でイラン系たぁ
イェニセー・サモイェード系と云われるけど、古キルギスの直系子孫はハカス族と
されとる。ハカス族もコーカソイドの特徴もありながら、モンゴロイド化しとるよ。
 ソロンたぁ、元来モンゴル語東方の意味で朝鮮人をソロングホ云うたりする。
ダウールは高原のモンゴル人からソロンと呼ばれ、山中の北方ツングースは、
ホングコル・ソロン野性のソロンと呼ばれた。北方ツングースは誇り高いゆえ、
彼等がエヴェンキと名乗る権利を認めず、ダウール同様下等な奴らと考えとった。
ソロンは、形質上からもダウールに似ている。満洲族、北ツングース、漢人は、
ダウールをソロンと呼んでいる。

494白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/01(月) 02:36:40.61
>>489
また、われの一知半解丸出しに成ったのう。
>>487
広鼻でも黒人ネグロイドは埴原和郎氏も野性から一番遠い人種で野性に一番形質が
近いんがモンゴロイドで特に北方行くほど野性に近い。
代表的な黒人の巻き毛は野生動物にゃ不利でほとんどおらんし直毛がほとんどよのう。
家畜として品種改良で存在しとるくらいじゃし。モンゴロイドの直毛の方が
野性としては雪、雨にも有利じゃけぇのう。
>>482の歯の特徴からもモンゴロイド、特に日本人を含め北方系は肉食人種じゃけぇ、
無知な日本の知識人とやらが西洋人や黒人が肉食人種で日本人が草食人種じゃの
平気で大嘘云うけど、身体の特徴は長年の環境の身体の特徴で明かじゃし。
シベリアのような寒冷地じゃ肉食依存が強まるけぇのう。

495日本@名無史さん2018/01/01(月) 10:27:18.79
コーカソイドは北アフリカ〜アラビア半島にかけての高温砂漠気候で生まれた人種だから、
ああいう険しい形質の頭蓋になっている。

乾燥気候で狭鼻化し、かつ高温気候で大鼻化したのがコーカソイド。

多湿気候で広鼻化し、かつ高温気候で大鼻化したのがニグロイド。

ベルベル人はニグロイドからコーカソイドになる過渡期の中間人種。

496白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/02(火) 01:21:07.83
>>495
コーカソイドは、もっと北の西アジアか南ロシアあたりじゃろう。
ベルベル人は南へ行くとネグロイド形質も見られるが概ねコーカソイド形質が
圧倒的じゃろう。日本でベルベル人のハーフ芸能人云うたら沢尻エリカちゃん
じゃのう。

497白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/02(火) 01:53:24.25
>>495
ほいじゃが、ネグロイドでもアフリカ西部と東部じゃ体形が違うて、西部が骨太で
がっしりした体格でトラック競技の短距離、瞬発力の強いタイプじゃし、東部は
すらりとして長距離、持久力の強いタイプじゃが、人間の狩猟活動としては後者の
持久力の方が有利なのう。
人間の瞬発力や短距離じゃ野性動物からしたら無ぁに等しいし、五輪のボルトでも無理
じゃし、人間はネコ科の瞬発力が無ぁけぇ、イヌ科の持久力方式の狩猟で追い込んで、
待ち伏せするもんが射ったりするわけで、狩猟適応からしたらアフリカ東部じゃが、
アフリカ南部の狩猟民は、体形が小柄化しとるのう。
まあ、オリンピックの長距離ならアフリカ東部、ヨーロッパそして日本人も
活躍出来るが、狩猟方式から外れとる短距離じゃアフリカ西部体形のアフリカ西部から
強制移民させられた新大陸のアフリカ系が独壇場じゃけぇ。
野性的狩猟方式から外れとる短距離やトラック競技が文明的な遊戯スポーツなんかも
知れんのう。その点じゃアフリカ西部系が野性から遠い一番文明的とも云えよう。

498白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/02(火) 02:24:55.43
>>495
南方はアジアでも広鼻傾向じゃし。
http://livedoor.3.blogimg.jp/ko_jo/imgs/6/1/617e7161.jpg
日本人と朝鮮人は、東南アジア、中国南部、台湾たぁ違う形質で高顔(眉から下が長い)
の狭顔の北方形質じゃけぇのう。日本人でも縄文形質が強いと東南アジア人に近い、
広顔、低顔、広鼻に成るけど。

499日本@名無史さん2018/01/02(火) 07:26:21.87
鼻って、高温気候でしか高くならんの。

しかも砂漠のような乾燥気候でしか狭鼻にならない。

ドバイの人は鼻の高さが5cm以上の人が珍しくないが、朝から気温が40℃の
天然サウナに入らねばならない。

縄文顔は鼻自体は広くはないが、顔が短いため広鼻になるだけの話。

500白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/03(水) 01:58:50.76
>>499
縄文系はアイヌ民族も含め広鼻型に属するわけじゃが、アイヌ民族の鼻は縦にも
隆起しとるけぇのう。ほいから、埴原和郎氏のこっちものう。
https://awabi.5ch.net/test/read.cgi/geo/1356540935/322
「面白いのは雛人形の顔つきである。「京びな」は やはり瓜実顔で眼が細く、
鼻の幅が狭くて口が小さく、中高のふっくらした 顔に作られている。
これに対して「関東びな」はどちらかといえば丸顔で 目が大きく、鼻の幅がやや
広くて口は大きめである。
 要するに京びなは 公家顔、関東びなは庶民顔といえそうだが、その好みの境界線が
新潟、 長野、静岡の各県を結ぶ線に一致するという話もある。
雛人形の好みも 他の東・西日本文化の違いに重なる。
ベルツの薩摩タイプは多少とも縄文人の特徴を残すものであり、長州タイプは、
渡来した北東アジア人の影響を示すものと考えざるを得ない。
 島原の乱を描いた絵である。ここに描かれている足軽は、応仁の乱で略奪を働く
足軽より人のよさそうな顔つきだが、四角っぽい輪郭、団子鼻、ドングリ眼などの
特徴は見事に共通している。
一方武将たちの 顔は面長で鼻筋が通り、いかにも家柄がよさそうにみえる。
前者が縄文系、 後者が渡来系の特徴であることは改めていうまでもない。」

501白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/03(水) 02:04:19.92
>>499
ついでに、こっちものう。
http://www2g.biglobe.ne.jp/%257Egomma/archivefile/data99b.html
●関西顔? ●作者から
「日本人の顔(埴原和郎著・講談社刊)」には、「一般に北部九州、中国、近畿地方
ではやや面長、平坦、狭い鼻、うすい眉毛、一重瞼。
他の地方では四角ないし丸顔、やや幅の広い鼻、濃い眉毛、大きくて二重瞼の目」だ
そうです。
 また、「日本人の顔つきをあらわす言葉として『公家顔』『公家面』『瓜実顔』
などという言葉があります。いずれも面長で平坦、鼻が細く高く、細めで一重瞼を
特徴とします。歴史的に貴族階級に多いといわれます。しかし、一般にの庶民層を
見ても、このタイプは京都やその周辺の畿内と言われる地方に多く、女性で言えば
京美人の代表的な顔立ちです。
これに対して東日本には、丸顔で眼がぱっちりと大きく、また鼻の幅がやや広い人が
多くベルツの薩摩タイプに共通する特徴をもっています。」とありました。
その背景には、畿内は弥生〜古墳時代に百済や高句麗からの移民が多くあったことを
指摘してました。そのため以前からの縄文系顔の人々が東日本や南九州に住むように
なったとのことです。」

502白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/03(水) 02:20:44.54
>>499
縄文系は、低顔、広顔でエラが張っとるゆえ、鼻も広鼻、団子鼻に成る。
南ツングース系の北方渡来系は高顔、狭顔ゆえ、鼻も細う狭鼻に成る。
北ツングースやモンゴル高原は高顔でも広顔が多いいゆえ、広鼻タイプも多いい。
ほいで朝鮮南部も先住韓人、倭人の縄文形質の残存で広顔タイプも一定の割合で
おるよ。ネトウヨの描くニダー顔なんか、エラの張った縄文形質の強い韓国人じゃし。

503日本@名無史さん2018/01/03(水) 08:58:10.19
ニダー顔はシベリア先住民の顔だよ

504日本@名無史さん2018/01/03(水) 15:40:26.95
何の話だよ?

半島南部で山間に開拓村邑作って平和に稲作してた農民が
意味不明に稲作教えたくて、船で日本に渡って弥生渡来人になったんだろ?

で、半島に鉄取りに行ったりで任那や加羅を分捕った?
そりゃ、単に国体のない古代に国境が無いってだけの話じゃね?

そのあと、大和朝廷が軍事的国体を作って九州や半島も平定して
高句麗との戦争を重ねて、百済や新羅を保護、傀儡独立させた。
で、400年に半島利権と無縁なすぐ滅びる弱小中原国家南朝と倭の五王が利権交渉をした。

弥生渡来人が平和そうな農業開拓地から日本を繁栄させるために来た意味が不明だけど
任那、加羅は鉄や高句麗馬まで移入した日本の大陸防衛、富国強兵に必然でしょ。

なんか、時代は繰り返す的だなw 古代韓にちなんで大韓帝国建国。
てか、関東軍は大陸渡来人のせい、とかで、歴史は直視できなかったり汁ニダねwww

505日本@名無史さん2018/01/03(水) 20:39:41.69
>>504
>半島南部で山間に開拓村邑作って平和に稲作してた農民が
>意味不明に稲作教えたくて、船で日本に渡って弥生渡来人になった



では、何で最古水田・菜畑遺跡の弥生人たちは生活痕たる朝鮮土器を全く作らなかったの?


.

506日本@名無史さん2018/01/03(水) 20:55:55.39
土器が変わるのは風土、作者と土と熱源が違うからだろ。
政治や資本もあるかも知らんが縄文土器作家が弥生土器の流行を受け入れた。
渡来人は土器作家か? 船使える戦乱移民なら農民ですら無いだろ?

輸入じゃなくて難民定着まで用に持ってきたもんはちょっとくらい出てるんじゃね?
ただし、渡来人が縄文集落に安住しない段階であって当然弥生時代初期だよ。

弥生渡来人が縄文人と混ざった後なら有るもので間に合えば何の意味もない。
渡来人単体の集落遺跡なんてあんのかよ?
そりゃ、徐福だwww BC200じゃ弥生初期じゃない。

507日本@名無史さん2018/01/03(水) 22:35:16.27
>>506
考古学のセンスなし。



で、徐福集団が渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる中国系土器と中国系農具は?


.

508白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/04(木) 02:49:43.25
>>503
礼安里人骨の12号墳の人骨が高顔の北方渡来形質で、41号墳は広低顔の縄文人骨
じゃったけぇ、韓国のニダー顔は縄文顔じゃがのう。
>>504
朝鮮南部でも日本列島でも、稲作が主流に成った考古学根拠も無ぁし、記紀にある
五穀の一つとしての稲作で、食は麦食依存じゃし、日本のトンデモ歴史修正主義じゃ、
稲作投影が強いだけのことじゃし。
大和朝廷なんか記紀の奈良期以前考古学的にも飛鳥期までは確認出来るけど、
全国統一じゃのトンデモ妄想じゃし。半島の鉄は半島の倭も得ただけのこと。
九州平定じゃの天智天皇以降のことじゃし、記紀じゃ筑紫王朝の倭を新羅寄りと批判
しとることからも、旧新唐書の九州の倭と畿内の日本との区別からものう。
大和が高句麗と戦闘じゃの中国史書に無ぁし、倭の五王なんか逆に日本の記紀にも
記述されとらんし。倭の五王は伽耶の話じゃろう。ましてや、当時の日本列島に隋を
撃退した高句麗と戦える軍事力は考古学的にも無ぁし。

509白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/04(木) 03:02:04.47
>>503
ベルツ氏は、朝鮮南部は、>>500-501の薩摩タイプが多いとされとるよう、
エラの張った薩摩タイプ縄文顔も多いい。
 http://www2s.biglobe.ne.jp/~matu-emk/furanki.htm
「鹿児島県人の芸能人で忘れられないのはフランキ−堺である。特異な容貌で
一目みて、 「あ、この人、カゴシマ人間!」と思った。
あのエラの張った顔がなつかしい。」とか。 フランキー堺氏。
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/69/0000409369/15/img345d127azik4zj.jpeg
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/karatedou/20120117/20120117230519.jpg
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/8207/capture_kai101.jpg
http://img16.shop-pro.jp/PA01096/366/product/26983272.JPG?20110214152213
 典型的縄文タイプの鹿児島人顔で、ベルツ氏の云われる朝鮮南部にも多い
(マレー・蒙古系) 薩摩型容貌でもある。 どう見てもシベリア先住民の顔じゃ無ぁよ。

510白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/04(木) 03:26:31.02
>>503
北方渡来形質が強い西日本でも、我が広島でも亀井静香氏タイプの顔もおるけど、
比率としてはエラの張った顔は>>500-501のように、九州南部や東日本に多いい。
南方系低顔同様、日本や朝鮮に残存する縄文タイプも、 低顔じゃけぇ、
顔を上下に押し潰すと、エラの張った四角顔になるだけ じゃに。
http://ime.nu/www13.ueda.ne.jp/~ko525l7/s01.htm
[信州人の顔
『私が信州大学に赴任してはや20年近くなる。信州出身の同僚や職員、学生を見て
いると顔に大変大きな共通した特徴があることに気づく。皆、顎が大きく、
いわゆる、えらが張っている。京都を中心とする西日本の人たちは顔が細長く、
信州人のようにはえらが張っていない。長い間どうしてだろうと思っていた。
ある時テレビを見ていたら、縄文人と弥生人の頭骨から生前の顔を復元して比較して
いた。その復元された縄文人の顔が、私の同僚の藤本哲也先生にそっくりなことに
驚いてしまった。彼は生粋の信州人で、長野高校の出身である。同じ長野高校出身で
現在東大教授をしている。坂村健先生がいるが、日本独自のコンピューターOS
「TRON」の提唱者として有名な人である。この坂村先生、同僚の藤本先生、
復元縄文人の3人の顔がそっくりなのには驚く。信州人の顔は縄文人の顔である。』
と、中部東部に到るとエラの張ったニダー顔の縄文形質が増えるし、西日本人から
みたら、東京首都圏はニダー顔が増える意識は持っとるよ。じゃけぇ、西日本人顔は
()で、東日本人顔の典型は、<>の角張ったニダー顔でええんじゃなぁか。東日本人の
エラ張り供もが、自らを棚に上げて韓国へ転嫁しよるけぇ憐れなんよ。

511日本@名無史さん2018/01/04(木) 13:45:36.43
形質なんてどーでもいいだろ?
乳だし民族服の糞まみれ犬喰い土人が
足だし尻振りの成型芸能売春婦に変わるのに100年も要らんよ。

加羅、任那に渡ったのが、そもそも弥生渡来人なんだけど
日本に稲作を普及させて開拓して人口爆発を起こしてるのに
なんで半島渡って任那加羅作って新羅や百済の建国を導いてるんだ?

アジアは一。とか言って関東軍が里帰りしたのかよ? 
古代だよw 国が無い開拓地だったってことだろ?

日本の軍事国家形成期が200〜300年、
四郡進出の無かった半島南部の韓は300年以降。
基本的に大和朝廷の前身の軍事仕事だが、
400年には馬や製鉄の輸入での富国強兵政策は形成できてる。

任那加羅は大陸防衛に必然だった。
百済新羅を独立国として傀儡化して663年には成立した唐と海戦。
唐は勝利し百済は消滅するが、大陸緩衝材としての新羅は残った。
この間、900年までは遣唐使外交が続き、新羅は交渉材料として役立った。
これ以降は、半島国家支配者が中国貴族化しただの収奪地となり日本は手を引く。

近代以降、中国がロシア、欧米列強の侵攻に落ちると
日本は半島に防衛線となる古代韓にちなんだ大韓帝国を建国した。
戦局で日本は米国の管理下となるがなぜか韓はゆかりの38度線以南に残った。
で、ま〜た蝙蝠化してる。
スレのお題。 加羅任那とは何か? 
日本がどんなに馬鹿でも歴史に学ぶだろwww

512日本@名無史さん2018/01/04(木) 22:55:37.43
>>508-510
縄文顔は南方モンゴロイドの顔やアイヌのような人種の顔であって、
そのフランキー氏のような顔ではないよ
上で口の話が出ていたけど、中央モンゴロイドの口は小さくない
例えばチベット人を見てみるといい
チベット人にはモンゴル人のような人種の影響があり、
モンゴル人のように上顎骨が発達していたり、顔面が平たかったり、
眼窩が垂れていなくて、眉はつり上がらず、目が垂れていないようなタイプは、
口も小さい傾向があるけど、中央モンゴロイドの影響が強いタイプ、
つまりは上顎骨は発達しておらず、顔面も平たくなく(なだらか)、
眼窩が垂れていて、眉はつり上がり、目が垂れているようなタイプは、
口も小さくなく、普通のサイズの傾向がある
何なら逆に大きめだったりする
つまり、同じ寒冷地適応を遂げたモンゴロイド同士でも、
この点にわかりやすい違いがある
シベリア先住民は口が小さい
モンゴル人も口が小さい
朝鮮人も口が小さい
日本人も朝鮮人の影響で口が小さい人がけっこういるけど、
それでも、上記のチベット人を除いた集団に比べると口が大きい傾向がある
それは上記のチベット人を除いた集団に比べると、
シベリア先住民の影響が弱いからだろう
まぁ、日本人のなかでも地域差がある
例えば関西人ははっきりと全体的に口が小さい傾向がある
中国地方人も関西人ほどではないせよ、口が小さい傾向がある
これらの地域には特に朝鮮人の影響が強いからだろう
これらの地域では目や頬骨にもより朝鮮人の特徴が出ている

513日本@名無史さん2018/01/04(木) 22:57:21.03
続き
その点、そのフランキー氏も口が小さい
日本の縄文系は沖縄人やアイヌの顔を見ればわかるけど、
口は小さくない
フランキー氏のそれは縄文人の特徴じゃない
フランキー氏は口以外にも、目が細かったり、すなわち蒙古襞が発達していたり、
縄文系にしては眼窩が丸っこかったり、上顎骨が発達していたりと、
色々とシベリア先住民の影響が出ている
フランキー氏は顔が丸っこいんで、縄文人の影響があるのは間違いないと思う
だから縄文系と呼ぶのも間違いではないと思う
ただ、それにこう付け加えるべきだと思う
シベリア先住民の影響があると
さらには、日本の中央モンゴロイドと縄文人の混血の縄文系とは
こう書いて分類するべきだと思う
フランキー氏は日本の縄文系と朝鮮のシベリア先住系が混血した朝鮮南部の先住民系であって、
日本の弥生時代か古墳時代に新たに渡来した渡来系であると
これが正確な分類ではないかと思う

514日本@名無史さん2018/01/05(金) 02:00:00.70
>>513
単に弥生人だろ。

朝鮮から来てませんので。

弥生人は渡来当初、朝鮮土器をさっぱり作らなかった。

朝鮮経由したなら知っているはずの壺も高坏も知らなかった。

沿海州から山陰に直接渡来しただけですんで。

突出した口縁部に刻みが施される、朝鮮の土器文化ではない土器文化を持ってな。

あたかも朝鮮から来たかのような悪質極まりない詐欺はやめろよビビンバチョンセン。

515白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/05(金) 03:01:08.13
>>511
乳出しじゃの日本でも昭和40年代前半頃まで電車やバスの交通機関で若い母親が
赤児へ授乳させる為公衆の面前でオッパイ出しとるんも当たり前じゃったし、
日本の水田稲作も人糞肥料を撒いた田んぼで足埋めて作業しよったし、日本国内で
誘拐拉致され売春婦にさせられた「からゆき」娘子軍や桃山期の南蛮ポルトガル船にも
詰め込まれ東南アジアの日本人町の収入源も日本女性の売春の伝統すら歴史無知は
韓国へ転嫁が好きじゃのう(笑)。まあ弥生期の列島倭人も漢への生口献上の
属領奴隷民じゃったし。
日本記紀の記述じゃの、朝鮮の馬韓や辰韓の時代に百済や新羅があったと捏造する
三国史記同様、日本の記紀も捏造文書集云うことすら無視して、記紀教典信仰は、
歴史学じゃのうて宗教カルトそのものじゃなぁか(笑)。
日本の大型古墳建設の人夫動員からも朝鮮半島へ送る兵員数なんか揃えられんよ。
員数、人件費もかかるわけじゃに妄想が好きじゃのう。

516白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/05(金) 03:23:02.79
>>512-513
本土や琉球の縄文形質はアイヌ人ほど鼻が縦に隆起した人らは少なあ、どっちか
云うたら広鼻の団子鼻系が多いいわけじゃし。琉球じゃ顔面平坦度の強い縄文形質も
多いい。口の大きさは鼻同様、広顔の方が広がる確率が高いわけで、渡来系とか
縄文系の区別じゃ無ぁわ。頬骨の高さや張りも渡来系の北ツングース集団と縄文系に
顕著じゃが、チベット系や南ツングースの渡来系集団は頬骨が低く、張らん傾向も
狭顔ゆえじゃろう。
フランキー堺氏は、形質骨相からも、鹿児島典型の縄文系に成るわけじゃし。
ほいで縄文人骨じゃ、目や耳は復元出来んけぇ、縄文系の目の大きさが画一的とも
云えんわけで、日本の縄文形質は考古学的にバイカル〜シベリア樺太経由と大陸から
朝鮮半島経由の大きな二つのグループが考えられるけど、目の変化は
残らんわけじゃが、朝鮮半島経由の縄文系は朝鮮南部の縄文系と容貌が近かった
歴史的連続性は縄文期から弥生期の韓式支石墓人の縄文形質人骨からも妥当性が
あろうで。

517日本@名無史さん2018/01/06(土) 00:34:17.79
>>514
沿海州の集団の形質がわかればいいんだけどね

>>516
>口の大きさは鼻同様、広顔の方が広がる確率が高いわけで、渡来系とか
>縄文系の区別じゃ無ぁわ。

これが違うんだよね
シベリア先住民(北方モンゴロイド)は寒冷地適応を遂げていて、
口の周りが狭くなっていて、口が小さくなっている
だけど上顎骨が発達していて、頬骨なんかも張ってるもんだから広顔で、
それこそ<>こういう顔になっている
モンゴル人とチベット人を見比べてみるといい
北方モンゴロイドと中央モンゴロイド以南のモンゴロイドとでは、
口の大きさが違っている
同様に朝鮮人と日本人とでも口の大きさが違っている
朝鮮南部の縄文系と日本の縄文系とでも口の大きさが違っている
これは朝鮮と日本のシベリア先住民の影響の違いだろう
フランキー氏の口は朝鮮南部の縄文系のそれで、
つまりはシベリア先住民の顔が混ざっていて、
日本の縄文系(縄文人+中央モンゴロイド)に比べると、
上顎骨が発達していて(顔の上半分が大きい)、
眼窩も縦に伸びて丸っこくなっていて、眉毛が高い位置で八の字を描いていて、
そのスペースを埋めるように蒙古襞が鋭く発達していたりと、
色々と違っているんで、とても同一視することはできない
最近、みやぞんなる人物がテレビによく出てくるけど、
あの人の顔なんかわかりやすい
あの人は明らかにシベリア先住民系だと思うんだけど、
フランキー氏にはああいう顔が混ざっているよ

518日本@名無史さん2018/01/06(土) 00:46:46.29
口に関してもう一言二言
例えば政治家の安倍親子(晋太郎・晋三)の口なんかもそれで、
ああいう口は中央モンゴロイド以南のモンゴロイドには見られない
アイヌのような人種にも見られない
ちなみに、あれに近いのはコーカソイドの北方人種の口で、
コーカソイドの北方人種、特にゲルマン系の口も同様に小さい
特に、ご指摘の通り、狭顔の傾向があるブリテン諸島人なんかは、
口の小さい人が多い

519白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/06(土) 02:58:32.92
>>517-518
シベリアの先住民も口が広い人はかなりおるよ。しかもシベリアは[ ]顔で<>は、
古モンゴロイドの縄文系や南方モンゴロイドじゃけぇ違うで。
ほいから、日本テレビのケンミンショウで栃木は顔が訛っとるの典型はエラの張った
縄文顔と顔が細長い渡来顔じゃが、ガッツ石松さんの顔は前者の縄文顔よのう。
 「訛り顔疑惑を払拭すべく栃木県を調査。八谷幸子さんに聞いたところ2つの
系統に分かれており1つ目は顔の幅が広くてエラが張っていて顎がしっかりしている、
鼻は鼻筋が太くて肉付きが良いガッツ石松タイプ、2つ目は面長な顔で全体的に彫りが
浅くてのっぺりとした顔、目が一重で細くて垂れ下がっている益子卓郎タイプが
いるという。」
まあ、口の大きさじゃの鼻同様顔の広さによるし、イギリスの狭顔北欧人種型は
東ヨーロッパの広顔が多いんに比べたら口が小さいだけのことじゃし。

520日本@名無史さん2018/01/12(金) 20:02:12.64
魏志韓伝
韓在帯方之南東西以海為限南與倭接方可四千里有三種

三韓は方可4千里、南沿岸は倭人国
この倭人ってのは、おそらく前漢、任那加羅以前から半島にいる弥生渡来人だろ?
で、どっちからどっちに移民ってことも無くて国境無いだろ?

521日本@名無史さん2018/01/12(金) 20:15:23.02
>>516
安芸青牛は昔から盛んにフランキー堺を取り上げるが
よっぽど惹かれるタイプなんじゃろうな(笑

522日本@名無史さん2018/01/12(金) 20:22:53.38
崇神天皇=ミマキイリヒコ は本人または先祖が「任那にいた倭人」だったという説があるが。

523日本@名無史さん2018/01/12(金) 20:52:14.95
崇神は古事記に女性(賢后)だったってあるね

524日本@名無史さん2018/01/12(金) 21:36:16.16
>>523
それ本当なんか?

だったら卑弥呼かもしれんジャマイカ。

525日本@名無史さん2018/01/12(金) 21:39:16.81
年代からしてトヨでしょ

526日本@名無史さん2018/01/12(金) 21:49:53.04
>>517
石田肇のドキュメントが詳しい。

アムール沿海州の古代人骨や少数民族の形質を徹底解析している。

オホーツク文化人という表現を使っている。

古代のアムール沿海州人は至って扁平な顔面を持ち、中頭で、頬骨の突出が弱く、
至って渡来系弥生人骨に近い形質の人種に思えた。

ところが、のちに韃靼人が侵入し、形質が変わってしまったらしい。

527日本@名無史さん2018/01/12(金) 22:14:50.15
ウソーツク文化人

528日本@名無史さん2018/01/12(金) 22:28:42.72
シラケ鳥が飛んでいく

529白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/14(日) 01:43:02.33
>>521
フランキー堺氏は、>>500-501のベルツ氏の云う「マレー・蒙古系(薩摩タイプ)」の
典型容貌じゃけぇのう。ほいからベルツ氏は朝鮮南部も
「マレー・蒙古系(薩摩タイプ)」が増えることを指摘されとるよ。
朝鮮南部よりも、山口県の方が、「満州・朝鮮系(長州タイプ)」が多いいけぇのう。
>>526
オホーツク文化人は、高顔でも広顔の北アジア系で渡来系弥生人、渡来系古墳人は
高顔、狭顔のチベット東部から北東アジアに多い中央蒙古系じゃけぇ違うよ。

530白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/15(月) 01:11:51.97
また遺伝子の話になるが、斎藤成也氏は、最近、国粋主義から柔軟な姿勢に成ったのう。
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20171214-OYT8T50003.html?page_no=3&from=yartcl_page
「縄文人のDNAがアイヌ、沖縄の人たち、本土日本人(ヤマト人)の順に多く受け
継がれ、アイヌと沖縄の人たちが遺伝的に近いことが確かめられた。ヤマト人が
縄文人から受け継いだ遺伝情報は約12%だった。」
「アイヌは縄文人のDNAの50%以上を受け継いでいるのではないかと思う。
沖縄の人たちは、それより低い20%前後ではないでしょうか」と推測する。」
「衝撃的な結果でした。出雲の人たちと東北の人たちが、遺伝的に少し似ていたの
です。すぐに、東北弁とよく似た出雲方言が事件解明のカギを握る松本清張の小説
『砂の器』を思い出しました。DNAでも、出雲と東北の類似がある可能性が出て
きた。昔から中央軸(九州北部から山陽、近畿、東海、関東を結ぶ地域)に人が
集まり、それに沿って人が動いている。日本列島人の中にも周辺と中央があるのは
否定できない」出雲も東北地方も同じ周辺部であり、斎藤教授は
「うちなる二重構造」と呼んで、注目している。
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20171214-OYT8T50003.html?page_no=4
[日本列島への渡来の波、2回ではなく3回?]
斎藤教授は、この「うちなる二重構造」をふまえた日本列島への「三段階渡来モデル」
を提唱している。日本列島への渡来の波は、これまで考えられてきた2回ではなく
3回あった、というシナリオだ。

531白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/15(月) 01:30:50.21
>>530の続き。
[「第1段階(第1波)が後期旧石器時代から縄文時代の中期まで、第2段階(第2波)
が縄文時代の後晩期、第3段階(第3波)は前半が弥生時代、後半が古墳時代以降と
いうものだ。「第1波は縄文人の祖先か、縄文人。第2波の渡来民は『海の民』
だった可能性があり、日本語の祖語をもたらした人たちではないか。第3波は
弥生時代以降と考えているが、7世紀後半に白村江の戦いで百済が滅亡し、
大勢の人たちが日本に移ってきた。そうした人たちが第3波かもしれない」と語る。
のモデルが新しいのは、「二重構造モデル」では弥生時代以降に一つと考えていた
新しい渡来人の波を、第2波と第3波の二つに分けたことだという。
この二つの渡来の波があったために「うちなる二重構造」が存在している、と
斎藤教授は説く。]
じゃが、>>500-501の埴原和郎氏は、古墳期に大量渡来説で弥生期の渡来は、
九州北部〜山陰と限定された地域に多い渡来とされるし、池田次郎氏も弥生期の
中頭渡来人骨と古墳期の短頭系の本格的渡来集団を区別されとったし、後者は
日本人の特に畿内、山陽の短頭に影響のあるわけじゃが、出雲の山陰や日本海側は
中頭でも高顔の弥生的渡来形質が多いいが、畿内、山陽は、高顔で短頭の渡来形質
じゃし、弥生列島倭人の特徴と違う。関東は南関東じゃ低顔角張った顔の
縄文形質でも、短頭も目立つし、日本も地域によって特徴が違う。
まあ、古墳後期の渡来系ラインとしては、北九州〜山陽〜畿内〜東海の日本の
主要ラインよのう。弥生系の渡来者は周辺に追いやられ、縄文系は更に辺境へ追い
やられた構図は島国イギリスの渡来者の順序にも類似しとるよ。

532白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/15(月) 02:13:58.00
>>531の続き。昭和期の埴原和郎氏が生体計測資料から、
「人類学教室の助手助手をしている河内まき子さんが、いろいろ統計学的に
スクリーニングをして、信用できる計測値だけを選び出して、全国的な傾向を見ると
いう研究をつい最近完成しました。
これでみると、近畿から山陽、九州の一部、四国の一部というのはかなり似ていて、
日本の中心部を占める人たちはかなり朝鮮系に似ている。
 そのほか東海、関東、東北、北陸、山陰、九州の真ん中あたり、これがちょっと
違いまして、この地方の人たちを河内さんは周辺部の特徴を示す人たちといって、
かなりはっきり区別してます。…これを時代とともに追ってゆくと、中心部の人たちの
特徴が時代とともにだんだん周辺部にも及んでいることがはっきりわかる。…
古くから関西は朝鮮系、関東、東北はアイヌ系といわれていますが、アイヌ系、
朝鮮系という表現法はともかく国内における地域差はそうとうはっきりと
出ています。」
じゃが、朝鮮人の人骨サンプルは、埴原和郎氏が「北朝鮮系の人たちの骨とだと
思いますが」とされるよう北朝鮮系の人骨で、朝鮮南部人骨なら、多少日本の
周辺部に近うなるんじゃなぁかのう。

533日本@名無史さん2018/01/15(月) 03:11:25.69
>>529
石田は韃靼侵入以前のオホーツク文化人を広顔とは言ってなかったが。

ただし、広顔であっても全然問題ない。

形質は変わるのだ。

渡来一世の形質は分からない。

我々が知り得るのは弥生開始から400年以上経った弥生前期後半からの甕棺墓に
保護され、消失を免れた人骨からだ。

一世代30年として、渡来一世から13世代も後の人骨からだ。

弥生前期の甕棺墓の古い渡来人骨ほど広顔に近く、弥生後期の土井ヶ浜人骨に
なると華奢な細面になる。

渡来人が何波もあったのではない。

そんな痕跡どこにもない。

同じ縄文晩期の渡来人が経年変化で形質が変わっていっただけなのである。

534日本@名無史さん2018/01/15(月) 12:36:35.85
古代の人類型の話で朝鮮系ってなんだよ? 歴史的に時系列たどれないだろ?

魏志東夷伝によれば
馬韓が箕氏朝鮮系なら遼東ツングース系
辰韓が秦遺民なら、中国全土からの調達が考えられる。

そのうえで、BC200〜200年であれば、その半島南部は倭人国だろ?
弥生渡来人に半島との国境が無くて、洛陽との交易有った事実で
この時期に到れば、渡来人っていう発想自体が無意味だ。

それ以前で、弥生系渡来人が稲作を伴って移民してきて繁殖した? 
日本人は米喰いすぎてアホになったんですか? 米信仰かよ?

535日本@名無史さん2018/01/15(月) 16:53:24.26
縄文晩期の渡来人は沿海州南岸からまず山陰に渡来して、
稲作はそれから50年以上経ってから、半島からパクってきただけなんだわ。

だから最古水田、菜畑遺跡の弥生人たちは朝鮮土器を全く作らなかった。

搬入した朝鮮無文土器の壺が一基出土しただけ。

これが「稲作を持った弥生人が朝鮮南部から渡来した」だの、
「朝鮮南部から弥生人が渡来して稲作を伝えた」ように見えるなら、
全く考古学に向いてないから、今すぐ考古学をやめるべき。

稲作は沿海州南岸から渡来した縄文晩期の渡来人が渡来後に半島からパクってきただけ。

これが真相。

536日本@名無史さん2018/01/15(月) 17:12:52.51
縄文土人が弥生土器文化に移行したから弥生人なわけで朝鮮土器作ったら朝鮮土人だw

で、沿海州弥生人が米つくりみたいなめんどくさい事始めた理由は何なの?

537日本@名無史さん2018/01/15(月) 17:48:39.98
半島を訪れた弥生人が米の飯を食べてみて、美味いと思ったからパクってきたんだろうな。

弥生人たちは半島が先進文化や先進技術の先進地域だと認識していたようで、
半島の文化や技術をことごとくパクっているからな。

半島人の真似をする事が弥生人にとって、とてもイカシた事だったのではないか?

538日本@名無史さん2018/01/15(月) 18:16:18.60
米だけパクってきても作れないだろ

539日本@名無史さん2018/01/15(月) 18:38:25.63
稲作ノウハウや農耕グッズも必要だな。

古代人なら豊穣を祈る祭祀ノウハウも必要。

540日本@名無史さん2018/01/15(月) 18:48:41.70
弥生人たちは頻繁に半島を訪れていたようだから、その都度、知識や技術や
ノウハウがが蓄積されて最古水田は徐々に完成していった。

最古水田の弥生人は全く朝鮮土器を作っていない。

搬入した朝鮮無文土器の壺が一基出土しただけ。

半島人が渡来定着して作ったものではありません。

弥生人自身の手で作られたもの。

541日本@名無史さん2018/01/15(月) 19:03:45.44
徐々に完成ってw
一気に技術導入しなきゃできないだろ

542日本@名無史さん2018/01/15(月) 19:54:30.38
>>541
そりゃイネと農具くらいは一気に持ってきてるだろ。

最初の稲作はものすごく原始的なものだったに違いない。

最古水田が朝鮮半島人が作ったものなら、その生活痕たる朝鮮土器を作るはずだろ。

彼らは朝鮮土器を全然作ってませんので。

搬入した朝鮮無文土器の壺が一基出土しただけ。

繰り返す。

最古水田の弥生人たちは朝鮮土器を全然作っていない。

搬入した朝鮮無文土器の壺が一基出土しただけ。

これが半島人が渡来定着して作った遺構に見えるか?

543日本@名無史さん2018/01/15(月) 20:16:14.87
モノだけあってもムリだろな

544日本@名無史さん2018/01/15(月) 20:50:06.36
>>543
1万年前の最古の稲作はモノもなかった訳だが。

朝鮮よりも温暖なんだし、意外と簡単だったと思われ。

545日本@名無史さん2018/01/15(月) 20:57:50.80
ド素人説やね

546日本@名無史さん2018/01/15(月) 22:18:40.79
>>545
そもそも稲作がそんな複雑難解な栽培植物なら、日本全国に広まる訳がない。

おまえはただ単に半島人の渡来定着で伝えられた事にしたいチョンなだけw

547日本@名無史さん2018/01/15(月) 22:42:21.24
だめだな

548日本@名無史さん2018/01/15(月) 23:45:02.06
>>547
じゃあ何で朝鮮半島から渡来定着して最古水田菜畑に稲作を伝えた半島人たちは
搬入した朝鮮無文土器の壺を一基遺しただけで朝鮮土器を一つも作らなかったの?

549日本@名無史さん2018/01/16(火) 00:44:17.96
知らんがな

550白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/16(火) 01:17:17.74
>>533
韃靼侵入たぁ、具体的にどの韃靼か銘記せにゃあ。現実にオホーツク文化人が広顔で
あることは、石田肇氏が人骨挙げとられるじゃなぁか。
旧石器捏造応援の前例がある歴博の弥生期の起源を早める片棒担いどるんか?
古い甕棺にも広顔系がおったんなら例挙げてみんさいや。
弥生期どころか古墳期は特に西日本じゃ形質が急激に変ったし、我が広島県でも
弥生期は縄文形質が圧倒的に多かったが、古墳期から高顔の渡来形質が急増で、
世界的民族移動の世界史の普遍から逸脱しとらんし、おどれらカルト鎖国史観の
歴史修正主義が狂うとるんよ。

551白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/16(火) 02:21:02.39
>>534
>>417-419のよう日本に古代の歴史は無ぁし、朝鮮人は半島部新羅統一から朝鮮民族、
日本は記紀の書かれた奈良期に西日本においては日本民族が成立するけど、東日本の
甲信越、関東なら平安初期、東北なら平安中後期と民族の形成期は地域に差があるよ。
箕氏朝鮮なんか存在が確認されとらん伝説じゃし、衛満朝鮮から史記列伝で牧畜と
漁業が盛んじゃった燕の文化、考古学的にゃ漁撈や狩猟と共に農耕、牧畜と多産な
営みの遼寧文化圏が半島へ影響を与えたわけで牧畜の牛に付けるベルが日本の
弥生にゃ銅鐸に成るんじゃが。馬韓は、獰猛でも降伏した敵にゃ寛容な習俗を持って
おったが、支石墓から遼寧の影響が強いわけじゃし、北方影響もあるが、農耕比重が
強い縄文形質が多かったろう。辰韓は、楽浪を同胞としたことや、元来チベット系
牧畜民系の秦に似た言語と書かれとるし、遼寧青銅文化の影響も強いし、
任那伽耶地方の弁韓も後に侵攻征服した北方木槨墓人が壊すまでは、楽浪式じゃった
し、遼寧文化の混じった漢文化の影響は強かった。これら韓の沿岸部の住民は倭人と
呼ばれたし、半島東北のワイ族も、中国語で倭と同音で、作家の松本清張氏が、
濊は中国語でwei倭もweiと関連があり、 濊の一部族、邪頭昧族を出雲の枕詞
「やつめさす」、それが故国の名前を 持って来てヤツメ・イズモではないかと
されたが。
じゃが、世界的北方民族南下で、百済も扶余系自称の高句麗文化支配層の国に
成ったし、新羅も辰韓と習俗が違うに成ったことを北朝から疑われたんも当然で、
遊牧民スキタイ式の積石木槨墓人が支配層の非中国的で西アジア的な黄金文化の国に
成ったし、任那伽耶も支配層が北方木槨で、これらの支配層が古墳期に大量移住して
来るわけで、蘇我氏のピラミッド式高句麗様式古墳も、高句麗系か高句麗系の百済人
じゃった可能性が強いわけで、百済が滅ぶ前からも大量の渡来系ゆえ、近畿や山陽は
渡来系そのものの体質に成ったとも云えよう。稲作じゃの日本でも主要産業じゃ
無ぁし、日本人の農耕主食は麦じゃったけぇのう。

552白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/16(火) 02:35:04.38
>>537
米は温度差が激しい朝鮮の方が美味しいし、北大路魯山人氏も李朝に献上した米を
最上とされとるのう。まあ、朝鮮でも北朝鮮から満州の米が一番美味しい。逆に
不味いのが米産地の中国の江南の米ゆえ、炒めて食うたほうがええ。
日本でも気温の高低差が激しい地域の米が美味いし、我が広島県でも山地豪雪地帯の
県北の米が美味しい。じゃが渡来系弥生人は平野部で米作りよったけぇ
不味かったろうのう(笑)。

553日本@名無史さん2018/01/16(火) 12:23:56.82
へー、そーなんだ。すごいね!

>日本に古代の歴史は無ぁし、朝鮮人は半島部新羅統一から朝鮮民族、
>日本は記紀の書かれた奈良期に西日本においては日本民族が成立する

まで読んだだけで、頓珍漢すぎて感動した。
米の話は酷過ぎw

554日本@名無史さん2018/01/16(火) 16:20:44.66
>>550
じゃあ縄文晩期の渡来一世の人骨を見せてくれないか?

あんた、形質が半永久的なものと勘違いしてるだろ。

形質が半永久的なものなら、今も世界中の人々がコイサン人と変わらない形質のはずだろ。

我々が知り得るのは縄文晩期から500年以上経った弥生前期後半の甕棺墓時代に
なって甕棺墓に保護された渡来一世から16世代以降の、渡来一世とはかなり形質が
変わってしまった渡来人骨だぞ。

吉野ヶ里、金隈あたりの初期の甕棺墓の人骨の頭骸ほど簡単に言うとゴツくて、
あまりシャープな頭骸じゃないんだよ。

ところが、弥生後期の土井ヶ浜人骨になると華奢で狭顔のシャープな頭骸になってくる。

両者間の時間差は3〜400年間くらい。

3〜400年でこんなにも頭骸は変わってしまうんだよ。

吉野ヶ里、金隈から土井ヶ浜までの経年変化から縄文晩期の渡来一世の人骨を
シミュレートすると渡来一世が広顔であっても何ら不思議ではないんだよ。

555日本@名無史さん2018/01/16(火) 17:05:46.78
>>551
百済、高句麗が滅んで、大量の亡命帰化のときでさえ、全部合わせても朝鮮帰化人は
1万人くらい。

それ以前の帰化する必要のない時代の朝鮮帰化人の総数は、卑弥呼時代から秦氏を経て
白村江までせいぜい数千人規模だろう。

トータルでも2万人行くか行かないか。

日本人口がすでに300〜500万人くらいの時代。

比率にして1%にも満たない規模だぞ。

日本人種にそれほど大きな人種的影響を及ぼしたとは考えにくい。

556日本@名無史さん2018/01/16(火) 17:32:28.47
『サカキバラ事件』?

宣伝でもしているんだろう、
と言っている人がいたけど、なぜだと思う

もれ(仮)も、そう思っていたんだけど

被害者、土師氏?

557日本@名無史さん2018/01/16(火) 17:36:40.87
『ザ・モモタロウ』という作品、
『ドラクエ』・・・その他

558日本@名無史さん2018/01/16(火) 17:42:18.44
「むこうにカメがいるよ」

浦島太郎?小学校の頃、演じたことがあるんだけど、ウラシマの役。

『松傾』

559日本@名無史さん2018/01/16(火) 17:43:58.40
でも関西人ではないよ

560日本@名無史さん2018/01/16(火) 18:03:15.15
詳しいことは、わからないけど


そうか、そうか
と言っている人がいたり

冤罪事件?

561日本@名無史さん2018/01/16(火) 22:21:18.94
スレの本論に戻っても良いかと思うが

倭人伝の謎、投馬国 というのは半島南岸のほぼ全部で5万戸だろ?
つまり、半島南岸には邪馬台国に属する狗邪韓國以外の半島南岸倭人が5万戸ある。

九州北岸の宗像北九州が卑弥呼の九州北部連合に属していたと言えるか?
九州北部連合の邪馬台国は弱小であり半島南岸の倭国は案外でかい。

邪馬台国当時に大和朝廷勢力=宗像出雲の日本海海神族は半島に進出していた。
って、ことじゃないのか?

562日本@名無史さん2018/01/16(火) 22:34:01.12
>>561
771日本@名無史さん2018/01/16(火) 21:22:05.33
北部九州にあったとされる邪馬壹國は
南にあった邪馬台国の属国扱いされてたんでしょ
魏志倭人伝に記録されてある記述よると
「邪馬台国より以北には,特に一大率を置き,諸国を検察せしむ。」
邪馬台国より北方の国々を検察する為に
北方の国々に派遣され部署も存在し官人も駐留してたぐらいだから
卑弥呼を中心に倭人の邪馬台国はある程度の官僚制度が整っていたのがわかる

563日本@名無史さん2018/01/16(火) 22:34:08.64
>>561

出雲勢力は朝鮮半島南部の資源なり鉄器を大規模に入手していたんだっけ?

564日本@名無史さん2018/01/16(火) 23:02:47.92
>>562
魏の帯方郡は邪馬台国を冊封し、各国に官を置いた。
女王国の北に特に一大卒を置いて輸出入や入国管理を行い自由貿易を制限した。
これは、帯方郡使の言い回しであり、郡使の利権独占行使の証拠と考える。
引きこもりの卑弥呼にはそんな政治的外交統治センスは無いんじゃね〜のwww

565日本@名無史さん2018/01/16(火) 23:11:27.97
帯方郡使は卑弥呼連合の各国に官を置いた。
統治能力、外交センスのない国に何をしに来たか?
不平等条約だろwww

アホでもわかるだろ?
考古学とか歴史学者って世間知らんの?

566日本@名無史さん2018/01/16(火) 23:14:12.29
郡使が各国に官を置いたならそう書くだろ

どうみても和名の官が置かれていた
イコール
倭国が女王のもとに統一されていたのが

そんなに悔しいか?

日本人じゃない人にとっては?w

567日本@名無史さん2018/01/16(火) 23:24:08.53
官有 の主語は大和朝廷か?
なら、主体の朝廷の存在が出てくる。

ここでは、官 は魏または帯方郡に雇われた 官 である。
官 自身が倭人なら、役目は案内かスパイか通訳か理解できないかも知らん。

これを置くことで魏が倭を冊封したことになる。
無能な魏使は仕事をしに来たwww

568日本@名無史さん2018/01/16(火) 23:26:31.73
>>567
はい、日本人じゃない人が破綻しましたw

569日本@名無史さん2018/01/16(火) 23:42:32.28
倭人伝における官有の国は基本的に魏の属国である。
そういう国は畿内には無い。

570日本@名無史さん2018/01/16(火) 23:55:37.62
>>569
いかにも九州説のふりをして
実は日本独自の古代政権を否定しようとする
日本人じゃない人のこざかしい努力

571白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/17(水) 02:47:28.48
>>553
具体的反論無しの揶揄はネトウヨの嘘こきトンデモの真似そのものじゃなぁか。
>>554-555
縄文晩期に渡来系新モンゴロイド人骨自体無ぁし。金隈は土井ヶ浜以上に古墳期や
現代日本人に近い狭顔形質じゃが。
人口論は他板過去スレでも、歴博が今よりましじゃった昭和期の小山修三氏の見解ものう。
 165 : 白馬青牛 ◆xl7k5goxM379 2011/09/04(日) 00:32:32 ID:iyhAGE8+
大量渡来説でも、マッケビディ&ジョーンズの年平均0,04%とすると、 更に大量渡来
じゃし、0,1%以下じゃ無い限り、幸せ回路の数値じゃろう。 それを人口増加の高い
数値を出して、「0,1%程度」じゃの田中良之氏の 学者としての良心のかけらも無い
云うことじゃが、中橋考博氏の近代 人口増加モデルを古代に使うレトリックの
援護工作じゃけぇつまらんよ。
埴原和郎氏は、年人口増加率を考えられん数値の0,2%の数値すら出しておられるんに、
中橋氏らは、都合の悪い数値は一切出さずレトリック工作するけぇ恥を晒しよるのう。
 166 : 白馬青牛 ◆xl7k5goxM379 2011/09/04(日) 01:11:37 ID:iyhAGE8+
 東アジア一帯の例として漢末〜三国時代の6000万〜600万への激減は
文献資料じゃけぇ、実際10分の1まで減って無いにしても、人口が
半数以下に激減は充分考えられる。そのことは、日本列島でも
倭国大乱の同時代現象で弥生後期も人口の半数は激減したろう。
ここの倭国大乱の戦死者数による減少は少な過ぎる。
白馬青牛 ◆xl7k5goxM379 2011/09/04(日) 23:54:49 ID:iyhAGE8+
 小山修三氏は、奈良期は540万とも云う。弥生期の減少を含んでおらん
数値で問題があるが、約60万から奈良期の約540万ほど奈良期〜江戸期の
人口増加は伸びとらんよ。日本における人口増加は民族大移動期の
古墳期と近代明治以降になってからじゃ。

572白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/17(水) 03:12:20.64
>>554-555
小山修三氏は、日本の人口で古墳期が約540万人、弥生期が約60万人、縄文晩期が
約7万6千人、縄文後期が約16万人、縄文中期が約26万人で、縄文晩期は
人口減少じゃし、渡来要素も乏しい。弥生後期の世界的人口減少を小山氏はデータに
入れておられん問題もあるが、本土日本人の半数以上は古墳期以降の渡来に間違えは
無あし、近畿や山陽じゃほとんどよのう。日本の東日本や、西日本でも外側の
日本海側や太平洋側は、古い縄文や弥生残存もあるけど、古墳期の大量移住が
全体じゃ圧倒的じゃし、世界の民族移動期現象の普遍からも逸脱しとらんよ。
ほいから、記紀以降の帰化も近江以東関東じゃし、関東の武蔵の高句麗人に
約二千移住のように人数が書かれとるもんがあるが、信濃の高句麗人は
五部族揃いでも移住数が書かれてとらんが信濃の高句麗式積石塚の分布から
関東の何倍の移住者も推測出来るし、エラまの張った縄文残存の信州でもそうじゃし、
畿内や西日本は把握出来んほどの渡来移住者が多かったんは必然で、現代近畿、山陽の
容貌からも明かじゃけぇのう。たった2万じゃの縄文度の強い東日本でもあり得んよ。

573白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/17(水) 03:34:35.41
>>561->>569
人口は遺跡数からの分析で、文献の数えてもおらん常用句たぁ違うわけじゃし。
まあ、距離なんかもデタラメよのう。遠いか近いかのアバウトじゃし。

邪馬台国は漢の属国ゆえ、生口(奴隷献上)じゃし、楽浪に逆らう馬韓の方が
不屈の精神じゃったよ。
今の日本の安倍政権も米国宗主国様々じゃが、弥生期の属国奴隷根性継承しとるのう。
列島の倭に統一が無ぁけぇ、中国史書じゃ列島の倭の村落数をようけ書いとんよ。
古墳期の隋書ですら阿蘇山の記述はあっても、畿内の難波や飛鳥の記述は無ぁけぇ、
倭は九州までよのう。旧新唐書でも、倭と畿内王権の日本は区別しとるし、
日本の記紀じゃ、筑紫を磐井の乱から新羅隷下の敵国扱いから、畿内王権と九州は
反目関係と云えよう。筑紫や吉備、出雲も君姓で畿内王権の天皇家と同格扱いの
時代じゃし、東国は直姓が多く畿内王権の天皇の直属隷属の権威を利用したけぇのう。

574日本@名無史さん2018/01/17(水) 03:58:51.99
うざいな、この田舎もん

575日本@名無史さん2018/01/17(水) 10:47:34.27
>>563
九州と無縁の青銅器と鉄がどのルートで出雲に入ったか?

投馬国=4千里四方の三韓に接する、
半島南岸の倭人諸国が、5万戸であれば、成立する。

これらは不属女王国である。

576日本@名無史さん2018/01/17(水) 13:31:20.92
>>571
縄文晩期に人骨を護る支石墓や甕棺墓があるのかよカス。

ぜんぶ酸性土に溶けて消失してしまった。

土井ヶ浜人骨が甕棺墓でないのに奇跡的に遺れたのは海岸の砂浜の貝カルシウムに
護られたからだ。

縄文晩期に山陰に現れて西日本中を乗っ取ってしまった弥生開始土器を考えても、
弥生早期の新町遺跡の支石墓から出土した北方モンゴロイド形質を帯びた混血人骨が
形質上の日本最古の渡来人の痕跡である事を考えても、渡来人が縄文晩期に
やって来たと考えざるを得ない。

577日本@名無史さん2018/01/17(水) 14:23:44.30
>>572
もう気の触れた基地外の投稿だな。

古墳期の人口が540万人いて、本土日本人の半数以上が古墳期以降の渡来なら、
300万人くらい古墳期に渡来した事になるではないか。

馬鹿馬鹿しい。

2兆%あり得ないね。

300万人も渡来したなら、もうそこかしこから韓式土器が出まくるではないか。

それに古墳期に300万人も渡来しといてだ、何で百済と高句麗の滅亡時は
1万人なんだよカス。

だいたい300万人も日本に行ってしまったなら、半島から人がいなくなってしまう
ではないか。

半島側にそうした記録も報告もないじゃないか。

脳にウジが湧いているとしか思えんな。

卑弥呼時代から百済・高句麗滅亡までの朝鮮帰化人のトータルは
2万人行くか行かないかが妥当な数字。

578日本@名無史さん2018/01/17(水) 16:14:43.00
>>575

朝鮮半島東岸から出雲や越の国まで船で来ることはできたはずだが。

当時の航海技術でも。

579日本@名無史さん2018/01/17(水) 17:38:13.14
>>572
300〜400年の甲斐信濃の高句麗人は
朝廷の勅営御牧に連れてこられた軍事管理された牧童であって遺民とは違う。
高句麗墳墓と同時に軍事担当の大伴氏など管理者の前方後円墳を伴うのが特徴。

百済、新羅の建国や高句麗との戦争と同時期の牛馬の移入が
大和朝廷によって成されたことの痕跡であって
この時までに、邪馬台国当時の九州王朝が東遷してる暇など無いことを物語る。

武蔵の高麗は戸籍管理されたこれら分散した高句麗人を一定地域に集めたのであり
強制連行に近く勝手に移民してきた渡来人という種類の遺民ではない。
どういう教育を受けるとそんな頓珍漢な歴史認識になるんだ?
もはや、感動したよwww

580白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/18(木) 02:04:00.31
>>575
距離何千里じゃの人口万戸なんか、遠いか近いか、人が多いか少ないかの中国文献、
白髪三千丈にも通じる常用句で、列島の倭の戸帳なんか無ぁわけじゃし、調べようが
無ぁけぇのう。邪馬台国も生口(奴隷)献上の憐れな属国よ。
>>576
甕棺も支石墓もわしゃ弥生期じゃ云うとるし、土器厨が縄文晩期渡来トンデモ唱えよる
だけじゃし。新町遺跡は他スレでも縄文人骨と指摘しとるし、人骨からも明かじゃ
なぁか。
>>577
わしゃ、>>571-572の小山氏と違い、中国の黄巾の乱以降の人口減少同時代現象と
して、同時代の弥生期の倭国大乱から人口減少から、弥生期の60万は半数の30万以下に
減ったと考えるし、古墳期からの渡来系は400万以上は見積もれるけどのう。
半島の方は戦乱で兵力に靺鞨や北朝胡族系が多かったように、それらが日本列島へ
渡来し、東漢氏の古墳とされる新沢千塚から鮮卑文化が認められるよう半島からだけ
云う思い込み概念が既に狂うとるよ。しかも、朝鮮半島の戸帳の記録すら中国史書でも
確認しとらんのに、われが勝手に判断たぁ、脳にウジが湧いとるのう(笑)。

581白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/18(木) 02:37:46.77
>>577
戸帳、戸籍じゃが、トンデモネトウヨ寄りの岡田英弘氏が中国の戸籍を額面通り
受けとられ、後漢の5千万から黄巾の乱から半世紀で戸口450万以下として三国時代は
10分の1以下に激変し、事実上漢族の絶滅とまで云うとられる。
北方から侵入したトルコ系モンゴル系ツングース系、チベット系の「五胡」移住の
北朝を新しい漢族からの人口増加で唐代は4千万台の人口で、元・明朝になると
6千万台とされる。
まあ、城郭都市や農村から避難した流民の戸口に調査されん人らがおるけぇ大袈裟
過ぎるが「白骨が草木の下に散らばる」黄巾の乱以降の人口減少は否定出来んし、
岡田氏も誇張は兎も角半数以下に減ったろう。
日本列島なら、家畜免疫の無ぁ縄文系や豚飼育はしても牛に免疫が無ぁ弥生渡来系も
疫病で人口減は中国よりも深刻で弥生晩期から古墳前期は日本列島の人口は少なくとも
半数以下に減少し、絶滅に近い中、古墳渡来系と混血した人間のみ生き延びた状況に
なったろうのう。

582白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/18(木) 02:47:54.10
>>577
ほいから、縄文派江南派のネトウヨ寄りの国粋主義の安田喜憲氏も牛型結核菌の疫病で
人口が半数以下に減少したことを指摘されとるのう。
http://akatonbo-jo.cocolog-nifty.com/jo/2004/07/post.html
「・麦作・牧畜文明は崇神天皇から大和で始まる。ここで、崇神天皇5年に結核病
(牛から)が大陸からもたらされ、半数の国民が死ぬ。その後、天然痘。
インフルエンザ、ジフテリア等の北方民族の疫病が古墳時代に始まる。」
まあ、国粋主義の安田氏の和魂洋才じゃの長江南方誘致なんはトンデモじゃが、
気候変動からの地理歴史学のローマや漢の古代文明の崩壊から北方民族南下征服に
よる中世の始まりの普遍性だけは認識されとってじゃのう。

583白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/18(木) 03:05:59.02
>>578
出雲は高句麗らの新渡来人と共に越(古志)侵攻で糸魚川の翡翠を奪い新羅へ転売
したけぇのう。
>>579
信濃の高句麗人や甲斐の百済人が帰化申請したんは平安初期じゃし、それまで
独立勢力で、ましてや大伴氏や畿内政権とも関連性が薄過ぎるんよ。
大和朝廷じゃの統一概念が西日本にも無かったし、東日本でも関東以外乏しい時代で。
信濃の高句麗人らが部族名で生活しとる時点で小高句麗国じゃし。
武蔵の高句麗王族は信濃の積石塚の古い移住と違い亡命者ゆえ、関東の高句麗移民への
協力による軍制組織じゃし、高麗朝臣福信のように、従三位云う畿内中央上層貴族
にも成れたわけで。

584日本@名無史さん2018/01/18(木) 14:36:37.12
>>580
もはや脳など無く、頭にウジしか詰まってないようだな。

だから記憶力がないんだろ。

新町遺跡からの出土人骨は縄文人骨だけじゃなく、北方モンゴロイド形質を帯びた混血人骨も
出土していると何回も言ってるだろ。

もうこれで3回目だぞ。

ここまで記憶力が悪いという事は、あんた大卒じゃないよな。

それに弥生人が縄文晩期に渡来したというのは定説じゃないか。

トンデモはあんただよ、あんた。

585日本@名無史さん2018/01/18(木) 15:11:51.56
>>580
古墳期からの渡来人が400万人以上って、400万人も渡来定着した痕跡遺構が
どこにあるんだよ?

それが事実なら、古墳期の遺構は生活土器レベルで韓式土器がわんさか出土する
韓式土器遺構が大半のはずじゃないか。

百済・高句麗滅亡時に大量発生した亡命帰化人でも1万人行かないんだぜ。

馬鹿馬鹿しい。

2兆%ない。

卑弥呼時代から百済・高句麗滅亡までの朝鮮帰化人のトータルは
せいぜい1万5千人行くか行かないかだろう。

586日本@名無史さん2018/01/18(木) 15:14:26.85
そろそろ頭の病院に行く時間だぞ

587日本@名無史さん2018/01/18(木) 15:15:47.40
他のスレの話になるけど、
倭猿、倭猿、言っている人がいたでしょ

『倭猿』

588日本@名無史さん2018/01/18(木) 15:26:29.92
日本にいる右翼?皇国何やら〜・・・不明、
何だか知らないけど、ほとんど、騙り、成り済ましだと思う

もれ(仮)が「関係ない」「知らない」と言っているんだから、
そうじゃない?

589日本@名無史さん2018/01/18(木) 15:39:36.91
『311 被災地』

こういうのも、そうだと思う

とあるスレを読んでみると、
誰々って川崎に住んでいるんでしょ
と言っている人がいたり

590日本@名無史さん2018/01/18(木) 16:01:03.33
例えば『神倭』『倭健』

というのは何なの、
漫画に出てくるキャラクター?

591日本@名無史さん2018/01/18(木) 18:20:45.46
弥生から古墳期にそんな大量の渡来人が来たとして、
日本語が滅亡してないのは何故なんだ?
我々が使っているやまとことばは、古代朝鮮半島語なのか?
大和朝廷は日本語で百済や高句麗と外交してたのか?

沖縄首里方言と日本語の類縁関係をどう説明するんだ?

まさか、古代百済大帝国が東シナ海沿岸を支配していて、日本人はその生き残りなのか?
今朝鮮半島にいる輩は、我々の先祖を追い出した蒙古や満州や鮮卑なのか?

592日本@名無史さん2018/01/18(木) 22:25:44.78
>>591
稲作を伴って弥生土器文化で渡来した弥生渡来人の事なら古墳期に来たんじゃ手遅れです。
時系列も無視して頓珍漢な歴史認識を押し付けて議論を意味不明にするのは半島系の常套手段です。

卑弥呼系みたいな弥生渡来人が配流されて未開の半島南部の開拓に行ってるとかw 
国策死刑で話になんないんだけど、ネラー的には、どうすんだよ?
白馬鹿牛はど〜でもええがのw

593日本@名無史さん2018/01/18(木) 22:59:49.64
>>592
稲作を伴っていません。

稲作は弥生開始土器の登場よりも50年以上あとなんです。

つまり稲作は渡来して50年以上経ってから半島南部からパクってきただけなんです。

それが証拠に最古水田・菜畑の弥生人たちは朝鮮土器を全く作っていません。

搬入した朝鮮無文土器の壺が一基出土しただけ。

この人たちが半島から渡来した人たちに見えますか?

彼らは縄文晩期に沿海州南岸から朝鮮半島経由せずに山陰に渡来定着して
前池式刻目突帯文土器をもたらした謎の北方系の人々。

この人たちの形質が日本全国に拡散しただけなんです。

594日本@名無史さん2018/01/18(木) 23:10:12.70
>>593
水稲だったら水田遺構など残るけど
陸稲だったら実質なんの痕跡も残らないから
陸稲を伴ったと考えてもいいんじゃないの?
その後で水稲を半島南部から導入

595日本@名無史さん2018/01/18(木) 23:19:50.96
なら、縄文土器作家が弥生系土器の流行を取り入れた理由は何だと思いますか?
船もろくにない時代に渡来人で人間が入れ替わる?
ろくなメディアもないのにおフランスや外国製トレンド?

はっきり言うと稲作で貯蔵以前から豆でも木の実でも壺は要ると思いますが
弥生渡来人に稲作が普及したことが結びつくという日本人の米好きには呆れます。
昭和でも貧乏人は粟稗や大根飯、麦を食え馬良いだけのことなのに。

596日本@名無史さん2018/01/18(木) 23:26:00.61
取り入れてない

世界の歴史は農耕民族が狩猟採集民族を追いやる歴史
農耕民族は食料を安定生産して人口が増えていく
農耕民族は食料を長期保管できるから官吏や兵士を養って国力が増えていく

結果、人口増加率や軍事力の差で、農耕民族が狩猟採集民族を追いやっていく

597日本@名無史さん2018/01/18(木) 23:30:26.02
>>594
陸稲でも農具や稲籾、籾殻、炭化米などのイネの現物の出土といった痕跡遺構が
遺るはずだろ。

菜畑遺跡より前の農具やイネの現物が出土した痕跡遺構はありません。

598日本@名無史さん2018/01/18(木) 23:31:42.93
>>597
遠賀式土器の人たちは?

599日本@名無史さん2018/01/18(木) 23:42:36.76
>>595
一番最初の弥生土器、前池式刻目突帯文土器には壺も高坏もありませんでした。

この事からも彼らが朝鮮半島から渡来した人たちではない事が分かります。

壺や高坏は稲作をパクって少し経ってから、同じく半島からパクった事が
山ノ寺式刻目突帯文土器の出土層から分かります。

600日本@名無史さん2018/01/18(木) 23:44:44.30
縄文土器の特質は祭祀的デザインかと思います。
集落で共有して原始共産制社会で数日で腐る食物も共有した。

採集や狩猟では自家消費できないもの、集落の縄張りで共有する木の実等が主食。
弥生土器は集落の共産制の意味が薄れた何かが有った時代への変化かと考えられます。

支配階級で米が通貨価値を持ち開墾荘園労働者が発生する以前で
弥生土器への変化が有った? 

まあ、作者は売れるものを作る。 
渡来人が持ってきたのは通貨、か これに伴う市場。 単にこれか?
古代商人は多分、黒曜石、翡翠の出雲だぞ。

601日本@名無史さん2018/01/18(木) 23:46:33.91
黒曜石、翡翠の出雲だぞ

黒曜石、翡翠の越っしょ

602日本@名無史さん2018/01/18(木) 23:47:44.70
>>598
遠賀川式土器は弥生開始から200年以上経った弥生前期以降の土器だぞ。


縄文晩期→弥生早期→弥生前期→弥生中期→弥生後期


勉強が全然足りない。

もっと勉強しろ。

603日本@名無史さん2018/01/18(木) 23:52:10.76
>>602
つまり渡来人あるいは現地人でもいいが
による東方波及は
何度も繰り返して波状的に起こったわけですな

604日本@名無史さん2018/01/19(金) 00:02:11.20
縄文〜弥生、土器の変化に日本全土である程度の同時代性をもって必然性があった。
稲作と人間の変化を伴う必要があるか?

人類学的DNA研究は進行中のようだが期待できると思う。
全く頓珍漢なのは骨格の形質や渡来経路の推測で半島が日本に文明を教えた説だろ?

日本人は百済や新羅を開拓した古代韓にちなんで、大韓帝国を建国しちゃったから
歴史認識を改めなければならないw んだけど
そんなことで、歴史を直視できんのかよwww

605日本@名無史さん2018/01/19(金) 00:08:37.47
半島は先進文化や先進技術をパクっただけの場所。

渡来人の故郷ではありません。

渡来人の故郷は沿海州南部ですよ。

606日本@名無史さん2018/01/19(金) 00:20:48.37
渡来人ってのは弥生渡来人に限定しないでも
百済や新羅の皇太子も人質渡来人だし、高句麗牧童も強制連行たし
半島開拓に行ったのは日本で暮らせた縄文人じゃない
沿海州から意味不明に来た弥生渡来人だし
でも、渡来人の卑弥呼は半島系じゃね?

現代で半島系渡来ナマポ60万人とかだろw
なら、俺も弥生系だしw とかなwww

607白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/19(金) 01:56:42.19
>>584
新町遺跡の人骨挙げてみんさいや。縄文形質じゃ解るけぇ。われも言い訳渡来人骨
繰り返しよるのう。
>>585
百済の亡命先は突厥(トルコ系)まであったけど、日本へ亡命した数は南下移住の多さから
相当数じゃろう。ほいから、古墳期の日本は朝鮮半島からの遺跡ばっかしで、
朝鮮系の須恵器の生活ぶつから墓制、副葬品までのう。
>>591
高句麗語は数詞からも今の朝鮮語よりも、上代日本語に近い。大和朝廷が高句麗や百済との
外交事実は確認出来んし、大和朝廷自体が西日本を統一しとった根拠すら無ぁわけじゃし。
琉球語は15世紀以前の言語記録が無ぁけぇ日本語化の時代くグスク期と推定以外の根拠も
無ぁけど、琉球語は日本語と違うて中国江南訛りで、元々言語が違うとった可能性は強い
けぇのう。日本語は朝鮮語訛り抑揚か北朝鮮や満州に残っとるズーズー弁じゃし。

608白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/19(金) 02:14:10.96
>>591
橋本萬太郎氏「言語の方からみたらーとくに発音の組織の面に限っていうと、沖縄の
ことばは、日本語じゃありませんね。しかも、その特徴は全部、大陸の、なかでも
沖縄と相むかいになった長江(揚子江)下流域の言語だけと共有しているわけ
なんですよ。今までの言語学に、こうした事態をちゃんと扱える視点がなかった。
だから、問題にしませんでしたね。しかし、こういうことをいうと、あえて
沖縄県というけれども、沖縄県の人から反感を買いそうですね。つまり、無理に
大和民族にされちゃった人たちは、大和民族と思っていますよ。これだけ
人権思想が普及した現代では、少数民族を形成した方が、沖縄の人びとの権利が、
よほど守られる可能性があることを、考えてみてもいいと思う。
戴さんとは、よく意見が合ってしまうな。」
 こういう展開になると、国家嫌中の文化親中のネトウヨ派岡田英弘氏は口を
はさめんね。 ほいじゃが、岡田英弘氏言語アドバイザーの橋本萬太郎氏の「沖縄の
琉球語は、江南の漢語発音」は、昭和期の日琉同祖論盛り上がりに採り上げられん
空気が学会にあったけぇのう。本土日本語は朝鮮訛り北方言語じゃが、沖縄な
江南訛りの南方言語系統が元来の言語と思われる。
イタリア南部移民が多かったアルゼンチンがナポリ訛りのスペイン語と揶揄される
ようにのう。

609日本@名無史さん2018/01/19(金) 02:25:38.86
沖縄県に自治権拡大なんか認めたら、在日米軍は成り立たないよ。

610白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/19(金) 02:42:43.96
>>592
嫌韓のカルト宗教政治論こそ学術に無関係でしかもトンデモ歴史修正主義唱えて
どうすんなら?
稲作じゃの記紀ですら五穀の一つに過ぎんのに稲作強調の「慕夏主義」の朱子学の総本山の
江南稲作に近づけたい意図が日本のカルト国粋主義者にゃ強いけぇのう。
>>594
陸稲の原始的半栽培なら日本の縄文期でも出来たわけで、江戸期の猟師も、猪追うた
山に稲の種を捲いて自然に出来たもんを採りに行く伝統も永かったよ。
>>595
日本人の多くが米を主食と出来たんは、昭和の戦後の高度成長期で、わしとも血の繋がりがある
池田元首相が「貧乏人は麦を食え」云う問題発言に成ったんじゃが、池田の地元の主食は
芋と麦じゃし、米は酒造りの加工品にするけぇ、裕福な家のもんしか食えなんだんよ。
元来、広島県は味噌も西日本の麦味噌文化圏でお菓子の煎餅も麦じゃったけぇ、
わしが子供の頃は東京の米煎餅が珍しかったけぇのう。今でもお菓子の麦系は西日本、
米系は東日本が多いいし、西日本人はさほど米に愛着が無ぁよ。
広島人ならお好み焼きに今の季節の鍋物でも締めは鍋汁に麦の麺類で、
東日本の米雑炊云う文化は無ぁし、米じゃの週に2〜3回くらいしか食わんよ。

611白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/19(金) 03:11:06.19
>>596
世界の歴史なら半農の牧畜民か都市、農耕民族を征服繰り返しが歴史の普遍じゃし。
東南アジアのローカル形態をわれは云うとるのう。
東南アジアはポリス的港市が交易の富で焼き畑狩猟の山の民を収奪や奴隷化する
形態じゃが、ユーラシアの古代文明と周辺じゃ半農牧畜で狩猟や漁撈の多角的営みの
山の民が平地定住農耕民を征服支配する形態じゃし、日本もその一つじゃったんよ。
>>601
縄文期から翡翠は糸魚川の古志よ。出雲は北陸の古志を征服し、強制拉致した連中を
出雲の古志郷に集めて生産され新羅に転売したわけじゃが。
>>606
日本書紀じゃの三国史記同様史実にじゃ無ぁ神話物語じゃし、根拠にならんわ。
しかも信濃の積石塚築いた高句麗移民も、高句麗が積石塚時代の5世紀の移住と
考えられとるし、平壌時代からの高句麗の盛土塚じゃ無ぁわけじゃし。
>>609
沖縄は明治以降の統治植民地じゃけぇ、世界から見たら日本は台湾や朝鮮を敗戦で
失うても、沖縄執着の帝国主義の時代錯誤と見られとるわけじゃし、国連が沖縄を
少数民族としての見解じゃし、アメリカも日本へ管理させた方が反米矛先が日本へ
行く方が得じゃけぇのう。まあ、海洋利権なら日本も沖縄も排除で米中で利権を
分け合うわけじゃし。

612日本@名無史さん2018/01/19(金) 10:11:37.79
無用の長物というか無能の長文対策で歴史板ではあぼ〜んブラウザを復活させました。
名無史なので失礼は発生しないと思いますが、ご報告。

613日本@名無史さん2018/01/19(金) 12:05:53.38
>>607
「 新町遺跡は既に混血人骨  日本の古代史 」で検索すればすぐに出るだろ。

もうこれで4回目だぞ。

かなり痴呆が進んでるぞボケ爺さん。

614日本@名無史さん2018/01/19(金) 12:55:38.62
>>607
須恵器を伝えたのは4C後半に帰化した秦氏で、加羅〜新羅系土器であって、
百済系土器ではない。

つまり、秦氏を構成していた半島人の主力は加羅〜新羅人であって、百済人ではない。

初期の須恵器は新羅の陶質土器と区別が付かないほどよく似ている。

しかし、徐々に似なくなっていくのは、秦氏から須恵器の焼成技術を吸収した
倭人の手で焼成されていたからである。

それに須恵器は盛り付け用の高坏や貯蔵用の壺や甕に使われた硬質土器で、
煮炊き用の土器ではない。

煮炊き用には軟質の韓式土器が使われた。

ところが韓式土器は須恵器と比べると非常に少ない事が分かる。

土師器があったため、倭人には吸収されなかったのである。

百済・高句麗滅亡以前の朝鮮帰化人の数は須恵器よりも
韓式土器を見た方がより実態に近いだろう。

615日本@名無史さん2018/01/19(金) 13:26:24.72
それにしても

河伯の話をしている人がいるけど、
あのキュウリの葉の写っている写真の事を言っているのかな

家の写真なんだけど『王』?そのような話

616日本@名無史さん2018/01/19(金) 13:27:58.77
漢字、漢文・・・博士・・・、
そういう話とか

あの写真「すがの」という家

617日本@名無史さん2018/01/19(金) 13:31:25.21
他のスレに貼り付けた、
白い服の写真があったでしょ、
あれもそう

家は「すがの」だよ、と言っている、
むかーし住んでいた家に、本や書が・・・

618日本@名無史さん2018/01/19(金) 13:33:59.96
この掲示板の話ではない、
他のサイト?いろいろなところ

そこで言っている人がいない?

619日本@名無史さん2018/01/19(金) 13:38:58.58
むかーし住んでいたところ?
詳しいことは、わからないけど、
城に通っていたような事も言っていた

620日本@名無史さん2018/01/19(金) 13:47:54.48
読んでいると

聖化 日神・・・このような話ばかり出てくる、
天帝が何やらとか

621日本@名無史さん2018/01/19(金) 13:49:41.88
有名人なのかな?
としか思えないんだけど、あの写真・・・・

622白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/20(土) 02:18:17.74
>>613-614
新町遺跡9号墓人骨検出状況[志摩町教育委員会(1987)『新町遺跡』より
改変して引用]大陸や半島と同様な埋葬方法であることから、被葬者も、恐らく
渡来系(弥生系)の形質を持っているだろうと予想されていました。ところが、この
熟年男性と推定された9号墓出土人骨は、予想に反して頭は前後に長く(長頭)・
顔面部は低顔性・低眼窩・鼻根部の陥凹という、在来系(縄文系)の形質を持って
いたのです。男性3体の身長は、平均で157.1cmと低く、この点でも在来系の特徴を
示していました。]
われが渡来系に捏造も無理なんよ。
秦氏が4世紀渡来の根拠なんかトンデモ神話の記紀でしか無ぁけどのう。
秦氏がツングースのハラ氏族制から、加羅や新羅の先住土着の韓系や倭系の可能性は
少なあし、秦氏は聖武天皇の騎馬護衛軍団でもあることから、北朝胡族やツングースの
多種族の混合氏族要素が強い。
今の日本人のお椀も煮炊き用にゃ出来ん生活用具じゃに、可笑しげな注釈付けても
つまらんわ。
>>615
河伯は比較神話学類型の文化人類学材料にゃ成るよ。

623日本@名無史さん2018/01/20(土) 14:03:38.11
>>622
だからそれは間違いだっつ一の。

新町遺跡は80年代までは縄文人骨しかないと思われていたが、90年代に入ると
渡来人的な形質の人骨もある事が分かり、混血人骨もあると訂正された。

その文献は80年代の間違っていた時代に書かれたものだろ。

俺が前に出してやった文献は90年代の訂正後のものだぞ。

捏造も糞もない。

単なる考古学的事実である。

90年代の訂正後の文献を読んで、己の間違いを訂正しろよ。

30年前で頭が止まっている痴呆老人の方。

624白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/21(日) 02:22:25.97
>>623
じゃけぇ、新しい新町遺跡の人骨とやらを画像で挙げてみんさい云うとんで。
何時までホラッチョ繰り返すんかいのう。

625日本@名無史さん2018/01/21(日) 07:03:54.55
任那政府は東海の島・九州を植民地にしてたのではないかな
植民地の総督が九州から徐々に勢力を拡大し、奈良盆地制圧

626日本@名無史さん2018/01/21(日) 17:39:28.11
>>624
法螺吹きは現在では間違ってるあんたの方なんだよ。

骨が見たきゃ自分で探せ。

間違ってるものは間違ってるんだ。

新町遺跡は混血人骨も出土しているが正しい。

627白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/22(月) 03:09:07.28
>>625
北陸基盤の継体王朝なんか、加羅政権じゃろう。
http://info.pref.fukui.jp/keitaidaio/mound/index.html
 「二本松山古墳からは鍍金冠(ときんかん)、鍍銀冠(とぎんかん)が発掘されている。
日本列島の冠の出土例としても非常に古いもので、朝鮮半島の伽耶(かや)のものと
類似している。この頃、越の各地域に伽耶系の遺物がみられ、大陸との盛んな
交流が窺える。」
角鹿(敦賀)と地名に成ったよう、加羅の王子ツヌガアラシトの角形の冠よのう。
>>626
何、新町遺跡の画像挙げられん言い訳をわしん転嫁しよんない。わりゃ、早う
挙げえや。

628日本@名無史さん2018/01/22(月) 06:08:55.45
>>627
>北陸基盤の継体王朝なんか・・??

お前の脳内に蔓延るガセ知識
もう少し勉強し直した方がいいな

629日本@名無史さん2018/01/22(月) 08:55:50.66
>>626
>継体王朝なんか、加羅政権じゃろう。
www

任那四県割譲で磐井の乱招いた大伴金村の傀儡天皇だろが。
このころから新羅の優勢は決まってはいたが、日本勢力は所詮バランサーだ。
朝貢の多寡で、百済新羅どっちにも動くうまうま豪族の天皇www
半島南部国家の半独立状態の終わりはこのころ見えた。

630日本@名無史さん2018/01/22(月) 10:12:21.21
故・黒岩重吾氏は
「継体天皇の母か祖母は、新羅の王族か有力者ではないか」
と推測していたが。

631日本@名無史さん2018/01/22(月) 10:13:53.34
>>629

>大伴金村の傀儡天皇

「仁義なき戦い」でも傀儡がいつの間にか実権を握るケースがあってだな。

632日本@名無史さん2018/01/22(月) 14:26:57.27
漢四郡の撤退以降日本は百済、新羅の建国を支持、高句麗との戦いを支援した。
それ以前から、半島南岸は倭人定着地であり、任那、加羅を本地としたが、
百済新羅の建国にも倭人系移民は貢献したし、独立は成功した。

古代の大韓帝国である、百済、新羅建国は成功を収めたと言える。
500年はこれらが富国強兵に向かい日本軍産系豪族は投入資本の回収バブルである。

暗殺を恐れるプリンスたちが警戒する中、軍部系の豪族によって
利用しやすい継体天皇が立つたのは郡産系豪族が増長する原因となった。

王権が嫡子相続でなく豪族介入で兄弟、いとこの持ち回り、
古墳に生前王の資産を投じるというのは嫡子相続では無意味、そういうことである。
古墳の終わりと、大化の改新や、推古帝時代の聖徳太子の謎と同根である。

633日本@名無史さん2018/01/22(月) 18:07:45.01
皇統は、応神、継体、天武、
この朝鮮半島から来た権力者が即位のたび
それまで続いた王朝が他人と入れ替わったという説を唱える研究者もいますが

634日本@名無史さん2018/01/22(月) 20:30:37.31
>>627
間違っているものをドヤ顔で貼ってたアンポンタンはどこのどいつなの?

新町遺跡は混血人骨も出土しているが正しい。

正しかったのはやはり俺の方。

635日本@名無史さん2018/01/22(月) 22:03:47.61
>>633
九州と四国と本州と半島に国境はあったか?
来た? 行った? 来れるなら行ける。
あたりまえ。 渡来人だろwww

636白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/23(火) 03:16:41.86
>>628
継体王朝擁立は北陸側じゃし。
>>629
磐井の乱は記紀の神話物語で史実じゃ無ぁけど、畿内王朝が君姓同格の九州筑紫王朝
への憎悪感情丸出しで、任那四県云う物語じゃのうて、記紀の時代の筑紫王権の
新羅内通を怖れたゆえ、俘囚蝦夷軍人奴隷の防人を九州へ配備し、新羅の侵攻に
備えると共に、九州の地元豪族への監視を強めたことへの反映記述じゃし、
過去に捏造することで正当化が畿内王朝の立場じゃろう。
>>631
継体以降の次代は傀儡になるし、記紀じゃ天智天皇に成るまで傀儡が通常に描かれ
とるし、平安機でも院政以外は藤原氏の傀儡になるわけで。
高句麗式ピラミッド方墳の蘇我氏も天皇を傀儡として、実質最高権力者として描かれ、
天皇の妃と成った蘇我氏の娘は鮮卑系百済人の可能性が強い東漢氏の駒と不倫関係で、
権威の天皇家がそういう不倫社会の権威で父系は誰の種か解らんことを記紀じゃ
正直にバラシとるともいえよう。まあ、王侯貴族の不倫文化は日本だけじゃのう、
世界的普遍性じゃけぇのう(笑)。
大伴氏は任那伽耶の拘りから渡来加羅人可能性が高いゆえ、継体王朝擁立
じゃったが、畿内王朝での権力を徐々に失い東国奴隷移送の下請けに成るわけで、
北朝北方胡族系百済人の田辺史氏が養育した藤原不比等系が最高権力者に成った
けぇのう。
>>633
結局はそういうこと。

637白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/23(火) 03:24:05.16
>>630
黒岩氏は北陸の伽耶・新羅勢力とされるし、北陸は新羅系移民の多かったわけじゃし。
>>632
百済の支配層は扶余か高句麗系で新羅の北方積石木槨墓で残留高句麗人の一勢力による
建国で両国とも被支配、奴隷階層の倭人の関与たる根拠は無ぁよ。
>>634
まだ、画像すら挙げられん言い訳終始か。

638日本@名無史さん2018/01/23(火) 05:01:16.02
継体が神話で、君の話が全部神話だ。
君には歴史は無理です。
また、腐った無駄な時間に触ってしまった。

639日本@名無史さん2018/01/23(火) 06:55:36.03
孝明と睦仁の変死(暗殺)の後、アカの他人が天皇即位・明治になりすまし
ある作家の推理
たしかに、大室寅之助とテレビによく出る品のない竹田なんとかと、顔がよく似てる

640日本@名無史さん2018/01/23(火) 21:09:11.72
うん・・・たしかに、大室寅之助と竹田はそっくりの人相
遺伝でしょうw やしゃごサンだから、なりすましの

641日本@名無史さん2018/01/23(火) 23:32:44.00
若い頃の明治天皇って芸能人の誰かに似てるんだよなあ。

誰なのか分からないが。

642白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/24(水) 02:17:39.94
>>638
継体王朝の神話投影は何か云うたら、王朝の交代なんよ。しかも近江、敦賀、北陸
ラインに繋がっとるけぇのう。
>>639
明治天皇が大室かどうかは解らんが、媚び諂い顔の安倍ちゃん同様、日本の
皇族公家は竹田含め人種的にゃ>>224 >>500-501のベルツ氏の云う「満州・朝鮮系
(長州タイプ)」よ。

643日本@名無史さん2018/01/24(水) 04:53:28.71
大室寅之助と竹田のボンボン
写真を見比べた そっくりやん

644日本@名無史さん2018/01/25(木) 06:55:29.96
玄孫さんですから 似てるでしょう

645白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/27(土) 02:34:02.08
>>643
じゃけぇ、>>642 の「満州・朝鮮系(長州タイプ)」元祖は満洲族に代表される
南ツングース容貌よ。美人の多い女真族(満州族)。
Manchurian Beauty 满洲姑娘
https://www.youtube.com/watch?v=bhuczw3s9mI

646白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/27(土) 03:06:32.87
>>643
ほいから、こつちの中国サイトものう。容貌からも、日本人は南ツングース系や
朝鮮人に近いとしとる。
http://www.sohu.com/a/195791064_460421
https://www.zhihu.com/question/24889312
Manchu-Korean 满洲朝鲜型
广泛分布于中国东北,朝鲜半岛以及日本贵族中。
相貌特征:浅至棕黄色皮肤,常有白皙皮肤,直发。长脸,无颧骨突出,
有或多或少的斜眼,鹰钩鼻,长且挺的鼻子,稍微后缩的下巴,稍大的上牙,体毛少。
Yakunin 役人型
在日本各地和韩国零星存在,日本贵族中数量多。在中国数量更多,这可能与古羌人
因素有关。明星中很多人是这个类型,另安倍晋三也是这个类型。
相貌特征:浅至棕黄色皮肤,常有白皙皮肤,直发。长脸,长直型鼻子,鹰钩鼻,
有伪闪米特人特征,薄嘴唇,体毛少。]
ほいじゃが、「Okayama 冈山型(通古斯汉化)」にゃ笑うたのう。
まあ、岡山も、わしら広島も、山口も通古斯(ツングース)顔が多いいし、
日本の上層階級ほど 「Manchu-Korean 满洲朝鲜型 」が増えるよのう。
ほいから、満州朝鮮型の南ツングースは「钩鼻」つまり鉤鼻ユダヤ鼻も多いいし。
中国じゃ南へ行く程広鼻タイプが増えるが日本の広鼻縄文タイプたぁ多少違う。

647日本@名無史さん2018/01/27(土) 03:15:23.69
数年前の、とあるスレ

朝鮮人が、ふざけた事してんじゃねーぞ!!
このような事を言っている人がいたけど

どういう事なの

日本人(中華)による書き込み?

648日本@名無史さん2018/01/27(土) 15:48:41.11
尚武の志を忘れない匈奴、鮮卑、蒙古、女真、日本に武を軽蔑し堕落官僚貴族で腐敗した中国大陸、朝鮮半島が征服されるのはしょうがない。

649日本@名無史さん2018/01/29(月) 14:51:49.93
魏志韓伝の時代の方が
帯方郡の南方可4千里が韓で南岸全部が倭人国だったんだから
任那加羅より大きかったんだよね?

で、公孫氏が滅びた238年に帯方郡が南進たとき
辰韓馬韓は反乱起こして制圧され韓王朝は亡びた。
この時の韓王朝って、何者?

650日本@名無史さん2018/01/30(火) 13:49:27.65
日本史より謎な金儲けできる方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

6LBJG

651日本@名無史さん2018/01/30(火) 23:10:01.39
>>649
韓が滅びたんじゃなくて月支国にいた辰王朝のことかな?
楽浪郡、帯方郡にそんな間違いはないか?

652日本@名無史さん2018/01/30(火) 23:12:23.80
かなり前の話になるんだけど

ここは朝鮮人(倭人)ばかりだな
と言っている人がいなかった

朝鮮人しかいないのか?
みたいな書き込み

653日本@名無史さん2018/01/31(水) 12:20:18.55
朝鮮人が日本のネットで古代史の話なんかしたら
本国で死刑なんじゃないの? 知らんけど・・・
日本史スレには、K国の国策バイトでのアラシ以外居ないと思うよ。
名古屋でミャーミャー猫ばっかしだなぁ、ここは?
こんニャロメ! って、言ってた猫耳のおっさんは見た。

654日本@名無史さん2018/02/01(木) 02:21:53.63
白馬青牛ゃ、こがぁなスレにも潜んどったんじゃのう。

655白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/01(木) 02:39:39.11
>>648
こつちでものう。
https://mint.5ch.net/test/read.cgi/history/1476204662/85
蒙古、満州、日本の野蛮側「夷狄」VS中国、朝鮮の文明側の「華」。
http://www.geocities.jp/nal9999/NOW/HISTORY/BENP4.jpg

656白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/01(木) 02:53:15.95
>>649
馬韓の王じゃの王朝たぁ云えんし。辰韓は他所もの楽浪同族ゆえ、王にゃ成れん。
馬韓人から王が出る云うか韓の有力村落程度のもんよ。
まあ、馬韓、辰韓、弁韓、倭の中で、最も精強で実力を持ち、楽浪も逆らうたんが
尚武の気質の馬韓じゃったけえのう。
>>651
辰王こそ、騎馬民族系の王で扶余系統と江上波夫氏は云われるんじゃが、根拠に
乏しいけぇのう。

657日本@名無史さん2018/02/02(金) 06:44:23.03
楽浪郡や帯方郡があった時代。

朝鮮半島南端部はどういう状況だったのか?

小勢力が乱立していたのか?

帯方郡との関係はどうだったのか?

658白馬青牛2018/02/02(金) 06:51:08.98
高句麗から呉にえっと渡来したんよ。
ほいじゃけぇ広島には白馬青牛がえっとおるんよ。
白馬村に来てみんさいや。

659日本@名無史さん2018/02/02(金) 10:20:03.73
>>657
隣の村と言語が異なるモザイク地域でしょう

660日本@名無史さん2018/02/02(金) 11:09:59.14
>>658
656で、たまに読めること言ってるから
白馬青牛 ググったらおまんのプロフなんよ。
なもん、えっとおってたまるかい! まぁ、ワロタけどwww

絶対、誰も行かんぞぇ。
白馬村は長野だし? 無辜の民をディスるなゴラァ!
形質論はスレチだし読むに絶えん。

661日本@名無史さん2018/02/02(金) 12:04:27.86
>>657
三国志韓伝によれば
韓在帯方之南東西以海為限南與倭接方可四千里有
この韓の半島南岸部分のことだけど、
倭人 韓 高句麗 夫餘 濊 東沃沮 挹婁伝の有る
三国志東夷伝も不思議と説明してないです。

帯方郡から見た韓は 馬韓の様子がが
其俗少綱紀 國邑雖有主帥邑落雑居 不能善相制御 
無跪拜之禮 居所 作草屋 土室形如 冢其戸在上 
擧家共在中 無長幼男女之別 

国邑に長が居ても規律なく制御不能。
礼は無く草屋根の土の穴に住み戸は上にある。
長幼男女之別無くこれに住む。
で、
其北方近郡諸國差暁禮 其遠處直如囚徒奴卑相聚

郡に近い北方は少し礼を知るが、離れれば囚徒奴卑の如し。

これに準じた状況とは思うけど、倭人国というので
邪馬台国時代の倭人が開拓に入っていると判断すべきで
国家形成前の山賊が多いアメリカ開拓時代状態?かと思います。
でも、上記韓よりは倭人伝における九州北部に近いかと思います。

662白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/03(土) 02:29:03.57
>>658
ニセもん君ならコテの前にニセもんと名乗りゃあええのに。
>>661
馬韓の穴居は、東北蝦夷も同しじゃし、北方的要素でもある。馬韓人の「其人性彊勇魁」
(性格は強うて勇敢)は兎も角、「頭露紒如Q兵 衣布袍 足履革蹻蹋」(髷を露出、草履)
は先住南方的じゃけど。まあ、従順に諂う軟弱な列島倭人たぁ違う性格ゆえ、帯方郡へ
激しゅう抵抗したし、そのレジスタンス性格はモンゴル元や文禄慶長の役でも激しゅう
抵抗した韓国西南部の全羅道人的じゃのう。

663日本@名無史さん2018/02/03(土) 02:30:41.28
それで、お前の名前は?

664日本@名無史さん2018/02/03(土) 10:42:48.03
>>662
私のお話は、三国志の記事の事ですが?

>馬韓の穴居は、東北蝦夷も同し
弥生渡来人、沿海州説ってことですね。ソースは日本の考古学でOK?

>従順に諂う軟弱な列島倭人
古代中国人は半島南岸と国境曖昧な九州北部しか知らんだろ? ソースは?

>モンゴル元や文禄慶長の役でも激しゅう抵抗した韓国西南部の全羅道人的
韓国西南部の全羅道人てのは、現代の全羅道人と同じ? 古代韓南岸倭人国の事か?

>モンゴル元や文禄慶長の役
モンゴル帝国だと、噴火とかで
古代韓から北方系に民族形成される時期じゃないかな。
文禄慶長の役だと半島は中国貴族の収奪地だったから秀吉が手を突っ込んだ、だな。

どこで歴史を学ぶと独立半島国、大韓帝国の礎となる偉大な古代韓の話を
そういう頓珍漢な中世〜現代の議論に持って行けるんでしょうwww

釣られた、ごめん、偽物は気づかなかったです。 
ご本人かは信じないようにしますが、白馬青牛って何?
唯のコテ、コテ牛って、ビーバップ? ググれカス禁止↓www

665白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/05(月) 02:27:10.63
>>664
北方は穴居方式が多いいけぇのう。日本の先住系、蝦夷、国巣の穴居も縄文系が
シベリア経由と朝鮮半島経由じゃが、形質は古モンゴロイド。考古学的にも東北は
平安期でも穴居が多かったけぇのう。
九州も列島じゃけぇ、列島倭人よ。しかも生口(奴隷)献上の諂い体質で馬韓のような
抵抗力も無ぁし。
モンゴル帝国に何で噴火なんか。渤海は噴火で崩れた面があるかも知れんけど。
文禄・慶長の役で収奪しよったんは日本軍で中国は収奪しとらんよ。
頓珍漢な歴史修正主義唱えよんは嫌韓連中じゃなぁか。

666日本@名無史さん2018/02/05(月) 03:53:19.78
ほうよ。武蔵国から生糸を30人献上した文献が残っとんじゃけんのう。

667日本@名無史さん2018/02/06(火) 16:33:51.67
>>664
形質レイシストの馬牛さんらしい感性に大いに納得しました。
生口献上の諂い体質 って何でしょうか?
囚人や捕虜のようには言われてますが同時代的にローマ帝国の奴隷は知ってますか?
邪馬台国は一応首長国連邦だったみたいですが、独立、民主化するべき
現代中共の10億人民搾取のチベット、ウイグル、満州の奴隷と同じでしょうか?

馬韓の抵抗力って何?
中国皇帝からの下寵品を日本に献上して人質を差し出す国?
皇太子を旗印に百済復興決起を支援したら、高句麗に逃げっちゃった王様の国?

>中国は収奪しとらんよ。 ?卑怯者かい
中国が任命した首長が中国貴族化して、ずぅ〜と市民を愚民化支配してたでしょ。
両班は日本統治の封建解放にも頑なに抵抗して、愚民化が大韓帝国建国まで続いてます。
現代は全員両班出身なので反日以外は肩身が狭いそうですね。
余談ですが、歴史もくそも 欺瞞の馬糞。 日本のリベラル目線では、
中共も半島も国民自身の手で民主化する必要があるように見えます。

668日本@名無史さん2018/02/06(火) 19:16:44.98
馬韓は統一国家じゃないんじゃない?

669日本@名無史さん2018/02/06(火) 19:31:20.59
>>661
>>657

帯方郡の統治下にない「韓」が、
帯方郡を攻撃したとか対立したとか、逆に従属していたとかそういう記録もないわけで。

ただしそうなると
「帯方郡が朝鮮半島南端部まで制圧しなかった理由」
がよくわからんなあ。

670日本@名無史さん2018/02/06(火) 19:37:59.24
>>668

土豪割拠の状態にあったとして。

たとえ形式的・名目的な存在にすぎないとしても
その有力土豪に君臨する王のような存在はいたのかどうか?

671日本@名無史さん2018/02/06(火) 21:35:23.29
魏志韓伝や東夷伝全体を読めば 古代東アジア全体の理解、把握は可能です。
倭人伝でも、韓は太守弓遵を殺害してます。で、漢王家は滅亡ですが?

1、馬韓は統一国家じゃない
2、漢四郡が朝鮮半島南端部まで制圧しなかった理由 は
遼東支配の公孫氏にも、兵站が帯方郡が限界だった、
馬族軍の移動、略奪が帯方郡が渓谷、森林で限界だった。

一方、半島には海洋勢力としては、南部は倭人の制海権
北東部は石器人以来 満州?アムール川系 肅慎、挹婁 の海賊が有りました。

空母、空軍以前に、日本に海軍が瀬戸内海から入るとか不可能。
古代の唐軍が出雲に入っても、帰れるのかな? 
ただの物乞い渡来人になるだけですwww

白村江敗戦処理で、唐は2千人の捕虜(生口)を伴い壱岐近郊の島に来た。
天智天皇は防人防衛を見せ 隠岐経由で能登に上陸させた。
 
つまり、660年でも、古代海軍勢力図なんてのは、そういうことです。
倭人撤退以降の統一新羅民は日本から見捨てられて不憫なんです。
見たくない歴史の繰り返しです。

もちろん、現代の韓国の発展は素晴らしい、っていうけど・・・

672白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/07(水) 03:33:31.08
>>671
トンデモ妄想全開じゃのう。倭人の制海権じゃの無ぁわけで、東シナ海は中国から、
半島部統一後は新羅で、遣唐使も新羅船チャーターしよったわけじゃし。
しかも、「白村江敗戦処理で、唐は2千人の捕虜(生口)を伴い壱岐近郊の島に
来た。 」じゃの史実にも無ぁし。
新羅から圧迫され続けたんが平安前期までの日本じゃし、新羅の入寇乱発でも解る
ことじゃし。
韓国も我が日本も歴史の悲劇性から素晴らしいじゃの国粋理想主義の左翼史観は
狂うとるよ。歴史たぁ悲劇の教訓の「負の遺産」がほとんどと考える右派保守主義の
立場じゃけぇのう。

673白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/07(水) 04:03:10.43
>>671
まあ、九州倭人の伝統かか、九州人は日本よりも新羅を宗主国様として隷属しよったん
が平安前期じゃし。まぁ、九州人は日本より新羅を宗主国様と崇拝したい気持ちも
強いんじゃろうけど。こっちにも、
http://native.way-nifty.com/native_heart/2011/04/post-b54b.html
866「肥前国の郡司ら地方の権力者が共謀して新羅に渡り、新羅人に兵弩などの
武器を製造する技術を教えて、対馬を奪い取ろうとした事件が発覚した。
山陰道諸国と太宰府に諸国の俘夷(蝦夷)を集めて 新羅からの来襲の準備をさせた。」
は、出とるのう。
有名な肥前郡司新羅通牒事件じゃが、朝廷に忠誠心の強い先住民の蝦夷を闘争心の無ぁ
隷属九州人を磐井の乱に表現されるよう信用出来ん畿内王権が防禦に配備したん
じゃが、強弩のハイテク兵器無しじゃ新羅の軍事力にゃ蝦夷も勝てんわけで、
そのハイテク軍事機密を九州勢力は新羅に売り渡そうとした事件が発覚した
わけじゃ。百済系統の畿内朝廷の平安期じゃ、伽耶同一文化伝統で新羅派の九州勢が
許せんゆえ、俘囚の俘奴(蝦夷の軍人奴隷)に九州を監視する意味での防人の伝統で
新羅よりも、磐井系筑紫王権の九州への監視が天智朝の畿内王権統一期じゃし、
平安期でも九州を新羅側として観る不信感も見とれるのう。

674日本@名無史さん2018/02/07(水) 07:14:03.54
>まぁ、九州人は日本より新羅を宗主国様と崇拝したい気持ちも
>強いんじゃろうけど。

いや、そういう忠誠心の強さはむしろ東日本の特徴だと思う
九州とか朝鮮とか、最近だと沖縄の現象とか、
ああいう東シナ海周辺の辺境民の行動パターンは、強い側に附きたい節操のなさ、
自己抑制の乏しさ、我慢強さのなさからくるもんで、
そういう伝統のあるもんではないと思う
日本の本州が“強い”と判断すれば、九州は平気で朝鮮を足蹴にする
昨日は社会主義で今日は資本主義という具合に、
“過激”にその時々の状況に適合する弱い、節操のない人々の行動パターンと同じで、
九州人はそんな我慢強い人々じゃない

675白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/08(木) 02:41:08.61
>>674
>>673 の後も、「870(年)新羅人二十人が陸奥国に移住させられた。太宰府の官僚だった
藤原元万侶【3字ルビ・もととしまろ】が新羅国王と通謀して叛乱を計画したことが、
新羅からの通報で発覚し、逮捕された。」
と、筑紫王朝系の太宰府は、畿内王朝系の役人官僚でも、現地化し、畿内王権に
反抗し新羅側として行動するけぇのう。九州は後の薩摩の島津ものう。
http://burakago.seesaa.net/article/417621378.html
 ■ 秀吉の朝鮮出兵と薩摩の明人
天正19年(1591)、豊臣秀吉は朝鮮出兵を発令。島津氏に兵1万5千の動員を命じました。
翌文禄元年4月、義弘公は軍勢を率いて渡海することになっていましたが、兵・船ともに
あつまらず、わずかな供侍と小舟一艘を借りだしたに過ぎませんでした。
島津氏の失態はこれにとどまらず、朝鮮出兵直前に義久の中国人許三官が出兵計画を
明に伝えていたことが発覚、秀吉を激怒させてしまいました。
さらに同年6月、島津氏の家臣梅北国兼(うめきたくにかね)が朝鮮出兵に反対し、
肥後国佐敷(熊本県芦北町)で反乱を起こしました。氾濫は短期間で鎮圧されましたが、
義久・義弘の弟である歳久が陰で操っていたと疑われました。…
■ 薩摩と明、合力計画
文禄の役の最中、薩摩と明が力をあわせ豊臣秀吉を討つという計画が明の方にあった
そうです。明の福建軍門は、商人に変装した明の工作員を何度も薩摩にもぐりこませ、
許三官ら薩摩在住の明人と接触。そして工作員は、許らの案内で名護屋城の偵察なども
行っているようです。…地頭であった梅北国兼は出兵に反対して反乱をおこし、義久の
弟歳久はこれに関与した疑いをかけられ自刃に追い込まれています。」
と、薩摩は幕末でも昨日は会津で今日は長州で節操も無あし、勢力の強い側に付くよ。

676白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/08(木) 03:09:54.18
>>674
まあ、薩摩も明贔屓ゆえ、朝鮮の役じゃ秀吉から警戒されて出兵後だ出しの上、後方を
薩摩監視の督戦秀吉軍に監視され、鹿児島にも帰れん後退出来ん拘束された状態で、
無理矢理、明朝鮮軍と戦わせわれた被害感情しか持ち合わせとらんかったろう。
その恨みが関ヶ原の石田勢に加担せず、徳川側でも無ぁ姿勢を示したわけじゃが。
鹿児島県人の海音寺潮五郎氏は司馬遼太郎氏との対談で、
「これは薩摩人の頭の悪さにもよるので、主体性がないんですよ。それでえらい奴が
出て号令かければ、その通り動くわけです。」
「薩摩人は現実的過ぎてやることに全然筋道が通ってないから嫌いだが、有馬新七
だけは大好き だと賞める人もあるのです。三田村鳶魚翁がそうでした」と、例外を
除いて節操が無ぁけんのう。
筋道も通さん軽い利権判断で動くんが薩摩人じゃし、九州全体も薩摩気質と一緒で
利権第一主義で九州の利権を損なうもんは、日本も朝鮮も敵視するよ。

677白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/08(木) 03:23:42.44
>>676
九州人は基本的に九州独立論者じゃし、日本から独立したいと考えとんじゃなぁか。
九州独立論じゃ、自衛隊員は九州人が一番多いゆえ、本土日本からの脅威も人員数防衛
出来るし、韓国と組んで海上封鎖で日本の入り口を塞ごう云う思考法じゃけぇのう。
じゃが、自己顕示欲の強い、福岡、熊本、鹿児島で首都決めに揉めよるわけで、
維新の原動力から鹿児島首都や、熊本第六師団の熊本こそ首都、近年経済流通や
都市人口から福岡首都と言い合いしよるわけで、九州人は内輪揉めの愉快な人ら
じゃけぇのう(笑)。

678日本@名無史さん2018/02/08(木) 08:52:03.02
馬韓。

土豪割拠の状態にあったとして。

たとえ形式的・名目的な存在にすぎないとしても
その有力土豪に君臨する王のような存在はいたのかどうか?

679日本@名無史さん2018/02/08(木) 08:53:17.72
戦国時代にも足利将軍はいちおう存在していたわけで。

680日本@名無史さん2018/02/08(木) 22:48:11.56
ふう、最近仕事が忙しくてちょっとこのスレを除く暇なかったのだが
この糞ジジイはまだ痴呆の戯言を繰り返してる様だから完膚なきまでにまた叩いて置く

>>492
>人様の母親を不倫じゃの、わりゃ人間性に問題があるのう。

黒人にレイシズム抱いてるお前のほうがよっぽど知能性格両面で問題があるがな
あとお前の母親の下半身事情とかどうでもいい

>しかも一元論で アフリカに遡れる理論じゃったDNA旧人の混入認めだしたし、そがぁな解釈論は時代で
>変るわいや。

何か誤解してる様だけど人類がアフリカ発祥なゆるがないし、お前が崇拝している優生学とか形質人類学が復権することは二度とないから

>日本人でもっとも均一性が高い云うんは西洋人と比べてか、アジアのどの集団と
>比べたらそうなったんか、われの断定基準たぁ何なら?

http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/gazo.cgi?no=113669
健常日本人のHLA-Gを初めて解析した結果、健常日本人のHLA-G遺伝子には4種類の対立遺伝子しか存在せず、日本人においてもHLA-Gの多型性は極めて乏しいことが示された。

>ベルベル人たぁ北アフリカの西部の民族じゃし、チャドたぁ違うし遺伝子たあ人種が
>だいぶ違うけぇのう。

そんなこと言ってないんだが
それで黒人は奴隷人種という無知偏見は撤回するんだな?

>例えばA型の日本人は、B型の日本人たぁA型の
>ドイツ人に近いんかか?

はぁ?
人種ごとに固有種があるハプロと血液型は共通してるからそれだけで系統たどるの不可能なんだが

681日本@名無史さん2018/02/08(木) 23:13:53.65
>>493
>ほいで、ヌビア人はエジプト(ナイル)文化圏で。

で、黒人は文明をつくれない被支配人種という偏見は撤回するんだな?

>カザフから分かれたんがキルギスで 元来は皆ステップ草原民よ。

キルギス人の形成はカザフ人より古いしハプロ系統がまったく違うんだが

>わりや、オアシス都市定住したらウズベクじゃ無ぁとか、吸収されウズベク人に
>成った定住民もウズベク人じゃ無ぁとか、わや云うとるのう。

ああ、そうだが
ブハラやサマリカンドにいる都市定住民の「ウズベク人」がウズベキスタンに編入されるまで何人と呼ばれていたか山川出版の「世界各国史4」で調べてみろよ

>カサフとキルギスの容貌じゃよりモンゴロイド要素が強いんがキルギスじゃし、
>同じモンゴロイド主流にしても、

まったく違うカザフ人は父系はモンゴル人と同じハプロC系とO系で8割に達するのに対しミトコンドリアハプロの半数はイラン系が半数を占めている
キルギス人はYハプロはイラン系のR1aが6割をしめており、ミトコンドリアも西アジア由来の物が半数ある
つうかお前さも見たことあるように言ってるけど、直にキルギスやカザフ人を見たことあるか?俺はあるけどな

>ソロンたぁ、元来モンゴル語東方の意味で朝鮮人をソロングホ云うたりする。
ソロンが朝鮮だと?だれがそんなこと言ってるんだ証拠だせ

>ソロンは、形質上からもダウールに似ている。満洲族、北ツングース、漢人は、
>ダウールをソロンと呼んでいる。

てめぇ適当なこと言いやがって中国人の言うソロンってのはエヴェンキのことだぞ 
https://baike.baidu.com/item/鄂温克族
>鄂温克族(俄语:Эвенки,旧称通古斯或索伦)
エヴェンキ族(ロシア語Эвенки 古くはツングース或いはソロンと称した)

682日本@名無史さん2018/02/08(木) 23:16:04.89
今日はもう寝るからここまでにしておいてやろう
残りは次回叩きのめしてやるから神妙にして待つように

683白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/09(金) 02:12:50.20
>>678
馬韓は、五十四の小国で構成されとるわけで、それぞれ独立性が強かったろう。
辰王云う有力なもんがおっても王権による統率された国家にゃ至っとらんし。
>>680-681
>>474-494で回答済み繰り返してどうすんなら。レイシズム優生学と形質人類学を
同一視させようとしたり、わしをレイシスト扱い手法しゃの反知性主義で
幼稚過ぎるんよ。わりゃ、「世界各国史」云う表面的なもんで事足りる思うて
専門書じゃの読まんのじゃろう。

684日本@名無史さん2018/02/09(金) 02:21:33.29
わかりやすいのは戦国時代だよ

どのような言語で会話していたのか、
多少の違い(地方へ行き、方言まじり。)は、
あるだろうけど、日本語だと思う

あと関連するような
人物の画像を調べてみるとか

685日本@名無史さん2018/02/09(金) 02:28:09.27
なんの話をしよんなら?おどら、妖怪や

686日本@名無史さん2018/02/09(金) 02:40:33.71
家の近所にも、
朝鮮や韓国の人達が住んでいるけど、
言語自体が違う?と思う

詳しいことはわからない

ハセヨみたいな会話でしょ

子供の頃に、少しだけど習った、
ケグリ(カエル)という曲、プサン港の歌とか

あと何だったかな

687日本@名無史さん2018/02/09(金) 02:45:47.94
老婆も、何を言っていたのかは、わからない
と言っていた

戦前、戦後くらい?話

雨が降ってきたときは、
ピュンだかピョンだ?と言っていた
とか

688日本@名無史さん2018/02/09(金) 02:50:25.34
お前(家という意味)の親なんかも、
一緒に遊んだりしていたと言ってる。

あと家は伊達郡というところに住んでいた、
みたいだよ、むかーし。

689日本@名無史さん2018/02/09(金) 03:05:54.88
民族というか、
そういうのが、どこかで入れ替わったのかな、
モンゴル帝国に占領されてしまったとか、混血して言語も変化した?

新羅、百済とか、日本にもなかった?
あと関係する人物がいたり

それとも『ケグリ』の歌と同じ言語を使用していたとか

690日本@名無史さん2018/02/09(金) 12:36:51.64
妖怪はここに出るか!

691日本@名無史さん2018/02/09(金) 16:31:08.05
うむ。

692日本@名無史さん2018/02/09(金) 21:44:37.77
>>683
>幼稚過ぎるんよ。
以前に、お前さんが、基本中の基本の魏志韓伝を読めないんだろ?

おまえの頭の中じゃ韓王が居ないのに247年に屁たれの韓王家が滅びるのかよ?
この時まず、漢四郡に討たれて最初の属国化してるだろが。

693白馬青牛2018/02/09(金) 21:48:25.16
まぁ、オリンピックで南北統一したけぇ
ええんじゃなぁか。

694日本@名無史さん2018/02/09(金) 23:43:57.59
www

695白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/10(土) 03:07:18.35
>>689
モンゴル支配じゃあ、人種交換ほど行っとらんよ。
>>692
わしゃ、魏志、三国志から通典の韓伝まで総合的に全体像を考察しよんじゃが、
わりゃ魏志だけで決め付けよんか?
辰王も辰韓統治用じゃし、3世紀の韓王家すら実態が無ぁことで。
>>693
ニセ君は他スレでも、わし騙うてカバチ垂れよるのう。オリンピックで統一じゃの
出来るかいや。しかも、南北とも言い成りになる政権利用の日本への内政干渉も、
不愉快じゃし。安倍ちゃんは、北のミサイル煽りで支持率が上がったことも
感謝しよんじゃろうけぇ、握手の和気あいあいじゃろうけど。

696日本@名無史さん2018/02/11(日) 18:20:47.32
性格や能力が先天的に決まっていて形質でわかると思ってる、お前の思考回路は将に優生学の発想そのものなんだが

697白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/12(月) 02:25:32.87
>>696
わしが云うとりもせんことを捏造すなや。
野性的な形質のモンゴロイドも文明的な形質のネグロイドもポテンシャルじゃ
優劣も無ぁ同じ人間よ。優生学じゃの、人種差別発言の遺伝生物学のワトソン氏
じゃあるまあし、社会優勢学信仰しとる大企業の経営陣セレブのような錯覚妄想の
連中でも無ぁわ。未だに日本でも安倍長期政権で社会階層優生学が
跋扈しよるけぇのう。

698日本@名無史さん2018/02/12(月) 11:15:13.27
おまえ自分が今までしてきたレスも覚えてないのかよ
>>452
>ベルベル人にゃ被支配層の黒人遺伝子が多いいことからも、
>>474
>歴史時代ネグロイドが支配層に成らんかったことが、どうレイシズムに結びつくんか?

野性的な形質とか文明的な形質って何?
そういう「形質」で未開か文明的か決まるという思考回路で成り立っているのが優生学なんだが

699白馬青牛2018/02/12(月) 18:35:59.44
わしゃ、高句麗から坂東に渡来して平家討伐で活躍した高貴な形質ど。

700白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/13(火) 01:53:42.21
>>698
>>482 >>492 >>494でも形質と環境適応から、人種的にゃ野性に一番近いんが
寒冷化適応した日本人の多数派含む北部のモンゴロイドじゃし、優劣じゃのう
環境及び渡来じゃ云うとろうにねんだ繰りよるのう。「形質」以前の環境から、
古代じゃローマや漢の文明側とゲルマンやアジアの北方胡族、日本のような野蛮側と
分かれるし、世界史たぁ北方の野蛮側が、南下征服移住で文明側を支配する
形態じゃし、それも優劣に関連せん生業や地理環境によるわけで、野蛮遊牧系でも
北方は征服王朝じゃが、アラブ王朝世界帝国も南からゆえ、都市民の指導者に元に、
アラブ遊牧民が駐屯する形態で、北方系の征服たぁ違うんも地理環境ゆえよのう。
わしゃ、遺伝生物学的生物決定論を唱えたこたぁ無ぁし、社会環境経験による
文化人類学的な環境影響を重んじる方じゃけぇ、われん幼稚なレッテル貼りは
名誉毀損もんじゃのう。
>>699
坂東の一般は、縄文形質が平安期じゃ多かったろうけど。支配層は坂東どころか
東北でも渡来北方形質が多いいことんなるのう。奥州藤原氏の人骨からも。

701日本@名無史さん2018/02/13(火) 02:28:05.76
白馬青牛ゃ、平安期に渡来した直後は坂東の縄文人と交わり脇の臭いい縄文形質じゃったが、
平家討伐して呉で地頭になってから高貴な形質になったんか?
ほしたら、あんたの云う、「わしゃ北方渡来系故高貴な形質」云うんはおかしげじゃのう。

702日本@名無史さん2018/02/13(火) 05:24:06.14
世界で一番知能が高いのはモンゴロイドらしいけど、この世の大半のものは
コーカソイドが生み出したものだからな。

こうして話が出来るネットだって元は米軍の通信兵器だしな。

モンゴロイドが生み出したものなんて土器と陶磁器と舟と紙と麺くらいしかない。

民主主義からしてギリシア文明から頂戴している。

男色文化もギリシア文明が元祖だ。

青牛は大昔、ギリシア人だったかもしれんな。

我々の生活のほとんどのものはコーカソイドから頂戴している。

コーカソイドは物事を作り出す能力だけはモンゴロイドよりも
優れている事だけは確か。

アメリカなんて出来て500年くらいしか経ってないのに、色んな発明を
残してるしな。

飛行機、コンピューター、核兵器、映画、アニメーション、インターネット、
株式、紙巻きタバコ、ソフトドリンクetc.

現代人の生活になくてはならないものばかり。

703日本@名無史さん2018/02/13(火) 06:29:33.83
モンゴロイドは改良(パクり)や記憶など既成の物事をやるのには優れるが創造性は低く、
世界的に見てただでさえ多少感情がある生きてる機械(劣化機械)、不気味な平たい顔のガリ勉異星人と思われてるのに、AIの進化で今後はモンゴロイドは完全にお払い箱になりそう

704日本@名無史さん2018/02/13(火) 23:20:38.85
オリ・パラにおけるショートトラック廃止論はひどいね。

まあAIやロボは導入するために技術者が必要だから
人数動員できるアジアは不利ではないんだよ。
これからの注目地域はフィリピンとインドネシアだよ。

705白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/14(水) 01:47:34.98
>>701
渡来期が平安時代たぁ限らんし、東国移住で稀に縄文系と混血したかも知れんのう。
当時の呉本拠の地頭はおらんよ海賊衆じゃし。呉市の島嶼部なら東国武士系の地頭が
おったけど。江戸期は、本土の呉市東部へ移ったけど。広島県でも東国武士系同士だけ
じゃのうて、安芸の地元豪族とも婚姻するし、京都から公家の娘を貰うたりしたけぇ、
南ツングース系の狭顔のベルツ氏の云う高貴な容貌形質に成る確率が高いだけのことよ。

706白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/14(水) 02:21:13.08
>>702-703
モンゴロイドが知能が高いわけも無ぁし、学習環境に過ぎんし、コーカソイドも、
ネグロイドもネアンデルタール人すら学習環境の機会を得られたら知能指数は
高うなるよ。まあ、IQ知能指数秀才は、旧日本軍高級将校やドイツ参謀本部も無能
じゃったし、知性を汚らわしいとする、理論を空論的と解釈する文化のアングロ・
サクソンの野蛮性に負けたんよ。
火薬・羅針盤・活版印刷術は元来中国じゃし、モンゴロイドも学問科学文化環境が
あれば、それなりに発明品を生み出すわけじゃし。
男色文化が文明からかどうかは不明じゃし、民主主義は王権制限のマグナ・カルタ
からでギリシャじゃ無ぁよ。選挙制は移動の遊牧民からで、土地に縛られる農耕民は
世襲制支配に成るよ。現代人の生活は西洋からの近代からじゃし、生活の利便性の
発達速度が速いだけのこと。
記憶重視も独創重視も学習環境と教育の違いに過ぎんけぇ人種の差じゃ無ぁわ。
形質の違いは肉体の違いに出易いもんじゃし、戦場兵士の傭兵じゃモンゴロイドが一番
適応しとるたぁ云えそうじゃけどのう。モンゴロイドで平地の少ない
アップダウンのある山麓環境に育ったもんなら、環境的にも戦場戦士の素質を
備えとるけぇ、人種プラス環境じゃし、社会的生活営む人間も環境の影響が
大きいんよ。

707日本@名無史さん2018/02/14(水) 02:47:06.02
老婆談

電気と塩?の関係とか

本や書なんかも沢山あったんだけど、
泥棒のようなものに入られたりしたとか

708日本@名無史さん2018/02/14(水) 02:50:09.42
『電気 塩』

すこし調べてみて、かなり昔の話だと言っている、
明治の・・・頃の話

709日本@名無史さん2018/02/14(水) 02:53:54.69
『松傾』
このような名前の家(婚姻関係。親戚。)で、
むかーし、何か、あったのかな

710日本@名無史さん2018/02/14(水) 03:00:15.51
発電、電気を起こしていて、
何々様(ヒミコではない)なんて言われ、
奉られていた家だよ

と言っていた

711日本@名無史さん2018/02/14(水) 03:14:16.59
電気椅子?
家のなかに凄い刀が飾ってあったと言っていたり

712日本@名無史さん2018/02/14(水) 03:30:44.02
伊達郡の川俣町と言うところの話をしていたり

713ブルゾンちえみ2018/02/14(水) 03:32:25.87
また妖怪が出よったか。キェーーッ!!

714日本@名無史さん2018/02/14(水) 03:36:14.70
何を言ってるんだ、
お前のような人間は誰からも相手にされていないぞ

715日本@名無史さん2018/02/14(水) 03:41:23.67
そろそろ頭の病院に行け

716日本@名無史さん2018/02/14(水) 03:48:49.97
頭の病院=『精神病院』画像、ググってみて

717ブルゾンちえみ2018/02/14(水) 03:49:22.50
妖怪か?妖怪がレスしよるんか?

718日本@名無史さん2018/02/14(水) 03:50:42.27
頭の病院に行け

719日本@名無史さん2018/02/14(水) 03:52:01.52
『山王宮 山王院』

ここを読んでみて、なんて書いてある?

720ブルゾンちえみ2018/02/14(水) 03:55:40.47
妖怪よ、お前は自分を人間やと思うとるんか。
お前の意味不明なレスの連投の数々は人のそれでは無い、妖怪としか思えんもんなんじゃが、
それでまともにレスしとるつもりか
お前は頭の病院に行ったんか?

721日本@名無史さん2018/02/14(水) 03:57:35.13
なんて書いてある、読んでみたのか?
と聞いているんだよ

722日本@名無史さん2018/02/14(水) 03:59:44.18
どのスレだったかな

チョン州が何やら〜とか、
成り済ましが・・・・・・言っている人がいたり

723日本@名無史さん2018/02/14(水) 04:03:12.94
調べた結果

チョン州=いまの山口県の辺り

724日本@名無史さん2018/02/14(水) 04:14:46.80
『菅野神社』

何か、おかしいんだよな、
もれ(仮)の家も、このような家なんだけど、
寺院に通っていたと言っていたり

家は

キュウリの葉、葱の華・・・
などの写っている写真の家

川崎区に住んでいる

725日本@名無史さん2018/02/14(水) 04:18:49.07
『チョン州』

老婆(旧姓:ワタナベ)と言うのは、
二本松の辺りの生まれ、『広瀬座』と言うところの話もしている

726日本@名無史さん2018/02/14(水) 04:22:50.90
『菅野神社』調べてみた?

百済国王の末裔が〜、奈良興福寺領

このような事が書いてあるでしょ?

727日本@名無史さん2018/02/14(水) 04:34:12.41
http://www.google.co.jp/

検索してみて、画像などもw

728ブルゾンちえみ2018/02/14(水) 04:43:43.68
スレは妖怪のメモ帳じゃねぇんだぞ

729日本@名無史さん2018/02/14(水) 05:08:02.95
日本の天皇(皇室)と、
帝だか王室は違うと言っている人がいたり

どういう事だと思う、
無理に統合したのがいるのかな

盗まれたと言う話?

730日本@名無史さん2018/02/14(水) 05:20:48.11
>>707-729 この妖怪、いきなり現れてスレに関係あるような無いような内容の奇妙な書き込みを連投してスレを埋めるスクリプト荒らしの類かと思っていたが、
本人はまともにレスしてるつもりだったなんて・・・ こりゃ驚いた
まさしく妖怪の類(精神・脳の障害)に違いない。

731日本@名無史さん2018/02/14(水) 05:23:28.11
ググったり、
検索したりすると出てくる人達がいるでしょ、


老婆の言っている話と、
かけ離れている

老婆は軍人とか戦争関係、靖国とか、
知らないと言っていたり

732日本@名無史さん2018/02/14(水) 05:36:07.90
『河童バビィ』『おずぼーん』

ふなっしー=本当は船氏だという説があったり

733日本@名無史さん2018/02/14(水) 06:05:08.38
橋が架かった(完成)ので来てください
という招待状が届いたりした事もあったんだけど、
そのときは歳も取っていたし、遠いからと言って断ったんだよ

と言っていたり

老婆が嫁に来た頃の話なのかな

734日本@名無史さん2018/02/14(水) 06:17:09.56
『一本の葱』

寺院に通っていた・・・
ような事を言っていた

735日本@名無史さん2018/02/14(水) 06:40:07.79
統合失調症だな

736日本@名無史さん2018/02/14(水) 06:48:54.69
そんな人物どこにいるんだよw
と思っているのかもしれないけど

誰が、この書き込みをしているんだ

737日本@名無史さん2018/02/14(水) 07:58:14.39
????

738日本@名無史さん2018/02/14(水) 20:00:12.49
はにわ王子と馬のやつ

739日本@名無史さん2018/02/14(水) 21:02:59.66
>>738
神、当時のアイドルという意味でしょ

740日本@名無史さん2018/02/14(水) 21:05:40.03
>>738
家の話??

741日本@名無史さん2018/02/14(水) 21:07:24.20
船。猿。鶏。はにわ王子と馬。

742日本@名無史さん2018/02/14(水) 21:37:24.59
ピーターラビットと私。 

743日本@名無史さん2018/02/14(水) 21:59:04.68
はに丸王子って、騎馬民族王朝の宣伝キャラだよね。

744日本@名無史さん2018/02/15(木) 09:21:44.27
崇神天皇またはそのあたりの天皇=騎馬民族説というのがあったが。

騎兵や鉄剣を持っていた任那在住の倭人が
日本本土に上陸して征服した
というシナリオはありうると思う。

745日本@名無史さん2018/02/15(木) 15:00:49.89
>>744
それ倭人じゃないから

746日本@名無史さん2018/02/15(木) 16:39:48.06
>>745

任那にも倭人はたくさんいたわけで。

747日本@名無史さん2018/02/15(木) 16:44:46.35
日本列島を征服できるほど大勢じゃあるまい

748日本@名無史さん2018/02/15(木) 16:45:12.92
魏志倭人伝に「邪馬台国には馬はいない」とあるが、
まったくいなかったのか、あるいは少数はいたのか?

ってのはあるが、この書き方だとまとまった数の騎兵はいなかったわけだから
朝鮮半島在住で騎兵を使える者なら
日本本土を征服することは可能だったように思う。

749日本@名無史さん2018/02/15(木) 16:49:48.95
>>748
古墳時代の馬なんて動く威信財で、武力じゃないよ

750日本@名無史さん2018/02/15(木) 16:58:07.77
>>749

帯方郡にも楽浪郡にも騎兵はいたはずだから、
騎兵を目撃したことがある朝鮮半島在住の倭人はいたと思うんだが。

751日本@名無史さん2018/02/15(木) 16:58:44.98
それにしてもモレ(仮)の兄だよ、他のスレにも書いたんだけど


ロトちゃんというキャラに似ているんだよな、
子供の頃とか、髪の毛は短いんだけど、なぜか似ている

752日本@名無史さん2018/02/15(木) 17:00:08.81
それと

まらd−な、蠍座じゃなかった?スコーピオン?

753日本@名無史さん2018/02/15(木) 17:07:00.12
>>743
『松傾』のイメージなんじゃないの?

754日本@名無史さん2018/02/15(木) 17:11:33.70
ふなっしー=本当は船氏だという説とか

755日本@名無史さん2018/02/15(木) 17:29:22.78
>>750
見たら何なんだ?

756日本@名無史さん2018/02/15(木) 17:41:42.63
はに丸:声優?

猿、船、家、

757日本@名無史さん2018/02/15(木) 19:40:17.25
>>755

斎藤道三みたいな野心家なら
「この騎兵と鉄製武器があれば、軍事レベルが貧弱な倭国を占領できるんじゃないか」
と考えてもおかしくないと思うが。

758日本@名無史さん2018/02/16(金) 23:11:27.96
>>748
>朝鮮半島在住で騎兵を使える者なら
>日本本土を征服することは可能だったように思う。

この理屈はよくわからん
通常、騎兵は集団歩兵戦術にめっぽう弱くてクナクサの戦いの戦いではクレアルコス率いるギリシャ歩兵部隊1万2千でペルシャ軍カタフラクト部隊戦車部隊あわせて20万を
正面突破で破っている

759日本@名無史さん2018/02/16(金) 23:18:55.28
それと金官伽耶があったとされる金海からは見つかる金海式土器は韓式土器ではなく
日本と同じ弥生土器
他にも巴型銅器、翡翠製品、黒曜石石器など日本本土と同じものが使われたり
魏志倭人伝にはのちに金官国となる狗邪韓国が「倭の北岸(北の果て)」とされるなど
邪馬台国の連合国の一部であったのは間違いない

760日本@名無史さん2018/02/16(金) 23:23:28.49
また軍備レベルであるが新羅や百済では日本発祥である倭系短甲が出土している
つまり日本から鎧を輸入していたという事

761白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/17(土) 03:40:05.69
>>748
弥生期に豚飼育はあったけど、牛馬は古墳期。
>>750
騎兵は、見真似ても出来るもんじゃ無ぁし。
ネオ日本騎馬民族説の水野祐氏も、独立守備隊の従軍経験で、隊が騎馬隊を編成し、
敵に包囲殲滅された 経験から 「落馬する兵、馬を逃がす兵、もう混乱しちゃって、
敵の一斉射撃で全滅し、 二度と騎馬隊はつくられませんでした。なにしろ向こうの
騎馬の連中は、裸馬のような ものにまたがり、後ろ向いて銃を構えて正確に射って
来るのです。小銃で。
日本の騎兵はあんなこと出来ないです。あんなものには絶対かなわないと思って
みていたのです。」
トルコ系カザフ人は、水野氏の独立守備兵が騎馬戦でやられたモンゴル人以上じゃ。
戦時中 日本のスパイとして潜行した西川一三氏によると、馬歩芳 (青海省国民党軍、
で、 後に台湾に亡命し、中華民国のサウジ・アラビア大使となる。)軍に参加し
カザフ人 討伐に参加したモンゴル人が、
「ハサク(カザフ)の奴、老幼婦女子を先頭に逃がして、男達がこれを守りながら
脱出しているのを追撃するのだが、馬術、射撃上手、精悍な彼等には、さんざん手を
焼いた。馬だけかと思うと、馬の横腹に隠れて走って発砲して来る。馬を倒すと、
後ろから近ずいた味方の馬にヒラリと飛び乗り、ふたり乗りで逃げる。先駈けした五、
六騎が思わぬ方向から死物狂いで襲いかかって来ては走って行き、婦女子の団体に
近ずくと倒れた馬を盾として、ひとりのハサクが犠牲となって残り、
死ぬまで発砲して、私達の追撃をひとりでくいとめ、逃げて行く一行を私達から
遠ざけながら死んでいく。また前の一行に近ずくと、ひとりが犠牲の盾となる。
銃声の音がしなくなり、近ずいてみると、彼の体は蜂の巣のように射ぬかれていて、
実に勇敢というか恐ろしい奴だよ。
さらに男だけでなくハサクの女も、実にしぶとく抵抗して、奴等は人間ではないよ。
としきりに 彼等の勇敢さを恐れると共に、彼等の勇敢さを讃えていた。」

762白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/17(土) 03:56:41.84
>>758
ギリシャは、集団密集歩兵で、軽装騎馬民族側は攻めて後退に逃げて騎馬の機動力で
迂回殲滅や敵の兵站の伸びた時点で退路を塞ぎ孤立殲滅させる手法で、
正面槍突撃重装騎兵のペルシャにゃ密集防備で重装騎兵防いでも軽装騎兵連携にゃ
通用せんけぇのう。
日本じゃ歩兵でも騎馬民族的戦法の迂回や後方からのオカマ堀り戦法は正面激突にゃ
弱い九州勢が伝統的に使うてきた。薩摩の釣り野伏せり戦法のオカマ堀り戦法なんか
典型よのう。
>>759
邪馬台国拡張妄想に行ったら妄想レベルよのう。

763日本@名無史さん2018/02/17(土) 05:53:21.63
>>759

金海には
「倭の始祖王は(宮崎県の美々津ではなく)この付近から船出した」
という伝説があるそうだ。

天孫=朝鮮半島在住の倭人  と考えてもおかしくない。

764日本@名無史さん2018/02/17(土) 05:54:54.94
金海が邪馬台国の一部とは考えにくいが
倭人が幅をきかせていた地のようには思う。

765日本@名無史さん2018/02/17(土) 05:58:32.75
ポワティエの戦い

イングランド軍には背後に隠しておいた騎兵部隊があった。
騎兵部隊は戦場を迂回してフランス軍の側背面に回り込み、
奇襲を仕掛けることに成功した。
(ウィキペディア)


戦闘の途中までは騎兵を温存しておいて、
歩兵たちが戦闘バテした頃合いに投入すれば効果あったと思う。

766日本@名無史さん2018/02/17(土) 06:24:54.65
フェニキア人(今のレバノン人)は舟の民で、地中海沿岸中に植民都市を築いてたからなあ。

特に北アフリカとイベリア半島には築きまくっていた。

スペイン人、ポルトガル人ってのは、アフリカからジブラルタル海峡を渡ってきた
土着のコーカソイドに、アラビア人種のフェニキア人、ローマ時代のイタリア半島の
ローマ人、ゲルマン民族大移動時代の西ゴート族、スペインイスラム時代の
北アフリカのベルベル人、これらが雑多に交雑して形成された凄まじい限りの
交雑種で、金髪碧眼から褐色の黒人に近い人までいる。

脱線したが、倭もフェニキアのように朝鮮南岸に数ヶ所ほど、植民都市を築いていた
可能性はあるだろうな。

767日本@名無史さん2018/02/17(土) 08:43:18.50
>>766

>倭もフェニキアのように朝鮮南岸に数ヶ所ほど、植民都市を築いていた
> 可能性はあるだろうな。


任那は一つの国ではなく十国が集まった連合であるという記載が『日本書紀』にあるから、
そういう可能性はあるだろうね。

768日本@名無史さん2018/02/17(土) 11:18:27.25
邪馬台国って古代ギリシャの隣保同盟みたいなもので金官国はかつては邪馬台国に参加してたけど
途中から任那伽耶に鞍替えしたってだけでしょ

769日本@名無史さん2018/02/17(土) 18:39:47.14
>>759
>それと金官伽耶があったとされる金海からは見つかる金海式土器は韓式土器ではなく
日本と同じ弥生土器

弥生渡来人を沿海州起源とする説が遺伝子的に証明されれば
金海と対馬、九州北部、山陰北陸は同軸で弥生渡来人圏でしょうね。
同様に山東半島から、半島、対馬経由の渡来人も
邪馬台国時代=前漢までには居た訳だから、これも本州縄文人の弥生化に参加はしている。

朝鮮渡来説というのは、海賊や戦乱遺民流入まで南部半島人が
縄文人同等の狩猟石器人が土器を持っただけだってのを歴史認識で無視してる。

日本人や朝鮮人が米を主食にしたのが、弥生で縄文以来とかw 
ドンだけ米喰い信仰だよ? ウサギとどんぐりじゃダメなんですか?
今日は俺、豆腐と泥鰌だぜwww

770日本@名無史さん2018/02/17(土) 20:23:29.32
>>769



で、山東半島から渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる中国系生活土器と中国系耕作用農具と
中国系住居と中粒種のイネは?


.

771白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/18(日) 01:36:11.92
>>763
そもそも宮崎県はヤマトからは異民族の日向隼人の地で天孫降臨たぁ関係無ぁし。
>>764
金海の支配層は、北方木槨墓人で倭人、韓人は被支配層や奴隷層。
>>765
騎兵の運用は迂回機動じゃが、重装騎兵が流行すると正面突撃に使いたがる。
>>766
フェニキアもポリス港市支配でギリシャのアテネやスパルタと変らんよ。
ギリシャも北方牧畜民系のマケドニアによって帝国が出来たわけで。
東南アジアも交易港市のポリスが経済力で農村から山の民も奴隷に出来たけど、
北方の海民はヴァイキング、ツングース的国盗物語に成るけぇのう。
百済ツングースが海を渡り韓や帯方郡を征服したようにのう。
海を舞台としても、北方は軍事的国盗り征服支配で南方のポリス的経済支配と違う。
16世紀以降の華僑の南下で東南アジアは中国経済支配圏に成ったよう、
ポリス的発展は軍事による盗り支配と違う。
南は遊牧民でもアラブの世界帝国のように軍事提供でアラブのポリス都市民が
上に立つわけじゃし。日本は南方的ポリス的要素は弥生期で終いで、古墳期から
北方国盗り世界に成って明治まで続いたわけじゃし。

772白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/18(日) 01:58:00.34
>>767
任那伽耶は北方木槨墓人が支配し前支配者の楽浪式墳墓を徹底的に破壊したわけで、
それまでの弁韓、任那半島南端倭も楽浪派遣の役人が統轄したか、現地の弁韓や倭の
楽浪隷属派が統轄したかじゃろう。ほいで北方木槨墓人も任那伽耶から消えて
北方積石木槨墓人の新羅が勢力を広げることに成った。
北方木槨墓人は日本へ移住支配したんじゃろこたぁ、記紀の新羅憎悪、
新羅派の九州筑紫の君憎悪から伺えるのう。九州の筑紫の隣の豊前は新羅系移民の
多い土地柄じゃし、任那伽耶支配の北方木槨墓系は畿内や北陸の伽耶文化系の勢力に
受け継がれたとも云えよう。

773白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/18(日) 02:07:55.49
>>769
わしゃ、朝昼兼用の甘藷ね牛蒡、蓮根、人参、ニンニク、若布の具沢山の味噌汁で、
晩は、牛肉、アジの刺身と、その圧昼兼用具沢山味噌汁の残りの根菜とシメのうどん
食うたのう。米じゃの朝鮮系食文化に合うけど、あんまし食わんよ。
キムチや韓国海苔とかあると米は朝鮮食文化に合うけぇ食うくらいで、
和食に米はいらんよ。

774日本@名無史さん2018/02/18(日) 02:18:20.87
和食はもむない。鍋系以外は味無い、酸っぱいやらで美味しい思うもんないわ。
後は、ラーメンやら外来食品の日本化やし。

775日本@名無史さん2018/02/18(日) 10:50:14.24
>>770
金官伽耶と九州に国境が無い時代の
前漢以降の渡来の話してんのに生活痕も糞もあるか?

邪馬台国以前に倭人が太伯の末裔と詐称した原因として
57年に金印持ってきた漢の使者が、
九州北部の弥生人国に亡命帰化してる可能性が高いって類の話だぞ。

漢の使者が金印と米持ってきて日本の稲の起源になったんじゃ、
弥生土器渡来の話と関係ないだろ?
石器トンカチ頭だなwww

776日本@名無史さん2018/02/18(日) 11:11:28.49
>>775



で、漢の使者が渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる中国系服飾・木沓と中国系住居と
ワンタン・餃子などの中国系料理は?


.

777日本@名無史さん2018/02/18(日) 11:27:59.77
>>755
誰そんな馬鹿なこと言ってるの?
漢帝国がいちいち来歴の明らかでない使者送るとかありえないんだが

『後漢書』東夷傳
建武中元二年 倭奴國奉貢朝賀 使人自稱大夫 倭國之極南界也 光武賜以印綬

建武中元二年、倭奴国が貢物を奉り、朝賀に出席した。使節は自らを大夫で、倭の国は南の果てにあると言っていた。
よって光武帝は印綬を賜った。

778白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/19(月) 02:28:21.04
>>774
まあ、冬は鍋系を食いとうなるけど、米要素き飲む日本酒と酒粕で、味噌系鍋でも
広島じゃ麦味噌で米味噌は使わんけぇのう。
和食たぁ素材を活かす食文化ゆえ、焼き牡蠣も軍手と牡蠣用ナイフがありゃあ
美味しゅう食えるわけで、不必要な加工の手を加えん方がええけんのう。

779日本@名無史さん2018/02/19(月) 16:22:34.02
>>775



で、漢の使者が帰化した事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる漢服や木沓などの中国系服飾と
土壁の中国系住居とワンタンや餃子などの中国系日常食は?


.

780日本@名無史さん2018/02/21(水) 18:42:15.37
>>775



で、漢の使者が帰化した事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる漢服や木沓などの中国系服飾と
土壁の中国系住居とワンタンや餃子などの中国系日常食は?


.  

781日本@名無史さん2018/02/21(水) 19:04:55.57
加計学園のプラントオパール

782日本@名無史さん2018/02/23(金) 19:24:41.80
>>781
それもロクでもねえ詐欺だったな。

炭化米や稲籾などのイネの現物が一粒も出てないのにプラントオパールだけで
6000年前に稲作があったと押し切ろうとした悪質な詐欺。

しかも、コムギのプラントオパールも同時に出てるのに、
コムギの方は一切沈黙して触れねえでやんの。

ホント詐欺師は死ねよ。

783日本@名無史さん2018/02/24(土) 10:27:23.09
>>775



で、漢の使者が帰化した事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる漢服や木沓などの中国系服飾と
土壁の中国系住居とワンタンや餃子などの中国系日常食は?


.

784日本@名無史さん2018/02/24(土) 14:14:59.06
時すでにお寿司で
任那加羅に日本人が進出してグローバル化してるんだから
その生活痕たる中華街の中華そばじゃなくて
博多のとんこつラーメンに決まってんだろ。

半島だけに、加羅もやしやキムチは有るかもw ただし、のりは有明産だな・・・
いつまでも石器時代頭で、インスタントラーメン弥生土器から喰ってろよwww
あ、焼き餃子は中華としては偽物、これ、マメな。

785日本@名無史さん2018/02/24(土) 16:28:48.50
漢人というのは2800年前には早くも瓦屋根に土壁の戸建てに住み、
漢服を着て木沓を履き、日常の主食に蒸しまんや水餃子やワンタンを
食べていた文明人だよ。

彼らが倭に帰化するという事は我々現代日本人がマサイ族の村に帰化する事と
変わらんのだぞ。

竪穴式住居に住んで、裸足で布地を体に巻き付けて結ぶだけのヘソ出しの半裸の
格好をして、粟や黍、たまに米を甕で炊いて食べるだけの原始的な生活をする
という事だぞ。

堪えられんだろ。

786日本@名無史さん2018/02/24(土) 17:59:19.35
>>785

中にはそういう生活が好きだという変わり種もいるわけだが。

アマゾンでの生活になじんでしまいペルーに帰化したアメリカ白人も実在する。

787日本@名無史さん2018/02/24(土) 20:36:42.90
漢の超田舎の朝鮮小役人が日本に来て、豪族や王族の娘と結婚するとかだよ?
日本の公務員がアフリカやアラブ王の娘婿になるってのは玉の輿だろ?

ラーメン餃子のチャーハン付き、喰えなくても、
うなぎや寿司割烹とか京懐石で我慢できると思うぞ。
もしかして、デビ婦人ディスってる?

788日本@名無史さん2018/02/25(日) 02:29:42.40
新羅、百済に滅ぼされた倭国の加羅の貴族は、
霧島の大噴火で人が住んでいなかったエビの高原に定住したのではないか?
霧島の韓国岳という山名もそこから来たと思う。

789日本@名無史さん2018/02/25(日) 02:41:04.26
やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視 2009年3月19日19時7分配信 ツカサネット新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090319-00000026-tsuka-soci

この記事で問題になった通称やりすぎ防パトは、創価学会と警察署が引き起こしていたようです

掻い摘んで説明すると

・創価学会は、町内会や老人会、PTA、商店会等の住民組織に関し、学会員が役員になるよう積極的に働きかける運動を
 90年代末から開始し、結果、多くの住民組織で役員が学会員という状況が生まれた

・防犯パトロールの担い手は地域の住民と住民組織で、防犯活動に関する会議や協議会には、住民組織の代表に役員が出席する為
 防犯活動や防パトに、創価学会が間接的に影響力を行使可能となった

・防パトは住民が行う為、住民が不審者や要注意人物にでっち上げられるトラブルが起きていたが
 創価学会はその緩さに目をつけ、住民組織を握っている状況を利用し、嫌がらせ対象者を不審者や要注意人物にでっち上げ
 防パトに尾行や監視、付き纏いをさせるようになった

・防パトは地元警察署との緊密な連携により行われる為、創価学会は警察署幹部を懐柔して取り込んでしまい
 不審者にでっち上げた住民への嫌がらせに署幹部を経由して警察署を加担させるようになった

・主に当該警察署勤務と考えられる創価学会員警察官を動かし、恐らく非番の日に、職権自体ないにもかかわらず
 私服警官を偽装させて管轄内を歩いて回らせ、防犯協力をお願いしますと住民に協力を求めて回り
 防犯とは名ばかりの、単なる嫌がらせを住民らに行わせた(防犯協力と称し依頼して回っていた警察官らの正体は恐らく所轄勤務の学会員警察官)
 ※これに加えて防犯要員が同様のお願いをして回る

・こうして防犯パトロールを悪用し、住民を欺いて嫌がらせをさせつつ、創価学会自体も会員らを動員し、組織的な嫌がらせを連動して行った

つまり警察署に勤務する学会員警察官、警察署幹部、創価学会が通称やりすぎ防犯パトロールの黒幕

詳細は下記スレをご覧下さい(現在スレが荒されてますので、テンプレと87の連絡先さえ確認して頂ければokです)
やりすぎ防犯パトロールは創価学会と警察署の仕業だった
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/bouhan/1516500769/1-87

790日本@名無史さん2018/02/25(日) 06:01:57.59
>>787

> 漢の超田舎の朝鮮小役人が日本に来て、豪族や王族の娘と結婚するとかだよ?


アメリカの女優(しかも離婚歴あり)が、もうすぐイギリス王族になるわけだが。

791白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/26(月) 02:22:06.88
>>787
寿司割烹じゃの京懐石じゃの近世以降の料理じゃし。中国人の方は、小麦農耕の
北方人は、麺を食うが米は普通食わんし、稲作地域の南方人は、米を主食とし、
麦や麺はほとんど食わんかったけぇ、六朝時代から江南は脚気が流行った。
日本じゃ脚気を江戸患い云うて、江戸時代の都市部殊に米好きな江戸人に多かったが、
日本の稲作は秋から麦の季節じゃし、麦の方が主食じゃったけぇのう。
稲作地域の米は酒の加工品に回すもんじゃし、その方が経済的に売れるけぇのう。
>>788
日向や大隅は先住民の隼人の地じゃし、隼人征伐で大隅軍事支配移住した
豊前の新羅系が入ってからじゃろう。

792白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/26(月) 02:48:38.16
>>788
こっちでも云うたが大隅・薩摩の鹿児島県は、新羅系習俗も残っとるけぇのう。
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1505857271/p19-20
20白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/21(木) 01:53:26.34
>>5-14
http://web1.kcn.jp/tkia/mjf/mjf-51.html
▼大隅国における秦氏〈韓国岳〉
 大隅八幡宮(鹿児島社)は708年の創建と伝わる。香春新社や宇佐八幡宮造営も
含めて、この八世紀初めの動きはただ事ではない。南九州での薩摩・大隅国設置=
隼人征伐は、外来神であった八幡神をニッポン神化し、これを先兵とすることで
遂行されたのである。 …
 その最高峰は天孫降臨の「高千穂峰」ではなく「韓国岳」である(「高千穂」は
日向北部にもある)。ここには強い主張がある。例の『宇佐託宣集』は
「日州(日向)の辛国城(辛国宇豆高島)、蘇於峯(そほだけ)これなり。
蘇於峯は霧嶋山の別号なり」と記し、『続日本紀』は、788年の霧島山の噴火記事を
「大隅国贈於(そほ)郡曽乃(その)峯」と呼称・記述している。朝鮮風の
「ソホリ」とは本来誰のものかは言うまでもない。
 ▼日向国周辺の「天孫降臨パラノイア」
…九州での「降臨」伝説は、新羅・加羅から秦氏が八幡神とともに持ち込んだとも
考えられる。豊前の秦王国から日向へ、そして大隈となった現鹿児島県東部から
西部の薩摩へと、秦氏の移住先には八幡神信仰が移植され、その降臨伝承が
ニッポンの天孫降臨神話に置換されていった。降臨神話のすべてとは言わないが、
少なくとも、もと八幡神信仰のあった地でのそれは置換されたものに相違ない。}

793白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/26(月) 03:07:53.32
>>788
今でも、韓国じゃ都のことを、「ソホリ」「ソホル」の「ソウル」が首都名じゃし。
>>792の続き。
▼島津氏が継承した新羅の民俗
 島津氏は鎌倉幕府から日向・大隅・薩摩三国の守護に補任されて以来、六百年
以上にわたり南九州を支配した豪氏である。だが、その素性は案外知られていない。
島津と称する前は惟宗氏(これむね。新田八幡宮神官も惟宗氏)と言い、氏祖の
忠久は日向国守の家に生まれ、源頼朝による薩摩国島津荘の地頭職安堵が縁で
「島津氏」を名乗ったのだ。その惟宗氏とは秦氏である。…
 幕末の西郷隆盛や大久保利通らは貧しくとも「藩士」であった。彼らの伝記などを
通じて、薩摩藩には厳しい藩士教育の伝統があったはよく知られている。
特に「兵児二才」(へこにせ)と呼ばれた青年たちの若者組が有名であろう。…
 名門の美少年を「稚児様」(ちごさま)と称し奉り、集会や合宿、また「山野遠遊」
(本来の意味の「遠足」:ワンダーフォーゲル)を行ない、戦さには稚児様を先頭に
青年戦士団として戦場へ赴いた(天草の乱などでの記録がある)。この稚児様とは、
八幡神の依り代であった。実は、新羅に「花郎」(元々は「源花」と呼ばれた女性、
つまり巫女であった)と呼ばれる貴族の美少年を奉ずる青年戦士団がり、同様の
民俗があったのだ。
 三品彰英氏の研究によると、この民俗が最も残っていたのが国分と出水…
例えば出水は六地区に分けられ、兵児二才もそれに従って編成されたが、これも聖都
(ソフル)慶州が六村から成っていたという伝承を持つ新羅や、黄金の六つの卵から
生まれた男子が六加羅の王となったという神話を持つ加羅の、聖数「六」に基づく。
宇佐の辛島ハトメは、隼人の乱のとき「神軍」を率いて大隅に向かったが、
このときハトメは八幡神の依り代である「源花」であったのだ。}

794日本@名無史さん2018/02/26(月) 03:47:33.44
百済なら知っているけど、
新羅というのは、どこの国の人間なんだ?

という話ばかり

言ってる意味わかる?

795日本@名無史さん2018/02/26(月) 03:59:54.26
他のスレにも書いているんだけど、

あまり偉そうなことは
言わないほうが良いんじゃないのか?

796日本@名無史さん2018/02/26(月) 06:42:43.48
>>787
貴族階級と結婚したなら、木沓くらい貴族階級に広がるはずだろ。

足のサイズに合わせて木をカットして中をくり抜いて、形を整えればイイだけなんだし。

それに日常食の蒸し饅頭や蒸し餃子やワンタンも伝わるわな。

コムギは弥生早期にイネと同じ頃に日本にも伝わっていて、倭でも食べられているんだから。

797日本@名無史さん2018/02/26(月) 06:53:05.31
妖怪が書きよる

798日本@名無史さん2018/02/26(月) 17:49:23.10
>>793
>実は、新羅に「花郎」(元々は「源花」と呼ばれた女性、
>つまり巫女であった)と呼ばれる貴族の美少年を奉ずる青年戦士団がり、同様の
>民俗があったのだ。

全然違う
花郎は美貌の男児を着飾らせて朝廷に出仕させたもので、日本で言う所の寵児や色小姓
中には王の寵愛を得て高位の武官に補される者もいたが花郎自体は戦士とは何の関係もない
韓国に軍国主義が広まるとともに国威発揚のため、あたかも日本の武士にように喧伝するようになった

「三国史記」新羅本紀
美貌の男子を選び、化粧させたり着飾って花郎と名づけて優遇すると、おおぜいの若者たちが雲のように集まってきた。
あるいはたがいに道義を練磨し、あるいはたがいに歌楽をもって楽しんだ。景色のよい山や川を訪ねて遊び楽しんで遠くとも行かない所はなかった。
これによってそのひととなりの正邪を知って、そのうちからよい者を選んで朝廷に推挙した。

799日本@名無史さん2018/02/26(月) 18:05:57.26
だいたい兵児二才なる制度を作った新納忠元は新羅が滅んでから500年以上も経た後の人物なのに
時代錯誤にもほどがある

花郎=武士などと言い始めたのは池内宏、鮎貝房之進といった総督府の御用学者どもが30年代に唱え始めた説で
徴兵制や内務版教育を朝鮮で施行するにあたって正当化のための粗製説で「史記」の列伝の花郎の記述を読むと
大半は文臣であることから凡そ軍事とは無縁な集団だったことがわかる

800白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/27(火) 03:09:55.28
>>798-799
戦士集団と関係無ぁ、美少年崇拝文化圏があるんなら提示してみんさいや。
わしゃ、民族学的に見ても、武闘集団と無縁な少年愛文化を知らんで。
そもそも、新羅の花郎戦士文化を否定するんは、韓国系宗教団体系の日本じゃ
嫌韓煽る「チャンネル桜」常連の歴史修正主義と唱えよる嫌中、嫌韓のM女史
じゃろうが。こがぁな、お馬鹿夫婦で、夫はアメリカオルブライト留学でアメリカの
属国日本の対中扇情工作要員の外語学者が中国史に出臍して嫌中ほど、中国文化の
虜となり、国として中国は嫌うても、中国文化は大好きに成った夫と大して変らん
もんの受け売りで云うとんじゃろうが。
文臣云うて、三国史記は中国が唐代の貴族制から、宋代の士大夫の官僚お役人たる
文臣優位の時代を反映して編纂された記述で。そもそも、古新羅は、高句麗、百済の
元来の北方胡族文化に漢文化を加味した江上波夫氏の云われる「胡漢文化」と違い、
古新羅は非中国文化系の北方スキタイと西アジアの黄金文化圏で、それを後世の文臣概念
じゃの歴史無知にもほどがあろうが。道義錬磨じゃの武の競いと男色から年長者の
念者から「もののふの道」を学ぶだけでのことよ。
高句麗、百済、新羅の戦乱三国時代に武闘集団で無ぁたぁ頭がイカレとろう。
逆に日本の平和な江戸期は、武士階級は軟弱、貧弱で武闘派は少数の、中国・朝鮮同様の
士大夫官僚お役人たる文臣世界じゃし、知性を軽蔑する鹿児島においても、
儒教原理主義の朱子学カルト文臣の時代じゃったわけじゃが、西日本の戦士文化の
年齢階梯制と古新羅の美少年崇拝は、仮装行列ワンダーフォーゲルでも
残ったけぇのう。わりゃ、幼稚なトンチンカンな歴史学、民族学知らず
晒してどうすんなら。

801日本@名無史さん2018/02/27(火) 09:16:12.38
時代は下るが、朝鮮半島統一後に唐と新羅が戦ったわけだが
新羅が持ちこたえたのは
地の利を活かしたホームゲームでの戦いだったからかな?

802日本@名無史さん2018/02/27(火) 18:54:20.35
>>800
>戦士集団と関係無ぁ、美少年崇拝文化圏があるんなら提示してみんさいや。

日本の稚児やウィーン少年合唱団亮やジャニーズにどこに戦士集団の要素があるんだ
お前が無知なだけだろ
花郎が戦士集団なら何で史記の列伝にある花郎がほとんど軍事の経験がないんだ

>三国史記は中国が唐代の貴族制から、宋代の士大夫の官僚お役人たる
>文臣優位の時代を反映して編纂された記述で。

「史記」の著者は金富軾は兵を率いて妙清の乱を鎮圧したバリバリの武闘派なんだが
お前「史記」の列伝読んだことあるか?武功あげた連中以外は扱いが適当で伝もスカスカなんだが

803日本@名無史さん2018/02/27(火) 19:01:28.40
>>801
吐蕃が強すぎて東に兵を割けなくなったので、文武王が講和の謝罪使を使わして再び
冊封されることを乞うて来たのを期に、それで手打ちにしただけ

804日本@名無史さん2018/02/27(火) 19:19:04.84
唐の将軍の薛仁貴は、内政はうまかったらしいが、軍事はダメだった人ではないかな?

805日本@名無史さん2018/02/27(火) 20:07:18.75
薛仁貴が軍事ダメだったら全員ダメ扱いだろwww
蜂起した直後は京畿道坡州市あたりまで及んでいたのに
たった2年で錦江まで後退してるのだから唐が講和受け入れなかったら滅んでたよ

806白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/28(水) 03:46:55.02
>>801
侵攻成功は速度で決まるし、早期に制せにゃあ、長期化したら地元有利で
軍もベトナム戦争で撤退の敗戦じゃし、日本も文禄慶長の役で加藤・小西の
九州勢が李如松の遼東軍に朝鮮北部で負けて、潰走し他の日本軍待機の朝鮮中部まで
逃げ帰った時点で勝利の目は無うなったし、昭和期の日華事変も長期化した時点で、
日本軍が対英米戦争せんかったとしても貧弱な装備の中国軍にも勝てんし、小戦闘で
勝利重ねても、敵軍主力は、日本軍の戦死傷者を増やすボディブローを繰り返し
のダメージ回避の撤退撤退で兵力温存すりゃあええわけじゃし、日本は文禄・
慶長の役の朝鮮侵攻の結局撤退敗北からの歴史的経験教訓は無うて愚行を繰り返す。
本題の大唐帝国も如何に兵力が優ろうと長期化したら朝鮮半島の地元有利じゃし、
当時の新羅貴族は対高句麗、百済に挟み撃ちして呉れた大東帝国に恭順意識
じゃったが、旧高句麗系、百済系が暴発して止めようが無かったし、新羅貴族らも、
内政干渉する大唐帝国へ隋を何度か撃退した高句麗系や反骨の百済人が権力を握った
新羅王権よりも、大唐帝国反発心の方が謀反も抑制出来る利点から、あえて旧高句麗、
百済人と大唐帝国の戦闘にどっちの味方にもならず様子見て視で有利になった旧高句麗、
百済側に加担のずるい手段で新羅は長期王朝の基盤を作れたわけじゃし。
じゃが、旧日本帝国にベトナムや朝鮮半島のようなレジスタンスは無理じゃし、何しろ
戊辰戦争ですら短期間で済んだ国じゃし、旧日本軍が全面降伏認めずレジスタンスしても、
糧量を奪われる側の住民を敵に回すし、節操の無い九州から手なずけ、西日本からドミノ
崩しして、一番抵抗するレジスタンス精神の強い愛国玉砕の東北地方が戦死勝者を
大勢出し損する結果で悲劇に成るよ。

807白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/28(水) 04:12:00.87
>>802
そもそも、軍事集団たぁホモ男色精神じゃし、軟弱なおどれらネトウヨたぁ戦力に
成るよ。
http://blog.goo.ne.jp/hori1090/e/e05b70dd45c6ef36a6e8c2fd6d5bcd0e
{−刑務所に入ると、おかまを掘られるわけですね。掘るのが《カッパ》で、
掘られるのが《アンコ》。
笠原:そうです。僕は「仁義なき戦い」で美能幸三(映画では菅原文太が演じた広能)
さんに取材したんですけど、美能さんも刑務所でアンコを掘っていたわけですよ。
−それでアンコというのは、結局、カッパの鉄砲玉になって人を殺しに行くように
ということですけど。
笠原:だから美能さんも、今はどうか知りませんけど、大阪、東京に男を二、三人
囲っているわけですよ。それで美能さんが電話一本で指令を出せば、その男は
鉄砲玉となってフッ飛んでいくと言うんですよ。}
ほいから、朝鮮の「三国史記」と中国の地域史の司馬遷の「史記列伝」を
混同しよんか?
武闘派が文臣じゃの、古新羅時代に士大夫文臣じゃの存在せん概念妄想繰り返しても
つまらんわ。
>>805
ロシア、旧ソ連が自国の奥深う侵攻させて兵站崩した軍事知識すら無ぁよう
じゃのう。旧日本帝国も中国軍にその方式で、長期戦の勝ち目の無ぁ泥沼策にまんまと
はまったわけじゃし。

808白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/28(水) 04:16:16.19
>>806
の(米)軍もベトナム戦争で撤退の敗戦じゃしのアメリカの米が抜けとったのう。

809日本@名無史さん2018/02/28(水) 04:18:44.43
なぜ新羅=倭人なんだ?
嘘の話、妄想なら終わりにしたほうが良いぞ

810日本@名無史さん2018/02/28(水) 04:23:01.17
神話の話になるけど、
本当の雷神と言うのは天津のことだと書いてあるでしょ

あと菅原某というのは死んでから恨み、
祟り(不明)のような状態になった

811日本@名無史さん2018/02/28(水) 04:25:42.73
天津

国津 降臨の儀式のような話があったでしょ

天津も国津も同じ家の話

812日本@名無史さん2018/02/28(水) 04:29:48.26
それと、これも有名な話のかな、
何か盗んだんじゃないのか?という話、明治時代頃の話?

三種の神器関係の話?

『アカツキ』ググると、謎のマークが出て来たり

8132018/02/28(水) 04:40:11.35
妖怪

814白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/28(水) 04:44:25.34
>>802
ほいから、こっちものう。
http://park11.wakwak.com/~siori/dansyoku.html
「男だけでつくりあげられた戦士の集団には、つねに潜在的に同性愛の原理に
つらぬかれているのだ、ともいえる。未開社会の戦士集団であろうと、ギリシアや
ローマの古代帝国の軍隊であろうと、中世の封建社会にできあがった騎士道や
武士道の世界であろうと、ことの本質は変わらない。戦士たちは、たがいに
同性愛的な友愛の精神に導かれ、自分の生命をいとも簡単に投げ出して、自分の
恋の相手に殉ずることをも、いとわなかった」…
日本の場合は、より濃厚に、近世までそういう傾向があったように見受けられます。
 民俗学者フリードリヒ・クラウスは、1907年に刊行した「信仰、慣習、風習から
た日本人の性生活」の中で、日清・日露戦争における日本軍にふれ、
「男子同性愛が兵士や士官の間に非常に蔓延していることは、他のことから裏書き
された。皮相な観察者さえも、日本の兵士たちが、われわれ一般人よりもはるかに
情愛がこもり、友情的な態度でお互いにつきあっているのに、驚くだろう。…
 新羅の花郎(ファラン)集会は、名門貴族の子弟の中から選ばれた15、6歳の美貌の
少年を中心とする、青年戦士集団でして、義兄弟的な同性愛が、ごく普通に営まれて
いたといわれます。
日本の古代に、文献資料として、男色の記録は少ないのですが、万葉集には、
それらしき歌が散見されるそうですし、ヤマトタケルが女装してクマソタケルを
討つお話は、あきらかに男色を暗示しています。}
ブログ主の南方誘致は妄想で、年齢階梯概念はウイグル族のように中央アジアの方が
東南アジアたぁ顕著じゃし、同性愛戦士集団も、ユーラシア東西文化の中で生まれたと
する解釈が正解じゃろう。ヤマトタケル神話のトランス女装も男色と共に中世の
西洋騎士も現代なら女装に近い衣服で、日本の武将の薄化粧と云い戦士集団は、
新羅の花郎道と同一よのう。
しかも、戦乱期の古新羅時代に後世の士大夫文臣じゃのトンデモネトウヨ妄想じゃの
通用せんし。

815白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/02/28(水) 05:02:51.13
>>802
>>814は略し過ぎた。
民俗学者フリードリヒ・クラウスは、1907年に刊行した
「信仰、慣習、風習から見た日本人の性生活」の中で、日清・日露戦争における
日本軍にふれ、
「男子同性愛が兵士や士官の間に非常に蔓延していることは、他のことから裏書き
された。皮相な観察者さえも、日本の兵士たちが、われわれ一般人よりもはるかに
情愛がこもり、友情的な態度でお互いにつきあっているのに、驚くだろう。
兵士同士の愛の絆の強さこそが、清やロシアを相手に日本兵が勇敢に戦った最大の
背景ではなかったか。彼らが死を怖れなかったのは、たんに戦闘精神や死を軽んずる
考えの発露ではなく、他の兵士にたいする激しい愛の感情からなされたものである」
戦友同性愛の横の団結は縦の国家強制じゃ無ぁ、日常のホモ精神じゃし、そのホモ精神は
新羅の花郎の戦士集団のようにユーラシアの東西交流でギリシャ的なホモ精神が戦士文化と
結びつく共有普遍性に繋がるわけじゃし。

816日本@名無史さん2018/02/28(水) 19:45:42.22
>>814
>>815
あのさぁ・・・
それ何の反論にもなってないんだけど
で、稚児やウィーン少年合唱団やジャニーズにどこに戦士集団の要素があるんだ?
お前って都合が悪くなると関係のない話を延々として話を逸らす癖があるけど
現実でもよく人の話を聞かないって言われてるだろ?

817日本@名無史さん2018/02/28(水) 19:53:42.05
つうか白馬の爺さんってえらくネトウヨに対抗意識燃やしてるけど
自分がネトウヨ以上に右寄りな思想回路してるってこと気付いてる?

お前の書いたセクシストや人種主義丸出しの駄文はリベラルが見たら憤慨するレベルなんだけど
頭が未だに戦前だからわからないか

818日本@名無史さん2018/02/28(水) 21:00:23.14
>>816
ほうよのう。
聞いとることに答えんで、関係なぁ長文で話し逸らすけぇつまらんわいのう。

819日本@名無史さん2018/03/01(木) 00:41:18.90
妄想界の博学者、白馬青牛大先生に失礼ではないか(笑)

82051歳2018/03/01(木) 01:00:54.06
京都は、男の子が、清める土地です。

821白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/03/01(木) 02:35:50.98
>>816
古新羅時代に無あ、後世の李氏朝鮮の「文臣」投影妄した時点で、終わっとるよ。
少年愛、稚児は、武闘派関連不可欠じゃし、芸能人でアンコ役したことが武闘派じゃ無あ決め付けも解らんし、掘られたもんの方がテロ実行するんが、カタギじゃ無ぁ世界じゃ当たり前のことじゃし。話の本質をさしくり(誤摩化し)よんはおどれら軟弱派の
ネトウヨで。
>>817
わしゃ、保守派ゆえ、左翼全体主義の自称保守の擬似保守ネトウヨは気に入らんよ。
わしん人種概念の比較は身体の特徴でアジアのモンゴロイドが兵士としての体質も
地域環境も将兵の素質として優れとるこたぁ、イギリス人も体格も小さい華奢な
山岳グルカ兵の精強さから認めとることじゃし、モンゴロイドは精強兵士に成る
素質に適しておる云うた、どこがレイシズムなんなら?

822白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/03/01(木) 02:36:53.71
>>816
古新羅時代に無あ、後世の李氏朝鮮の「文臣」投影妄した時点で、終わっとるよ。
少年愛、稚児は、武闘派関連不可欠じゃし、芸能人でアンコ役したことが武闘派じゃ無あ決め付けも解らんし、掘られたもんの方がテロ実行するんが、カタギじゃ無ぁ世界じゃ当たり前のことじゃし。話の本質をさしくり(誤摩化し)よんはおどれら軟弱派の
ネトウヨで。
>>817
わしゃ、保守派ゆえ、左翼全体主義の自称保守の擬似保守ネトウヨは気に入らんよ。
わしん人種概念の比較は身体の特徴でアジアのモンゴロイドが兵士としての体質も
地域環境も将兵の素質として優れとるこたぁ、イギリス人も体格も小さい華奢な
山岳グルカ兵の精強さから認めとることじゃし、モンゴロイドは精強兵士に成る
素質に適しておる云うた、どこがレイシズムなんなら?

823日本@名無史さん2018/03/01(木) 02:40:36.17
倭人の倭は矮小の矮。
アメリカ人が言うところのJap、韓国や北で言うところの쪽빠리。

824日本@名無史さん2018/03/01(木) 20:16:57.07
>>748
そもそもその時代(魏志)、三韓地域でも馬に乗ってないんだよね

「牛馬に乗るを知らず、牛馬は死を送るに尽くす。(馬韓)」
「すなわち歩戦し、兵仗は馬韓と同じ。(辰韓)」

東沃沮も「牛馬少なく、すなわち矛を持ちて歩戦す。」で濊も「矛長さ三丈を作り、あるいは数人共にこれを持ち、歩戦を能くす。」だし。」

825安倍長門守晋三2018/03/02(金) 06:53:24.77
白馬青牛の書き込みは、完全に私がブロックしている
わけであります。

826日本@名無史さん2018/03/03(土) 16:31:17.28
オリパラ誘致演説か?

827日本@名無史さん2018/03/06(火) 09:34:22.68
【韓国】任那日本府は任那国史の名称が日本書紀の完成過程で改変されたと推定[03/05]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1520212747/

828日本@名無史さん2018/03/06(火) 12:24:34.25
なんか悲惨だな・・・

まず最初に、日本が古代韓にちなんで李朝に大韓帝国を建国した
って事実が、歴史認識の大間違いであって

その韓国がいくら古代の歴史を修正しようとしても
韓国=古代からの韓民族 であることから離れないと、
どうしようもならないんじゃないかな?

古代史では一応、統一新羅で唐の冊封国になって
日本からは独立したようには見えるよ。
白村江で王族やらも返還して後始末の支援したし、
王様、逃げちゃったけど・・・

高麗王朝も李朝も現代も
朝鮮国民にとってはろくなもんじゃなかった
って印象は、ぬぐえないけど、歴史ドラマは人気なんでしょ?

困った隣人を作ったのは日本だってことは戦後認めてるし、
歴史は語らずも、ファンタジーで良いじゃないの。

なんで、日本書紀? まあ、歴史修正の王道ではある。
事実が見える、三国志とかも禁書にした方が良いかもな。

829日本@名無史さん2018/03/06(火) 18:22:34.95
ネトウヨってウィキペと2chの知識でつまみ食いした知識を適当につなぎ合わせるから
時系列が錯綜してるよね

830日本@名無史さん2018/03/17(土) 22:45:42.56
>>816
こいつは10年前からずっとこんなんやで

831日本@名無史さん2018/03/17(土) 23:59:53.82
age

832日本@名無史さん2018/03/18(日) 20:33:58.03
今の我々の感覚からすると陸地を中心に考えるから
九州に倭の勢力があって半島南部に日本の出先機関があったみたいに考えてがちだけど
昔は海の民山の民で分かれていて、海の民は海を中心にしてその両岸に領地を持つから
九州北部〜半島南部が当たり前に元々の領地だったんじゃなかろうか

833日本@名無史さん2018/03/23(金) 11:56:24.43
BC1000年まで縄文人しかいなかった日本列島に
どっかから、弥生土器人が浸透してきた。 
ってのが、日本の前古代史だろ。
その弥生土器人ってのは、半島にも自由に行けるだろ。

国家ってもんが無いんだから、開拓民が杭打って?開墾すりゃ自分の領地だろ。
私有化すべき開墾地が出来て通貨的価値が生まれる穀物や家畜が出来て
領有化が拡大するから、法律や軍事を伴う領主が必要になった。

任那加羅は日本の領地じゃなくて、中国戦乱難民と弥生人の領地だろ?
そこから、百済や新羅に発展していってるし。
普通、弥生人ってのは縄文人と混血してるって定義があると思うけど?
半島にも縄文遺伝子が浸透してないなら、半島滅亡が有ったか
日本における弥生人の定義がおかしい。

開拓が有の地から無の地でも、難民は無から有の地を求めるんだよね。
戦争で得るための軍事国家が成立前なら、任那は前者だろ。

834日本@名無史さん2018/03/23(金) 12:22:14.83
弥生開始土器見りゃ分かるじゃん。

弥生人たちは朝鮮土器も中国土器も作らなかった。

彼らが作った土器は沿海州南部のある時代の土器に文様がそっくりだった。

ただ、彼らが沿海州南部からどうやって島根辺りまで来たのか、
何の目的で西日本まで来たのかまではさっぱり分からない。

漂流で来た?海賊目的で来た?黒曜石交易の目的で来た?

一向に分からない。

835日本@名無史さん2018/03/23(金) 14:39:40.78
弥生開始土器?
黒曜石交易は縄文土器以前では無ないのかな?

黒曜石も無いところから、有る所へは来ないので
黒曜石石器人は黒曜石をもって沿海州に何しに行ったのかな?
マンモス伝説か、北京原人発掘か?
春分には祖先のお墓参りか? 加藤清正で虎狩りが流行ったかw

であれば、沿海州土器には縄文トレンドが無かっただけで
デザイン的に複雑化していった縄文土器は
資本経済の発生で、退化して弥生=沿海州土器に戻った
とも、言えるのでは?

進化、進歩の常識というか
土器を発明した縄文人は最初は無文の土器から作ると思うけどね。
稲作の導入=弥生、弥生土器への進化〜国家の形成
と考える、日本人の米信仰には呆れるよ。

世界の歴史で米で動いた国なんてどんだけ有んの? 
米が無きゃ、2万年の原始共産制で
マンモスステーキとパンとワインで生きれば良いじゃないか。
芸術は爆発だwww

836日本@名無史さん2018/03/23(金) 14:47:52.53
ほとんど島国視点wwww
と言っている人がいなかった?

「島国根性」
という言葉もあったり、お年寄りなら知っている言葉

837日本@名無史さん2018/03/23(金) 15:00:46.13
「井の中の蛙 大海を知らず」

同じような意味なんだけど、なぜだと思う

838日本@名無史さん2018/03/23(金) 15:06:43.01
探偵eyeというドラマ

ワインを飲んでいる人物がいるでしょ、作中では主人公の兄となっている

「いつでも殺すことが出来る」

このような事を言っていたり、
主人公の記憶なのかな一瞬「サルのおもちゃ」のようなものが見えたり、
どういう作品なんだと思う

両手にシンバルのようなモノを持ち、
叩いている猿のオモチャ

839日本@名無史さん2018/03/23(金) 16:58:31.02
妖怪?

840日本@名無史さん2018/03/24(土) 19:19:22.08
              , ‐- '⌒ヽ
            /.:::::::::::::::::::::::\
.            /.::::::::::/ヽ::::::::::::ヽ     ( カチャ カチャ カチャ … )
.          /::::::::::/ 、_ __,\:::::::::::.
      ー=≦:::::::ri:::/   bb)  Y:::::::ハ
       ー=彡::ハ|/    ゝ   i)::::八_     /     }ー┐           r┐   \
        ⌒ンノ∧   `ニ    从::::≧=‐   {     ノヽ / __  ヽ  /  |/    }
             . イ        /_   ̄`    \ ツ   /         、_/   O    /
.     , -‐  ´   !     ー   ´ ! ` ー-、
    /  __   ∧       |    ∧
.    〃 ,. --ミヽ /∧         i   |/ハ
   ji/    ̄`//, ..__、〃    ,   ___!__j_______

841日本@名無史さん2018/03/27(火) 01:23:30.23
>辰韓伝
http://www.eonet.ne.jp/~temb/16/gisi_kanden/gisi_kanden.htm#shinkan
>其言語不與馬韓同  名國為邦
>弓為弧 賊為寇 行酒為行觴 相呼皆為徒 
>有似秦人 非但燕齊之名物也
>今有名之為秦韓者

>その言語は馬韓と同じではない。
>国(コク)を邦(ハウ)となし、
>弓(キュウ)を弧(コ)となし、
>賊(ソク)を寇(コウ)となし、
>行酒(カウシウ)を行觴(カウシャウ)となし、
>お互いを呼ぶのは、みな、徒(ト)とする。
>秦人に似たところがあり、
>単に(距離的に近い)燕や斉の言葉が伝わったというものではない。
>楽浪人を阿残と呼ぶ。東方の人は自分のことを阿(ア)という。
>楽浪人は、元は自分たちと同じで、楽浪に残った人だという意味である。
>今、この国を秦韓とする者もいる。

正直、これの意味が分からない。
馬韓と辰韓を人種的に違うとして
言語も違い

842日本@名無史さん2018/03/27(火) 01:33:38.15
途中送信してしまった……。

正直、↑の引用部分意味が分からない。
辰韓を入植者として、
馬韓人とは人種的にも違い、その言語まで違うと例をあげてる。
(言語の違いの原因は)燕や斉の言葉が後天的に伝わったせいでもない

……しかし、例にだしてる単語が

国と邦、弓と弧、賊と寇、行酒と行觴

……と、意味が同じで発音の違うだけの用語になってる。
言語がまるきりちがうなら、こういう対比にはならないし。
そもそも、この文の行をさいて、
わざわざ中国語の漢字を示しても意味がない。

この例なら、
「両地域の言語は、ほぼ同じで。違いは方言程度。
漢字で例をだせば、この程度の違いしかない」
……って場合だろう。
だから、なんかおかしい感じがする。

説明文か、例にしてる単語のどちらかが
間違ってるんじゃないだろうか?
編集ミスかなんかで

843日本@名無史さん2018/03/27(火) 03:33:42.87
>>842=838?

844日本@名無史さん2018/03/27(火) 06:51:48.57
>>842

帯方郡の統治区域外の朝鮮半島南端部に関する
中国側史書の書き方が無気力。

845日本@名無史さん2018/03/27(火) 09:15:39.66
>>842
>この例なら、
「両地域の言語は、ほぼ同じで。違いは方言程度。
漢字で例をだせば、この程度の違いしかない」

全然おかしい感じがしません。
馬韓が箕氏朝鮮ベース、辰韓が山東〜呉越ベース
どちらも漢字文化圏からの流入です。
漢字以前に半島は石器人語の痕跡が無い中国語文化圏かと思いますが、
半島石器人が起源としたいヒトですか?

これに対して、倭人伝で卑弥呼に会ったであろう
金印遣使である梯儁による当て字の日本の国名人名には
表意文字の存在を感じません。

北部九州は弥生人発祥で卑弥呼はまさに その国王、と考えますが、
起源で漢字は持ってこないで、この時既に独自言語が発達していたようです。
現代日本漢字は音で中国の南北含む両党+倭式訓、音も ですが、
万葉仮名から漢語を取り入れた日本語に帰結発展します。

同じ字で 青を ちん しょう せい  赤を せき しゃく
のどの音に するかだけでも、大陸では地域言語の違いが明白です。
が、三国志は文語なんで、同じ字では、同じなんで異字を例示しただけかとw

魏時までの半島南岸倭人国は300年前後の大和朝廷勢力侵攻で
任那、加羅を建国、在地開拓者たちは馬韓辰韓の豪族と融合し、
百済、新羅の建国は350年、言語というか支配層の公用語は
徐々に宗主国化を強要されたと思います。

倭人伝、東夷伝情報は南=東 同様、無視したい人はいるでしょうが、
極めて重要な情報です。

846日本@名無史さん2018/03/27(火) 10:26:15.06
>>843
いや、違うよ

>>845
いや、やはり理解できんね

>馬韓が箕氏朝鮮ベース、辰韓が山東〜呉越ベース
>どちらも漢字文化圏からの流入です。

ベースってのは何が言いたい?
どちらも借用語という意味で使ってる?
だとしたら、やはり表記例としておかしい。
言語が違う例に、借用語を比較してもしょうがない


>同じ字で 青を ちん しょう せい  赤を せき しゃく
>のどの音に するかだけでも、大陸では地域言語の違いが明白です。
>が、三国志は文語なんで、同じ字では、同じなんで異字を例示しただけかとw

発音の違いを示すなら、意味までよせる必要は無いし。
発音が違い、ついでに(語の説明を省略できるんで)
意味も近い例をわざわざ探してきて表記した可能性も
あるにはあるが、それはちょっと厳しい様に思う

847日本@名無史さん2018/03/27(火) 10:59:04.01
>>846
見たくないものを見ない ならそれで良いし
これ以上説明はない。 見えないの?
( ´∀`)つ□ 涙拭けよ

妖怪が見えたりしてwww

848日本@名無史さん2018/03/27(火) 11:33:16.34
>>847
なにか意図や揶揄があって言ってると思ってそうだけど
そういう事はなにも無い
(自分は、かなり久しぶりにこのスレに着たし)

むしろ、そちらが何を言いたいのかがわからない

まあ、これで打ち切るのもいいだろう
互いに話が噛み合ってない感じだし

849日本@名無史さん2018/03/27(火) 15:52:54.92
貴方の知らない世界の長野
https://www.bing.com/images/search?q=nagaland

850日本@名無史さん2018/03/27(火) 22:13:25.75
>>841
音的に胡語それも、チベット遊牧系じゃな。

851日本@名無史さん2018/03/27(火) 22:49:07.63
>>845



で、辰韓に山東〜呉越から渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と瓦屋根に土壁の中国系住居と
中粒種のイネと漢字の金石文は?


.

852日本@名無史さん2018/03/27(火) 23:55:06.02
辰韓伝の話してんだよ。アラシ君。邪魔。
もしや、お国じゃ禁書だったか?

853日本@名無史さん2018/03/28(水) 00:20:44.56
>>852


で、辰韓に山東〜呉越から渡来定着した事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と瓦屋根に土壁の中国系住居と
中粒種のイネと漢字の金石文は?



早く言えよおまえ!

854日本@名無史さん2018/03/28(水) 02:50:22.50
>>846
あぁ、スマン
さすがに妖怪とは違うかw

855日本@名無史さん2018/03/31(土) 18:23:02.65
>>853
辰韓在馬韓之東 其耆老傳世自言 古之亡人 避秦役來適韓國 馬韓割其東界地與之
中原人の生活痕が無いというなら、東夷伝が嘘を言ってるってことか?
畿内説の邪馬台国論争みたいな、不毛な罵倒議論にしかならんだろ。
で? って言いたいだけか?
       /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)    ← <<851
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))  でっていうwwwwwwwwwwwwwww
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |    `ー'´   /´
アラシへのレスはいけないそうだ。 
以降レスはしない決意ですが、無きゃ全部これと思ってください。
2度目で秋田けど、いつも、遊んでくれてありがとネ。

856日本@名無史さん2018/03/31(土) 19:26:28.39
地元のジジイそういう言い伝えがあると言っていたと書いてあるだけで
本当の事かどうかわからない
中原から移住の痕跡が見つからないのならただの箔付のためのホラだろ
倭人が泰伯の末裔だと自称していたように

857日本@名無史さん2018/03/31(土) 19:34:50.07
230年に呉は海を渡って夷州(いしゅう)と亶州(たんしゅう)に
兵を出したという記録があり(夷州には辿り着いたが、亶州には辿
り着けなかった)、これは台湾(夷州)と沖縄諸島(亶州)ではな
いかと考えられているが、日本ではないかとも考えられている。
(ウィキペディア)

          ↑

沖縄または日本本土に呉軍がやってきた形跡はあるの?

858日本@名無史さん2018/03/31(土) 19:41:58.99
高麗(くれ)じゃないの?

859日本@名無史さん2018/03/31(土) 22:01:35.34
>>855
俺も仕方なく追求してるの。

でなきゃ、みんな気付かないでしょ。

三国志の内容と実際の考古学との矛盾に。

魏志倭人伝もそうとう話を盛ってるよ。

三国志は半分くらいは間違いと憶測で書かれた半フィクションだよ。 

860日本@名無史さん2018/03/31(土) 22:04:05.21
>>856
三国志の正しい認識者。

861日本@名無史さん2018/03/31(土) 22:06:04.09
王氏というのは本物だという説

862日本@名無史さん2018/03/31(土) 22:08:31.40
王、王仁さん?

なぜかアテルイ、モレ夫妻(朝敵、逆賊?)のような扱いになっているけど、
ただの嫉妬だという話

863日本@名無史さん2018/03/31(土) 22:15:05.75
『もののけ姫』

神殺し、はなさかじいさんが
何やらと言っていたり

観たことない?

8642018/03/31(土) 22:39:55.88
これは妖怪

865日本@名無史さん2018/04/04(水) 21:20:58.40
西郷どんは、後藤又兵衛化するわけだが
三郎様は、黒田長政よりも寛大だったんだな。

866日本@名無史さん2018/04/04(水) 23:28:45.20
西郷どんの西南戦争は後半に兵士が逃げた。
近代軍隊ではなく、家康や黒田福島細川の時代の戦いのようだった。

867日本@名無史さん2018/04/05(木) 12:18:09.67
家康って大阪夏の陣の時点ではさすがに影武者?

868日本@名無史さん2018/04/05(木) 22:41:58.99
>>857
伝説上の土地である夷州と亶州を目指して探索したが結局見つからなかったので
仕方なく台湾を夷州だという事にして「夷州にはたどり着いたが亶州は見つからなかった」と
報告したんだよ。実際には伝説の夷州と台湾は別物だから結局夷州と亶州は不明という事
もしかしたら日本かもしれないという話

869日本@名無史さん2018/04/07(土) 14:47:03.56
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=SiHp41uWo1I
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8
https://youtu.be/Q5Ifb-UXVic

870日本@名無史さん2018/04/12(木) 16:36:25.29
オカルト板で妖怪発見

宇宙人は存在するのか?
http://mao.5ch.net/test/read.cgi/occult/1521451752/

871日本@名無史さん2018/05/16(水) 08:53:20.00
保守

新着レスの表示
レスを投稿する